『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ   2019年ニュース (1) 1月〜6月
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6・7掲載):JICA、インターネットの20年、ECCDフォーラム、 

(1)JICA 『普及実証事業 道路斜面災害対策技術及び工法に関する普及・実証・ビジネス化事業 M/M署名』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190605.html   

(2)JICA 『「ジェンダー主流化及び女性のエンパワメントのための能力強化プロジェクト」でブータン・ジェンダーセミナーを開催』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190508.html 

(3)JICA 『鉱業開発計画策定プロジェクト合同議事録署名式』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190404.html 

(4)ブータンでの20年間のインターネット - これからの道  20年前、ブータンはインターネットが始まりました。

     手ごろな価格のスマートフォンとより広いインターネットアクセスへのより大きなアクセスで今日、人々は情報のために彼らのコンピュータ上でウェブをサーフィンするだけでなく、ほとんどすべてのために電話をスクロールダウンしています。

    ブータンのネットワークオペレータグループ(btNOG)は、パロの全国から116名の情報通信技術専門家と共に、ブータンでの20年間を祝いました。

    BBS 『Two decades of internet in Bhutan- the way forward』 http://www.bbs.bt/news/?p=115448 

(5)ECCDファシリテーターが地域社会の支援を求める  ECCDのファシリテーターと教育関係者によると、幼児ケアと発達(ECCD)センターは、gewogs と chiwogs の地域のリーダーにとって優先事項ではありません。

   ファシリテーターの一人は、Samdrupjongkhar の Pemathang で開催された全国ECCDフォーラムで、「村の住民や地元の指導者は灌漑と農道を優先している」と述べた。

    クェンセル 『ECCD facilitators call for community support 』 http://www.kuenselonline.com/eccd-facilitators-call-for-community-support/

     参考:ユニセフ「世界の子どもたち」 『ブータンにおける早期幼児開発 脳を刺激するECCDセンターでの学び』 https://www.unicef.or.jp/2017/0031.html 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(6・6掲載):講演会、飲酒、刑法改正、BBS-TV 20年、M BISTRO、日経(3)、 

(1)日本ブータン友好協会主催「ブータンサロン」  日 時:6月15日(土) 午後3時〜午後5時 場 所:早稲田大学 3号館305教室

    テーマ:内陸国ブータンにおけるデジタルものづくりの進展―JICAブータン事務所長の活動報告  報告者:山田浩司氏 前JICAブータン事務所所長

    会 費:会員・家族 500円、一般 700円 申 込:6月12日締め切り

     日本ブータン友好協会事務局宛に、E-メール(info@japan-bhutan.org)かFAX(03-3945-3396)でお申込み下さい。 

(2)「簡単なアクセスと手頃な価格が、飲酒への誘惑など、再発を引き起こす主な原因となっています」とニマ氏は述べた。

   「地元で醸造されたアルコールの禁止は農村部で厳しく実施されていますが、工業用アルコールは市場でより安い料金で利用されています。」

   アルコール性肝疾患は、死の主な原因であり続けています。 2015年から 2017年の間に合計 514人が死亡した。

   クェンセル 『One bar for every 177 Bhutanese』 http://www.kuenselonline.com/one-bar-for-every-177-bhutanese/  

(3)Fronting に関する刑法改正は、何千人ものブータン人ビジネスマンを拘束する可能性があります。

    The Bhutanese『Penal Code amendment on Fronting could lock up thousands of Bhutanese business people』

    https://thebhutanese.bt/penal-code-amendment-on-fronting-could-lock-up-thousands-of-bhutanese-business-people/ 

(4)BBS・TV 1999年の創設以来、20年間に渡るBBS TVの旅 『DRUKGI JANGDRA-BBS-20 Years』 動画:https://www.youtube.com/watch?v=vuDYbDIEo8g 

(5)M BISTRO   動画:https://www.facebook.com/zhimmey/videos/364575740837058/UzpfSTI4NzA5NjI0MzI2NjoxMDE1NzA0MjQwODM0ODI2Nw/?__xts__[0]=68.ARAx5PR3OoPe9GDs2T32HsoJKNAJhc3qESvw5HHRlDMnzzTvME1M1f-PpdDDkUa_9JXhCUaJU29O2gutXeeuz8bomT8Xl44wO3KGKwv2x0CUXYKNV0jGhkHvjjdO7rpLUZ_fn4lHua176ozwSgADBtLeaaFFoXG07fhmJCkkVL_n6-DdJSKSVfVXlDkKzfJxMPPdDs-Rz03w8GImZ-t7YO--rr5fuxkVLzkVI086AlwxA9Ino9WDVWLF_pxQVP761yj3ILKl9WsLQC1MTVfBBo_dMSPFP4MTwFijFiZ-0i_fFE8dvZOPmJlSfgrvv-XWTftvY8kqd00THnJGaHOlowbXv5BiD20ECG2X4Qt-l2PSQXguQys4kkQw1UTh1a5NLe3i4PZuX1qPth3-e1tznRWaiei9uGJsAwxyY92L_DSKpsKDExcVkn2UnfusPI4GfFg5dwaXm4IExJrTaiB5fgmTL-L8vqex5KGTWWzIDg8gr-8ADYL9Jg&__tn__=-R  

(6)日経『気仙沼ニッティング社長 御手洗瑞子さん 幸せを編み上げる(3)』 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO45708930V00C19A6EAC000/ 

      

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6・5掲載):チランの竹農園、社会林業記念日、Gondgueps の死にゆく言葉、voice of Bhutan、

(1)チランに竹農園 県や林業関係者を含む23人以上のコミュニティメンバーがプランテーションに参加しました。

   県の竹農園を後押しするために、昨日の社会林業記念日の県では、約1,107本の竹の苗木と切り株を植えた。

   メインプランテーションは Tsholingkhar gewog の Daldaley にある Lungsigang Community Forest 。そこでは約 5エーカーの土地に 300本の竹の苗木が植えられました。

   クェンセル 『Bamboo stumps planted in Tsirang』 http://www.kuenselonline.com/bamboo-stumps-planted-in-tsirang/ 

(2)社会林業記念日を記念する果物と木の苗木 社会林業の日を記念して、26の学校と WangdueのSamthang の Technical Training Institute が周囲に 1,100以上の果物と木の苗木を植えました。木と果物の苗木は、ブータン生態学会(BES)、プナツチュ湖水力発電プロジェクトIとII、バホの農業研究開発センター(ARDC)、そしてロベサによって提供されました。

  クェンセル 『Fruit and tree saplings planted to mark Social Forestry Day』 http://www.kuenselonline.com/fruit-and-tree-saplings-planted-to-mark-social-forestry-day/   

(3)Gondgueps の死にゆく言葉 モンガルの Gondue Gewog の高齢者は、Gongdguep kha(彼らのネイティブの方言)が死にかけていることを心配しています。

   流暢に言語を話す一握りの Gongdueps を除いて、村の人々のほとんどは Tshangla を話します。 Gongdguep kha は、国内で最も古い母国語の 1つであると考えられています。

   現在のところ、Gongduep 言語の消失の原因についての研究は行われていません。地元の調査によると、過去に Gongduep kha を話している 3,000人の人々のうち、人口の半分だけが言語でコミュニケーションをとっていることが明らかになっています。

   BBS 『The dying language of Gondgueps』 http://www.bbs.bt/news/?p=115342  

(4)『VOICE OF BHUTAN』  動画:https://www.facebook.com/pvtbusiness/posts/676498586144372?__xts__[0]=68.ARCsXvN4vjwqNQ1fZ9JN1z-DFT5lxb4s_XqewHgxtoWNd8k9J86FSetwuDxFoiQCj8ONgL213wG3fz5JTRrpKM4AljO5WJ2hZmiQn9zdAnRvlaBF7j8aWh50De2UqFzfw1CubaKkYawtYccEIGwuUUwPJqJKYMSZhx_F69kfRncUXIzZ4qH5uYvXiJrU17T2h0g112LfMBbH4S-21dHUQ_I3MH4fP51nr4DoY4kRkfxcFp1o6ZFoGpv79zCjM-CCc5yZCWpSojBqYRrvRHu9_OcMteLzNxOtYDgJ_jXZi1WmEt0ScMbWoL-02BJRINr3bz0MiqTVZQpBpsUxILGrmgrOiFvngntQdgQzfCOMuTQeTW2_SWLZm0d79kxLQBn7GiSAw_KffROIaOKLb2nqlizq9YLd2xJ6dCopbrAPVynu2QsRWwMka8Q9gHrZIKvxYpcAHIsI7nOenF4c2szh5y2p4zHKG1ZkkTcAZQLMUnXKz_xPVFwMy_XKUuSx&__tn__=-R  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6・4掲載):『幸せのカタチ展』、「全国廃棄物管理戦略」、戴冠式マラソン・パロ、世界動物衛生協議会出席、伝統楽器、日経、 

(1)『幸せのカタチ展』

 

(2)6月2日(陛下の戴冠記念日)の挨拶 「全国廃棄物管理戦略」

Jetsun Pema 王妃陛下 Facebook

『Address on the Commemoration of June 2 (Coronation Day of His Majesty the Fourth Druk Gyalpo)』

 https://www.facebook.com/notes/jetsun-pema/address-on-the-commemoration-of-june-2-coronation-day-of-his-majesty-the-fourth-/2169306319784051/

 https://www.facebook.com/QueenJetsun/posts/2169260299788653?__tn__=-R   

(3)戴冠式マラソン - パロ 今朝パロで開催された「第12回ブータン戴冠式マラソン」は、ブータンとインドからの316人のランナーが参加

     BBS 『Bhutan Coronation Marathon- Paro』 http://www.bbs.bt/news/?p=115293  

(4)ブータンは第87回世界動物衛生協議会に出席 5月26〜31日にフランスのパリで開催された第87回世界動物衛生協議会(OIE)に、畜産局長の率いるブータンの3人の代表団が出席しました。

    毎年世界動物衛生機関(OIE)は、加盟国182カ国とその専門家およびパートナーの世界的ネットワークからの代表者を集めて、より回復力のある動物衛生および生産システムを加速する上での課題に取り組みます。

   クェンセル 『Bhutan attends 87th Session of World Animal Health Assembly』 http://www.kuenselonline.com/bhutan-attends-87th-session-of-world-animal-health-assembly/  

(5)ブータンの音楽は、アイデンティティーと文化の不可欠な要素です。娯楽としてよりは、社会的価値を伝達する上で主導的な役割を果たす。

   ブータンの伝統的な楽器は、地元で入手可能な天然素材で作られ、演奏時には伝統的な歌や??踊りを伴います。以下は 4つはブータンで最も人気のある楽器です。

 1. ダムニェン

    弦楽器のカテゴリに属する ??7弦の「ブータンのリュート」です。

    長い首と 2つのウエストで、それはブータンですべての楽器の中で最も古くて最も有名です。

    典型的な dramnyen は長さがおよそ 3-4フィートです。

    三角の骨または木の小片で演奏されます。

 2. チワン

    2弦の弦楽器

    長い棒のような首から成り、底に正面の動物の皮で覆われている小さい共鳴体があります。

    馬の尻尾がついた竹製の弓は、2本の弦の間に固定されています。

 3. リム

    開口部から吹き込まれる空気によって音を出す竹製の管楽器です。

    多くの種類がありますが、横笛 zurlim と縦笛 donglim が最も一般的です。

    山本註:2本の笛を縛って同時に2音出す事のできる縦型のダブルフルートもあり        

 4. ヤンチェン

    通常木で作られた台形の共鳴音板の上に張られた約 20本のスチール弦で構成される打弦楽器

    山本註:楽器分類では「ダルシマー(ツィター属打弦楽器)」 

   Bhutan For You 『4 Most Popular Traditional Music Instruments of Bhutan』 https://www.bhutanforyou.com/4-most-popular-traditional-music-instruments-of-bhutan/   

(6)日経(夕刊)6月3日 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO45603520T00C19A6EAC000/

      

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6・3掲載):K4が特別である10の理由、水力発電によって失われた森林、『幸せのカタチ展』、宮崎空港で個展、 

(1)  第 4代国王陛下 Jigme Singye Wangchuck が特別である 10の理由

 1.陛下の誕生は預言されていました

   「親愛なる息子、南の国の隠れた低地(ブータン)で、もう一度聞いてください。そこでは、3つの谷が Womtrong(Dechencholing)と呼ばれる美しい場所で合流しています。

    卓越した性格の少年が生まれます。彼は20歳の時に黄金の王座を登り、彼の国を最高の成功の可能性に導くでしょう。その土地は前例のない平和と繁栄を享受するでしょう。」

 2. HMは世界最年少の王となりました

    1972年、第3代国王の崩御により、すでに Trongsa Poenlop と計画委員会の委員長に任命された16歳の王子Jigme Singye Wangchuck が統治責任を負わなければなりませんでした。

    彼は世界で最も若い君主になりました。

 3. HMは王宮(自分の居住する宮殿)の建設を断った

    陛下はティンプーの Samtemling のシンプルな木製のバンガローに住んでいたので、国会議員は王宮を建設するための議題を提出しました。

    しかし、陛下は申し出を断り、代わりに開発活動について考えるようにメンバーに命じました。 HMは同じ古いシンプルなバンガローに住み続けています。

 4.車を替えない

    HMは国王として 2000年型の Toyota Landcruiser Prado を使用しており、彼は古くなっても同じ車を使用しています。

    時々、HMはティンプー周辺の古いトヨタハイラックスに乗っているのを見ることができます。

 5. HMは開発に対して異なるアプローチを取った

    1972年に、ジャーナリストがブータンの国内総生産について尋ねたとき、16歳の王は、ブータンにとって、国民総幸福(GNH)が GDPより重要であると答えました。

    それ以来、GNHの哲学は国際的な注目を集め、ブータンの指導的開発政策となっています。

 6. HMは絶対的な力を放棄した

    1998年、内閣が国会で選出され、国王の執行権が彼らに引き渡されました。

 7. HMは死刑を禁じた

    1960年代に国の死刑を実際に廃止したのは3代目の国王でした。しかし、1992年の国家安全保障法の下では、反逆罪で死刑が定められました。

    第4代HMは、死刑に関する条項を削除したため、ブータンでの死刑は廃止された。

 8. ブータンの憲法の起草を始めた

    2001年、HMは当時の最高裁判所長官に、民主主義の制度を導入するための憲法と、我が国と国民のための保障措置を導入するための委員会の設立を命じました。

 9. 戦争にも行った

    1990年代初頭に、インドからの過激派の一部は違法にブータンに入った。彼らは治安を脅かし、ブータン政府からの撤退要求は数回無視された。

    2003年に、陛下は軍隊を率い、過激派を国外に追い払った。      

10. 譲位は人々に衝撃を与えました

    ブータン憲法では、65歳の時に国王が退位することが義務付けられています。しかし、2006年に譲位を発表したときは 51歳で、人気の頂点にいました。

    譲位の発表は人々を驚かせ、そして悲しませた。 

DAILY BHUTAN 『10 Things That Make His Majesty the 4th King Jigme Singye Wangchuck Extraordinary』

 https://www.dailybhutan.com/article/10-things-that-make-his-majesty-the-4th-king-jigme-singye-wangchuck-extraordinary 

 Bhutan For You:https://www.bhutanforyou.com/king-jigme-singye-wangchuck-is-extraordinary/  

(2)水力発電によって失われた森林

      ブータンは、3つの水力発電プロジェクト、Punatsangchhu-I、Punatsangchhu-II、および Mangdechhuの建設により、約 3,460エーカーの森林面積を失いました。

     森林公園局(DoFPS)による「水力発電プロジェクトと送電線による森林被覆損失」によると、森林被覆損失はインフラ整備の構築よりも送電線の設置によるものである。

    Southasian Monitor 『Bhutan losses 3,460 acres of forest to hydro projects』 http://southasianmonitor.com/2019/06/01/bhutan-losses-3460-acres-of-forest-to-hydro-projects/  

(3)関健作さんブログ『ブータン伝統美術工房2人による「幸せのカタチ展」へ』

     https://www.kensakuseki-photoworks.com/single-post/shiawasenokatachi-exhibition 「幸せのカタチ展」:6月5日まで:http://kankobo.babymilk.jp/gallery/gallery.top.html  

(4)朝日新聞 『宮崎)川南のイラスト画家、児玉さんが空港で個展』 https://www.asahi.com/articles/ASM5F5GXSM5FTNAB00Q.html?iref=pc_ss_date 

   上記 URL の続き

   川南町在住。小さい頃から物作りが好きだった。中学生の時、友人に誘われて入った美術部でデッサンなどを学んだ。顧問で、担任でもあった美術教諭は武蔵野美術大学(東京)出身だった。

   この美術教諭は、大学祭の出し物として校庭にひたすら穴を掘ったことを面白おかしく話してくれた。「ユニークな人たちが集まる美大に行きたい」と決心した。

 しかし、中学3年から家計が苦しくなった。高校でも美術部だったが、4年制の美大は断念。武蔵野美術短大の通信教育課程に入学した。しかし、自分で教科書を開かなければ始まらない学習。

  当時、インターネットは普及しておらず、「封書で質問して返事が来るまで1〜2カ月待ちました」と振り返る。 グラフィックデザインを専攻。

  約2カ月に及ぶ夏のスクーリング(集中授業)では課題が多く出る上、慣れない下宿生活で体調を崩す人も。「1割しか卒業できないと言われる中、4年かかって卒業しました」

  卒業後、建築会社勤めを経て、幼児向けの造形教育をする仲間とアトリエを借りて切磋琢磨(せっさたくま)し、画風を築いた。

  縁あって知り合ったブータンの実業家らを通じ、昨年から首都ティンプーで作品展を開いている。(菊地洋行) 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(6・2掲載):インド新外相、TV番組情報、留学生問題、ブータンテレコム職員研修、オグロヅルとプラスチック、 

(1)読売新聞『インド新外相、妻は日本人…過去に米中で大使も』 https://www.yomiuri.co.jp/world/20190531-OYT1T50328/ 

(2)TV番組情報『 視点・論点「ブータン 気仙沼 私が学んだこと」』 6月3日(月) 13:50 〜 14:00  NHKEテレ1・東京(Ch.2

       6月4日(火) 3:50 〜 4:00   NHK総合1・東京(Ch.1) ・・・・気仙沼ニッティング代表取締役…御手洗瑞子 

(3)「ブータン人学生は日本で上手くやっている」と労働大臣が主張。

     労働大臣は、日本のブータンの学生の事件は、ブータンと日本のメディア、そしてソーシャルメディアが報じたほど深刻ではなかったと主張。

     これは、最近日本を訪問した 7人の代表団が提出した調査結果と所見によるもの。本日の国会で、Khamdang-Ramjar 選挙区の MP Kuenga Loday は、日本のブータン人学生の状況に関する政府の調査結果の説明を求めた。

     両親の代表と日本の法律顧問が行った調査によると、彼らはブータンの学生の 95%がこのプログラムに不満を持っていることが判明。

    しかし、政府の調査結果は学生の 70 〜 80%が幸せで元気であると結論付けた。

    それに対し、労働大臣は「ブータンの学生の多くは、勉強を続けたりフルタイムの仕事を探すために日本に留まることを望み、苦労しているわけではない」と述べた。

    「私たちは、ブータンの学生たちが苦労していて戻ってきたいというニュースが間違っていることを知った。学生たちは日本で仕事をするのは難しいということに同意はしたが、彼らはもっと頑張って仕事をすることを楽しみにしている。彼らは、自分たちの問題は仕事や勉強ができないことではなく、就労ビザを取得することに関係していると付け加えた。彼らは、これら 2つが彼らが直面している主な問題であると指摘した」と彼は明確にした。

   これらの問題に取り組むために、代表団が現在ビザ関連の問題に直面しているブータンの学生すべてのリストを、日本の当局に提出したことを付け加えた。

    BBS 『Bhutanese students doing good in Japan, claims Labour minister』 http://www.bbs.bt/news/?p=115114 

(4)5月29日、最高経営責任者(CEO)が率いるブータンテレコムの職員10人が、日本の経験に基づく事業継続計画に関する研修(BCP)に15日間出席。

    研修は、JICAの支援を受けて進行中の防災事業継続計画策定のための技術協力プロジェクトを通じて実施された。

    JICA Bhutan  https://www.facebook.com/JICABhutan/photos/a.475011372597352/2079120408853099/?type=3&theater  

(5)オグロヅルとプラスチック

   ブータンは今年 4月、 20年前に施行された「プラスチック禁止」を強化した。プラスチック禁止は、第 4代国王の治世 25年目に導入されたが部分的にしか成功していなかった。

   その理由の一部は、それが決して包括的ではなく、単一用途のビニール袋についてのみで、包装された商品には適用されなかったことである。

    研究者チームは、危険にさらされているオグロヅルの糞便に、初めてプラスチックを発見。

    DAILY BHUTAN 『Black Necked Cranes Face Plastic Threat In Bhutan』 https://www.dailybhutan.com/article/black-necked-cranes-face-plastic-threat-in-bhutan 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6・1掲載):王子様カレンダー、「ブータンの花カレンダー」、ホテル部屋数過剰、バングラデシュ人医療専門家雇用、TV番組情報、『しあわせのカタチ展』、

