『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ   2020年ニュース (2)2月21日〜3月22日    

(3・22掲載):COVID-19、Eラーニングプログラムに関する首相見解、ギャルセー殿下は弟に会えて喜んでいた、

オンラインショッピング、ロイヤルベビーと誕生日を同じくする14人の新生児、

 

(1)

COVID-19

(Google 翻訳による日本語であることをご留意下さい) 

首相府  https://www.facebook.com/PMOBhutan/posts/2786119991500686?__xts__[0]=68.ARBOAtivHwEyHHr7hqaRslKh0njOCcZhVJaNZNITv0N9TPGnaCY-ac_BjAaeOaG8oZ6_l5BmGwN_Ya2H24bNyZezQtuang-VDEG-8AFuSXDOzcBLSbROCm-ZvKCfTyZQApXaRtNqkk-gLXS0iTRRx9i-rAKk74328oXk6dm_wRP9luzgS-kHiz8Av9hgj73rDjAiE9ZNYtXPY5VCxf9nL5o8Sek7sHUHIoGe51QaA24OC_2OK9ao_meIdh1Vq1E0HcUl1eidRgwDbsQ5Pxg-VQR6zq2VSga2d2InsFYFVYgd_mcjRSTChBxZy5XDFw8Chrxj8mLfOICWDqdzi1GJpVoeFA&__tn__=-R

Lotay Tshering 首相は、COVID-19 が世界的に急速に広まっていることを考慮して、準備と対応計画を評価するためにプンツォリンにいます。

国王陛下は、国での COVID-19 事件後のプンツォリンへの最後の3回の訪問で、隣接するインドの町との頻繁な相互作用と商業活動を考慮して、即時の行動計画を命じました。

その後、政府は、アドボカシー、医療資源マッピング、ロジスティックおよび緊急時対応計画を強化しました。

近隣の町ジャイガオンに住む 4,000人以上のブータン人のための避難計画も展開され、民間企業家と提携しました。

夕方にワーキンググループに会って、首相はプンツォリンはブータンのエントリーポイントであり、経済的ドアでもあるため、異なると述べた。

ロックダウンになる最悪の事態に備えて、彼は私たちの優先事項は、ジャイガオンに住んでいるブータン人を国内に連れてくることだと言いました。

現在、残りの 700人以下の住民を取り戻す作業が進行中です。首相はまた、ブータン・インド友好協会のメンバーと会い、COVID-19 に関して取られた措置と懸念を共有しました。

首相は、ブータン中のチームが検疫措置で COVID-19 の発生を防ごうとしているが、旅行の歴史を宣言するのと同じくらい単純な行為で、

人々からの適切な支援が必要であると述べた。現在、約 343人がプンツォリンの検疫センターにいます。

 

BBS 3月21日 トンサ COVID-19 感染の疑いのある人は、症状なしで 14日間の隔離期間を完了します。

『Trongsa COVID-19 suspect completes 14-day quarantine period without any symptoms』 http://www.bbs.bt/news/?p=129993

COVID-19 の陰性を検査した後、3月 8日からトンサで自宅検疫された 23歳の男性は、感染の症状を示していません。 トンサの保健当局は、それ以来ずっと検疫を監視しています。

彼は 3月 7日に咳と軽度の発熱で初めて病院に来ました。 バーレーンから戻った彼は、COVID-19 を疑われた、彼のサンプルはティンプーの王立疾病管理センターに送られました。

彼は、結果が 14日間自宅隔離にとどまるという指示で否定的な結果を示した直後に退院した。

 

クェンセル 3月21日  https://twitter.com/KuenselOnline/status/1241300153396428801 アメリカ人観光客のパートナーは、4回目のテスト後に陽性

ブータンが Covid-19 の状況に対処する際に取った「特別な」予防措置は、昨日、同国の 2番目の陽性症例を検出するのに実用的であることが証明されました。

https://kuenselonline.com/american-touri

 

Narendra Modi(第18代インド首相)3月21日  https://twitter.com/narendramodi/status/1241056983651733504  PM Bhutanへの感謝

ブータン政府に代わって COVID-1 9緊急基金に 10万ドルを寄付する決定をしたロティ・ツェリン博士。

SAARC リーダーがイニシアチブを取り、コロナウイルスとの集団闘争に力を加えているのを見るのは素晴らしいことです。

 

首相官邸 - ブータンPMO 3月20日  https://www.facebook.com/410112025768173/posts/2782662715179747/?d=n

国内で最初の COVID-19 ケースのパートナーは、今朝陽性でした。首相は記者会見で一般に知らせた。

テストは検疫プロセスの一部として実行され、全員がリリース前のステータスを確認するためにチェックされます。

パートナー、ガイド、ドライバーという 3つの主要な連絡先は、本日の検疫期間を終了します。ガイドと運転手は否定的に確認されたが、59歳のパートナーは肯定的な結果を示した。

これは、3月 5日に最初のケースが検出されてから、プライマリ連絡先で 4回目のテストを実行しました。以前の 3つのテストはすべて陰性になりました。

一方、患者は無症候性で健康です。彼女は今日から孤立して監視されます。ドライバーとガイドは自宅検疫下に置かれ、兆候や症状に気付いた場合は直ちに報告する必要があります。

施設に滞在したい場合は、オプションを提供します。これにより、ブータンの COVID-19 の陽性症例数は 2になります。

 

JICAブータン事務所 3月20日  https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/2634372999994501?__xts__[0]=68.ARCD1CZl5GmCfreEG8_JEQwyF3XkJjIyP6MMwpEeTqIoOCeO_MSTjiTY9jZYpfsBsjo7FXMdM-Ik22ToVCh4UUNNdwxvUT7f1fQbBwm31uuNtmxlKCE43CXmVtE5u1575mgmNGcdf1VGpj8RcVqyqJNuAXu2MOJbt1cjY5W00fiUavjn2dADPc2NqRdF_Cud-nvatJyjBzHNv4BTWtkxuqsQ80SQ4D_EdFG0Rp2uBJiBPn376foS01iUdfG9k5PgVJHLC3skPDyTOsryqZ4g4I3Wbq0tw2646OXzQRQfez1pK-mSe0VFAeUBMewtbod7P_qt9vUjQGC19XZg3ZBPYQ&__tn__=-R

JICA と ADB と協力して女性と子供のための全国委員会(NCWC)は、緊急時の家庭内暴力に関する意識のビデオクリップを放送するためにブータン放送サービス公社と取り決めを行いました。

国際的な経験と NCWC の研究は、災害などの緊急時に、家庭内暴力とジェンダーに基づく暴力の有病率が上昇する傾向があることを示唆しています。

ビデオは、次の曜日と時間に放送されます。

  3月20日(金曜日):BBS2 で 20:00時間  3月21日(土曜日):BBS2 で 20:00時間  3月22日(日曜日):BBS1 で 20:00時間

  3月23日(月曜日):BBS1 の 22:00時間(予定)  3月24日(火曜日):BBS1 の 22:00時間(予定)

したがって、NCWC、JICA、および ADB は、ビデオクリップを視聴し、

COVID-19 に対する広範な不安の現状に伴う家庭内暴力のリスクが高まっていることを認識してもらうよう、一般市民に促したいと考えています。

 

(2)

Eラーニングプログラムに関する首相見解

BBS 3月20日 『Prime Minister on the E-learning programmes』 http://www.bbs.bt/news/?p=129935

本日の記者会見で、Lotay Tshering首相は、教師と生徒が新しいオンライン学習システムを採用することは必須ではないと述べました。

ただし、各学校の校長と教育担当者が作成したタスクと計画を無視するべきではありません。

最近、全国の学校と大学が閉鎖されたことで、多くの人々は、政府が学生に実施する学術プログラムに疑問を呈しました。

これに対して、政府は最近、オンライン交換、BBS TV、およびコンピュータータブレットのアプリを通じてアカデミックセッションを継続すると発表しました。

しかし、多くの人々は、Eラーニングプロセスが必須かどうかを疑問視しました。

 

(3)

HRH Prince Ugyen Jigme Wangchuck(K5弟殿下)Facebook 3月20日

 https://www.facebook.com/Hrhugyenjigmewangchuck/photos/a.995060953921827/2956211821140054/?type=3&theater

ギャルセー殿下は、弟に会えて喜んでいた。  

 

(4)

オンラインショッピングと配信サービスが普及、COVID-19予防措置

BBS 3月20日 『Online shopping and delivery services getting popular, COVID-19 precaution』 http://www.bbs.bt/news/?p=129923

コロナウイルス病の発生(COVID 19)の中で、オンラインショッピングが増加し、配信サービスが最大容量に達しています。

事業主によると、彼らは COVID-19 の恐怖が続く中、群衆を避けることかもしれないと言う。

 

(5)

14人の新生児が王室の子供と誕生日を共有

クェンセル 3月20日 『14 newly-borns share birthday with the Royal child』 https://kuenselonline.com/14-newly-born-shares-birthday-with-the-royal-child/

労働の苦痛は決して満足できるものではありません。しかし、10時間の痛みの後、28歳の Sangdag Pem は、娘である赤ちゃんを歓迎する幸せな母親です。

国立紹介病院の出産センターに到着した王室の誕生のニュースは彼女を幸せにしました。娘の誕生は、昨日、2人目の王室の子供の誕生と一致しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・21掲載):王子様ご誕生、COVID-19、JICA協力隊全員一時帰国・派遣延期、外国人労働者愛媛モデル、

 

(1)

王子様ご誕生  首相官邸 - ブータンPMO 3月19日 https://www.facebook.com/PMOBhutan/photos/a.410118499100859/2780727185373300/?type=3&theater

 

ティンプーのリンカナ宮殿の周りに花が咲き乱れ、さまざまな花びらが点在するように、今日の春は最高峰に達します。

2番目の王室の赤ちゃんの形で、特別な祝福が来ました。 国王陛下が昨年 12月とニュースを共有して以来、待望のニュースは、

今日の午後に喜ばしいニュースを聞いて終わりました。王妃陛下と王室の赤ちゃんが健康であることを知ってうれしく思います。4年前、国はギャルセー殿下の誕生を喜ぶために集まりました。

今日、私たちは、殿下が弟に挨拶するときの興奮を想像することができます。

すべての家族に喜びをもたらす新しいメンバーの到着のように、2番目の王室の子供の誕生は、世界中のすべてのブータン人の希望と至福を活気づけます。

ブータンの人々を代表して、私は謙虚な祈りと感謝を捧げます。

ロテイ・ツェリン博士 首相

  

(2)

COVID-19 

BBS 3月20日 『HH Je Khenpo confers wang-lung of Sangay Menlha』 http://www.bbs.bt/news/?p=129946(動画有り)   HH Je Khenpo が Sangay Menlha の wang-lung を授与

今日、何千人もの人々がサンゲイ・メンラ(医学仏)の開始を HH. ジェ・ケンポから受けました。

彼の法王は、BBS TVチャンネルとソーシャルメディアプラットフォームの両方を通じて、Sangay Menhla の口頭伝達(肺)と祝福(王)を信者に授けました。

世界がコロナウイルス病の封じ込めに苦労しているときに王肺が授与されます。

彼の法王は、このウイルスに感染した、および感染している世界中の人々すべてに精神的なサポートを提供するよう人々に促しました。

  

BBS ラジオ 3月20日 「COVID -19の中での政府の食糧安全保障戦略」 https://www.youtube.com/watch?time_continue=94&v=wYM_j5oipws&feature=emb_logo

 

BBS 3月20日 https://www.facebook.com/bbsnews/videos/vb.133972516617260/2823822884362118/?type=3&theater (動画)

政府はすぐに経済刺激策を展開します。

Lotay Tshering 首相によると、今週または月曜日までに準備される計画は、最も影響を受けた部門が COVID-19 パンデミックの経済的影響に対処するのを支援することです。

現在、観光部門が最も影響を受けており、さまざまな専門家グループがこの問題に取り組んでいます。

  

在ブータン日本国大使館 3月20日14時25分更新

『【緊急】ブータンにおける新型コロナウイルスに関する注意喚起(その5:インド政府による国際民間旅客航空便の着陸の一時停止措置)』

 https://www.in.emb-japan.go.jp/PDF/20200320_Bhu_Coronavirus_(5).pdf

注意喚起 その1〜4:https://www.in.emb-japan.go.jp/Japanese/Bhu_Corona_alerts_j.html

  

The Bhutanese 3月20日 https://twitter.com/thebhutanese/status/1240644413082062848

更新:MoE(教育省)は、BBS 1 および 2を介して放送される教材の開発を開始しました。生徒を引き付けるために、各チャネルで毎日平均5時間開催されます。

クラス10と12は、ボード試験のために座っている必要があるため、より多くの焦点が与えられます。 REC(Royal Education Council 王立教育評議会)はオンライン教育のカリキュラムを見直しました。

ブータンテレコムとタシセル(ブータンの携帯電話の1社)は、オンライン教育を促進するために協力しています。

プログラムは 3月 25日に BBSチャンネルで開始されますが、目標は 4月の第 1週から開始することでした:教育大臣。

  

クェンセル 3月20日「患者と私たちのチームは家族のようになりました」

『“The patient and our team became like a family”』 https://kuenselonline.com/the-patient-and-our-team-became-like-a-family/

  (記事の冒頭部分を Google 翻訳した日本語であることをご留意下さい)

最初の Covid-19 患者を治療した名も無き英雄たちが彼らの物語を語る

3月 5日の夕方、国が眠りに落ちていたとき、国立紹介病院のサポートスタッフを含む医師と看護師のチームは、Covid-19 陽性患者の可能性を扱っていました。

数時間後、ブータンはアメリカ人観光客の輸入症例である Covid-19 の最初の陽性症例を確認しました。

新しいコロナウイルスのニュースが全国に広まると、ますます多くのブータン人が、病気にかかる可能性に直面していることに気づきました。

一部の人々は予想されるように国家の健康危機の最前線に追いやられましたが、他の人々は一生このような瞬間を訓練しました。

これらは、国立紹介病院のスタッフであり、医師、看護師、清掃員、運転手、およびその他の支援スタッフでした。 

最前線の戦闘機

3人の医師 ミ 2人の専門家と 7人の看護師を含む一般医師は、3月 13日に空に避難するまで 76歳の患者を積極的に監視していました。

合計 34人の医療従事者とサポートスタッフがアメリカ人患者の治療に従事していました。現在 26人が隔離されています。

新しいコロナウイルスを取り巻くパニックと不確実性により、最初の数日は医療スタッフの間で不安が高まりました。

シニア臨床看護師と集中治療室(ICU)の担当者である Tshering Dolkar は、隔離病棟でアメリカ人患者と接触した最初のスタッフの 1人でした。

「それは新しい病気だったので、私たち全員が最初は怖かった」と彼女は言った。

「しかし、日が経つにつれて、それはすべて私と私のチームにとって正常になりました。私たちはこれをすべての人生で行うように訓練されてきました。」

ほぼ 20年間にわたって臨床支援を提供してきた 40歳の看護師は、病院で起こりうる陽性症例の早期準備が専門的な方法で患者を管理するのに役立つことを共有しました。

匿名を要求した別の看護師は、病院での準備が早くも 2月に始まったと述べた。 Covid-19 病棟が特定され、緊急訓練が定期的に実施されました。

「最初の症例があった頃には、すべてが自然にやって来ました。少数の人たちの間で不安がありましたが、私たちは皆、訓練されたことをしました」と彼女は言いました。

「私たちは常に連絡を取り合っていたため、患者とチームは家族のようになりました。可能な限り、彼は私たちと国に彼の世話をしてくれたことに感謝します。」

――後略ーー

  

JICAブータン事務所 3月19日   https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/2632340630197738?__xts__[0]=68.ARDMdcTHAKGgof9ZmMOaprSg88xXuWUjEDkczhGnJ37TjtawboEd50yDrBYx7pouY6TuNTQ2GLzHFGrNGVp7zeDuCYFsS2iNWijlI9xvgLjl7mjPRXsBrSi7fhtHooUazfPfBm7UL_imKj8ZA09Y2e7we7QyuC3bo2p7O4BQ1Xt9WbCjiTgOaWDmIMaIx9anOT_l8N8AxD35PFlBdzo9j8r58G-XR6fyLhIEmkjLlcFn9Yxjd6MOwlR3S3NCFunB8IUkKXApDeZ1NrJKSdyAboLucR1XZQ5qAZfNLKDFwx-707QeZynnN-pCT6BXI4cugAzRXkaw9wAAQ1f-O-omCt-3dQ&__tn__=-R

(写真4枚)

  

JICAブータン事務所は、JICAブータン同窓会(JAAB)と共同で、CoVID-19 の世界的な発生に対する予防措置として、王立疾病管理センター(RCDC)に個人用保護具(PPE)を提供しました。

PPEには以下が含まれます。 ペーパータオル 100パック、100個 ハンドサニタイザー、100個 液体洗剤と 3つのnos。 必要な情報を維持するためのホワイトボード。

JICAブータン事務所のチーフ代表と JAABの長は、JAABの代表者、RCDCに配属された JICA ボランティアのアノ・ヒロミさん、JICA ブータン事務所のスタッフの前でRCDC のチーフに商品を引き渡しました。

  

Business Bhutan 3月19日 『Tourism industry suffers loss of US$ 2.2mn due to COVID-19』

 http://www.businessbhutan.bt/2020/03/19/tourism-industry-suffers-loss-of-us-2-2mn-due-to-covid-19/

観光産業は COVID-19 により 220万米ドルの損失を被る2020年 3月 19日 businessbhutan 観光産業に関するコメントを残す COVID-19 により 220万米ドルの損失を被る

先週この国で最初の COVID-19 事件が検出されたために入国する観光客が一時停止されたため、政府は 220万米ドルの収入を差し控えなければなりませんでした。

サービス部門で最も影響を受けるのは、ホテル経営者、レストラン、ガイド、ドライバー、旅行代理店、航空およびその他のサービスプロバイダーです。

  

久保田あずさ UNDP代表 Twitter 3月18日 https://twitter.com/UNDP_Bhutan/status/1240278692267347970(動画有り)

障害のある人は、進行中の COVID19 パンデミック中に除外されていると感じます。 Bhutanは、その応答の理解を確実にします。

手話通訳者は、ろう者コミュニティのために記者会見にアクセスできるようにします。 重要なメッセージが確実に届くようにするイニシアチブをサポートすることを誇りに思います。

  

(3)

JICA協力隊 全員一時帰国・派遣延期 

FNN 3月20日 『JICA隊員 一時帰国へ 世界70カ国超 2000人近く』 https://www.fnn.jp/posts/00434222CX/202003200621_CX_CX(動画)

 時事通信 3月19日『JICA、全ボランティア一時帰国へ 新型コロナ拡大で』

 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031900514&g=int <https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031900514&amp;g=int>  

共同通信 『全派遣隊員に帰国指示 JICA、約1900人』 https://www.47news.jp/4630151.html 

信毎Web 3月19日『新型コロナ JICA、協力隊の派遣延期』 https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200319/KT200318FTI090014000.php 

 朝日新聞 3月18日『JICA、全派遣隊員に帰国指示 71カ国に1785人』 https://www.asahi.com/articles/ASN3L3R2PN3KUHBI055.html 

NHKニュース 3月18日『青年海外協力隊 全員一時帰国へ 新型ウイルス影響 JICA』 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200318/k10012337621000.html

 

(4)

WEDGE 3月20日 『外国人労働者が借金をせずに来日する方法とは? 外国人労働者・愛媛モデル(5)』 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18974 

WEDGE 3月19日『「借金漬けにNO!」立ち上がった外国人留学生 外国人労働者・愛媛モデル(4)』https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18973

WEDGE 3月18日『なぜ、ブータン人留学生たちの就職先が「愛媛」だったのか 外国人労働者・愛媛モデル(3)』https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18972

WEDGE 3月16日『帝国ホテルでブータン首相に直談判した青年 外国人労働者・愛媛モデル(1)』https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18970

WEDGE 3月17日『失業対策で若者を日本に送ったブータン政府 外国人労働者・愛媛モデル(2)』https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18971

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・20掲載):王子様ご誕生、COVID-19、外国人労働者愛媛モデル、シックスセンシズ ブータン、

 

(1)

NNA ASIA 3月20日 『ブータン国王に次男誕生、第2子』 https://www.nna.jp/news/show/2022750

 

(2)

COVID-19

在ブータン日本国大使館 3月20日2時20分

『【緊急】ブータンにおける新型コロナウイルスに関する注意喚起(その4:就労許可を有する国際機関職員等に対する再入国許可の撤回)』

 https://www.in.emb-japan.go.jp/PDF/20200319_Bhu_Coronavirus_(4).pdf

 

ジェトロ 3月19日 『ネパール、ブータン、入国時の検査結果提出や停留など、新型コロナウイルス対策実施』 https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/03/7d80dcc9343628bd.html

 

クェンセル 3月19日  https://twitter.com/KuenselOnline/status/1240603574129676288 ドゥルク・エアーの乗組員とチームは隔離されました

CEO や乗組員を含む Drukair の新しい航空機配送チームのメンバーは、オラタン・ホテルで検疫されました。新しい航空機であるエアバス 320 が今朝パロ国際空港に着陸しました。

 

BBS 3月19日 RUB(ブータン王立大学)は学生を自宅に送り返すことを決定 『RUB decides to send students home』 http://www.bbs.bt/news/?p=129900

ブータン王立大学(RUB)は、その全構成大学および関連大学から学生を帰国させることにしました。 大学の幹部が昨夜ビデオ会議で会った後、決定が下されました。

大学は交通機関を手配しています。学生は明日からバッチで送られ、自分で大学を卒業することはできません。 これはすべての RUB カレッジに適用されます。

学生は帰宅しますが、これは休日ではなく、学生はオンラインクラスを受講する必要があります。

 

クェンセル 3月19日 https://twitter.com/KuenselOnline/status/1240533183227035649

検疫は、ステータスに関係なくすべての人に適用されます:PM(首相)  首相は昨日、海外から帰国するすべての人は 2週間厳しい検疫基準を遵守しなければならないと述べた…

   

 

BBS 3月19日 検疫中182人、毎日約100人が帰国 『182 in quarantine and around 100 returning to the country every day』

 http://www.bbs.bt/news/?p=129857  

ブータン人が海外から帰国することを検疫するという政府の決定を受けて、これまでに182人のブータン人が検疫センターにいます。外相によると、毎日約100人のブータン人が戻ってきています。

昨日だけで、プンツォリンはインドから帰国した 36人のブータン人を検疫しました。彼らのほとんどはシッキムから戻ってきた学生でした。

彼らは、プンツォリン・ゲストハウスと町のホテルの 1つで隔離されています。それらは14日間隔離されます。彼らのように、全国の検疫センターには 119のブータン人がおり、他の 63人は自宅検疫にいます。

  

Southasian Monitor 3月19日 『In Bhutan, tourists were once welcomed ミ now they are feared and face hostility』

 https://south-asian-monitor.com/en/bhutan/in-bhutan-tourists-were-once-welcomed--now-they-are-feared-and-face-hostility

ブータンでは、観光客はかつて歓迎されていました - 今、彼らは恐れられ、敵意に直面しています  ブータン王国はアジアの観光ルールの例外です。

日本やタイなどの国々は、旅行者をまとめて誘致することに照準を合わせていますが、小さなヒマラヤの国は、持続可能性の原則に基づいた「高価値、低インパクト」のアプローチを採用しています。

つまり、観光は環境的、生態学的、社会的、文化的に受け入れられ、経済的に実行可能」、またはブータン政府観光局(TCB)のように述べています。

インド、バングラデシュ、モルディブからの「地域の」到着は、外国人にピーク時の1日あたり 250米ドル、オフシーズンのジャントで 200米ドルを請求することでこれを達成します。

ブータン人は幸せです 2018年、王国にはわずか 274,097人の訪問者しかいませんでしたが、これは飛行能力とホテルの部屋の不足によって低く抑えられ、

アジアの過負荷のホットスポットとは異なり、観光客は本当に歓迎されていることに気付きます。少なくとも今まで。

3月 6日、ブータンはコロナウイルスの最初の症例を記録しました。

アメリカの旅行者が Covid-19 に陽性であり、2週間にわたって国の国境を閉鎖し、「アメリカ、ヨーロッパ、アジアを問わず路上での観光客」を引き起こし、

国民新聞、Kunensel によれば、「ある程度の不安を持って見られる」。「ツーリストは、会話を始めるためだけに歓迎され、挨拶されていました」と Kuensel は報告しました。

「学校に歩いている生徒たちは、派手な車やきれいなコースターバスに乗った観光客が通り過ぎると、並んで待って手を振ったりお辞儀をしたりします。」

しかし、パンデミックの影響に対する世界的な不安が高まる中、すでにブータンにいる旅行者の一部、および全国各地で彼らを護衛するガイドは、特に農村地域で敵意に直面しています。

ーー後略ーー

  

諸橋さんTwitter 3月18日 https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1240201773685420033

【ブータン事情】 学校閉鎖延長に加え、先程、酒場・ナイトクラブ・ディスコ等の閉鎖が首相府から通達されました。

昨日まではコロナ対策の緩和に動くと見られていたのですが、一転して厳重な措置に転じたことになります。

SAARC 会合後にもかかわらず、ブータンは「独自路線」で対策緩和かと見られていました。しかし最終的には、インド等諸国と協調、対策強化に落ち着いたようです。

  

首相府 3月18日 https://www.facebook.com/410112025768173/posts/2778323718946980/?d=n

特に COVID-19 の防止に照らして、人々の集まりと密接な接触を阻止するために、政府は大規模な群衆を引き付けるすべてのドラヤン、ナイトクラブ、ディスコ、

その他のジョイントの事業運営を停止することを決定しました。首相は、本日から全国での施行を確保するために、内務省とブータン王立警察に連絡しました。

一部の事業体は、ビジネスの運営を維持しながら、すでに運用時間を制限し、訪問者を離していることを知ることは勇気づけられました。

このようなジェスチャーは、COVID-19 のすべての可能性を回避するために多くの手段を講じているときに賞賛に値します。

政府は、私たちが状況に自信を持っている場合、企業が業務に復帰できるよう注意深く監視します。

そのような場合、首相は、すべての人が家族と充実した時間を過ごし、有意義な追求に追いつき、常に健康的な習慣を実践するように促します。

  

ブログ 『ブータンから学ぶ・みんなで手を洗おう』 https://gnhtravel.com/blog/2020-03-18-handwash/

 

(3)

WEDGE 3月19日 『「借金漬けにNO!」立ち上がった外国人留学生 外国人労働者・愛媛モデル(4)』出井康博  https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18973 

WEDGE 3月18日『なぜ、ブータン人留学生たちの就職先が「愛媛」だったのか 外国人労働者・愛媛モデル(3)』 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18972

WEDGE 3月16日『帝国ホテルでブータン首相に直談判した青年 外国人労働者・愛媛モデル(1)』 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18970

WEDGE 3月17日『失業対策で若者を日本に送ったブータン政府 外国人労働者・愛媛モデル(2)』 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18971

  

(4)

リスヴェル 3月19日 『シックスセンシズ ブータンがコレクション最後のロッジをオープン』 https://www.risvel.com/news/5258

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・19掲載);第2王子様ご誕生

 

国王陛下 Facebook 3月19日  https://www.facebook.com/43817623259/posts/10157969706048260/?d=n

私たちは、2020年 3月 19日に、リンカナ宮殿で、男性鉄の鼠年に、王と王妃の 2番目の子供の誕生を発表することを光栄に思います。

王妃陛下と赤ちゃんは元気で、ギャルセー殿下は弟に会えて喜んでいた。陛下は、医療チーム、Zhung Dratshang、そして彼らの幸福と祈りに感謝します。

これは王室とブータンの国民と国民にとって非常に幸せな機会であり続けますが、陛下はすべてのブータン人に COVID-19ウイルスにお互いに注意し、

責任を持ち、協力的であることを思い出させたいと思います。陛下には、この世界的なパンデミックの影響を受けて考えや祈りを受けているすべての人がいます。

 

クェンセル 3月19日  https://twitter.com/KuenselOnline/status/1240557740184891392

タシ・デレ! 国王陛下は本日、2人目の王室の子供の誕生を発表しました。

 

The Bhutanese 3月19日

 https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/posts/2479071838865398?__xts__%5B0%5D=68.ARCvNzF6J8mWOwv2MtHfT0cpTyKVUos-5MCkU5fATRpMm8Yiz90jwQE1o4VjeqTfJ_1DiGnZAUprssBHBV-HaeFXsd1rpHCYf0EpJa0AlWIUnIevD55FEyUY6w6NhZkXI-hy1auk9PQ3KixAnETkmb3uBfoB69QeM7YxzdPiVB6ns12oBWd6hVFNxEHnmcXuG6Y3PDlL8HtEWXjMxRgCKgHWUR28JigbFHlylI9RrcxIO9BXTqO4YknxdNzf3YyXkLMlJcrrCSv6CK1KZkhz5dAhNH48gQMpFCsoRwTivnHwWupUubh00Xxz7RAiaw8l&__tn__=-R-R

告知:第二子の誕生

 

Bhutan Times 3月19日 https://www.facebook.com/bhutan.times1/photos/a.647027585483093/1277386762447169/?type=3&theater

第2子、王子様ご誕生

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・19掲載):COVID-19、ローン利子放棄、留学生問題、ランの新種発見、

 

(1)

COVID-19

在ブータン日本国大使館 3月19日2:45

【緊急】ブータンにおける新型コロナウイルスに関する注意喚起(その3:入国制限措置の無期限延長ほか)

●3月18日,ブータン政府は,観光客の入国制限を無期限延長するとともに,今後ブータン国境に近いインド西ベンガル州の町で陽性患者が発生した場合,

現在の入国制限措置がさらに強化されると発表しました。

●3月18日,日本外務省は,ブータンを含め,これまでに感染症危険情報が発出されていなかった国に対して,レベル1の感染症危険情報(十分注意して下さい。

渡航,滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。)を発出しました。

●3月24日及び25日に予定しておりました領事出張サービスは新型コロナウイルスにかかるブータン政府の検疫措置強化に伴い,延期することといたします。

 

1 3月13日,ブータン保健省は,国内初の新型コロナウイルス陽性患者であった米国人が治療のため帰国した旨発表しました。

これにより,同日以降18日現在までブータン国内の感染者数は0となっています。

 

2 3月18日,ブータン政府は,入国制限措置等の政府方針について,以下のとおり発表しました。

(1)19日で解除される予定であった観光客の入国制限につき,今後新たな通知があるまで延長する。

(2)すべてのパブ(drayang),ナイトクラブ,ディスコ等の営業を当面停止する。

(3)仮に,ブータン国境に近いインド西ベンガル州のFalakata,Jaigaon,Alipurduar等の町において陽性患者が確認された場合,ブータン政府による入国制限措置をさらに強化する。

(4)バンコク経由で入国する渡航者は,空港施設を除き外出は不可であり,8時間以内に乗り継ぎを実施する必要がある。

(5)航空機内の乗客で陽性患者が出た場合,航空会社職員は隔離される。その場合,航空機の運航が月に2回となる可能性がある。

(6)インド国境を越境して荷物輸送する運転手が感染,又はインド国内の状況が悪化した場合,印ブータン国境の陸路を封鎖する。

 3月17日,ブータン政府は,国内すべての学校及び教育機関の休校につき,今後新たな通知があるまで延長する旨発表しました。

 

3 3月16日,ブータン保健省は,同日以降ブータンに入国するすべての渡航者は,指定施設において14日間隔離される旨発表しました。

なお,在インド・ブータン大使館によると,「渡航者」とは,旅券の種類や国籍の別を問わず,ブータン人を含む全ての渡航者であるとのことです。

在留邦人及びブータン訪問予定の皆様におかれては,渡航を慎重に御判断ください。

 

4 3月18日,日本外務省は,ブータンを含め,これまでに感染症危険情報が発出されていなかった国に対して,

レベル1の感染症危険情報(十分注意して下さい。渡航,滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。)を発出しました。

 

5 3月24日及び25日に予定しておりました領事出張サービスは新型コロナウイルスにかかるブータン政府の検疫措置の強化に伴い,

延期することといたします。次回領事出張サービスは,実施日が決まり次第,改めて御案内いたします。

 

