『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ   2020年ニュース (6)6月21日〜月日 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・30掲載):COVID-19、Kidu Mobile Medical Unit のサービス、依存者に人生の再チャンスを、新規開業ホテルにとって暗黒の日々、

PDP Facebook、7月新刊『とうがらしの世界』、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ https://www.facebook.com/MoHBhutan/photos/a.771480979580187/3253439454717648/?type=3&theater  

 保健省:PCR検査、ラピッドテスト(高速試験)結果 https://www.facebook.com/MoHBhutan/posts/3253338091394451?__tn__=-R 

 

BBS 6月29日 https://www.facebook.com/bbsnews/videos/vb.133972516617260/2677338462538641/?type=3&theater

 動画:https://www.facebook.com/bbsnews/videos/2677338462538641/

COVID-19 のパンデミックの影響で、プンツォリンではミニドライポート(荷物の積み替え地)や税関での作業はリスクが高い。

そのリスクを考慮して、100人以上のブータン人労働者は、ある学校に隔離されている。彼らの友人や家族から離れて 3週間近くになる。 

 

(2)

3,500人以上が Kidu Mobile Medical Unit のサービスを利用、パロ

BBS 6月29日 『Over 3,500 people avail Kidu Mobile Medical Unit services, Paro』 http://www.bbs.bt/news/?p=134035

現在、陛下のキドゥ機動医療ユニット(KMMU)はパロ地区の病院に一時的に駐屯している。これは、COVID-19 パンデミックの最悪のシナリオに備えた医療チームのバックアップである。

COVID-19 の流行によりティンプーの Jigme Dorji Wangchuk National Referral Hospital (JDWNRH) でサービスシステムが中断された場合、

KMMU のチームはティンプーに行き、通常の医療サービスを提供する。また、人々はパロ地区の病院で通常の医療サービスを受けることができます。

チームは、婦人科医、専門医、小児科医、外科医、整形外科医など5人の専門家を含む15人のメンバーで構成されており、手術のバックアップチームも含まれています。------後略-------

 

(3)

リハビリテーションセンター、薬物・アルコール依存者に人生の再チャンスを与える

BBS 6月27日 『Rehabilitation centre, giving drug and alcohol dependents another chance at life』 http://www.bbs.bt/news/?p=133980

リハビリセンターは、アルコールや薬物に依存している人にとって、依存症を克服して治療を受けるための唯一の選択肢かもしれません。

しかし、アルコール依存症や薬物依存症であることには汚名があるため、人々はそのようなセンターを訪れることを躊躇しています。

それゆえに、いくつかは、今のところ、パンデミックによって提示された状況を考えると問題外である海外のそのようなセンターに行くことを選択します。

そこで、薬物やアルコール依存症の人たちが人生をやり直すチャンスを得るために、市民社会組織である Chithuen Phendey 協会がティンプーのタバでリハビリセンターを運営しています。

------後略-------

 

(4)

ブータンの新しいホテルに暗黒の日々

Southasian Monitor 6月28日 『Dark days for Bhutan's new hotels』 https://southasiamonitor.org/index.php/bhutan/dark-days-bhutans-new-hotels

待ちに待った日だった。2年以上のハードワークとストレス、国境の町や銀行への何度もの旅、そして何度かの海外旅行を経て、3つ星ホテルの物件が完成したのです。

占星術師によると、3月7日は聖別日としては良い日でした。 招待状が配布され、装飾が準備され、僧侶が手配されました。

Zhung Dratshang Lopons の一人が奉献式を主宰することになっていました。3月 6日の朝、すべてが崩壊しました。

6日の早朝、40代後半の女性経営者は、ブータンで最初のコロナウイルス感染者が出たことを知った。

彼女はオープンの儀式を進めることもできたが、接触者追跡のニュースが広まったため、すべてをキャンセルした。

ティンプー - バベサ高速道路の脇にあるホテルはまだ営業していない。昨日、オーナーは屋根裏部屋を掃除して住居にしていた。

パンデミックがブータンに到達していなければ、ホテルには大規模な観光客のグループが行き交っていただろう。カー・ラリーのグループが 3月 27日から 29日までの 3泊分の 41室を予約していた。

次の 2日間の約 70人のためのケータリングが予約された。同月、同ホテルでは 2件の結婚パーティーが予定されていた。

「すべてが台無しになっている 」と、彼女や物件の名前を記載しないように要求した経営者は言った。

「我々はより多くの kidu を求めることはできません。それは国王陛下や政府に公平ではありません。私は心配です」と彼女は言った。------後略------

 

(5)

People's Democratic Party - PDP(国民民主党) 6月28日 https://www.facebook.com/bhutanpdp/photos/a.10153993432199547/10158382237134547/?type=3&theater

国王陛下、政府、RMA、金融機関を含む関係機関の皆様には、Druk Gyalpo の Druk Gyalpo Relief Kidu と Covid-19 Phase II の下での金銭的措置に感謝の意を表したいと思います。

これにより、最も被害を受けた人々、特に仕事や収入を失った人々に継続的な救済が提供されることになる。

このような措置はまた、私たちの経済を回復、再建、再優先順位付けし、新たな起業の機会を創出するのに役立つでしょう。

これは、私たちの国家の長期的な経済成長と繁栄のための基礎を築くことになるでしょう。

私たちは、持続可能な経済を構築する上での本当の成功は、政府、立法者、金融機関、民間部門、および国民という私たち全員が一緒に働くことに依存していることを理解しています。

  

(6)

新刊案内

『とうがらしの世界』 松島憲一:著

  

 https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784065202920

発行:講談社(講談社選書メチエ)、256ページ、定価 1,700円+税

発売予定日:7月10日

 

 目次

  はじめに

  [第一部 知っておきたいトウガラシの基礎知識]

   第一章 日本とうがらし事始め

   第二章 食用トウガラシ、その起源と種類

   第三章 なぜ、トウガラシは辛くなったのか

   第四章 トウガラシの辛味あれこれ

   第五章 機能性食品トウガラシ

  [第二部 世界一周トウガラシ紀行]

   第六章 トウガラシの故郷―中南米

   第七章 原産地呼称制度と郷土料理―ヨーロッパ

   第八章 キネンセ種が大活躍―アフリカ

   第九章 ストレートで味わうか、ミックスして味わうか―南アジア

   第一〇章 辛いアジアと辛くないアジア―東南アジア

   第一一章 二つの唐辛子文化大国―東アジア

   第一二章 実は豊かな日本の唐辛子文化

  旅の終わりに

 

  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・29掲載):COVID-19、首相の放送、スポーツ大会の制限解除、肉類等の輸入解禁、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ https://www.facebook.com/MoHBhutan/photos/a.771480979580187/3250721201656140/?type=3&theater  

 保健省:PCR検査、ラピッドテスト(高速試験)結果 https://www.facebook.com/MoHBhutan/posts/3250670928327834?__tn__=-R 

 

(2)

首相プレスリリース 6月27日  https://www.facebook.com/PMOBhutan/posts/3023506381095378?__tn__=K-R(写真9枚)

動画:https://www.facebook.com/bbsnews/videos/275361090346836/UzpfSTQxMDExMjAyNTc2ODE3MzozMDIzMzkwNDE0NDQwMzA4/?hc_ref=ARS2DAEXvkxLZuqoLHZn-0td5PX4XeLgF7qRCjG6o-Af-0CYfqUlZwt0JYKxAdMdwlA&fref=nf&__tn__=kC-R (20分〜48分、首相演説

  

国王陛下は、2020年 4月 10日の国民への演説の中で、新型コロナウイルスの世界的な蔓延によってもたらされるリスクから我が国の人々の健康と生命を守る必要性を強調しました。

陛下はまた、このパンデミックが前例のない経済的困難に直面していることから、私たちの国民と企業のレジリエンス、自信、セキュリティを構築する必要性を強調されました。

COVID-19 パンデミックの課題への包括的な国家対応を支援するため、300億Nu. の国家レジリエンス基金が設立されました。

この支援には、パンデミックの影響を直接受けた個人への Druk Gyalpo's Relief Kidu の付与や、2020年 4月、5月、6月の利息免除の付与などが含まれていました。

さらに、経済活動を後押しし、成長と雇用を維持するために、いくつかの財政・金融措置が開始されました。

ブータンはこれまでのところ、幸いにも新型コロナウイルスの局所的な感染を防ぐことに成功しています。

被害を受けた個人に対するロイヤルキドゥの即時交付や利息免除などの政府の介入により、国民や企業が直面している経済的困難や不確実性が緩和されてきました。

しかし、明確な医学的解決策がない中で、経済的困難が続いていることは明らかである。-------後略------

 