(1)王子様カレンダー http://yellow.bt/bhutan-calendar-for-june-2019/

         

(2)itobaa さんの「ブータンの花カレンダー」アップしました。  http://bhutan.fan-site.net/itobaasann.htm  

(3)観光客数に対して過剰なホテルの部屋数 「地域旅行者(インド等のロイヤリティ免除国からの観光客)」の増加がホテル料金を下げる要因となっている

    Southasian Monitor 『More Hotels, Less Tourists: A stiff competition in Bhutan』 http://southasianmonitor.com/2019/05/30/more-hotels-less-tourists-a-stiff-competition-in-bhutan/ 

(4)バングラデシュ人医療専門家雇用   外務大臣によると、医師を雇うという政策は新しいものではなく、1990年以来存在していた

     Trashigang の Kanglung-Samkhar-Udzorong 選挙区の議員である Samdrup R. Wangchuk 博士は、バングラデシュから 20人の医療専門家と 4人の副専門家を雇うという政府のイニシアチブの財務上の影響について質問

     国会での質疑応答では、必要な経費は、バングラデシュから 20人の専門家と 4人の副専門家をそれぞれ月額 345,000 Nuと 311,000 Nuで雇うと、月額 6900,000 Nuと 1,244,000 Nuになると述べた

    MP Dr Samdrup R. Wangchukは、外部から専門家を雇う代わりに、その資金で自国の医師を訓練したり、仕事を辞めた専門家のサービスを利用することができると述べており、これは長期的な解決策となる

    彼は政府に対し、外部からの雇用に対する経済的な影響が大きいため、短期的な措置ではなく長期的な影響を検討するよう促した

    business bhutan 『Govt. quizzed on hiring medical specialists from Bangladesh』 http://www.businessbhutan.bt/2019/05/30/govt-quizzed-on-hiring-medical-specialists-from-bangladesh/  

(5)TV番組情報『 世界の国境を歩いてみたら…インド×ブータン編 』 6月21日(金)午後7時 BS11 イレブン https://www.bs11.jp/education/national-border/  

(6)『しあわせのカタチ展』(http://bhutan.fan-site.net/kai.htm)は6月5日(水)まで https://www.facebook.com/btas2018/photos/a.414255069127234/417181165501291/?type=3&theater

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・31掲載):デザイン会社、高齢者カード、竹の需要減少、気分のムラ、ツアー・オブ・ドラゴン、メディアの力、 

(1)ブータンの起業家を祝う:Wemyel Studio の Pema と Rinchen Dorji Wangyel

      兄弟の Pema と Rinchen Dorji Wangyel は、デザインとアニメーションへの愛をこめて、デザイン、Web、モーションからドメインおよびデザイン戦略まで、マルチメディアサービスを提供する Thimphu ベースのデザイン会社「Wangyel Studio 」を共同設立

    DAILY BHUTAN 『Celebrating Bhutan's Entrepreneurs: Pema And Rinchen Dorji Wangyel Of Wangyel Studio』(動画有り)

    https://www.dailybhutan.com/article/celebrating-bhutans-entrepreneurs-pema-and-rinchen-dorji-wangyel-of-wangyel-studio  

(2)第8回王立高齢者協会の年次総会ティンプーで開催  会議は高齢者が直面する問題や課題を整理することが期待されている  会議中に高齢者カードも発売

   「私たちは高齢者カードを発行することにした そうすれば彼らがどこに行っても彼らが必要ならば示すことができるように、彼らは60歳を超えており、王立高齢者協会の会員になることができる このカードを使えば、銀行や公共サービスセンターの待ち行列にいなくても、航空券の割引を受けることができるなど、高齢者になることの恩恵を受けることができる 政府は彼らが検診に行くときに別の特別な窓を形成することに同意 このカードを使えば、彼らは今クイックサービスにアクセスすることができる これは、高齢者カードを発行することの利点の1つ」 

    Southasian Monitor 『Buthan launches cards to provide services to senior citizens』

     http://southasianmonitor.com/2019/05/28/buthan-launches-cards-to-provide-services-to-senior-citizens/  

(3)東ブータンのラディに竹の市場はない Radhi の竹のプランテーションは 10年前から土地の劣化と戦ってきた

   竹はかつて Trashigang の Radhi gewog の地元住民の主要な収入源と考えられていましたが、今はそうではない

   Radhi gewog からの竹の需要は長年にわたって減少し続けており、地元の住民は竹の柱の需要がないと新しい竹の苗木を植えることができない

   business bhutan 『No market for bamboo in Radhi』 http://www.businessbhutan.bt/2019/05/29/no-market-for-bamboo-in-radhi/  

(4)私は気分の「ムラ」に苦しんでいます。 私はいつの日か幸せになり、みんなと話をします、そして次に私は気分が悪くなり、いらいらします。

   私はそれが私の友人や家族との関係に影響を及ぼしていることを理解しています。それについてできることはありますか?助けることができる仏教の習慣はありますか?

    クェンセル 『Note down the situations that cause mood swings』 http://www.kuenselonline.com/note-down-the-situations-that-cause-mood-swings/ 

(5)ツアー・オブ・ドラゴン(https://www.bookmytour.bt/bhutan-events/tour-of-the-dragon)は、2010年にブータンオリンピック委員会委員長の HRH Prince Jigyel Ugyen Wangchuck によって考案された 

『The Tour of the Dragon was conceived by HRH Prince Jigyel Ugyen Wangchuck, President of the Bhutan Olympic Committee in the year 2010.』

 https://www.facebook.com/bhutaneseroyalfamily/posts/2304834309730665?__xts__[0]=68.ARDDaklYSRheeFwW82iW5kfP86igl6L983qKviD1aGJAlwyRPD1QZFHfGevGZBq8z6Ee7kjM4LpoEene3jUt_SMY2v9VgFwkkgSABzt7spJQvIVQ0U-zpNPge0ak46l13KhSMkZDL6sSHeXQQ8MxvVAfKCV-KpfXzo52UL5np-8pyOoCTRJvL7xwoc9TEifCgpCDb1RlLxvGGlhPlXKFWsJrNLcB7QtDg4Mh0HPHZgLXJTISOaHZ1GgmPP-ct5quSY6qCYnEeUTIxwTe3F5X-v9aruTzV9s1UmkMQ7-xFu3pf6k7IZwLqewFjoPwmqwYTf_3TEJ3Ike3GAu_W9WUpGzac6dX&__tn__=-R

(写真5枚)

(6)メディアの力 Clean Bhutan  https://twitter.com/CleanBhutan/status/1133686049769570305  https://twitter.com/CleanBhutan/status/1133209801880625152  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・30掲載):留学生問題、ゾンカによる銀行ターミナル、Chamkhar Chu 水力発電計画中止、公務員給与引き上げ、TV番組情報、 

(1)石丸次郎 『留学生を「奴隷労働者」のように扱う日本 実態暴き「朝日の偽善」も斬る『移民クライシス』』 https://news.yahoo.co.jp/byline/ishimarujiro/20190529-00127810/ 

(2)プレジデントオンライン 『外国留学生急増の裏で進む"偽装就職”の闇 就労ビザや大卒学歴もお金で買える』 https://president.jp/articles/-/28802 

(3)ゾンカによる銀行ターミナル  国語を保存促進し、金融包摂の国家目標を支援するためにブータン銀行(BoB)はゾンカ語での銀行ターミナルを立ち上げた

  これは英語で読み書きすることができない顧客にとって便利になる

    BBS 『Dzongkha language option available in BoB’s major digital platforms』 http://www.bbs.bt/news/?p=114937  

(4)Chamkhar Chu 水力発電計画中止 770 メガワットの Chamkhar Chu 水力発電プロジェクトは Kheng-Rig-Nam-Sum の人々のための救済になるはずだったが、国民議会はそれを棚上げしている

   Zhemgang の人々は彼らの希望と願望が粉砕されると言った

   BBS 『Plans for Chamkhar Chu project shelved, Zhemgang people cry foul』 http://www.bbs.bt/news/?p=114975  

(5)内閣はジュニア公務員のためのより大きい給料の引き上げを承認する

   The Bhutanese 『Cabinet approves bigger pay hike for junior public servants』 https://thebhutanese.bt/cabinet-approves-bigger-pay-hike-for-junior-public-servants/ 

(6)TV番組情報 超ムーの世界R#41霊の見え方▽ブータンの雪男伝説▽エジソン名言の真意▽手相ほか 6/5 (水) 3:00 〜 4:00  BS12 トゥエルビ(Ch.12)

  番組内容:雑誌「ムー」と完全コラボ!オカルト界の重鎮たちが超常現象や都市伝説、秘密結社、陰謀説…あらゆる"不思議"について、無責任に議論するオカルトエンターテイメント番組 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(5・29掲載):王室の車、セメント生産、haikus、竹工芸の再興、廃棄物から製品を生む、 

(1)くるまのニュース 『海外王室の知られざる「おクルマ」 日本車との意外な関係性とは 「世界で一番幸福な国」の公用車と日本の意外な関係とは』

      https://kuruma-news.jp/post/147368/2 

(2)国内最大のセメント工場であるDungsam Cement Corporation Ltd.(DCCL)は、生産能力の利用が2017年に比べ増加したにもかかわらず、生産量を制限することを余儀なくされている

    セメント販売は、2017年の 571,340 MTから昨年 633,385 MTに増加し、約 11%の成長を記録

    クェンセル 『DCCL reduces loss by 96 percent』 http://www.kuenselonline.com/dccl-reduces-loss-by-96-percent/ 

(3)日本の伝統的な詩であるhaikusのコレクション UNDP Bhutan  https://twitter.com/UNDP_Bhutan/status/1131256322857418752  

(4)竹工芸の再興  消滅しかけている芸術,竹工芸、Philuma Potala 非木材林産物(NWFP)グループの結成によって再興を目指している

    それは Samdrup Jongkhar の Orong の Philuma 村からの42の熟練した職人のグループ Samdrup Jongkhar の北部に位置する Philuma 村は、最寄りの道路から上り坂まで 4時間の位置にあり、村は 54世帯、総人口は445人 20年前、コミュニティの竹職人は家庭用の竹工芸品を製造していたが、この伝統的な芸術は姿を消した 2009年に、林業普及員、シェリン・チェダーが gewog に転任したとき、彼は竹が地域社会で豊富に供給されていたことを知った ツェリン・チェダーは竹工芸の伝統的な芸術を維持するために研究と計画に 2年間を費やした この試みは、地元の天然資源を保護し、昔の伝統的な竹工芸品を復活させ発展させるのにも役立つ

    DAILY BHUTAN 『Craftsmen To Revive Dying Art Of Bamboo Craft In The Village Of Orong, Bhutan』

    https://www.dailybhutan.com/article/craftsmen-to-revive-dying-art-of-bamboo-craft-in-the-village-of-orong-bhutan 

(5)2019年 5月 23日:サムチ県政府の資金によって、サムチの異なる gewog からの20人の女性参加者への、 プラスチック廃棄物とテトラパックから製品を作製する技能開発訓練に関するプログラム(写真4枚)

    Clean Bhutan  https://twitter.com/CleanBhutan/status/1131543050746966022 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・26掲載):生物多様性、第14回 RUB 招集の国王陛下の演説翻訳、高校生架け橋プロジェクト、 

(1)ブータンの生物多様性統計によると、ブータンは11,000種以上の生物多様性を保有 この数字は、世界で記録された総生物多様性の4.89パーセントを占めている

     BBS 『Bhutan host to over 11,000 species of biodiversity』 http://www.bbs.bt/news/?p=114631  

(2)第14回 RUB 招集の国王陛下の演説翻訳

    『A Translation of His Majesty The King’s Address at the 14th RUB Convocation』

     https://www.facebook.com/notes/his-majesty-king-jigme-khesar-namgyel-wangchuck/a-translation-of-his-majesty-the-kings-address-at-the-14th-rub-convocation/10156025491286761/ 

(3)アジア高校生架け橋プロジェクト(電車内広告) https://www.afs.or.jp/news20180411/  https://www.afs.or.jp/kakehashi-pr/  

    2018年 11月 21日  神戸新聞『「時間の正確さ学びたい」ブータンから三田に留学』 https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201811/0011837443.shtml 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・25掲載):JICAブータン事務所長挨拶、ブータンシール認証、喪失と希望、眼鏡の寄付、アルコール依存症の治療、失業率、

(1)JICAブータン事務所長 渡部晃三氏 挨拶 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/about/greeting.html

(2)ブータンシールで認証された 13製品  5月 21日にティンプーで開催された第 4回ブータンシール賞で、13の手芸製品が Seal of Quality で認定された

   ブータンシールの基準のスコアに基づき、製品は Seal of Quality または Seal of Excellence のいずれかで認定される しかし、今年シール・オブ・エクセレンスを受賞した製品はありません

   クェンセル 『13 products certified with Bhutan Seal』 http://www.kuenselonline.com/13-products-certified-with-bhutan-seal/ 

(3)喪失と希望 政府の投資部門である Druk Holding and Investments は、政府による資金提供への貢献を表明 税金、配当金、ロイヤルティは 130億Nu

   しかし、2018年の収入は彼らが昨年宣言したものより 6%低かった この減少は、特に Wangchhu における水量の乏しいことに起因しています

   これを素人の言葉で表現すると「チュカとタラの水力発電所のタービンを回してお金を稼ぐのに十分な水がなかった」

   DHI の収入の約 85パーセントは水力発電プロジェクトから来ています 言い換えれば、パフォーマンスは水の流れ、あるいは単に自然によって決定されます

   クェンセル 『Loss and hope』 http://www.kuenselonline.com/loss-and-hope/

(4)ブータンの貧弱な視力を軽減するのを助けるために 400,000組の眼鏡を寄付する Essilor

   ロイヤル・グランドマザー・ケサン・チョデン・ワンチャック(第3代国王妃)生誕 89周年を記念して、保健省は、視力低下を軽減するためのブータン - エシロール提携の開始を発表

   5月 21日にプログラムを開始するために 15人に眼鏡をかけました。 Essilorは、ブータン国民に利益をもたらす 40万組の眼鏡を寄付することを誓約

   保健省は現在、東南アジアの国際失明予防機構(IAPB)の支援を受けて、国内の学校や僧院のすべての生徒が屈折異常について検査を受ける学校スクリーニング・プログラムを実施

   DAILY BHUTAN 『Essilor To Donate 400,000 Pairs Of Eyeglasses To Help Reduce Poor Vision In Bhutan』 https://www.dailybhutan.com/article/essilor-to-donate-400-000-pairs-of-eyeglasses-to-help-reduce-poor-vision-in-bhutan

   クェンセル 『Essilor International to donate about 400,000 pairs of eyeglasses』 http://www.bbs.bt/news/?p=114624

   参考:エシロールはフランスの光学製品メーカー。  世界的に有名な遠近両用メガネレンズのブランド・バリラックスの製造などで知られる。

(5)信念が医学的介入を遅らせる 多くのブータン人は、家族がアルコール依存症になったり精神的健康問題を抱えているときには医療介入を求めず、最初に占星術師に相談し、プジャ(法要)を行う

  クェンセル 『When beliefs delay medical intervention』 http://www.kuenselonline.com/when-beliefs-delay-medical-intervention/

(6)2018年の労働力調査報告によると、ブータンの失業率は 3.4% この数字は 2017年の 3.1パーセントから増加 レポートは火曜日に国家統計局(NSB)によって発表

   BBS 『Unemployment rate highest in 2018 at 3.4 per cent』 http://www.bbs.bt/news/?p=114622  

   --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・24掲載):ブータンつれづれ、車椅子対応バンを寄贈、コマ村のキシュタラ、留学生問題、Mini-Undokai、23区国籍別住民増加率ランキング、 

(1)平山雄大さんの「ブータンつれづれ 35」は『エマダチのトモダチはケワダチ』 http://bhutan.fan-site.net/piyosann.htm 

(2)星槎グループが車椅子対応バンを寄贈 ブータンパラリンピック委員会が受け取った2台のバンはパラアスリートに使用されます

    クェンセル 『SEISA Group donates wheelchair accessible vans』 http://www.kuenselonline.com/seisa-group-donates-wheelchair-accessible-vans/ 

(3)ルンツェ県のコマ村(http://bhutan.fan-site.net/23-2.htm)は,昔からキシュタラ(http://bhutan.fan-site.net/1-010.html)の名産地として有名ですが、販売する場所がありません

    クェンセル 『No place to sell Kushuthara in Khoma』 http://www.kuenselonline.com/no-place-to-sell-kushuthara-in-khoma/ 

(4)MoLHR は日本の若者のためのビザ延長処理を開始  労働省は、日本への訪問調査に続いて日本にいる青少年のためのビザの延長に取り組み始めました。

   同省はまた、日本での雇用機会を探求するための新しいプログラムを追求している。 この決定は、先週、学び、稼ぐプログラム(LEP)について、同省が作成し、政府に提出した報告書の調査結果に基づいています。 労働相は、既存の問題と政府に提出された報告書を調査した後、「同省が最初にすることはそこにいる若者がビザ延長の援助を受けることを確認することである」と言いました。 「このために我々はすでに日本政府と協力し始めました、彼らがすべての若者にビザ延長を認めるかどうかは日本政府によるでしょう」と大臣は言いました。

   「私たちは政府が報告に基づいてする必要があることすべてをやろうとしています。」 大臣の代表団は、4月 16日から 27日にかけての訪問中に、144人のブータン人と会談しました。

   3人のチームは 4月 10日から 29日まで日本を訪れた 219人の学生と会うことができました。

  クェンセル 『MoLHR starts processing visa extension for youth in Japan』 http://www.kuenselonline.com/molhr-starts-processing-visa-extension-for-youth-in-japan/ 

(5)調査した結果、日本にいる 220人の学生の 89.5%が、政府の融資延期の解決策に同意していない

   The Bhutanese 『Government’s finding from Japan not satisfactory and not accurate: Parents’ Committee』

   https://thebhutanese.bt/governments-finding-from-japan-not-satisfactory-and-not-accurate-parents-committee/ 

(6)Mini - Undokai イベントを開催(写真8枚) JICA Bhutan

 https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/2064831996948607?__xts__[0]=68.ARCxaIvtXUi_0IRlrbBznqGZlH5Jsqrap9YI5Cfq9KOYLbJVsIelmb4dOgAPUmHvR0UTYVPYMjxYMQg0BiZo3fVR3wfYYU_Ic1Jq8JSwVeYZwUs5ULPswjQFvGJl1vwK0GBGH2YV0KP4hHXaeYc15GEp9nyLpgc9Lwagv-Z002yT6uK3xW0tV0srvCPKNe3FVToTm-jjrryTMJMWf-nAIn_I8Npb54-3fLzxtU3U4QnmFNLf_gyys5YaW6rd2SFDAqC2yOdxS_tzAYwSm9R9SJ5PUMJ7udo3DqGCuF5Btwm1iOHVUP2LCgQBuB-SzVkS93L6pYW44m7RlJvYA3M4Ro_IXA&__tn__=-R 

(7)NHK『外国人 “ 依存 ” ニッポン』 https://www.nhk.or.jp/d-navi/izon/multinational.html  23区 国籍別住民増加率ランキング TOP 20 でブータンは第2位 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・23掲載):観光地としての価値、セクハラ訴訟、留学生問題、自己肯定感、日本ブータン学会第4回大会、黄色いボタン、『幸せのカタチ展』、 

(1)観光地としての評価  ブータンは長年にわたり、国際的な観光目的地のトップで、国際的な報道機関、旅行雑誌、ブログ、有名人、観光客から絶賛を得るのに慣れていた

    しかし、低予算の地域観光客(ロイヤリテー支払い義務の無い地域からの客)の数が増えるにつれて、疑問視されるようになってきて、その価値は擦り切れ始めている

    現在海外でブータンを観光客に宣伝しているブータンのツアーオペレーターは、Tourism WeChat で次のように述べている

    「 10日間で、私は約 50社の旅行会社のパートナーを訪問し、ブータンについて非常に悪いフィードバックを得た」

    The Bhutanese 『As Bhutan stands in danger of losing exclusive tag govt contemplates moves』

     https://thebhutanese.bt/as-bhutan-stands-in-danger-of-losing-exclusive-tag-govt-contemplates-moves/ 

(2)性的嫌がらせの疑いで言語文化研究大学(CLCS)が 9人の講師と 1人のスタッフに対して訴訟を起こす  Trongsa の Taktse にある CLCS の管理者は、9人の講師とセクシャルハラスメントのために今週初めに強制退職させた 1人の支援スタッフに対して正式にTrongsa 警察に苦情を申し立てた  この訴訟は、昨日 2019年 5月 17日に登録された

   The Bhutanese 『CLCS lodges case with RBP against 9 lecturers and 1 staff for alleged sexual harassment』

    https://thebhutanese.bt/clcs-lodges-case-with-rbp-against-9-lecturers-and-1-staff-for-alleged-sexual-harassment/ 

