『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ   《 選挙ニュース》   2008年4月22日更新

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2008/4/16)ブータンサロン

お申し込み・お問い合わせ : 日本ブータン友好協会事務局

TEL&FAX : 03-3556-6161

Email : info@japan-bhutan.org

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2008/4/15)ブータン政府閣僚の顔ぶれ

11日発足したブータン内閣の顔ぶれです。 

首相のジグミ・ティンレイ(ペマガツェル選出)以外の10人の閣僚の顔ぶれにネパール系の人が2名加わっています。

 

閣僚経験者は以下の4名。

公共事業・居住大臣 Lyonpo Yeshey Zimba (Dasho), 56,  イェシェ・ジンバ(ティンプー選出)

経済大臣 Lyonpo Khandu Wangchuk (Dasho), 58,  カンドゥ・ワンチュク(パロ選出)

財務大臣  Lyonpo Wangdi Norbu (Dasho), 54,  ワンディ・ノルブ(選出)

外務大臣  Lyonpo Ugyen Tshering (Dasho), 54,  ウゲン・ツェリン(ティンプー選出)

 

新任の大臣は以下の6名。

保健大臣 Lyonpo Zangley Dukpa (Dasho), 58,  ザンレィ・ドゥッパ(ペマガツェル選出)

内務・文化大臣 Lyonpo Minjur Dorji, 48,  ミンジュル・ドルジ(タシガン選出)

教育大臣 Lyonpo Thakur Singh Powdyel, 50,  タクル(タクール)・シン・パウデル(サムツェ選出)

農業大臣 Lyonpo Dr Pema Gyamtsho, 49,  ペマ・ジャムツォ(ブムタン選出)

情報通信大臣 Lyonpo Nandalal Rai, 54,  ナンダラ・ライ(サルパン選出)

労働人材大臣 Lyonpo Dorji Wangdi, 41,  ドルジ・ワンディ(シェムガン選出)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2008年4月11日):新首相承認を寿ぐ

 

9日、新首相の承認式がタシチョ・ゾン内で行われました。

承認式終了後に、人々がお祝いの「カダ」を持って、直に首相へ渡す為にタシチョ・ゾンの対岸にある「SAARCビル」に駆けつけごったがえしています。

ダショーも一般庶民に混じって列んで待ちます。 ちなみに、カダを献じるまでに2時間かかりました。

 

事前に、ティンプー以外のゾンカック(県)の人達に対して、「就任後、首相が地方を周る予定なので、その時にカダを渡せば良いので、

わざわざティンプーに来る必要は無い」という通知があったのですが、それでもSAARCビルには、多くの人たちが来てました。 

(写真:片山理絵ドルジ)        

当日の、SAARCビルのVIP用の入り口から撮ったタシチョ・ゾン

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2008/4/7):組閣内定

5日、DPTの党集会でロンポ・ジグミYティンレイが首相に、100名の同党国会議員、党員、支持者、オブザーバーにより、満場一致で指名されました。

組閣も話し合われ、夕刻内定したそうです。 

さすがに大きな事件だけにメディアはまだ報道規制をしいております。

最終的には国王陛下の直筆の署名のある任命書がでないことには、正式とならないとのこと。

あくまで首相は大臣を国王に推薦し、国王がそれを任ずるということだそうです。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2008/4/3)

日経社説(3/31)がブータン選挙を論じています。 http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20080330AS1K2800529032008.html

 

3月31日、プナカを中心としたウォンディフォダン、ティンプーの400人の国民が、5代国王に「やっぱり、民主化はやめて、絶対王政にもどしてください。」と直訴をしたそうです。

 

PDP当選議員2人、辞職表明を取り下げました。詳細はクェンセル・オンラインで御確認ください。 http://www.kuenselonline.com/

 

中国共産党機関紙「人民日報」の3月28日付3面に「ブータン100年の君主制に別れ」と題する記事が掲載されていました。

   http://paper.people.com.cn/rmrb/html/2008-03/28/content_48325608.htm

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/31)

Tshering Tobgay(ハ県Sombaykha選挙区)、Damcho Dorji (ガサ県Goenkhatoe-Laya選挙区)選出の2名のPDP(国民民主党)の国民議会議員が

28日の記者会見で議席を辞退したとのニュース http://www.bbs.com.bt/PDP's%20National%20Assembly%20members%20elect%20withdraw.html

 

国民評議会(上院)の国王が指名したメンバー5名 http://www.bbs.com.bt/Five%20members%20to%20NC%20appointed.html

ブータン研究センター所長 ダショー・カルマ・ウラ(Director of the Centre for Bhutan Studies Dasho karma Ura),

高等裁判所判事 クンレイ・ツェリン(Drangpon Kuenley Tshering of the High Court),

公共事業省標準品質管理局長 カルマ・イェぜール・ラディ(the Director of the Standard and Quality Control Authority Karma Yezer Raydi),

経済省商務局上級商務官 カルマ・ダムチョ・ニダップ(senior trade officer in the Ministry of Economic Affairs Karma Damcho Nidup),

労働人材省政策計画課長 タシ・ワンモ(the head of the policy and planning division of the Ministry of Labour and Human Resources Tashi Wangmo)

     タシ・ワンモさんは日本の政策研究大学院大学で修士号を取得しています。また30歳代半ばです。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/29):クェンセル紙面

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/29)