(3)

ナムゲィ・ザム Facebook 6月27日 https://www.facebook.com/theofficialnamgayzam/posts/3110619775684670?__tn__=K-R

今、BBSで首相の放送を見ていたら、ブータン人であることがいかに恵まれているかがわかると思います。陛下はブータン人の幸福を深く憂慮されている、その事を首相は共有している。

ローンの返済が人々を困らせる理由になってはいけないと陛下は命令しています。このため、今後数ヶ月間はローンの利息が免除され、1 年間はローンが繰り延べられることになります。 

B. Druk Gyalpo's Relief Kidu - 利息の支払いをサポート

国民のローン返済に対する不安を軽減するため、首相は、2020年 4月 10日時点で利用されているローンの利息免除をさらに 9ヶ月間延長することを発表した。

2020年 7月から 9月までの間、さらに 3ヶ月間、利息の全額免除が認められる。これに続いて、2020年 10月から 2021年 3月までの 6ヶ月間、部分的な利息免除(50%)が認められる。

ロイヤルキドゥの利息免除により、20の県にまたがる 112,024人(ローン口座数139,261口座)の個人・事業者ローン口座のうち、

不良債権口座に記載されている口座を含 めて恩恵を受けることが期待されている。

9ヶ月間の利払い費用は 75億Nu. と見積もられており、全額をナショナル・レジリエンス基金から支給される。 

C. 金融・財政措置

COVID-19 のパンデミックが一向に収まる気配を見せず、経済の低迷が至る所で現実のものとなっています。

ブータンでは現地での感染がゼロになったにもかかわらず、我々の経済も同様の課題に直面することになるだろう。さらに、経済が回復するまでには 1年以上かかることも確かです。

政府は、今回の COVID-19 パンデミック危機のコストが企業や従業員にとって非常に重くのしかかることを認識しています。

したがって、負担を軽減し、企業がこの困難な時期をうまく乗り切るのを助けるために、金融・財政介入のパッケージが作成されています。

ビジネスの持続可能性のためのより良い戦略と計画を促進するために、この措置は今後 6ヶ月から 12ヶ月間の支援を提供する。

第二段階の金融・財政措置は、Druk Gyalpo's Relief Kidu(被災した個人への支援と利息支払い支援)を補完する介入策を組み合わせたもので、大小を問わずすべての企業を支援する。

貨幣的措置は、罰則金利なしで融資を 1年間猶予することで、債務圧迫を緩和する。

この期間中に融資を行う意思があり、返済能力がある借り手に対しては、追加的なインセンティブとして、利息を 1%ポイント引き下げることを提案している。

また、事業継続のために、事業者向けに 5%の高金利でのソフトターム・ブリッジング・ローンを新たに提供する。

また、全国 CSI 開発銀行は、農業向けマイクロローンを 2%、CSI 向けソフトローンを 4%の金利で、さらに 12ヶ月延長する。

 ローンの返済猶予

ローンの据置期間は、すべてのローンについて 2021年 6月 30日まで 1年間延長されます。据置きは、全額返済でも一部返済でもよい。

ただし、部分的な返済は、少なくともローンの利息の支払いをカバーすることになる。RMA は、この介入を実施するための明確な指示を出す。

  

(4)

政府はスポーツ大会の制限を解除 BBS 6月27日 『Govt. lifts the restrictions on sporting tournaments』 http://www.bbs.bt/news/?p=133982

ブータンのサッカークラブを満足させるために、政府は昨日、試合やスポーツトーナメントの開催に関する制限を解除した。

これにより、適切な COVID-19 の予防措置を講じた上でトーナメントを進めることができるようになりました。首相は、昨日の記者会見の中で、制限の緩和を発表した。

首相は、主催者は、保健省の COVID-19 予防勧告に沿って、選手と審判のみでイベントを開催することが賢明であるべきであると述べた。------後略------

 

(5)

ブータンへの包装肉・冷凍肉の輸入を許可

Southasian Monitor 6月27日 『Import of packaged and frozen meat allowed into Bhutan』 https://southasiamonitor.org/bhutan/import-packaged-and-frozen-meat-allowed-bhutan

ブータン農業森林省(MoAF)は、6 月 22 日から豚肉を除く加工・包装肉、魚、乾物の輸入を解禁した。

この決定は、ブータンの農家が食肉需要を満たすことができない時期に来ている。食肉店は 1ヶ月間の Saga Dawa を経て数日前にオープンしたが、昨日の時点ではほとんどの店が空っぽだった。

しかし、生肉の輸入は認められない。「今、我々は肉を輸入することができますが、生の形ではなく、処理され、パッケージ化されるべきである 」と農相 Yeshey Penjor は言った。

「COVID-19を防ぐために国境管理の光の中で、以前のように生肉のインポートは許可されていません。」現地の肉の売買は、しかし、COVID-19 に対する予防措置を適切に採用することで許可されている。

------後略------ 

  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・28掲載):COVID-19、インドメディアの灌漑用水路遮断報道に反論、海外雇用プログラム、公共サービスの提供における優遇という汚職、

オンラインで繋ぐブータン第三回、ブータン政治事情、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ 

https://www.facebook.com/MoHBhutan/photos/a.771480979580187/3247747215286872/?type=3&theater  

保健省:PCR検査、ラピッドテスト(高速試験)結果 https://www.facebook.com/MoHBhutan/posts/3247973028597624?__tn__=-R 

 

(2)

政府は、ブータンがアッサムへの灌漑用水路を遮断しているとのインドメディアの報道に反論している

BBS 6月26日 『Government refutes Indian media reports of Bhutan blocking irrigation water channels to Assam』 http://www.bbs.bt/news/?p=133963(動画有り)   

インド政府は、ブータンがインドのアッサム州の農民に灌漑用水を供給する用水路を封鎖したとする最近のインドメディアの報道に反論した。

外務省は本日発表された声明で、この報道は根拠のないものであるとし、ブータンとアッサムの友好的な人々の間に誤解を与え、誤報を広めようとする既得権益者の意図的な試みであると述べた。

外務省は、ブータンがモンスーンの雨による灌漑用水路の混乱に対処するためにあらゆる努力をしている時に、これは憂慮すべき疑惑であると述べている。

サムドップ・ジョンカルの関係機関や地元のボランティアは、COVID-19 の流行に伴うインドでの国境閉鎖やロックダウンを受けて、

過去 3ヶ月間、下流のインドの農民に水を供給する水路の維持に取り組んできた。アッサム州の農家に水を供給するサムドップ・ジョンカルには 15 の灌漑チャンネルがある。

 

(3)

コビド19 がブータンとインドの水協力に激突

Southasian Monitor 6月27日 『Covid-19 hits Bhutan-India water cooperation』 https://south-asian-monitor.com/en/bhutan/covid-19-hits-bhutan-india-water-cooperation

ブータンとの国境に隣接するインド北東部アッサム州のバクサ地区では今月、数百人の農民がデモを行った。

彼らは、ブータンが国境を越えたカラナディ川から灌漑用水路への水の流れを遮断していると主張した。

平年であれば、農民たちは開放された国境を通ってブータンに入り、モンスーンの前に水路を修理します。

今年は、ブータンがコビド19 のパンデミックのために国境を閉鎖しているために、農民たちはそれを阻止された。

ブータン当局者は、自分たちで水路を修理したと指摘している。地元メディアでは、伝統的な泥と石の灌漑用水路と呼ばれるドングへの水をブータンが遮断しているとの報道があった。

ブータン・インド友好協会(BIFA)ゲレフ支部の副会長であるウゲン・ラブタン氏は、「真実とはかけ離れたことは何もありません」と語る。

「なぜ丘からの水の流れを止めなければならないのでしょうか? バクサの農民たちはドング水路を修理するために国境を越えたいと思っていますが、

コビド19 関連のプロトコルのため、ブータンはパンデミックのない国を維持するために厳しい措置をとっているため、これは許されません」と述べています。

しかし、私たちの努力について地元当局と対話をする代わりに、これらの農民は、私たちが意図的に水を止めていると誤解しています。------後略------

 

(4)

ブータン、アッサムへの断水に関する「全く根拠のない」報告を拒否

NDTV(ニューデリーテレビリミテッドが所有するインドのヒンディー語ニュースチャンネル)6月26日

『Bhutan Rejects "Totally Baseless" Reports On Water Stoppage To Assam』 https://www.ndtv.com/india-news/bhutan-rejects-totally-baseless-reports-on-water-stoppage-to-assam-2252651

「ブータンとアッサムの友好的な人々の間に誤った情報を広め、誤解を生じさせようとする既得権益者による意図的な試みである 」とブータン外務省は述べている。------後略------

 

(5)

「海外雇用プログラム」の中東からの帰国者の運命は?