(3)留学生問題:BEO事件被害者の両親と学生が MoLHR(労働省)に対して訴訟を起こす

   「学び、稼ぐ」プログラムの両親と学生は、代理人 BEO に対して訴訟を起こす準備をしている

   「問題は、プログラムを適切に監視していないことに加えて、長い間知られていたにもかかわらず、長官と代理人の両方がタイムリーな介入を提供していない過失」と弁護士は述べた

   「実際の調査はプログラムを開始する前に省によって行われていなかった」  ずっと前に、同様のプログラムを実施した他の国に関しても同様の問題があると指摘

    日本では、過去にこのようなプログラムを通じて日本のマフィアが関与し、売春さえも流行しているケースが多数あると述べ、

   プログラムを承認しそれを支持する前に同省は検討しなかった事を問題としている

   The Bhutanese 『Parents and students in BEO case to file a legal case against MoLHR as well』 https://thebhutanese.bt/parents-and-students-in-beo-case-to-file-a-legal-case-against-molhr-as-well/ 

(4)自己肯定感 https://twitter.com/RieDorji/status/1130280801617080320

   ・・・山本の個人的感覚では、ブータンの人達の自己肯定感は飛び抜けて高い!  時には、「少しは “反省” という文字をその意識に組み込んで欲しい」と思う程に(笑) 

(5)日本ブータン学会第4回大会 2020年5月16日(土)に福井市内にて開催予定 http://www.bhutanstudies.org/827/ 

(6)花と泉の公園『黄色いボタン』 https://hanatoizumi.com/2019/05/22/%e3%80%90%e3%81%bc%e3%81%9f%e3%82%93%e5%9c%92%e3%80%91%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%90%e3%83%a9%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3/ 

(7)5月25日(土)〜6月5日(水) プンツォ・ワンディさんと石上陽子さんご夫妻の『幸せのカタチ展』

   時間:10時〜17時  (木)定休  会場:ギャラリー「間」成田:http://kankobo.babymilk.jp/gallery/gallery.top.html

     主催:ブータン伝統美術工房:https://bta-studio.jimdo.com/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(5・22掲載):幸せの国のボタン、世界のロイヤルキッズ、岩のロイヤリティ、カーボンニュートラル、31の新種、『ヒマラヤ学誌 20号』、 

(1) 岩手日日新聞 『咲いた! 幸せの国のボタン 花と泉の公園【岩手】』 https://www.iwanichi.co.jp/2019/05/21/324418/

      花と泉の公園:https://twitter.com/hanatoizumi/status/1130298903549493248

      参考:ブムタンの野生状態の写真と原寛東京大学名誉教授の小論文:http://bhutan.fan-site.net/syo-2-7.htm 

(2)HAPPY PLUS 『注目のロイヤルキッズを網羅! 世界の麗しきプリンス&プリンセス図鑑』 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190520-00010012-shueishaz-ent&p=2  

(3)岩に課されるさまざまな使用料  Samtse の Dhamdum で浚渫工事が進行中

    政府に支払うロイヤリティは、誰が地表からの石の採集を承認したか、または河床からの浚渫を承認したかによって異なる

    トラック積載あたり40 Nuのロイヤリティ、および10 Nuの許可料が森林公園局(DoFPS)によって承認されたものに対して請求される

    それは、天然資源開発公社(NRDCL)および地質鉱山省(DGM)によって承認されたものよりも低い

    クェンセル 『Different royalties imposed on boulders』 http://www.kuenselonline.com/different-royalties-imposed-on-boulders/ 

(4)2050年に向けてカーボンニュートラルな地位を維持するためにブータンでの会議で推奨される積極的な措置

    この研究は、2030年以降にカーボンニュートラルなブータンを維持するための鍵として、森林管理による炭素吸収の強化を示唆している

    ブータンが世界で「唯一のカーボンニュートラルな国」であるという地位を維持し続けるためには、廃棄物管理、土地利用、そしてエネルギー技術の開発の観点からもっと多くのことをしなければならない。

    ティンプーで開催された「都市開発と幸福に関する国際会議」で、日本の国立環境研究所の上級研究員、2050年に向けたカーボンニュートラルシナリオの開発について発表

    彼のチームと共に、Kei Gomiは、2050年までにブータンがカーボンニュートラルな国の地位を維持できる可能性を定量的シナリオアプローチを用いて評価した

    2つの予測シナリオに分けられた研究

    定量化モデルであるExSS(Extended Snapshot)ツールを使用して、さまざまな仮定、社会経済的発展、および関連する方針を使用して将来のシナリオを予測

    この調査は2つのシナリオに分けられました

    通常通りのビジネス(BaU)とカーボンニュートラル(CN)です

    前者のシナリオでは、社会経済開発は、エネルギー技術や土地利用パターンに変化がないことを考慮して、政府の目標と予測に従って行われます

    CNシナリオに関しては、排出量を削減し、炭素吸収量を増加させるための効率的な気候政策の実施とともに社会経済的開発が行われるであろう

    ・・・・この時の国立環境研究所の上級研究員の発表は 5月 19日の「日本ブータン学会」でも発表された・・・・

    DAILY BHUTAN 『Active Steps Recommended At Conference For Bhutan To Maintain Its Carbon Neutral Status Towards 2050』

    https://www.dailybhutan.com/article/active-steps-recommended-at-conference-for-bhutan-to-maintain-its-carbon-neutral-status-towards-205 

(5)新種 ブータンは2009年から2017年の間に新たな31種の動植物を記録 新たな31種は、植物の16種、4つの蛾、4つの軟体動物、1つのトンボ、3つの魚、1つのコナジラミと2つのカブトムシの種を含む

     BBS 『Bhutan records 31 new species of flora and fauna new to science』 http://www.bbs.bt/news/?p=114459 

(6)『ヒマラヤ学誌 20号』 PDF:https://www.kyoto-bhutan.org/ja/Himalayan/vol20.html  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・21掲載):Yab Dasho Ugyen Dorji 訃報、チリの不作と低価格、建設ブームが貿易収支に影響を、『ブータン学研究 vol.2』、中学生が留学生と交流、 

(1)Yab Dasho Ugyen Dorji 訃報   5月12日、94歳で亡くなった Yab Dasho Ugyen Dorjiは、国王陛下の母方の祖父(4人の第4代国王妃の父)

    彼は1925年にパロの Kungacholing で Dangla Trulku Sangay Tenzin と Ashi Dorji Om の間に生まれた ブータンの4人の王の治世を生きてきた Yab Dasho Ugyen Dorji の生涯は、ブータンの成長と発展を反映  彼は起業家の間の先駆者として知られていて、国が近代化し始めていた間に、この国で最初のビジネスマンとして活躍 ヤブは 1960年代にタシチョゾン近くに店舗を開設

   第3代国王の「ティンプーに町を整備したい」という願いに応えた最初の店舗の1つ Yab は後にPuna??kha の Nobgang に定住し、事業を拡大、りんごの栽培、製材所の設立、そして様々な事業を続けた

  王様Facebook  https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.485878073259/10157075092948260/?type=3&theater

          https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.485878073259/10157079282623260/?type=3&theater 

  BBS  http://www.bbs.bt/news/?p=114215  http://www.bbs.bt/news/?p=114336 

  クェンセル  http://www.kuenselonline.com/yab-dasho-ugyen-dorji-passes-away/  http://www.kuenselonline.com/picture-story-751/ 

(2)チリの収穫量の少なさと低価格は、モンガルの Chhaling Dhopang の農家を失望させる

    BBS 『Poor chilli yield & low price disappoints farmers in Chhaling_Dhopang, Monggar』 http://www.bbs.bt/news/?p=114398 

(3)ブータンの貿易収支に影響を与える建設ブーム ブータンは近年大きな建設ブームを経験しているが、セメントを除いて、建設用の原材料はすべて輸入されており、国から大量の資金が流出している

   Southasian Monitor 『Construction boom affecting Bhutan’s balance of trade』 http://southasianmonitor.com/2019/05/18/construction-boom-affecting-bhutans-balance-of-trade/ 

(4)日本ブータン学会『ブータン学研究 vol.2』 http://www.bhutanstudies.org/journal/vol-2/

      

(5) 長崎新聞  『間違い恐れず「ハロー!」 中学生が留学生と交流』 https://this.kiji.is/502851747111289953?c=174761113988793844

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・19掲載):ブータンサロン、ヒマラヤ学誌 20号、『国別 世界食文化ハンドブック』、タグを付けられたシロハラアサギ、 

(1)日本ブータン友好協会主催「ブータンサロン」

    今年2回目のブータンサロンは、JICAブータン事務所所長として2016年4月に赴任、この3月に帰国された山田浩司氏にお話をしていただきます。

    山田氏の3年間の駐在生活で起きたブータンの大きな変化は、デジタル工作機械を用いたものづくりの普及とのこと。それはどんなことなのでしょう?

    デジタルものづくり工房「ファブラボ」の開設、世界ロボットコンテスト出場、3Dプリンターを持ち込みこれらを陰で支えた仕掛け人の興味深いお話です。

    ご家族、お友達もお誘いになり、大勢の皆様のご参加をお願いいたします。 

    日 時:2019年6月15日(土) 午後3時〜午後5時

    場 所:早稲田大学 3号館305教室(地下鉄東西線早稲田駅 歩7分、都電荒川線早稲田駅 歩3分)

    テーマ:内陸国ブータンにおけるデジタルものづくりの進展―JICAブータン事務所長の活動報告

    報告者:山田浩司氏 前JICAブータン事務所所長

    会 費:会員・家族 500円、一般 700円

    申 込:2019年6月12日締め切り  日本ブータン友好協会事務局宛に、E-メール(info@japan-bhutan.org)かFAX(03-3945-3396)でお申込み下さい。 

(2)『ヒマラヤ学誌 20号』目次 

      

(3)新刊案内 『国別 世界食文化ハンドブック』 https://www.asahi.com/articles/DA3S14019068.html?iref=pc_ss_date  

(4)タグを付けられた3羽の幼いシロハラサギ(WHB)

    2019年 5月 14日に Kisonachhu で王立自然保護協会(RSPN)とUgyen Wangchuck 自然保護環境研究所(UWICER)の研究者が、共同で3羽のWBH 幼鳥にタグを付け,命名した(写真5枚)

    RSPN https://www.facebook.com/rspnbhutan/posts/2416317078407156?__xts__[0]=68.ARAC8Gq1miqoGhjyW6jqb29uBimQ3YpdkD_odHNe37FidkOXLcRoVT7tlyQrqAL3Zw5FjD7rF7O32f2h8Gwf8kSDQbk8BUV8BMsoLMRzLrx_4oxFpklndva5TLYKol762ifFlXHWt9yDjppY2mHq3A8TBGfuaEjUH7gfw68BKYbs2nebedgElmNum6i2I5OzV2rJ-cEyT44ALOE_YoUwEcSzV34FGdjxTNsk0NT1c5MOuBBRRm03gQhS6EH0fL3bZ3hpTCz1-nINwSnFQd6oD7CFZeJW842BVIlTRfZNFera0Um3k8brJeYNi7TUV0BcQ8fnfeQ8bk14a6Y794LCHebLgA&__tn__=-R

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・18掲載):最後の羊飼い、僧院の英語教育、FIFAの女性審判、滅亡しかけている竹工芸を復活、

(1)チランの Thakhorling 村の最後の羊飼い  BBS 『The Last Shepherd of Thakhorling village in Tsirang』 http://www.bbs.bt/news/?p=114280 

(2)Tango 大学の約 48人の僧侶は、他の選択科目よりも英語を勉強することを選択します

     クェンセル 『From philosophy and meditation to basic English』 http://www.kuenselonline.com/from-philosophy-and-meditation-to-basic-english/   

(3)27歳の Choki Om は、国際サッカー連盟(FIFA)審判に就任したブータンの最初の女性  彼女は学校時代からすでに10年以上にわたって審判を続けている

    また、彼女は 2015年に Gedu College of Business Studies で商学および金融の学士号を取得

   DAILY BHUTAN 『Meet Choki Om ミ First Woman From Bhutan To Become A FIFA Referee』 https://www.dailybhutan.com/article/meet-choki-om-first-woman-from-bhutan-to-become-a-fifa-referee

(4)Orong の滅亡しかけている竹工芸を復活させる職人たち

   business bhutan 『Craftsmen to revive dying art of bamboo craft in Orong』 http://www.businessbhutan.bt/2019/05/16/craftsmen-to-revive-dying-art-of-bamboo-craft-in-orong/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・17掲載):令和、留学生問題、女性と子供に対する暴力、空港シャトルサービス、マツタケ祭り、 

(1)『令和:日本とブータンの美しい調和の時代』 30年前のシーンが私の記憶に鮮やかに刻まれています。 それは、昭和天皇の葬儀に出席したブータン国王の姿です。

   国王陛下は 1989年 2月の凍った雨の中、静かに傘をささずに立ち、祈りを捧げました。日本人は彼の仕草に感動しました。

   平成時代が始まると、日本人は「ヒマラヤの地に真の友達がいて、静かな尊厳と高貴な精神をもっていたこと」を知りました。 

   今年の 4月 30日、「平成」時代は終わりました。そして 5月 1日に、世界最古の継続的な君主国の王座への 126番目の天皇として徳仁殿下が即位され、新しい時代 “ Reiwa” が始まった。

   この歴史的な、ご存命の天皇からの皇位継承はおよそ 200年ぶり。 Reiwaという元号は、1200年以上前にまとめられた古代の文章から取ったもので、「人々が心と思いを美しい方法でまとめると、文化が生まれ、繁栄する」という意味を表しています。

   クェンセル 『Reiwa: The Era of Beautiful Harmony between Japan and Bhutan』 http://www.kuenselonline.com/reiwa-the-era-of-beautiful-harmony-between-japan-and-bhutan/ 

(2)留学生問題  日本政府とその関係当局は、日本で働いているブータンの若者のためのビザ延長を促進するための支援を保証

    しかし、日本へのブータン代表団の報告によると、ブータン政府は日本にいるブータンの若者の包括的な情報と地位を共有することを要求されている

   4月 16日から 27日にかけて、労働大臣率いる 7人の代表団が来日した  報告書には、この訪問は状況の明確な状況を把握することを目的としていたと述べられている

   労働省とブータン開発銀行の関係者からなる 3人のチームが 4月 10日から 29日まで海外訪問とスキル開発ローンの延期計画を円滑に進めるために日本を訪問

   大臣の代表団は 144のブータン人と会談  3人組チームは 219人の学生に会った

   クェンセル 『Japanese government assures support to Bhutanese in Japan 』 http://www.kuenselonline.com/japanese-government-assures-support-to-bhutanese-in-japan/ 

(3)女性と子供に対する暴力 クェンセル 『Violence against women and children』 http://www.kuenselonline.com/violence-against-women-and-children/ 

(4)空港シャトルサービス business bhutan 『Maiden trip of Bhutan Airport Shuttle Service on Monday』

     http://www.businessbhutan.bt/2019/05/15/maiden-trip-of-bhutan-airport-shuttle-service-on-monday/ 

(5)マツタケ祭り  ティンプー県ゲネカ 2019年 8月 15(木)〜 16日(金)  ブムタン県ウラ 2019年 8月 23日(金)〜 24日(土)

     https://www.facebook.com/travelbhutanjp/photos/a.165060346904512/2419747071435817/?type=3&theater  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・16掲載):対外債務残高、ラジオの意味、交通事故、ニューズウイーク誌面、

(1)Nh 184Bでの対外債務残高

  Southasian Monitor 『Bhutan’s outstanding external debt at Nu 184B』 http://southasianmonitor.com/2019/05/14/bhutans-outstanding-external-debt-at-nu-184b/ 

(2)ラジオはどのように Pemagatshel の人々を楽しませたか

    DAILY BHUTAN 『How Radio Has Informed And Entertained The Remote District Of Pemagatshel In Bhutan』

    https://www.dailybhutan.com/article/how-radio-has-informed-and-entertained-the-remote-district-of-pemagatshel-in-bhutan   

(3)国内で毎年100人以上が道路事故で死亡 2016年に 105人、2017年に 104人、そして昨年は 135人が死亡 300 〜 800人が負傷または身体障害を負っている

    交通安全運輸当局(RSTA)によると、これはスピード違反、飲酒運転および悪い道路状況が原因

    BBS 『Over 100 die in road crashes every year in the country』 http://www.bbs.bt/news/?p=114176  

(4)

Newsweek(ニューズウイーク日本版)2019年5月14日号

    

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(5・15掲載):『ジュニアエラ』、首相は毎土曜日に医師へと変身、ブータンの柔道、 

(1)『ジュニアエラ 2019年5月号』 https://www.amazon.co.jp/dp/B07QW6J5LL/ref=rdr_kindle_ext_tmb

   『モデルのイケメン王子に、親子2代で五輪に参加した国王も… 個性的な世界の国王・王族』 https://dot.asahi.com/aera/2019050900069.html?page=2  

(2)AFP時事 『幸せの国ブータン、首相は毎土曜日に医師へと変身』 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000030-jij_afp-int 

(3)ブータンの柔道  ネパールでのトレーニングに参加:https://twitter.com/RieDorji/status/1127950338898530304

            柔道のデモンストレーション:https://twitter.com/RieDorji/status/1127955847496077312

                          https://twitter.com/RieDorji/status/1127956860869283841   https://twitter.com/RieDorji/status/1127959887646871552

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・13掲載):僧侶がボレロ提供、飼料生産、Tour of the Dragon、Royal Highland Festival、 

(1)300万Nu. に相当する宝くじに当たった 30代の僧侶が、ボレロ(ブータンで数多く使われているインド製のピックアップ・トラック)を購入し、人々が遺体を火葬場へ運ぶために提供

    クェンセル 『Lottery winning monk offers bolero to help carry bodies 』 http://www.kuenselonline.com/lottery-winning-monk-offers-bolero-to-help-carry-bodies/  

(2)カルマフィードは生産を継続  ディレクターの Chencho Wangyal は、「主要原料であるトウモロコシが確保できない事による生産中止を信じた顧客の間でパニックが広がった」と述べた

   インドから原料の 99%を輸入している同社は、西ベンガルとアッサムから輸入のトウモロコシの価格高騰に直面

   トウモロコシの新シーズンが始まったので、会社は現在十分な量のトウモロコシを入手し、価格がさらに下がることを望んでいる

    business bhutan 『Karma Feeds continues production』 http://www.businessbhutan.bt/2019/05/08/karma-feeds-continues-production/ 

(3)『Tour of the Dragon』  http://www.tourofthedragon.com/tour-dragon

     動画:https://www.youtube.com/watch?v=DWiY4NFgaZM   https://www.youtube.com/watch?v=yryw_coqg4U   

  「Tour of the Dragon」ウルトラマラソン級マウンテンバイクレース  日時:2019年9月7日(土)AM 2:00スタート  コース:中部ブムタン県から首都ティンプーまでの 268H 

   概要: ブータンの中央を走る国道1号線を東から西へ1日で走り抜けるレース  高度 2610mのブムタン県ジャカルを真夜中の 2時に出発し、高度 2330mのティンプーへ向かう

      最低高度 1200mから最高高度 3434mのコース中、3000m級の峠を 3つも越えなければならない  車でも 9時間はかかる道のりをペダルをこぐ人の力だけで進む

     まさに世界一過酷な自転車レースといえるでしょう  なお、比較的距離の短い60kmのレース「Dragon’s Fury」も同時に開催されるが  こちらもドチュラ峠まで 1700mの上りがあるので、それなりの体力と根性が必要 

(4)『Royal Highland Festival(王立高地祭り)』 日時:2019年10月23日(水)〜24日(木) 場所:ガサ県ラヤ郡、中国国境近く、海抜4100m 

   概要: ラヤはブータンの中でも独特な文化を持つ地域で、女性はウールの上着を着て頭に竹で編んだ帽子をかぶる

    お祭りでは、ブータン相撲やパン?食い競争、25kmトレイルランレース、特産品販売など、様々なプログラムがあります 下記のリンクから昨年の様子を動画でご覧いただけます

     https://www.facebook.com/yeewongmagazine/videos/2183613721922199/

    世界で最も標高の高い場所で行われるお祭りに興味のある方は、どうぞブータンの旅行会社にお問い合わせください 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(5・12掲載):ランの新種、国連人権理事会に報告を提出、Clean Bhutan、 

(1)国立生物多様性センター(http://www.nbc.gov.bt/)の研究チームによって、Gelegphuで新しい種類のランが発見された

    発見された場所にちなんで「Chiloschista gelephuense」と名付けられたこのランは、現在その地域でしか見つかっていない

    BBS 『New orchid species discovered in Gelegphu』 http://www.bbs.bt/news/?p=114094  

(2)ブータンは国連人権理事会に報告を提出  5月 8日にスイスのジュネーブで開かれた世界定期レビュー(UPR)で、国連人権理事会に 3回めの国内報告を発表

   Tandi Dorji 外相は、基本的人権の保護と推進の基礎としてのブータン王国憲法と、ブータンが 2014年に 2回目の UPR を発表してからの大きな進歩を強調