昨夜、ティンプーからそれらしき未確認情報は何件か届いていましたが、共同電を産経新聞が下記のように伝えています。

「ブータン選挙、野党2議席に減少不正を指摘され、与党当選者が辞退も」

 ブータンからの情報によると、同国民主化プロセスの総仕上げとして24日に初めて行われた国民議会(下院、定数47)総選挙で、選挙管理委員会は28日、集計ミスがあったと発表、議席をほぼ独占する圧倒的勝利を収めたブータン調和党(DPT)が1議席増やし、計45議席となった。

 2議席に減った国民民主党(PDP)は、議会で野党としての機能を果たすのが困難な状態。

同党からはDPTの選挙運動に不正があったとの声も出ており、当選した2人が就任を辞退する可能性も出ている。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080329/asi0803290928001-n1.htm  

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/27):選挙監視団視察結果  

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/20/dga_0326.html

外務報道官談話 「ブータンにおける下院議員選挙への我が国選挙監視団の視察結果について」

我が国は、3月24日のブータンにおける下院議員選挙が、平穏かつ成功裏に実施されたことを歓迎する。

今次下院議員選挙は、1998年以降ブータンにおいて進められている議会制民主主義への移行に向けた大きなかつ重要な進展である。

今回の選挙の重要性に鑑み、我が国政府は、3月21日(金曜日)から26日(水曜日)まで、山田滝雄在インド日本大使館(ブータン管轄)政務担当公使を団長とする3名から構成される選挙監視団を派遣し、首都ティンプー及びプナカにおいて選挙監視活動を実施した。

我が国監視団より、投票所においては必要な機材、人員が秩序正しく整備・配置される中、特段の不正等は見受けられず、整然と投票が実施され、下院議員の選挙は成功裏に執り行われたとの報告を受けている。

我が国は、議会制民主主義への移行に向けたブータンの努力を引き続き支援していく考えである。 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/27):朝日新聞

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

2008年3月26日(水)「しんぶん赤旗」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-03-26/2008032607_03_0.html ブータン初の総選挙 投票率79・4% 調和党が圧勝 

ブータン初の総選挙

投票率79・4% 調和党が圧勝【ニューデリー=豊田栄光】

国王親政から立憲君主制への移行をめざすブータンで二十四日、初の総選挙となる国民議会(下院=定数四十七、全小選挙区) が実施され、調和党が四十四議席(得票率67%)を獲得しました。

有権者は三十一万八千四百六十五人で投票率は79・4%でした。

 総選挙に参加したのは調和党と人民民主党の二党。人民民主党の党首ゲドゥプ元農相は落選しました。

調和党のツェリン報道担当は「国民は安定を望んだ。 行政におけるわが党の経験を支持した」と分析しました。

 調和党からは首相を含む閣僚経験者五人が立候補。人民民主党からは現国王の母方のおじ二人が立候補し、うち一人は党首自身でした。

国民の中からは「王家と親せき関係にある人物が政府を乗っ取り、富を得ようとしている」との批判がありました。

 今回の総選挙は立憲君主制の新憲法草案に基づき実施され、草案では王制を否定する政党は出馬できません。調和党も王制肯定の政党です。

新憲法草案には 国王の六十五歳定年制や国民投票による退位(王制の廃止ではない)が盛り込まれています。

国民投票を実施し、承認されれば初の成文憲法となります。

 

 

3月22日、23日 「しんぶん赤旗」

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/26):ブータンオブザーバー選挙速報特別号

(ブータンオブザーバーは毎週金曜日のみ発刊)。クエンセルは午後3時過ぎ、ブータンタイムスはまだでません。

なんでも「ドリーム・キャビネット」と題して、組閣予想をしているらしいです。BBSでは昨晩、勝利党首としてロンポ・ジグミ・ティンレイのインタビューが生中継されました。

今後の責任の重さはもちろんですが、野党となったPDPとその支持者に対して、無神経なことは絶対にしないようにとおっしゃのが印象的でした。

昨夜はインタビューに答えなかったPDP党首ロンポ・サンゲイ・ニドッップが今夜、BBSの生放送に出演されるとのことです。

   

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

 (2008/3/25):TV番組 

TV番組 3月26日(水) 午後5:15〜午後5:58 BS1 「アジアクロスロード」 http://www.nhk.or.jp/asia-cross/weekly/index.html

アジアを読む「ブータン総選挙」スタジオ出演 山内聡彦 解説委員

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/25):選挙結果 

選挙結果がでました。余りの早さにびっくりです。投票終了後何日たっても結果の公表されない国々もあるのに・・・・・総選挙初体験でこの見事さ。また、自分の知らないブータンの人々の凄さを見た気がします。

 選挙結果は下記でも確認できます。 http://www.bbs.com.bt/Index.html http://www.kuenselonline.com/nawinners/index.php

-----------------------------------------

ティンプーの青木薫さんから戴いたメール転載です。

選管のホームページに得票数がUPされました。 http://www.election-bhutan.org.bt/NA/result.html

DPTが44議席を確保しました。ブータンの普通の人々は、ちゃんと見て、考えていたということですね、自分の国の未来を。

目先の利益より快適さよりも、自分の信念を曲げないことが愚直なようでも大切なことだと、またブータンに教えられました。

奥が深いです、ブータン。これはまさに、村に生きてきた名もなき人々の勝利だといえます。タシ・デレ 青木薫

----------------------------------

(1)東京新聞 3月25日朝刊  http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008032502098081.html 初の総選挙 調和党圧勝 ブータン 年内にも憲法採択

 

(2)朝日新聞  http://www.asahi.com/international/update/0325/TKY200803240444.html  ブータンで初の総選挙、調和党が圧勝