クェンセル 6月26日 『What fate for returnees from the Middle East?』  https://kuenselonline.com/what-fate-for-returnees-from-the-middle-east/

数千人のブータン人が帰国したが、多くは帰国せずに仕事を探したいと考えている。国内で仕事を見つけることができず、何千人ものブータン人が労働省の海外雇用プログラムに応募した。

数字を見れば、一時的であったとしても、このプログラムは成功したと言える。2013 年のプログラム開始以来、若者を中心に約 6,935 人のブータン人が石油の豊富な湾岸諸国で仕事を見つけている。

しかし、湾岸諸国ではコビド19 の流行に伴い、クウェート、カタール、アラブ首長国連邦、バーレーン、オマーンを中心に 1,566人のブータン人が帰国している。

帰国者によると、さらに多くの帰国者が途中で、あるいは帰国を待っているという。140人が本日帰国する予定である。

多くは強制的に退職したが、中には無給休暇を取得した者、自主的に退職した者、契約期間を終えた者もいる。今日の時点では、帰国者は将来の展望に戸惑っている。

復帰を希望する人もいるが、「戻って仕事を探すか、起業するか、まだ決めていない」との声が多い。

 

(6)

公共サービスの提供における優遇主義、最も一般的な汚職の形態

BBS 6月27日 『Favouritism in public service delivery, the most prevalent form of corruption』 http://www.bbs.bt/news/?p=133977

 

ブータンにおける公共サービスの提供における汚職の蔓延の高さ:報告書

Southasian Monito 6月25日 『 High prevalence of corruption in public service delivery in Bhutan: Report』

 https://south-asian-monitor.com/en/bhutan/high-prevalence-of-corruption-in-public-service-delivery-in-bhutan-report

「National Integrity Assessment (NIA))2019」 によると、友人関係や家族関係に基づく好意的な形での汚職の認識は、公共サービスの提供において蔓延している。

NIA によると、サービス利用者の 50%が家族や友人関係がサービスを迅速に処理してもらう上で有益であると考えており、サービス提供者の 40%以上が、

上司からの指示や友人関係がサービスを迅速に提供する上で最も影響力のある要因であると回答していることがわかった。

評価によると、8人に 1人の従業員が、機関の長や直属の上司から理不尽な業務指示を受けていました。反汚職委員会(ACC)と国家統計局(NSB)が実施したアセスメントは昨日発表された。

NIA は、ある機関において、公務員が、特別な条件や誘引に対する個人的な傾向に基づくものではなく、公平かつ透明性のあるサービスを提供する上で、

標準的な手順に従っているかどうかを評価するものである。

報告書によると、147 人に 1 人がサービスを受けるために飲食物などの接待を提供し、274 人に 1 人がサービスを受けるためにその他の形での謝礼を提供し、

379 人に 1 人がサービスを受けるために樽や現物での支払いを行ったとしている。------後略------

 

(7)

GNHトラベル&サービス

『7/5 19:30〜 オンラインで繋ぐブータン第三回開催します!』 事前予約制(参加費無料) 詳細:https://gnhtravel.com/news/2020-6-26-release-bhutanevent3/

    

  

(8)

諸橋さんTwitter 6月26日 https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1276500429338062849

【ブータン政治事情】 今、ブータン・中国国境交渉の資料を読み直していています。

しかしこれ、絶対に両国とも相手の言語での地名を理解していなかっただろ、という疑いが強まっています。少なくとも 00年代半ばまでは。

実際、90年代に出てきた係争地の地名がいくつか消えてるんですよね。多分、2013年と 2014年の合同実地調査で、ほぼ決着は付いたんだろうな、とは推測できます。 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・27掲載):COVID-19、迷惑行為に判決、学校設計指針、人身取引報告ヒーロー、パロ国立博物館(動画)、7月から PP ー IX クラスと XI クラスの評価開始、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ https://www.facebook.com/Kuensel/photos/a.383327058368866/3372917516076457/?type=3&theater  

 保健省:PCR検査、ラピッドテスト(高速試験)結果 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3644067868941023?__tn__=-R

 

(2)

ブムタンの公の秩序と静けさに違反したとして、懲役2年以上の刑を言い渡された男

BBS 6月25日 『Man sentenced to over two years in prison for breach of public order and tranquility in Bumthang』 http://www.bbs.bt/news/?p=133890

ブムタン地方裁判所は、午後 7時過ぎにブムタン町周辺でうろついて家族に嫌がらせをしたとして、20代後半の男に 2年 3ヶ月の併科刑を言い渡した。

事件は 5月 3日にチャムカル町の郊外のGongkharで起きた。男は午後 10時 50分頃、酔っ払って家族の家の周りを歩き回り、住民に嫌がらせをしているところを発見された。

ダガナ出身の男は 3回目の犯罪で、以前に不法侵入と嫌がらせで有罪判決を受けたことがある。

------中略------

政府は 4月に COVID-19 のコミュニティ感染のリスクを最小限に抑えるために制限を課して以来、これまでに 7人の男性と女性 1人がブムタンで 11ヶ月の複合的な懲役刑を宣告されている。

 

(3)

学校計画建築課が「学校設計指針」を発表

Sherig Bhutan(教育省) 6月25日 https://www.facebook.com/SherigBhutan/posts/1938007442996888?__tn__=-R

BBS 6月26日 https://www.facebook.com/bbsnews/photos/a.404989499515559/3644281322253011/?type=3&theater

昨日、Kinley Gyeltshen サービス局長が「学校デザインガイドライン」を発表しました。

学校デザインガイドラインは、ブータン財団の財政支援を受けて、アラップ・コンサルタンツ(英国事務所)のコンサルタントサービスを受けて、SPBD が作成したものです。

このガイドラインの目的は、政府・民間を問わず、学校の計画・設計に携わるすべての人々に参考資料を提供することにあります。

教育省としては、ブータン財団からの財政的支援を受けたブータン財団と、ガイドラインの作成に携わったアラップ・コンサルタンツに深く感謝するとともに、感謝の意を表したいと思います。

 

(4)

人身取引報告ヒーロー ナムゲィ・ザム Twitter 6月26日 https://www.facebook.com/theofficialnamgayzam/photos/a.410655712347770/3105728039507177/?type=3&theater

米国務省は、私が深く尊敬し、尊敬しているダーショ・カルマ・リジン(Dasho Karma Rigzin )を 2020 年の「人身取引報告ヒーロー」の一人として認定しました。

今年は 10人のヒーローが表彰されました。 タシ・デレ、ダショー!  誇りに思います!

   

(5)

パロ国立博物館 BBS 6月24日 動画:https://www.facebook.com/bbsnews/videos/272246910520645/UzpfSTE2MjgwNzExNzE1OTE3MzoyNzM1NDMwMzI5ODk2ODI2/?fref=photo

  

(6)

7月から PP ー IX クラスと XI クラスの評価が開始されます。 BBS 6月26日 『Assessment for Classes PP-IX and classes XI to begin from July』 http://www.bbs.bt/news/?p=133953

Jai Bir Rai 教育大臣は本日の記者会見で、来月から PP から IX と XI のクラスで学ぶ学生は、王立教育審議会が定めた適応カリキュラムに基づいて、

次の上位クラスへの昇格のための評価を受けることになることを明らかにしました。大臣はまた、PP から IX と XI のクラスには正式な試験がないことを共有しました。

しかし、パンデミックの状況に応じてクラスVII、VIII、IX、XI の学校が再開された場合、優先順位の高いカリキュラムに従うことになり、試験も行われることになる。------後略------

  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・26):COVID-19、ブータン財団からキドゥ基金への寄付、パロ国立博物館リニューアルオープン、ドゥック航空今月のスケジュール、

ブータン政治事情、隔離病棟での COVID-19 患者の治療、世界最大の本(ブータンの本)を作った男が死去、障害者平等研修、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ http://www.moh.gov.bt/national-situational-update-on-covid-19-as-of-24th-june-2020/

 保健省:PCR検査、ラピッドテスト(高速試験)結果 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3641065319241278?__tn__=-R

 