6 在留邦人,ブータン旅行中もしくはブータン訪問予定の皆様におかれては,引き続き最新情報の入手に努めてください。

 ブータン政府は感染予防のための措置を強化する方向にあり,制度が突然変更される可能性もありますので,十分注意して行動してください。

また,ご自身や周囲の人の感染予防のため以下の点にご注意下さい。

(1)アルコール系手指消毒薬または石鹸と流水による手洗いを頻繁に行う。目,鼻,口などに触れる前に手洗いをする。

(2)マスク等の確保に努め,咳やくしゃみがあるときはマスクを着用して鼻と口を覆う。マスクがない場合は,咳やくしゃみのときに口と鼻をティッシュなどで覆い,手洗いを行う。

(3)不特定多数の人と密閉された屋内で会うことを可能な限り避け,体調不良のときは外出を控える。 

(お問い合わせ先) 在インド日本国大使館  電話:+91-011-4610-4610(代表)  email:jpemb-cons@nd.mofa.go.jp

 

BBS 3月18日

『182 in quarantine and around 100 returning to the country every day』  http://www.bbs.bt/news/?p=129830 

検疫中182人、毎日約 100人が帰国

ブータン人が海外から帰国することを検疫するという政府の決定を受けて、これまでに 182人のブータン人が検疫センターにいます。外相によると、毎日約 100人のブータン人が戻ってきています。

昨日だけで、プンツォリンはインドから帰国した 36人のブータン人を検疫しました。 彼らのほとんどはシッキムから戻ってきた学生でした。

彼らは、プンツォリン・ゲストハウスと町のホテルの 1つで隔離されています。 それらは 14日間隔離されます。

彼らのように、全国の検疫センターには 119のブータン人がおり、他の 63人は自宅検疫にいます。

 

BBS 3月18日 『COVID-19 situation in SAARC countries』 http://www.bbs.bt/news/?p=129827

SAARC諸国のCOVID-19の状況

南アジア地域協力協会(SAARC)加盟国の中で、パキスタンとインドではコロナウイルス病(COVID-19)の確定症例数が最も多くなっています。

これは、COVID-19 に関する世界保健機関(WHO)の最新の世界情勢報告で明らかにされています。

    

首相府 3月18日 https://www.facebook.com/410112025768173/posts/2776746812438004/?d=n

更新:全国のすべての学校と教育機関は、政府からのさらなる命令があるまで、明日(3月18日)から閉鎖されたままです。

国内およびその他の地域で COVID-19 の状況を監視しているので、それはすべて本国で管理されているものの、世界的な発展は当惑していることをお知らせしたいと思います。

また、海外の多くのブータン人が帰国する時期でもあります。予防措置として、学校や大学に子供を送ることに自信が持てるようになるまで、子供を家に置いておきたいと思います。

これまでに学んだ教訓から、これまで 4つの地区の学校と教育機関が閉鎖されたことで親子関係が改善されたこと、そして親が福祉以外にレッスンで子供たちを指導していることを嬉しく思います。

一方、私たちの教師は、子どもたちが家で時間を無駄にしたり、課題を送ったりしないように、心配して積極的な役割を果たしてきました。

彼らは、オンラインの手段と技術を使用して、子供と学生を引き付けてきました。これはまさに政府が目指すものです。政府や個人の所有権に関係なく、全国の教師が同様の努力をすることを願っています。

  

BBS 3月18日 https://www.youtube.com/watch?v=5PekKYOdIbE  プンツォリンの COVID-19 対策動画

 

クェンセル 3月18日 https://twitter.com/KuenselOnline/status/1240160138121506817 インド軍での最初の COVID-19 事件

34歳の兵士がレーで COVID-19 陽性であると水曜日に、インドの総症例数が 147に増加したため、軍筋は述べた。

兵士は父親と接触し、父親は 2月 20日にイランの巡礼から戻り、COVID-19 の検査結果が陽性でした。 彼は現在 2月 29日から検疫中です。

  

クェンセル 3月18日

 https://www.facebook.com/Kuensel/posts/3120726224628922?__xts__[0]=68.ARADR8e0QhbK0j7G5858ii1sg2K7tooFd53F6hDd2G-RAFT3gxXTtO-RMeVZdQAY7-hIfoKwnyB29Gcd6iPTjaQXDu3TkcWYvg5q1gpXqZ-WXwRER2chDEwvHltuE-P5an5Ncw1t8OH0ou-l4pWzbIUVE3KBV2herO8Gepsn2SfqeXBpVtXmW4nk5uqRA_MssaRUY8Xus3KRiCsIkesTpR9X-yWV3tuCJmqQmk4_CL1a9ObLB0HBS_kExZO1YbzhrCGe_ceVSzM2UM8dw_QJynLtAAJY9jLMrtFZ6STRrC_3_BWv4t9IZ98vu3eKIAnkTzGsB_Pb9Vf0osJAsQUU7g&__tn__=-R

消費者保護局は昨日、フェイスマスクの法外な価格を請求したことで、プンツォリン Nu 41,788 の M / s Sonam Dolma Enterprise に罰金を科した。

OCPは、顧客が今月初めに苦情を申し立てた後、調査を開始しました。

  

The Bhutanese 3月18日 https://twitter.com/thebhutanese/status/1239946431219171329

大臣は、悪化する国際情勢に加えて、多くのブータン人が COVID-19 の被災国から戻ってきていると説明した。

彼は、「誰かが外部からウイルスを持ち込んで、学生に広く広まるような状況にはなりたくない」と言った。

 

クェンセル 3月17日 東の陛下 『His Majesty The King in the east』 https://kuenselonline.com/his-majesty-the-king-in-the-east/

国王陛下は、世界的なパンデミック COVID-19 の蔓延に対する備えと対応策を検証するために、プンツォリン、Nganglam、モンガルを訪問しました。

陛下は昨日、モンガル、タシヤンツェ、タシガン、およびルンツェの東部4県の役人と謁見し、ブータン東部で実施されている準備について議論しました。

東に到着する前に、南ベルトに沿ったこの第 2回のロイヤルツアーで、陛下は Nganglam の Zhemgang とペマガッツェルの職員と議論を行い、

さまざまな病院と医療施設を訪問し、プンツォリンの国境検問所の最前線の職員と話をしました 。

  

クェンセル 3月17日 ブータン 99% COVID-19 なし 『Bhutan 99% free of COVID-19 』 https://kuenselonline.com/bhutan-99-free-of-covid-19/

1%の確率でとられる予防策:保健大臣  ブータンの COVID-19 との戦いは、今日よりも科学的でエビデンスに基づくものではありません。

実施された介入と対策は、病気の疫学がどのように進化しているかに基づいている、と Dechen Wangmo 大臣は述べた。

しかし、大臣は、さまざまな状況で変化する同省のアプローチは、一般から批判を受けていると述べた。同省は、戦略に対する立場を変えたと非難された。

「この流行がどのように展開しているかに基づいて、戦略を微調整しています。これには、戦略が動的であることが必要です。

それに応じて計画を変更しなければ、この病気と戦う努力に失敗します。」彼女は、現在のプロトコルは時間の必要性に対処するために注意深く作成されたと言いました。

ただし、シナリオが-国内および地域的にグローバルに変更される場合、計画とプロトコルもそれに応じて変更されます。

  

(2)

放棄された若者が利用した LEP ローンの利子

BBS 3月27日 『Interest on the LEP loans availed by the youths waived off』 http://www.bbs.bt/news/?p=129755

  (グーグル翻訳による日本語である点をご留意下さい)

陛下の命令により、政府は Learn and Earn Program を通じて日本に行ったすべての若者のローンに対する利子を放棄しました。政府は若者に代わって利子を支払っている。

首相は、ブータン開発銀行とブータン王立保険公社に本日、Nu.109.12M 相当のE基金を引き渡しました。これには、若者から免除されたローンの利子と、3人の若者から免除された利子および元本が含まれます。 

首相によると、利子免除とは、国王陛下から「学びと稼ぎのプログラム」を通じて日本に行った若者たちへの気づきです。

これまで利息を支払ってきた若者の場合、支払額は元本の返済とみなされます。彼らの一人一人は、ローン期間に Nu 151,000 から Nu 284,000 までの利子を支払うことになった。 

政府はまた、命を失った 2人の若者の利子を支払い、現在日本で生命維持を継続しているソナム・タマンに格別の配慮をしました。

首相はまた、政府が今月末までにソナム・タマンを日本から移送する準備をしており、政府に14,000米ドルがかかることを共有しました。 

ブータン雇用海外(BEO)を含むプログラムは、両親と若者がさまざまな不正行為で BEO を非難した後、議論の的になっています。

彼らは、エージェントに手続き上の失効を非難し、プログラムの実施中に偽造を文書化し、Nu 57,000のエージェント料金を超えて学生に過大請求しました。

学生たちはまた、過酷な労働条件やストレスに対処できず、収入からローンを返済できないという不満もありました。 彼らは昨年ティンプー警察に苦情を申し立てました。

調査の後、ティンプー警察は昨年 10月に司法長官室(OAG)にケースを転送しました。この事件は、OAGが被告人を起訴するための有効な基盤を見つけた後、ティンプー地方裁判所で行われました。

そして、若者からの融資額の免除の要請を受けて、政府は昨年 3月に若者のローン返済を延期しました。

743人の若者が、海外留学および技能開発ローン制度の下で、日本で勉強し働くために Nu 511 M 以上のローンを利用しました。

  

(3)

WEDGE 3月18日  『なぜ、ブータン人留学生たちの就職先が「愛媛」だったのか 外国人労働者・愛媛モデル(3)』出井康博 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18972 

WEDGE 3月16日『帝国ホテルでブータン首相に直談判した青年 外国人労働者・愛媛モデル(1)』出井康博 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18970

WEDGE 3月17日『失業対策で若者を日本に送ったブータン政府 外国人労働者・愛媛モデル(2)』出井康博 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18971 

参考(出井康博氏による日本語記事 & MBSニュース)

   2019/10/10 『借金漬けブータン人から搾り取る専門学校の闇』 https://president.jp/articles/-/30235

   2019/09/27 『国にだまされ日本に売られたブータン人の悲劇』 https://president.jp/articles/-/30085

   2019/07/04 『【特集】"夢が消え借金が残る"ブータン人留学生の現実 暗躍する留学ブローカー』 https://www.mbs.jp/mint/news/2019/07/05/070778.shtml(ニュース動画)

   2019/01/21 『ブータン留学生の「自殺」が暴いた「深く暗い闇」(上)』  https://blogos.com/article/352489/

   20180/8/29 『「幸せの国」ブータン留学生の「不幸せ」な実態(1)首相懇談会で飛んだ怒号』 https://www.huffingtonpost.jp/foresight/bhutan-20180829_a_23509891/

  

(4)

ブータンが新しいラン種を発見

BBS 3月18日 『Bhutan discovers new orchid species』 http://www.bbs.bt/news/?p=129803

  

Trongsa Range Office と Bumthang Forest Division のフォレスターのチームが、新しいラン種を発見しました。この種は昨年 9月に収集されましたが、今年だけで世界的に新しいと結論付けられました。

現在、トンサとルンツェで発見されています。 新種は ? と名付けられ、その起源の場所に由来します。黄色に赤みがかった栗色の斑点の花があり、木に生えています。

植物の正体はこれまで知られていませんでした。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストのカテゴリと基準に従って、この種は国内で絶滅の危機に瀕しています。

現在、ブータンは 37種類のランを記録しています。

 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・18掲載):COVID-19、日本留学生のローン利子放棄、帝国ホテルでブータン首相に直談判した青年、TV番組情報、ビデオクリップに関連する逮捕、

 

(1)

COVID-19

首相府 3月18日

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3370552596292553?__xts__[0]=68.ARAZCf6lTTm62EH9egK0Wn66CMg30oUDPcGUAHG6O1rNQ4n8rUiwVULbez42RueC-Rj4W0bOryRHdxiQ3gemYFv4J0M9UuVy2TJoL0jCdinhQWZqb3uzzc_F9rFJBK4yF1RJ8uAlWykyXoS7YPrV_eskiJK4VXCwVPFJiOFtMAAKR3mwC43zYbkk70177kXxsCG2ueugtPdGxeVIrQ8qpovgMoXQNJOrtXz5Th6ogSekdv5PZEL_ZiRlkveC3pb2sqPGVO2fqgjOCCUXcoeD3XWO72S7dBjJmsXUHSM6Fih--dQLsDbazDnLnifxSqtjaQLQqysjKk9wjA5gFfwm8w&__tn__=-R

全国のすべての学校および教育機関は、政府からのさらなる命令があるまで、閉鎖されたままです。

国内およびそれ以降の COVID-19 の状況を監視しているので、すべてが自国で管理されているものの、開発は世界的に混乱していることをお知らせしたいと思います。

また、海外の多くのブータン人が帰国する時期でもあります。 予防措置として、学校や大学に子供を送ることに自信が持てるようになるまで、子供を家に置いておきたいと思います。

これまでに学んだ教訓から、これまで 4つの地区の学校と教育機関が閉鎖されたことで親子関係が改善されたこと、そして親が福祉以外にレッスンで子供たちを指導していることを嬉しく思います。

 

前首相 ツェリン・トプゲイ Twitter 3月17日  https://twitter.com/tsheringtobgay/status/1239853779953963009

ブータンは、無料の検疫施設を提供する数少ない場所の 1つです。検疫は、COVID-19 の蔓延を封じ込めることに成功しました。だから真剣に受け止めてください。

検疫は、私たち自身、家族、コミュニティ、そして国にとって重要な責任です。

 

Inside Bhutan 3月17日  https://www.facebook.com/insidebhutan/photos/a.611720982282153/2836158476505048/?type=3&theater

 香水メーカーと軍の蒸留所は、手指消毒剤を作り始めています  Royal Bhutan Army:http://www.rba.bt/links.php <http://www.rba.bt/links.php>

   

BBS 3月17日 https://www.facebook.com/bbsnews/photos/a.1072611762753326/3369507016397111/?type=3&theater

本日より、サムツェからプンツォリンに行き、プンツォリンからサムツェに来るすべての車両は、プンツォリン - サムツェ側方二次国道を通過する必要があります。

これには、公共交通機関のバスとタクシーが含まれます。この決定は、COVID-19 の脅威を軽減する手段として、サムツェ県政権によって行われました。

  

Tenzing Lamsang(新聞『The Bhutanese Newspaper』のエディター、ブータンメディア協会会長) Twitter 3月17日

 https://twitter.com/TenzingLamsang/status/1239598356143280128  ブータンのホテルは政府に無料で提供しています。

  

Tenzing Lamsang Twitter 3月16日 https://twitter.com/TenzingLamsang/status/1239524333111762944

MoH(保健省) が最初の COVID-19 ケースに最初に出会った 3月 1日または 5日の夕方から、国王陛下が MoH に到着し、3月 6日の夜遅くまで一晩中起きて、

さまざまなリーダーシップと調整を提供しました。 軍を含む機関と。観光の禁止により、この国にやってくる COVID-19の新たな戦線は南部国境です。

多くの人には知られていませんが、陛下は国境地帯に沿って指導と支援を提供するサムツェからサムドゥルジョンカーまでずっと旅を続けてきました。

陛下は、舞台裏で、重要で統一されたリーダーシップと政府への重要な支援を提供し、さまざまなレベルで邪魔にならないように多くの問題を取り除くのを助けてきました。

私の王、彼の不屈の奉仕、そして私たちの最も困難な瞬間に国と国民に賢明なリーダーシップ、方向、団結と安心を提供するためにいつもそこにいることに感謝します。

  

クェンセル 3月17日 https://twitter.com/KuenselOnline/status/1239576265436196865

保健省は、17人の隔離された個人で構成される最初のバッチが、14日間の隔離期間が終了すると明日リリースされることを発表しました。 COVID-19 の検査結果はすべて陰性でした。

17人のうち 7人はブータン人で、ティンプーの王立観光ホスピタリティ研究所で隔離されています。 パロで検疫された 10人のうち 7人はインド人であり、空路で出発します。

残りの3 人はブータン人です。

  

ブータン・タイムズ 3月16日 https://www.facebook.com/notes/bhutan-times/no-quarantine-for-travellers-traveling-via-assam-and-west-bengal/1275214755997703/

アッサムと西ベンガルを経由する旅行者の検疫はありません

  

UNDP Bhutan 3月16日 https://twitter.com/UNDP_Bhutan/status/1239528391147048968

COVID-19:Economic Way Forward - @economicroadmap は、COVID-19 の大流行の中でブータンの経済を維持するために何をすべきかについて意見を求めています。

ここであなたの考え、意見、アイデアを共有してください。

 http://economicroadmap.gnhc.gov.bt/?page_id=992&amp;fbclid=IwAR3m17eC0zpaVXtbw_yxQqa765jPX9f6fy9vV41GfvprpXKsMpLkHE7RcJo

  

(2)

LEP(Learn and Earn 学び稼ぐプログラム)ローンの利子は放棄されました

クェンセル 3月17日 『LEP loan interest waived off』 https://kuenselonline.com/lep-loan-interest-waved-off/

「陛下は、Kidu(キドゥ) を最も優雅に認めて、Learn and Earnプログラム(LEP)で日本に行った人々のためのローンの利子を放棄しました」と首相は述べました。

政府は、日本の LEP に基づく若者に代わって BDBL(ブータン開発銀行) および RICBL(ブータン王立保険公社) へのローンの利子を支払うことになります。

陛下は、3人の若者(2人が期限切れ、1人が生命維持中)に特別な Kidu を付与し、利子を含むローン全体を放棄しました。 3人の若者のローン口座は、2020年 3月 15日に閉鎖されたとみなされます。

   

(3)

The Bhutanese 3月17日

 https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/posts/2474497965989452?__xts__[0]=68.ARBnqYiNe3n6aHz9Vo3tGOM4iX6E5oUwUH-hI21ZuPudb8MjWeo2s49MeY_sT-ZQ8wHMS0oAxn64CqktWyn-ImOWkTvY4bjyQTYEo4hVYf_YrqYLOmVr55JUpbec5aNTCaEkcGRgTt8pHsSEscIEHzBgrDdqD1zwrOUBBV_fg4kz01PwaLfry63St4WgsHkwA8icx3INGhyKUJkftA3vQOO34tXgZ1WMu-B909a9YxdYvOAIMo_TFhL1vSowLiMTFEl7AXkDeg1ZIoRowNUUvEiNlek4xlniVFIVkH_7jUaaXM_2Ec_wLpnChSBkKoT1nV_laZPGa9hzqUdJSQNfDA&__tn__=-R

日本で「学んで稼ぐプログラム」を経た 743人の若者は、ローンの利子を放棄した国王陛下から Kidu を受け取りました。

743人の若者に対しては、政府が利子を支払います。二人の故人とソナム・タマンのローン口座は閉鎖されます。

  

(4)

Tenzing Lamsang(新聞『The Bhutanese Newspaper』のエディター、ブータンメディア協会会長) Twitter 3月17日

 https://twitter.com/TenzingLamsang/status/1239861444964790272 

政府が現在支払っている 743人の若者のローン金利を放棄し、2人の故人とソナム・タマンのローン口座を閉鎖する陛下の Kidu は、Kidu 介入の適切なケースです。

  

(5)

WEDGE 3月16日

『帝国ホテルでブータン首相に直談判した青年 外国人労働者・愛媛モデル(1)』出井康博 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18970 

WEDGE 3月17日

『失業対策で若者を日本に送ったブータン政府 外国人労働者・愛媛モデル(2)』出井康博 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18971

  

(6)

TV番組情報

『岩合光昭の世界ネコ歩きmini「下から見るネコ」「ネコとお散歩」』 3月21日(土)  7:00 〜 7:15 (15分) NHK BSプレミアム

番組詳細  動物写真家・岩合光昭が世界各地で撮影するネコの映像。 59分版からの名場面。 オープニングは「下から見るネコ」高いところに上るのが大好きなネコを下から見ると…。

 「猫識」は「ネコとお散歩」ネコが人と散歩するのはどんな時? 名場面はブータでカエルと遊ぶネコとイタリアの教会で暮らすネコ。

  

(7)

クェンセル 3月18日

 https://www.facebook.com/Kuensel/posts/3119397101428501?__xts__[0]=68.ARDeV_PjOcHyuXiMuQyqVXnSiqlvSpLOht_FLYTv1OOcB5gBqRciWjyx-ea4vCGjzqeDIukbhky6yqbrTr5qSbwiMXTKSnS6Yd6oDbgkIusbyLuUr--9u__MEIHRjg1eBJfFbiqt7rEnDp6VBlRObB9jSO8_RlRgt62VI5fgciwYM_XO8zFlyhJgulbwlCm29nFcOpuQFKX8q34zU2MI_X3fIsuKAqLtXc64Q_PEzXwyFkHLXTer0mgx9oqnSrVrh1QWEKkI7WfJeyvxTE3yI_Rwt6CLaBGmxYPy5neXWsnwaANxFIDnaRuGm1rrbZdkNRJpGyZjvV901iWG8UC8Tg&__tn__=-R

逮捕  ティンプー警察は、ビデオクリップに関連して 2人の男性を逮捕しました。この 2人は、ソーシャルメディアで広まり、別の男性に激しくぶつかりました。

警察によると、この事件は 2017年から 18年の間に起こり、ビデオクリップはソーシャルメディアで表面化した。警察は、グループ内の残りの男性を特定することもできました。 

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・17掲載):COVID-19、ブータン東部のトレッキング、

 

(1)

COVID-19

国王陛下 Facebook 3月16日   https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.485878073259/10157959473803260/?type=3&theater

COVID-19対応準備を検査するための東および南の陛下:国王陛下は、プンツォリン、Nganglam、モンガルを訪問し、世界的なパンデミックCOVID-19の拡大に対する準備と対応策を検証しました。

陛下は本日、モンガルのモンガー、タシヤンツェ、タシガン、ルエンツェの4つの東部県の役人と面会され、ブータン東部で実施されている準備に関する議論を行いました。

東に到着する前に、南ベルトに沿ったこの第 2ラウンドのロイヤルツアーで、陛下は Nganglam の Zhemgang と Pema Gatshel の職員と議論を行い、

さまざまな病院と医療施設を訪問し、 プンツォリンへ向かわれた。

   

  

在ブータン日本国大使館(https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/ja/index.html) 3月16日

【緊急】ブータンにおける新型コロナウイルスに関する注意喚起(その2:ブータン渡航者に対する14日間の停留)

●3月16日,ブータン保健省は,同日以降ブータンに入国するすべての渡航者は,指定施設において14日間停留されると発表しました。

 なお,在インド・ブータン大使館によると,「渡航者」とは,旅券の種類や国籍の別を問わず,ブータン人を含む全ての渡航者であるとのことです。

●ブータン訪問予定の皆様におかれては,上述の発表を踏まえ,渡航を慎重に御判断ください。また,引き続き最新情報の入手に努めてください。

1 

3月13日,ブータン保健省は,国内初の新型コロナウイルス陽性患者であった米国人が治療のため帰国したと発表しました。れにより,現時点でのブータン国内の感染患者数は0となっています。 

2 

3月16日,ブータン保健省は,同日以降ブータンに入国するすべての渡航者は,指定施設において14日間停留されると発表しました。

なお,在インド・ブータン大使館によると,「渡航者」とは,旅券の種類や国籍の別を問わず,ブータン人を含む全ての渡航者であるとのことです。

ブータン訪問予定の皆様におかれては,上述の発表を踏まえ,渡航を慎重に御判断ください。

 3 

在留邦人,ブータン旅行中もしくはブータン訪問予定の皆様におかれては,引き続き最新情報の入手に努めてください。また,ご自身や周囲の人の感染予防のため以下の点にご注意下さい。

(1)アルコール系手指消毒薬または石鹸と流水による手洗いを頻繁に行う。目,鼻,口などに触れる前に手洗いをする。

(2)マスク等の確保に努め,咳やくしゃみがあるときはマスクを着用して鼻と口を覆う。マスクがない場合は,咳やくしゃみのときに口と鼻をティッシュなどで覆い,手洗いを行う。

(3)不特定多数の人と密閉された屋内で会うことを可能な限り避け,体調不良のときは外出を控える。 

(お問い合わせ先) 在インド日本国大使館  電話:+91-011-4610-4610(代表) email:jpemb-cons@nd.mofa.go.jp

  

BBS 3月16日

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3367382396609573?__xts__[0]=68.ARA1ykVFQUst2Bx9KlA269Y2By204BN5cncTmIU9tz42LSONV5A69sQTTpwl_gvYk3Wvx38YJMt8vfOxHC9PcDXtF0uBQuFFkhd6H8f8lo6NtCF6Tjs5o_JXY9gNKmw_3AE_kmpxIOM_HsZJpzm7tgMka4b3HeyaXh1NfCgYJ4Fta9N8gHewXQym9sGhzIM495bhpvctbZc8i3DuIoAr5_Lj-K_AoXm4Glm5idwSpMuxuKVTkGQPOfJf4Tl26LgSZO7O0cTQ29APRJJOG0Z8IqjDZMaj8LOZuLtt7xOi4Fy2KUczk2JrTlNzcXO7FTnjdC-h4vYT2CZ9YLcH-aiQDA&__tn__=-R

Covid-19 スペシャリストの 5つのチームは、発生の場合に備えて 20の県に出発します。

 

BBS 3月16日

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3367027583311721?__xts__[0]=68.ARBKEfR6j49iA0SZnD6T1x9wGlDYtokykoKRjRWPFVKdFcEqL9g1sAnDPUCMyVfS5krOq5AqAG_acfrbMW_sHH4d27VKySOsp4FVDBkKyaw2WPKLWtB10wsqPkYw3tZPvTw7gxpNCXhLUIi4DBS9IlytQhNA3UgBOVGHSBaimp84ZTLeq3kkvHJt3uaCcMcl01k7q_EqKTIHwVZVSm4h-qg_JNJ-h1LypmXDsgwyP_VjtTXWlQq2tM8njUtBxQxvg3Fw9VGMTkjN5Jwg8rsiQXpPG3dIt-tkfuBCFhp1iMwY8d2ge4WEzFFcx585gJP7I0BNuNHu4Oyypsggw5ifMw&__tn__=-R

保健省

ブータンに入国するすべての旅行者は、今日(2020年 3月 16日)から指定された検疫施設で 14日間検疫されます。 個人は、入国地点であなたの旅行履歴を正直に宣言することを要求されます。

 

片山理絵さん Twitter 3月16日 https://twitter.com/RieDorji/status/1239209693962067968

3月6日突然の学校閉鎖から約10日。今週の木曜日に学校は開校となる。

まだいろいろ考える事はあるけれど、今回を機にぺルキル・ジュニア部の先生方は皆グーグル・クラスルームの準備が出来、使用を始めたクラスも出てきた。

これは思わぬ収穫。やる気になると意外に出来るブータン人の皆さん。

  

外務省 3月15日15時更新  https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html#Bhutan

『新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)』

ブータン:3月6日から2週間,公用目的を含む全ての渡航者(国際機関職員や現地での就労許可を有する者を除く)の入国を制限する。

  

ハンギョレ新聞 3月15日 『新型コロナ鎖国令の時代?…外国人の全面入国禁止広がる』  http://japan.hani.co.kr/arti/politics/36022.html

  

クェンセル 3月15日

 https://www.facebook.com/Kuensel/posts/3111565082211703?__xts__[0]=68.ARAeUKl6JA7w4JG5d4IvsrLJFYLjIFn4MEkR-wYYgbDThSVmA3cjcJY8WnIVl8OzCOx5yO2CY1AMQj1VatJjs6NmTs9mTJO4aW6_WOM-u_qnskD9PGys5vZ6izMU-hKhzIQh-bTNmWtTWl-4E1gVMtqJMVo-8OnFKR8rlEBb576yqo0SSpiiLFic9E_yPnhoEk3V13EAFAZlLdOLP7u407KTJUHycbIrkJkl9rg_NpulzQ_RStAPcxbKEbiRL46WI0FGuvx3oPIteSrVx7TaqzkOLaHWeHd_ja9AswlGxbvpdmMZmWJvMlT4lWD2B8ntTKpzqvJhzlRvQgeWxCkNwA&__tn__=-R

首相は経済に関する明確な戦略を描く 首相である Lotay Tshering 外科医がこれまでに新しいコロナウイルスによって作成された腫瘍をうまく制御できていた場合、

COVID-19 が経済に残した影響への対処に今注目が集まっています。 https://kuenselonline.com/pm-draws-a-clear-strategy-on-the-economy/

  

BBS 3月14日 『Bhutan still in the ‘orange zone’, the risk is still high for COVID-19』 http://www.bbs.bt/news/?p=129673

ブータンはまだ「オレンジゾーン」にあり、COVID-19のリスクは依然として高い

ブータンは、ブータンの旅行者からのコロナウイルス病(COVID-19)のリスクが依然として高いですが、COVID-19 患者は昨日アメリカ合衆国に空輸されました。

これは本日の記者会見で首相によって言われました。ロンチェン(首相)は、COVID-19 の患者はもはや国内にいないが、ブータンはオレンジゾーンに残ると付け加えた。

  

(2)

ブータン東部の山々を征服する DAILY BHUTAN 3月14日 『Conquering the Mountains of Eastern Bhutan』

 https://www.dailybhutan.com/article/conquering-the-mountains-of-eastern-bhutan

    

無制限の冒険の思い出や出費に値するハイキングをお探しなら、東部ブータンがすべてです。

ここでは、聞いたことがないかもしれませんが、たとえ訪れたことがないとしても、トップトレッキングトレイルをご覧ください。 

ロダン・ラ・トレック(Rodang La Trek)  ブータン中心部から東への美しいブムタンからのトレッキングトレイルであり、現代世界には触れられていないと言われています。 

メラク―サクテン・トレック(Merak ― Sakteng Trek) 森への旅 - 数百人の人口が住み、丘の上の美しい芝生の上にあり、現代世界の現象によって隔離され、次元の文化的分断の影響を受けない、

信念に守られた場所は、東にある美しいメラクとサクテンにありますタシガン地区。 

ソルト・トレック・ルート(Salt Trek Route) 国道が建設される前、東部の人々はこのルートをビジネス目的で使用し、国境の町サムドラップジョンカーから塩と絹を輸送しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・16掲載):COVID-19、トムシン・ラ積雪により通行止め、

 

(1)

COVID-19

 (グーグル翻訳による日本語である点にご留意下さい)

change. org 『Petition to discontinue an online petition authored by Penjor Tshering against PM』

 https://www.change.org/p/countrymen-we-demand-that-the-online-petition-authored-by-penjor-tshering-demanding-the-resignation-of-the-prime-minister-of-bhutan-be-discontinued?recruiter=1051152361&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=psf_combo_share_initial&utm_term=psf_combo_share_initial&recruited_by_id=3323b290-6691-11ea-83b2-136db26ad141&utm_content=fht-20684252-en-us%3Av10

Penjor Tshering が PM(首相) に対して作成したオンライン請願を中止する請願

発信者:Jigme Sherab  宛先:countrymen

ブータン政府は、与えられた資源で COVID-19 の状況をインテリジェントに処理する能力のすべてを尽くしています。

ブータンの人々が国を出入りし続け、国境が開いたままである間に、観光客のブータンへの入国を全面的に制限することは、政府の一部にとって賢明ではなかったでしょう。

私たちは世界から完全に孤立するつもりですか?私たちの依存する性質を考えると、それは私たちの生存にとって非常に致命的でした。 

政府は、必要な場所で行動し、ほとんどの脆弱な地域や国からの旅行者の入場を制限しています。

政府が行動しなかったのは事実ではありません。政府は最悪のシナリオに対応し、準備を整えました。

先進国と先進国の一部はテストキットの不足に直面していますが、政府は十分なキットを取得し、可能な限り設備を整えています。 

この非常事態の時に、非難や恥辱は、傷に塩をこすりつけているだけです。この種の状況において、私たちはすべての違いを無視し、ブータン人として一緒になって、このパンデミックと戦い、

それがもたらすリスクと予防措置について仲間の市民を教育する政府を支援しなければなりません。 

この請願書に署名して、首相の辞任を求める請願書を停止し、このパンデミックと一緒に戦うための連帯を誓います。国王、首相、政府に、国民への揺るぎない奉仕に感謝します。

Palden Drukpa Gyalo! 