 

 

(3)CNN JAPAN  http://www.cnn.co.jp/world/CNN200803240023.html  ブータンで初の総選挙 王政継続を望む声も

 

(4)時事通信  http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2008032400398  初の総選挙実施=民主化へ最終段階−ブータン

 

(5)毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080324-00000076-mai-int <ブータン>初の下院選挙実施 絶対王制から民主制へ移行で

 

(6)MBS(毎日放送)ニュース ブータン初の総選挙、民主化総仕上げ

 ヒマラヤ山脈のふもとに広がる秘境ブータンで、史上初めての総選挙が24日、行われました。前の国王が主導して進めてきた民主化プロセスの総仕上げとなります。

 初めての総選挙投票日を迎えた24日、ブータンは休日です。いつもはにぎやかな首都ティンプーの中心部も静まり返っていました。ブータンにはもともと信号機がありません。いつもは忙しく交通整理にあたる警察官も、この日ばかりは手持ち無沙汰のようです。

 投票は現地時間の午前9時から始まりました。投票に来た有権者は皆、男性は「ゴ」、女性は「キラ」と呼ばれるブータンの民族衣装に身を包んでいます。一番の盛装だということです。

 ブータンの現王朝は100年の歴史がありますが、前国王が自ら権力を放棄するかたちで立憲君主制への移行を進めています。

 選挙は、2つの政党が全国47の小選挙区で争っていますが、どちらも前国王が掲げてきた、経済的な豊かさよりも国民の幸せを優先する「GNH=国民総幸福」を重視するとしています。しかし、国民は国王に絶大な支持を寄せていて、王政への未練も絶ちがたいようです。

 「民主主義は王様からの贈り物」

 「これからも王様が守ってくれる」(有権者)

 王政に対する不満があるわけでもなく、政治的争いもないなかで進むブータン流の民主主義は、いよいよゴールが近づいてきました。(24日19:55)

(7)NHKニュース ブータンで初の総選挙 投票

この選挙は、ブータンにことし初めて設置される議会の下院に当たる国民議会の選挙で、ブータン全土の47選挙区で日本時間の24日正午から投票が始まりました。ブータンでは、これまで100年余りにわたって王制が続いてきましたが、おととしまで王位にあったワンチュク前国王が王室の存続と民主化の両立を目指して立憲君主制への移行を決めたものです。これを受けて、ブータンでは、国民民主党とブータン調和党という2つの政党が作られるとともに、国民に向けて模擬選挙などの啓もう活動が行われ、ことし1月にはまず小規模な上院の選挙が行われました。24日の総選挙では、およそ32万人の有権者が、各地で日本の着物にも似た色鮮やかな民族衣装を着て投票所を訪れ、1票を投じていました。投票は日本時間の午後8時に締め切られて即日開票され、25日に公式な結果が発表されます。

 

(8)AFP BBNews http://www.afpbb.com/article/politics/2369378/2771564 ブータン初の下院選挙、ブータン調和党が圧勝

 

(9)毎日新聞25日朝刊  http://mainichi.jp/select/world/news/20080325ddm007030080000c.html ブータン:初の下院選、調和党圧勝へ 600キロ歩いて投票所に

 

(10) http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20080325k0000e030011000c.html ブータン:調和党が圧勝 定数47中44議席獲得 

 

--------------------------------------------------------

ブータンの選挙を中国でも報道しています。

以下のアドレスは中国語のgoogleでブータン(不丹)、選挙と入力した結果のアドレスです。 

http://www.google.com/search?hl=zh-CN&q=%E4%B8%8D%E4%B8%B9+%E9%80%89%E4%B8%BE&lr=

また、以下のアドレスには中国の英字新聞「チャイナデイリー」の本日付11頁に掲載された記事が掲載されています。 

http://www.chinadaily.com.cn/cndy/2008-03/25/content_6562311.htm 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/24):下院議院選挙速報

やった!!!!  ツルの勝利  ロンポ・ジグミ・ティンレイ党首に勝利の女神が微笑んだ様です。これは館長山本の個人的喜びです。 

ティンプーからの続々報です・・・・あっという間に、結果がでました。DPT40議席以上を確保、圧勝です。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/24):下院議院選挙当日を迎えたティンプーより選挙情報が届きました。 

ブータンの総選挙を取材中のTBSバンコク支局による映像がティンプーよりバンコクまで送信されました。24日の午前5時半(日本時間)のニュースを皮切りに、TBS系列の各時間帯のニュース(JNNニュース)でブータンの総選挙の話題が配信されます。

総選挙をカバー中の日系のメディアは、共同通信社、朝日新聞、TBSなど。 しんぶん赤旗、読売新聞、そして朝日新聞にはすでに選挙関連の記事が掲載されています。 赤旗は「写真紀行」というコーナーで6回のブータン連載も組んでいます。 朝日は続いて投票日当日や結果も掲載予定とのことです。

国王陛下のカショー(勅令)も発布され、いやがうえにも興奮が高まる国内です。しかし、首都はゴーストタウンのよう。8割が地方出身者で構成されている町というのは、本当だったんですね。 すでにブータンの各紙は当選者に対しての勝利祝賀広告のテンプレートを用意して待っております。さて、鶴か馬か(http://bhutan.fan-site.net/news2007.htm 中段 8月20日の項参照・・・・山本) 爆弾や放火など物騒なことが続いたため、これまでにない厳しいセキュリティ体制が各所にひかれております。いずれにしても、なにごともなく投票が終わることを祈るばかりです。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