   Southasian Monitor 『Bhutan presents report to UN Human Rights Council』 http://southasianmonitor.com/2019/05/11/bhutan-presents-report-to-un-human-rights-council/ 

   クェンセル 『Bhutan presents report to UN Human Rights Council』 http://www.kuenselonline.com/bhutan-presents-report-to-un-human-rights-council/ 

   国連人権理事会(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A) 

(3)Samtse-Chongzhu 小学校チームの学生は毎月(毎月9日)、Yeshi Dendup によるプログラムの指導を受けています

    Clean Bhutan(https://cleanbhutan.org/)  https://twitter.com/CleanBhutan/status/1126687145861632000(写真4枚)

    https://www.facebook.com/CleanBhutan/posts/3287040441308672?__xts__[0]=68.ARBLGxvS8IFKcj0bAfSE6lJV-ZrvlColLacYF6Aif0qpFMAB_1cughtmLqnQdiOtsgWtuyLF8iRHBIdoEhfUGRzfpXmpfUy6A5QiyOJbFi_B9KYEaeyksnd3laruEG880VdY42rnn82OTmJ08xsrm5pbEK_986ms9ITQ2stFp3M_30XKc1RD_9krqu55qG3KAeUgqcbr04qMD-BA4JfwmN5X1YQRS6Rf1j2s5ynHdtpGCk3eCluOmPYHkC90WDpRNdwKGyJjYwM-b8qNoReYx9fC7SvLpz-XMcdXUQELIB3mSI8BA6LfkL6Qg7FS0HyeC7KUK6bgxLYNZFsp4ecWO2pF6w&__tn__=-R (写真12枚) 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・11掲載):新しい林業思考、電気自動車タクシー、サムツェの人工芝、大野佳祐さん、モバイルネットワークバックアップシステム、 

(1)木を切って、森を救って:ブータンで新しい林業思考を求める声

    ブータンは豊かな森林被覆を誇っていますが、アナリストはそれを最大限に活用するために新しい森林を考える必要があると感じている

    この新しい考え方は、最近ティンプーで開催された第2回ブータンのイノベーション、科学、社会に関する講演(BLISS)で発表された 

   「私たちは私たちが輸出するよりも8倍多くの木材を輸入しています 何年にもわたっての木材収穫の極端に低い割合は、森林が不健康な木の過剰在庫をもたらし、気候変動に対して非常に脆弱 過剰在庫の森林は、野生生物、鳥、植物の多様性にとって非常に望ましくない生息地になっている」とPhuntsho Namgyel(PhD)は述べました

    BBS 『Cut Trees, Save Forest:a call for a new forestry thinking in Bhutan』 http://www.bbs.bt/news/?p=113981 

(2)3年以内に電気自動車に乗り換える300以上のタクシー

     ブータンの持続可能な低排出量都市交通システムの実施に向けた最新の開発では、情報通信省(MoIC)は王立通貨局(RMA)に、電気自動車タクシー購入時の融資上限を70%に引き上げるように書面を送った これは電気自動車をタクシー運行者にとって手頃な価格にするためです ブータンの持続可能な低排出量都市交通システムは、今年末までにティンプー地域で80台の電気自動車タクシーを導入することを目指しています このプロジェクトは、カーボンニュートラルを維持するための国の取り組みです

    BBS 『300 more taxis to switch to electric vehicles within 3 years』 http://www.bbs.bt/news/?p=114044  

    参考:カーボンニュートラル:https://sugu-kan.com/tshering-tobgay 

(3)サムツェで人工芝がサッカーを復活させる クェンセル 『Artificial turf revives football in Samtse』 http://www.kuenselonline.com/artificial-turf-revives-football-in-samtse/  

(4)朝日新聞『将来切り開く生徒育てる しまねの人 隠岐島前高校の学校経営補佐官 大野佳祐さん(39)』 http://www.asahi.com/area/shimane/articles/MTW20190508331090002.html

   参考  隠岐島前高等学校:http://www.dozen.ed.jp/  隠岐島前教育魅力化プロジェクト:http://miryokuka.dozen.ed.jp/

     隠岐島前高等学校は全国初の「学校経営補佐官」を設置します:http://www3.pref.shimane.jp/houdou/files/F3B2ABF9-D9EA-47C0-AA43-7D82F836A2AB.pdf 

(5)Bhutan Telecom(BT)は来月までにモバイルネットワークバックアップシステムを持つ

    大規模な災害がティンプーの中核となるモバイルネットワークシステムに損害を与えたとしても、ブータンは電気通信の災害に直面することはありません

    これは、BT が Bumthang の交換所でバックアップシステムを構築しているためです  国際協力機構(JICA)の資金によるプロジェクト

    BBS 『BT will have mobile network backup system by next month』 http://www.bbs.bt/news/?p=114099 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・10掲載):第104回ブータン勉強会、日本ブータン学会第3回大会、ブータン赤十字社訓練、先生がたへ、ジェンダーセミナー開催、トウガラシ、 

(1)日本ブータン研究所主催「第104回ブータン勉強会」    http://www.bhutanstudies.net/13567   日 時:2019年5月18日(土) 14:00-16:00

   場 所:早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC) 3階ミーティングスペース   発表題目及び発表者: 「大英図書館の書庫に眠るブータン関連史資料調査報告(後編)」 平山 雄大 

(2)5月19日 第3回 日本ブータン学会 早稲田大学にて  詳細:http://www.bhutanstudies.net/13779/ 

  お問い合わせ先 日本ブータン学会第3回大会準備員会 bhutanstudies*gmail.com <http://gmail.com> (*→@)(担当:須藤 伸、平山 雄大) 

(3)ブータン赤十字社(BRCS)の2回目の財団記念日と国際赤十字と赤新月を祝うために開催された「災害時の初動訓練」

   この訓練は、タクシー運転手とバス運転手のためのもので、 25人のタクシー運転手が、BCRSの県コーディネーターと共に訓練を受けた

    BRCS事務局長の Dragyel Tenzinは、タクシーやバスの運転手を訓練する理由を「事故の際に現場で最初になることが多いため、精神的な準備と基本的なスキルを身に付けることが有益である」と述べた  RBAの Thinley Gyeltshen 少佐と Kipchu Tshering 博士がプログラムのトレーナーとして参加しました。

https://www.facebook.com/QueenJetsun/posts/2128054737242543?__xts__[0]=68.ARDnycPziENBKlyrlBv_qdbUTSYX9-8zbEKWq_TiDDTdcjr7K6bRbZP093TzFoTm9Il4hF4UyQJv2TJFRCG8dUoZVvf8MwI6CMtYiwDNdBh3DCnu1Bbt1y-g-eU2uYmZKBG0bxmtW_ZOuD-nyPy72ggXZGcVWAa06HRc5DIk9cGIZGuI7YjY06lJXjIAljlKd7St6Pqm0Ke4oKjaMWq3gfPQg33Myp7BFFCKIClrc1VZ5PwRzBfLbG8oQyKcp2dr2Mkleaoa71OwA_Y1Gu_ntZW-iE9Cxf8wPYZ3gfyX_TcUz-2v3TGIRfkVzAdWaWRodTxGrwyR4o1EhIpVPE-d4kCB8A&__tn__=-R  

(4)先生がたへ business bhutan 『For our teachers』 http://www.businessbhutan.bt/2019/05/08/for-our-teachers/ 

(5)JICA Bhutan 『「ジェンダー主流化及び女性のエンパワメントのための能力強化プロジェクト」でブータン・ジェンダーセミナーを開催』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190508.html  

(6)日刊ゲンダイ 『唐辛子は“野菜”…激辛とは一線を画す新感覚のブータン料理』 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/253094 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・9掲載):名誉総領事問題、高地開発計画、留学生問題、ドゥンカル・ナクツァン博物館に、 

(1)週刊実話 『ヒマラヤの小国「ブータン王国」を牛耳る“ある人物”のウワサ』 https://wjn.jp/article/detail/4950346/ 

(2)高地開発計画にフラグが立てられました  クェンセル 『Highland development programme flagged down』 http://www.kuenselonline.com/highland-development-programme-flagged-down/  

(3)留学生問題  調査した日本の 220人の学生の 89.5%が、政府の融資延期の解決策に同意していない

   現在進行中のブータン雇用海外(BEO)事件を受けて、「学び、稼ぐ」プログラムは、政府の監視下に置かれており、最近、政府関係者が訪日

   500人近くの青少年が、BEOに対して訴訟を起こすための署名付き委任状を与えた 両親の代表は、BEOに対して訴訟を起こすのに十分な証拠がある,と言っている

   The Bhutanese 『89.5 percent of the 220 Japan students surveyed not contended with the government loan defer solution』

    https://thebhutanese.bt/89-5-percent-of-the-220-japan-students-surveyed-not-contended-with-the-government-loan-defer-solution/  

(4)博物館に変わるドゥンカルの Jigme Namgyel Naktshang  Wangchuk 王朝の祖先である Dungkar にある Jigme Namgyel Naktshang の歴史的重要性を考え、16世紀に建てられた建物を博物館にするための作業がルンツェ県政府によって進行中

   The Bhutanese 『Jigme Namgyel Naktshang in Dungkar to be turned into a museum』 https://thebhutanese.bt/jigme-namgyel-naktshang-in-dungkar-to-be-turned-into-a-museum/

  参考:http://bhutan.fan-site.net/23-2.htm に「ドゥンカル・チョジェの末裔ソナム・トプゲイさんのお宅」 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(5・9掲載):東京外国語大学言語研修、パロ空港シャトルバス、理髪訓練、サイクロン Fani の被害、薬用風呂施設、

(1)東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所「2019年度 言語研修生募集」

    講義:2019年8月19日〜9月6日(75時間 土日休講) 定員:各言語約10名(申し込み時に書類審査による選考あり) http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/training/ilc/ilc2019

    募集要項:http://www.aa.tufs.ac.jp/documents/training/ilc/2019ilc_appli.pdf

        

(2)来週から、ティンプー - パロ国際空港間の史上初のシャトルバスの運行開始   国内の他の公共交通機関のバスとは異なり、このバスには無料WIFIサービスとエアコンが装備されていて、快適なリクライニングシートその他の設備も楽しむことができる 運行スケジュールに応じて、バスは毎日運行を開始

   BBS 『Shuttle bus service between Thimphu and Paro Airport to begin soon』 http://www.bbs.bt/news/?p=113921

   クェンセル 『Airport shuttle bus service to start soon』 http://www.kuenselonline.com/airport-shuttle-bus-service-to-start-soon/  

(3)11のゾンカックから26人(女性5人)の失業中の若者が、Gelephu で10日間の理髪訓練に参加 このプログラムは、雇用機会創出を目標としている

    クェンセル 『Grooming youth for employment 』 http://www.kuenselonline.com/grooming-youth-for-employment/  

(4)サイクロン Fani ブータンの国立水文気象学センター(NCHM)によると、サイクロンFani が 5月 4日と 5日にブータンで大雨を引き起こすと予測された

   しかし、幸運なことに、ブータン近郊に到達するために必要な陸路が長いため、暴風雨は急速に勢力を失った NCHMは、ファニが土曜日の夜までに弱まり、土曜日の午後 8時から午後 11時まで完全に諸滅したと発表 Fani は消滅したが、8人の死者をだし、チョルテンと民家の破損、地滑りとの作物への被害を残した

    The Bhutanese 『Fani retreats but leaves behind 8 dead, chortens and houses damaged, landslides and crop damage』

    https://thebhutanese.bt/fani-retreats-butleaves-behind-8-dead-chortens-and-houses-damaged-landslides-and-crop-damage/  

(5)SGP(Small Grants Program)支援の薬用風呂施設 https://twitter.com/AzusaKubota/status/1125784451743502336

  SGP(GEF 小額交付金プログラム):https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&prev=search&rurl=translate.google.com&sl=en&sp=nmt4&u=

    https://www.thegef.org/topics/gefsgp&xid=25657,15700019,15700186,15700191,15700253,15700256,15700259&usg=ALkJrhjTNU2Ulsasx_AERad8JHF3Xl-cSQ

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・8掲載):今週の催し、教師の能力測定、ニューズウィーク日本版、ソーシャルワークの学士号、毎日新聞紙面、

(1)5月10日 坂本達さんスライド&トークイベント

     東京都品川区パタゴニア大崎ストア  『坂本家6大陸大冒険 〜自転車に夢のせて〜』 https://www.facebook.com/events/265029481071707/?active_tab=about   

   5月11日〜6月23日 『六甲高山植物園 特別展「ヒマラヤの青いケシ」』 https://www.feel-kobe.jp/event/detail.php?id=4mOcvujqcaDlj4OF 

(2)教師の能力を測るための新しい基準 5月2日の教員の日に合わせて、教育省は教員養成のための枠組みであるブータン教員専門家基準(BPST)を開始 BPSTは、教師を 4つのキャリア段階に分ける

   クェンセル 『A new standard to measure teachers’ competencies 』 http://www.kuenselonline.com/a-new-standard-to-measure-teachers-competencies/ 

(3)『Newsweek(ニューズウィーク日本版)2019年5/14号【日本の皇室 世界の王室】』 内容紹介 SPECIAL REPORT 統治 秘境ブータンが汚職退治できた訳 

(4)Samtse Collegeでソーシャルワークの学士号を取得 Samtse College of Education(SME)は今年7月からソーシャルワークの芸術学士号(BASW)を提供する

    合計39人のクラスXIIの卒業生が最初のバッチになる

   クェンセル 『Samtse College to start BA in social work』 http://www.kuenselonline.com/samtse-college-to-start-ba-in-social-work/ 

(5)毎日新聞 2019年5月1日(水)2面

    

   参考:ブータン憲法(http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/13393/1/16_164-189_rev.pdf のP.6〜7)の第2条第3節に、王位継承順が記されています。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・7掲載):第105回ブータン勉強会、プナカゾンの管理計画 、SAARC女性起業家賞、ツキノワグマと742種の鳥を記録、学部奨学生インドで自殺、 

(1)日本ブータン研究所主催「第105回ブータン勉強会」開催のお知らせ http://www.bhutanstudies.net/13568/

    日 時:2019年6月1日(土) 14:00-16:00  場 所:隠岐國学習センター(http://www.oki-learningcenter.jp/)

   発表題目及び発表者:  「(タイトル未定)」  野口 ウゲン チョデイ(島根県立隠岐島前高等学校生徒)

               「グローバル探究@ブータン中間報告」 武藤 杏那、渡邉 大悟、能海 瑠生、應手 小粋(島根県立隠岐島前高等学校生徒) 

(2)プナカ・ゾンの管理計画 プナカ県政府と一緒に文化省はプナカ・ゾンのために、過去1年間詳細な調査を行ない、ゾンの管理計画案を完成

   その文化的、歴史的重要性により「文化的景観とその重要性を維持する 2019年プロジェクト」の下で作成された史上初の管理計画に選ばれた

   BBS 『Management plan for Punakha Dzong』 http://www.bbs.bt/news/?p=113816 

(3)スラッシュからお金を稼ぐ -:ブータン起業家が「SAARC女性起業家賞2018年賞」を受賞  トンサの Nubi Gewog の Chogyal Lhamo(42歳)は、廃棄物を集めて、それらをバッグ、コンテナ、ゴミ箱などの便利な商品に変えて販売する起業家

   DAILY BHUTAN 『Making Money Out Of Thrash - Meet Bhutan’s Winner Of The SAARC Women Entrepreneur Of The Year 2018 Award』

    https://www.dailybhutan.com/article/making-money-out-of-thrash-meet-bhutan-s-winner-of-the-saarc-women-entrepreneur-of-the-year-2018-award

   参考:南アジア地域協力連合(SAARC):https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/saarc/index.html  http://www5.jiu.ac.jp/books/bulletin/2012/info/03_ohnishi.pdf 

(4)ツキノワグマと742種の鳥を記録

    クェンセル 『Bhutan records 742 bird species with the Pied Thrush』 http://www.kuenselonline.com/bhutan-records-742-bird-species-with-the-pied-thrush/ 

(5)ブータンの学生がインドで自殺 インドのバンガロールにある Acharya Group of Institutes でインテリアデザインを学んでいる 20歳の 3年生のブータン人学生が 5月 2日に自殺

    彼女は政府の学部奨学金を受けていた

    クェンセル 『Bhutanese student commits suicide in India』 http://www.kuenselonline.com/bhutanese-student-commits-suicide-in-india/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・6掲載):『幸せのカタチ展』、バス事故、映画制作者、第16回Tarayana Fair、オーストラリア永住権、 

(1)プンツォ・ワンディさんと石上陽子さんご夫妻の『幸せのカタチ展』

  

    日時:5月25日(土)〜6月5日(水)10時〜17時 (木)定休

    会場:ギャラリー間 成田:http://kankobo.babymilk.jp/gallery/gallery.top.html

    主催:ブータン伝統美術工房:https://bta-studio.jimdo.com/ 

(2)ティンプー - チランのバス事故で 乗客 24人のうち 7人が死亡、1人が行方不明 Thimphu - Tsirang 路線を走っている Bumpa Transport バスは、落下する岩にぶつかりPunatsangchu(プナサン川)に

   The Bhutanese 『7 dead and 1 missing in Thimphu-Tsirang bus accident』 https://thebhutanese.bt/7-dead-and-1-missing-in-thimphu-tsirang-bus-accident/ 

(3)ブータンの起業家を祝う:Yeshi Lhendup の映画 大学卒業後に公務員になるという道を選択せず、映画制作を追求したいと思った

   DAILY BHUTAN 『Celebrating Bhutan's Entrepreneurs: Yeshi Lhendup of Yeshi Lhendup Films』

    https://www.dailybhutan.com/article/celebrating-bhutans-entrepreneurs-yeshi-lhendup-of-yeshi-lhendup-films 

(4)『第16回 Tarayana Fair』 

https://www.facebook.com/TarayanaFoundation/posts/1566913936777922?__xts__[0]=68.ARCvohmJI9AH9b56oHo33YOKbWQIc_UW0s-WxHHdio1HpjAbnusaDPHlncSeAvbIAJlY8jUzba1VAVwtYtkQOOB_D6QH0J-P1oX-QJkboNoUlE0aH-KThKsFQUNXBtn1Sqvz7oNbSbysfXS-dVZlA2Rknj5vGOz4YryKc3tcb5ui6BO3s260tST9NljWe5n0T7NW8Gf8DwonrIpkwL4Ir-Pbd7kp6SO7oxdYqasSyez3J76t6iyycStx99urIE6QX3JtZg-We6Xq0T0ns-y1fZRHPNQ71Z3m1GtSkaTKgd6y0HvGcw2Qol22A9h5vbZhsqEeLDp6n9sdPQCFBla1yL1cVw&__tn__=-R

https://www.facebook.com/TarayanaFoundation/posts/1567412350061414?__xts__[0]=68.ARCdRmutsuU-wbOyQdfUUGSNMyEhLZ0X4wntAhDMjvkCGNZsNJ5QekpzorEObe7OpfgEjy4S7xTsAEAx7UHODBfZzlyeVjYcHF03VmPBtK3ey7IrxYZDlI2UCJgSklmStzU2HocYb_Q5m7w6rmgiM0wF7s1djmFY3wAC_c6FNXr-ZG-Wrn5drtTcYmBUuGASqS8frkVH5i8UjzIkiqs_KbpCZnNgopD7RkhdzjjQsIRgLTyWBY6pfOEGPnpsMEBBu7OAOwnHKVw0wF9YG5-5YRcXWDlDUDDwxaV-ERNDezfjhfRGIRCtimgN1qFq9rT9b6ueGyuDQY2RUObyxho1WsrVvA&__tn__=-R

  タラヤナ財団:https://www.tarayanafoundation.org/

  タラヤナ財団活動紹介動画(日本語吹き替え):https://www.youtube.com/watch?v=J7sERsMOVWk 

(5)オンライン署名キャンペーンをしたブータン人家族

   Kinley Wangchuck 氏(写真の右から2番目)、聴覚障害のある18歳の学生、そして彼の家族はオーストラリアから強制送還されることはなくなった

   オーストラリアの移民大臣 David Coleman MP は彼の裁量権を使って Kinley と彼の家族に永住権を与えた

   The Bhutanese 『Bhutanese family not to be deported after online signature campaign and Minister’s action』

   https://thebhutanese.bt/bhutanese-family-not-to-be-deported-after-online-signature-campaign-and-ministers-action/ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(5・5掲載):改元祝い「仏教舞踏」、領事出張サービス、橋崩壊、マンデチュ水力発電所、廃棄物管理と製品に関する新しいアイデアを展示、 

(1)長崎新聞 『改元祝い「仏教舞踏」 ブータン僧侶が法要 長崎県諫早・天祐寺で6日まで』 https://this.kiji.is/497063519645926497?c=174761113988793844 

(2)在インド日本大使館 『ブータン領事出張サービスのお知らせ』 https://www.in.emb-japan.go.jp/files/000475177.pdf 