BBS 6月25日

保健大臣は、COVID-19 への準備と対応の仕組みを検討するために、2日間にわたりサルパン県を訪問中である。

『Health Minister in Sarpang Dzongkhag』 http://www.bbs.bt/news/?p=133920

ゲレフーにいる間、保健大臣は、隣接する国境の町アッサムからの COVID -19 の侵入に対処するために最善の努力をしている保健当局者を認めた。

大臣は、安全は最優先事項でなければならないと述べ、特に南部では、我々の保健システムの能力を考慮すると、安全は最優先事項でなければならないと述べた。

保健大臣はまた、RT-PCR(逆転写ポリメラーゼ連鎖反応)装置がゲレフー病院に設置されるので、Gelegphu Central Regional Referral Hospital は

もはやティンプーの Jigme Dorji Wangchuck Referral Hospital に検査サンプルを送る必要がないと述べた。

彼女は、ゲレフー病院が RT-PCR 装置を装備した国内 4番目の病院になると述べた。他の3つの病院はティンプー、プンツォリンおよびモンガルにある。

大臣はまた、若者のジャンクフードやソフトドリンクの消費が非伝染性疾患のリスクにさらされていることについて、保健当局者によって提起された懸念を議論した。

大臣は、生理用品やスポーツ用品などの健康を促進する商品は免税となるが、チップス、加工食品、加工肉などの健康に有害な商品には追加税が導入されると述べた。

大臣はまた、アルコール政策の見直しを行うと述べた。

 

(2)

ブータン財団、COVID-19のキドゥ基金に1,200万Nu. を寄付

BBS 6月24日 『Bhutan Foundation contributes Nu 12 M to His Majesty’s Kidu Fund for COVID-19』 http://www.bbs.bt/news/?p=133849

 ブータン財団:https://bhutanfound.org/bhutan-foundation-contributes-nu-12-million-to-his-majestys-kidu-fund-for-covid-19/  

ブータン財団(https://bhutanfound.org/)は、共同理事長の Queen Mother Tseyring Pem Wangchuck 陛下のご命令により、COVID-19 のための陛下のキドゥ基金に1,200万Nu. を寄付しました。

基金のプレスリリースによると、この寄付は、パンデミックの流行に伴う国民への国王陛下のたゆまぬ努力に感謝するとともに、深い敬意を表したものです。

3月には、財団は保健省に113万Nu. 相当の医療機器と物資を手渡しました。現在は、ブータンの COVID-19 への対応のために、米国国際開発庁から 100万ドル相当の 2つの助成金を提供しています。

 

(3)

パロ国立博物館(http://www.nationalmuseum.gov.bt/)が約8年ぶりにリニューアルオープン

BBS 6月24日 『The National Museum reopens after almost eight years』 http://www.bbs.bt/news/?p=133863(動画有り)   

国立博物館パロ・タ・ゾンは、約 8年間の改装工事のために休館していたが、本日、再オープンした。このイベントは国王陛下の生誕 40周年を記念して行われます。

2011年 9月の地震で構造物が損傷した後、博物館は閉鎖されていました。

 

(4)

GNHトラベル Twitter 6月23日 https://twitter.com/gnhtravel/status/1275327356027072512

KB(ドゥック航空)の今月一杯の最新スケジュール。 7/1 以降はバンコク線をデイリーに戻すと聞いてるのだが果たしてどうなることやら。。  

 

(5)

諸橋さんTwitter 6月25日 https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1275940487875067904

【ブータン政治事情】与党 DNT には金融や経済に明るい大臣・議員が1人もいないので、かなりマズイ状況です。

これも外相タンディン・ドルジに仕事を全部押し付けるなんてことは無いと信じたいですが.....。

 

(6)

隔離病棟での COVID-19 患者の治療 The Bhutanese 6月24日

 https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/photos/a.378185292287407/2705633189542594/?type=3&theater

   

ホテルの外で、ジグメ・ドルジ・ワンチャック国立紹介病院(JDWNRH)の隔離病棟に向かう保健ワーカーを迎えに行くために、運転手付きのボレロ車が待機している。

病院に到着した保健ワーカーは個人用保護具(PPE)の着用を開始し、20〜30分ほどで到着する。個人用保護具(PPE)を完全に着用した後は、何も触ってはいけない。

その後、毎日の健康診断が始まります。JDWNRH の医師である Chezang Dorji 氏によると、隔離病棟に入る準備が整うと、隔離病棟は汚染された場所であるため、非常にストレスがかかるとのことです。

彼によると、現在 COVID-19 の患者を診ている医療チームは 7番目のバッチであるという。彼によると、隔離病棟で2週間働いていたチームとは別の医師と看護師の新しいチームが入れ替わるとのことです。

古いチームはその後、2週間検疫下に置かれます。朝 9時になると、医師と看護師が朝のラウンドに行き、部屋の中で個別に患者と話をします。

「私たちは彼らの問題について話し合うのですが、それは医学的、精神的な側面のすべてです。カウンセリングが必要な場合は、

カウンセラーが適切なカウンセリングを行うようにしています。どの患者さんもこのサービスに満足していますし、ストレスを感じることもなく、

今ではすべての患者さんが安定しています」とチェザン・ドルジ先生は言います。------後略------

  

(7)

世界最大の本(ブータンの本)を作った男が死去 クェンセル 6月15日 https://www.facebook.com/Kuensel/posts/3370219156346293?__tn__=K-R

世界最大の出版物「ブータン」を生み出した技術者、教育者、ピアニストとして世界的に高く評価されたマイケル・ホーリー博士が死去しました。

マイケル・ジェローム・ホーリーは、1961年 11月 18日、米国カリフォルニア州キャンプ・ペンドルトン生まれ。

エンジニアと学校の教師の息子であるホーリー博士は、イェール大学で音楽とコンピュータサイエンスを学び、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得しました。

デジタルメディア分野のイノベーターとして広く知られるホーリー博士は、世界初のデジタルライブラリを開発し、

1998年のアメリカのエベレスト遠征をサポートする技術開発を含む、MITメディアラボの複数の革新的な研究イニシアチブを主導しました。

また、2002年には権威あるヴァン・クライバーンピアノコンクールで優勝した才能あるピアニストでもあります。

------後略------ 

参考:https://blog.goo.ne.jp/judysilver/e/52bf11abfc9e6430210160676fa0ff43

   http://www.1book.co.jp/003441.html

     

日本で展示された巨大本見学記 (2004年1月5日見学)

  展示は銀座の高級宝石店(ハリー・ウィンストン)の店内でしたので、通りから見るという状態ではなく、「受付で見学を申し出て」という感じでした。

  本というよりは「巨大なお経」のような造りで、表紙が厚くて硬く、中は(綴じていない)折り畳まれているだけの状態でした。

  ページを繰るのも一人では難しく、係員2人がかりで見せてくれました。

  同書は「寄付をした人(団体、グループ)に渡される、という性質のもので、あくまでも販売ではない」との説明がありました。

  また、100$、1000$バージョンを考えているそうですが、見本が展示されていませんでしたので、

  この巨大本がそっくりそのまま小型化されるのか、あるいは通常の本のように製本されるのか、など、具体的なことは判りませんでした。

  

(8)

久保田あずさ UNDP代表 Twitter 6月25日

 https://twitter.com/AzusaKubota/status/1276145435007164424

ABS(能力ブータン協会 http://absbhutan.org/)、DPAB(ブータン障害者協会 http://www.dpab.org.bt/)、ダクツォ

(ダクツォ特別児童・青少年職業訓練センター http://www.draktsho-bhutan.org/)は、プンツォリンで責任ある立場の職員 4名を対象とした障害者平等研修を実施した。

訓練を受けた職員は、COVID-19の中で障害者支援に直接関わることになる。同じことがパロ&ティンプーでも実施される。

  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・25掲載):COVID-19、日本が医療機器に3億円の助成金提供、豊富な薬用植物の目録作成を開始、訓練に出発、先生方の学校復帰、修士論文紹介、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ http://www.moh.gov.bt/national-situational-update-on-covid-19-as-of-23rd-june-2020/

 保健省:PCR検査、ラピッドテスト(高速試験)結果 https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/posts/2704890776283502?__tn__=-R

 

BBS 6月24日 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3639279976086479?__tn__=-R   http://www.bbs.bt/news/?p=133842

COVID-19 のパンデミックにより、この 3ヶ月間、全国の学校が閉鎖を余儀なくされました。生徒達は教室での学習の機会を奪われました。

そして、新しい通常への移行に関する政府の最近の発表で、PP から VI のクラスは、今年度全体の授業を欠席することになりました。

 