(1)AFP=時事通信のフォトニュース  http://www.jiji.com/jc/p_archives?id=20080323173531-6048494

(2)TBSの動画ニュースサイト http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3811171.html#m0

(3)TBS系列の毎日放送(MBS)ニュース http://www.mbs.jp/news/jnn_3811171_zen.shtml

(4)毎日新聞配信の記事 24日の朝刊の記事より詳しい http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080323-00000028-mai-int

(5)テレビュー福島 http://tuf.co.jp/i/news/mori/Auto/200803240532138.htm

(6)毎日新聞の24日の朝刊の記事 http://mainichi.jp/select/world/news/20080324ddm007030062000c.html

(7) 共同通信の配信記事を掲載しているMSN産経ニュースの記事 http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080324/asi0803240938000-n1.htm

(8)AFP BBNews 関連写真が5枚 http://www.afpbb.com/article/politics/2369137/2768455

(9)日経ネットのパキスタンからの記事 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080324AT2M2400424032008.html

(10)GNH関連記事 http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2369223/2771226 立憲君主制への移行のブータン、「国民総幸福量」を数値化へ

(11)「ブータン総選挙 初の投票始まる 即日開票」東京新聞24日夕刊 http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008032402097946.html

 

ティンプーの青木薫さんからの情報によれば、「選管の中間発表によると、有権者の出足は早く、すでに午前11時に6割の投票率に達した選挙区もあるそうです。

(プナカ県のPDP党首のところではないリムカ・タワン選挙区)」

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/22)

ブータン滞在中の日本のマスコミ  NHKはまだダラムサラにいてチベットの動きをウォッチしていますが、共同通信がティンプーにいます。

 

ティンプーからの国民議会選挙のニュース記事  http://www.afpbb.com/article/politics/2367923/2759861

   24日に初の下院選のブータン、民主制移行への不安と期待  2008年03月21日 19:35 発信地:ティンプー/ブータン  

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/21):ブータン選挙監視団派遣  http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/3/rls_0319g.html

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/3/10)

(1)「しんぶん赤旗」のニューデリー特派員がブータン入りし、昨日出国しました。

今後、ブータン記事が掲載される可能性がありますので、ご購読者がいらっしゃいましたら、掲載時に「スキャンしてお送りくださる」と大変有り難いのですが・・・地元図書館では常備しておりませんので・・・よろしくお願い致します。

他のメディア各社も選挙にあわせて入国を考えている様ですが、なにしろ観光客が集まることで有名なパロ・ツェチュと重なっていますので、ドゥルック・エアーのチケット入手が難しく、何社が実際に入国できるか疑問、という状況だそうです。

EUの選挙監視団はすでに入国しているそうですが、日本の選挙監視団はまだ出発していません。

 

(2)3月5日選挙管理委員会が発表した同委員会に登録した投票可能なブータン人は、318,465名でした。

その内訳は女性161,169名、男性157,296名です。 そのうち36,313名が今回導入された郵便による投票となる予定。

選挙管理院会のサイトは以下のとおり。www.election-bhutan.org.bt.

http://www.bbs.com.bt/318,465%20registered%20voters%20for%20National%20Assembly%20elections.html

 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/1/18):ブータン下院選挙、産経新聞関連

(1)ブータン下院選の投票日が決まりました。3月24日(月)です。以下、クエンセルの速報です。いよいよ二党の戦い、白熱ですね。

National Assembly election on March 24

BREAKING NEWS 17 January, 2008 - Bhutan's first general elections that will elect 47 candidates to the National Assembly will be held on March 24, the Election Commission of Bhutan announced this morning.

The National Assembly election period begins with the two political parties submitting the letter of intent, stating the list of their candidates, copy of their election manifestos, audited financial statues among others, on January 22 to the commission.

The party manifestos will also be released on the same day and the election campaign will formally begin.

Filing in nomination of candidates will be done January 31 to February 7, after which candidates can start campaigning if their nomination is accepted.

While the timing for the TV debates between the party presidents has not been announced, debates between candidates in the constituencies will start from February 7.

The Druk Phuensum Tshogpa and the Peoples Democratic Party are the two parties contesting Bhutan's first historic election.

 

 

(2)12月にブータンに取材に行かれた産経新聞シンガポール特派員の藤本欣也さんのコラム記事。http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm

【外信コラム】マーライオンの目 ブータンは桃源郷にあらず 2008.1.15 02:36

 ヒマラヤ山脈 <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> の王国ブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> を昨年末、取材で初めて訪れた。「のどかな風景が広がり、昔の日本にタイムスリップしたみたい」と、日本人観光客に人気があると聞く。経済成長至上主義ではなく、国民総幸福量(GNH)に重点を置く国造りを評価する向きもある。しかし、現実のブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> は桃源郷 <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> ではなかった。

 空港から首都まで山道が続くのだが、至る所で道路の拡幅工事が行われていた。今年予定される国王の即位式 <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> に間に合わせるのだという。でも、気温が冷え込む中で働いているのは隣国インドからの出稼ぎ労働者ばかりだった。ブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> の主要な外貨獲得産業である水力発電 <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> を購入しているのもインドだ。その額は国家収入の4割に達し、さらに4割を外国からの援助に頼っているという。外交政策でもインドの助言を仰いできた。この国の内情は極めて厳しい。

 ブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> は従来の「鎖国」政策を改め、国民生活もまた激動の時代に入った。1999年に解禁されたのはインターネットだけではない。テレビ放送も、である。21世紀の直前までラジオだけの暮らしだったのだ。