(3)Samtse-Tendruk 高速道路の Kuchidiana ベイリー橋が、30 metric トン(1メトリックトン = 1000 Kg)の積荷を運んでいたトラックの通過時に崩壊 橋の積載量許容は 18 metric トン

    BBS 『Bailey bridge in Samtse collapses under weight of overloaded truck』 http://www.bbs.bt/news/?p=113770 

(4)トンサの 720メガワットのマンデチュ水力発電プロジェクト管理局(MHPA)は、貯水池の充填、トンネルを通る水の流用、およびダムでのその他の関連活動の成功を示していると報告

   プロジェクト当局の検査と評価の結果、貯水池を満たしている間にダム内部の浸透、ひび割れ、浸食の大きな兆候は見られないことが明らかになった

   約29メートルの高さの運転最小水位が達成され、水位は毎日 2メートル上がる

   BBS 『MHPA water filling in reservoir successful』 http://www.bbs.bt/news/?p=113754 

(5)ティンプーの 8つの学校の生徒たちが、時計塔広場で「廃棄物管理と製品に関する新しいアイデア」を展示 Clean Bhutan  https://twitter.com/CleanBhutan/status/1124246130521296896 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・4掲載):金密輸業者に判決、Ema Datshi チーズ、サイクロン (動画)、 

(1)パロ・ゾンカク裁判所は、今週、5人の男性にタイから 700万ドル相当の金(11.04kg)を密輸した罪で有罪判決を言い渡した

     クェンセル 『Gold smugglers sentenced』 http://www.kuenselonline.com/gold-smugglers-sentenced/ 

(2)地元の市場で好評を博しているブータンの Ema Datshi チーズは、インドからの輸入を減らすのに役立つ

    Koufuku International Limited(KIL)は、より多くの人々に選択肢を提供して、その新製品である Ema Datshi チーズ(Chilli Cheese)を地元の市場で発売した

    Trashigang の Chenary で生産された最初の地元産チーズは、ゴーダチーズとチェダーチーズのブレンドだった

     「製造中、植物由来のマイクロフィッシュレンネットを使用します。KILは味を出すためにいくつかの成分を使用しています。 しかし、我々はそれを可能な限り自然なものにしようとしている」と彼は言った

    工場では1日に約 700 kg、1週間に 5,000 kg、1か月に 20,000 kgの生産を目標としている 牛乳の品質の向上と市場の準備が整ったことで、KILはフル生産を続けることを目標としている

   DAILY BHUTAN 『Savour Bhutan's Ema Datshi Cheese Well-Received In Local Market, Helps To Reduce Import From India』

     https://www.dailybhutan.com/article/savour-bhutans-ema-datshi-cheese-well-received-in-local-market-helps-to-reduce-import-from-india 

(3)サイクロンFaniの経路は現在、ブータンに近い西ベンガルと北東インドに向かっている ブータンは 5月 4日から 5日にかけて、国の大部分で非常に激しい雨が降ります 

   ウエザーニュース(日本語) 『強力なサイクロン「Fani」 インド北東部に上陸』 https://weathernews.jp/s/topics/201905/030075/

   外務省海外安全ホームページ(日本語) 『インド(東部):サイクロン「FANI」の接近に伴う注意喚起(新規)』 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2019C057.html  

   BBS 『Bhutan likely to experience heavy rainfall due to Cyclone Fani』 http://www.bbs.bt/news/?p=113732 

  サイクロン Fani 動画『Terrifying footage shows 130mph Cyclone Fani ripping into India's east coast: Two people die and a million flee their homes as trees are torn down and power is cut off』

  https://www.dailymail.co.uk/news/article-6988125/Terrifying-footage-shows-130mph-cyclone-ripping-India.html?ito=social-facebook

  https://www.facebook.com/pvtbusiness/videos/vb.172741233186779/1377478592402646/?type=3&theater

    The Bhutanese:https://twitter.com/thebhutanese/status/1124213354828931072

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・3掲載):世界予防接種週間、民主主義フォーラム、建設入札システムの欠陥、ペットボトル再利用、視覚・聴覚障害児教育支援、 

(1)ラヤで実施された世界予防接種週間 世界予防接種週間に、Gasa の Laya Gewog の 90人の子供を含む 750人がポリオ、はしか、風疹の予防接種を受けた

   BBS 『World Immunization Week observed in Laya』 http://www.bbs.bt/news/?p=113714

   クェンセル http://www.kuenselonline.com/picture-story-743/ 

(2)政治家、学者、学生、そして教師が参加して、ブータンメディアセンターによる「民主主義、良い統治への道」に関する「ブータン民主主義フォーラム 2019 」がティンプーの RUB 会議場で開催された  

  クェンセル http://www.kuenselonline.com/picture-story-742/ 

(3)欠陥でいっぱいの建設入札システム

   business bhutan 『Construction bidding system riddled with flaws: CAB』 http://www.businessbhutan.bt/2019/05/01/construction-bidding-system-riddled-with-flaws-cab/

(4)ペットボトル再利用 動画:https://www.facebook.com/sonamdema/videos/vb.601250394/10156901483660395/?type=3&theater  

(5)セーブ・ザ・チルドレンは、視覚障害および聴覚障害のある子供のための教育 - 学習を支援するための補助装置を贈与

   障害のある子供たちのためのインクルーシブ教育のための10年間のロードマップの開発を支持

    クェンセル http://www.kuenselonline.com/picture-story-744/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5・2掲載):売春容疑、サイクロン、ブータン国王コメント、遺物の検証、 

(1)警察は4月28日、Phntshoglingでの売春容疑で 7人の非ブータン人女性と 1人の非ブータン人男性を拘束 警察はその男が犯罪を認めたと述べた 拘留者の一人は 2014年に売春の罪で起訴された 事件は捜査中である。

   BBS 『Eight detained in alleged prostitution』 http://www.bbs.bt/news/?p=113609

   クェンセル 『Eight arrested in prostitution racket 』 http://www.kuenselonline.com/eight-arrested-in-prostitution-racket/ 

(2)速報:5月4日から 6日にかけて、ブータンに周辺的影響を与えるサイクロンの嵐FANI

   The Bhutanese 『Breaking: Cyclonic storm FANI to have peripheral impact on Bhutan from 4th to 6th May』

    https://thebhutanese.bt/breaking-cyclonic-storm-fani-to-have-peripheral-impact-on-bhutan-from-4th-to-6th-may/ 

(3)産經新聞 『神社本庁が「御代替り」刊行 日々の祈り…英語で発信』 https://www.sankei.com/life/news/190430/lif1904300022-n1.html 

英語版に挿入されている、平成の即位礼に際してのブータン国王のコメント

 神社本庁サイト『御代替り』英語版(https://www.jinjahoncho.or.jp/en/miyogawari/) 最下段:Impressions of Some Foreign Envoys Attending the Sokui no Rei

『King Wangchuk of Bhutan

The ceremony made an exceptionally deep impression on me. Asia can take pride in such a re-enactment of a traditional ceremony. It is in some ways astonishing that such an ancient rite has been preserved, and performed in a way fitted to the present, in this, the most economically advanced of countries.』   

(4)国内の遺物の2番目の検証プロセスがプナカで進行中 検証は、1980年代初頭と2003年から2007年の間に行われた在庫の古い記録の通りに行われる

   BBS 『Verification of national artefacts underway in Punakha』 http://www.bbs.bt/news/?p=113673 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(5・1掲載):王様カレンダー、留学生問題、ブータンの花カレンダー、5月の催し、移民規則の尊重、

         格安パッケージツアーに注意、インド政府の支援最終決定、貿易赤字引き下げ、 

(1)今月の王様カレンダーは,第3代国王陛下

         

(2)日本から代表団帰国    Learn and Earn プログラムの下でブータンの若者が直面する問題を研究して対処するために日本へ向かった7人の代表団(代表は労働大臣)は 、4月 28日に 11日間の訪問から帰国     同省からの記者発表によると、同省の 2人の職員と BDBLの 1人の職員からなるアドバンスチームは、ブータンの学生たちに面接し、日本各地の学院を訪れ、Learn and Earnプログラムの問題に関する情報を収集   代表団は、日本の法務大臣、山下崇、厚生労働大臣、高貝恵美子、鈴木憲和外務副大臣などと会合

      クェンセル 『Delegation returns from Japan 』 http://www.kuenselonline.com/delegation-returns-from-japan/  

(3)itobaa さんの「ブータンの花カレンダー」アップしました。 http://bhutan.fan-site.net/itobaasann.htm 5月はリンドウ科の可憐な花です。  

(4)5月の催し 

   5月10日 坂本達さんスライド&トークイベント  https://www.facebook.com/events/265029481071707/?active_tab=about        

   5月11日〜6月23日 『六甲高山植物園 特別展「ヒマラヤの青いケシ」』  https://www.feel-kobe.jp/event/detail.php?id=4mOcvujqcaDlj4OF

   5月18日 日本ブータン研究所主催「第104回ブータン勉強会」   http://www.bhutanstudies.net/13567

   5月19日 第3回日本ブータン学会  http://www.bhutanstudies.org/776/ 

   5月29日 坂本達さんスライド&トークイベント  https://ois.doshisha.ac.jp/event/2019/0410/event-detail-8.html

      https://ois.doshisha.ac.jp/attach/event/EXCHANGE_STUDENT-EVENT-JA-8/120487/file/SakamotoTatsu.pdf   

(5)移民規則を尊重すべきです:移民局長  HaaのRangtse Nye 事故の調査で、請負業者が国境からの入国審査を回避するために違法に外国人労働者を連れて行ったことが明らかになった

    4月24日の早い時間に発生した事故では、3人のブータン人以外の労働者が殺害され、10人が負傷した Tsirang 出身の Bolero の運転手も、Dorokha の BHUに入院

    警察が自動車事故として登録したため事件は注目を集めたが、違法な外国人労働者を連れてくる請負業者問題は入国管理職員が日々取り組んでいる問題である

    特に西部から東部の Jomotsangkha までの 699kmの開放的な国境において、違法入国が深刻な脅威と課題をもたらすことを確認

    クェンセル 『 All Bhutanese should respect immigration rules: Immigration director』 http://www.kuenselonline.com/all-bhutanese-should-respect-immigration-rules-immigration-director/  

 (6)ブータンへの格安パッケージツアーには注意してください  そのような価格設定は支持されておらず、王国の既存の規範によって罰せられることがあります… 

   ブータン政府観光局 https://www.facebook.com/destinationbhutan/photos/a.214144525268716/2756737704342706/?type=3&theater 

(7)第 12次 5カ年計画に関する第 1回ブータン - インド開発協力協議は、インド政府の Nu 450億の支援を最終決定

    BBS 『Govt.of India’s assistance for 12th Plan finalized』 http://www.bbs.bt/news/?p=113551  

(8)ブータン政府は、第 12次 5カ年計画の終わりまでに、貿易赤字を国内総生産(GDP)の 12%まで引き下げることを計画   現在、297億Nuの貿易赤字は国内の GDPの 20パーセントに達している  金曜日の記者会見で、Loknath Sharma 経済大臣は、政府は現在の貿易赤字を約 300億Nu. に絞り込むことができると述べた

    Southasian Monitor 『Bhutan plans to bring down the trade deficit to 12%』 http://southasianmonitor.com/2019/04/30/bhutan-plans-to-bring-down-the-trade-deficit-to-12/

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・30掲載):ブランド・ブムタン、国家安全保障の名において!、クェンセル、新生児治療室での死亡、 

(1)ブムタンにあるブータン商工会議所(BCCI)地域事務所は、文化と伝統を強化し、ゾンカックでの雇用を創出するための3つのプロジェクトの開始を支援

    「ブランド・ブムタン」と呼ばれるこのイニシアチブには、銅像、ソバ麺の製造、ヤタのスリッパとブーツの製造が含まれる

    DAILY BHUTAN 『Brand Bumthang Initiated To Promote And Preserve District’s Unique Culture And Tradition』

    https://www.dailybhutan.com/article/brand-bumthang-initiated-to-promote-and-preserve-district-s-unique-culture-and-tradition 

(2)国家安全保障の名において! business bhutan 『In the name of national security!』 http://www.businessbhutan.bt/2019/04/25/in-the-name-of-national-security/ 

(3)人々に知らされること クェンセルを誤解している人たちのために、我々はこの機会に記録を正しく記す 1992年の王室令により、クェンセルは政府からはなれた、それは全国の印刷メディアにとって新たな挑戦だった 1998年に、クェンセルは政府の補助金を受け取ることを止め、自分自身で支えることになった 2006年、クェンセルはその株式の 49%を一般に売却し、現在は証券取引所に上場している唯一の SOEです 過去 12年間で、当社は 1億 2500万 Nu の税金および配当金を政府債務に拠出した

    クェンセル 『That the people shall be informed』 http://www.kuenselonline.com/that-the-people-shall-be-informed/ 

(4)NICU(新生児集中治療室)での8人の死亡を調査するための独立したチーム 病院当局者は全国紹介病院の NICU で 8人の赤ちゃんが死亡したと

    医学監督者の Gosar Pemba 博士は、メディアで報じられた NICU での赤ちゃんの死亡は院内感染によるものではないと述べたが、両親はそうではないと主張

    病院の記録によると、7人の赤ちゃんが 3月に、2人が 2月に、9人が 1月に死亡

    クェンセル 『Independent team to investigate eight deaths at NICU 』 http://www.kuenselonline.com/independent-team-to-investigate-eight-deaths-at-nicu/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・28掲載):薬物、プロジェクト「Door to Door」、パラリンピックデー、 

(1)薬物 クェンセル

   薬を扱う 『Dealing with drugs』 http://www.kuenselonline.com/dealing-with-drugs/

   法律と薬『The laws & drugs』 http://www.kuenselonline.com/the-laws-drugs/

   リハビリセンター『Rehab centres challenged with expertise and fund』 http://www.kuenselonline.com/rehab-centres-challenged-with-expertise-and-fund/

   仏教と中毒『Buddhism and intoxication』 http://www.kuenselonline.com/buddhism-and-intoxication/

   薬物乱用者は良い人間になることができます『Drug abusers can become good human beings』 http://www.kuenselonline.com/drug-abusers-can-become-good-human-beings/

   サムドップジョンカルで薬物関連の症例数が減少『Drugs-related cases decrease in Samdrupjongkhar』 http://www.kuenselonline.com/drugs-related-cases-decrease-in-samdrupjongkhar/

   国境を越えて薬物が侵入する方法『How drugs enter from across the border』 http://www.kuenselonline.com/how-drugs-enter-from-across-the-border/

   新しい人生を切り開く『Carving out a new life』 http://www.kuenselonline.com/carving-out-a-new-life/

   麻薬事件『Have naming and shaming helped?』 http://www.kuenselonline.com/have-naming-and-shaming-helped/

   マリファナ『Phakpa nam- the marijuana plant』 http://www.kuenselonline.com/phakpa-nam-the-marijuana-plant/ 

(2)ブータンの起業家を祝う:Kinzang Duba and Friendsー農業の若さ、チュカ

   Kinzang Duba は、何人かの友人と共に、プロジェクト「Door to Door」を開始して、ティンプーにある Babesa 周辺に地元産野菜を届けました

   このプロジェクトを通して、彼らは地元の製品に対する大きな需要があることを発見

   DAILY BHUTAN 『Celebrating Bhutan's Entrepreneurs: Kinzang Duba And Friends - Youth In Agriculture, Chhukha』

     https://www.dailybhutan.com/article/celebrating-bhutans-entrepreneurs-kinzang-duba-and-friends-youth-in-agriculture-chhukha 

(3)ティンプーで、障害者のためのスポーツを祝う初のパラリンピックデーを開催 ユフェルマ・チョデン王女殿下がご出席

    300 人以上の参加者が、車椅子利用者のシッテイング・バレーボール、視覚障害者のためのサッカーなどユニークなスポーツをするイベントに参加

    BBS 『First ever Paralympics Day observed』 http://www.bbs.bt/news/?p=113504 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・27掲載):国王陛下の演説、緊急航空医学、ルンゴ村にPre-school新設、東ブータン6県での”ロイヤリティ免除”、ティンプーで暮らしてみたら、 

(1)KGUMSB(医科大学)の第1回招集に対する国王陛下の演説

     演説動画(ゾンカ):https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/videos/vb.43817623259/419651432167710/?type=3&theater

     英語翻訳:『His Majesty’s Address to the 1st Convocation of KGUMSB (Translation)』

      https://www.facebook.com/notes/his-majesty-king-jigme-khesar-namgyel-wangchuck/his-majestys-address-to-the-1st-convocation-of-kgumsb-translation/10155965946096761/ 

(2)BEARブータン緊急航空医学(写真6枚) 1.5kg(32週)の早産の恐れのある母親を Gomtu から JDWNRH まで空輸 幼児は体温調節環境を提供する輸送用インキュベーターで空輸された

   『BEAR-Bhutan Emergency Aeromedical Retrieval』 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2302025659820290&id=1892885647400962&__xts__[0]=68.ARAgO-GhpoJR5zilSQ4--1Ii6zWAlMZlpR5bzuFPpLZTRB_IGO-gAeyhVkTatDr6o6_hgvTp-J5BZMMAZunva9pFKIDR6ldbtP5tw2K3ueYxIUOpzndQ_7hqnZLi9VFX-P74gUbzufr2q8dWwGv6yaIZakjy6qQPzCkQ1RUyYYZ6BscwQTSXGDCpi1jE16eLxjZaNz37gn5HtaupOF6jOUTCRKd3sNYAyhy0MGOKw9N1wZc0GfY08reTPD_JdX2q1o5rAZtRgqwF66evRhiy60jlXb40u1oK6jgx_eYOBBudNYnjZxZQl37ZWbmhSkxtTwry9R6uSHXSFdIEc4WoVv1gE_IT&__tn__=-R  

(3)ラヤのルンゴ村に遊牧民の子供たちのために設立された Pre-school 全国で平等に教育サービスと機会を提供するために、今月初め、ラヤのルンゴ村に幼児教育センター(ECCD)が発足

   ルンゴはブータンで最も標高 4,000メートル高い集落の一つで、春の間でも気温はマイナス 6度に低下  ルンゴへの道がないので、人々は Layagewog に、そして次にルンゴ村に到達するために 2日間トレッキングします  今年 4月 10日にユニセフと教育省がセンターを開設し、雪に覆われた山々とヤクに囲まれたこの遠く離れた村の遊牧民の 15人以上の子供たち(年齢 3〜5歳)が ECCDセンターで過ごします  ECCDセンターがこのような遠隔地の高地に設置されたのは今回が初めてです

    business Bhutan 『Pre-school established for children of nomads in Lungo village』 http://www.businessbhutan.bt/2019/04/25/pre-school-established-for-children-of-nomads-in-lungo-village/ 

(4)東ブータン 6県での”ロイヤリティ免除” https://twitter.com/gnhtravel/status/1121343924419747841 

(5)『海外で暮らしてみたら ティンプー:川口真子』 https://courrier.jp/expat/area/bhutan/thimphu/10/11557/ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(4・26掲載):中島民樹さん、橋梁の維持管理、学校カリキュラムの改訂と合理化、サッカーと歌、公務員の降格と解雇、 

(1)ブータンがどうやって私の人生を変えたか:中島民樹

     DAILY BHUTAN 『How Bhutan Changed My Life: Tamiki Nakashima』 https://www.dailybhutan.com/article/how-bhutan-changed-my-life-tamiki-nakashima

     ブログ:http://blog.livedoor.jp/tamikinakajima/ 

(2)JICA が橋梁の維持管理を支援   ブータンには何百もの橋があり、パロやプナカのような場所にある古代のカンチレバー橋から、高速道路の最新の橋まで、場所と人をつなぐのに重要な役割を果たしている

    クェンセル『JICA provides assistance to maintain bridges 』 www.kuenselonline.com/jica-provides-assistance-to-maintain-bridges/

(3)学校カリキュラムの改訂と合理化   ブータン教育青写真 2014-2024、全国学校カリキュラム会議 2016および第 19回全国教育会議の決議の勧告に基づき、ロイヤル教育評議会は学校カリキュラムと指導時間を修正し合理化した  教科書から時代遅れの内容を選別し、誤りは修正され、情報は更新された 新しい教科書が来年になって初めて利用可能になるにもかかわらず、学校はすでに変化を取り入れ始めている しかし、教師へのガイドブックの提供があるため、移行は問題ではない

    クェンセル 『School curriculum revised and rationalized』 http://www.kuenselonline.com/school-curriculum-revised-and-rationalised/ 

(4)二重の才能:シンガーエースサッカー:サッカーと歌 YesheyChoden は、Mongar の若い学生だった 2012年に、ブータンで初めての YouTube になった

     2014年に、彼女は彼女が最もよい女性のボーカリストのための賞を獲得した映画 Baeyul - 隠された楽園のための歌 Che Da Nga でブータンの映画産業でデビュー

      YesheyChoden は Sherubtse College を卒業し、現在はサッカークラブの Drukstars Football Clubの総長(GS)を務めている

    Southasian Monitor 『Doubly talented: Singer aces football』 http://www.businessbhutan.bt/2019/04/24/doubly-talented-singer-aces-football/ 