(2)

日本が医療機器に3億円の助成金を提供

      

在ブータン日本国大使館 6月23日 『令和 2年度対ブータン無償資金協力に係る交換公文の交換 (経済社会開発計画)』

 https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/11_000001_00043.html 

 

外務省 6月23日 『ブータンに対する感染症対策及び保健・医療体制整備のための支援(無償資金協力)』 https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008520.html

 

The Bhutanese 6月23日 https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/photos/a.378185292287407/2703116206460959/?type=3&theater

V.ナムギェル駐日ブータン大使と鈴木哲駐ブータン日本国大使は 2020年 6月 23日、ニューデリーで、

日本の無償資金協力による経済社会開発プログラム(医療機器の提供)のための交換手形に署名しました。

このプログラムでは、日本政府は公衆衛生と医療システムを強化するための医療機器の調達に 3億円(Nu 212mn)の日本円の無償資金を提供する。

この助成金により、保健省は、質の高い公平な保健サービスへの普遍的なアクセスという目標を達成することができるようになります。

本助成金で購入された医療機器は、特にコビド19 の影響で公衆衛生システムが過剰になっているこの時期に、ブータンの医療サービスの能力を強化することになります。

本助成金で提案されている医療機器には、携帯用超音波装置、携帯用X線装置、救急車などが含まれます。

ブータン王国政府は、このような支援と、コビド19 の脅威に対処するために日本政府から受けた最近の支援に深く感謝しています。

日本政府は、農業、通信、農村の電化、橋の建設、学校の建設、消防車、パトカー、コンパクトカー、救急車、医療機器や農機具の提供など、様々な分野でブータンを手厚く支援してきました。

ナムギェル大使は、ブータンの社会経済発展に対する長年にわたる地道で寛大な支援と、今後も継続的な支援を約束してくださった日本政府と国民に深い感謝の意を伝えました。

 

(3)

ブータン、豊富な薬用植物を記録するための目録作成を開始 Southasian Monitor 6月23日 

『Bhutan initiates inventory to record its rich medicinal plants』 https://southasiamonitor.org/bhutan/bhutan-initiates-inventory-record-its-rich-medicinal-plants

伝統医学が正式な医療制度に組み込まれてから 50年以上が経過したブータンでは、野生の豊富な薬用植物やハーブのデータベースが未だに不足している。

伝統医学サービス局(DTMS)のクンガ・シェリン局長によると、専門家は国内でどのような薬用植物がどのくらいの量、どのように栽培されているのかを把握していないという。

同氏によれば、科学的に定期的に薬用植物の目録を記録している他国とは異なり、ブータンにはそのような記録を残すシステムがないとのことである。

「高地の植物に関する書籍はあるが、適切なデータベースはない」と述べた。薬用植物・ハーブのインベントリを構築するために、高地の薬用植物の資源マッピングを開始した。

全地球測位システム(GPS)を使用して、ブムタンのマッピングを完成させた。県には350種以上の薬草が生育している。------後略------

 

(4)

The Bhutanese 6月24日 https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/photos/a.828072407298691/2705016826270897/?type=3&theater

本日、各県から 373名の失業中のデズアップと 27名の小学校教員・支援スタッフが、1ヶ月間の実地訓練のために 4つのセクター(Sj、Sarpang、Pling、Samtse)に派遣されるために出発しました。

今回はブータン王国警察との緊密な連携のもと、南部の地区でデスアップの仲間と合流する予定です。

   

 

(5)

ユニセフ・ブータン 6月21日 先生方の学校復帰 『Teachers return to school』 https://www.unicef.org/bhutan/stories/teachers-return-school

生徒のための手洗い場を建設し、学校再開に向けて準備をする。

クルタン、プナカ:全国の学校が COVID-19 のパンデミックの恐怖のために閉鎖されたままであるが、Punakhaの教師たちはここ数週間学校に行っている。

ここでは、439人の教師全員が生徒を迎えるために学校の準備をしている。

教室はペンキを塗り直し、本を並べ、歩道を平らにし、花畑の手入れをして、学校を再開するために政府が設定した条件である手洗い場の建設に取りかかっている。------後略------

 

(6)

修士論文紹介 『外国人児童生徒の居場所とは何か ―あるブータン出身の高校生の場合―』 著者:宮澤理恵(島根大学大学院)

 https://ci.nii.ac.jp/naid/120006800978

 https://ir.lib.shimane-u.ac.jp/ja/49001# 若草色の「出版社PDF」をクリックすると 10ページ分がご覧になれます。

対象者については、「島根県隠岐郡X 町(2)の県立Y高校(以下、Y 高校)に在学している外国人生徒を対象に行ったインタビュー調査で得られた事例を取り上げる。

この調査は2019 年8 月、ブータン出身の女性A さん(高2)を対象に行った。」と紹介されています。

  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・24掲載):COVID-19、Tv番組情報、郵便投票と移動式ブース、注目すべき女性リーダー、農道の起工式、

ドチュラからのハイキング、なぜ、国ごとに差が出たのか、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ http://www.moh.gov.bt/national-situational-update-on-covid-19-as-of-22nd-june-2020/  

 保健省:PCR検査、ラピッドテスト(高速試験)結果 http://www.moh.gov.bt/covid-19-test-update-8/

 

BBS 6月22日 COVID-19 インターナショナル・アップデート 『COVID-19 International update』 http://www.bbs.bt/news/?p=133747

世界保健機関(WHO)は、COVID-19 症例で 1日で最高の増加を記録し、183,000の新しい症例が世界的に検出されました。 国連の保健機関によると、ブラジルと米国が最高の症例を報告しました。

国際的なメディアによると、米国では、症例が増加し続けているため、感染の第 2波の可能性に備えています。

 

(2)

TV番組情報

『驚き!地球!グレートネイチャー▽ヒマラヤの女神 チョモラリ〜神秘の王国ブータン』 6月30日(火) 4:30 〜 5:00  NHK総合1・東京(Ch.1)

紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=hRTFISv2nV4

番組詳細

世界一“幸せな国”として知られるブータンは、さまざまな大絶景に富んでいる。標高50mほどから見渡す大平原、そしてレッサーヒマラヤの山並みにある垂直の大岩壁には、チベット仏教寺院が建つ。

そしてヒマラヤの女神と称えられる標高7千mを越えるチョモラリ。その麓では、珍しい青いケシやかわいらしいマーモットなどと出会う。世界の屋根ヒマラヤの成り立ちとブータンの絶景誕生の秘密を探る。

 

(3)

郵便投票と移動式ブースで、ブータンの3回目の投票は今までで最も包括的なものになるだろう

THE WIRE(2015年に設立されたインドのニュース・オピニオンサイト)

 https://thewire.in/south-asia/with-postal-ballots-and-mobile-booths-bhutans-third-ever-polls-to-be-the-most-inclusive-yet

ブータンの選挙管理委員会は、特別な支援を必要とする人、刑務所に入っている人、居住地から遠く離れた場所に住んでいる人、さらには国そのものであっても、

すべての人が投票の機会を得られるようにするために、あらゆる手段を講じている。

郵便投票と移動式ブースで、ブータンの3回目の投票は今までで最も包括的なものになるだろうブータンの第三回目の民主的選挙は、これまでで最も包括的な選挙となる。

4月 20日に予定されている国民評議会(NC)選挙では、2008年の議会選挙以来初めて、各地区に移動式の投票所・ブースが設置されることになります。

また、ブータンの非居住者の郵便投票への参加が最大化され、特別なニーズを持つ人々の参加が増えることが期待されます。

ブータン選挙管理委員会(ECB)によると、特別支援を必要とする人々には、障がい者、囚人、隔離された医療従事者などが含まれます。

ブータンの有権者は全体の半数の70万人で、今年の選挙では少なくとも 8万人が郵便投票(PB)を利用することになっている。

ECB では、特別支援層の有権者数はまだ確定していないが、選挙区の選挙担当者が数字をまとめているという。------後略------

 

諸橋さんTwitter 6月22日 https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1275204334876147712

【ブータン政治事情】ブータンでも 2018 年総選挙で期日前(郵便)投票制度が改正され、韓国同様に全国どこでも期日前投票が可能となりました。

以前の期日前投票は公務員や軍人など限られた層のみの特権でした。この改正は投票率の向上に貢献したと見られています。

 

(4)