「私たちがブータンで生まれたのは幸いですが、ブータンの市民としてあなたを迎えることができたのはブータンでしょうか?」  ケザン・ドルジ

 

首相 Facebook 3月15日 https://www.facebook.com/410112025768173/posts/2771299959649356/?d=n

真夜中過ぎに、私は COVID-19 患者の状態をチェックするために米国に電話をかけ、着陸したばかりのフライトを告げられました。

午前 2時ごろ、私は彼の娘から、彼の状態が安定していて非常にうまくいっているというメールを受け取りました。

とても安心しました。この頃、患者を地球の片方からもう片方にフェリーで運ぶために必要なすべての移動と合併症を知っていたので、フライトがベースに触れるまで私は不安でした。 

ブータンの親愛なる友人、私たちを訪問するためにずっと来てくれたことは、彼の家族や個人の医師と一緒にいることを知ることはさらに喜ばしいことです。これより良い治療法はありません。

このメールには、父親に与えられたすべての世話に対する国王陛下への感謝の気持ちが具体的に記載されています。

彼女はまた、父親がブータンの人々から受けたすべての祈りと善意に感謝の意を表します。彼女は特に、父親に対処し、現在隔離されている医療従事者を感じています。 

彼女のメッセージを伝えるにあたって、私は親愛なる友人であるあなた方一人ひとりに、そのような時代に連帯と支援を示すために集まってくれたことに感謝したいと思います。

本物の集団的祈りは常に機能し、今回も同じように機能しました。患者の周りで熱心に働いたチームに心から感謝します。

電子メールは、そこの医療チームが彼女の父親が与えられた「一流」のケアに感銘を受けたと言います。

専門家として、みなさんは献身と目的を持って国民の呼びかけに立ち向かったと思います。しかし、私たちの多くにとって、あなたの犠牲は明らかです。

夜間外出禁止令の完了時に検疫室から出てくるとき、熱心な家族や友人のほかに、誇りに思う国が待っていることを知ってください。 

研究所と国境検問所の人々にとって、あなたが我が国に COVID-19 がないことを保証するために立ち上がってから 2ヶ月以上が経ちました。

振り返ってみると、医療機器を手に持って国を救った英雄たちのことを懐かしく思い出します。この世界的な現象は、私たちが望むように消えることはありません。

しかし、私たちを祝福する陛下と、世界中からの誠実な祈りで、私たちの小さなヒマラヤ王国が通り抜けるのは間違いありません。

米国の友人の健康状態を詳細に追跡し、情報を提供します。とりあえず、衛生を実践し、健康的な食べ物を食べ、運動し、素晴らしい日曜日を過ごしてください。

ロティ・ツェリン博士 首相

 

観光局 3月15日

 https://www.tourism.gov.bt/announcements/tourism-bhutan-situation-report-on-covid-19-as-of-14th-march-2020「2020年3月14日現在のCOVID-19に関する観光ブータン状況報告書」

 

The Bhutanese 3月15日

 https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/posts/2470063489766233?__xts__[0]=68.ARAy-fDSHrxyNmwiMnbeAXM15qXG0mq0DYPng-g05cRWCS1nGaIR9APVQ6kR4aRX1eU5VbqOcz0izsvXFMwOo4D__-KgCHc3-qbmpJbYqlZxxdtbC2jcMJ7TAGVmsmo_g-GNL0u9apM5c093o8mZMYt-GAqFbPfbXvcVeGobyNrgcBL2ljIMdWpnnchzu83aFYdGmoPmQW-aIJR-dbC8XPMHY6CdvyiAT0MNz51jkECbfqrRFBTkHjBqLDuQVNbb-PMOAqo8aSUyR1CQoDWKVHZB2kuwsV0tLv0Sq02PUY39rXtGDeOlFTKm7Chi1ww3NxlShegmDi_NQlHWjMfbkg&__tn__=-R

アメリカ人観光客はアメリカに到着し、安定した血圧と心拍数で順調に回復に向かっています。娘は、ブータンで父親に与えられた最高のケアに、そこの医療チームに非常に感銘を受けたと書いています。

彼女は、一生懸命働いて父親の世話をし、危険にさらされたブータンの医療スタッフは常に彼女の考えの中にいると言いました。 彼女は彼らがすべて安全だと聞くまで、彼らのために祈ると言いました。

彼女はまた、深夜でも絶え間ない更新とコミュニケーションをしてくれた保健大臣に感謝しました。娘は、父親に与えられた世話に対する国王陛下への感謝を表明しました。

先に、首相は、国王陛下が、観光客はブータンへの好意からブータンに来たので、親のように丁寧に扱われ、親として世話をされるべきだと命じられたと述べました。

 

首相Twitter 3月15日 https://twitter.com/PMBhutan/status/1239167873962000384

私たちは常に協力する必要がありますが、世界全体が1つの共通の敵と戦っているときはもっと協力しなければなりません。

この問題は地理的な境界をたどらず、敵が肉眼で見えることもありません。 調整する必要があります。 SAARCビデオ会議の首相

ビデオ会議動画:https://www.facebook.com/bbsnews/videos/511765372716821/

 

マイナー国際政治学徒 Twitter 3月14日 https://twitter.com/pk_gfv/status/1238871303198629889

インドのナレーンドラ・モーディー首相の呼びかけにより、3月 15日午後 5時から、南アジア諸国連合(SAARC)の全首脳が緊急のビデオ会談を行い、新型コロナウイルス対策ついて議論する事が正式に決定!

 

Southasian Monitor 3月14日 『Bhutan’s tourist ban likely to continue after two weeks』

 https://south-asian-monitor.com/en/bhutan/bhutans-tourist-ban-likely-to-continue-after-two-weeks

ブータンの観光禁止は2週間後に続く可能性が高いブータンの首相は、政府がすべての入国する観光客に対する制限を継続できると発表しました。

政府は、この国で最初の COVID-19 陽性症例が検出された後、3月 6日から 2週間の制限を課しました。 政府は、厳密な監視、感染源の評価を可能にし、状況を緩和するために制限を設けました。

首相は昨日、今の状況を考えると、観光客のために国を開くことは難しいだろうと述べた。

「状況を世界的に見て、状況を調査します。 しかし、この病気が世界的に悪化している現在、または世界的な状況が安定するまで再開することは賢明ではないでしょう。」

彼は、2週間の禁止を完了するのに数日しか残されておらず、観光客を入れる理由がない瞬間に世界的な状況を考慮すると言った。

 

BBS 3月14日 『2 detained for lying about their travel history』  http://www.bbs.bt/news/?p=129671

2人の旅行者が旅行歴について嘘をついたとして拘留された

「人々は私たちに真実を語っていない。 昨日、嘘をついている二人を捕まえました。 彼らは車で来て、他の場所から戻ってきたが買い物に行ったと言った。

後で私たちは、彼らが非常に遠い場所から来たことがわかりました、1人はアメリカから来ました。 これら2人の男性は拘留中です。

彼らは検疫されていません」と首相のロティ・ツェリン博士は言いました。首相は、今日の午後の記者会見でこれを共有しました。

人々は旅行歴について嘘をついていることがわかり、入国時に申告書を提出する際に間違った詳細を提供しました。

首相は、旅行履歴について嘘をついていることが判明した人は、法律に従って対処されると付け加えました。

 

The Bhutanese 3月14日 外務大臣は、サムツェでも Gomtu でも、国境にいるブータン国民の移動には現在制限がないと述べた。

インドの内務省は、COVID-19 措置の一環として、ブータンへの出入りのためにインド側からはプンツォリン門とサムドルプジョンカル門のみを開くことを義務付ける命令を発行しました。

これにより、Samtse、Gelephu、Gomtuなどの他のいくつかの場所が遮断されます。

インド側の混乱の中で、3月 13日の夕方、ジャイガオン側からのプンツォリン・ゲートが1時間以内に短時間閉鎖されました。

MFA(外務省)はインド大使館とインドのそのカウンターパートをフォローアップし、状況は以前のように戻りました。

 

(2)

ブータン王立警察本部(https://www.rbp.gov.bt/) 3月15日  https://www.facebook.com/royalbhutanpolicehqs/photos/a.249502172152964/885712098531965/?type=3&theater

トムシン・ラ(約 3700m)の Lateral ハイウェイは昨夜の大雪のためにブロックされています。約 6インチの厚さの雪が記録されていました。

センゴルの DOR のスタッフは作業の片付けを開始し、今日の正午頃までに交通への道を開くことを望んでいます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・15掲載): COVID-19、ゾンカ文法書(2019)、若手グローバルリーダーフォーラムに選出、

 

(1)

COVID-19

The Bhutanese 3月15日 https://twitter.com/thebhutanese/status/1238901961983791104

外務大臣は、サムツェでも Gomtu でも、国境にいるブータン国民の移動には現在制限がないと述べた。

 

BBS 3月14日 

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3363236657024147?__xts__[0]=68.ARB6_LtR4Abj2DWjA1yErivtioGT36taqdMQK_V8cmc8__MGuawyfLdVMyo-C5ouIQCfmh-STZIMx8SPsRoZpRBTU1rcLDJLz2EiELyr6i1vxZ8a8Y1S_AUH6lAQ8zJtViSfMof0v8VBZnH9-lZ_p4ID_WwKtsgpiRICWcyscM7IT2ucSum45ILIEIrhnlLgk4I-vaCT6L-TEaNyQ7tGU5PI8gw689CarhF4Kg7K8Q_2Em1v2DwlWvRZLzlO6si0b5nnzbxEqYQYKJqHhuxAIyzOb8DR8qaPABXeIJTQM0UTK1C385CwNCw-vbTIja4O7utCEdnAhHZQ0n8P3VE946kiNw&__tn__=-R

インドは、ブータンの人々と車両を Samtse Integrated Checkpoint(ICP)経由でインドに入国させることにしました。

インドの警察は、今日の夕方 4時に、ブータン人がサムツェ ICPを経由してインドに入るのを止めました。

 

クェンセル 3月14日

 https://www.facebook.com/Kuensel/posts/3111858428849035?__xts__[0]=68.ARC5zewP5J6Ctq8xdSQ_iCchiYaBSNEFF60Zm8LorEssF63ZiEx6t0fBiDYI0vxZiPv6yea006OSFGzvWJhKA7Bg1P01EQ2yBZM71KYEdVLYIWwRxb9q3hvs3zpgSWRTTBhNSFvyFxbWbVvFkSu4NhcTx0rB6wsgA9Lo7f2ZVzpGtTQRo_2CrGhWRc8RxkbV1130SeKEuNXm8bwW6KVms0322XlGjYZu-gHZOzi9dUVV7CRFLVWXIG8m5WBKCLuy5UthzeGA6Laodt_rwcp3801NK79p9LpQCOeqbkB4nlVSBN64ygFK_Ha2zPNYLH4teah_6RG2H52lx46I_W8YNA&__tn__=-R

ブータン人が海外から帰国することはより大きな脅威をもたらします。首相は、ブータンはオレンジ地帯にあるか、中程度の混乱が続いていると述べた。

昨日、唯一の陽性の COVID-19 患者が米国に帰国したため、帰国したブータン人旅行者は、ウイルスを持ち込む最大の脅威となっています。

 

外務省 3月14日15時更新

『新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)』

 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html#Bhutan

ブータン:3月6日から2週間,公用目的を含む全ての渡航者(国際機関職員や現地での就労許可を有する者を除く)の入国を制限する。

 

保健省 3月14日

 動画:https://www.facebook.com/MoHBhutan/videos/vb.755187864542832/2738733272841678/?type=3&theater  コロナウイルスとその予防について

 

保健省 3月14日

 https://www.facebook.com/MoHBhutan/posts/2992084867519776?__xts__[0]=68.ARA669-z6mUFXwNmLJEJK7TMBVXGKqJx7wewV1Zhw2SLe3ZKOejfqj6qct3hnKlxZql6oJZH665h3sY90BSKSDPXldff54UVKTpOJBPd52e0HFrh3tI3p84jkovx1wMsy1jg4ezDYwr2MTwAAOo9x2BjUGEtXgqiNl95jb_HgdM-ckpL2AQknRcHxTSmHhU3zk0TAlPDzGlDLrpffOKnx9Kqir8nd2pjF94d_q13aNRliKishCjvHhTeW92i6V-pWJbZSR7npIx-TtAPe4ZawrvkZps4GhzGRoZbP5AJvFb1FUTeJWU5N_cvp-HA3qcXekHBE7APJOdLGamSeAAr25DvSgAu3MHF87BatlAhQUdb_E73KHrtLEGLSA91wR5dUPi86edBHBAJoQNsUPYcLWh6rp7AYaiC4Mz74M7N1fwuXOC2HnE8mNupOFKDtYbcvpNRW8wFgblD6ffl-WBWTWVSXpKaceO2TrFwEEKME_3L7DDxXbPV&__tn__=H-R

保健省の提供する旅行中のアドバイス

 

The Bhutanese 3月14日

 https://twitter.com/thebhutanese/status/1238713909688684544  https://twitter.com/thebhutanese/status/1238713683229827073

 https://twitter.com/thebhutanese/status/1238713311161487360  https://twitter.com/thebhutanese/status/1238712447638200321

速報:インドの内務省が発行した回覧でのインド側の混乱により、昨夜プンツォリン門が一時的に閉鎖されました。

   回覧は、ブータン、バングラデシュ、ネパールとの国境でのすべての乗客の移動は、特定のポイントを除き、3月 15日から停止されると述べています。

 

BBS 3月14日

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3362208120460334?__xts__[0]=68.ARC26MgO8YS1EuHP2VN6OtjslrRbQudQ8fCiJSDN3ZdkUnWkl2rHpUDlD8Nf3EvA9q7SmS95EtrylDnaDGK6yqWEXYg6kSk4wB0PLv7tewqmWU6jPiafRGKHzGju0gh3lQBrMjzG1lesUITiLu0b9coKSRz8u192ruXfUz4DhnaCIR6ybb0k_RXHI65SganRkNhUymu7kfSIg8lpQmoRZA3ZH6jD9bTTAMEOyeryU9QGoYZFRzL2HZZO6U4Qyi05xikCuO7GBoIlCpucE4r6SkQW1yJraHc9dIV92Il90ZpbPC1-U8SoedaW9kWzodpezIzW5JHaN94G0iHmMTJo7OjipQ&__tn__=-R

昨日の夜、ジャイガオンの国境にある町での COVID-19 事件に関する誤った情報がソーシャルメディアで広まりました。

WeChat グループで他のプラットフォーム間で共有されたプンツォリン・ゲート閉鎖のビデオは、一般大衆にパニックを引き起こしました。

情報筋によると、国境にある町の役人の間での連絡ミスにより、ゲートは約 40分間閉鎖された。 しかし、それが単なる誤解であることがわかった後、ゲートは再開されました。

人々は、偽のニュースや不完全な情報を共有して誤報を招くことを控えるよう促されています。

 

ヒマラヤン・タイムズ 3月13日 『Maldives, Sri Lanka, Bangladesh, Bhutan welcome Modi’s SAARC unity-call』

 https://thehimalayantimes.com/kathmandu/maldives-sri-lanka-bangladesh-welcome-modis-saarc-unity-call/

モルディブ、スリランカ、バングラデシュ、ブータンがモディの SAARC統一コールを歓迎

モルディブのイブラヒム・モハメド・ソリ大統領は、インドの首相の努力を称賛し、SAARC加盟国に、現在のパンデミックであるコロナウイルスと戦うための統一戦線を設置するよう求めています。

モルディブ大統領はツイッターに参加し、モルディブはこの提案を歓迎し、地域の取り組みへの全面的な支援を拡大すると述べた。

「この重要な取り組みを主導してくださった PM に感謝します。 COVID-19 は、それを打ち負かすための集団的な努力を必要とします。

モルディブはこの提案を歓迎し、そのような地域的な取り組みを完全にサポートします。」

 

BBS 3月13日 『Schools and Centres in the 5 Dzongkhags to reopen on 19th March』  http://www.bbs.bt/news/?p=129636

5県の学校とセンターが 3月 19日に再開

確認された県の学校とセンターは、ウイルスのさらなる拡散を防ぐために国内で最初に確認されたコロナウイルス病が今月 19日に再開することを理由に閉鎖されました。

教育省が今日午後に発行した通知によると、学校、幼児教育開発(ECCD)センター、非公式教育(NFE)センター/コミュニティラーニングセンター(CLC)、

およびパロ、プナカ、ティンプーの青少年センター、 チュカ(チュミタンMSS)、ワンデポダン県、ティンプー、プンツォリンThromdes は 3月 18日まで閉鎖され、2020年 3月 19日に再開されます。

 

(2)

ゾンカの新しい文法書[2019]  https://escholarship.org/uc/item/1h4211k0

 

(3)

ブータンの労働大臣、ウゲン・ドルジが2020年の若手グローバルリーダーフォーラム(https://www.younggloballeaders.org/)に選出されました

DAILY BHUTAN 3月13日 『Bhutan’s Labour Minister, Ugyen Dorji Selected For The Forum Of Young Global Leaders 2020』

 https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-s-labour-minister-ugyen-dorji-selected-for-the-forum-of-young-global-leaders-2020

 https://www.younggloballeaders.org/community?utf8=%E2%9C%93&q=Ugyen+Dorji+&x=10&y=10&status=&class_year=&sector=&region=#results

Forum of Young Global Leaders は、さまざまな分野のリーダーがコミュニティの成功と発展に対するアイデアと情熱を共有するプラットフォームです。

ブータンの労働人事大臣ウゲン・ドルジは、世界経済フォーラムによって若手グローバルリーダーズフォーラム 2020 に出席するために選ばれ、

世界をより良く変えることに専念する人々のコミュニティに参加しています。

 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・14掲載):COVID19、JICA協力隊春募集、柔道(歌代隊員)、政治事情、

 

(1)

COVID19 

BBS  https://www.facebook.com/bbsnews/photos/a.1072611762753326/3361047093909770/?type=3&theater

留学から帰国することを計画している学生の保護者は、保健省に次の情報を提供するよう求められます。

  

BBS 3月13日 http://www.bbs.bt/news/?p=129626  COVID-19患者が米国に避難した

この国で最初のコロナウイルス病(COVID-19)患者は、さらなる治療のために米国に避難しました。

この決定は、彼の米国の家族からの要請に基づいて、デリーでのミッションを通じて米国政府と緊密に調整されて行われました。

患者は今日、ブータンから米国への特別なフェニックス救急車によって避難しました。 航空機は医学的に装備されており、必要な機器を備えており、登録された看護師と救急隊員も配置されています。

  

クェンセル 3月13日 https://twitter.com/KuenselOnline/status/1238375027617062912

速報:COVID-19 の検査で陽性となった 76歳のアメリカ人観光客は、救急飛行機で国を去りました。アメリカにある彼の家に彼を連れ戻すことは彼の家族の選択でした。

  

  

BBS 3月13日  https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3360139660667180?__xts__[0]=68.ARAjkscxh5KjvTzJVNb8DF-WdDGVFT2zsz2I2k2s0_6e_NkK5xpJI55kh2iJDzv4AUW8u3tWplt3pIOpypXBNIGSJlZrttYk94zyP_9a5upPncAO8s_2X9gYfBRoR_27hv0ugfwdn57kVsf7tVASUr5nYFU4gIw0eRPsHD5HNfL1-uUjVevBTIH10ZZcWo1gnf4mqLAql6dzEWjbTDMvyxsBA0ZA4PnxIvcoMQprtUxvUXm-kpTURrDNUgEsddZ2cL6vdj_e6WCum1IuXYbEkkRAVMXFudtZThRlbdMybDq739m-QwimzkMyO3O04bLgC2JOluYoNKnqJKdw8uibYBSdGg&__tn__=-R

バジョの町での手指消毒剤の配布。 ロベサからの人々は消毒剤のために来ました。 市場の不足を補うために配布されています。

しかし、保健省は、ウイルスを寄せ付けない最善の方法は、石鹸と水で定期的に手を洗うことだと人々に助言しています。

  

クェンセル 3月13日 『Tourist ban likely to continue after two weeks』  https://kuenselonline.com/tourist-ban-likely-to-continue-after-two-weeks/

2週間後も継続する可能性が高い観光客の禁止首相は、政府がすべての入国者に対する制限を継続できると発表した。

政府は、この国で最初のCOVID-19 陽性症例が検出された後、3月 6日から 2週間の制限を課しました。政府は、厳密な監視、感染源の評価を可能にし、状況を緩和するために制限を設けました。

  

The Indian EXPRESS 3月13日 『Holidaying in times of coronavirus: On last flight to Bhutan, we were greeted with masks, hand sanitisers』

 https://indianexpress.com/article/lifestyle/coronavirus-outbreak-bhutan-here-is-how-the-country-is-tackling-the-virus-6309240/

コロナウイルスの時代の休暇:ブータンへの最後の飛行で、マスク、手の消毒剤で迎えられました

ブータンでは、サニタイザーとフェイスマスクは必需品のように見えましたが、デリー国際空港ではそうではありませんでした。

ブータンの首都へのドライブを開始すると、人通りのない人通りのない道路に気付きました。レストラン、地元の飲食店から観光スポットまで、私たちの周りのほとんどすべてが閉ざされていました。

    

DAILY BHUTAN 3月10日 『Stronger Together Against COVID-19 In The land of Happiness』

 https://www.dailybhutan.com/article/stronger-together-against-covid-19-in-the-land-of-happiness

幸福の国でCOVID-19に対して強くなる  ブータンは、ジグメ・ケサー・ナムギャル・ワンチャック国王とツェリン首相のダイナミックなリーダーシップの下で連帯を示しています。

3月 6日の朝、ブータンの孤立した王国で、ブータンに旅行したアメリカ人観光客から陽性の検査を受けたコロナウイルスの最初の症例が報告されました。

患者は、今年2月に南アジアの国に入国した 76歳の男性で、59歳のパートナーと 2月 18日以降インドに滞在したことがあります。

このニュースにより、ブータンにコロナウイルスを購入したのは観光客だと人々はパニックに陥り、怒った。政府は、すべての入国する観光客の即時効果から2週間の制限を発表しました。

ティンプーとパロの学校は閉鎖され、続いてワンデホダンとプンツォリンの学校が閉鎖されました。

  

(2)

JICA海外協力隊「春」募集(募集締め切り:3月 30日(月) 正午,30日はアクセス集中の危険性があるので27日までの応募が望ましい)

  青年海外協力隊:28件:http://www.jocv-info.jica.go.jp/jv/index.php?m=List&cID=048&n=y&period=2020%7C%E6%98%A5

          土木、野菜栽培、きのこ栽培、獣医・衛生、品質管理・生産性向上、柔道、音楽、体育、衛生工学、デザイン、手工芸、

          医師、行政サービス、気象、都市計画、建築、農業機械、冷凍機器・空調、美術、社会学・文化人類学、料理、看護師 

  シニア海外協力隊:2件:http://www.jocv-info.jica.go.jp/sv/index.php?m=List&cID=048&n=y&period=2020%7C%E6%98%A5

          土壌肥料、農林統計

 

(3)

岐阜新聞 3月13日 『ふるさとへの便り 柔道選手育成で快挙 ブータン』 https://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/furusato_letter/20200313-223327.html

   

(4)

諸橋さんTwitter  https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1238242557110317057

【ブータン政治事情】コロナ対策がどうなるかより更にブータンにとって厳しいのは経済情勢です。

現 DNT 政権(Druk Nyamrup Tshogpa、ブータン協同党)はまだ任期 3年以上残していますが、残念ながら「敗戦処理」の段階に入ったとすら言えるでしょう。

無理な挽回のために無意味な、あるいは害のあるパフォーマンスには走らないことを祈ります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・13掲載):COVID-19、贈与契約署名式の実施、Nganglam とパンバンの境界問題、第 11次 5カ年計画の実施を検討した結果、

 (1)

COVID-19

政府 観光客を差別し、非難することを控えるよう人々に促す

BBS 3月12日 『Govt. urges people to refrain from discriminating and stigmatizing tourists』 http://www.bbs.bt/news/?p=129587  

すべての旅行者がコロナウイルス病(COVID-19)に感染しているという誤った考えに促され、スティグマの事例も国の一部から報告されました。

しかし、政府は、すべての観光客は他のブータン人と同じであり、これは決して起こるべきではないと言っています。

外相のタンディ・ドルジ博士は、すべてのブータン人に、旅行者をウイルスの保因者として差別し、非難することを控えるよう促した。

大臣は、これが将来的に観光セクターと国全体に影響を及ぼす負の影響を与えると付け加えた。

 

外務省 3月12日13時更新 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

『新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)』

ブータン:3月6日から2週間,公用目的を含む全ての渡航者(国際機関職員や現地での就労許可を有する者を除く)の入国を制限する。

 

BBS 3月12日 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3358208390860307?__xts__[0]=68.ARCwSD9aSzcRrYO89dMuBzdvqybFwtLzqT9FCTSH4HoWRAOXTPAArVs8XRb2-HNQE2W_qZ5r2X5Y5HpY6uPW17o8RLPIDeVN_u22VAxwCy4C0qAD5Vv8-Dthw--qkGS4RFwTRL90ekHm-3Pfh40yKCwKLRsMnIaNxvBwSVbano6mARMwjYbc9jF8jM6w-lZrt2GgiaIqNaGSv2Y017FA0rR4fy4BzQ3Vdy7VlbekV7VYwp4ujDcpgZjYgKsMLJQcoVeMxhQYIliapbp4Z0RjkloYw5YDRcnjfMD1IytgqvLL0lGqbUKbkPrK1loMk90I8GZKrMk-my1-X2Yd--K5TA&__tn__=-R

農林大臣は農民にウイルスに対する恐怖にとどまらないように求めます。 代わりに、農家は機会をつかみ、農産物を市場に持ち込むよう求められます。

しかし、彼らは状況を利用して価格を引き上げないように求められます。

 

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3358164220864724?__xts__[0]=68.ARDqbeilQR_4bKx2As1kB7IMN1QYde_GLhhvm694quCzP9YcypiNdQzwBDwXaes6InUrnf-Xv-2DW4orOQjDCeNnOHdfFxlR-xD-IjNrjzxve7tvgwfiHfeJ2HZ71hiPHpq_sOkHq0FLm2uRAgL7fsbnSMuvtozMvA9jYDBT8SYoEh_lxNBsOfZfZDTFQj9V6MqI9AWCkL-B_Dl7Z4OBIJqGCAmjXapX44Q84jcMkDRvHT4ZVltKQ1m2o2awLIAmC-8_TjBH9jeAliHG5DVJ9yCrUdiIrFE098Nyf8Wa7r87jMllT1ZuBbLM9CkM09OwpjFvqiyMXCBUek4jh7V1-Q&__tn__=-R

農林大臣は、食糧ストックに関してパニックに陥らないように人々に求めています。 大臣は、市場の必需品を途切れることなく供給するためのすべての計画が整っていると述べた。

 

BBS 3月11日『COVID-19: UNICEF asks people not to share false information in its name』 http://www.bbs.bt/news/?p=129519

COVID-19:ユニセフは、名前に虚偽の情報を共有しないように人々に求めています

 

クェンセル 3月11日 『Schools initiates ideas to keep students engaged』 https://kuenselonline.com/schools-initiates-ideas-to-keep-students-engaged/

学校は生徒の関心を維持するためのアイデアを開始します教育省は、発表された 2週間を超えて学校が閉鎖されたままでなければならない場合の緊急時計画を立てる方法を模索しています。

ティンプー、パロ、プナカ、プエンソリン、およびワンディフォドランの私立学校を含むすべての学校は、この国での最初の COVID-19 事件に続いて閉鎖されました。

現在、学校当局と保護者の間で懸念されているのは、2週間の授業を失う予定のシラバスを時間通りに完了することです。

 

Southasian Monitor 3月11日 『 Bhutan preparing for worst case scenario』 https://south-asian-monitor.com/en/bhutan/bhutan-preparing-for-worst-case-scenario

最悪のシナリオに備えるブータンブータンでの最初の COVID-19 事件以降、大きな経済的混乱は報告されていないが、経済的緊急事態計画が策定されている。

Royal Monetary Authority(RMA)の当局者は、ブータンが仮にあったとしても、今月末に経済的苦痛を感じるかもしれないと述べた。

国王陛下の指揮に関して、3月 8日に RMA と財務省の間の緊急会議が開催されました。

「緊急時対応計画が策定されており、可能な対策が実施される」と、月曜日の記者会見でタンディ・ドルジ外相は述べた。

3月 5日に最初の COVID-19 陽性症例が検出された後、同国では 2週間の旅行制限が課せられました。

 

(2)

在ブータン日本国大使館

『令和元年度対ブータン無償資金協力に係る交換公文署名式及び 草の根・人間の安全保障無償資金協力に係る贈与契約署名式の実施』

 https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/11_000001_00008.html

 

(3)

林産物の収集権をめぐる Nganglam とパンバンの境界問題

BBS 3月11日 『Nganglam-Panbang border issues over right of collecting forestry produce』 http://www.bbs.bt/news/?p=129511  

Pema Gatshel のNganglam の下にある Norboogang 地区は、Nganglam - Panbang の適切な境界を求めています。

地元の人々によると、それ自体は公式の境界線がないため、紛争のある境界から林産物を収集する際に問題に直面している。Norboogang 地区は、Chekardrang を Pangbang 県との境界線と見なしています。

Pangbang 県の職員が頻繁に地域を監視しているため、彼らは今ではその中で何もできない。 住民はそれに満足していません。

 

(4)

RAAは、第11次5カ年計画で GNHC が適切な研究なしに 16 の NKRI を特定したことを明らかにしました

BBS 3月12日 『RAA reveals GNHC identified 16 NKRIs without a proper study in 11th five-year plan』 http://www.bbs.bt/news/?p=129583  

第 11次 5カ年計画の実施を検討した結果、王立監査機関(RAA)は、国民総幸福委員会(GNHC)が適切な調査なしに 16の国家主要結果領域(NKRA)を特定したことを明らかにしました。

NKRA を思い付くために実施された分析をサポートする文書はありませんでした。 このため、第 11次 5カ年計画の目標は完全には実現されず、達成されませんでした。

RAAは、会計年度 2013 - 2014 および 2017 - 2018 からレビューを実施しました。 このレポートは今月初めに公開されました。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・12掲載):COVID-19、犬のジステンパー、

 

(1)

COVID-19

 

首相 Twitter  https://twitter.com/PMBhutan/status/1237761874533347328

最近、「オレンジ」ゾーンと「レッド」ゾーンについて聞いたことがあります。

国家準備と対応計画で指定されているように、COVID-19 のさまざまな段階と関連する対応について社員に通知します。 この文書は、国際基準に準拠して保健省が作成しています。

  

 

外務省 3月11日9時更新 『新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)』

 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html 3月6日から2週間,公用目的を含む全ての渡航者(国際機関職員や現地での就労許可を有する者を除く)の入国を制限する。 

The Bhutanese 3月11日  https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/photos/a.378185292287407/2462192863886629/?type=3&theater

 ドルジ・エレメンツ・ホテルは、保健省が COVID-19 に取り組む取り組みを支援するためにティンプーに施設を提供しました。

  クェンセル 3月11日   https://www.facebook.com/Kuensel/posts/3104623022905909?__xts__[0]=68.ARCyZ_b8hPggk6VXNlNRiEHh_fO2Jky25sOloeszhpFC1pO714zZHmqQupYkg-KxWRsXdouB91SAp9WUGGLE2-eSh2ewO6w6NuBDN3s6LhcNi9wWflqHOskCn-hjqvohh-LnuFrnPek-PqtcQXM3cOG63HGZ7LB9R7MGZ995UW9_v-VwXsaD1PVflKVNyDBAADodeIX9V_38FIR0GOYfQJvHS-JmO94KEEFDuqiFPKbCcCkTc-8fcn0GfGbkqK1B2R0n9DWxKlcOiRh1SlVstOZrGw0Q_zI31E5gQeEUO8rc6KRpzEdoBZmi5quKyx3cgzNvVgWb_XD1LWJynTe1WHrUAg&__tn__=-R