 歴史上初の情報化時代を迎えたブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> は同時に民主化政策も進めている。昨年末には初の国政選挙が行われた。それでも「王制のままでいい」と話す若者は多い。どう変わっていくのか、あるいは変わらないのか。幻想ではなく現実のブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> に注目していきたい。 (藤本欣也)

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/1/11):政党HP 

ブータンの政党PDPのホームページができました。 www.pdp.bt <http://www.pdp.bt>  

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/1/10):上院議員選挙結果

京都大学大学院生のソナム・キンガさん(朝日新聞1月1日版に登場)はタシガン県で当選しました。彼はこれでジャーナリスト、俳優、大学院生、そして国会議員と4足の草蛙を履くわけですね。

ブータン上院(National Council)の議員選出結果。 選挙で選出される20名のうち、ガサ、ハ、ルンチ、ティンプー、タシヤンツェの5県は1名しか立候補しなかったため、選挙は1月29日に延期。

http://www.bbs.com.bt/National%20Council%20(As%20per%20Initial%20Reports).html

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/1/9):上院議員選挙

選挙取材でブータン入りするはずだった日本のメディアが、ブット首相暗殺事件のためにブータン入りをキャンセルしパキスタンへ向かってしまったそうで(取材手配依頼を受けていた現地旅行会社の話)、ブータンからの報道が少ないのですが・・・・・・・・・

(1) 読売新聞 2007年12月31日  ブータン王国初の上院選、厳戒の中で民主化へ歴史的一歩 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071231id21.htm 

(2)産経新聞 12月30日 ブータン 民主化路線の一環 あす初の選挙 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071230-00000039-san-int

        12月31日 初の直接投票で上院選 ブータン民主化総仕上げ http://sankei.jp.msn.com/world/asia/071231/asi0712311915005-n1.htm

        1月3日 ブータン、初の上院選実施 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080103-00000001-san-int

(3)時事 http://www.jiji.com/jc/zc?k=200712/2007123100162

(4)AFP http://www.afpbb.com/article/politics/2331228/2488215

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/1/3):選挙関連情報

 ブータン初の選挙について、ティンプーのT氏から情報が届きました。

12月31日のNational Council Electionは大きな問題もなく終わりました。

15県中3つの県で女性議員が選ばれました。また、大学卒業して間もない人もおり、バランスが取れているという印象を持っています。

初めての国政選挙でしたが55%という投票率でした。

3月の総選挙はこれより盛り上がるでしょうから、投票率は上がるものと思われます。

いずれにせよ、民主化の1ページは無事に終わったと思います。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2008/1/1):朝日新聞ブータン選挙記事

2008年1月1日づけ朝日新聞朝刊国際面にブータンの選挙関連の記事が掲載されています(連載の様です)。

ブット首相暗殺で、ブータンへ取材に入る予定だったメディアがパキスタンへ変更した、というマダム情報がありましたので、

どこまで選挙報道がされるか気掛かりだったのですが・・・・・・・

mixi ブータンコミュニティ 新聞記事トピックに紙面を掲載しました。

メールへのファイル添付をご希望の方はお知らせください。

ただし横綱級ファイルですのでメールボックスに充分な空きを御用意ください。

 

 

 

=============================================== ===============================================

 

2007年

 

(2007/12/28)国境一時閉鎖 

観光局より「12月31日に実施される選挙のため、ブータンとインドの国境ゲートすべては、12月30日午後6時より、1月1日午前6時までの36時間、

完全閉鎖となります。」という連絡があったそうです。

届いた情報を読むと、この間に陸路で国境を越える予定の人は、空路に変更するか、出国予定者は足留めされてロイヤリティを余分に払って国境が開くのを待つか、

になる様です。空路を予定していた人は問題無し、ということですね。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2007/12/25) 

2つの政党の登録メンバー(政党への入党申請を行い、党員会費を納入した者)が選挙管理委員会のサイトに掲載。

31日はいよいよ国民評議会(上院)の選挙投票日。 http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=9587

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 (12/15):朝日新聞 

12月15日の朝日新聞朝刊に選挙関係の記事が掲載されました。

A41枚よりやや大きいサイズです。 mixi ブータンコミュニティ に掲載しました。 添付ファイルでの送信をご希望のかたはご一報ください。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(11/17):外務省関連

外務省プレスリリース  ブータン総選挙に対する緊急無償資金協力について 平成19年11月16日

11月16日(金曜日)、我が国政府は、ブータンにおける総選挙の公正かつ円滑な実施を支援するため、国連開発計画(UNDP)を通じ、約107万ドル(約1億2,400万円)の緊急無償資金協力を実施することとした。

我が国の支援は、 (1) 遠隔地において選挙関連情報を有権者に伝達するためのTVセット等の設置、 (2) 選挙管理委員会スタッフの選挙実務研修、 (3) 仮設投票所の設置・オフィス機材の導入、 (4) 選挙・民主主義に関する番組作成・放映等に充てられる予定である。

ブータンにおいては、2007年12月31日に上院議員選挙、2008年3月に下院議員選挙が実施される予定である。これらは同国で実施される初の全国規模の総選挙となり、同国に議会制民主主義を定着させるための極めて重要な最初のステップとなる。

今回の緊急無償資金協力は、これらの選挙の公正かつ円滑な実施を支援するために行われるものである。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