ナムゲイ・ザム Twitter 6月21日 https://www.facebook.com/theofficialnamgayzam/photos/a.410655712347770/3096886490391332/?type=3&theater

南アジア世界の注目すべき女性リーダーたちの中に、私たちのソワイ・ロンポ(保健大臣)がいます。

    

(5)

農道の起工式

BBS 6月23日 https://www.facebook.com/bbsnews/videos/vb.133972516617260/3176479945767159/?type=3&theater

 動画:https://www.facebook.com/bbsnews/videos/3176479945767159/

ペマ・ガッシェルの Chhimoong 地区の Woongborang chiwog は、まもなく地区との間に農道を持つことになる。

この地区にある 56の Chiwogs のうち、 Woongborang chiwog は農道がある最後の chiwog である。先日、待望の起工式が行われた。

参考:Chiwog:村落や村落の集合体、地区ごとに数個の Chiwog が存在している、「地区」の下部に当たる第3級の行政区画

 

(6)

山名さんブログ 『ドチュラからのハイキング』 https://gnhtravel.com/blog/2020-06-23-dochulahike/(動画有り

 

(7)

BLOGOS 6月23日 『なぜ、国ごとに差が出たのか。そして第二波がどうなるか。』 https://blogos.com/article/466649/?p=2

  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・23掲載):COVID-19、新刊案内、日食、営業時間延長を認める、日本製の美しい帯織物、最貧国債務猶予、

ゾンカ標準試験システムの制度化計画、ブータンの見どころ紹介・ドチュ・ラ、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ http://www.moh.gov.bt/national-situational-update-on-covid-19-as-of-21st-june-2020/ 

 保健省:PCR検査、ラピッドテスト(高速試験)結果 https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/posts/2701347116637868?__tn__=-R

 

クェンセル 6月22日 局所的な伝播は避けられない:保健大臣

『Local transmission inevitable: health minister』 https://kuenselonline.com/local-transmission-inevitable-health-minister/

コビド-19 パンデミックのコミュニティまたは局所的な感染は避けられない。デシェン・ワンモ保健大臣によれば、それはいつ、どのようにして感染するかの問題であるという。

ブータンで最初のコビド19 陽性例が検出されてから 3ヶ月以上が経過しているが、地域感染は一度も発生していない。

しかし、最近の南部訪問の際に、大臣は、特に国境の町やコミュニティではリスクが「非常に高い」と述べた。国境を越えた陽性例は、毎日 300パーセント以上という驚くべき速度で増加している。

------後略------

 

BBS 6月22日 https://www.facebook.com/bbsnews/videos/vb.133972516617260/729236187626012/?type=3&theater

 動画:https://www.facebook.com/bbsnews/videos/729236187626012/

サムツェの Tendruk と Gola の町では、COVID-19 対策のために政府が開発した接触者追跡モバイルアプリ「Druk Trace」がまだほとんどの企業で使用されていない。

政府は 4月 20日のサービス開始以来、アプリの利用を繰り返し提唱してきたが、 Tendruk と Gola の町の事業者や一般の人々は、アプリとその利用方法を認識していなかった。

また、スマートフォンを所有していない顧客の手動記録簿も実施されていなかった。

 

(2)

新刊案内 『幸福の国で働いてみた〜ブータンで過ごした17年』

       

著 者: 冨安 裕一  出 版::熊日出版  発売日:6月1日  価 格:1320円

 目 次:第1章 ブータン初期の四年(ブータンの端・東部へ戸惑いながらのコト始め ほか)

     第2章 東部一期プロジェクト(農村開発プロジェクト対象地域で活動を開始する ほか)

     第3章 東部二期プロジェクト(二期プロジェクトの仕事からタシヤンツェ種苗農場 ほか)

     第4章 中西部園芸プロジェク((歴史ある試験場施設整備と修理 ほか)

 

参考:冨安さん紹介記事

   日本人2人目の叙勲:https://www.in.emb-japan.go.jp/Japan-Bhutan-Relations/jica_2014.html

   外務大臣表彰:https://www.jica.go.jp/press/archives/jica/2007/070706.html

   JICA広報室:https://fi-fi.facebook.com/jicapr/posts/636255959757137/

   JICA:https://www.jica.go.jp/bhutan/office/activities/project/07.html <http://www.jica.go.jp/bhutan/office/activities/project/07.html>

   外務省:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/hakusyo/11_hakusho/column/column08.html

   サンチャイ☆ブログ:https://sanchai-documents.blog.ss-blog.jp/2020-06-20#more

  

(3)

日食 ナムゲイ・ザム Twitter 6月21日 https://www.facebook.com/theofficialnamgayzam/posts/3093921967354451?__tn__=-R

ティンプーから見た日食。空は曇っていたが、テンジン・ペルデンはX線を使ってこの位置で日食を撮影した。

         

  

(4)

ブータン、閉店時間を延長して営業再開

Southasian Monitor 6月21日 『Bhutan reopens businesses with extended closing time』 https://southasiamonitor.org/bhutan/bhutan-reopens-businesses-extended-closing-time

ブータンの新常態への移行の第一段階として、来月からは、インフォーマルビジネス、露天商、スヌーカールーム、ビデオゲームパーラーなど、

すべてのビジネスが午後 9時までの営業を認められることになった。

ただし、カラオケ、ドラヤン、ナイトクラブ、パブ、映画館などの娯楽施設は、これらの施設での感染拡大のリスクが高いため、その後の段階で検討されることになります。

昨日、首相は、政府は自信を持っており、人々は強力な健康監視チームを設置して安全対策について十分な情報を得ていると述べた。

しかし、外出を控えるために、人々はオンラインや宅配サービスを利用することを勧められています。

企業はまた、Covid-19 の予防と安全ガイドラインとプロトコルに従うべきであり、顧客間の適切な距離を確保し、混雑を許可しない。------後略------

  

(5)

ブータン・ストリート・ファッション 6月19日 https://www.facebook.com/BhutanStreetFashion/photos/a.140057786011844/4173671265983789/?type=3&theater

首都の中心部にあるノルジンラム通りを散策して、いつものように友達とウィンドウショッピングをしていたら、

たまたまオープンしたばかりのお店「The Rug House」の窓の美しい日本製の帯錦織物が目に飛び込んできました。テゴにも仕立てることができます。

この 2つの作品に一瞬で惚れ込んでしまいました!特にナムゲイ・ザムが身につけたグリーンはまさに神々しいですね 〜 笑

どこに行っても驚きがいっぱいで、閉店するお店やカフェがあるたびに新しいお店がオープンしています。通りにはインスピレーションの源があり、世界最高のランウェイがあります。

どちらも素敵なブロケードですが、どちらがお好みですか?

   

(6)

ロイター 6月22日 『最貧国債務、今年は計120億ドル猶予 新型コロナ対策=世銀』 https://news.infoseek.co.jp/article/21reutersJAPAN_KBN23S0WH/

  

(7)

DDC はゾンカ標準試験システムの制度化を計画している。 BBS 6月22日 『DDC plans to institutionalise the Dzongkha Standard Testing System』 http://www.bbs.bt/news/?p=133744

ゾンカ開発委員会は、ゾンカ標準試験システム(DSTS)の制度化に向けて取り組んでいます。

このシステムは、英語を母国語としない人の英語力をテストする国際英語テストシステム(International English Language Testing System)や IELTS に似ています。

Dzongkha Standard Testing System または Dzongjug は、話す、書く、聞く、読むの4技能を評価する言語評価ツールです。

このシステムは、ゾンカ語のテストを標準化し、ゾンカ語の能力を評価する必要がある機関や組織の間で信頼できるゾンカ語の標準テストシステムを促進することが期待されています。

DDC は現在、このプロジェクトのパイロット段階にある。これまでのところ、委員会はロイヤル・インスティテュート・オブ・マネジメントの学生を対象としたパイロットテストを実施している。

DDC のプロジェクトマネージャーである Karma Gyeltshen 氏は、このテストシステムは、王室公務員委員会やブータンの選挙管理委員会のように、

ゾンカの能力をテストする必要がある分野でも利用できると述べている。

「試験を受けるための資格要件がないため、誰でもゾンカで自分の能力を調べることができます。それがこの試験システムの魅力です」と述べています。

また、この共通基準の試験の仕組みは、ゾンカの基準の一貫性を維持するのに役立ち、作業や費用の大幅な重複をなくすことができると付け加えた。

DSTS を制度化するためには、政府はこのシステムを承認しなければならず、

それが国内の他の既存のゾンカ試験システムに取って代わることができるようにしなければならない。

Karma Gyeltshen 氏は、「これは非常に信頼性が高く、全体的で包括的なシステムだと感じています。政府のコストを削減できるだけでなく、

時間があるときにいつでも試験を受けることができるので、試験を受ける必要がある人にとっても便利です。」DDC は承認を得るために政府に働きかける予定である。

委員会は、IELTS とは異なり、テストは無料で受けられるとしている。

  