 ファイティングニュース Kuenselは、読者にWeChat、WhatsApp、または疑わしいと思われるその他のソーシャルメディアプラットフォームで配信されている投稿を送信することを強く勧めています。

 当局と情報を確認し、ここで共有します。

  コリアンレポート 3月11日 『空路による日本・韓国訪問者は共に僅か5人!「日本発」入国規制国は90か国、「韓国発」は107か国!』

 https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20200311-00167233/

  ロイター 3月11日 『情報BOX:日本からの入国を制限している国・地域』 https://jp.reuters.com/article/factbox-japan-entry-0310-idJPKBN20Y01I

  BBS 3月11日  動画:https://www.facebook.com/bbsnews/videos/vb.133972516617260/152074735941554/?type=3&theater

 ブムタンのホテル所有者は、COVID-19の世界的な大流行の中でビジネスが最も打撃を受け、観光シーズンが始まったばかりのときに観光客が部屋の予約をキャンセルすることを心配しています。

 世界的なコロナウイルスの発生により、木曜日に国内で最初のコロナウイルスの症例が検出された後、政府が入国する観光客に対する一時的な制限を発表する前にキャンセルが始まりました。

  

(2)

ダガナでの最近の犬 Distempe rの発生は 3匹に達しています。

BBS 3月10日   https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3353740027973810?__xts__[0]=68.ARB9OoBaJYy24Xq7rngGjwoNvlelLY-5np3i7O4kbitaPiZwOdPgCXsq4wgNRaNF7fjhgcGgVeVcenMV2nF0efbiQFe8O9OQOay5Ix3rABTdYvfbbiCjg2LEeQJjbAHXzGciZiyu78VOhZJ8OFAD5QsMKWNyFr9v66rrC3uMrOrhJaDM7yVkgnb5Q2uOpSm_wTAHn07wPyqcaC48c9cr8f_9JeO-f92y9Eb99tDYMd1RrG1uUzTEg2FatzN0c4BqJv9TRJTK5EDdyNCHZkROmr0yYpOqq3vis2djRySV0VNldOQHP4qAL2cMllkTTGeIcPE95Y_MMBFRcwmAM63tGLOhmQ&__tn__=-R

さらに約 5頭の犬が発生していると報告されています。しかし、この地域に住んでいる人々は、影響を受けた野良犬の数を追跡できないため、その数ははるかに多くなる可能性があると言います。

県獣医部門は、ペット犬への犬のジステンパー予防接種と支持療法の提供において、この事件を綿密に追跡しています。

当局は、文字通り人間に病気を感染させるリスクはないが、それはウイルス性の病気であるため、人々が注意を払うことを思い出させると述べた。

県獣医部門は、アウトブレイクの原因は野生動物にあるか、近くの場所から感染した犬から伝染しているに違いないと考えています。

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・11掲載): COVID-19、無償資金協力プロジェクトに署名、SDG奨学生、ブータンつれづれ48、信じられないところに建つ16軒の家、

 

(1)

COVID-19

クェンセル 3月10日 『Tackling COVID-19』 https://kuenselonline.com/tackling-covid-19/

 COVID-19への取り組み  インフルエンザのような症状がある場合はどこに行きますか? ティンプーには、2つのインフルエンザクリニックがあります。

 1つは王立ブータン警察の Zilnon Namgyeling キャンパスにあり、もう1つは Lungtenphu の王立ブータン軍の本部にあります。

ブータンに COVID-19 が到着したことは、人々の間で恐怖を引き起こしました。なぜなら、この病気は毎日新しい症例を抱えている多くの国に影響を与え続けているからです。

 COVID-19 は新しい病気であるため、このような応答はおそらく正当化されます。医薬品と正しい治療法はまだ見つかっていません。しかし、健康の専門家は、パニックに陥る理由はないと主張しています。

 

クェンセル 3月10日 ライブ動画:https://www.facebook.com/Kuensel/videos/vb.140918395943068/2738306552948825/?type=3&theater

 Dechen Wangmo 保健大臣と国会議員で構成されるメディアチームは、COVID19 の最新情報でメディアを更新します。

 

BBS 3月10日

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3353522514662228?__xts__[0]=68.ARAxdSsoLQ3gptRhcsh7TIjtUD7fKRE6Rwn_ValR-YtUgb8InuSLoJHElYsT2YAAxW1VY-RBxvwn6QUlNqbyF3amyhnWvxHJFh-IHvjWnscrpsJ5ot05UfKuOZli-xfsX7lq6e5FqvzZyAFkR_1WpsKBUA6siWARUO8ks88u7ysKanPfheo2zgZH5eqB-VQooz3TnTui9g6BxMegfk-lUyJkVGP0jACywT7fzrfoqjh9pxtqxhDo3HsuvJP_-oRNmCAPvYaF-eKVgZ8UkUSFRTVXvbfAS5J3m7AM7eeS6vEY13VHdOA7VBa2e6EjzvJrRtVuZzD-g6_PlmawAXeuIkptVQ&__tn__=-R

 パロのオラタンホテルは、COVID-19 の検疫施設として使用されるすべての客室と施設を無期限に無料で提供しました。

 さらに、ホテルの多くのスタッフがホテルで働くことを心から志願し、医療従事者を含む新しい居住者にサービスを提供しました。

 

BBS 3月10日

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3353239948023818?__xts__[0]=68.ARD-zxjB1jGDmPRUwVyx86mOdATO4qQi8SxBQYojLrpGC9zbBdczzMYs70DOKl_ZKZJ0BTndd31vaLLG_HxqMynNgBWOkcF-WRoZcbAuUNNH84CvjRxy4dwWn6lV_mo7dGa8P1vTBxq4qt_lm2_H1CI5vkEnQMmwhOiPruhEwXGYse8ncIsiFvzfX4FpL2q-6eJiMTobtSfTJr0yEVrqG_yszS1rMR3UxtVsq8NP_0z0sjqS7HUkNUVGpbfuhuf6uz6D1HoIXKsfh2Umb1gAH0x9p9DZ21fc7b149CVVE-R9nxHtz6yzkS_ZW36UxW2UGrMWyXCWQ8OhsMvMAsu-1cl9WQ&__tn__=-R

 市場の不足を補うためのパロでの手指消毒剤の配布。 現在、Jiutshaphu、Baangdey、Paroの3つの場所で配布されています。

 

The Bhutanese 3月10日  https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/photos/a.378185292287407/2459922097447039/?type=3&theater

 ティンプー・プラザとエトメト・プラザの Penchu Sales は、日曜日から無料のマスクを提供しています。

 

外務省 3月10日7時更新

『新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)』 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

 3月6日から2週間,公用目的を含む全ての渡航者(国際機関職員や現地での就労許可を有する者を除く)の入国を制限する。

 

首相メッセージ 3月9日

Lotay Tshering 首相は、今日の COVID-19 の人々へのメッセージの中で、PMO、保健省、世界保健機関からの情報のみを落ち着かせ、信頼することを求めています。

 動画:https://ja-jp.facebook.com/Kuensel/videos/2579593575651712/

 

BHUTAN TIMES

 https://www.facebook.com/bhutan.times1/posts/1269768776542301?__xts__[0]=68.ARCj4yNvlJQV8f16b3NcSyQygG6NBmt-tzhNZdnrks_OeW6gcOzcBIvHWAIFuQzhOKtJToLoV-ZZ7EUVuiAScfVMo47GEWKMeFRPENVM_kIUL9wondkyoH_TE15s0v1z-CIlmIzyRtj9J2MYQyZDYVUz8Erd34W-BZHYGXRPhHL6zgik9pyWR5jaZTX6ffAnIoYVtY3bq1wLytcs_BVhZKLoxofAGEi5TSro6zwvjnsTC-ILkexwEnpVpYQaNqLxa0gqtDj-diJudEhfzUlO3HjrvTrHc4_2TRcsFJNiU7SdzUj2Z8oCZVnQrOPgXfOyQsN1FqwA_uaAqcAclVAXvQ&__tn__=-R

 プレスリリース・首相官邸

 COVID-19の結果を調べる

 政府は、国内のコロナウイルスの影響が長期に及ぶ場合、包括的な対応計画に取り組み始めました。3月 5日に最初の COVID-19 ケースが検出された後、厚生労働省は対応努力を続けていますが、

さまざまな機関が即時および長期の介入を準備および戦略化するよう奨励されています。

 国民総幸福委員会と王立公務員委員会との別の会議で、首相は、完全な封鎖を要求する「レッドゾーン」に入った場合に備えて計画を立てることを機関に求めた。

 「今のところ、すべてが制御されている間、私たちの計画とプログラムは問題のない時間のために設計されています」と首相は言いました。

 「しかし、状況が悪化した場合は、活動と予算の優先順位を変更することも検討する必要があります。」

 2つの機関は、重要な活動を推進するために会議と出張が厳密に行われ、通常の活動は待つことができるように求められています。

 観光部門が苦しむ可能性があるため、経済を刺激するのに役立つ活動を優先する必要があります。

 「私たちの措置は、一晩で失業する可能性のあるサービス部門で働く数千人の若者の福祉にも多くの注意を払う必要がある」と首相は述べた。

 政府は、コロナウイルスの影響による大規模な被害から私たちの経済を守る経済的対応計画を策定するために、すでに多部門のタスクフォースを結成しています。

 財務省、経済省、王立通貨局、金融機関、ブータン商工会議所、国家統計局は、国内経済への影響の可能性を調査し、その影響を最小限に抑えるための対策を検討しています。

 政府は、特にホスピタリティ、貿易、輸送、建設、雇用などの特定のセクターに注目しています。

 また、労働の制限について不確実性があるため、建設業界は不足を補うために地元の労働力に置き換えることを検討できます。

 農業省はまた、十分な食糧備蓄を確保し、買いだめを防ぐための手順を開発することに取り組んでいます。とりわけ、経済部は価格管理メカニズムを効果的に実施することが期待されています。

 一方、首相はまた、COVIDの事例に焦点を当てて、日常的な保健サービスに対する妥協の可能性について懸念を表明しています。

 「私たちの健康システムはすでに薄く引き延ばされているので、国家COVIDサービスが妨げられないように注意する必要があります」と彼は言いました。

 

The Bhutanese・WHO  https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/photos/a.378185292287407/2458691390903443/?type=3&theater

 コロナ神話バスターズ  COVID-19を予防または治療するための特定の薬物はこれまでのところないので、騒がないでください

 出典:WHO

 これまで、新しいコロナウイルスの予防または治療に推奨される特定の薬はありません(2019-nCoV)。

 ただし、ウイルスに感染した人は症状を緩和して治療するために適切なケアを受け、重度の病気の人は最適化された支持療法を受ける必要があります。

 調査中のいくつかの特定の治療は、臨床試験を通じてテストされます。 WHOは、さまざまなパートナーとの研究開発の取り組みを促進しています。

   

(2)

949.6百万円相当の 4つの日本の無償資金協力プロジェクトに署名

BBS 3月9日 『Four Japanese grant assistance projects worth 949.6 M Japanese Yen signed』 http://www.bbs.bt/news/?p=129406

外務省 3月9日 『ブータンにおける農業及び廃棄物管理分野の支援(無償資金協力)』 https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008311.html

在ブータン日本国大使館 3月5日 『令和元年度対ブータン無償資金協力に係る交換公文署名式及び 草の根・人間の安全保障無償資金協力に係る贈与契約署名式の実施』

 https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/11_000001_00003.html 

草の根プロジェクトに対する無償資金協力(GGP)と 9億 4,960万円相当の無償資金協力に基づく 4つのプロジェクトの無償資金協力契約が本日ニューデリーで調印されました。

 

(3)

JICA Bhutan Office Facebook

 https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/2612397615525373?__xts__[0]=68.ARBVI0JAsdemIlOSiUE1mG5byt9xwsqtJ4bxbZsQjT8u3wzVclD1SgAei1c-NnZnJYMFsKagWv62iV4AoQRfjroNdcSjCZQqs51Fvp8ANScuxfP7FZopQmGjJ2EQ6q7PzjW7XzuLmu36fB8Aw2Wd9YklXIvgkVAa899tyBcFkRZMTIf61XQUMPnLERv3C-zesbqt33cGnlOsN2XYP2tJAhVfD431nKkfIPCMrYFMWOFmA5sXwXgHfaaklDn3mml0SW0bGKpw9WU1v14Fd9bI4R6XL0X1eqEVzuyZALPgOrBhmhHb4cz45c_gDkgcpU2YxXvqsNa9SH2vrynub9a5cXpTVg&__tn__=-R

JICAブータン事務所は、SDGグローバルリーダーシップフェローと初めてビデオ会議のフォローアッププログラムを開催しました。デチェンさんは、ブータンの SDG奨学生の最初の受賞者です。

現在、日本の筑波大学で修士号を取得しています。 会議中、彼女は日本での学業の最新情報や研究状況などの経験を共有しました。

そのようなセミナーは、学者が将来フェローによる SDG奨学金を活用する役割を再考し制度化する機会を提供します。

テレビ会議には、JICA HQ、JICAつくば、JICAブータン事務所の職員、そして最も重要なのは、Dechen 氏の作業機関(UWICER)の代表者が出席しました。

 

(4)

平山雄大さんの「ブータンつれづれ48回 ブータンの中のネパール」 http://bhutan.fan-site.net/piyosann.htm

 

(5)

BUSINESS INSIDER 3月9日 『崖の上、工場の屋上、道路の真ん中…信じられないところに建つ16軒の家』 https://www.businessinsider.jp/post-208548

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・10掲載): COVID-19(新型コロナウイルス)、伝統的なブーツ作り、各国(地域)自由度ランキング、

 

(1)

COVID-19(新型コロナウイルス)

クェンセル Facebook 3月9日 https://www.facebook.com/Kuensel/photos/a.383327058368866/3100554186646126/?type=3&theater

プンツォリンの Bhutan Raven Motorcycle Club は、今朝、COVID-19 コンティンジェンシーファンドの首相に 100万Nuを寄付しました。

彼らはまた、毎日フェンスホーリングの入り口で通勤者をスクリーニングしているすべてのボランティアに軽食を提供しています。

  

クェンセル 3月9日

 https://www.facebook.com/Kuensel/posts/3100152080019670?__xts__[0]=68.ARDcXJlS_g0ykkRP7BPLw9fMeF6YlbO7qHpAXHrWlARa6GXwraWrWVpQEjD5BD5lHrD3xllNz83zkE_EvW4goABcTSKcJOJ67D0cejCpVsUkB6LwPih8sxQeWVddcjzAKF3s24vQw7sWnnLHNDuSvJXN-5tC9bgqybCt6UtVRVCaESXMKRNB1I9hNmvzlOX7_WRbwqVTsqgPN1rqsQ_24vDL1vnr2JRVG6MDtbVJxe5S0XGh4fGBn-BfRtAd-Jz7npvVfKkP6uvBaixOhaCqGfmixzAHB7wNk2hk8hjGCvuYgSESewga0lcLE9nMcv1ranuK9Z_CkF-bo5UbU2PenQ&__tn__=-R

ブータンの Advisory Media Council は、緊急時またはその他の手段で誰かが偽のニュースを広めることは、情報通信メディア法 2018に基づく犯罪であり、同様に起訴されることを一般大衆に通知します。

 

Trip.com  3月9日

『Trip.com グループ、新型コロナウイルス感染症拡大による渡航制限のある国と地域に関する情報提供』

 https://jp.trip.com/newsroom/trip-com-update-on-novel-coronavirus-country-region-entry-restrictions-jp-0203/?promo_referer=13_1067_2

ブータン

<日本からの入国制限及び入国後の行動制限>

・3月6日から2週間,公用目的を含む全ての渡航者(国際機関職員や現地での就労許可を有する者を除く)の入国を制限する。

・新型コロナウイルス感染発生国への渡航歴のある者について,疑わしい症状が認められる場合,14日間の検疫措置をとる。

 

 

外務省 3月9日7時更新

『 新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)』 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

新型コロナウイルス感染発生国への渡航歴のある者について,疑わしい症状が認められる場合,14日間の検疫措置をとる。

 

Southasian Monitor 3月9日

『Coronavirus: Bhutan’s service sector could be the hardest hit』 https://south-asian-monitor.com/public/en/bhutan/coronavirus-bhutans-service-sector-could-be-the-hardest-hit

ブータンのサービス部門が最も大きな打撃を受ける可能性がある最初のコロナウイルス(Covid-19)事件の確認後、ブータンへの観光客の入国を2週間禁止することは経済を犠牲にすることが予想されます。

事業の損失は従業員への支払い能力に直接影響を与える可能性が高いため、観光および同盟部門で働く何千人もの人々が直接的な影響を感じます。

ティンプーのメディア関係者と議員に昨日話し、首相は、観光と同盟セクターに約 50,000人が関与していると述べた。彼によると、約 37,000人がホテルやレストランで雇用されています。

国内には約 1,000のホテル、4,000のツアーエージェント、5,000のガイドがいます。

「私たちは人々の安全を心配していました。しかし、経済への影響の可能性とセクターに関与する人々の生計を考慮して、以前に禁止を課していませんでした」と彼は言いました。

 

朝日新聞 3月9日

『石川)小松高ブータン人留学生 早めの帰国 新型肺炎』

 https://digital.asahi.com/articles/ASN386SYLN36PJLB001.html?_requesturl=articles%2FASN386SYLN36PJLB001.html&pn=4

上記 URL の続き

帰国が早まり「悲しい」。

ただ、バタバタした時間のなかでも、クラスメートから寄せ書きをもらい、タンディンさんも一人ひとりにメッセージカードを渡すことができた。

「ブータンに戻っても日本語を自学自習するつもり。将来は日本で働きたい」(三井新)

 

RSPN Bhutan Facebook 3月9日

 https://www.facebook.com/rspnbhutan/photos/a.171350462903840/3042554242450100/?type=3&theater

Covid19 に対する政府の助言に基づき、ガンテ・フォフジカのツル・ビジターセンターが 2020年 3月 15日まで閉鎖されていることをお知らせします。

 

読売新聞 3月9日

『ビザ無効、中国280万件・韓国1万7千件…入国者ほぼゼロに』 https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200309-OYT1T50300/

 

(2)

Tshoglhams(ツォグラム) ブータンの伝統的なブーツ作りの技術を復活させる

DAILY BHUTAN 3月9日 『 Reviving The Art Of Making Bhutan's Traditional Boots』 https://www.dailybhutan.com/article/tshoglhams-revival-of-the-art-of-making-bhutans-traditional-boots   

    

  (以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

Lopen Tenzin Wangdi は、これらの魅力的なブーツの作り方を知った最後で唯一の人でした。国の文化は、芸術の形態から料理、さらには衣装から靴まで、さまざまな形で現れます。

中国の蓮の靴やオスマン帝国のカブカブの靴など、多くの伝統的な履物はもはや流行も使用もしていませんが、ブータンの「ツォグラム」は今日までモダニズムの猛攻撃を乗り越えてきました。

複雑な刺繍で豊かに装飾された tshoglhams は、ブータンの伝統的な履物です。上向きのつま先を備えたこれらの膝丈のブーツは、通常、個別に作られてから縫い合わされた3つの部分で構成されています。

 

下部は通常白で、革のアップリケで作られています。

中央部分はドラゴン、フェニックス、花などの豊かな刺繍が施されたブロケードで作られています(この部分の色は所有者の階級と職業を示します)。

上部はシルクのブロケードまたはウール素材で作られています生地に縫い付けられています。

これらのゴージャスなブーツはもともと「ゲーチェン」または絹の布で作られていましたが、20世紀までには革と組み合わせて作られることが多くなりました。

 

ほとんどのブータン人は日常生活で身に着けていませんが、特定の儀式や結婚式などの特別な機会にこれらの美しさを身に着けることは必須です。

たとえば、1953年の最初のtshogdu(国民議会)の間、議会のメンバーは tshoglham を着用しなければなりませんでした。

 

第5第国王のブーツは(皮肉なことに)サルヴァトーレ・フェラガモによって設計されましたが、国王陛下ジグメ・ケサー・ナムギャル・ワンチャックは、2008年の戴冠式でそれらを着用しました。

 

ブーツの色の象徴

何世紀にもわたって、ブータンのヒマラヤ王国は、着用者のランクと地位を示すために異なる色を使用してこれらの特別なブーツを作る伝統を持っています。

中国の伝統と同様に、ブーツの下部のシャフトは、黄色に染められている場合、キングまたはチーフアボット用です。政府高官は赤を、大臣はオレンジを、緑は一般人向けに用意しました。

男性用だけでなく、女性用に作られた tshoglhams もあります。男性用の長いバージョンの代わりに、女性用のブーツは長さが短く、足首のすぐ上まで届きます。

 

ツォグルハムの起源

ツォグルハムは、1616年に Zhabdrung またはグレートチベットのラマ人が到着したときにブータンに持ち込まれたと考えられています。

しかし、時が経つにつれて、「シェムゾ」(アップリケと刺繍)の芸術として分類されるショーグルハムの製作は、王国でほとんどなくなりました。

 

ショーグルハムの復活

長年にわたり、ほとんどの民間人はより実用的で手頃な価格の履物を好むようになり、適応しました。したがって、ブーツ製造の技術が絶滅の危機にさらされたことは驚きではありませんでした。

20世紀の終わりまでには、主に王室、大臣、政府関係者がこれらの刺繍ブーツを着用していました。tshoglhams の要求は限られているため、手作業で作成するという骨の折れるプロセスと相まって、

ブーツの製造は1人の男性によって保存および保存されていなければ消えていただろう。

芸術を復活させる試みとして、ブータンの最後の首相であるツェリング・トゲイ(2001年に元国立技術訓練機関の所長であった)は、

ゾリグ・チャスム国立研究所の教師と 6人の学生をパロのロペン・テンジン・ワンディに送りました。 tshoglhams の作成方法を学ぶためです。

当時、Lopen Tenzin Wangdi はこれらの魅力的なブーツの作り方を知っていた最後で唯一の人物でした。

彼はチベットから技術を学び、王室のメンバーと上級公務員のためにショグラムを作る責任がありました。現在、ゾーリッヒチョスムの保存と芸術は 2つの研究所で教えられています。

1つは首都ティンプーにあり、もう1つはブータン東部のタシヤンツェにあります。いく人かの若者は、ゾーリッヒチョスムの芸術の訓練を受けています。

ゾーリグチョスムは、ブータンの 13の特定の芸術品と工芸品を指し、サンダードラゴンの国のユニークな精神と遺産を支持しています。

 

(3)

2020年版のフリーダムハウスによる各国(地域)自由度ランキング

 https://freedomhouse.org/countries/freedom-world/scores#.XmVy6M9Vrh8.twitter

 

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・9掲載):COVID-19(新型コロナウイルス)、国際マラソン、今週のTV番組、

 

(1)

COVID-19(新型コロナウイルス)

諸橋さん Twitter https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1236630019532705798

 【ブータン政治事情】国民議会内野党 DPT は、この事態を政争に用いることはしないと表明しました。 憲法上の反対党規定を遵守すると改めて示した形です。

 

クェンセル Facebook 3月9日

 https://www.facebook.com/Kuensel/posts/3099268320108046?__xts__[0]=68.ARBdPaL1McXuaqZqqgN_SpWM1zvOmMg6yHI6avd1MOEOcXZ-WdUD2ZUBR48H1uApMoR74nIwNHO-elR8kM4qo3gISB4-XFaGfgXwBn8yxtNHIaLZFPdOWBd4AaGIvnFfsyI_qiLuXm8FgwsiPFR47UrTjLgi_jKsOdLyS1c3oqM7FoyEnSLq1iF__s6zheYXJHcZjxPMDckO8KtPWSK4b5SBlPUV2iPdh-enxVd0SBe1gTfR7ziNznISdgJbOAxm8u-MG-PZlCFCTcBjb_Cj_m37uoWFja49wmtAGUe2se_fpovXw3vu-GRvWaBmt2eizW0RcwTaqO6ORjvlZT6v53OuuQ&__tn__=-R (写真5枚)

 ティンプーのRBPコンパウンドの 24時間体制のインフルエンザセンターは、午後 8時から深夜までの間に 28人の個人に対応しました。

 夜、3人の職員がセンターを担当します。 1人の医師、看護師、薬剤師が交代制で勤務しています。  COVID-19 の疑いがある場合には、検査技師が待機しています。

   

BBS Facebook 3月8日

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3348526265161853?__xts__[0]=68.ARCwAYivaZ6Se3WmYqGPOYXMcpchmXmWnGTc7sL37YLrizcsvujlgJjbp4cJKI9Y6DMiY_aVmx01jO1HG7knfmkbkpvZRmKuLj4-B6h8BHoEQoax4U7-3pHV7Ca3o3WGjeIY03E9lCcmeOQTgSBlmjUh6JBnR4VV2_E3XQJ_iE4LI1r1EZPYYUMYfSlWIFcwiLvHaNaTGDvCqrLS2TTEFQv14Y3oi8MVYfUalx7rF-qKu0K9q9k4A0Ai-GpmxQcaCF6-B_5oG_cxEM1PVHu3O9Nf3DbwPtJKHwQMYq1VVenyrsKtm8QySV8fEEbrIedEIUEWLeLTYR7DuFoVl06NG0HM2A&__tn__=-R

 サムツェのすべてのエンターテイメントセンターは、追って通知があるまで閉鎖されています。  これは昨日、タスクフォース会議で決定されました。

 一方、国境地域のすべての出入り場所に沿ったスクリーニングと健康評価が強化されました。 サムツェ教育大学では、学生は必要でない限り大学のキャンパスを離れないように勧められました。

 すべての生徒は群衆から離れるように促されます。

  

クェンセル Facebook 3月8日

 https://www.facebook.com/Kuensel/posts/3096501337051411?__xts__[0]=68.ARA7y1L8zFrCEcUvNcZYQqYM-PjslYKOrfUdygDUlUps7DSLICt3QfwU2-PVlqNsP_t3xra0h2RncyJGs6OQTH7ZO25piTsL0AuGhE8Ru0KoJOHr4AvCEJv-_ZBgw1VzwjgWouAKhPpCU-slEeg28-C4GF3IVIfL_GvfEBccWn0esC3R7dGLBi9sBkMLXZethCv-TDWHUBskmCttZEjuPyCxXCbTXp7rrGd4mv61ZmCGxjA-HU8dDH0syuuPIilV2ihRmY78IMHFPRvfT5ucTB7ci3WRMj4KwXRnyGpkCLWyNki06Zr-njgKAqdSj1Chdkqn0mNTsPWdZyI_DZMUjw&__tn__=-R

 政府は、3月9日から15日まで、Wangduephodrang 県とPhuentsholing Thromde の学校の閉鎖を発表しました。

 「これは、政府がCOVID-19のリスクを綿密に監視し、防止し続けているため、地上からの協議とフィードバックを維持することにあります」とPMO(首相府)は述べています。

 親は子供の健康状態を注意深く監視し、懸念がある場合は保健当局に連絡するよう求められます。

  

外務省 3月8日12時更新

『 新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)』 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

  

The Bhutanese Facebook

 https://www.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/?ref=py_c

 インド政府は、統合疾病監視プログラムの下で、インドのアメリカ人観光客と接触した 150人以上の連絡先を配置しました。

 ブータンの最初の COVID-19 ケースは、2月21日から3月1日までムンバイ、コルカタ、アッサムで過ごし、最長時間はアッサムで過ごしました。

一方、インドではさらに 3つの COVID-19 症例が報告されています。 これらには、イランへの旅行歴を持つラダックからの 2人とオマーンへの旅行歴を持つタミル・ナドゥからの 1人が含まれます。

 これらの新しい症例により、インドの症例の総数は現在インドで 34です。 31件のインド人患者は病院で治療されており、安定しています。  一方、ケララからの 31人は退院しました。

  

BBS 3月7日

『Govt. distributes free hand sanitizers to the public in Thimphu』 http://www.bbs.bt/news/?p=129353

 政府 ティンプーの公衆にフリーハンド消毒剤を配布します ほとんどの人は、特に手指消毒剤、フェイスマスク、石鹸を探しに出かけたときに裸の棚で迎えられました。

 市場の不足を補うために、政府は今日、ティンプーの公衆にフリーハンドの消毒剤を配布しました。 ティンジンのセンザンリーファーマーズマーケット、JDWNRH、時計塔の Norzin Lam は、

   今日、手指消毒剤を獲得しようとする人々の列を見ました。  各人に100 ml の溶液を提供しました。  人々は圧倒され、政府の努力を認めました。

 

BBS 3月7日

『“…the stocks in the shops will never run out, there will be a continuous supply.”- COVID-19 scare』 http://www.bbs.bt/news/?p=129333  

「…店舗の在庫が尽きることはなく、継続的な供給が行われます。」-COVID-19恐怖 

コロナウイルス(COVID-19)が確認された 1件のケースで、国の人々は欠品の可能性を恐れて必需品の在庫を増やし始め、  昨日はすでに一部の店の棚が空になっています。

 首相は必要な品物が品切れにならないことを保証し、ティンプーの店主は安心を与えます。

 

The Himalayan 3月6日

『Bhutan bans tourists after first coronavirus case, India total hits 31 Published: March 06, 2020 1:23 pm On: World』

 https://thehimalayantimes.com/world/bhutan-bans-tourists-after-first-coronavirus-case-india-total-hits-31/

 ブータンは最初のコロナウイルス事件の後、観光客を禁止し、インドの合計は31件に達した

ブータンは、金曜日に、近隣のインドから到着した観光客でコロナウイルスの最初の症例を確認してから 2週間、観光客の入国を禁止したと述べた。

 外国為替のハイエンド・ツーリズムに大きく依存している小さなヒマラヤ王国は、3月 2日にインドから空路で入国した 79歳のアメリカ人がウイルス陽性であると述べた。

 「政府は、入ってくるすべての観光客に 2週間の制限を直ちに課す」と声明で述べた。「これは、厳密な監視、感染源の評価を可能にし、状況を緩和するためです。」

 政府はまた、2週間にわたっていくつかの学校を閉鎖し、国際会議やセミナーを延期することを発表しました。同省は、2月 21日にインドに入国した患者は首都ティンプーの病院で隔離されたと述べた。

 2020年 1月 31日、インドのアガルタラにあるマハラジャ・ビルビクラム空港で、コロナウイルスの兆候がないか旅行者を選別するためのヘルスデスクが設置されています。

 インドで確認された症例の総数は、タイとマレーシアからの旅行歴のあるニューデリーの人が陽性の検査を受けた後、 31に増加したと、保健省は述べた。

 肺炎につながる呼吸器疾患を引き起こす可能性のあるコロナウイルスは、昨年末に中国中部の武漢市で出現したと考えられています。

 ロイターの集計によると、世界中で 98,000件以上の症例と 3,300件以上の死亡がありました。症例と死亡のほとんどは中国で発生していますが、ウイルスは現在多くの国で広がっています。

  

(2)

ブータン国際マラソンは一部の不参加者があったにもかかわらず成功した、プナカ

BBS 3月7日 『Bhutan International Marathon successful despite some participants withdrawing, Punakha』 http://www.bbs.bt/news/?p=129330  

プナカで開催された第 7回ブータン国際マラソンでは、国内で最初に確認されたコロナウイルス(COVID-19)患者発生により、前年に比べて参加者の数が少なくなりました。

関係者によると、約 170人の登録者が参加を取り止めました。ただし、参加者は、自己予防策が真剣に取られていれば、COVID-19 について心配する必要はないと言います。

 

(3)

今週のTV番組:http://bhutan.fan-site.net/TV.htm 

『世界秘境探訪:ブータン』 3/9 (月) 10:00 〜 11:00 CNN/US(Ch.567) 3/9 (月) 13:00 〜 14:00 CNN/US(Ch.567)

 『孤独のグルメ Season 5#8』 3/14 (土) 10:00 〜 10:45 チャンネル銀河(Ch.664) 3/14 (土) 10:00 〜 10:45 チャンネル銀河(Ch.305) 

『JUDO 第71回 ブータン柔道・後編』 再放送 3月14日(土) 18:30〜18:55  BSフジhttps://www.bsfuji.tv/judo/pub/index.html

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・8掲載):COVID-19、タンゴ最高僧院長就任、第11次五カ年計画の監視と評価、レッサーパンダ、