選挙

(1)ブータンの3番目の政党再度誕生か      

KUENSELとBBSのサイトの記事によると、Druk Phuensum Tshogpa (DPT、ブータン統一党)から再度 Bhutan People's United party(BPUP、ブータン人民統一党)が分離して第三党が結成される動きあり。 

DPTからの候補者選定に不満のグループ(多くが前のBPUPの設立メンバー)の離脱。 

http://www.bbs.com.bt/BPUP%20re-emerges%20to%20form%20third%20party.html

 

(2) ブータンの宗教者の政治的中立の厳守     

ブータン選挙管理委員会(ECB)は9月14日、国内の宗教団体の長にに向け、だれもが選挙運動あるいは投票行動に如何なる影響も及ぼすことの無きようとの布告を出した。

布告では、宗教者は、ブータン刑法、選挙法、宗教団体法に基づき、政治から超越しているべきと、規定している。 

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=9060

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

立候補者名簿

PDPは47選挙区中44選挙区で候補者の選定終了。 残りは3選挙区ですが、 これらの選挙区はおのおの2名の候補者が立候補を表明しています。

Jomotshangkha-Martshala,Samdrupjongkhar    Gelephu,Sarpang,    Drakteng-Langthel,Trongsa

DPTは47選挙区中37選挙区での候補者選定終了。 残りは10選挙区。

現段階の2政党の候補者リストが以下のサイトに。 http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=9034

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2007/8/27) ブータン公務員の政治活動  

8月24日、ブータン首相府は、政治活動に従事しようとする公務員は9月30日までにその職を辞するようにとの命令を伝えました。

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=8945

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

マニフェスト  

KUENSELの報道によると、Druk Phuensum Tshogpa(DPT)は24か条からなるマニフェストを決定したが、失業問題が最重点との事であり、以下の人事を決定した由です。

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=8928  

暫定幹事長(interim general secretary) Lyonpo Ugyen Tshering前労働人材大臣   

スポークスパーソン(party media spokesperson) Lyonpo Khandu Wangchuk前外務大臣

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

(2007/8/20)党首選出 

8月15日(水曜日)、Druk Phuensum Tshogpa(DPT)は、首都ティンプーのKelki Schoolで党大会を開催し、

信任投票の結果満場一致で党首にLyonpo Jigmi Thinleyを選出しました。

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=8920

http://www.bbs.com.bt/DPT%20elects%20Lyonpo%20Jigme%20Thinley%20as%20party%20president.html

 

これで両党の党首が決定しました

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=8910

                      

PDPの党首は前農業大臣 Lyonpo Sangay Ngedup(現国王の叔父)、 DPTの党首は前内務文化大臣の Lyonpo Jigmi Y Thinleyです。

 

両党のロゴも公表されました。   

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2007/8/10)ブータン政府の組織の解散

以下のようにブータン政府は役職者の辞任に伴い、組織が解散しています。 なお大臣7名の辞任は8月6日に正式に発効しました。

(1)National Assembly(国民議会) 

   選挙で選出されていた100名の国会議員(Chimi)が辞職し、国民議会は解散しました。前議員の多くは政党に入党し、次の国民議会選挙に立候補の予定。

   なお2000年から国民議会議長を務めたDasho Ugyen Dorji (夫人は前王妃4名の姉、6人姉妹の長女)は、政党には加入せず、実業界で国に貢献する意向を表明している。

   http://www.bbs.com.bt/ Chimis%20resign%20and%20free%20to%20join%20politics.html

(2)Royal Advisory Council(王室諮問会議) 

   1965年設立の同会議は議員が辞職し、解散しました。 http://www.bbs.com.bt/RAC%20dissolved.html

(3)Planning Commission(計画委員会) 

  委員を務める閣僚10名のうち7名の辞任に伴い、解散しました。http://www.bbs.com.bt Planning%20commission%20and%20the%20advisory%20committee%20dissolved.html

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2007/8/5)ブータンの政党

(1)ブータンには以下の3政党が登録 Bhutan People's United Party  People's Democratic Party  All People's Party

そのうちBhutan People’s United Party (BPUP) とAll People’s Party (APP)が合併してBhutan United Party (BUP)=Druk Phuensum Tshogpa (DPT)になりました。

したがってPeople's Democratic Party (PDP), Bhutan United Party (BUP)=Druk Phuensum Tshogpa (DPT), の2政党で総選挙を競います。

PDPの主要な候補者(47選挙区に各1名が立候補)には、 党首となる前農業大臣の Lyonpo Sangay Ngedup( Kabji/Talo選挙区、プナカ県)、前保健大臣の Lyonpo Jigme Singye( Mongar 選挙区、モンガル県)、前検事総長の Damcho Dorji (Gasa選挙区、ガサ県)、3人の女性候補者としいて汚職防止委員会の前コミッショナーだったブータンで最初の女性技官の Dorji Choden (Thrimshing選挙区 ,タシガン県)、教育省成人・高等教育局の前局長Nim Dem (Sombekha選挙区, ハ県)、教員のKarma Choden( Drujeygang/Tseza,ダガナ県)がいます。

一方DPTはには5人の前大臣が立候補しますが、Lyonpo Jigmi Y Thinley がscampaign coordinator(遊説委員長), Lyonpo Yeshey Zimba がcandidate coordinator(候補者選定委員長),Lyonpo Ugyen Tshering がgeneral secretary(事務局長)、Lyonpo Wangdi Norbu がtreasurer(財務委員長)になっています。

 