(5)2014年から2018年の間に降格または解雇された38人の公務員  王立公務員委員会(RCSC)の記録によると、行政懲戒処分により、少なくとも 38人の公務員が 2014年から 2018年の間に降格または解雇された 委員会の年次報告書、2018-2019は、それぞれの人事委員会(HRC)を通じた機関も 64公務員に対して行政措置を取ったと述べている 過去2年間で、RCSCは腐敗防止委員会(ACC)から 89の行政訴訟を受けた

    クェンセル『38 civil servants demoted or terminated between 2014 and 2018』 http://www.kuenselonline.com/38-civil-servants-demoted-or-terminated-between-2014-and-2018/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・25掲載):スリランカへの祈り、ヒンズー教指導者、留学生問題、観光客、 

(1)ブータンの人々を代表して、国王陛下と王妃陛下が、スリランカでの一連の爆弾攻撃で命を落とした人々に対してタシチョ・ゾンのクンレイで祈りを捧げ、1000個のバターランプを供えた

   この祈りの式典には首相と政府高官も参加

     『Their Majesties offer prayers for Sri Lanka』

    BBS:http://www.bbs.bt/news/?p=113273 <http://www.bbs.bt/news/?p=113273>

    クェンセル:http://www.kuenselonline.com/their-majesties-offer-prayers-for-sri-lanka/

    王様Facebook:https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/posts/10157023406948260?__tn__=-R(写真11枚) 

(2)社会問題に取り組むために、国のヒンズー教のコミュニティからの 25人の専門家と purohits が RENEW と手を組んだ

    彼らは 4月 21日と 22日に Phntsholing で開催された感作プログラム RENEW の間に問題を議論した

    クェンセル 『RENEW collaborates with pundits』 http://www.kuenselonline.com/renew-collaborates-with-pundits/ 

(3)留学生問題   5人の日本の弁護士が日本のBEOのパートナーSNDに対して訴訟を起こす準備を整えている

    The Bhutanese 『Japanese social worker highlights new case of overcharging Bhutanese students』 https://thebhutanese.bt/japanese-social-worker-highlights-new-case-of-overcharging-bhutanese-students/ 

(4)外務省 『鈴木外務大臣政務官とウゲン・ドルジ・ブータン労働・人的資源大臣との会談』 https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/bt/page4_004920.html 

(5)観光客増加に備えていくつかの課題に取り組む

    DAILY BHUTAN『Addressing Some Challenges As Bhutan Prepares For Rise In Tourist Arrivals』 https://www.dailybhutan.com/article/addressing-some-challenges-as-bhutan-prepares-for-rise-in-tourist-arrivals 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・24掲載):ブータン勉強会(27日)、『外交青書2019』、ブータンつれづれ33、バイクレース、鉱山の国有化、 

(1)日本ブータン研究所主催「第104回ブータン勉強会」  http://www.bhutanstudies.net/13566  日 時:2019年4月27日(土) 10:30-12:30

    場 所:早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC) 3階ミーティングスペース

    発表題目及び発表者: 「大英図書館の書庫に眠るブータン関連史資料調査報告(前編)」 平山 雄大 

(2)『外交青書2019』 ブータン:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bluebook/2018/html/chapter2_01_04.html#s21406 

(3)平山雄大さんの「ブータンつれづれ」33回は,国境の町ゲレフー http://bhutan.fan-site.net/piyosann.htm 

(4)110人のバイカーが、ティンプーからパロ、そしてティンプーへと続く100キロメートルの第9回ダンタック・バイクレースに参加

    BBS 『Over 100 bikers participate in the 9th edition of DANTAK bike race』 http://www.bbs.bt/news/?p=113223

    クェンセル 『Perseverance pays off』 http://www.kuenselonline.com/perseverance-pays-off/ 

(5)ブムタン・スポーツ協会によって行われたマウンテンバイクレースに、2人の女性を含む26人のバイカーが参加

    BBS 『Bumthang’s first edition of Bum-Kora mountain bike race』 http://www.bbs.bt/news/?p=113212

    クェンセル 『26 bikers participate in Bum-Kora race』 http://www.kuenselonline.com/26-bikers-participate-in-bum-kora-race/ 

(6)鉱山の国有化はより広い視野を必要とする:首相 15年のマイニングリースが今年 12月 31日に終了したため、Druk Satair Corporation Limited(DSCL)株式の流通市場での取引は今年 1月から中断された  同社はまた、今月初めに、Nu 34の市場価格に対して、1株当たりNu 80で株主からの払込資本金の 25パーセントを買い戻すことを完了

   クェンセル 『Nationalisation of mines needs a broader perspective: PM』 http://www.kuenselonline.com/nationalisation-of-mines-needs-a-broader-perspective-pm/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・23掲載):シャクナゲ祭り、廃水処理プラント、鳥インフルエンザ、 

(1)Rhododendron Festival(シャクナゲ祭り)

    観光局 https://www.facebook.com/travelbhutanjp/posts/2376796085730916(写真6枚)

   花の咲き方不足で観光客を失望させたシャクナゲ祭り クェンセル 『Rhododendron festival disappoints visitors』 http://www.kuenselonline.com/rhododendron-festival-disappoints-visitors/  

(2)JICAの資金 1億円で建設されたティンプーの Hejo にある廃水処理プラントは2ヶ月経った今も稼働していない 家庭からの廃水パイプラインが処理プラントに接続されていない

   クェンセル 『Inaugurated treatment plant still not operationalized』 http://www.kuenselonline.com/inaugurated-treatment-plant-still-not-operationalised/

   JICA Bhutan Office  https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1922546541177154?__xts__[0]=68.ARC8vvFz2FgWzgtDqjTLB-UAfhVimPPb-tCfnmrOHpEAsg0U2KF-KdVwVzG1dtv71p3j8Zy2eDkUvg0fDayT4ng1MqxWjArR_q28GpuwyN4IVn1pUcMlPcpH_awzFuTPWbw-mha7HNumk4mgIBtuyEOHKjrgKaR6XKFLwyAD71I8rfoiHCC1U0YRQan0NTudPM2WA39gVKWTPbTPeD6f1KAksQtIqo1VcYwzQ3SynbVkFEoN99hpZ299cwoCRIGQ7ShCduX5_cqVKc9pSGUOj_kf_8LlL8dulMiIs5utep57xmFGBCCL8hnB3RaGSl6C0-vrPCrTNoQqJwoG_bPY2GSLpA&__tn__=-R  

(3)Dhamdaraで鳥インフルエンザが発生  4月 9日に発生が確認された後、合計 1,130羽の家禽の鳥が殺処分され、3,955個の卵が処分され、16個の小屋が破壊された

   BBS 『Bird flu outbreak at Dhamdara contained』 http://www.bbs.bt/news/?p=113190 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(4・22掲載):坂本達さんイベント、インフルエンザの流行、BuBuベーカリー、払うか払わないか、観光客の不満、 

(1)坂本達さんスライド&トークイベント

       

   5月10日(金):東京都品川区パタゴニア大崎ストア  『坂本家6大陸大冒険 〜自転車に夢のせて〜』 https://www.facebook.com/events/265029481071707/?active_tab=about

   5月29日(水):京都府京都市上京区同志社大学 『自転車で世界一周した冒険家が、同志社大学へやってくる!』  https://ois.doshisha.ac.jp/event/2019/0410/event-detail-8.html

         https://ois.doshisha.ac.jp/attach/event/EXCHANGE_STUDENT-EVENT-JA-8/120487/file/SakamotoTatsu.pdf

(2)インフルエンザ H1N1 大流行  最近のブムタンでのインフルエンザ A-H1N1 の流行は、1日に 30人から 35人に減少し、最近では約 10人に減少し、病院を訪れる感染者の数が減少

  最初の症例が 4月8日に報告されて以来、約 227人がインフルエンザ A H1N1に感染したと報告 全感染者のうち、約 90%がワンディコリング中学校(WLSS)、ブムタンの学生だったが、最初の感染事例は 45人の生徒が欠席した 4月 8日に報告された ワンディポダン病院の Dr. Pema Wangchukは、感染からのサンプルは調査のために王立疾病管理センターに送った結果、インフルエンザ A-H1N1であることを確認した

    クェンセル 『H1N1 outbreak under control』 http://www.kuenselonline.com/h1n1-outbreak-under-control/   

(3)ブータンの起業家を祝う:BuBuベーカリーのKinley Dema、Lobesa

   DAILY BHUTAN  『Celebrating Bhutan's Entrepreneurs: Kinley Dema Of BuBu Bakery, Lobesa』 https://www.dailybhutan.com/article/celebrating-bhutans-entrepreneurs-kinley-dema-of-bubu-bakery-lobesa  

(4)払うか払わないか:賃金問題  business bhutan 『To pay or not to pay』 http://www.businessbhutan.bt/2019/04/18/to-pay-or-not-to-pay/ 

(5)銀行、通信、トイレサービスに不満のある観光客 昨年ブータンを訪れた観光客の間での不満は、銀行サービス、通信、トイレ施設へのアクセスに対するものが主だった

  2018年のブータン政府観光局(TCB)出口調査によると、約 12%の国際観光客と 10%の地域観光客が、両替、POS、ATMサービスなどの銀行システムに不満を持っていると述べた

   国際的な旅行者の約 10パーセントと地域の旅行者の 5パーセントは、インターネットと電話サービスへのアクセスに不満を示した

  クェンセル 『Tourists dissatisfied with banking, communications and toilet services』 http://www.kuenselonline.com/tourists-dissatisfied-with-banking-communications-and-toilet-services/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・21掲載):残ったカルダモン、カルダモン農家、手漉き紙、Vajrayana 仏教会議、 

(1)サルパンの農民たちは、売れ残りのカルダモンを政府に売るつもりはない 政府が売れ残ったカルダモンを買おうと思っていたにもかかわらず、サルパンの農家の多くは、Gelegphu にある Food Corporation of Bhutan(FCB)のオークション場で、残った収穫物を売却しようとしませんでした

     BBS 『Sarpang farmers not keen to sell their unsold cardamom to government』 http://www.bbs.bt/news/?p=113141 

(2)カルダモン農家 クェンセル 『When farmers are forgotten』 http://www.kuenselonline.com/when-farmers-are-forgotten/ 

(3)Trashiyangtse の伝統的な紙の製造のためのコミュニティビルディングセンターが 2019年4月12日に発足  このインフラの開発は、草の根無償資金協力(GGA)スキームを通じて日本政府によって支援された

  JICA Bhutan Office  https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/2014000572031750?__xts__[0]=68.ARCxzlDzgJwwnvjMqY2Td1JmGAh-QYwCOQ9DuxQQKizJJ4YaXbFxPB-k6_MBKu_t3xYctitPyyLzrnTaV5uynLOBQgu1pohsBjlyh9kmX22WyH2hIF71Pva_6aKQMLN4R5yHk_gutf8T9sABB4ORYo_pHvZq3sV05ge5C5dUnP8dN_ofe70eh-xIf3Jtwb2RS73Jxz_Ed-TMMGwL6zNMTnAq_K0M1eBhYLwfkUa49B5_fEVoZs2COmySIYtHlawEb6w0AfkD5eM1jPdqQBIgMTTHSv5sSsXSMA0c3GxWnls5FxOVap1RbA4s2_dGtFYqWlTKy1JdX_R5hzJzAxvX5C-xnw&__tn__=-R

   在ブータン日本国大使館:https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000864.html 

(4)ティンプーで開催中のVajrayana 仏教会議 Vajrayana 仏教に関する第3回会議は 15カ国以上から100人以上の参加者が会議に参加

   BBS 『Vajrayana Buddhism conference underway in Thimphu』 http://www.bbs.bt/news/?p=113134

   クェンセル 『Vajrayana conference begins at Zhichenkhar』 http://www.kuenselonline.com/vajrayana-conference-begins-at-zhichenkhar/  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・20掲載):ユキヒョウの保全、ゴミの鳥への影響、トップパフォーマンススクール、トウモロコシ不足、WFP、世界報道自由指数、 

(1)ユキヒョウの保全における地域社会の関与 BBS 『Engaging local community in conserving snow leopards』 http://www.bbs.bt/news/?p=113081 

(2)ボトルキャップ、玩具、古着、チョコレートの包装紙、ビスケットや麺のプラスチック、ジュースのストロー、使用済みのおむつなどがティンプーのタバの森に散らばる

    鳥の群れがこれらのゴミを食べるが、その影響についてはほとんど知られてない

   クェンセル 『Plastic waste, a threat to birds』 http://www.kuenselonline.com/plastic-waste-a-threat-to-birds/ 

(3)2018年のトップパフォーマンススクール Sarpang と Trashigang は 2018年に最高の成績を上げた学校の数が最も多い Sarpang 地区の 7つの学校はクラス 3と 6でトップにランクされた

    BBS 『Top performing schools in 2018』 http://www.bbs.bt/news/?p=113042 

(4)トウモロコシの輸入量不足は動物飼料の生産に影響を与える BBS 『Shortage of maize affects production of animal feeds』 http://www.bbs.bt/news/?p=113090 

(5)ブータンの栄養問題  DAILY BHUTAN 『WFP Shifts Focus To Capacity Development In Nutrition And Disaster Preparedness In Bhutan』

     https://www.dailybhutan.com/article/wfp-shifts-focus-to-capacity-development-in-nutrition-and-disaster-preparedness-in-bhutan

     WFP Bhutan:https://www1.wfp.org/countries/bhutan 

(6)『2019年世界報道自由指数』によると、ブータンの報道の自由ランキングは今年 14位上昇し、180カ国中 80位にランクインしており、100点満点中 29.81点

    クェンセル 『Bhutan’s press freedom improves』 http://www.kuenselonline.com/bhutans-press-freedom-improves/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・19掲載):移民元年、労働大臣日本へ、ブータン経済、ジェンダーの不平等、OGOP SHOP、Leki Choden さん、 

(1)新潮社フォーサイト 『「人手不足」と外国人(34) 「移民元年」で日本人が直視するべき「労働現場」の真実』 https://www.fsight.jp/articles/-/45189 

(2)労働人事大臣が率いるブータン代表団が日本に向けて出発 チームは「Learn and Earn Program」に関連した問題を話し合い、それを解決するために日本政府の支援を求める予定

     BBS 『Labour minister leaves for Japan to meet ‘Learn and Earn’ program me students』 http://www.bbs.bt/news/?p=113049 

(3)火曜日に発表されたアジア開発銀行(ADB)のレポートによると、ブータン経済は今年も翌年も緩やかに成長すると予想されている 成長予測は今年 5.7%、2020年に 6%

   これは Mangdechhu 水力発電所の完成が予想されているため

    Southasian Monitor 『Bhutanese economy expected to grow moderately: ADB』 http://southasianmonitor.com/2019/04/18/bhutanese-economy-expected-to-grow-moderately-adb/ 

(4)ジェンダーの不平等 - 女性の平等とエンパワーメントに対する最大の障害

   business bhutan 『Gender inequality ミ the greatest obstacle to womenユs equality and empowerment』

    http://www.businessbhutan.bt/2019/04/17/gender-inequality-the-greatest-obstacle-to-womens-equality-and-empowerment/ 

(5)ブータンの地元コミュニティの農民によって作られた製品販売店

      観光局  https://www.facebook.com/destinationbhutan/posts/2736867349663075?__xts__[0]=68.ARAMeaZvQxKsdyf-VouT8z_mKmSE3baAIm8RKgaCLHnY4XEijtf38tzG5Y0cpwuxv9aF8WfXK6TgsPvPNbjTlwGkk-syD1pv8NBAmK_uUAPmMqIwm0Z3XtdnL7AtctzRTDPYfVGPBK-U22MhqtJ93XC7GvYF8A0ke0IZwXyNR2SMBZeYIXy5zEnhXkcK6p0IIDWOxw2f1AQzgU8nUKu-Km3zFi0vu6YqxsfM5PxzT6Zls0bFWXu7ApmgJ6MVwOCZZvEo4Z6RNzNlCcy_W_9jkyKWzWfHJ2aTDnhXcTo-71K8gJRy5nBGQPZMQ73AB8Ll67RCbVWZ0T3VVffKXNRUSguu6A&__tn__=-R 

(6)日本の文科省奨学金で横浜国立大学大学院に学び、工学修士号を得た Leki Choden さん(https://www.linkedin.com/in/leki-choden-605ab829/)は、現在、Thimphu TechPark を拠点とする Bhutan Data Scientistsの CEO

https://www.facebook.com/theofficialnamgayzam/posts/2223658091047514?__xts__[0]=68.ARDn5dGE5AudirADwQ6N9H4APEOo5M8QNJxw15tclK5WdDwQM-Cgmd3dGvTeAvwfnB0m0IujnuT5YUgOAdiQnvPKwkGKbgXokFz99ckpvHeFORVRZWKPaQ_dn-hzGte7D1XlLR5OmuNjHBfKClA9rZGcsIoutBc3yuXbUep1VMTi3O3F3VH5GKO8TTh_NnSsyw25Gb2ArD63gvPDv6CpUWuMxd_pa8UAlXl78ODq_6PNPewOMpqm_eMTQjgei15buiXi3nObb4Li6pkY8Db1auEHt4jY4mOOEGdjmou3KWHAnw1FsqzyndeIHxyI3IvxzJXUwpSmjX-RvdqP67wZHS0fe56o4x6MQ4RNPZ_xY1reORrBGRGIW5cJ0VE-JtGF9Vh8MR5yWMvlfEY2Mb_kkes9xzXQckuAaCvAflIOrLUMaC-zmamsHlzcS5_V5W8YMhZdTemzGW9RjtwsrSrWrm-H_dTg0Tgzp9-cVFrsOP-SVRRH6U3M21kJ&__tn__=-R   

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(4・18掲載):労働大臣日本へ、アルコール使用量削減、観光、ブムタンの観光業界、25年の刑宣告、 

(1)労働大臣、ブータンの若者に会うために日本に出発 政府は、何百人もの青少年に影響を及ぼした「学び、稼ぐ」プログラムが直面している問題についての怠慢に対する批判に直面した後、日本にハイレベルの代表団を送った 同省は「同プログラムに関連する問題について議論し、これらの問題について日本政府の支援を求め、ブータンの若者にとっての他の機会を模索するために訪問が行われている」と述べた 労働大臣ウゲン・ドルジは、労働長官 Sonam Wangchuk、野党 MP Ugyen Dorji、他とともに11日間滞在し、若者と面会、彼らが直面している問題を聴取 代表団は、日本の法務大臣と保健大臣、他の関係者と面会予定

   クェンセル 『Labour minister leaves for Japan to meet Bhutanese youth』 http://www.kuenselonline.com/labour-minister-leaves-for-japan-to-meet-bhutanese-youth/ 

(2)パイロットプロジェクトは、Lhuentseでアルコール使用量を50%以上削減するという好結果をもたらしました

    The Bhutanese 『Pilot Project bears positive results in reducing alcohol use by more than 50% in Lhuentse』

     https://thebhutanese.bt/pilot-project-bears-positive-results-in-reducing-alcohol-use-by-more-than-50-in-lhuentse/ 

(3)観光による経済の変革:高価値、低インパクトのジレンマ

    DAILY BHUTAN 『Transforming The Economy Through Tourism: A High Value, Low Impact Dilemma』

    https://www.dailybhutan.com/article/transforming-the-economy-through-tourism-a-high-value-low-impact-dilemma

(4)ホテル数の増加、観光客数の減少、従業員不足のため、ブムタンのホテル業界は苦しんでいる

    The Bhutanese 『Bumthang hotels in deep distress due to increasing number of hotels, low tourist spread and shortage of employees』

    https://thebhutanese.bt/bumthang-hotels-in-deep-distress-due-to-increasing-number-of-hotels-low-tourist-spread-and-shortage-of-employees/ 

(5)Panbang Dungkhag 裁判所は、36歳の男性に 10歳の娘を強姦した罪で 25年の刑を宣告

    BBS 『Man sentenced to 25 years for raping his daughter』 http://www.bbs.bt/news/?p=112984   

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・17掲載):留学生問題、

日本の「稼いで学ぶ」プログラム:2人の死亡、1人の昏睡、30人のTB(結核)患者、2人の麻痺患者、2人の精神障害および多くの心的外傷を負った若者

    The Bhutanese 『Japan ‘earn and learn’ toll: 2 deaths, 1 coma, 30 TB cases, 2 paralysis cases, 2 mental breakdowns and many traumatized youths』

    https://thebhutanese.bt/japan-earn-and-learn-toll-2-deaths-1-coma-30-tb-cases-2-paralysis-cases-2-mental-breakdowns-and-many-traumatized-youths/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・17掲載):観光客7%増加、製紙センターオープン、5つの覚え書きに調印、『ヒマラヤ学誌 20号』発刊、 

(1)観光客 2018年のブータン観光モニターの報告によると、ブータンは昨年 274,097人以上の観光客が訪れ、最も高い観光客数を記録 これは 2017年と比較して 7パーセント以上の増加