 

(1)

『COVID - 19』

外務省 3月7日13時更新『新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)』

 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

 

AFPBB 3月7日 『新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(7日午前2時時点)』 https://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3272052/

 初の感染者が確認された国・地域はセルビア、バチカン市国、スロバキア、ペルー、トーゴ、パレスチナ自治区、ブータン。

 

BBS 3月7日『The third batch of the contacts of the COVID-19 patient also tested negative』 http://www.bbs.bt/news/?p=129328

 COVID-19 患者の連絡先の 3番目のバッチも陰性であった 王立疾病管理センター(RCDC)は、今日まで76歳のコロナウイルス(COVID-19)患者の最初の接触者として特定された57人を検査しました。

 疑わしいケースはすべて陰性でした。昨日、国の主流メディアを通じて国に話しかけた首相は、76歳のアメリカ人観光客の 3人の主な接触者に、この病気についてすべて陰性であると伝えた。

 

クェンセル 3月7日 『Bhutan’s preparedness to fight Covid-19 is well-placed』 https://kuenselonline.com/bhutans-preparedness-to-fight-covid-19-is-well-placed/

 Covid-19と戦うブータンの準備は整っている

 

BBS Facebook 3月7日

 https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3345288252152321?__xts__[0]=68.ARDQFNqC8jGt1RUB4SlUP2BWO-IzuemJ2DA20fW08Qj3vz8QYW0TUooh1vRuTqrSeX0pEwb8wXu0yXFXQFJIxHe4Kmtzr6Z_rPqHaZn96vt5x1RHQ7KeY58ZAOZVKHYfDhwBh1SxWkv_u3y8u62xkmJhOFjnfzzUEKfR7reJZN91nW59LtbuT7P6RGMT3uFiPdKt0QXPCjzOjiYtn4bSQUPT7lmUIjX5LGSiT8Zt54-F5r4vYo16Mdbx4xvVFxXIwlj8rpTKNcf68OmzDKcTFjTg4jK2gU2pGthguF5oH_q7XJBkBldJ1g3cTSZtFRkujGN626WGgXnsLSfQ1VeBpQ&__tn__=-R

 ブータンのメディア評議会は、一般大衆に偽のニュースの拡散を控えるよう促している。  2018年情報通信法によれば、緊急時に虚偽または誤解を招く情報を広める罪は、懲役 3〜5年の重罪4度目です。

 ブータンのメディア評議会は、偽のニュースを広める人は誰でも同じように起訴されることを国民に思い出させます。

 

The Bhutanese 3月7日 『First contacts from Punakha to now be tested after all 39 first contacts from Paro and Thimphu tested negative』

 https://thebhutanese.bt/first-contacts-from-punakha-to-now-be-tested-after-all-39-first-contacts-from-paro-and-thimphu-tested-negative/ 

 プナカとティンプーの最初の連絡先39件すべてが陰性であったため、プナカからの最初の連絡先がテストされるようになりました 

 陰性とテストされた 39人の最初の連絡先は、観光客が 3月 2日から 3月 3日までであったパロとティンプーのグループからです。

 現在、観光客が 3月 4日に行って宿泊したプナカの最初のコンタクトグループからサンプルが収集されています。

 サンプルは、Dhensa Boutique Hotel のスタッフ(彼が滞在した場所)と、旅行者と直接連絡をとった Druk Wangyal Cafe のスタッフ(彼がコーヒーを飲んだ場所)から収集されます。

 

BBS 3月6日 『Bhutan reports first COVID-19 case』 http://www.bbs.bt/news/?p=129299

クェンセル 3月6日『First confirmed Coronavirus case in Bhutan』 https://kuenselonline.com/first-confirmed-coronavirus-case-in-bhutan/

 ブータン初の感染者

 ブータンは、アメリカ合衆国の76歳の男性でその最初のコロナウイルス(COVID-19)の症例を確認しました。  男は昨日、ティンプーで陽性の検査を受けた。

 観光客としてブータンに来た男性は、3月 2日にパロ国際空港に到着しました。 確認後、保健当局と関連機関は、観光客に関連する 90人以上の連絡先を追跡しています。

 

BBS 3月6日『Government imposes restriction to incoming tourists for at least 14 days』 http://www.bbs.bt/news/?p=129286

 政府は少なくとも14日間、入国する観光客に制限を課しています ブータンで最初のコロナウイルス(COVID-19)事件が検出された後、首相は記者会見中に、

  政府が本日から来る観光客に 2週間の制限を課すことを通知しました。  ただし、国境の町に沿ったエントリポイントは開いたままになります。

 ドゥルカイア航空とブータン航空の両方が、14日間すべての入国する観光客を制限し、  プンツォリンから来る観光客は、Rinchending のチェックポイントから制限されます。

 

BBS 3月6日 『Residents rushing out for face masks and hand sanitizer』 http://www.bbs.bt/news/?p=129291

 フェイスマスクと手の消毒剤を急いでいる住民 今日、ティンプーとその周辺の地区でフェイスマスクと手指消毒剤を必死に急いでいる何百人もの人々が、

  早朝に医療店の前に並んでいるのが見られました。 コロナウイルス(COVID-19)の症例で確認され、ティンプー病院で入院した旅行者のニュースにより、懸念される環境は拡大されました。

 

The Bhutanese 3月6日 『All 39 now test negative for COVID-19』 https://thebhutanese.bt/all-39-now-test-negative-for-covid-19/

 39人すべてが COVID-19 のテストで陰性になりました 2番目のバッチでさえ、すべて COVID-19 が陰性であるとテストされています。  これは、18の最初のバッチがすべて陰性であった後です。

 ただし、医療プロトコルによると、テストは 39 すべて陰性ですが、エラーを完全に除外するために、テストがさらに数回繰り返されます。

 最初のリピートテストは 7〜8日後に行われ、いずれかの人が症状を示した場合はもう一度行われます。上記 39人はすべて、COVID-19 と診断された 76歳のアメリカ人観光客と接触した最初の接触者でした。

 

Southasian Monitor 3月6日『Bhutan confirms first coronavirus case』 https://south-asian-monitor.com/public/en/bhutan/bhutan-confirms-first-coronaviruscase

 ブータンが最初のコロナウイルスの症例を確認ブータンは、76歳のアメリカ人観光客が陽性であった今朝(3月6日)に新規コロナウイルスの最初の症例を発表しました。

 首相官邸は、ソーシャルメディアページのプレスリリースを通じてニュースを発表しました。

 プレスリリースは、アメリカ人観光客は、3月2日にインドのグワハティから Druk Air に乗った後パロ国際空港から入国したと述べています。

 彼は 2月 21日から 3月 1日までインドを旅行していました。彼は 59歳のパートナーと共に 2月 18日にワシントン DC を離れました。

 

民樹のつぶやき 3月6日 http://blog.livedoor.jp/tamikinakajima/archives/82380815.html ブータンでコロナウイルス感染者がでました。

 

片山理絵さんTwitter  https://twitter.com/RieDorji/status/1235785256147574786 学校閉鎖 

 

諸橋さんTwitter https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1235893214202093568  https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1236287130902482945

 

(2)

Gyalse Trulku がタンゴ仏教大学の最高僧院長に任命される

BBS 3月5日 『Gyalse Trulku appointed as the Chief Monastic Abbot of Tango University of Buddhist Studies』 http://www.bbs.bt/news/?p=129228  

中央僧院のドルジ・ロペンは、今日、タンゴ仏教大学の最高僧院長にギャルセ・トゥルク・ジグメ・テンジン・ワンポを任命しました。

ギャルセ・トゥルクは 5歳のときにデジ・テンジン・ラブゲイの 8回目の生まれ変わりとして正式に認められ、さまざまな教師から修道僧教育を受けました。

彼は仏教哲学の修士号を取得しており、2018年に 3年間の修行を完了しました。

参考:Tango University of Buddhist Studies:https://www.shangrilafootprints.com/attraction/tango-university-of-buddhist-studies/

 

(3)

計画期間中に廃止された第 11次計画監視および評価ツール

クェンセル 3月6日 『11th Plan monitoring and evaluation tool defunct during plan period』

 https://kuenselonline.com/11th-plan-monitoring-and-evaluation-tool-defunct-during-plan-period/

効果的な監視と評価のプロセスは、国民総幸福委員会(GNHC)が国家開発目標を追跡する場合に制定すべきものです。

Royal Audit Authority は、3月 2日にリリースされた第 11次計画の実施について報告した中で、これを指摘しました。

RAAは、国家開発目標を達成するために、GNHCが 5年間の計画とプログラムを計画、調整、監視することが義務付けられていると述べました。

また、政策、計画、プログラム、および活動の影響を評価および評価して、国家開発の目標および目標の達成に向けた進捗を確認することも義務付けられています。

委員会は、国家監視監視システム(NMES)を設計して、計画監視システム(PLaMS)、複数年ローリング予算システム(MYRB)、

公共支出管理システム(PEMS)などのシステムを統合し、リアルタイムの監視および評価を提供しました第11期計画のプログラムと活動の実施。

 

(4)

朝日新聞 3月7日

『レッサーパンダ「遺伝的に2種いる」 中国科学院が報告』  https://digital.asahi.com/articles/ASN3732RWN35ULBJ014.html?_requesturl=articles%2FASN3732RWN35ULBJ014.html&pn=4

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・7掲載):新型コロナウイルス、無償資金協力、知的財産尊重、巡査募集に応募多数、廃棄物と戦う、TV番組情報、アプリ「斜メリコメンド」、

 

(1)

ブータン初の新型コロナウイルス患者

首相記者会見:(ライブ動画)https://www.facebook.com/PMOBhutan/videos/240945076944156/UzpfSTEzMzk3MjUxNjYxNzI2MDozMzQzOTYwNTcyMjg1MDg5/ 

手洗いソング: https://www.youtube.com/watch?v=_6j5oRDy5bM&feature=youtu.be(動画) 

クェンセル: https://www.facebook.com/140918395943068/posts/3093220767379468/?d=n

 ティンプー、パロ、プナカのすべての学校と研究所は、コロナウイルスを制御する手段として、今日から 2週間閉鎖されます。 

クェンセル: https://www.facebook.com/140918395943068/posts/3093232454044966/?d=n 本日予定されている議会は延期されました。 

クェンセル: https://twitter.com/KuenselOnline/status/1235806558711214082 ブータン航空は今後14日間すべてのフライトを一時停止します 

RTA: https://www.facebook.com/91896289943/posts/10151314699139944/?d=n

 ブータン首相官邸 - PMO によってコロナウイルス(Covid-19)の最初のケースが確認されたため、

 RTAの経営陣は、繊維博物館と織物センターが今後2週間閉鎖されることを一般大衆に知らせたいと考えています。  

The Bhutanese: https://twitter.com/thebhutanese/status/1235744255278080003 ブータン最初の COVID - 9 ケース  

The Bhutanese: https://twitter.com/thebhutanese/status/1235766569436839937 ティンプーのフェイスマスクと手指消毒剤のラッシュ。

 これまでのところ価格は上昇しておらず、買い手ごとに 20枚のマスク購入制限が与えられています。 

クェンセル: https://twitter.com/KuenselOnline/status/1235777215654215683 パニックにならないように政府が促しているにもかかわらず、人々はフェイスマスクと消毒剤入手を急いでいます  

BBS: https://www.facebook.com/bbsnews/posts/3343931032288043?__xts__[0]=68.ARDNuUE6qQ-ed5n0QDIOKgGmaqnKEAM6x4rbwOUrjoo4pbD9BCU6b0oMKyzZIaWsgS7JUbPyNd1B40AVRvFRk3hOJJUrbjHECW9pL93_ROI72c8RBQZXExOqMVS3_Ckn212HBbHDXltfJLDqLguHmV2fbDKdxKkvlwQg996CI5GOqK2KnotbDM2Pr0Dg0rKHz5bKvZEj4CzFS5XowkBuPG2A4htp0zzor3BkMgEhj02QC84HD0jOcUDn_3O1vHZljoDnTs5vLQNJB4F4gVk6A985Lna_BUic8YRsstw1vI3axz56239b1Tc4LxV5N_b9irMm6i0gjdwcmDymX7JWQvXX7g&__tn__=-R

 COVID-19 陽性事例に続いて、消毒剤とフェイスマスクの購入を急ぐ人々。  価格の上昇に遭遇した場合、消費者保護局#1214に苦情を申し立てることができます。 

Inside Bhutan Facebook : https://www.facebook.com/insidebhutan/photos/a.611720982282153/2812072978913598/?type=3&theater

 院内感染! 不必要に病院を訪れることは避けてください。  院内感染(HAI とも呼ばれる)は、創傷感染、インフルエンザ、肺炎などの病院環境内で感染する感染症です。

 感染は通常、医療従事者、感染患者、病院の機器、または介入手順によって発生します。 おげんきで!  冷静さを保つ!

 

在ブータン日本国大使館

【緊急】ブータンにおける新型コロナウイルスに関する注意喚起(その1:陽性事例の確認,航空会社の運行停止等)

  https://www.in.emb-japan.go.jp/PDF/20200306_Bhu_Coronavirus_(1).pdf

 ●3月6日,ブータン政府は,ブータン国内において新型コロナウイルスの陽性事例が1例確認されたことを発表しました。

 ●ブータン政府によると,ブータン民間航空局から航空会社に対し,ブータンへの観光目的の渡航者の搭乗を

  14日間制限するよう指示が出されているとのことです。

 ●これを受け,ブータン航空(Bhutan Airlines)は本日からフライトを停止するとのことです。

  ドゥルック・エアは現時点では引き続き運航していますが,今後については未定としています。

 ●現在ブータン滞在中の方は,出国は可能とのことですが,出国を希望される方は,出国手段につき航空会社に御確認ください。

 

 在留邦人,ブータン旅行中もしくはブータン訪問予定の皆様におかれては,引き続き最新情報の入手に努めてください。

  また,ご自身や周囲の人の感染予防のため以下の点にご注意下さい。

 (1)アルコール系手指消毒薬または石鹸と流水による手洗いを頻繁に行う。

    目,鼻,口などに触れる前に手洗いをする。

 (2)マスク等の確保に努め,咳やくしゃみがあるときはマスクを着用して鼻と口を覆う。

    マスクがない場合は,咳やくしゃみのときに口と鼻をティッシュなどで覆い,手洗いを行う。

 (3)不特定多数の人と密閉された屋内で会うことを可能な限り避け,体調不良のときは外出を控える。

 

 (お問い合わせ先)

   在インド日本国大使館

   電話:+91-011-4610-4610(代表)

   email:jpemb-cons@nd.mofa.go.jp

 

在ブータン日本国大使館

【緊急】日本における新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の抜本的強化について

 ●3月5日,新型コロナウイルス感染症対策本部で「水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置」が決定されました(3月6日関連閣議了解)。

 ●本件措置のうち,在留邦人の皆様に関連する主要点は以下のとおりです。日本への帰国等の際には必ず最新情報をご確認ください。

 ●コロナウイルス関連情報は,領事メール,大使館HP及びブータン関係当局から,最新情報をご確認ください。

 

  3月5日,新型コロナウイルス感染症対策本部で「水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置」が以下のとおり決定されました。

 本件措置は,諸外国で新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中,今が正念場であり,感染拡大を防止するため,

国内対策はもとより機動的な水際対策についても,引き続き躊躇なく断行する観点から実施されるものです。

 

  本件措置のうち,特に「2 検疫の強化」については,中国(香港及びマカオを含む。以下同様。)及び韓国から入国される日本人の皆様も対象となるところ,

ご注意ください。

 また,「3 航空機の到着空港の限定等」についてもよくご確認ください。

 ***

 水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置

 1 入国拒否対象地域の不断の見直し(法務省)

 韓国及びイランに対して包括的な入国禁止措置の適用を可能とし、韓国及びイランのそれぞれの一部地域(注)を追加指定。

 (注)韓国:慶尚北道慶山(キョンサン)市、安東(アンドン)市、永川(ヨンチョン市、漆谷(チルゴク)郡、義城(ウィソン)郡、

星州(ソンジュ)郡、軍威(グンウィ)郡

 イラン:コム州、テヘラン州、ギーラーン州

 

 2 検疫の強化(厚生労働省)

 中国(香港及びマカオを含む。以下同様。)及び韓国からの入国者に対し、検疫所長の指定する場所で14 日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請。

 

 3 航空機の到着空港の限定等(国土交通省)

 (1)航空機:中国又は韓国からの航空旅客便の到着空港を成田国際空港と関西国際空港に限定するよう要請。

 (2)船舶:中国又は韓国からの旅客運送を停止するよう要請。

 

 4 査証の制限等(外務省)

 (1)中国及び韓国に所在する日本国大使館又は総領事館で発給された一次・数次査証の効力を停止。

 (2)香港及びマカオ並びに韓国に対する査証免除措置を停止。

 

 5 水際対策に関する日中韓を始めとする国際協力の強化

 

  上記1.の措置は、3月7日午前0時から当分の間、実施する。ただし、実施前に外国を出発し、実施後に本邦に到着した者は、対象としない。

  上記2.〜4.の措置は、3月9日午前0時から3月末日までの間、実施する。右期間は、更新することができる。

 

 また,上記2 検疫の強化に関連し,中国や韓国経由で日本に入国する場合は上記2の措置の対象となりますところ,厚労省からの本件に関する以下のメッセージをご紹介します。

 ○3月9日(月)午前0時から、まずは3月末日までの間、検疫の強化を開始する。

 ○具体的には、日本へ入国した後、14日間、検疫所長が指定した場所に待機することが要請されることになる。

 ○この期間中に日本へ帰国することを検討している在留邦人におかれては、新型コロナウイルス感染症にかかる日本の水際対策の強化の必要性についてご理解いただき、

上記の日本政府の取組にご協力いただきたい。

 ○なお、当該措置によって必要となる宿泊施設や交通機関のキャンセル料は(国から補償されることはなく)すべて自己負担となるので、あらかじめご留意いただきたい。

 

 (関連情報のホームページ)

 ホームページ: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 詳細ページ: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00098.html

 

 (上記に係る連絡先)

 国内の方向け 0120−565653(フリーダイヤル)

 国外の方向け

 0120−485―188(日本語)

 +81−3−3595−2176(英語)

 

  なお,ブータンにおける新型コロナウイルス関連情報は,領事メール及び当館HPで累次お伝えしているとおりです。

  また,他国に渡航される際には,新型コロナウイルス感染症を受け,各種入国制限等を導入・強化している国・地域が増えているところ,

必ず渡航先政府の最新情報を事前にご確認ください。

  なお,日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限については,以下のHPにとりまとめています。

 

  新型コロナウイルスの感染・疑いがある旨診断された場合は,当館まで御一報願います。

 

  渡航先における情報を迅速に入手するためにも,「たびレジ」が大変便利です。第三国へ渡航の際は,

下記のリンクから訪問先の「たびレジ」登録をよろしくお願いいたします(⇒https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html)

 (参考:各種情報が入手できるサイト)

 新型コロナウイルス感染症対策本部(第17回)資料

 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020305.pdf

 査証の制限についてのご案内(外務省HP)

 https://www.mofa.go.jp/mofaj/page1_000848.html

 日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

 

 外務省海外安全ホームページ

 https://www.anzen.mofa.go.jp/

 厚生労働省ホームページ:新型コロナウイルス感染症について

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 首相官邸ホームページ:新型コロナウイルス感染症に備えて

 http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

 在ブータン日本国大使館ホームページ

 https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/ja/index.html

 

 (お問い合わせ先)

 在インド日本国大使館

 電話:011-4610-4610(代表)

 email:jpemb-cons@nd.mofa.go.jp

 

AFPBB News 3月7日3時48分

『新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(7日午前2時時点)』 https://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3272052/

  初の感染者が確認された国・地域はセルビア、バチカン市国、スロバキア、ペルー、トーゴ、パレスチナ自治区、ブータン。

 

(2)

外務省 3月6日 10時時点

『入国後に行動制限措置がとられている国・地域(53か国/地域)』

 ブータン:新型コロナウイルスが発生している国への渡航歴のある者で疑わしい症例の定義を満たす場合には,ブータン到着時から14日間隔離する。

 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html#Bhutan

 

(3)

在ブータン日本国大使館 3月5日

『令和元年度対ブータン無償資金協力に係る交換公文署名式及び 草の根・人間の安全保障無償資金協力に係る贈与契約署名式の実施』

 https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/11_000001_00003.html

 

(4)

知的財産を尊重した創造的で革新的な文化の育成

BBS 3月5日 『Fostering a creative and innovative culture- respecting intellectual property』 http://www.bbs.bt/news/?p=129203  

知的財産権や知的財産権を尊重する文化を知っている、または持っている人は多くありません。

そのため、知的財産に関する認識レベルを高め、知的財産の登録について個人や企業を教育するために、ジグメ・シンゲ・ワンチュク・ロースクールは、

今日終了したティンプーで 2日間の知的財産に関するワークショップを開催しました。

 

(5)

警察巡査の仕事を魅力的にするもの

クェンセル 3月5日 『What makes police constable job attractive』 https://kuenselonline.com/what-makes-police-constable-job-attractive/  

ブータン王立警察(RBP)は先月、巡査の 200人の空席を発表しました。役人は、1,640人という記録的な数の若い男女がこのポストに応募していることに圧倒されています。

RBPは、ギャルソン・プロジェクトのトレーナーとして必要な巡査の代わりに、主に 100人の男性と 100人の女性を望んでいました。 833人の女性と 807人が 2人の大卒を含む仕事に応募しました。

発表された最低限の教育資格は、クラス Xであり、クラス Xを無事に修了した人です。2人の大学卒業生を除いて(1人は退学)、数百人のクラス XII 卒業生がこのポストに応募しました。

 

(6)

増え続ける廃棄物と戦うブータン廃棄物戦士

Southasian Monitor 3月5日 『Bhutanese Waste Warriors to battle mounting waste』 https://south-asian-monitor.com/public/en/bhutan/bhutanese-waste-warriors-to-battle-mounting-waste

浪費の問題が、考え方や行動の変化を通じて勝利する戦争である場合、Waste Warriors(WW)はここで戦いの準備をしています。今回は、学校が主導権を握っています。

最初は、ロベサ中学校の教師、WW、学校ベースの廃棄物管理システムによって始められ、原因を提唱しています。

WWの創設者である Sonam Norbu は、マインドフルな廃棄物管理システムと、一貫した個々の行動と持続可能なライフスタイルによる廃棄物ゼロによる気候行動を信じています。

このイニシアチブは、国内の学校や大学で人気を集めており、国王陛下 40周年記念に捧げられています。イニシアチブの一環として、WWは来月全国規模の道路清掃キャンペーンを開始します。

「クリーンで緑の道路による気候変動対策」をテーマにしたこのイベントは、ブータンの少なくとも200の学校を巻き込み、

少なくとも 1500 kmの道路を清掃することを目指しています。100以上の学校がイベントに登録しています。

 

(7)

TV番組情報

『世界秘境探訪:ブータン』

 3/9 (月) 10:00 〜 11:00 CNN/US(Ch.567)  3/9 (月) 13:00 〜 14:00 CNN/US(Ch.567)

 インドと中国間のヒマラヤ山脈に位置する、ブータン。 「国内総生産(GDP)より国民総幸福量(GNH)」を国の理念に掲げる この国を訪れ、人々の暮らしぶりを紹介。

 

『孤独のグルメ Season 5#8』

 3/14 (土) 10:00 〜 10:45 チャンネル銀河(Ch.664)  3/14 (土) 10:00 〜 10:45 チャンネル銀河(Ch.305)

【東京都渋谷区代々木上原のエマダツィとパクシャパ】五郎(松重豊)は世界一トウガラシを使うブータン料理に挑む

 2015年  https://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume5/backnumber/backnumber08.html

 

(8)

産經新聞 3月6日

『JICA オープンイノベーション企画:組織の枠を越えSDGsの実現に向けた共創を!タジキスタンチームが最優秀賞とオーディエンス賞をダブル受賞!』

 https://www.sankei.com/economy/news/200306/prl2003060593-n1.html

ブータンチームは、「幸せの国」で実は最も幸福度の低い農家の人々の収入向上のため、

斜面の多いブータンで農業を効率化するためのアプリ「斜メリコメンド」を開発することを提案し、「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)賞」を受賞しました。

『斜メリコメンド』 「幸せの国」で最も幸福度の低い農家の収入向上のため、斜面における農業効率化のためのアプリを開発するアイデア。

斜面を見て最適な作物を提案できる農業専門家の暗黙知を、衛星データ等を用いて形式知化し、斜面を撮影する(写メる)と画像を解析、作るのに最適かつ栄養豊富で売れる作物を提案。

バイヤーや他の農家とのマッチング支援機能も備えることで、流通や情報交換も支援し、ラストマイルの農家まで情報を伝えることを目指す。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・6掲載):ブータン初の新型コロナウイルス患者

 

(1)

BBS  『首相府プレスリリース』 https://www.facebook.com/133972516617260/posts/3343627608985052/?d=n

 

(2)

ブータンで最初の COVID-19 患者が確認されました!  Inside Bhutan 3月6日 https://www.facebook.com/567789670008618/posts/2811902945597268/?d=n

  (以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

COVID-19 の陽性例が 3月 5日午後 11時にブータンで確認されました。結果は、今日の午前 12時 30分に検証されました。

患者は、旅行者としてブータンに来ていた 76歳のアメリカ合衆国出身です。3月2日にインドのグワハティから Drukair 便 KB241 に乗り込んだ後、彼はパロ国際空港から入国した。

 

国家準備および対応計画、および実施されている運用手順を遵守して、すべてのフォローアップ活動が直ちに開始されました。

国王陛下は、保健省から一晩中チームが運営されているため、個人的に対応戦略の実施を監督しました。患者は 2月 21日から 3月 1日までインドを旅行していました。

彼は 2月 18日にワシントンDCから旅行を開始しました。患者は 59歳のパートナーと一緒に旅行していました。

 

パロ国際空港で、患者の健康申告書が評価されました。彼はすべての条件に対して「負」を示していました。彼には発熱の兆候はありませんでした。

しかし、午後3時ごろにティンプーに到着すると、彼は JDWNRH の医療 OPD を訪れ、腹部膨満(消化不良症状)と吐き気を訴えました。

患者は慢性高血圧を患っており、投薬中です。しかし、その時でさえ、彼にはインフルエンザの症状はありませんでした。

 

患者と彼のパートナーは、最初の夜にルメリディアンに滞在しました。翌日、彼はほとんどの時間屋内に滞在し、胃の不調と下痢のために午後3時半頃に再び病院に行きました。

翌日、彼はお茶と昼食のために 2つの停留所でプナカに旅行しました。彼はデンサブティックリゾートに滞在していました。その夜、彼はプナカ・ゾンの隣のバザムまで歩いて、部屋に戻りました。

 

昨日、ティンプーに戻って、彼は再び JDWNRH を訪れました。彼は発熱、のどの痛み、咳、息切れがあることがわかりました。

彼はインフルエンザクリニック(COVID-19病院と指定)で監視下に置かれ、サンプルが収集され、疾病管理センター(RCDC)に送られました。

確認後、彼は COVID-19 病院で隔離されました。年齢と基礎疾患を考慮して、患者は酸素サポートを受けています。

 

連絡先のトレース

プレスリリースの時点で、90以上の連絡先が追跡されています。保健当局およびその他の関連機関は、原発性疾患の管理と接触者追跡を実施中です。連絡先の追跡は、患者の旅程に従って開始されました。

パロ空港からティンプー、プナカ、そして帰路に至るまで、彼はすべての地点で関わり、途中で立ち止まった人々を含んでいた。

これには、Druk Wangya Caf でのティーストップ、Punakha High School 公園でのランチが含まれていました。

 

密接な接触者は、彼のパートナー、ドライバー、ガイドでした。 3人はすべて無症状ですが、指定された COVID-19 病院で隔離されています。

8人のインド人乗客も検疫されました。政府はインド大使館と緊密に協力しています。

保健省は、特定のフライトの 4人の乗組員と、ルメリディアンとデンサブティックリゾートの両方のホテルスタッフに「自宅検疫」を依頼しました。

つまり、家にいて家族などの人との距離を保つ必要があります。すべての疑いが排除されるまで、保健当局は各家庭ですべてのサービスを注意深く監視し、提供します。

 

対応計画

COVID-19 の最初に確認された症例の検出により、国家準備と対応計画に従って、国は「オレンジ」ゾーンに足を踏み入れました。

ゾーンは、2次伝送のない 1つ以上の隔離された確認済みケースを持つものとして定義されます。

これは「中程度の混乱」と呼ばれ、政府は確認された症例を隔離し、容疑者を隔離し、影響を受けた地域の学校、施設、集会の閉鎖を実施しなければなりません。

 

3つの県の学校と研究所の閉鎖

対応計画に従って、政府はティンプー、パロ、プナカの学校と研究所の閉鎖を 3週間から 2週間にわたって発表します。

期間は、主な感染源からの感染にかかっていた人々がそれまでに本格的な感染症を発症するであろうと述べている健康勧告に従って維持されています。

親は子供の健康状態を注意深く監視することをお勧めします。懸念がある場合、両親は保健当局に連絡するよう求められます。

 

観光客の一時的な制限

政府は、すべての旅行者に 2週間の制限を課し、すぐに効果を発揮します。これは、厳密な監視、感染源の評価、および状況の緩和を可能にするためです。

さらに、2週間以内に国内で開催されるすべての国際会議およびセミナーも延期されます。政府は 2週間後に状況を評価し、それに応じて制限を決定します。

 

一般へのアドバイス

保健省は、状況に関する定期的な更新を提供します。 人々は、良好な個人衛生を維持し、集まることを避け、検疫およびその他の管理手段に従うことをお勧めします。

首相はまた、状況に関する人々を更新するために、午前 9時から 9時 30分までの間にブータン放送局ラジオに出演します。

 

保健当局の連絡先の詳細:

1.チェンチョ・ドルジ博士17296890

2. Rixin Jamtsho氏、17606098

3. Kesang Dorji博士、77232566

4. Dorji Tshering博士、17517821

5. 17280808博士Phub Tshering氏

6. Tandin Zangpo博士、17828860

7. Ugyen Wangdi博士、17733500

8. Tshokey博士、17589485

9. Thinley Pelzang博士、77391619

10.ペルデン・ワンチュク博士、17827843

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・6掲載):原丈人氏、『新政界往来3月号』、フードトラック、ルナナのポニーチャージ増額要求、ブータンつれづれ47、明日(土)のTV番組、ダクツォ訪問、

 

(1)

原丈人氏

前ブータン王国名誉総領事館HP 『3月4日 日本財団会長 笹川陽平氏のブログより - 原丈人様とブータン王国について-』 http://bhutan-consulate.org/news/202003_3/index.html

 

(2)

『新政界往来 3月号』 http://shin-seikaiourai.jp/pdf/202003.pdf  p.10 〜 p.11 に「ブータン人留学生問題」への言及有り

    

(3)

ブータンで初めての種類の食べ物

DAILY BHUTAN 3月4日 『Food on Wheels- First of its kind in Bhutan』 https://www.dailybhutan.com/article/food-on-wheels-first-of-its-kind-in-bhutan

  (以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

世界最大のファーストフードレストランチェーンはブータンには存在しません。マクドナリジオンと世界の食物連鎖は、ブータンの小さなヒマラヤ王国をまだ征服していません。

Mc Donald、KFC、Burger King、Subway、Starbucks、およびその他の多くの食料品などの世界有数の食品フランチャイズは、地元で作られた食品やスナックに置き換えられています。

時間の経過とともに人々のライフスタイルが変化し、コンチネンタル料理への欲求が急速に高まっているため、タイ料理、中華鍋、日本の寿司、

バーベキュー、エスニックフュージョン、パニーニ、オーガニック、飲み物が高級レストラン、ビストロ、ティンプータウンのカフェが生まれています。 

時間がたつにつれて、実際には首都に多くのカフェが出現し、ティンプー全体の図書館よりもカフェの数が多くなっています。

今日、いくつかの企業が Pie Wheels4Meals や Dish @ Door のような玄関口で食べ物を配達しています。

Purba 25という名前のカップルと 29歳の夫の Ugyen Jatsho 氏は、新しいビジネスチャンスを得ました。

モバイルフードビークルに関する市場のセグメンテーションと検証を調査した結果、顧客に食べ物を提供する独自の方法、つまり車輪に食べ物を提供する方法を発見しました。

モバイルフードトラックビジネスは、既存のレストランの販売を拡大したり、食品業界に参入したりするのに最適な方法です。

フードトラックは伝統的にサンドイッチ、ホットドッグ、アイスクリームなどの単純な運賃に関連付けられてきましたが、今日のフードトラックビジネスはグルメの宝庫になりました。