(2)8月2日の朝日新聞のサイトに掲載されているブータンの政治についてのニューデリー支局長の小暮哲夫さんの署名記事

National Assembly国民議会(下院)の予備選が2008年2月、予備選の上位2政党による本選が3月の予定です。

47議席を争います。

上院にあたるNational Council国民評議会の選挙は2007年12月です。http://www.asahi.com/english/Herald-asahi/TKY200708020072.html

Asia: Bhutan's move to join the modern age causing deep-rooted concern 08/02/2007  BY TETSUO KOGURE

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  

(2007/8/3)大臣達の政界転出続報  

選挙に出馬する前大臣7名の色分けは、Druk Phuensum Tshogpa (DPT)所属.5名、 People’s Democratic Party (PDP),所属2名

 

Lyonpo Yeshey Zimba 前産業貿易大臣、Druk Phuensum Tshogpa (DPT)所属.  lower Thimphu 選挙区(ティンプー県)

Lyonpo Khandu Wangchuk  前外務大臣兼首相  DPT所属  Lamgong/Wangchang 選挙区(パロ県)

Lyonpo Sangay Ngedup  前農業大臣 People’s Democratic Party (PDP),所属(党首) Kabji/Talo選挙区(プナカ県) 

Lyonpo Jigmi Y Thinley   前内務文化大臣  DPT所属(遊説委員長) Nanong/Shumar 選挙区(ペマガツェル県)

Lyonpo Wangdi Norbu  前大蔵大臣 DPT所属   Bartsham/Shongphu選挙区(タシガン県)

Lyonpo Jigmi Singay  前保健大臣 PDP所属 Mongar選挙区(モンガル県) 

Lyonpo Ugyen Tshering  前労働人材大臣 DPT所属 Upper Thimphu 選挙区(ティンプー県)

 

 

以下の3名の大臣は、政界に進出せず、8月1日発足の選挙管理内閣に留まる。 

 Lyonpo Kinzang Dorji  選挙管理内閣首相兼公共事業大臣  Lyonpo Leki Dorji  情報通信大臣   Lyonpo Thinley Gyamtsho 教育大臣 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2007/8月2日) 政界進出のために大臣達辞任 

 10人の大臣のうち7名が政界に進出するため7月末で大臣ポストを辞職。  政党に加入せず残留したのは、公共事業大臣、教育大臣、情報通信大臣の3名。

8月1日から来年2月?の総選挙までの暫定首相は公共事業大臣のキンザン・ドルジ。   大臣が辞職した各省では、次官が大臣代行を務める。

 

辞職した7人の大臣は以下の面々。

外務大臣Lyonpo Khandu Wangchuk、  貿易産業大臣Lyonpo Yeshey Zimba、  労働人材大臣Lyonpo Ugyen Tshering、

農業大臣Lyonpo Sangay Ngedup、  大蔵大臣Lyonpo Wangdi Norbu、  保健大臣 Lyonpo Jigme Singye、  内務文化大臣 Lyonpo Jigme Y. Thinley。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

朝日新聞 2007-6-15

選挙の記事あり

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

模擬投票

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(2007/4/23)初の総選挙を控えて選挙の練習

(1)東京新聞4月22日朝刊の記事 4月21日の模擬選挙の模様 http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007042202010673.html 

国民挙げてリハーサル 初選挙控えブータン 2007年4月22日 朝刊

 

(2)毎日新聞は写真付きの記事  http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20070422k0000m030093000c.html  

ブータン:史上初の総選挙の前に、模擬選挙で“練習”  史上初の総選挙の前に、模擬選挙で練習するブータン市民=ロイター

【ニューデリー支局】民主化に向けて来年、史上初の総選挙が予定されているブータンで21日、国民が選挙に慣れるための模擬選挙が始まった。AP通信によると、20万人以上が選挙登録しており、架空に設定された4党に投票。模擬選挙は5月28日まで続き、開票作業なども行う。

ヒマラヤの小国であるブータンでは、長年国王親政が続いてきた。昨年12月に退位し長男に王位を譲ったワンチュク前国王は独自文化の維持に力を入れ、ほとんどの国民は日本の丹前そっくりの民族衣装を着用している。 毎日新聞 2007年4月21日 21時35分 (最終更新時間 4月21日 21時50分)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

=============================================== ===============================================

 

2006年

 

 

 

 

=============================================== ===============================================

 

2005年

 

 

朝日新聞12月19日 夕刊

 

 

 ----------------------------------------------------------------------------------

 

朝日新聞 2005年12月19日15時58分

 

ブータン国王、退位表明「総選挙で民主化移行後に

 

ヒマラヤの王国ブータンのワンチュク国王(50)は17日の国民向け演説で、08年に総選挙を実施して民主化を進め、それを受けて退位する方針

であることを明らかにした。政府系クエンセル紙(電子版)が伝えた。王位は息子のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク皇太子(25)に譲るとした。

報道によると、国王は「議会制民主主義下の政府を選ぶ選挙を08年に実施する」と述べた。「07年にはブータンは最貧国ではなくなる」とも語った。

国王は権限を議会に一部委譲するなど、これまでも民主化に向けた改革を進めてきた。今年3月には同国で初めてとなる成文憲法制定に向けた草案を発表。

民主的な立憲君主制を政体として明記し、65歳の国王定年制の導入もうたっていた。

ただ、突然の退位発表は国民を驚かせた。AP通信によるとクエンセル紙のキンレー・ドルジ編集長は「全国民が衝撃を受けている。国王が退位するなど誰

も考えていなかった」と語った。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

日本経済新聞 2005年12月18日零時38分

ブータン、2008年に総選挙・国王、皇太子に譲位へ 【ニューデリー=共同】

ブータンの政府系クエンセル紙(電子版)によると、同国のワンチュク国王(50)は17日、国民向けの演説で、2008年に総選挙を行って同国の民主化プロセス

を完了させ、退位して息子のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク皇太子(25)に譲位すると発表した。