     BBS 『Tourist arrivals increased by 7 per cent in 2018』 http://www.bbs.bt/news/?p=112952 

(2)日本からの助成金で、タシヤンツェに伝統的な製紙センターがオープン

    DAILY BHUTAN 『With Grants From Japan, Traditional Papermaking Centre Opens In Bhutan』

      https://www.dailybhutan.com/article/with-grants-from-japan-traditional-papermaking-centre-opens-in-bhutan

    製紙動画:https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=VfOdPVZbt-U <https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&amp;v=VfOdPVZbt-U>  

    在ブータン日本国大使館:https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000864.html

         (案件概要):https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000852.html 

    石州半紙の支援:http://sekishu.jugem.jp/?eid=155  https://www.sankeibiz.jp/macro/news/160405/mcb1604050500001-n1.htm 

(3)ブータンとバングラデシュは、水路、健康、農業、観光など、さまざまな分野に関する5つの覚書に署名した

     Southasian Monitor 『Bhutann, Bangladesh sign five MoUs』 http://southasianmonitor.com/2019/04/15/bhutann-bangladesh-sign-five-mous/ 

(4)『ヒマラヤ学誌 20号』

        

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・16掲載):新規事業、バングラデシュからの医療従事者派遣、完工式、『ブータン学研究 Vol.2』発刊、 

(1)新規事業が市場に参入する際に必要な法的枠組み

     business bhutan 『Proper legal framework required as new businesses enter the market』

     http://www.businessbhutan.bt/2019/04/11/proper-legal-framework-required-as-new-businesses-enter-the-market/ 

(2)バングラデシュは、ブータン国内の医療従事者の不足に対処するために、医師、専門家、副専門家を派遣する予定

   ブータンの保健省とバングラデシュはダッカで覚書(MoU)に署名 バングラデシュは、24人の医師、専門家および副専門家をブータンに派遣する

    BBS 『Bangladesh to send 24 medical doctors, specialists and sub-specialists to Bhutan』 http://www.bbs.bt/news/?p=112892 

(3)在ブータン日本国大使館 『平成29年度対ブータン草の根・人間の安全保障無償資金協力 「タシヤンチェ県における手すき紙工房建設計画」完工式の実施』

     https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000864.html 

(4) 日本ブータン学会誌『ブータン学研究 Vol.2』発刊 http://www.bhutanstudies.org/journal/vol-2/

    日本ブータン学会第2回大会基調講演;ブータンへの医療支援における京都大学病院の取り組み (岡島 英明)

    論文;ブータン王国のラックカイガラムシを題材とした高等学校家庭科の教材開発 ―ラック染色布、染色動画と実権を教材とした授業実践の試み―(都甲 由紀子・陶山 由佳)

      ;マンデビ語諸方言における音韻の年代差(西田 文信)

      ;ブータン王国シェムガン県トン集落の緑地ならびに植物の構成 (吉村 晶子、菅 博嗣、永村 裕子、川崎 英明、石井 匡志、井手 勇人、タシ・ペンジョール、ウゲン・テンジン)

   ブータン通信; 第4回・第5回ブータンフォーラム ―ブータンで開催したブータンフォーラムの報告―(菊池 多絵)

  「日本ブータン学会第3回大会」:http://www.bhutanstudies.org/776/ 「日本ブータン学会」:http://www.bhutanstudies.org/ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(4・15掲載):ブータン勉強会開催予定、 

日本ブータン研究所主催「第103回ブータン勉強会」 http://www.bhutanstudies.net/13566/   日 時:2019年4月27日(土) 10:30-12:30

   場 所:早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC) 3階ミーティングスペース

   発表題目及び発表者:「大英図書館の書庫に眠るブータン関連史資料調査報告(前編)」 平山 雄大 

「第104回ブータン勉強会」 http://www.bhutanstudies.net/13567  日 時:2019年5月18日(土) 14:00-16:00

   場 所:早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC) 3階ミーティングスペース

   発表題目及び発表者: 「大英図書館の書庫に眠るブータン関連史資料調査報告(後編)」 平山 雄大 

「第105回ブータン勉強会」 6月1日(土)or 2日(日)  隠岐國学習センター(海士町) http://www.bhutanstudies.net/13805/

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・14掲載):日本ブータン学会第3回大会、山形新聞、女性に対する暴力、ベーカリー、国王陛下の Startup Center 訪問、世界ネコ歩きmini、悲しい少年、

(1)「日本ブ―タン学会第3回大会」開催のお知らせ 2019年5月19日(日)10:00〜17:00 早稲田大学(早稲田キャンパス)3号館305号室

   http://www.bhutanstudies.org/776/   http://www.bhutanstudies.org/ 

(2)「山形新聞、2019年4月12日、日刊、8版、6ページ」 

       

(3)ブータンの公衆衛生や国連のような機関は、「国別報告2019年」で、国内の女性と女児に対する暴力に対処するための努力を強化する必要性を呼びかけた

    BBS 『Need to step up efforts to address violence against women and girls』 http://www.bbs.bt/news/?p=112837 

(4)ブータンの起業家:ティンプーのベーカリーの Sonam Choden

    DAILY BHUTAN 『Celebrating Bhutan's Entrepreneurs: Sonam Choden of Rolling Pin Bakery in Thimphu』

    https://www.dailybhutan.com/article/celebrating-bhutans-entrepreneurs-sonam-choden-of-rolling-pin-bakery-in-thimphu(動画有り) 

(5)国王陛下、Changzamtog の Startup Center(https://www.moea.gov.bt/?p=5032) 訪問(写真5枚)

     https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/pcb.10156996078828260/10156996017778260/?type=3&theater 

(6)TV番組情報 『岩合光昭の世界ネコ歩きmini「朝の光とネコ」「ネコをひき寄せるには」』 4月20日(土) 7:00 〜 7:15  NHK BSプレミアム(Ch.3)

   番組詳細  動物写真家・岩合光昭が世界各地で撮影するネコの映像、59分版からの名場面。  愛らしいネコが大集合。

      オープニングは「朝の光とネコ」朝日を浴びるネコたちの多彩な表情。 「猫識」は「ネコをひき寄せるには」撮影時、岩合さんのカメラに寄ってくるネコたち、その秘けつは?

     名場面はルーマニアの村に暮らす仲良しのネコとイヌ。 そしてブータンのお寺でお坊さんにかわいがられるネコ。 

(7)『ティンプーの悲しい少年』 私の父が最近亡くなりました。 すると、火葬が行われる前に、私の父の弟は私たちの家と土地を奪い、私と母を追い出しました。

   以前は、私は私の叔父の家族と親密でしたが、今や彼は私の電話を拒否し、叔母といとこは私を無視しています。

   私は私の人生のすべてを知っている人が、突然とても残酷になることができることにショックを受けて悲しいです。

   ラム、私は仏教に関心があります。 どうやったらこの状況に対処できるのかを教えて下さい。

    クェンセル 『The teachings of the Buddha are not to make our lives comfortable, but to wake us up to reality』

     http://www.kuenselonline.com/the-teachings-of-the-buddha-are-not-to-make-our-lives-comfortable-but-to-wake-us-up-to-reality/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・12掲載):新JAB事務局長、首相独占インタビュー動画、ブータンが私をどう変えたか、来世、自国ブランド、 

(1)新たにブータン・ジャーナリスト協会(JAB)の事務局長に任命された Namgay Zam が、JABへの参加、国内のジャーナリストが直面している課題、メディアの専門性および専門的基準、ならびにジャーナリストの役割について Business Bhutan に答えた

    Business Bhutan 『‘We need to tighten our keras (belt) and stand our ground when intimidated, especially when we are right’』

    http://www.businessbhutan.bt/2019/04/10/we-need-to-tighten-our-keras-belt-and-stand-our-ground-when-intimidated-especially-when-we-are-right/ 

(2)首相独占インタビュー動画

   Southasian Monitor 『Exclusive Interview with Bhutan’s Prime Minister』 http://southasianmonitor.com/2019/04/10/exclusive-interview-with-bhutans-prime-minister/ 

(3)ブータンが私をどう変えたか DAILY BHUTAN 『How Bhutan Has Changed Me: Mieke Copper』 https://www.dailybhutan.com/article/how-bhutan-has-changed-me-mieke-copper  

(4)グローバルニュースアジア 『来世で動物に生まれ変わるなら「幸せの国・断然ブータン第一希望」』 http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5387&&country=1&&p=2  

(5)シンガポールの作家兼コンサルタントの Koh Buck Song 氏は、ブータンがどのように自国ブランドを推進することができるかについての見解を述べた

   DAILY BHUTAN 『How Can Bhutan Brand Itself Internationally? Singapore Expert Gives Take On Nation Branding』

    https://www.dailybhutan.com/article/how-can-bhutan-brand-itself-internationally-singapore-expert-gives-take-on-nation-branding 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・11掲載):留学生問題、日本種の柿栽培、川で発見された大腸菌、公務員の基本給アップ、柔道留学生、 

(1)現代ビジネス 『24歳のブータン人が自殺…「移民クライシス」で日本が自壊する日』 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63678 

(2)農民に柿の栽培を奨励する  喉を刺激する地元の柿とは異なり、日本の品種は優れていて、リンゴに似た実を結ぶ

   DAILY BHUTAN 『Encouraging Farmers In Bhutan To Cultivate Japanese Persimmons』 https://www.dailybhutan.com/article/encouraging-farmers-in-bhutan-to-cultivate-japanese-persimmons 

(3)Chubachu(チュバ川)で発見された大腸菌  最近の耐熱性大腸菌群試験によると、ティンプーの Chubachu は大腸菌(Escherichia coli)で非常に汚染されている

    テストでは、流れの中の水 100ミリリットルあたり 50,000以上の大腸菌が明らかになった

    王立疾病管理センター(RCDC)と協力して、王立自然保護協会(RSPN)が 2017年から 2019年までの3年間、汚染と河川の状態を評価するために水質試験を実施

    水中の大腸菌は、最近の下水や動物の排泄物の汚染を強く示唆  これには、さまざまな種類の病気を引き起こす生物が含まれている可能性がある

    BBS 『E.coli bacteria found in Chubachu stream』 http://www.bbs.bt/news/?p=112734 

(4)賃金委員会は、公務員の基本給を14から29パーセントに変更することを推奨

   クェンセル 『The Pay Commission recommends』 http://www.kuenselonline.com/the-pay-commission-recommends/

   The Bhutanese 『Fourth Pay Commission shares recommendations to Cabinet』 https://thebhutanese.bt/fourth-pay-commission-shares-recommendations-to-cabinet/ 

(5)星槎道都大学の入学式に出席しているゴ姿のブータンの柔道留学生  https://twitter.com/RieDorji/status/1115611057236537344 

 https://www.facebook.com/pelkhil/posts/2300931273297153?__xts__[0]=68.ARDkGBRYFA7IYNkLydFqPJdC5cRzKSKYmL4q2YUel7vF6Fbtrcs49h93FFxo-ZwPtId4rWU1RtWCwxVEqr-gInMvhNg3OYUj3LZVoKLVHjqYcUoDeZIDOGqGhtF4_8_ji4QxKQ1CbtvrV5TS9p6u6YyLvITukf8vnkpwWI72yjMzm8nXoIRf_5KyUVIoVzIFKPf1dTgste9ttKgIz2dYbH6HFov8gyrcxH-70BWGWtT8xWhPw3uyp-C8djqVI963DEAT67NVIOjkhGjh8-CLPnM4W2L7nj1IjJZzNANJbHwJCszwoMJxPn7GL1hf7S00oqYTKtF6puy--ksRqtOnCr2eSA&__tn__=-R

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・10掲載):大仏切手、病院統合、食肉処理場、「万国フェス2019」、 

(1)郵便学者の内藤陽介氏のブログ http://yosukenaito.blog40.fc2.com/blog-entry-5092.html 

(2)政府は3つの紹介病院を併合し、王立公務員委員会(RCSC)からの人的資源を委任することを計画

    保健大臣によると「現在のシステムでは Monggar と Gelephu 地域紹介病院に専門家を派遣することができない」

    Jigme Dorji Wangchuck 国立紹介病院(JDWNRH)も教育病院であるため、Dechen Wangmo 保健相は「ほとんどの専門家が全国の紹介病院で医療訓練生を訓練しなければならない」と述べた

    BBS 『Govt. plans to merge referral hospitals』 http://www.bbs.bt/news/?p=112640 

(3)保健省はRCSC委員会へ紹介病院の統合を提案

   クェンセル 『MoH to propose delinking referral hospitals to new RCSC commission』 http://www.kuenselonline.com/moh-to-propose-delinking-referral-hospitals-to-new-rcsc-commission/ 

(4)政府は民間の食肉処理場の設立を止めることはできない:農業大臣

   The Bhutanese 『Govt cannot stop establishment of private slaughterhouses: Agriculture Minister』 https://thebhutanese.bt/govt-cannot-stop-establishment-of-private-slaughterhouses-agriculture-minister/ 

(5)『世界のフードや文化を体感「万国フェス2019」』 4月28日  駒沢オリンピック公園中央広場 小学生スポーツイベントも同時開催

     http://news.livedoor.com/article/detail/16286019/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・9掲載): lui の儀式、ビニール袋禁止、観光、オグロヅル、キモノプロジェクト、 

(1)カルマの債務を一掃するために行われる luiの儀式

   DAILY BHUTAN 『Discover The Bhutanese Ritual Of Lui, Conducted To Clear Karmic Debts』

    https://www.dailybhutan.com/article/discover-the-bhutanese-ritual-of-lui-conducted-to-clear-karmic-debts 

(2)買い物のためのビニール袋の使用、および売り手による商品の包装の禁止、を支持するひとつの自然な方法 https://twitter.com/tourismbhutan/status/1114737009157754881 

(3)政府観光局(TCB)によると、昨年は274,097人の観光客がブータンを訪れ、2017年の成長率は 7.61% 観光収入も、2017年と比較して約7%増の 560万ドル

   国際レジャーセグメントからの総観光収入 85.41百万米ドルのうち、26.29百万米ドルは、持続可能な開発手数料(SDF)、ビザ手数料、および 2パーセントTDS(源泉徴収税)を通じた政府の直接収入だった

  しかし、成長にもかかわらず、TCBは国がまだ季節性と不均衡な地域的な広がりの問題に直面していると述べている

  クェンセル 『Tourist arrivals up by 7.61 percent』 http://www.kuenselonline.com/tourist-arrivals-up-by-7-61-percent/ 

(4)オグロヅル ポプジカの BNCセンターは、この冬、国内で 609羽のオグロヅルを記録 1986年以来、2017年から2018年の冬の間に記録されたオグロヅルの最大数は 626羽

    クェンセル http://www.kuenselonline.com/picture-story-725/ 

(5)朝日新聞 『東京五輪出場国を着物にすると? 200種類分を制作中』 https://www.asahi.com/articles/ASM3X4DVYM3XUHBI016.html?iref=pc_ss_date

上記 URL の続き  米国は自由の女神やハリウッド映画、英国は007やシェークスピア、エジプトはピラミッド、キューバはクラシックカーに太鼓など、各国の大使館にも助言を仰ぎながらイメージを着物に落とし込んでいく。高倉さんは「作品作りでその国の気質に触れることができる。 多様性を認め合うのは五輪の精神と同じ」と話す。 5月2日には東京都中央区の日本橋三井ホールで「イマジン!ザ・ワールドKIMONOショー」を開く。外国人15人に15カ国分の着物を着てもらうという。  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・8掲載):猫の鈴、Yiga チョコレート、TV番組情報、フォトアートマガジン「hot hot hot!」、 

(1)猫の首の鈴を鳴らすのは誰ですか? 過去10年間で、省級の人々は何百万ものおもてなしと娯楽に費やしてきた

   規則により、選出された人および選択された人が支出することが許可されていますが・・・

  クェンセル 『Who will bell the cat?』 http://www.kuenselonline.com/who-will-bell-the-cat 

(2)ブータンの起業家を祝う:Yiga チョコレートの Kinley Pelden  Kinley Pelden は Yiga Chocolates を運営

   これは、チリ、キノア、生姜、マウンテンブルーベリーなどの地元のブータン風味を組み合わせてチョコレートを製造するビジネス

   DAILY BHUTAN 『Celebrating Bhutan's Entrepreneurs: Kinley Pelden Of Yiga Chocolates』

   https://www.dailybhutan.com/article/celebrating-bhutans-entrepreneurs-kinley-pelden-of-yiga-chocolates 

(3)TV番組情報 『超ムーの世界 R#41 霊の見え方 ▽ブータンの雪男伝説 ▽エジソン名言の真意 ▽手相ほか』 4月14日(日)20:00 〜 21:00  BS12 トゥエルビ(Ch.12)

   雑誌「ムー」と完全コラボ!オカルト界の重鎮たちが超常現象や都市伝説、秘密結社、陰謀説…あらゆる"不思議"について、無責任に議論するオカルトエンターテイメント番組。

   HP:https://tv.rakuten.co.jp/content/246862/  

(4)フォトアートマガジン「hot hot hot!」  関健作さんTwitter:https://twitter.com/KensakuSEKI/status/1114474148372213761  

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(4・7掲載):世界ネコ歩き、ブータン蜂蜜、薬物に関するキャンペーン、民樹のつぶやき、旅行先、 

(1)TV番組情報 『 岩合光昭の世界ネコ歩き「仏塔 寺院 マニ車〜ブータン〜」』 4月13日(土)18:00 〜 18:30  NHK BSプレミアム 

    動物写真家岩合光昭さんが訪れたのはブータン 仏塔のある田んぼで遊ぶネコや寺院で僧侶と一緒に過ごすネコの日常を撮影  (2018年2月放送の30分版) 語り:山田孝之 

    世界ネコ歩き・ブータン本編動画:http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?c1=&ch_userid=codeno001&prgid=55836215 

(2)去年とは異なり、ブムタンのブータンの養蜂家協同組合は、国際標準化機構(ISO)の認証を受けているにもかかわらず、蜂蜜の販売に苦労している

    ISO(https://isoshien.com/iso/) 認証を受けるために経費が嵩んだことが価格上昇に繋がった

    BBS 『Beekeepers’ cooperative in Bumthang struggles to market honey』 http://www.bbs.bt/news/?p=112630

     日本でのブータン蜂蜜ショップ(製造・梱包動画有り):https://www.bhutanmatsutake.tokyo/bhutanhoney.html 

(3)薬物に関するキャンペーン 警察の記録によると、過去2年間で麻薬関連の事件数は76%以上増加

   クェンセル 『An ambitious campaign on drugs begin』 http://www.kuenselonline.com/an-ambitious-campaign-on-drugs-begin/

   BBS 『Nationwide drug prevention awareness campaign launched』 http://www.bbs.bt/news/?p=112632 

(4)ブータン事務所長 民樹のつぶやき 『JICA草の根技術事業 ソーシャルインクルージョンによる持続可能な障害者支援の構築に向けた障害者の社会参加促進プロジェクト』

    http://blog.livedoor.jp/tamikinakajima/ 

(5)訪日ラボ 『2019年に数多くのビリオネアが訪れる国のTOP15』  https://honichi.com/news/2019/04/04/billionairexinbound/

    https://www.businessinsider.fr/us/top-destinations-billionaires-are-traveling-to-luxury-2019-3 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(4・6掲載):「島根型教育」を、喉の中で生きていたヒル、行方不明者 603人、ジー、紙漉き、運転手襲撃される、 

(1)NHK 島根『ブータンに「島根型教育」を』  動画 https://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/20190403/4030002490.html 

JICA草の根技術協力事業(地域活性化特別枠)に採択された、「地域活性化に向けた教育魅力化プロジェクト―ブータン王国における地域課題解決学習(PBL)展開事業―」(提案自治体:島根県隠岐郡海士町)関連のニュース

     参考:http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/11/19/1411060_03_1.pdf 

(2)Tsirang 出身の男性の喉の中で2ヶ月以上生きていたヒルが、3月30日に病院で取り除かれた BBS 『Live leech removed from man’s throat』 http://www.bbs.bt/news/?p=112530 

(3)行方不明者 603人 ロイヤルブータン警察(RBP)で報告された行方不明者の事例は年を経て徐々に増加

    2002年から 2019年までの17年間にわたり、全国で 2,429人の行方不明者が報告され、そのうち 855人が男性、764人が女性、810人が子供

     business bhutan 『603 people still missing』 http://www.businessbhutan.bt/2019/04/04/603-people-still-missing/ 

(4)

    

    ジー(zee)は、ブータン、チベット、およびヒマラヤの他の地域で高く評価されている装飾用の石 研究者によると、白いデザインは瑪瑙石にアルカリを焼成することによって作成される

   背景が白のジービーズの場合は、まず石をアルカリで白くしてから焼く その後、黒のデザインは再び焼成する前に描かれている

   デザインは単に表面に作成されたものではなく、特別なテクニックがそれを石の奥深くまでエッチングするために使用される ビーズに刻まれたデザインには、花瓶、蓮、虎の縞模様、眼、などがある