今日、レストランのフードトラックは、Kung Pao Chicken からグルメカップケーキ、スモークバーベキューリブまで、あらゆる種類の料理と料理を提供しています。 

フードトラックの設置は、所有者にとって公園内を歩くことではありませんでした。

2018年、夫婦は免許を取得して処理し、1年半以上後にティンプーゾンカグから事業免許を取得し、国内初のトラックオンフードを製造しました。

彼らはデザインをカスタマイズし、忙しい場所でクライアントに直接調理して販売するためのフードトラックを組み立てました。

トラックは主に Sangaygang で発見されていますが、首都を移動することはほとんどありません。

起動コストが低く、機動性が高いため、農村部、結婚式、またはその他のプライベートパーティーに参加できます。所有者は、フードトラックの場所を実験しています。 

彼らの使命の 1つはまた、雇用機会を創出することであり、今日ではフードトラックの所有者は 3人の若者を雇用しています。

このユニークなサービスの創設者は、会社から得た利益の 10%を再び老齢の孤児に寄付することも約束しました。

Food on Wheels の導入により、ブータンの西洋料理の概念の存在をめぐり、ごみ処理を奨励しているというブータンの人々はほとんどいません。 

しかし、多くの人々は車輪のビジネス上の食べ物に興奮しています。新しいスタイルの飲食店は、ブータン人の間で西洋料理と美食体験の文化に基づいた知識にのみ貢献します。

今日、フードトラックは最も人気のあるレストランのコンセプトの1つです。レストランと比較して、彼らは低い起動コストと低いオーバーヘッドを提供します。

ただし、フードトラックは依然としてビジネスであるため、成功するには勤勉と献身が必要です。

 

(4)

ルナナはポニーチャージの増額を望んでいます  BBS 3月4日 『Lunana wants an increase in the pony charges』 http://www.bbs.bt/news/?p=129150

ガサ県のルナナ地区は、運賃が低いため、公式の輸送作業にラバを割り当てているときに問題に直面しています。この問題は昨日、Gasa Dzongkhag Tshogdu(ガサ県議会)で提起されました。

地元のリーダーは、それが彼らの日々の仕事を妨げるので、最も早く対処される必要がある地区の重大な問題の 1つになったと言います。

ルナナ・グループは、地元の人々が現在の公式運賃に満足していないため、ラバ輸送の料金を引き上げる時間になったことを下院に通知しました。

この問題は、第 2地方自治体の第 4ゾンカグツォグドゥ(県議会)以来数回提起され、議論されてきたが、これまでのところ肯定的な結果に到達していないと言います。

 

(5)

平山雄大さんのブータンつれづれ(第47回)  「おしゃれイズム in おしゃれタウン」 http://bhutan.fan-site.net/piyosann.htm

 

(6)

明日(土)のTV番組 『JUDO 第71回 ブータン柔道・後編』 3月7日(土) 18:30〜18:55  BSフジ  後編再放送:3月14日(土) https://www.bsfuji.tv/judo/pub/index.html

   番組詳細

  幸せの国・ブータン王国。この国にも柔道が普及している。   教えるのは海外青年協力隊の柔道指導員として、現地へ赴いている歌代勇祐氏。

  「実業団で続けるほど強くないけど、柔道には関わりたい」と志願してやって来た。 学校にあるブータン唯一の道場で、子供から大人まで柔道を教えている。

  その指導法やブータンにおける柔道の歴史など、2週に渡り紹介するブータン柔道、2週目。

 

(7)

ダクツォ障害者職業訓練所(http://www.draktsho-bhutan.org/)訪問 久保田あずさ UNDP代表 Twitter  https://twitter.com/AzusaKubota/status/1234516162559561732

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・5掲載):野良犬の家庭飼育促進、ブータン事情、マイクロファイナンス、労組、パロ空港のCOVID-19監視、供与式、

 

(1)

政府は野良犬の家庭飼育を促進する方法を探る

クェンセル 3月3日 『Govt. explores ways to encourage stray adoption』 https://kuenselonline.com/govt-explores-ways-to-encourage-stray-adoption/ 

野良犬の家庭飼育が野良犬の数を減らすための成功物語となる場合、先週の記者会見で首相は言った。

2月 21日、首相は、この動きはブータンが国王陛下40周年を記念して贈呈する活動の 1つであると発表しました。 「すべてのブータン人が個別に恩返しをする機会です。」

現在のところ、アイデアを具体化する堅実な戦略はありませんでしたが、野良犬の家庭飼育には複数のアプローチが必要になると、首相は言いました。 

参考:「幸せの国」ブータン王国に学ぶ野犬対策(日本語):http://tokyoinuneko.com/category/detail.html?no=1302&c=WEB

 

(2)

ブータン事情  諸橋さんTwitter  https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1234798518662905858

ブータンの LGBT に関わる刑法 213条・214条改正問題。この記事が簡潔に背景を説明しています。

以前も触れましたが、この問題がブータンの国会で公に議論されたという一点のみでも、実に歴史的・画期的な変革です。

(クェンセル 2月29日 https://kuenselonline.com/na-and-nc-at-loggerheads-lost-in-definition-of-s-213-and-214/) 

個人的には、前・与党PDPの数少ない功績として、ブータン社会の多様化はやはり強調したいです。

LGBT やその団体にとって社会内での活動幅が広がったのは、明らかに PDP政権の時です。現在の展開は、その延長線上にあります。 

PDP は開発志向政党で環境負荷が大きい政策を採りがちだった一方で、意外と人権問題にも関心がある政党です。

与党の立場で「父なき子」問題を取り上げたのは、やはり評価すべきとおもわれます。逆に現与党の DNTは、人権問題にはあまり関心が無く、「父なき子」では問題化に否定的ですらあります。 

参考:LGBT Bhutan Facebook:https://www.facebook.com/LGBTbhutan/ <http://www.facebook.com/LGBTbhutan/>

 

(3)

農家は融資の恩恵を受けていませんでした

クェンセル 3月3日 『Farmers didn’t benefit from loans』 https://kuenselonline.com/farmers-didnt-benefit-from-loans/

2014年から 2018年までの同国のマイクロファイナンスのパフォーマンス監査では、総融資の約 5パーセントしか農業開発に充てられていないことが明らかになりました。

昨日発表された監査報告書は、マイクロクレジットの分配と貧困発生率との間に明確な関連性はないと述べた。

ダガナやシェムガンなどの県は貧困率が高いが、MFI(マイクロファイナンス機関) からの融資の割合は比較的低い。

一方、パロ、プナカ、ティンプー、ワンデーは貧困の発生率は低いが、ローンの割合が高い。

「この数値は、マイクロファイナンスの分布と貧困発生率の間に一致がない理由を必ずしも示しているとは限りません。しかし、

それは貧しい人々が利用していないマイクロファイナンスの強い兆候です。」

 

(4)

日経新聞(朝刊) 3月3日 『連合傘下にミャンマー人労組 多様な働き方目配り』 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56332890T00C20A3MM8000/  

           連合が2月に開いた集会には外国人も招かれた(2月、東京都千代田区)

 

紙面続き(電子版)

 きめ細かな情報共有もしやすくなる。 組織率の低下に悩む労組にとっても外国人の加入は追い風だ。

 厚労省によると労組の推定組織率は1949年の55.8%をピークに減少傾向で、19年は16.7%にまで落ち込んだ。

 19年6月時点での組合員数は1009万人で5年連続でプラスだが、雇用者数ほどには伸びていない。 

 かつて「正社員クラブ」とも批判された労組は00年代から、非正規労働者の組織化を本格的に進めてきた。

 外国人労働者も非正規が多いとみられるが雇用慣行が異なるなど働き方の面で労使間の食い違いが生じやすいとされる。

 外国人の労組参加が増えれば、企業も人事制度などで新たな知恵が求められることになる。

  

(5)

COVID-19を防止するための監視の強化

BBS 3月4日 『Strengthening the surveillance to prevent COVID-19』  http://www.bbs.bt/news/?p=129144(動画有り)  

より多くの国でコロナウイルス(COVID-19)症例の報告が増えているため、政府はサーベイランスをさらに強化することを決定しました。

首相官邸の公式 Facebook ページによると、追加の焦点は早期発見、封じ込め、臨床管理です。月曜日、首相が議長を務める国家災害管理局は、

世界の公衆衛生上の緊急事態の予防およびその他のメカニズムに対する国の取り組みをレビューするために会合を開きました。

 

(6)

在ブータン日本国大使館

『平成30年度対ブータン草の根・人間の安全保障無償資金協力 「トンサ県及びモンガル県パトカー整備計画」供与式の実施』

 https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/11_000001_00002.html 

参考:案件概要:https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_001013.html

   BBS:2月29日『2 patrol cars from Japan to assist the police in efficient delivery of services during emergencies』:http://www.bbs.bt/news/?p=129024

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・4掲載):ブムタンの伝統医学施設、ボンデリンのオグルヅルの旅立ち、ブータン東部のすばらしい物語、

司法制度と慣行のレビュー、障害者の交通手段、優秀ドライバー、

 

(1)

ブムタンのすべてのゲオグ(地区)にある伝統医学施設 BBS 3月2日 『Traditional medicine facilities in all the gewogs of Bumthang』 http://www.bbs.bt/news/?p=129068  

昨日、ブムタンのタン地区で新しい伝統医学ユニットが発足したことで、県は4つの地区すべてに伝統医学施設を持っています。

ブムタンの伝統医学チームは、昨日から 3日間、60歳以上の人々に高齢者ケアも提供しています。

Tang 地区事務所の近くにある新しい医療センターは、人々が県政府にそのような施設の必要性を提起した後に設立されました。

Gewog BHUが新しい構造に移動したため、建物は約 1年間空いているため、施設は古いTang BHUに設置されています。

伝統医学関係者によると、Tang 地区は伝統的な医療を求めている患者の数が最も多い地域のひとつです。 

参考:ブータンの伝統医学(日本語):https://www.kyoto-bhutan.org/pdf/Himalayan/020/Himalayan-20-033.pdf

  :ブータン王国におけるチベット伝統医学と精神医学(日本語):https://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/contents/osakacu/kiyo/DBl0070009.pdf

  :ブータン伝統医学院模擬体験(日本語):https://blog.canpan.info/tadanori/archive/12

 

(2)

ボンデリンの学生は、 Saturda への出発を記念して、フェスティバルでオグロヅル・ダンスを行います

クェンセル 3月2日 『Bumdeling students perform a black-necked crane dance at the festival to mark its departure on Saturda』

 https://kuenselonline.com/an-official-farewell-to-black-necked-cranes/  

それは、タシンヤンツェのボンデリンでの別れの時です。バルコニーには、老いも若きも住む住民が、最後のツルが村を去るのを待っています。

訪問者が村の上に舞い上がり、輪になって丘の上に姿を消すと、子どもたちは「さようなら」と叫び、両親が鳥の安全な帰還を祈る。

祝賀会では、BNC保全の利点に関する議論も行われました。これは、2月 29日にボンデリンを去った 8羽の鳥の最後のバッチの公式の別れでした。

ボンデリン地区の村人は、長年コミュニティの一部となっているツルを見るために、素晴らしいゴーとキラに身を包んで到着しました。 

参考:ボンデリン鳥獣保護区(Bumdeling Wildlife Sanctuary:https://www.bhutan.travel/national-park/bumdeling-wildlife-sanctuary

   旧クロンチュー野生生物保護区を含むボンデリン野生生物保護区は、ブータン北東部の標高 1,500メートルから 6,000メートルの 1,520.61平方キロメートルをカバーしています。

   聖域は、ボンデリン地区を含む、タシヤンツェ地区のほとんどをカバーしています。聖域は 1995年に計画され、1998年に設立されました。

   

(3)

ブータン東部のすばらしい物語

DAILY BHUTAN 3月2日 『Amazing Stories from the Eastern Part of Bhutan』 https://www.dailybhutan.com/article/amazing-stories-from-the-eastern-part-of-bhutan

 (以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

朝のお茶にアルコール  東の人々は「シャーチョッパ」として知られています。 Sharshopas は、モーニングティーの代わりに「Bangchang バンチャン」と呼ばれる地元産のアルコールを飲みます。

特別な行事や祭りでは、ほとんどの人が伝統的なお茶の代わりにアルコールを飲みます。

数十年前、赤ちゃんが眠りに落ち、両親が畑で働く十分な時間を得るために、両親が赤ちゃんにアルコールを飲ませるという話があります。

ただし、この習慣はブータンで変化しています。国の遠く離れた地域の健康意識プログラムのために、農民はそのような慣行を思いとどまらせる。

 カラン(Kharang)- 人気の主食

ブータンの東部はトウモロコシで有名です。トウモロコシはブータン東部および中南部の主要な主要作物の1つです。 カランは粗く粉砕されたトウモロコシの顆粒です。

伝統的に、トウモロコシは、以前に説明したように、quern(ストーン・ハンドミル)で粉砕されます。トウモロコシのカランは通常、コメが不足している場所でコメと混ぜて食べられます。 

Bomena Practices

ブータン東部の田舎の習慣は、有機的にボメナと呼ばれる夜の狩猟で、男性と女性のパートナー間の求愛を可能にする方法でした。

多くの場合、少女は、彼女の親の知識で夜遅くに求婚者が来るために、窓やドアのラッチを外します。しかし、夜の狩猟の伝統は衰退の段階にあります。 

巡礼者の真夜中の求愛

タシヤンツェ地区にある、ゴムコラまたは Actually Gomphu Kora(ゴンプーは瞑想の場所、コラは回旋を意味する)と呼ばれる棚田に囲まれた非常に素晴らしい寺院です。

縁起の良い機会に、数百人の地元の人々が寺院を訪れ、奇妙なことに巡礼者は一晩中起きて、ラカンを迂回できるパートナーを見つけます。奇妙な! 

Omba Nye ミ ライオンの東の巣

Omba Nye は、ブータン東部のもう1つの宗教的なランドマークであり、人気のある聖地巡礼地です。それは偉大な仏教の聖者であるグル・リンポチェによって祝福されています。

洞窟はパロのトラの巣のような非常に急な崖の上に高く立っています。一つの間違った動きと巡礼者の人生は危険にさらされるでしょう。

また、近くには寺院、洞窟、宗教的に重要なさまざまな場所があります。Omba の村の中または近くにホームステイといくつかの良いキャンプ場があります。 

東からの最高の花嫁

美しいシャーチョッパの女性と謙虚なショーチョップの男性を魅了しようとしたことがありますか?東に行くならソウルメイトを探してみてください。

あなたは幸運になるかもしれません。ブータンでは、多くの求婚者が東部の女性と結婚することを望んでいます。

 

(4)

司法制度と慣行のレビュー  BBS 3月2日 『A review of the Judiciary System and Practices』 http://www.bbs.bt/news/?p=129065

2012年から 2016年にかけて国の司法制度と慣行を検討した結果、王立監査機関(RAA)は、他の分野に加えて、法的および制度的な枠組み、

人事、業務領域、およびケース管理に不備が続いていることを発見しました。RAAは、公正で公正かつ公正な司法を提供する司法の効率と有効性を判断するためにレビューを実施しました。

レビューレポートは本日、一般に公開されました。

 

(5)

障害のある人のためのスムーズな交通手段の促進 BBS 3月3日『Facilitating smooth mode of transportation for persons living with disabilities』 http://www.bbs.bt/news/?p=129106  

交通は、今日の国内の障害者が直面する主な課題の 1つです。 これは、障害のある人が集まって課題を共有し、土曜日に障害者をサポートするために必要な解決策を考え出すイベントで共有されました。

約 100人のタクシーオペレーターが、イベント中に障害のある人をサポートするために必要なスキルについてもトレーニングを受けました。

国連開発計画からの財政的支援を受けたブータン障害者協会およびブータン能力協会がトレーニングを実施しました。

 

(6)

Dupchu Norbu 氏は、本日、JICA本部のセキュリティ管理部門から優秀ドライバーの証明書 2019 - 2020 を授与されました。

Dupchu 氏は、世界中の 100を超える JICA事務所のドライバーから賞に選ばれた 19人のドライバーの一人です。 この活動は、道路での安全運転を促進するための JICAの取り組みの一環です。

Dupchu 氏の注意深い運転と旅行中の安全の維持に感謝します。 

JICA Bhutan Office Facebook

 https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/2599379276827207?__xts__[0]=68.ARBCm9O1vCxXRFrBRiibL1xV6MgyyzyOxo_dlzd6_Lf0Z_cwfTZaK-97-Y0F8Sti5eefa8KR9G0JJ3TxE-_BdbdULN_jgJAjCMCFGaDKOy0YWbDnD3h3BysSSYGOXyjv0811PsWIny1xy4rdfkvMdRImsZQ_ae52ukyzvXkyV64F_vrLsmbsscR0ND1Ai-cB9UEPlq5Ig0B99UOsM4gMx8VMD8pLQ3gWUqa0RedO6GMVEV0Wxi0Yq0HC3lAX7VRQjoYniVI2jJkH3MT131pQo-iO4AiALyLhsx7-G3f4Dj4OmEOfUzrlE1GGfsP_SmZbXGv4fvQuGFXnPRu685Wj1On-cQ&__tn__=-R(写真6枚)

 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・3掲載):一妻多夫婚、第14回雇用主ブランディング賞、ヤクの保護と開発のための協力、人口移動、機内誌『Tashi Delek』、

 

(1)

一妻多夫婚

DAILY BHUTAN 2月29日 『 Yak herders of Laya Highlands in Bhutan』 https://www.dailybhutan.com/article/one-woman-multiple-husbands-and-the-vanishing-practice-of-polyandry-in-bhutan(動画有り)

 (以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

世界のいくつかの地域で徐々に姿を消してきた昔からの慣習、ギリシャ語で「many・多」(多く)と「man・男」(アンドロス・勇敢な)を意味する一妻多夫は、文字通り 2人以上の夫を持っている女性を指します。

このまれでユニークな形式の結婚習慣は、何世紀にもわたっていくつかのコミュニティに存在していましたが、過去数十年でほとんど消えていきました。

しかし、ブータン、チベット、ネパール、特にヒマラヤ地域に住んでいる少数民族の間では、一妻多夫制が依然として実践されています。

 土地や食料などの資源が乏しい地域で最も起こりそうなこのシステムは、性別の不均衡の問題、つまり女性よりも男性の方が多いという問題に対処する方法として採用された可能性もあります。

興味深いことに、ほとんどすべての場合、存在していた一妻多夫制は、血縁関係のない男性が妻を共有する非兄弟一妻多夫制ではなく、兄弟姉妹型(兄弟が1人の妻を共有)でした。

 

ブータンで一妻多夫制を実践する理由

場所の遠隔性や耕作可能な土地の不足などの特定の地理的課題のために必然的に生まれた一妻多夫制の実践により、家族の富と土地を無傷で分割されないままにすることができます。

一人の女性が兄弟と結婚することは、彼らの子供たちがすべて牧草地と家畜の群れを相続することを保証する方法です。

逆に、すべての兄弟が別々に結婚し、子供、土地、その他の財産を分割しなければならない場合、これはリソースが不足している環境では非実用的です。

通常、長男の兄弟が世帯を支配し、すべての兄弟は共有された妻の平等な性的パートナーと見なされます。

ブータンでは、一妻多夫制はラヤの遠隔高地と、タシガン地区のメラとサクテンに住んでいるブロクパ族でまだ行われています。

 

ラヤは、地理的に孤立しているためにほとんどアクセスできないままであるため、兄弟の一妻多夫制を実践することで、兄弟たちの間で責任を分かち合うことができました。

「ラヤは遠く離れていて、山に隠れていました。部外者との結婚は軽視されました。小さく独立したコミュニティとして、信頼は重要でした。

多くの人が個々に自分の家を建てる余裕がないため、人々は一緒に暮らすことを好みました。そのため、複数の夫と結婚する習慣が一般的でした。」

兄弟間の一妻多夫制により、兄弟間でより良い職務分担が可能になり、一方は畜産を担当し、もう一方は農産物や物々交換のために他の村に旅行することができます。

 

ブータン東部のデチェン・ワンモは、兄弟である 2人の夫と結婚している数少ないブロックパ女性の 1人です。

「主な理由は、動物を飼育する必要があるハイランダーであるためです。最初は兄と結婚しました。しかし、それから私は老いた両親の面倒を見る必要がありました。

動物の世話をする人がいないので、弟とも結婚しなければなりませんでした。これまでのところ、私の結婚に問題はない」と彼女は言った。

結婚の儀式には、最年長の兄弟とすべての成人の兄弟のみが関係する場合があります。まだ年齢に達していない兄弟がいる場合、彼らは後に家計に加わるかもしれません。 

Thongra chiwog のラヤッパである Zam は、19歳で最初の夫と結婚しました。2年後、彼女は弟と結婚し、3人の子供が一緒にいます。

「私は両方を等しく愛しています。私たちの幸福の秘密は、夫を区別しないことです。私の夫の一人が山でヤクと一緒にいて、他の夫が家にいて家事を手伝います。」

 

一夫多妻制の消滅の実践

若者の教育水準が高くなると、男性は村を離れて他の場所でより良い仕事と機会を探す傾向があります。

メラの Phurpa Zangmo は、今日では一夫多妻よりも相互の同意と愛情に基づいた結婚が好まれていると感じています。

「私たちの両親はまだ伝統を生かしてほしいと願っていますが、私は違うと思います。ですから、彼らの願いをかなえることはできません。たとえ両親が手配しても、

この形の結婚は長く続きません。」高地居住者の生活水準の改善も、その有用性をやや長引かせた一妻多夫制の衰退のもう一つの要因です。

 

ブータンが観光への扉を開いたとき、ホームステイは過去とは異なり、高地住民にとって実行可能な収入源となりました。

規定の欠如により、一部のラヤップは複数のパートナーと結婚することを余儀なくされました。別の触媒的要因は、2003年の冬虫夏草収集の合法化です。

この有利な取引は、これらの高地居住者の経済的ダイナミクスを変化させ、より多くの女性がたった 1時間で解決するようになりました。

 

参考:『チベット族における兄弟型一妻多夫婚の形成理由の考察』 六鹿桂子(名古屋大学 大学院国際言語文化研究科 国際多元文化専攻 学術研究員)

    https://www.lang.nagoya-u.ac.jp/bugai/kokugen/tagen/tagenbunka/vol11/12.pdf

 

(2)

「第14回雇用主ブランディング賞」の一環として、ブータン観光協会は「ブータン最高の雇用主ブランド賞2020」を受賞しました。Employer Branding Awards は、人事の模範であり、

人事開発のためにマーケティングコミュニケーションを効果的に使用した BHUTAN のトップ組織とリーダーを表彰しました。

また、この賞は、才能の獲得、才能の保持、才能の開発および保持ポリシーにおいてマーケティングコミュニケーションを効果的に使用した組織を表彰します。

TCB Facebook

 https://www.facebook.com/destinationbhutan/posts/3438443132838823?__xts__[0]=68.ARDHE7QvS1LDHn0YCVkjnDpZrxuvRLVueqFTc_NQF1ufyXQ35CD_1iEfpKWK-Gm7lIof_6d-BGloAIx8hK1POgy43YD7cH1B-m0G92VgWtcQMxBSYwur07b0lI1qXldwEGkKIR0MNQ7K5u3pjCj4J4bX9uIpP8xAKuH0ecZ7gWV3RxKdLKLsyaJrU7osTjkA8Xg-wSrs2r31pydpAvQFDoW_9UCHrKPlOfHywimZACC2ymaHUcapJEdQ9ZASxdxAjUauiYqaQai8LL4jL1FwrrzJNRsJX3L7fBoJ8RsiPOgYZG3TD5YKn4LKPuWq8MjdYCnj4wQxBK-uim6eaiQRpohFKg&__tn__=-R

 

(3)

ヤクの保護と開発のための国境を越えた協力の促進

BBS 2月29日 『Promoting cross-boundary cooperation for conservation and development of Yak』 http://www.bbs.bt/news/?p=129027  

ヤクの保全と開発のための国境を越えた協力を促進するために、農林省の家畜部門は、昨日ネパールとシッキムに 2頭の最高品質のヤクを引き渡しました。

ヤクは繁殖標本としてネパールとシッキムに輸送されます。

 

(4)

農村から農村への人口移動は、農村から都市への人口移動よりも多い

BBS 2月28日 『Rural-rural migration tops rural-urban migration』 http://www.bbs.bt/news/?p=128984 

地方から地方への移行が内部移行のフローを上回っているので、農村部から都市への移行はブータンの内部移行の最大の流れではなくなりました。

National statics Bureau のレポートによると、最近の移民の 51%以上が農村部から農村部への移動であった。

ブータンの移住に対する懸念の高まり、特に農村地域の人口減少と急速な都市化の移住の影響を考慮して、国家統計局(NSB)は昨日、

ブータンの農村都市移動と都市化に関する報告書を発表しました。 レポートは、ブータンの 2017年人口および住宅調査に基づいています。

 

(5)

ドウルック・エアー機内誌『Tashi Delek』 https://www.zoomoutproduction.com/tashi-delek/

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3.2掲載):日本からのパトカー、5歳児PP入学問題、5回目の創立記念日、違法武器所持、

 

(1)

緊急時に警察が効率的にサービスを提供できるように、日本からのパトカー2台

BBS 2月29日『2 patrol cars from Japan to assist the police in efficient delivery of services during emergencies』 http://www.bbs.bt/news/?p=129024

在ブータン日本国大使館:https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_001013.html 

緊急時にサービスを効率的に提供するため、インド大使館の草の根プロジェクトに対する日本の無償資金協力は、今日、ロイヤルブータン警察に 2台のパトロール車を寄付しました。

パトカーの引渡し式は、今朝、ニューデリー日本国大使館の宮本経済公使と他の代表団の前で、モンガルのヤディ地域警察センターで行われました。

パトカーはトンサのLangthil コミュニティ・ポリスセンターに配備され、もう 1台はモンガルのヤディ・コミュニティ・ポリスセンターに配備されます。 2台のパトカーの合計費用は Nu 490万を超えました。

これまで、ロイヤルブータン警察は 2台の新しいパトカーを含む 12台のパトカーを受け取りました。日本政府は、国内の多くの分野で支援を行っています。

 

(2)

PP入学を逃した子供たちは来年試してみることができます:教育大臣

クェンセル 2月29日 『Kids who missed PP admission can try next year: MoE minister 』 https://kuenselonline.com/kids-who-missed-pp-admission-can-try-next-year-moe-minister/

 (以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

入学年齢の基準を満たしていたにもかかわらず、公立学校が就学前(PP)の座席を使い果たしたため、プンツォリンに住むケザン・デチェンは私立学校に息子を入学させました。

彼女の息子は 5歳 7か月です。ケザン・デチェンのように、多くの親には、公立学校の座席不足のために入学を逃した子供がいます。

多くは私立学校を選ぶ必要がありました。彼らは、入学年齢の方針と、追加の学生を受け入れる教育省の能力に疑問を呈しました。

しかし、教育相は、同省が学校のセクションを増やすことで、できるだけ多くの追加生徒を登録しようとしたと述べた。

昨日の記者会見中の大臣は、学校はまだ試してみましたが、追加の生徒全員を収容するのに十分なスペースがなかったため、選択肢がないと述べました。

圧力は主にティンプー、ゲレフー、プンツォリン、およびサムドルプジョンカルの都市部の学校で報告されましたが、

ほとんどの農村部の学校はまだ追加の生徒を受け入れることができます。推定約 7,000人の追加生徒から、学校での追加セクションが約 3〜5増加しているにもかかわらず、

学校は約 3,500人以上の生徒しか吸収することができなかったと大臣は語った。 これは、2020年の学術セッションに入学した約 13,000人のクラス PP学生に追加されるものです。

「政府が入学年齢を変更したとき、5年に達する子供が強制的に学校にいるべきであるという誤解があったと思う」とリヨンポは言った。

「年齢を下げたとき、十分なスペースや施設がない場合、追加の生徒全員を受け入れることは強制ではありません。」彼は、これらの生徒は来年学校に入学できると言った。

大臣は、両親が子供の生年月日を操作していたので、入学年齢を下げることは年齢を合法化することであると言いました。

しかし、2月 5日までに 5歳になることを学生に要求する省の基準のために、登録を逃したと訴える親もいました。大臣によると、2月 5日はギャルシー殿下の誕生日と一致していました。

「また、両親が生年月日を操作するのを避けるために、固定された日付が必要でした」。 

首相は、教育省が約560百万の費用で 153ユニットと 213の追加教師の追加インフラストラクチャの要件に関する詳細を提出したと述べた。

「しかし、追加の学生のプレッシャーは一度だけであり、来年から入学者が減ることを認識しなければなりません」と首相は言いました。

「それで、一度の必要に数百万を投資することは賢明な決定ではないでしょう。」 

首相は、一部の親は入院を逃すことを悲しむだろうが、来年は圧力が低下するであろうことを認めることができると述べた。

「しかし、本当に将来的に使用できる追加の教室を構築する必要がある場合は、戦略を立てることができます。また、急いで行きたくないので、

教師の要件に関しては総合的に取り組み、RCSCと話し合います。」首相はまた、政府が適切な研究や研究をせずに年齢を下げたと批判した人も多いと述べた。

「多くの人が 6歳の子供向けに設計されたシラバスをどのように研究できるかについて多くの人が疑問を持っていることを理解し、

同意しているが、決定は常識にのみ基づいていた」とリヨンチェンは述べた。 

「これらのシラバスが 6歳に最適であり、教育省と王立教育評議会(REC)が初めて子供のために学習することであると仮定したという文書はありません。」

首相は、クラス PPで学習することになっていることは、幼児教育と開発で実際に教えられると言いました。

「まだ、教育省とRECは、現在のシラバスが 5歳児にとって証拠がないと難しいかどうかを研究するよう求められた。」

「RECの関係者は、同じことを教えてもいいと言った。ですから、シラバスを変更する必要はありませんでした。」

政府は、2022年に開始される国民サービス(ギャルソン)プログラムに合わせて年齢を確保するために、入学年齢基準を引き下げることを決定しました。

 

参考:ギャルソン設立(2019年12月17日 ナショナルディ、国王陛下演説より抜粋)

   ギャルソン(国民奉仕)が 2022年から開始されます。 18歳に達する人々のために 1年間のトレーニングを行います。

1年間のトレーニングには、3か月間の軍事スタイルのトレーニングと、農業科学、起業家精神、コンピューターとコーディング、健康科学などの分野での 9か月のプログラムが含まれます。

   ギャルソンは方向性を提供し、私たちの若者が国に奉仕できる強力で独立した思想家になるよう奨励します。

   それはブータンの若者たちを経験を共有し、彼らの経済的または地域的背景に関係なく通過の儀式として行動させるでしょう。

   このイニシアチブにより、私たちは子供たちの肩に計り知れない責任を負わせ、子供たちを育て、 彼らの成功を確実にするために、私たち自身にさらに大きな責任を負わせています。

   今後、全国的な協議が行われ、人々が説明を求め、新しいアイデアや推奨事項を提案する機会が設けられます。

 

(3)

久保田あずさ UNDP代表 Twitter  https://twitter.com/AzusaKubota/status/1233738552514662400

Khesar Gyalpo University of Medical Sciences(https://www.kgumsb.edu.bt/)の 5回目の創立記念日に出席できたことを光栄に思います

医療家族で育った私は、医療従事者に対して常に最大限の敬意を払ってきました。

タシ・デレク!