ヒマラヤの山岳国ブータンでは国王主導で同国史上初の成文憲法成立を目指し、国王の定年制を導入、立憲君主制に移行する予定だが、

国王が民主化の期限を明示したのは初めて。

国王は「07年までに最貧国から脱出できる」と自信を示し、総選挙の08年実施のため06年から2年間にわたり国民に選挙の啓発活動を行うとしている。  

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

共同通信 2005年12月18日 19時45分

08年にブータン総選挙、立憲君主制へ 国王、民主化期限示す

ブータンの政府系クエンセル紙(電子版)によると、同国のワンチュク国王(50)は17日、国民向けの演説で、2008年に総選挙を行って同国の

民主化プロセスを完了させ、退位して息子のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク皇太子(25)に譲位すると発表した。

ヒマラヤの山岳国ブータンでは国王主導で同国史上初の成文憲法成立を目指し、国王の定年制を導入、立憲君主制に移行する予定だが、

国王が民主化の期限を明示したのは初めて。自らの退位を発表することで国民に権力を移譲する意思を明確に示そうとしたといえる。

ワンチュク国王は「07年までに最貧国から脱出できる」と自信を示し、総選挙の08年実施のため06年から2年間にわたり国民に選挙の啓発活動を行うとしている。

国王は、憲法草案をめぐる対話の中で「国民の多くが議会制民主主義は時期尚早としている」とした上で、長い民主化プロセスを経験した国民は「統治力に

優れ国民の利益に奉仕する最もいい政党を選ぶことができる」と述べ、民主化の成功に向けた協力を訴えた。

しかし国王は同日の演説では、1990年初めから国王のブータン化政策に反発しネパールで難民生活を送る10万人近いネパール系住民の民主化プロセスへ

の参加については触れていない。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------  

 

読売新聞 2005年12月18日21時6分

ブータン議会選、08年にも実施…国王も退位へ

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051218id21.htm

ヒマラヤの小国ブータンの国営ニュースサイト「クエンセル・オンライン」によると、ワンチュク同国国王(50)は17日、演説し、新憲法に基づく

議会制民主主義を導入するため、議会選を2008年に実施すると発表した。 国王はさらに、同年に王位を皇太子に譲ることも明らかにした。 

ブータンでは事実上の絶対王制が敷かれてきたが、1972年に即位したワンチュク国王は、90年代後半から行政権を内閣に委譲するなど政治改革に着手。

2001年には同国初となる成文憲法の草案作りを命じた。

今年3月発表された草案は主権在民と立憲君主制を明記した上で、国会を2院制(定数計100)とし、国王任命の5人以外は直接選挙で選ぶとしていた。 

【ニューデリー=林英彰】

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

東京新聞

ブータン 08年に総選挙【バンコク=平田浩二】 

ヒマラヤの山岳国ブータンのワンチュク国王(50)はこのほど、国民向けの演説で、二〇〇八年に総選挙を行うと発表した。

また選挙後に十六歳で即位し三十年以上にわたった国王の座をジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク皇太子(15)に譲る意向も明らかにした。

英BBC放送(電子版)などによると、国王は「〇七年までに最貧国から脱却できる」としたうえで「〇八年に議会制民主主義の仕組みの下で総選挙を行う。

国民は最も良いサービスを提供する政党を選択することができる」と述べた。

ブータンでは〇一年十一月、国王主導で最高裁長官、国会議員、政府代表など三十九人の委員で構成する憲法起草委員会を組織。

今年三月、三十四章からなる憲法案が国民に示された。国王の定年制を導入、立憲君主制への移行を目指しているが、国王が民主化の期限を明確に示したのは初めて。

しかし国王が一九九〇年からチベット系のゾンカ語の普及やブータン式衣服の公式の場での着用義務付けなど国家のアイデンティティー強化政策を打ち出したため、

ネパール系難民から強い反発を招いている。難民がネパール国内に流入し外交問題となっているが、

演説ではネパール系住民の民主化プロセスへの参加については言及しなかった。

註:皇太子の年齢が15歳になっていますが、25歳です。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

NHKオンライン ブータン 初の国政選挙実施へ

これは17日ブータンのワンチュク国王が1907年に今の王朝が設立された記念日の演説の中で明らかにしたものです。

 この中で国王は、今後2年をかけて、国民に対して選挙手続きなどについての啓発活動を行ったうえで「議会制民主主義に基づく政府を選ぶための初めての

選挙を2008年に実施する」と述べました。

さらに国王は、2008年にみずから退位し、長男に王位を譲る考えも明らかにしました。

ブータンでは、今の王朝ができて以来、国王による統治体制が続いてきましたが、ワンチュク国王はことし3月には、議会に国王を弾劾する権限を与えることなど

を盛り込んだ初めての憲法草案を示しています。

インドと中国というアジアの大国にはさまれているブータンでは、これまでの国王の統治に対する国民からの信頼は厚いと言われており、「議会制民主主義への

移行は時期尚早だ」という声も上がっていますが、今回、国王が選挙の時期を明言したことで、今後、民主的な体制への移行が加速化していくものとみられます。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