(8)

山名さんブログ 『【ブータンの見どころ紹介】ドチュ・ラ』 https://gnhtravel.com/blog/2020-06-22-thimphu-dochula/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・22掲載):COVID-19、学校の再開について、ロゴに隠れる手話通訳者、 tiktoksにアップされた映像が人を傷つける、性差別的ユーモア、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ https://www.facebook.com/bbsnews/photos/a.1072611762753326/3629222227092254/?type=3&theater  

 保健省:PCR検査、ラピッドテスト(高速試験)結果 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3629051167109360?__tn__=-R

 

(2)

Xクラス、XIIクラス、インスティチュートとカレッジは 7月 1日に再開されます。

クェンセル 6月20日  『Classes X, XII, institutes and colleges to reopen on July 1』 https://kuenselonline.com/classes-x-xii-institutes-and-colleges-to-reopen-on-july-1/

今年度は PP ーVI の授業は再開されません。政府は昨日、新通常への移行の第一段階として、X クラスと XII クラスを 7月 1日から再開すると発表した。

LyonchhenのLotay Tshering 博士によると、政府は、重要な 2つのクラスには役員試験があるため、優先順位をつけたという。これは夏休みがないことを意味する。

VII から IX と XI のクラスは、約 1ヶ月で段階的に再開されます。しかし、クラス VI までのプライマリークラスは今年は再開されない。

 

首相は、局地的な感染が発生した場合、一次生がコビド-19 のリスクを理解し、安全プロトコルを実施することは困難になると述べた。

「これらの学生は今年はキャンパス教育を受けず、今のようにオンライン教育や他のモダリティを継続することになるだろう 」と首相は述べた。

「学生は重要な学習に基づいて評価されるだろうし、私はこれに取り組むために教育省に指示します。」

「オンライン教育にアクセスできない学生に対しては、教育省は、試験を行うために学校に来る機会を与えたり、

教師がドア・ツー・ドアに行くことができるようにするなど、さまざまな方法で取り組むことになるだろう」と述べた。

 

私立学校、特に初等教育レベルでは、授業料についてすでに混乱が生じているが、首相は、教育省、私立学校、保護者が一緒に問題を解決する方法を考え出すように指示すると述べた。

首相は、大学や研究機関について、政府はブータン王立大学(RUB)が最終学年の学生と研究機関が卒業の準備ができるようにキャンパスでの研究を再開することを確認することを決定したと述べた。

1年生と 2年生は、RUB が採用しているオンライン授業と評価を継続する。これは、昨年のクラス XII を完了し、大学への入学を待っている人にも適用されます。

これにより、公務員、企業オフィス、民間部門の取込みが卒業生のために途切れることがないことも保証される。

また、政府は、この機関はキャンパス内で全寮制で運営されており、現場での訓練が必要であることから、技術・職業教育訓練(TVET)機関を指定日から開始することを決定した。

これには、運転や仕立てなどの民間の TVET も含まれるが、これらは長引く接触がなく少人数で運営されているためだ。

しかし、首相によると、キャンパス内の学生は全員マスク着用が義務付けられているという。

学校の管理者や機関やカレッジの管理者は、Covid-19 の安全と予防のガイドラインやプロトコルに沿ってキャンパスを準備する。

 

首相は、緩和はリスクの増加を意味するのではなく、陛下の犠牲と現場の労働者の努力によって生み出された利益と機会を政府が活用しなければならないと述べた。

「コビド-19 に終わりはなく、最悪の事態を想定して採用した対策がテストに耐えたことを実感しているので、これは新しい通常への移行である 」と述べた。

「これまでの道のりは学習の一つであり、この移行は前進する自信の結果です。」

首相は、「検疫施設や国境の町をまたいで感染者が増加しているが、政府はシステムと現場の労働者を信頼しなければならない」と述べた。

「世界的に見て、各国はパンデミックと社会経済的な持続性のバランスを取っている。私たちの場合は、局地伝染がないシステムを活用しなければならない。」

 

局地伝染が発生した場合、政府は直ちに拡大防止のための追加規制の指示を出す。

首相官邸が発表したプレスリリースによると、政府は引き続き国民の健康と安全を重視し、これらの措置が病気に対する取り組みを損なうことなく、

局所的な伝播の危険性がないことを確認するとしている。プレスリリースによると、クラスVII、VIII、IX、XI の再開については、政府は混雑を防ぐために、

週の交互の曜日に学生を別のグループに分けることができるようにする可能性を模索しているという。

制限の緩和は、政府が、少なくとも、パンデミックがおさまるまでの待ち時間を減らすことができるようになると期待されています。

 

(3)

聴覚障害者の学習を妨げるケーブル会社のロゴ

クェンセル 6月20日 『A logo of cable company hinders learning for the deaf 』 https://kuenselonline.com/a-logo-of-cable-company-hinders-learning-for-the-deaf/ 

テレビで授業やニュースを見ることができないことに、多くの聾学生が憤慨している。彼らは、画面に映っている手話通訳がほとんど見えないと言っている。

ワンセル聾協会とブータン放送局(BBS)は、昨年、特別な手配をして、人気のある手話プログラムを導入した。ニュースリーダーがニュースを読むと、研究所の先生が同時に手話で通訳してくれる。

テレビ画面の右下に表示されます。学校が閉鎖された後、他の学校と同じように、彼らの学習は特にニュースの更新のためにテレビに移行しました。

しかし、学生たちは問題があるため、テレビに映っているものを解読することができません。

特にティンプーをはじめとするいくつかの県では、地元のケーブル事業者の多くが、手話通訳者が画面に表示される場所にロゴを配置している。------後略------

  

(4)

tiktoks にアップされた映像が人を傷つける Feminism in Bhutan 6月20日 https://www.facebook.com/feminismadvocate/posts/283153676392014?__tn__=-R

彼らの tiktoks(中華人民共和国の Byte Dance 社が開発運営しているモバイル向けショートビデオのプラットフォーム) のために、

人々をからかったりあざけったりしてこきおろしたこの男は、私たちに連絡した。

私たちは、彼が彼の立場を聞きたいと思っていたことを喜んでいたが、唯一の失望を見つけるために、彼は自分のビデオと、彼は多くの人々を侮辱し、攻撃するのが間違っていないことを主張し続けた。

私たちはこの高校生に、人々が標的にされたり侮辱されたりしないような動画を作り続けるべきだと説明しようとしましたが、どうやら彼のエゴは大きすぎて、

正しいことのために犠牲になることはできないようです。そして彼は、新しいビデオが近づいていると言ってくれました ー もう十分だ! 彼のビデオは、人々の感情を刺激するだけではありません。

 

彼のビデオは多くの人々の間で感情や怒りに拍車をかけているだけでなく、これらの tiktokers の親たちは、ビデオを削除して自分たちの子供を傷つけるのをやめるように彼に懇願している。

この問題は、多くの人が考えていることよりも大きな問題です:ちょうどあなたの思考にあまりにも貪欲にならないでください、

それは tiktok のビデオについてだけではありません ー誰がこの人が人々を客観視する権利を与えたのでしょうか?あなたはそれがあなたの身に起こるまで、それが娯楽であると考えています。

 

そこで私たちは、ブータン王国憲法、ブータンの刑法、国家ソーシャルメディア・ポリシーなど、

多くの国家的枠組みによって保証されていることを知っているこのケースの訴訟適格性を調べることにしました。

この問題は、若者が責任を持ってソーシャル・メディアを使用しておらず、他人の命を犠牲にしてプラットフォームを悪用し、彼らが持っていた小さな自尊心を壊していることを浮き彫りにしました。

私たちは、これがソーシャル・メディアを使用しているすべての人のための教訓になることを望んでいます。

 

P.s. この若者は、私たちが彼を標的にしたことを警告していますか?

  これと以前の作品は、彼が標的にされたと感じるようになりますか?

  他の人の人生と彼らの選択をあざ笑うことのあなたの間違った行いについてはどうですか?