  

(4)

違法武器所持の疑いでジャイガオン(インド)警察に拘留されている40歳の男性

BBS 2月29日『40-year-old man under Jaigaon police custody for alleged illegal possession of arms』 http://www.bbs.bt/news/?p=129016 

ブムタンの40歳の男性は、拳銃、弾丸、および少数の handset を所持している疑いで、インドのジャイガオン警察の管理下にあります。

彼は木曜日に逮捕されました。 ジャイガオン警察は彼の車も捕獲しました。情報筋によると、この男性はビジネスマンであり、ゲレフに住んでいます。

彼は昨日、訴訟手続のために Alipurduar 地方裁判所に連行されました。 

参考:Alipurduar(アリポードゥアー) 西ベンガル州のヒマラヤ山脈の丘にあるカルジャニ川の東岸に位置するこの都市は、ブータンとインド北東部への玄関口

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(3・1掲載):ご一家カレンダー、『JUDO 第71回』、血液検査サービス、スイカ生産、障害者のための歩道、

「ブータン政治事情・雑感」、ルブタンの大型展覧会、新刊案内、

 

(1)

ご一家カレンダー 

 

(2)

TV番組情報 『JUDO 第71回 ブータン柔道・後編』 3月7日(土) 18:30〜18:55  BSフジ 再放送:3月14日(土)

  

(3)

より高速で正確な血液検査サービス - Tsirang Hospital

BBS 2月28日 『Faster and precise blood testing services- Tsirang Hospital』 http://www.bbs.bt/news/?p=128944  

Tsirang District Hospitalは、新しい自動化された生化学分析装置を使用して、患者により迅速で正確な血液検査サービスを提供したいと考えています。病院は最近機械を受け取りました。

自動生化学分析装置は、血液検査を実行するために設計された医療検査機器であり、疾患の診断に役立ちます。この洗練された機械がなかった以前、病院はこの半自動光度計を使用していました。

また、保健当局によると、古い機械は時間がかかり、1日にわずかな血液サンプルしか採取できませんでした。 一方、新しいマシンは一度に 50の血液サンプルを検査し、結果を返すのに約 30分かかります。

  

(4)

Berti’s のスイカの背後にいる女性に会う - Zhemganag

BBS 2月28日 『Meet the women behind the Berti’s watermelon- Zhemganag』 http://www.bbs.bt/news/?p=128949(動画有り)  

スイカの大量生産からの良い収益により、ジェムガンのベルティの女性グループは、毎年希望を持ち続けています。

これに基づいて、今回も同様に、彼らはより多くを目指しています。 実際、彼らは生産量を増やしました。

   

(5)

さまざまな障害者のための歩道が完成

クェンセル 2月28日 『Footpath for differently abled completed』 https://kuenselonline.com/footpath-for-differently-abled-completed/  

プンツォリンの Godoe Lam の歩道の建設が完了し、さまざまな能力を持つ人々のための最初の友好的な歩道を町に与えました。

歩道には、緑と赤の舗装ブロックのカラフルな混合物があります。 黄色の触覚舗装は、カラーブロックを対称的に通ります。

触覚舗装ブロックの表面はテクスチャー加工されており、視覚障害者は杖を使ってそれを検出できます。

  

(6)

【ブータン政治事情・雑感】

諸橋さん Twitter  https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1233520561797713931 

INC(インド国民会議)がこのまま二大政党の地位を取り戻せず、衰退していくとなると、ブータンとしてはますます対印関係の調整が難しくなっていきます。

国王にしても INC(インド国民会議)とのパイプが重要な政治資源でした。BJP(インド人民党)とパイプを持つ政治勢力は現在のブータンでは見当たりません。

 

ドクラム問題(https://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20180122-00080720/)の発生も、インドが BJP(インド人民党)政権、ブータンが外交知識に全く欠け、

かつ、BJP(インド人民党)の宿敵 AITC (地域政党トリナムール会議派)の友党たる PDP(People’s Democratic Party、国民民主党 シンボルマークは白馬)政権という、

余りにも不味い取り合わせが根本的原因の 1つでした。互いに意思疎通が不十分でありながら、PDP(国民民主党)は対中国境交渉を漫然と進めてしまったのです。

  

(7)

ファッションニュース WWD 2月29日 『クリスチャン・ルブタンの大型展覧会がパリで開幕 ファンならずとも必見の展示』 https://www.wwdjapan.com/articles/1044393

 (写真2枚):https://www.wwdjapan.com/articles/1044393 (写真3枚):https://www.wwdjapan.com/articles/1044393 (写真9枚):https://www.wwdjapan.com/articles/1044393 

FIGARO Japan

『クリスチャン・ルブタンの 30年を楽しく辿る展覧会。』  https://madamefigaro.jp/paris/news/200226-christian-louboutin.html 

場内動画:https://www.palais-portedoree.fr/fr/christian-louboutin-l-exposition  https://www.youtube.com/watch?v=RLpr0fjJcCk&feature=emb_rel_end

     https://www.youtube.com/watch?v=rXxw6ONrpdo 

国王バッジをつけたクリスチャン・ルブタン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%BF%E3%83%B3(日本語)

  

(8)

新刊案内

『GNH研究5 幸福のための指標』

 日本GNH学会

 芙蓉書房(http://www.fuyoshobo.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=GNH%E7%A0%94%E7%A9%B6&x=15&y=15

 2,200円 3月9日 

目次

◆ 平山 修一(日本GNH学会前会長) GNH(国民総幸福度)研究D発刊に寄せて

◆ 平山 雄大(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター) ブータンにおける「GNH教育(Educating for GNH)」導入の軌跡

◆ 山中  馨(創価大学名誉教授)  自他ともの幸せを目指す人間主義の経営

◆ 山口 誠治(天草幸福量研究会代表) 潜伏キリシタンの幸福感 

〔対談〕幸福度を高めるための幸福度指標の役割

    西川太一郎(東京都荒川区長) 中村 五木(熊本県天草市長) ペマ・ギャルポ(拓殖大学国際日本文化研究所教授) 

◆ 平山 雄大(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター)〔報告〕海士ブータンプロジェクト活動報告(2017〜2018年度)

◆ 平山 修一(放送大学千葉学習センター非常勤講師 〔随想〕価値を与えることと価値を見つけること 

〔本の紹介〕 熊谷誠慈編著『ブータン 国民の幸せをめざす王国』(奥谷 三穂) 橘木俊詔、高松里江著『幸福感の統計分析』(山中  馨) 

〔追悼〕木内みどりさん、ありがとうございました(岡崎 理香) 

ブータン王国国王陛下来日歓迎会における国王の冒頭ご挨拶

日本GNH学会 大会報告

日本GNH学会会長就任あいさつ(松下 和夫) 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(2・29掲載):ナイトハンティング、TV番組情報(3/3)、トンサの町に降雪、大雪で道路ブロック、「ブータン政治事情・雑感」、JICAブータン同窓会年次総会、

 

(1)

ブータンの「ナイト・ハンティング」という奇妙な文化は衰退しています

DAILY BHUTAN 2月27日 『The Bizarre Culture of Night Hunting in Bhutan is Fading』 https://www.dailybhutan.com/article/the-bizarre-culture-of-night-hunting-in-bhutan

(以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

ブータン東部の多くの地域での「ナイト・ハンティング」は求愛の伝統であり、都市のデートの田舎バージョンです。

時間のかかるデートが、贅沢ではない勤勉な農業コミュニティでは、若いカップルは夜に会います。

彼らは、少年の来訪について、また少女が少年の自宅への入場をどのように促進するかについて簡単なチャットをするかもしれません。

 私は祖父からの話を聞きました。ブータン東部の物語。彼(祖父)が亡くなった祖母とどのように出会ったかを彼が話たことを覚えています。 

通常、彼のコミュニティのほとんどの若者と同様に、17歳だった私の祖父は、薄暗い時間帯に戻るために、夕暮れが進むにつれて静かに家を離れました。

しかし、彼にとって、それは彼が村の祭りの一つの間に見た彼の近所の女の子でした??。彼が窓を登ると、彼はささやいて、たたきました。

私の亡き祖母である少女は、彼が幸運にも窓を開け、伝統的な木製のはしごの助けを借りて窓をこっそり覗き込んだ。 

夜、見知らぬ人が彼女の窓から入るのを好まない場合、彼女は家族全員を起こして男を追いかけるために騒ぎます。私の祖父の場合、彼は受け入れられました。

ある晴れた朝、私の亡くなった祖母と一緒にベッドにいる彼を見つけた後、彼らは結婚を宣言されました。 

伝統は Boemena として知られ、「女の子に向かう」ことを意味します。現代のブータン人の間では、文化は「ナイト・ハンティング」として知られています。

毎晩の求愛の伝統は、ブータンの東部および中央部の農村部に存在していました。それはロマンスの田舎のバージョンで、カップルが夜に会う日で、少年が少女の家へ入ることを許可しました。

一部の少年はグループを形成し、目的地に近づくと解散します。 

夜の求愛の練習は簡単ではありませんでした。永続性、エネルギー、そして眠れない夜が必要でした。長距離の旅から、足首や顎のねじれの体験まで。

野生動物や悪霊を恐れるのではなく、彼らを生涯のパートナーを見つける機会と考えました。 

一般的に、夜の求愛は、若者が結婚相手を見つけることを可能にする文化でした。時間とともに、この伝統的な夜の求愛の習慣は衰退しています。

10代の妊娠に関連する問題、性感染症の脆弱性、および子供を未婚から放棄する父親が、政策と立法者の間で論争を巻き起こしました。

前者は農村部の男性と女性を対象としたものでしたが、この研究では、後者は通常都市部の男性と農村部の女性で発生したことが示唆されているため、

多くの農村部の女性が性的強制と妊娠の対象になっています。 

毎晩の美しい求愛文化は、上記のような問題の増加とともに減少しています。

ロマンスが文化であり、少女との出会いの衝動を満たすために距離を移動する、若々しさの人生を見守る伝統であった時代は過ぎ去りました。

今、求愛文化が衰退段階にある中で、電気の利用可能性と住宅の改善がその宿敵を証明し、ソーシャルメディアの使用が想像上のロマンスへの一歩を踏み出しました。

したがって、文化は衰退の危機に瀕しています。

 

(2)

TV番組情報

『グレートネイチャー 5min.「ヒマラヤの女神 チョモラリ〜神秘の王国ブータン〜」』 3月3日  17:52 〜 17:57 (5分)  NHK BSプレミアム 

番組詳細

世界一“幸せな国”として知られるブータンは、さまざまな大絶景に富んでいる。

標高50mほどから見渡す大平原、そしてレッサーヒマラヤの山並みにある垂直の大岩壁には、チベット仏教寺院が建つ。そしてヒマラヤの女神と称えられる標高7千mを越えるチョモラリ。

その麓では、珍しい青いケシやかわいらしいマーモットなどと出会う。世界の屋根ヒマラヤの成り立ちとブータンの絶景誕生の秘密を探る。 

本編初回放送:2019年8月17日 『幸福の大絶景 〜ヒマラヤ・ブータン〜』 NHK BSプレミアム 19:30 〜 21:00 https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/1872/2551110/index.html

 

(3)

トンサの町に降雪 BBS 2月27日 『Trongsa town experiences snowfall after more than a decade』 http://www.bbs.bt/news/?p=128891  

昨日トンサ町は 10年ぶりの降雪を経験しました。 地元の人々は、これを有望な収穫量を予測し、病気の発生と自然災害が少ない期間を予測する良い兆候だと考えています。

午前 9時頃に始まった降雪は、約 2時間続きました。 しかし、固く積るほど重くありませんでした。地区の標高の高い地域に住んでいる人にとって、この時期に降雪を受けるのは普通のことです。

しかし、町の住民にとって、それは宝物になる瞬間であったのと同じくらい、天候パターンは彼らに反映させました。

楽観主義者はそれを良い兆候と見なしている一方で、それは気候変動の影響だと感じた人もいました。

 

(4)

大雪が高速道路をブロック クェンセル 2月27日 『Heavy snowfall blocks highways』 https://kuenselonline.com/heavy-snowfall-blocks-highways/  

2月 25日の夕方以降の降雪により、複数の高速道路が通行止めになりました。 ドチュラを除いて、昨日の夜の時点でハイパスは通行止めとなっていました。

旅行者は、ウォンディポダンとトンサの間のペレ・ラ、モンガルとブムタンの間のトムシン・ラ、パロとハアの間のチェレ・ラ、およびハとSangbaykha の間のテルゴ・ラを経由することを止められています。

道路局(DoR)の職員によると、Sengor と Thrumshingla の間の道路に沿った雪の厚さは 16.5インチで、交通のために道路を片付けるのに 2〜3日かかるかもしれません。

 

(5)

【ブータン政治事情・雑感】

諸橋さんTwitter  https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1233172366923980801

一般的にブータンの国民やエリートはインド一辺倒と認識されることが多いですが、実態は大きく異なります。

過去には第 3代国王時の宰相ジグミ・ドルジ、最近では元・国会議員(一方の院の長)の某氏の言動からは、インドへの不満が滲み出ています。

 

もちろん、ブータンのエリートの対印感情は一枚岩ではありません。しかし、反印感情を隠さないエリートが宰相や一方の院の長にまで昇進できるということは、

そのようなエリートが確固とした力を過去から現在まで有していることを意味します。

 

前首相のTT(ツェリン・トプゲイ)は、将来的にも親印政治家の代表格として語られるでしょう。しかし、彼の「親印」も実は独特です。

BJP(インド人民党)や(王室と太いパイプがある)INC(インド国民会議)との間で、TTは任期の最後まで確かな信頼関係を構築できませんでした。

首相になる前も後も、TTにとって頼みのインド政党は、西ベンガル州のAITC(地域政党トリナムール会議派)でした。

 

(おまけ)なお、元・国会議員の某氏が誰かについては、ブータン事情に詳しい方なら、すぐに分かる人物です。

 

(6)

【ブータン政治事情・雑感】

諸橋さんTwitter https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1233323580861009921 

ブータン最大の懸案が 南部問題=ロツァンパ難民問題 というのが一般的な認識と思われますが、現在では最大の懸案とまでは言えなくなっています。

もちろん 30年前との比較でしかなく、市民権等の尾を引いている問題もありますが。それ以上に危ないのは南ではなく(略

 

南について言えば、かつての市民権獲得運動の中心人物が、今や与党 DNT(Druk Nyamrup Tshogpa、ブータン協同党 シンボルマークは桃の花)の国会議員になれるような時代です。

ただし、更に上の指導層での南の地位は、まだ西や東、中央に差をつけられています。

 

参考:南部問題:http://druk.tripod.com/ の「民族」の項をクリック

 

(7)

JICAブータン同窓会(JAAB)の年次総会(AGM)

 https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/2587381154693686?__xts__[0]=68.ARDfxj7Lmm-1j_RY5qMp1q-zzzOuLiB34aL398aHU5togUXcm0qLbvK-9qllAo6NXzO_ARMoH_ewL0WI45Ruzkc0Ohcp6IyjA5Dby9-jZB_TWEBjn90GRgzVFZl6m8kySNpL89eDuVJuEoeBaLiJZArn3JcruMHP9EkZPWjqsXByRG0MeiobhE12XRTuP_RpmNGwfMsuF0nIhRUOtkihcJ9UEANts7zFeU9kb2Sc5axkusweak5g02KmqCjw9Y2mw8t8lenjkuScW1oFYXLkGyd6R3esYljJ-_So3h7O4k77r0YavgxG2Do0c2GgbYkCGFDb8dilPBvaF7p0GGoClZhpiA&__tn__=-R

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(2・28掲載):市場のない冬野菜、娘の自殺・残された痛みの負担、ヒマラヤのスピード記録、新道場建設プロジェクト、SDGsパートナーシップ賞受賞、

 

(1)

市場のない冬野菜・シェムガン BBS 2月28日 『Winter vegetables without a market- Zhemgang』 http://www.bbs.bt/news/?p=128838  

県農業部門の奨励を受けて、ジェムガンの農家は約4年前に冬野菜の栽培を始めました。 しかし、すべての献身と努力の結果にもかかわらず、今日、農家は野菜の販売が困難になっています。

 

(2)

残された痛みの負担…娘が自殺で亡くなった父親の証言

BBS 2月16日 『The burden of pain left behind… a testimony of a father who lost his daughter to suicide』 http://www.bbs.bt/news/?p=128830(動画有り)  

自殺は、国内で増加している公衆衛生上の懸念の1つです。犠牲者が自分の人生を終わらせている間、家族が経験する痛みは計り知れない。

この物語では、自殺で娘を失った父親の証言を紹介します。 16歳の娘は、昨年 6月 7日の早い時間に人生を終えたときに、サムツェの学校の 1つでクラス 10で勉強していました。

 

(3)

なぜブータンがヒマラヤのスピード記録を樹立する世界で最も厳しい場所なのか  NEN`S JOURNAL 『Why Bhutan Is the Toughest Place in the World To Set a Himalayan Speed Record』

 https://www.mensjournal.com/adventure/why-bhutan-is-the-toughest-place-in-the-world-to-set-a-himalayan-speed-record-w447796/   

10月、持久力のあるアスリートのチームがスノーマントレックでスピード記録を樹立しました。

スノーマントレックは、もともと 17世紀のモンゴル侵攻ルートであったブータンのハイヒマラヤを通る 188マイルのトレイルです。

彼らは 15日と 7時間でトレイルを完了しました。これは、標高の増加と減少の 97,131フィートを考慮すると、エベレストを 4回上下するのと同等です。

しかし、この登山の全盛期では、それはあなたが言うほど速くありませんか?君の言う通りかもね。

しかし、再び、Ueli Steck や Karl Egloff などは、5人の料理人、21頭の馬、そしてあなたがナッツだと思っている外国人ガイドがいる山に登っていません。 

ネパール、さらにはチベットを含む他の人気のあるヒマラヤのトレッキング国とは異なり、ブータン王国のトレイルはほとんど未踏のままです。

理由の一部は、地元の精神的な信念を尊重して 6,000メートル(19,800フィート)を超える山頂に登ることを禁止している、1994年に国が制定した禁止措置に由来しています。

そしてその一部は、ブータンの観光に関する厳しい手綱から来ています。

1974年まで観光客を許可していませんでしたが、今日でも、外国人が国内で一人で旅行することは許可されていないなどの制限があります。 

参考:写真家関健作さん「スノーマントレック」:https://www.kensakuseki-photoworks.com/snowman-trek(写真多数)

   スノーマントレッキング動画:https://www.youtube.com/watch?v=4jgjDYZY4FQ

                 https://www.youtube.com/watch?v=faAbwlQbIWM 

   スノーマントレックルート

  

(4)

新道場建設プロジェクト ブータン柔道協会

 https://www.facebook.com/BhutanJudoAssociation/posts/2734667099943751?__xts__[0]=68.ARCj1xAXXxKBgthWFRX01Rvpuu2IkYu033gELiEIyazZR_8eqo01mLp0xD21XcAhn4WHkbKUvYXLEPnNLBD32l1EM4qiQwrWzzKkWhgs9YZQR04bn9PXVwu3CvYrrXuO5Epj5x4IK5XQTfGL_AuQCjvXflpslKQGLFgxXX-8_RkGVHRFngoK9Ok51nrxaU7AGhy9J7oDgFR1kDMaGBoULkTT4G0Rx6OpPnlA66LOEzRMBuPwkd26_32Dh3E1GIsOLaMsDOf72uD5BydiKGf8ML6zqSfu5YPhnSMvB2j4gzQ3k4_ApFctTVuKcTkzNOkQksBSIcqHwfjqngCYW96XdVoWTw&__tn__=-R 

 

(5)

PR TIMES 2月27日 『「毎日が発見」のヒット商品「古着ボックス」を運営する日本リユースシステム株式会社が第3回「ジャパンSDGsアワード」特別賞(SDGsパートナーシップ賞)を受賞』

 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000006772.000007006.html

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(2・27掲載):肝移植したBaby Yudra、21世紀の経済ロードマップ、TV再放送情報(ネコ歩き)、

明日明後日のTV番組、TED(ダショー・ツェリン・トプゲイ)、ペマ・リンパの日、

 

(1)

回復への道、ベイビー・ユドラ BBS 2月25日 『On the road to recovery, Baby Yudra』 http://www.bbs.bt/news/?p=128790  

オンラインキャンペーンの助けを借りて肝移植手術を完了できたベイビー・ユドラは、回復への道を歩んでいます。 つい最近、インドで二度目の手術を受けた後に国に戻りました。

肝臓の提供者でもある彼の父親は、自分の赤ちゃんはずっと健康な状態にあると言います。旧正月の開始を祝うために、Baby Yudra Tshering Zeepa は2回目の手術を終えて帰ってきました。

しかし、家族は贅沢な食事で一日を楽しむ代わりに、成功した手術への感謝の祈りを捧げるためにラカンに行くことを選びました。

 

(2)

ブータンは国民の進歩に市民を巻き込むために 21世紀の経済ロードマップを立ち上げました

DAILY BHUTAN 2月25日 『Bhutan Launched 21st Century Economic Roadmap To Engage Citizens On Nation’s Progress』

 https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-launched-21st-century-economic-roadmap-to-engage-citizens-on-nation-s-progress(動画有り)

(以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

ブータン市民が 21世紀の経済ロードマップに参加し、アイデアを提供できるようにするため、

Gross National Happiness Commission(GNHC)は 2月 23日にウェブサイトとソーシャルメディア・プラットフォームを立ち上げました。

 21世紀の経済ロードマップの目的

今年中に開発されるブータンの 21世紀の経済ロードマップは、今後 10年間の郡の経済発展を導くものと期待されています。

Lotay Tshering 首相はウェブサイト(http://economicroadmap.gnhc.gov <http://economicroadmap.gnhc.gov> .bt )を立ち上げました。

このウェブサイトの開設は、ブータンの経済ロードマップの開発に向けたもう 1つのステップです。ロードマップを作成するために、さまざまな委員会とグループがすでに形成されていますが、

このウェブサイトは国のすべての市民をさらに巻き込むことが期待されています。

委員会によると、これはブータンが進むべき方向への理解を深め、国民の間で国の進歩に対する強い所有感と責任感を生み出すのに役立ちます。 

高レベルのラウンドテーブル委員会に提案される計画

21世紀の明確な経済ロードマップを作成する必要があるのは、昨年ブータンの建国記念日の王室からの重要なメッセージの 1つだったため、

次世代に経済的機会を創出するためです。

「私たちの隣人であるインドと中国は、人工知能、ロボット工学、自動化、ビッグデータ、ブロックチェーン、量子コンピューター、FinTech ミデジタル通貨、

デジタルウォレット、デジタルバンキングの技術進歩により推進され、かつてない経済成長を経験しています。世界は急速に変化しています。

まだ理解していないことを避けて、最善を望むことはできません。そのような態度は、私たちの自立という国家目標を犠牲にします。

次世代のための経済的機会を創出しなければなりません。ペースの速い世界で成功するために、自分自身を再調整するときです。

政府、議員、民間部門、人々、およびさまざまな分野の専門家は、21世紀の明確な経済ロードマップを作成するために共同で作業する必要があります。目的。"

 それ以来、ハイレベル円卓会議委員会が設立されました。

ロードマップの策定は、公務員以外のさまざまな部門からの 11人のメンバーを擁する国家タスクフォースが先頭に立ちます。

彼らは今後 12か月間に計画を立て、ブータンの首相が率いる最終的な提案をハイレベルの円卓会議委員会に提出します。

国とブータンの人々に対するビジョンは、国に対する多数の王室の演説を通じて長年にわたって国王陛下によって明確に明確にされており、国の憲法にも示されています。

国がどこに行く必要があるかについては、残っているのは GNH の価値を維持する方法でそこに到達する方法を決定することです。

ブータンの 21世紀の経済ロードマップは、陛下の明確なビジョンに基づいており、主要な経済的優先分野における彼の主な戦略の概要を示します。

 

(3)

TV番組再放送情報 『岩合光昭の世界ネコ歩き「ブータン」』 3月4日  12:00 〜 13:00  NHK BSプレミアム https://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/x/2020-03-04/10/11975/2665844/  

動物写真家・岩合光昭さんが訪れたのはヒマラヤ山脈のふもとブータン。標高 1300mのプナカでは脱穀作業真っ最中、そばにはネコがバッタを追いかけ遊んでいる。

標高 2200mのパロの寺院、光差し込むお堂で香の煙の中、ネコと僧侶、岩合さん会心のショットだ。標高 2900mのポブジカ、豊かな水源に恵まれた湿地帯、冬にはツルが飛来する。

ここで出会ったネコと少女、どこまでも青い空の下、質素だけれど心豊かな暮らしだ。

 

(4)

明日(28日・金)明後日(29日・土)のTV番組 http://bhutan.fan-site.net/TV.htm

 

(5)

前首相 ダショー・ツェリン・トプゲイ TED『世界の「第三極」を守る緊急要請」』

2019年  https://www.ted.com/talks/tshering_tobgay_an_urgent_call_to_protect_the_world_s_third_pole?language=ja(日本語字幕)

ヒンズー教のクシュヒマラヤ地域は、北極と南極に次いで世界で 3番目に大きな氷の貯蔵所です。現在の融解速度が続くと、氷河の 3分の 2が今世紀の終わりまでになくなる可能性があります。

それらを溶かすとどうなりますか? 環境保護主義者でブータン・ツェリング・トプゲイの元首相は、「アジアの給水塔」の最新情報を共有し、氷河を保護する政府間機関を設立する緊急の呼びかけを行い、

下流の壊滅的な洪水から 20億人近くを救う 土地と生計。 

参考:2016年『CO2排出マイナスの国、ブータン』  https://www.ted.com/talks/tshering_tobgay_this_country_isn_t_just_carbon_neutral_it_s_carbon_negative?language=ja#t-3262(日本語字幕)

 

(6)

ブータンは明日(27日)、第1回ペマ・リンパの日にブータン仏教の偉大な人物を祝います。 これは、今後のカレンダーの年間機能となります。 以下は、内務省からのプレスリリースです。

 

ナムゲィ・ザムさんTwitter  https://twitter.com/namgayzam/status/1232358851753570305   

参考:ペマ・リンパ

   ペマ・リンパまたはパドマ・リンパは、チベット仏教のニンマ派のブータンの聖人およびシッダでした。

 彼はテルヘンまたは「卓越したテルン」と考えられており、「五つのテルトン王」の第一人者であると考えられています。

ブータンのニンマ派の歴史の中で、ペマ・リンパはパドマサンバヴァにとって二番目に重要な存在です。   https://en.wikipedia.org/wiki/Pema_Lingpa

 

(7)

BBS Facebook  https://twitter.com/BBSBhutan/status/1232530781311881216(写真3枚)

The Great Treasure Revealer を称える 1日の式典である Terton Pema Lingpa は、ブムタンのタムシン僧院で進行中です。

内務省のプレスリリースによると、ブータンの最初の月の 3日目は、今後、ブータンの先住民であり、国の文化的英雄であるタートン・ペマリンパに捧げられます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(2・26掲載):ティンプー・テックパークに新センター、映画『赤い男根』、ロサの祈り、オリパラホストタウン合意、幻覚作用のあるミツを出す世界最大のミツバチ、

 

(1)

ティンプー・テックパークが開始したソフトウェア・エンジニアリングの卓越性

DAILY BHUTAN 2月24日 『entre Of Excellence For Software Engineering Launched By Bhutan’s Thimphu Techpark』

 https://www.dailybhutan.com/article/centre-of-excellence-for-software-engineering-launched-by-bhutan-s-thimphu-tech-park(動画有り)

 

Southasian Monitor 2月25日 『Thimphu Tech Park launches Centre of Excellence for Software Engineering』

 https://south-asian-monitor.com/public/en/bhutan/thimphu-tech-park-launches-centre-of-excellence-for-software-engineering

  

ブータンのティンプー・テックパークは、ソフトウェアエンジニアリングの専門的能力を構築し、この分野からサービスを輸出するために、

2020年 2月 21日にソフトウェア・エンジニアリングセンターを立ち上げました。このセンターを設立する目的は、問題を解決するためにテクノロジーを使用するという国王陛下のビジョンを実現し、

破壊的な新興テクノロジーによってますます推進される未来にブータンを準備することです。

センター・オブ・エクセレンスは、ティンプー・テックパークの ITサービス部門内に配置され、25名の専門家が配置されます。

参考:Thimphu Tech Park:http://thimphutechpark.com/ <http://thimphutechpark.com/>

 

(2)

私の沈黙が虚しいと思い込まないで:「赤い男根」のクローズアップ

2月24日

『Don’t Assume My Silence is Empty: Close-Up on "The Red Phallus”』 https://mubi.com/notebook/posts/don-t-assume-my-silence-is-empty-close-up-on-the-red-phallus

 https://variety.com/2019/film/reviews/the-red-phallus-review-1203159149/

 https://cineuropa.org/en/video/rdid/365594/(動画あり)

 公式サイト:https://www.imdb.com/title/tt9130674/

 予告編動画:https://www.youtube.com/watch?v=4Rzuo3qTqBQ

 監督インタビュー動画:https://www.youtube.com/watch?v=sI7JY8w-opo 

ブータンのタシ・ゲエルシェン監督のデビュー作は、圧倒的な女嫌いに直面した女性の弾力性の大胆な肖像画です。現在 MUBI で再生中の映画にスポットを当てる機能です。

Tashi Gyeltshen の『The Red Phallus』は、2020年 2月 23日から 2020年 3月 23日まで、ベルリン直結のシリーズで展示されています。

 

『赤い男根』

Tashi Gyeltshen のデビュー作である『The Red Phallus、Sangay(Tshering Euden)』のヒロインは、10代の少女のように孤独です。

彼女には友達がなく、父親とつながるのに苦労しており、彼女を理解していないボーイフレンドがいます。

彼女の孤独感は、彼女が住んでいるブータンの広大で手付かずの谷によって劇的に増幅され、彼女の足元は丘に飲み込まれ、圧倒的な自然に足を踏み入れられます。

しかし、彼女の孤独は性別によって決定的に重要です。母親を亡くした彼女は、地元のお祭りで木製の陰茎を彫る伝統的なブータンの人物であるアッァラとして働く父親と一緒に暮らしています。

 

(3)

2020年 2月 24日:国王陛下は、今朝シムトカ・ゾンでさまざまな人生の歩みの人々とロサールを祝った。

首相と政府の代表者、公務員、Zhang Dratshang、軍隊、起業家、メディア、および他のグループは、シムトカ・ゾンのクンレイで Tashi Lekdhar と祈りを提供しました。

王様 Facebook: https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.10152689026158260/10157893939818260/?type=3&theater

BBS 2月25日 『His Majesty celebrates Losar with the people at Simtokha Dzong』 http://www.bbs.bt/news/?p=128796

  

(4)

上毛新聞 2月25日 『五輪へ上野村とブータン ホストタウン合意』 https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/195578

  

(5)

カラパイア 2月25日 『世界最大のミツバチが作るハチミツには幻覚作用がある(ヒマラヤ)』 http://karapaia.com/archives/52288101.html 

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(2・25掲載):首相の「ロサ」の挨拶動画、NHK『世界を応援しよう!』、野良犬対策、渡航制限、

 

(1)

首相の「ロサ」の挨拶 動画:https://twitter.com/PMBhutan/status/1231546677556805632

 

(2)

 NHK『世界を応援しよう! ブータン』 動画:https://sports.nhk.or.jp/dream/cheer/bhu/

 

(3)

ブータンは、Twitter に感銘を与えたイニシアチブで王の誕生日を祝います

Southasian Monitor 2月24日 『Bhutan celebrates King's birthday with an initiative that impressed Twitter』

 https://south-asian-monitor.com/public/en/bhutan/bhutan-celebrates-kings-birthday-with-an-initiative-that-impressed-twitter

(以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

ブータンが王の誕生日を祝うときでさえ、国は彼への贈り物で世界を感動させました。

国の王ジグメ・ケサル・ナムギャル・ワンチュクは 40歳の誕生日を祝い、ロタイ・ツェリン首相はブータンの人々に野良犬を家庭で飼うように勧め、木を植えるよう促したと伝えられています。

ブータンのジャーナリストでメンタルヘルスの提唱者であるナムゲイ・ザムのツイートによると、首相は、ブータンの各家族に野良犬を家庭で飼うように勧め、

王の誕生日を機会に木を植えるようにしています。ツイートはさらに、「人道的な」方法で国の野良犬の個体群に対処するための措置が取られたことに言及しています。

ジャーナリストはまた、婚約者と一緒にすでに 3匹の犬を飼っていると述べた。

ブータンの全国紙の報道によると、同国は野良犬の人口の制御されない増加に対処しており、犬の咬傷の急増にもつながっています。

この問題を解決するために、王国の当局は、問題に対処するために人々を巻き込むことを提案しました。

国の家畜主任獣医官であるカルマ・リンジン博士は、コミュニティと個人が「野良犬を家庭で飼うように勧め、彼らに動物の完全な所有権を持たせるように促進される」と述べた。

ジャーナリストのツイートは、この動きが他の国でも同様に採用されるべきであるという意見で、動きを賞賛した Twitterati から注目を集めました。

 

(4)

日刊スポーツ 2月25日『新型コロナ世界拡大で日本に不信感、五輪影響懸念』 https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202002240000110.html

ミクロネシア連邦、トンガ、サモア、キリバス、ソロモン諸島、韓国、タイ、ブータンも日本への渡航制限や延期を呼びかけている。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(2・24掲載):ロサ・タシデレ!、子年の準備、誕生日の誓い、ブロクパ、国連ブータン代表部、タシヤンツェの木工、

 

ロサ、タシデレ!

(ロサはチベット文化圏の正月) 今年は「鉄の雄の鼠の年」

  

(1)

ラット・イヤーの準備中

クェンセル 2月22日 『What the Rat Year has in store』 https://kuenselonline.com/what-the-rat-year-has-in-store/ 

(以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

「男性・鉄・鼠の年」は、一般の人々に平和と調和をもたらすと期待されていますが、ティンプーのパリザンパにある占星術大学の占いによると、

子供と高齢者に問題がある可能性があります。また、雨から起る災害を予測しました。

占星術師の Kuenzang Chophel によると、国内では不均衡な降雨があり、一部の地域では豪雨が発生し、一部では雨不足に直面する。 「それを防ぐために、聖句と祈りの朗読が推奨されます。」 

しかし、穀物、木、花がたくさん育つので農業と環境にとっては良い年です。ラット年に生まれた Kuenzang Chophel によると、「いくつかの障害に直面するので長距離を移動するべきではなく、

建設現場や発掘現場、患者、出生、死亡、結婚を行わないでください。また、彼らは戦いを目撃することを避けるべきです。」 

「良い行動をとることができるので、男の子を産むのには良い年です」と彼は言いました。

馬の年に生まれた人にとっては悪い年であり、ドゥエンツアであり、重要な仕事を始めるべきではありません。彼らは動物を救い、長命の祈りを唱えるべきです。 

ドラゴンとモンキーの年に生まれた人にとっては、この年は良い年ではありません。それは彼らのテュンサムであり、彼らの願いを実現するのに困難に直面するからです。

また、噂の影響を受けやすくなります。また、建設現場や結婚式典の訪問も避けなければなりません。 

Kinzang Chophel は、地元の神々をなだめ、祈りの旗を上げ、儀式を行うべきだと言いました。 

ラットは、23歳のアース・タイガー年生まれの女性と、48歳のウォーター・オックス年生まれの男性にとって良い年であり、

土壌の耕作と発掘および開拓に関連する作業を主導または開始する必要があります。

「6番目のブータンの月はダーナ(縁起の良い月)と考えられており、その月に重要な仕事を始めることは儀式を行った後に行われるべきです。

9番目の月は、その年の最も縁起の良い月であり、その月に開始された作業はすべて良いでしょう。」

  

(2)

誕生日の誓い

クェンセル 2月22日 『A Birthday Pledge』 https://kuenselonline.com/a-birthday-pledge/ 

ブータンの家族、私たち自身の誕生日を知らない私たちの多くは、王の誕生記念日を祝うために集まっています。そのような現象はどういう意味ですか?

必要なマインドフルネスで考えると、このイベントで最も意味のあることは、「祝う」と理解するよりも、「一緒になる」ことの方が重要だということです。 

国民のこのような統一は、心の融合であるほど物理的な集まりではありません。本質的に、私たちは共有された意識の連帯を強化し洗練させることについて話している。

国民的アイデンティティの精神であるこのような集団意識は、国王陛下の言葉「国造り」で最もよく理解されています。

そして、そのようなプロセスはすでに玉座から開始されていることがわかり始めています。ガバナンスの改革と社会の変容です。

  

(3)

ブータンの部族 - The Brokpas(ブロックパ) DAILY BHUTAN 2月22日 『Tribes Of Bhutan - The Brokpas』

 https://www.dailybhutan.com/article/tribes-of-bhutan-the-brokpas(動画有り) 

(以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

メラとサクテンには、チベットの Tshoona 地方を起源とする半遊牧民のヤク牧畜部族であるブロクパの本拠地があります。

ブータン東部のメラ(バーント地域)とサクテン(竹の地面)の辺鄙な村には、チベットの Tshoona 地域に由来する半遊牧民のヤクの群れの部族であるブロクパが住んでいます。

口承によると、ブロクパ族は 1347年に先祖代々の村で暴君の王であったドレバ・ヤブを斬首した後、ブータンに向かいました。

多数の大乗仏教のテキスト、神であるオウム・ジョモ、グル・ラム・ジャレパを携えて、ブロクパ族を山の中から雷竜の地へと導きました。 

ブロクパ は誰ですか?

「ブロック」はチベットの牧歌的な土地を意味し、「パ」は悪魔です。特定の場所の先住民を識別する言葉です。

実際、ブロクパが現在住んでいる土地は、氷河の谷、なだらかな牧草地、緑豊かな緑の森の魅力的なブレンドです。 

何世紀にもわたって地理的に孤立していたため、メラとサクテンの村にたどり着く唯一の方法は、4300mもの高さの谷や山道を越えて数日間の厳しいトレッキングでした。

ブロクパは他のブータン人とは民族的に異なるため、トラシガン地区にある村で話されている言語は Brokpa または Mira Sagtengpa として知られています。

彼らは自分の神を崇拝し、毎年秋に、ブロクパは繁栄のために彼女の祝福を求めて 2日間の祭りを観察することにより、山の女神ジョモ・クーンハルを称えます。 

ここで一夫多妻制が行われることも珍しくありません。つまり、数人の夫(通常は家族のすべての兄弟)を持つ一人の女性です。

これは、実際の理由で、土地と財産を保護するため、および職務分掌のために行われます。たとえば、ある夫は谷でヤクをする傾向があり、別の夫は他の村で物々交換をしているかもしれません。 

ブロクパ の生計

作物の栽培には役立たない高地の厳しい気候条件のため、ブロクパ族は生存のためにヤクと羊の群れに大きく依存しています。

ヤクは家畜として使用されるほか、ブロクパの消費のために肉と牛乳を提供します。

毛皮、皮、糞は、さまざまなヤク製品の製造にも使用され、穀物、油、塩、砂糖、唐辛子、その他の必需品と隣接する村、さらにはインドのアルナチャル・プラデーシュ州でさえ交換されます。

牧歌的なコミュニティでは、ヤクの毛は紡績され、衣服、帽子、さらにはテントに編まれますが、プラスチック製の防水シートがより便利な代替品と見なされるため、

これは一般的ではなくなりつつあります。ブロクパの女性の伝統的な衣装は、ヤクの毛と羊の羊毛でできています。

「tsipee cham」として知られるユニークな帽子は、ヤクフェルトで作られており、長いツイストの房があり、雨が顔に流れ込まないように設計されています。 

ヤクバターは、寒い冬の長い期間にブロクパを暖かく保つため、主食です。

特に放牧地を求めて移動する必要のあるブロクパの夏に、遊牧民のライフスタイルに対処するために、ヤクバターティーは、牧畜民が 1日中十分に燃料を補給するのに役立ちます。 

ブロクパの富は、所有する羊や馬などのヤクや家畜の数によってある程度決まります。裕福なブロクパは、通常約 200頭の家畜を所有します。 

ブロクパの変化

ブロクパがいかに伝統的な生活様式を維持してきたとしても、変化とグローバル化の潮流に抵抗することはできません。

2014年、メラクの村は村の中心部まで道路と接続されていましたが、2012年には村人に電気と共同水道水が提供されたため、グローバル化が徐々に生活様式に浸透しました。

また、ブータンの他の多くの地域と同様に、首都のティンプーでのより良い機会を求めて若い世代が村を離れるため、農村から都市への移住は避けられません。 

参考:自動車道路開通前の「メラ・サクテン・トレッキング写真旅日記」:http://bhutan.fan-site.net/21.htm

  

(4)

国王陛下のお誕生日を祝う国連ブータン代表部 https://twitter.com/BhutanUN/status/1230731992372695041

   

(5)

タシヤンツェの木彫り、潜在的なビジネス?

ブータンタイムズ 2月18日 『Wood carving in Trashiyangtse, potential business?』

 https://www.facebook.com/notes/bhutan-times/wood-carving-in-trashiyangtse-potential-business/1254025314783314/ 

タシヤンツェの木材加工作業は、長年にわたって活況を呈しています。しかし、それは挑戦なしではありませんでした。人々は、政府の助けがなければ、彼らは永遠に問題に行き詰まるだろうと言います。

誇らしげに「東洋の宝石」と呼ばれる、タシヤンツェの北部は、木を削る技術が含まれています。しかし、地域の原材料の不足は、この県の貿易の成長を妨げています。

 熟練した職人は、木材ベースの製品ビジネスを行う際に課題に直面しています。

熟練した職人(Shazop)は、原材料を見つけるために、Chhukha、Haa、Thimphu、Wangduephodrang、Tsirang、Trongsa、および Zhemgang まで移動する必要があります。

これは、カエデの「Dza」として知られる特別な木製の結び目が、タシヤンツェでは珍しい光景だからです。したがって、彼らの木材加工の原料の供給源は、国の西部です。

しかし、それは挑戦なしではありませんでした。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(2・23掲載):電車?、新コイン発行、新型コロナ、ロサ・タシデレ、マイクロローン、気候変動対策、

ヘリテージロッジ、TV番組再放送情報、「浜田こどもアンデパンダン展」、

 

(1)

首相は、2020年にティンプーからパロまでの電車サービス、パートI の開始を発表します。 クェンセル Twitter  https://twitter.com/KuenselOnline/status/1230723378283077634

 

(2)

国王陛下 40歳のお誕生日を祝して新コイン発行 BBS 2月21日 『RMA launches Nu 5 and Nu 10 coins』  http://www.bbs.bt/news/?p=128693  

Royal Monetary Authority(RMA 王立通貨局)は、王の40歳の誕生日に合わせて、新世代の Nu.5および Nu.10のコインを流通させました。

最新のコインには、高度なセキュリティとデザイン機能が備わっています。 RMA のプレスリリースによると、コインは流通している全体の ngultrum 通貨の効率を改善します。

また、コインを発行する唯一の目的は、取引を改善するために小額をスムーズに流すことであると述べています。

 

(3)

JB oress 2月22日 『新型コロナ終息せず、五輪中止のシナリオも用意せよ』 https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59449

 

(4)

山名さんブログ 『Losar Tashi Delek ~ ロサール・タシデレ ~ 』  https://gnhtravel.com/blog/2020-02-21-losar/(歌と踊りの動画2本有り)

 

(5)

ブータンのタラヤナ財団は農村コミュニティ開発のためのマイクロローンを開始しました

DAILY BHUTAN 2月21日 『Bhutan’s Tarayana Foundation Launched Micro-loans For Rural Community Development』

 https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-s-tarayana-foundation-launched-micro-loans-for-rural-community-development(動画有り)  

プログラムのパイロットフェーズは、今年からサムツェ、チラン、およびシェムガンで 18か月間開始されます。ブータンの農村コミュニティの財政的ニーズを満たすため、タラヤナ財団は、

2月 20日にティンプーで農村開発プログラムのためのタラヤナ・マイクロファイナンス(TMF)を開始しました。

タラヤナ財団の後援者である彼女の王妃陛下ドルジ・ワンモ・ワンチュクは、国王陛下 40周年を記念してプログラムを開始しました。

陛下は、「この特定のイニシアチブの立ち上げを通じて、すべての市民が生産的かつ尊厳をもって生きられるように、成長と開発のための財政的包摂という陛下のビジョンの実現に貢献するよう努めています」

 

(6)

ブータンは山岳地帯の気候変動対策を主導

クェンセル 2月21日 『Bhutan leads climate action in mountainous regions』 https://kuenselonline.com/bhutan-leads-climate-action-in-mountainous-regions/  

スノーマンレースとブータン気候行動サミットを通じて

山の生態系は気候変動の影響に敏感であり、他の陸生生息地よりも速い速度で影響を受けています。しかし、この脆弱なシステムは、気候変動の議論の中心ではありません。

しかし、ブータンは前例があり、しばしば単独で行っています。

国王陛下によって構想されたスノーマンレース(SMR)は、脆弱な山の生態系に住んでいる人々の気候変動とその影響に世界の注目を集めることを目指しています。

 

(7)

ヘリテージロッジ

YEEWONG

 https://www.facebook.com/yeewongmagazine/posts/10157754879003267?__xts__[0]=68.ARCpYihCXhVpwOuKDwcH48_fb8SX4fRzZyMBnghw7nTNrpVXKZRo5GCjzUf-n9yLnwjmdXi9dpGVAIKsWR5dhYlbGHzBvUsVjJFL3Z0s4hrOH664hbwv6gT30yDLpw1MRHOMIFwrNlllag_VfxaCdhVokDpSuVwGqqnrxOM9IcdJaRCrgjUXZluKayMNhoEeEzsgd70RSDLmiIXv2QrCKLk1SrYvf2tU3XshznkpRp9mHTEdRCaOANW4mCgKmpjIxXtwgS-ertuwWrCJbjlZS3h6UY2zwjGGyXt8RGKb1xAkvie6TUc_dXCtVaMJwMcxng5ThNVgHi_vOdhhS70sVtaJZdHDW4A0EGmvPE1R1Xrog-CUcDblm_GtOZ9J9HCixB2HTw1MsIWCRIqrYB64h54toRFrT3WzZs-IJCsEUW3BL3ro_f91XbYnCc6e3sv8HoTkZNOkGZ5Omk6OoY-S79aspgSJik8BwGlgbrgaosn11SxiKuNW7Htg&__tn__=-R (動画)

ヘリテージロッジのことを聞いたことがありますか?  まあ私も。

しかし、パロのこのユニークな宿泊施設を訪れたとき、それは素晴らしい発見でした。 ネムジョ・ヘリテージロッジへようこそ。

この経験は、私たちの古代の建築遺産を称える美しさを示しただけでなく、おもてなしの持続可能性の価値を教えてくれました。

 

(8)

TV番組情報 『JUDO 第70回 前編』再放送 2/29 (土) 18:30 〜 18:55 (25分) BSフジ 4K  2/29 (土) 18:30 〜 18:55 (25分) BSフジ(Ch.8)  http://bhutan.fan-site.net/TV.htm

 

(9)

中國新聞 2月21日 『無限の発想、こどもアート 浜田でアンデパンダン展』

 https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=615445&comment_sub_id=0&category_id=112

   段ボールなどで作った広浜鉄道のジオラマ

浜田市と海外の子どもたちのアート作品を無審査で展示する「浜田こどもアンデパンダン展」が、浜田市野原町の市世界こども美術館で開かれている。

豊かな感性で制作された広浜鉄道のジオラマや風景画など約500点を並べている。3月8日まで。

広島―浜田を結ぶ鉄道として着工されながら未完に終わった広浜鉄道のジオラマ(高さ70センチ、幅70センチ、奥行き40センチ)は、浜田市の国府小4年中井桂吾君(10)の力作。

橋脚やSLを段ボールでこしらえた。SLがはく煙は綿、木々はスポンジで表現するなど随所に工夫が光る。海外からはブータンや韓国など18カ国の子どもが出展。

イスラエルの10歳の女児は、たくさんの魚が泳ぐ海に夕日が沈む風景を、青や黄などを使ったちぎり絵でカラフルに描いた。ビー玉を使ったパチンコ台や迷路などに触って遊べる作品コーナーもある。

1997年から開催し、23回目。入場料は一般200円、高大生100円、小中生50円。月曜休館(24日は開館し、翌25日が休館)。Tel0855(23)8451。(梨本晶夫)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(2・22掲載):国王陛下お誕生日祝賀、メイド・イン・ブータン、冬虫夏草詐取、水力発電の可能性増加、TV番組情報(ネコ歩き)、

新型コロナ渡航注意、Hybrid regime、民主主義ランキング、国王陛下のお誕生日を祝って植樹、

 

(1)

国王陛下お誕生日祝賀

BBS 2月21日 http://www.bbs.bt/news/?p=128680

クェンセル 2月21日 https://kuenselonline.com/tribute-to-king-and-the-nation/

The Bhutanese Twitter 2月21日 https://twitter.com/thebhutanese/status/1230691298677534720

前首相・ダショー・ツェリン・トプゲイTwitter 2月21日 https://twitter.com/tsheringtobgay/status/1230716275464142848

首相 Facebook 2月21日 https://www.facebook.com/410112025768173/posts/2720223598090326/?d=n(写真6枚)

首相府 Facebook

 https://www.facebook.com/drlotaytshering/posts/1239827846213532?__xts__[0]=68.ARCQ3awX8vQrwWN524T856btA7UGV9nBBwwpfcV6m5Zqx7THDix5HIkLTjF1HCvY2URoLZ5JGxZ74NNyqdX85MW8itYFK_ONnZu549pu7VPnnPzQ8aT3rJQFPMzXXLnDV0KOFTvOtasyJz5KRZd_zF-rC4F4O99vCJqJg0QZriETOTumGqxeS-dvUCUe3RDAUUktfAZOK0aCLnoDVxYMi78TFyUfLutghzfS7LxaZ6D0bVedZ2DU0TT5uN5sKDeq8ooIZidg5y1g1tnot2o0HBqXuy4YxbLjj80QU5SmWZLai-fFwLBeg0S8tnS4-NG1CkwYpKHmbfOIJQL_aQS2l91rZOny-Z9sitnKRWo9zNUOtOqQxu2C3joXTuFfXr4iXPqou9x0Jtau49j5_Gk-jzmr17ZWDDjdAP01qeemhiZssH9MxmbtgK_vyL-6tz9BI0O8c50g_2CUYtoF0aoOfoGKIm4C6rCz8I0X9yNv7ifW1uuLW605WtPw&__tn__=-R

Kseniya Simonovaによるサンドストーリー  動画:https://www.youtube.com/watch?v=crRP-oqITHs&feature=youtu.be

 

(2)

2つの「メイドインブータン」製品がまもなく市場に登場し、海外進出も視野に入れています

DAILY BHUTAN 2月20日 『Two ‘Made In Bhutan’ Products To Hit The Market Soon, Also Eyeing Overseas Foray』

 https://www.dailybhutan.com/article/two-made-in-bhutan-products-to-hit-the-market-soon-also-eyeing-overseas-foray    

「Made in Bhutan」というタグの付いた2つの新製品がまもなく市場に登場します。 Druk Peci と Bhutan Green Product は、2月 19日に最初の「Made in Bhutan」展示会で発売されました。

Druk Peci - 新聞の廃棄物から作られた鉛筆は、インドからの鉛筆輸入の代替品として期待されています。 今年の3月までに市場に登場します。 同社は、色鉛筆とアートファイルの作成にも取り組んでいます。

一方、ブータングリーンプロダクトは、ショウガのエッセンシャルオイル、ショウガの粉末、脱水ショウガを生産しています。これらの天然物は、国際市場を対象としています。

 

(3)

詐欺と検察の妨害により、窃盗罪で 5年の刑を言い渡された 38歳の男性

BBS 2月19日 『A 38-year-old man sentenced to 5 years for larceny by deception and hindering of prosecution』 http://www.bbs.bt/news/?p=128555

ティンプー地方裁判所は、5キログラムを超える冬虫夏草の詐取と起訴の妨害により、Wangdue Phodrang の Dangchhu の 38歳の男性に、5年の懲役を言い渡しました。

先週の月曜日に下された判決は、被害者に冬虫夏草を返却するように求めました。

参考:冬虫夏草:https://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/crudem/151028/index.html  ブータン冬虫夏草の価格と購入場所:https://norakura-alive.com/cordyceps

 

(4)

水力発電の可能性が 37,000MWに増加

クェンセル 2月20日 『Hydropower potential increases to 37,000MW February 20, 2020』  https://kuenselonline.com/hydropower-potential-increases-to-37000mw/   

現在、この国の水力発電の可能性と可用性は、既存の発電所を含む155の特定サイトから約 37ギガワット(GW)または 37,000メガワット(MW)です。

これは、PSMP - 2004を改訂した詳細なマスタープランである Power System Master Plan 2040によるものです。

このレポートは、技術的経済的に実現可能なものとして、設置容量が約 33GWまたは 33,000MWの 90のサイトを特定しています。

2008年のブータンの持続可能な水力開発政策は、国全体の水力ポテンシャルを 30,000MWと推定し、生産能力は約 120,000GWでした。

2004年の計画を改訂したマスタープランでは、6つの既存の発電所、13の指定プロジェクト、および約 25MWの設備容量を持つ 20のサイトは除外されています。

 

(5)

TV番組情報

『岩合光昭の世界ネコ歩き 選「ブータン」』  2月28日(金) 22:00 〜 23:00  NHK BSプレミアム(Ch.3)  https://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/x/2020-02-28/10/8006/2665844/

動物写真家・岩合光昭さんが訪れたのはヒマラヤ山脈のふもとブータン。標高 1300mのプナカでは脱穀作業真っ最中、そばにはネコがバッタを追いかけ遊んでいる。

標高 2200mのパロの寺院、光差し込むお堂で香の煙の中、ネコと僧侶、岩合さん会心のショットだ。標高 2900mのポブジカ、豊かな水源に恵まれた湿地帯、冬にはツルが飛来する。

ここで出会ったネコと少女、どこまでも青い空の下、質素だけれど心豊かな暮らしだ。

 

(6)

日テレニュース 『「日本への渡航抑制」9か国に 新型コロナ』 動画:http://www.news24.jp/articles/2020/02/21/04598491.html?cx_recsclick=0

 

(7)

ハザードラボ 『新型コロナ「日本と香港への渡航注意」米CDC(疾病対策センター)』 https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/3/33222.html

 テレ朝ニュース 動画:https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000176845.html

 

(8)

Hybrid regime(ハイブリッド体制) 諸橋さんTwitter  https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1230619522719109120

【ブータン政治事情・雑感】他国からの評価として、ブータンが Hybrid regime(あるいは、それに類する政体)というのは定着しつつあるようです。

今後は、非民主主義(権威主義)的側面への研究や関心が更に進むことが予想されます。

 

(9)

民主主義ランキング、ブータンは91位 諸橋さんTwitter  https://twitter.com/zhuqiaobang/status/1230446924114743296

グローバルノート(国際統計・国別統計専門サイト) https://www.globalnote.jp/post-3891.html

 

(10)

チランは陛下の誕生日を記念して果物の苗木を植えます

BBS 2月21日 『Tsirang plants fruit saplings to commemorate the Birthday of His Majesty』 http://www.bbs.bt/news/?p=128667  

チラン地区は、国王陛下の40歳お誕生日を祝って、昨日 108種類の果物の苗木を植えました。

チラン地区病院がプランテーションを開始し、Wangdue Phodrang と Tsirang の再生可能天然資源センターが技術サポートを提供しました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻

(2・21掲載):国王陛下お誕生日、JICA海外協力隊春募集、展覧会、明日のTV番組、4人の王妃陛下、供与式、

 

(1)

国王陛下、40歳のお誕生日おめでとうございます!

 https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.10152689026158260/10157882738543260/?type=3&theater

ナムゲィ・ザムさん Twitter:https://twitter.com/namgayzam/status/1230538424228175872

   

(2)

JICA海外協力隊「春」募集(募集期間:2月20日(木)〜3月30日(月)正午)

 青年海外協力隊:28件:http://www.jocv-info.jica.go.jp/jv/index.php?m=List&cID=048&n=y&period=2020%7C%E6%98%A5

         土木、野菜栽培、きのこ栽培、獣医・衛生、品質管理・生産性向上、柔道、音楽、体育、衛生工学、デザイン、手工芸、

医師、行政サービス、気象、都市計画、建築、農業機械、冷凍機器・空調、美術、社会学・文化人類学、料理、看護師 

 シニア海外協力隊:2件:http://www.jocv-info.jica.go.jp/sv/index.php?m=List&cID=048&n=y&period=2020%7C%E6%98%A5  土壌肥料、農林統計

  

(3)

『Royal Robes - Wangchuck Dynasty』

クェンセル 2月19日 https://kuenselonline.com/raven-crown-among-exhibits-at-royal-textile-academy/

 BBS 2月19日  http://www.bbs.bt/news/?p=128508(場内動画有り) 

ロイヤル・テキスタイル・アカデミーFacebook

 https://ja-jp.facebook.com/rtabhutan/posts/10151304304884944?__xts__[0]=68.ARATIDsae6NMftnv2wjt554KrBDNKOSxsStXeKPwNmvWw5LPFI2kISWHrhmPzGXoOfHhJKK0Pi_wsn0rW7om_lZtp-12UTaKlijtoC1d_UwT8v0qeVWRb2N0JK5kNBkXcbxy2q8ybUe8gLGlvYd28ZiO2KbDpk98YfiF3sMrPv_zTpwLyDC2kruj6Ugb72NVFAG_y5NktcCHoXRE7mbDFhfa3Rh3XDn7xlMmSXWLSaayqMWlJAEdvYN05bDnQhQVQFAUapkMwHqJDVQjU7W9bQ10r9m-8JZOzUSe7r8aaKeEq-4c9dWs--AU1qDnYby9MCSO2MmcylW-b9pnIQ&__tn__=-R(写真3枚)

 観光局 Facebook

 https://www.facebook.com/destinationbhutan/posts/3412419108774559?__xts__[0]=68.ARC1KbNLrCZeQ_IoMvw3r2Nnt3YgthMwoLuwqQyaFc9A2I4x80615B6-hmbP4ouFsY42_deddBcowphkqre_ibLKKYtcdz-5eQrmdQWZVKxtvtyIm4DDclJQNd5GL7nHaUUe80Fwi-obiyyL9f_Xq6ZZYN1smGpPO2YYNBb_Xd1_uupYLr-UYYTIm0SoE6D_2JlibaLxhwJ2NVxywcH5P8y_Z4Hy1q1dN7ANna_3j5GDMSUpgSVugAiWkrsoOrxTsrrdF1P0XNNdEuBTdtA3NqHHmRgN7YN7iLn8tRBqeYnc3YI9OJXlPmustbc5aEJQhyM9OaOOMDanCT5E5_GB6Hn-Ew&__tn__=-R

(場内写真7枚)

 

Her Majesty Gyalyum Sangay Choden Wangchuck は、ロイヤル・テキスタイル・アカデミー(https://www.rtabhutan.org/)で

「Royal Robes - Wangchuck Dynasty」というタイトルの展覧会を開始しました。この展覧会は、 Druk Gyalpo Jigme Khesar Namgyel Wangchuck 陛下の生誕40周年を記念するものです。

展覧会では、私たちの愛する王と王妃のロイヤル・ローブ(ナムザス)のコレクションを紹介します。

  

(4)

明日のTV番組

『JUDO 第70回』 2月22日 (土)  18:30 〜 18:55  BSフジ https://www.bsfuji.tv/judo/pub/index.html  

 番組詳細

 幸せの国・ブータン王国。この国にも柔道が普及している。  教えるのは海外青年協力隊の柔道指導員として、現地へ赴いている歌代勇祐氏。

 「実業団で続けるほど強くないけど、柔道には関わりたい」と志願してやって来た。学校にあるブータン唯一の道場で、子供から大人まで柔道を教えている。

 その指導法やブータンにおける柔道の歴史など、2週に渡り紹介するブータン柔道、1週目。 

  2月29日(土) 18:30〜18:55(前編再放送)  3月 7日(土) 18:30〜18:55 後編  3月14日(土) 18:30〜18:55(後編再放送)

 

(5)

ブータンの4人の王妃:無私の献身の象徴

BHUTAN FOR YOU  『4 Queen Mothers of Bhutan: a symbol of selfless devotion』  https://www.bhutanforyou.com/queen-mothers-of-bhutan/   

 (以下はグーグル翻訳による日本語ですのでその点ご留意下さい)

第4代国王陛下、ジグメ・シンゲ・ワンチュクは、1979年のプライベートセレモニーでプナカのタロの 4人の姉妹と結婚し、1998年にプナカゾンで公になりました。

ヤブ・ダショー・ウゲン・ドルジとヤム・トゥジ・ザムの間に生まれた王妃は、インドで教育を受けました。

すべての王妃はブータン人の生活を改善するためにさまざまな原因を支援することに関与しています。 

ジグメ・ケサル・ナムギャル・ワンガック皇太子が 2008年に黄金の玉座に昇って以来、王妃は王の母を意味するギャリムと呼ばれていました。ブータンのクイーン・マザーは次のとおりです。

 

1. 王妃陛下・アジ・ドルジ・ワンモ・ワンチャック

 王妃陛下・アジ・ドルジ・ワンモ・ワンチュク(1955年 6月 10日生まれ)は、著名な作家です。  陛下は「虹と雲の」、「雷龍の宝物」、「ブータンの精神的な宿所」を執筆しました。

 タラヤナ財団(https://www.tarayanafoundation.org/)の創設者および大統領として、陛下は国を旅し、貧しい人々にずっと奉仕しました。

 この高貴なイニシアチブで、陛下は 2006年に「教皇フランシス・チャリティー・アンド・リーダーシップ賞」を受賞しました。

 今日、陛下は「山のエコー(http://www.mountainechoes.org/)」の主な後援者です。

 文学祭、シェルブッセ大学の名誉学長、ティンプーの民俗遺産博物館(https://en.wikipedia.org/wiki/Folk_Heritage_Museum)の後援者です。

 

2. 王妃陛下・アジ・ツェリング・ペム・ワンチャック

 王妃陛下・アジ・ツェリン・ペム・ワンチュク(1957年 12月 22日生まれ)は、ブータン財団(https://bhutanfound.org/)の共同議長を務めています。

 この財団は、さまざまなプロジェクトを支援することにより、国民の幸福の原則を生き、共有するためにブータンの人々に貢献しています。

 ブータン青年開発財団(https://www.bhutanyouth.org/)の会長として、陛下はリソースとプラットフォームを提供することにより、若者を鼓舞し、力を与え、支援し続けています。

 

3. 王妃陛下・アジ・ツェリン・ヤンドン・ワンチュク

 1959年 6月 21日生まれの王妃陛下・アジ・ツェリン・ヤンドン・ワンチャック陛下は、2009年にブータン尼僧の財団(https://bhutannuns.org/)を設立しました。

 王妃陛下は、ブータン王立花展の後援者であり、これは動物の保護と世話のための王立協会です。

 

4. 王妃陛下・アジ・サンゲイ・チョデン・ワンチュク

 王妃陛下・アジ・サンゲイ・チョデン・ワンチュク(1963年 5月 11日生まれ)は、ブータンの国連人口基金(UNFPA https://bhutan.unfpa.org/)親善大使の役割を受け入れました。

 UNFPA 大使として、陛下はブータンの生殖、性的、精神的健康に関する意識を高め続けています。 UNFPA は、陛下の親善大使としての役割を認識し、2019年10月に賞を授与しました。

 2004年、王妃陛下は RENEW(https://renew.org.bt/) を設立し、尊敬、教育、育成、女性に力を与え、脆弱な女性、特に家庭内暴力の被害者に力を与えました。

 王妃陛下は、国内の慈善団体の長期的な持続可能性を確保するために、2016年に Gyalyum Charitable Trust(https://gyalyum.org/) を設立しました。

 王妃陛下は、ブータン繊維博物館(http://www.rtabhutan.org/)の創設者であり、王室の後援者でもあります。

  

(6)

在ブータン日本国大使館

『平成30年度対ブータン草の根・人間の安全保障無償資金協力 「トンサ県及びモンガル県パトカー整備計画」供与式の実施』 https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_001013.html 

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻
『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