  

(5)

性差別的ユーモア ナムゲイ・ザム Twitter 6月20日 https://www.facebook.com/theofficialnamgayzam/posts/3091654187581229?__tn__=-R

このページの管理人が、ブータンの男性と女性の両方が共有して楽しんでいるバイラル・ビデオ(ウイルス性の高い動画コンテンツ)を私に知らせてくれました。

ビデオの内容が Tik Tok の女性だけをターゲットにしたものであることは悲しいことですが、「ただのジョーク 」であることは評価しなければなりません。

この 「ただのジョーク 」ビジネスは、何世紀にもわたって男女ともに嫌がらせ、抑圧、被害者になるために利用され、悪用されてきました。

このような軽薄な差別的行動の社会的影響は、途方もないものです。私たちの誰もが、軽蔑的な性差別的ユーモアを支持すべきではありません。性差別的なユーモアほど私を悩ませるものはありません。

安っぽくて、無知で、社会に有害なのです。性差別的ユーモアとは?

性差別的ユーモアとは、人の性別を侮辱したり、ステレオタイプにしたり、客観視したり、貶めたりするユーモアのことで、対象となる性別は女性です。

「あなたが私を性差別するなら、私はあなたをフェミニストにします。」

  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る 

(6・21掲載):COVID-19、困難だったルナナの人々の帰郷、Covid-19のパンデミックでティンプーの犯罪率低下、

野生動物による家畜被害への補償がない、国の青少年政策の見直しに関する協議会、金環日食、

 

(1)

COVID-19

保健省:COVID-19 の国家状況のアップデート http://www.moh.gov.bt/category/covid-19/ http://www.moh.gov.bt/national-situational-update-on-covid-19-as-of-19th-june-2020/   

保健省:PCR検査結果 https://www.facebook.com/Kuensel/photos/a.881867831848117/3355394971162045/?type=3&theater

 

(2)

困難な帰郷の旅 BBS 6月19日 『An arduous journey back home』 http://www.bbs.bt/news/?p=133648

今年 4月の春の訪れとともに、ワンデュ・ポダン(Wangdue Phodrang)のセフ(Saephu)の低い谷から故郷に向かったルナナの人々にとっては、これまでで最も長く険しい旅となった。

通常 1ヶ月の旅が、今年はさらに 45日長くかかった。今年は山の上の方で異常なほどの大雪が降り、ルナナの住民にとって帰路の旅は非常に困難なものとなった。

2ヶ月半以上もの間、5フィート(1.5m 強)以上の氷と雪に覆われた登山道を掘り起こし、整地した後、約 30人のルナナの人々と 100頭の馬のキャラバンが水曜日にようやく自宅にたどり着いた。

疲れ果て、天候に打ちひしがれて帰ってきたこのグループにとって、最悪の事態が終わった。------後略------

     ルナナ地区

  

(3)

首都の犯罪は Covid-19 パンデミックで減少

クェンセル 6月19日 『Crime drops in the capital during Covid-19 pandemic』 https://kuenselonline.com/crime-drops-in-the-capital-during-covid-19-pandemic/

通りにいる人が少なくなり、特に夜間には家にいる人が増え、首都ティンプーでは犯罪が減少しています。

6月 17日現在、ティンプー警察署では、昨年の同時期の 978件に対し、688件の刑事事件を記録している。

2017年 6月と 2018年 6月の時点で、警察に報告された犯罪事件はそれぞれ 1,123件と 1,331件であった。警察は今年の事件の減少を、現在のコビド-19 のパンデミックに起因するとしている。

ティンプー警察署の関係者によると、当初、町でよく見られる犯罪行為の一つである強盗事件のほとんどは、住民が仕事に出かける際に家に誰もいなかったために発生したという。

学校やその他の機関が閉鎖され、多くの会社員が自宅で仕事をしていたため、空き巣に入ることができなかったと当局者は述べている。

犯罪の減少はパンデミックに起因するものであり、彼は、首都の犯罪は一般的に減少していると述べた。-------後略-------

  

(4)

2年間で 251頭の牛が野生動物のために失われたが、補償されなかった

クェンセル 6月19日 『251 cattle lost to wildlife within two years, none compensated』 https://kuenselonline.com/251-cattle-lost-to-wildlife-within-two-years-none-compensated/

調査によると、2016年から 2018年の間に、生物回廊(BC8)内の 10村の 91世帯のうち、69%の世帯が 251頭の家畜を失ったことがわかった。各世帯が 1頭以上の家畜を捕食者に奪われたことになる。

いずれも補償されなかった。BC8は、ブータン中部のジグメ・シンゲ・ワンチュック国立公園(JSWNP)と北部のワンチュック百年記念国立公園を結んでいる。

森林局の上級森林官であるレトロ氏と統合自然科学研究所のクラウス・フィッシャー氏による共同研究によると、家畜の 58.9%(148頭)がトラによるもので、

次いでユキヒョウが 32頭、夏季には野犬が殺処分されているという。BC8 はトラにとって重要な回廊であり、回遊回廊としても、また生息地としても重要な場所である。

JSWNP は 2015年の全国トラ調査でトラの生息地として確認されている。住民は、ヤクを飼育して移動放牧を行う遊牧民か、牛を飼育して自給自足の農業を行う農耕牧畜民である。

冬季の放牧地は BC8 の範囲内である。調査の結果、肉食動物による家畜の損失は年々増加していることがわかった。

これは 2000年代初頭に JSWNP で記録された平均損失頭数 1.3頭/年よりも高く、1世帯あたり 1.8頭、年間 4.4%に相当します。

また、8世帯が公園職員に家畜の略奪行為を報告し、78%の世帯が政府機関に家畜の略奪行為の補償を要請しています。

調査では、BC に関する人々の意識は低いものの、虎の保護と BC 管理に前向きな姿勢を示した。-------後略-------

 

   煉瓦色部分が、生物回廊・コリドー(biological corridor)

 

参考(コリドー解説):WWF Bhutan:https://www.wwfbhutan.org.bt/projects_/bhutan_biological_conservation_complex/biological_corridors/

生物学的回廊は 1999年に初めて設置され、ブータンから地球への贈り物として与えられました。当初は、ブータンの 9つの保護区すべてを結ぶ 12本のコリドー(総延長 3,660 km2)がありましたが、

2008年のワンチュック百年記念国立公園の設立に伴い、3本のコリドーが整備されました。 しかし、2008年のワンチュック百年記念国立公園の開園に伴い、3つの回廊が廃止されました。

 ブータンの回廊は、地球上のどの国にも類を見ない大胆で革新的なビジョンを示しています。このように、ブータンは、多様な種のメタ個体群を保全し、すべての種の遺伝子の流れを促進し、

種が気候変動に適応できるようにするための費用対効果の高い確実な戦略として、コリドーを活用しようとしている世界のリーダーであると指摘されてもおかしくありません。 

コリドーの中には、その目的を達成するのが科学的に非論理的になるような狭いコリドー(時には 1km未満のコリドーもある)があることが観察されている。

9本のコリドーのうち 8本は 2つ以上の地区を通っており、9本のコリドーのうち 7本は 2つ以上の領有林区を通っているため、人間の影響を受けやすくなっている。

  

(5)

国の青少年政策の見直しに関する協議会 Sherig Bhutan(教育省) 6月19日 https://www.facebook.com/SherigBhutan/posts/1932540460210253?__tn__=-R

文部省青少年スポーツ局青少年センター課は、改訂された状況報告書に基づいて国家青少年政策をさらに見直し、政策改訂のための枠組みを構築するため、

2020年 6月 18日から 19日にかけて、青少年代表者、ユニセフ、コンサルタントとの間で再度の協議会を実施しました。

昨日から始まった 2日間の会議の主な目的は、特に既存の他の政策と重複する問題について審議し、政策改訂のために青少年の懸念やニーズを再優先順位付けすることでした。

------後略------

 

(6)

ブータンの星空観察者は明日、金環日食を目撃するだろう。 BBS 6月20日 『Stargazers in Bhutan will witness an annular solar eclipse tomorrow』 http://www.bbs.bt/news/?p=133686

世界各地の星空観察者は明日(21日)、金環日食を見ることができます。ブータンの人々も明日の日食を目撃することができるでしょう。

金環日食は部分日食であり、太陽の端がまだ月のまわりで見ることができるように見事な「火のリング」によって特徴付けられます。 ブータンでは、金環日食は明日約 4時間表示されます。

Pangrizampa の占星術の大学によると、約 11:30から太陽の 4分の 1だけが見えるが、午後 4時までにそれは完全に再び見えるだろう。------後略------

  --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る        『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