   DAILY BHUTAN 『Sacred Zee Stones ミ Believed By Some To Be The Discarded Jewelleries Of Demi-Gods』

   https://www.dailybhutan.com/article/sacred-zee-stones-believed-by-some-to-be-the-discarded-jewelleries-of-demi-gods 動画有り 

(5)在ブータン日本大使館 『平成29年度対ブータン草の根・人間の安全保障無償資金協力 「タシヤンチェ県における手すき紙工房建設計画」完工式の実施』

    https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000852.html 

(6)ブータンのトラック運転手が、インド人の暴徒に攻撃され怪我をした 事件は月曜日に Gelegphu から約 20キロ離れたアッサムのインドの町 Deosuri で起こった

   BBS 『Bhutanese truck driver assaulted in Deosuri』 http://www.bbs.bt/news/?p=112592

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・5掲載):署名式、留学生問題、幸福度95位のわけ、オムロンの街、ダガナの野菜農家、KIMONO プロジェクト、 

(1)JICA 『鉱業開発計画策定プロジェクト合同議事録署名式』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190404.html 

(2)NHK 解説委員室 『「消える外国人 求められる対策は」(時論公論)』 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/317582.html 

(3)幸福の王国として知られるブータンは、なぜ世界幸福報告書 2019 の 95 位にランクされているのか  World Happiness Report と GNH Survey が提供する結果の食い違いは、評価に使用される基準と方法論にある

   DAILY BHUTAN 『Known As The Kingdom Of Happiness, Why Is Bhutan Ranked 95th In The World Happiness Report 2019?』

    https://www.dailybhutan.com/article/known-as-the-kingdom-of-happiness-why-is-bhutan-ranked-95th-in-the-world-happiness-report-2019 

(4)昨年5月に新しい Gyalpoizhing-Nganglam 高速道路が開通した後、Trashigang の Wamrong の街のホテルやレストランは大きな影響を受けた

   旧道路を走る公共交通機関のバスやその他の乗り物に対応していた Wamrong のレストランやホテルは、高速道路開通後、ビジネスは縮小

   business Bhutan 『Business not as usual in Wamrong town』 http://www.businessbhutan.bt/2019/04/03/business-not-as-usual-in-wamrong-town/  

(5)Dagana の野菜農家は,学校当局に対して、輸入野菜よりも地元の野菜を選ぶよう要望

   BBS 『Dagana farmers target schools as an alternative market』 http://www.bbs.bt/news/?p=112473 

(6)朝日新聞 『五輪・パラ、着物で彩りたい 参加国・地域表現、200着超制作目指す』 https://digital.asahi.com/articles/DA3S13964936.html?_requesturl=articles%2FDA3S13964936.html&rm=150

上記URL の続き

会を機に着物文化を世界に発信し、着物の良さを見直してもらおうと、14年に一般社団法人「イマジンワンワールド」を立ち上げ、企画への賛同を呼びかけた。

 手始めにブラジル 、南アフリカ 、リトアニア、ブータン 、ツバルの5カ国をイメージした着物を作った。ブラジルは現地の生糸を使い、コーヒーの花などをモチーフにした。ツバルは温暖化で海に沈みそうな島として海や花、リトアニア はビザを発給して大勢のユダヤ難民を救った杉原千畝 氏の執務室をあしらった。

 SNSなどで情報発信するうち評判を呼び、企業からもスポンサーがついた。振り袖と帯など1セットの制作費用は約200万円で、200着以上作るには4億円以上かかる。すでに約180カ国分を手がけており、残り23着、4600万円の寄付を募る。

 米国は自由の女神やハリウッド映画、英国は007やシェークスピア、エジプトはピラミッド、キューバはクラシックカーに太鼓など、各国の大使館にも助言を仰ぎながらイメージを着物に落とし込んでいく。高倉さんは「作品作りでその国の気質に触れることができる。多様性を認め合うのは五輪の精神と同じ」と話す。

 5月2日には東京都中央区の日本橋三井ホールで「イマジン!ザ・ワールドKIMONOショー」を開く。外国人15人に15カ国分の着物を着てもらうという。

(平山亜理)

参考:KIMONO プロジェクト・ブータン:http://piow.jp/kimonoproject/country/003_bhu.html 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・4掲載):学業低下を招く乏しい読書習慣、ディスコ、ディグラム・ナムジャ、結核検査、 

(1)ブータン人は読書習慣が乏しい   PISA-D評価の最近の調査結果によると、学生の読書能力が低いために学業成績が低下

      クェンセル 『What are our children learning? 』 http://www.kuenselonline.com/what-are-our-children-learning/ 

(2)委員会は、Thimphu Thromde に基づくディスコは午前5時までの営業許可を決定   彼らは過去3年間の研究と議論の末に結論を出した

   The Bhutanese 『Dance the night away till 5 am as RBP sees less crime with all night discos』

    https://thebhutanese.bt/dance-the-night-away-till-5-am-as-rbp-sees-less-crime-with-all-night-discos/ 

(3)『ディグラム・ナムジャ(driglam namzha : Bhutanese Etiquette)』 ディグラムは秩序を維持する方法を意味し、ナムジャは概念またはシステムを意味する

   整然とした文化的行動、さらにはそれを構成する標準と規則の体系

   DAILY BHUTAN 『Driglam Namzha: Why The Bhutanese Do What They Do』 https://www.dailybhutan.com/article/driglam-namzha-why-the-bhutanese-do-what-they-do 

(4)西日本新聞 『結核検査、来日前に義務 政府、外国人受け入れ拡大に対応 専門家「追跡調査も必要」』

    https://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/499378/

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・3掲載):終身刑言い渡し、環境にやさしい袋、ヤク牧畜の気候変動による脆弱性、『剣道時代』、理解せずに学ぶ学生、UNDOKAI、 

(1)2017年9月にティンプーのセンテナリー・チルドレンズパークで元妻(27歳)をガソリンで殺害した被告(35歳)に、ティンプー地方裁判所は終身刑を言い渡した

    あわせて、判決の日から10日以内に Nu 492,875 の補償を支払う事も命じた 夫婦は事件の1ヶ月前から別居していた

    BBS 『Man gets life sentence for murdering his ex-wife』 http://www.bbs.bt/news/?p=112382 

(2)ビニール袋の代わりに配布された環境にやさしい袋 BBS 『Eco-friendly bags distributed as substitute to plastic bags at CFM』 http://www.bbs.bt/news/?p=112392 

(3)地球温暖化とブータンのヤク牧畜業者への悪影響 この研究は、ブータンにおけるヤク牧畜の気候変動による脆弱性を評価することを目的としている

   DAILY BHUTAN 『Global Warming And Its Adverse Impact On Yak Herders In Bhutan』 https://www.dailybhutan.com/article/global-warming-and-its-adverse-impact-on-yak-herders-in-bhutan 

(4)サンチャイ☆ブログ『剣道時代 2019年5月号』 体育とスポーツ出版社 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/archive/c40384829-1

   目次:http://www.taiiku-sports.co.jp/shopping/contents.php?pid=1552889116-129218   「剣道大陸 1 ブータン発 ブータン剣道事情」 

(5)理解せずに学ぶ学生 クェンセル 『Students learning without understanding』 http://www.kuenselonline.com/students-learning-without-understanding/

    理絵さんTwitter  https://twitter.com/RieDorji/status/1112732603570884608 

(6)UNDOKAI(写真4枚)   https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1988725254559282?__xts__[0]=68.ARABAz0aPcskg-vtZd4oeXhbxbY2n1DkPA2KKLYgIzNb-h232U7OAUKP_Aiq3zBy_ijizizxZ-qd1UojxbY1pI0cr93dzHGuIAFL9_WhbVYfko-BtH-OiWQ7LXzWCWoOeh7mLfy2G2rXFx7uMMTwx5JiFjn9Q4qn_HnipxCc4BQvJKxmMpS7e9pHlr62yzpNRH9Z2V3ZkLOjSNHckM2l81MnE9Tz26wquSQJ-dxjToAtbNPhl1PkwkZsfvRtLiIf6UMV9ZS_XeDjhJUJAmuYJAfwnCO6B5agB2QcxrZtuNoSeTtVH0bKGwJFWBmEzb-xQpxhJu2SH3lShuMyEte9k4YL2g&__tn__=-R  

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(4・2掲載):消えゆく綿織物の灯、柔道留学、未処理の廃液、幸福度一位の福井、 

(1)サンチャイ☆ブログ『消えゆく綿織物の灯』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-04-01#more 

(2)ブータン柔道協会から二人の柔道家が星槎道都大学(https://www.seisadohto.ac.jp/)へ4年間留学 https://twitter.com/RieDorji/status/1112010793162362881 

(3)未処理の廃液、ティンプーの問題  Olakha の自動車工場からの化学廃棄物を処理するために建てられた Thimphu 工場は機能していない

    油脂、油、グリース(FOG)、洗剤、塗料などの排出物は、そのまま Wangchhu (川)に流れる

   クェンセル 『Untreated liquid waste, a problem in Thimphu』 http://www.kuenselonline.com/untreated-liquid-waste-a-problem-in-thimphu/ 

(4)福井新聞 『幸福度1位も主観的な幸せ置き去り ふくい×AI企画担う高野翔さん指摘』 https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/826608 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4・1掲載):ドクター・ペンバ、ゴミビジネスの40年、宗教という名のもとでの浪費?、投資の分散と再配分、 

(1)ドクター・ペンパ  暗殺されたドルジ首相の依頼を受けて、第三代国王時代、ブータン最初の西洋医学医師として勤務した「ドクター・ペンバ・ツェリン」とブータン人の妻「ツェリン・サンモ」に関する記述が『SERNYA 6号』の p.146〜148 に

  ドクター・ペンバは、中尾先生の『秘境ブータン』p.83〜84に「パロ・ゾンで出逢った英語の通じる 27,8歳の人物」として登場。

  「通常の倍量を処方しないと体格のいいブータン人には効かない」という「ブータン盛」逸話が紹介されている人物。 

(2)ゴミビジネスの40年 1976年に、37歳の Kezang Norbu は小さなゴミ屋を開き、ティンプーでゴミを集めてインドに売っていた 80歳の Kezang Norbu はまだ営業中

   彼は自分がどれだけの量のゴミを集めて売ったかを数えていません、しかし彼のビジネスを続けた時間の長さを考えると、80歳の人は何千トンものゴミを集めたに違いない

   今日、彼は TN Waste を運営し、Phntsholing の Torsa にある2エーカー以上の敷地に広がる大規模なゴミ捨て場で毎日忙しくしている

   「私は廃棄物の収集を開始した最初のブータン人です」と彼は言った「ゴミを集めるのは軽蔑的な仕事だとよく言われました。」

   しかし、43年後の今日、Kezang Norbu 氏は、「私にはいくらかの富があり、40年間の廃棄物収集に満足している」と述べた

   クェンセル 『Four decades in trash business』 http://www.kuenselonline.com/four-decades-in-trash-business/ 

(3)宗教という名のもとでの浪費? クェンセル 『Waste in the name of religion?』 http://www.kuenselonline.com/waste-in-the-name-of-religion/  

(4)投資の分散と再配分のための第3回FDI政策の見直し

  business bhutan 『Third FDI policy revision to diversify and redistribute investments』 http://www.businessbhutan.bt/2019/03/27/third-fdi-policy-revision-to-diversify-and-redistribute-investments/ 

DAILY BHUTAN 『Bhutan To Revise 3rd Foreign Direct Investment Policy To Diversify Its Economy And Be More Investor-Friendly』 https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-to-revise-3rd-foreign-direct-investment-policy-to-diversify-its-economy-and-be-more-investor-friendly 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・31掲載):鉱物資源開発計画、奨学金、山田浩司 前JICA Bhutan 所長離任、成功とは、HE経費、 

(1)国民総幸福委員会(GNHC)と国際協力機構(JICA)は昨日「ブータンの鉱物資源開発計画」に関するプロジェクトに署名した  このプロジェクトを通じて、経済部(MoEA)は鉱物資源開発計画を策定し、人的能力を向上させる MoEA は、日本政府に対し、鉱業および鉱床に関するマスタープランの策定を支援するよう要請している これは、日本政府による鉱業部門への最初の支援

   BBS 『GNHC, JICA sign project to develop mineral resources development plan』 http://www.bbs.bt/news/?p=112303

   JICA Bhutan office https://www.facebook.com/JICABhutan/photos/pcb.1984134595018348/1984134431685031/?type=3&theater  

(2)政府が全額奨学金で進学出来るようにしたにもかかわらず、今年度は約222人のクラスXの生徒が勉強を続けなかった

   クェンセル 『222 Class X students forgo govt. scholarship』 http://www.kuenselonline.com/222-class-x-students-forgo-govt-scholarship/ 

(3)たくさんの大きな変化を見て幸せ:山田浩司 前JICA Bhutan 所長離任

   クェンセル 『Happy to see many great changes』 http://www.kuenselonline.com/happy-to-see-many-great-changes/ 

(4)成功とは  クェンセル 『What is success?』 http://www.kuenselonline.com/what-is-success/ 

(5)おもてなしと娯楽のためにNu.55M ?  

   元内閣閣僚、国会議長、国会議長、最高裁判所の野党党首と最高裁判所長官は、1年で55.01百万人(N)をもてなしと娯楽(HE)に費やした事が、2015年7月1日から2016年6月30日までのHE経費を監査していて判明

   HE経費に関する提案

    HE経費に関するガイドラインを作成する  総予算の上限を遵守する  贈与、寄付、寄付、およびその他の裁量的な費用の額に対する適切な制限を修正する

    領収書または受領書による支出支出  アルコール飲料の支出を見直す  任意助成金の目的と目的を明記してください

    HE基金の管理に関する会計処理、予算管理、システムおよびプロセスを改善および合理化する 

  クェンセル 『Nu 55M for hospitality and entertainment?』 http://www.kuenselonline.com/nu-55m-for-hospitality-and-entertainment/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・30掲載):TV番組情報、出版、プラスチック禁止、メディアの重要性、綿織物、

(1)「日本テレビ放送のドラマにおいてブータン料理店のシーンで店内の背景のひとつとして『地球の歩き方ブータン編』を使用したい旨の依頼があり・・・」

    ドラマ名「あなたの番です」  放送:2019年4月14日(日)PM10:30スタート  https://www.ntv.co.jp/anaban/ 

(2)出版 BBS 『A book, ‘In love with Butterflies and Other Stories’ released』 http://www.bbs.bt/news/?p=112255 

(3)ブータンが最初にプラスチック製のキャリーバッグ(日本で言うところのレジ袋)、ドマの包装、アイスクリームの袋、などの使用と販売を禁止してから20年、その禁止は4月1日に再び全国的に強化される 店主が買い物した食料品や野菜をキャリーバッグに詰めて顧客に渡すと店主は違約金を支払う責任があるが、顧客が野菜市場や食料品店に自分用のビニール袋を持ってきても、その顧客にペナルティは課されない

    BBS 『Plastic ban, no fooling matter』 http://www.kuenselonline.com/plastic-ban-no-fooling-matter/ 

(4)メディアの重要性 business bhutan 『Save the Media!』 http://www.businessbhutan.bt/2019/03/27/save-the-media/  

(5)絶滅の技、Wangphu における綿織物 かつては、サムドップジョンカルの Wangphu Gewog で広く普及していた「綿から織物を織るという古くからの伝統」は姿を消していた

    gewog 政府は、先住民工芸振興庁(APIC)の支援を受けて、綿を栽培し、服を織るという文化を復活させることを計画している

    BBS 『The extinct craft of weaving cotton fabrics in Wangphu』 http://www.bbs.bt/news/?p=112247 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(3・29掲載):肥料、Jana Chidoe Kurim、日本から帰国する若者、オンラインショッピング、「ヒマラヤの青いケシ」展、 

(1)ウォンディポダンの Gangteng と Phobji Village のジャガイモ農家は、農業関係者や地元の指導者たちの指導にもかかわらず、より多くの収量を得るために化学肥料を使用している

    BBS 『Potato farmers of Gangteng and Phobji use more fertilisers for better yield』 http://www.bbs.bt/news/?p=112250 

(2)毎年恒例の Jana Chidoe Kurim がティンプーの占星術のための Pangrizampa Druk Phodrangdhing 大学で始まった 9日間の儀式はすべての衆生の幸福のためにそして国の平和と繁栄のために行われる

    BBS 『Annual Jana Chidoe Kurim begins』 http://www.bbs.bt/news/?p=112257 

(3)日本から帰国する可能性の高い 300人の若者

    クェンセル 『300 youth likely to return from Japan』 http://www.kuenselonline.com/300-youth-likely-to-return-from-japan/ 

(4)オーストラリアやアメリカに住んでいるブータン人は、赤米などをオンラインで注文することができる

    Bhutanbuy.com <http://Bhutanbuy.com> の立ち上げにより、食料品から美術品や工芸品まで、家庭用品をオンラインで購入することができる

    クェンセル 『A platform to buy Bhutanese products online』 http://www.kuenselonline.com/a-platform-to-buy-bhutanese-products-online/ 

(5)『六甲高山植物園 特別展「ヒマラヤの青いケシ」』 5月11日(土)〜6月23日(日)  https://www.feel-kobe.jp/event/detail.php?id=4mOcvujqcaDlj4OF

     

    園内のロックガーデンに咲く1,500株の植栽展示に加え、生態について詳しく解説したパネルや自生地の様子を収めた写真を展示 ヒマラヤの青いケシを国花とするブータンや青いケシに関連するグッズの販売も実施 【料金】 無料(入園料別途要)  

 『「秘境の花」ヒマラヤの青いケシと絶景ランチを楽しむバスツアー開催予定! 』  運行日程: 5月11日(土)〜6月16日(日)の金土日   料金:お一人様 5,980円(税込) / 予約:4月中旬受付開始   https://www.rokkosan.com/gt/event/cat_event/4547/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・28掲載):討論会動画、Dhur のヤク放牧、700の氷河、気候変動の影響、ソーラー電気自動車、「国境が違う!」、

(1)理絵さんTwitter 『BBSでブータン側の送り出し機関のエージェントと日本に送り出され帰国したブータンの若者たちや親御さん方の討論会があった。』

     BBSの討論会動画:https://www.youtube.com/watch?v=MrwJfVfr5rc 

(2)高地住民のヤク飼育が国内では減少傾向にあり、飼育者の多くは村に定住し他の生計手段を選択している しかし、Bumthang の Chhoekhor Gewog の Dhur Villageでは、牧畜家の刻々と変化するライフスタイルの影響をほとんど受けていない

    BBS 『Uncertain future of yak farming in Dhur』 http://www.bbs.bt/news/?p=112196 

(3)700の氷河  国立水文気象学センター(NCHM)によって発表された 2018年のブータン氷河目録によると合計 700の氷河がある  氷河は約 630平方キロメートルの面積、すなわち国の総面積の 1.64%を覆っている

   BBS 『700 glaciers in Bhutan according to a new study』 http://www.bbs.bt/news/?p=112111 

(4)ブータンは気候変動の影響に対して非常に脆弱であり、すでに極端な天候や変化する降雨パターンなどの気候変動の影響に直面している

   The Bhutanese 『First ever Bhutan climate report predicts a hotter and wetter Bhutan』 https://thebhutanese.bt/first-ever-bhutan-climate-report-predicts-a-hotter-and-wetter-bhutan/ 

(5)ブータンの科学技術学生がソーラー電気自動車を製造

   DAILY BHUTAN 『College Of Science & Technology Students In Bhutan Built Solar-Electric Vehicle』

    https://www.dailybhutan.com/article/college-of-science-technology-students-from-bhutan-built-solar-electric-vehicle 

(6)ニューズウイーク日本版 『中国が3万点の世界地図を破壊「国境が違う!」』 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/03/3-128.php 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・27掲載):仏教美術修復技術、スペシャルオリンピックス、Leki Pemo死去、オグロヅル Chimmi、留学生問題訴訟へ、BBSで討論会、

          行政助手(gaydrung)の契約終了、 

(1)Yahoo! ニュース 『ブータンの仏教美術 修復に日本の技 「技術が現地に残るよう」』 https://news.yahoo.co.jp/feature/1284 日本語字幕動画有 

(2)アブダビで開催された「2019年スペシャルオリンピックス世界大会」でブータンチームは、2つの金メダル、銀メダルと銅メダルを各1個獲得して帰国

     BBS 『Bhutanese team returns home with 3 medals from Special Olympics』 http://www.bbs.bt/news/?p=11214

     クェンセル 『Three of four wins medal』 http://www.kuenselonline.com/three-of-four-wins-medal/ 

(3)ブータンで最初の王立諮問評議会(RAC)女性評議員 Leki Pemoが 3月21日に JDW病院で亡くなった、享年62歳

     BBS 『Leki Pemo, Bhutan’s first woman councillor passes away』 http://www.bbs.bt/news/?p=112124

     クェンセル 『First woman councilor, Leki Pemo passes away』 http://www.kuenselonline.com/first-woman-councilor-leki-pemo-passes-away/ 

(4)オグロヅル Chimmi  2019年1月26日にポプジカで研究者によってタグ付けされた Crane Chimmi(Tag Id 6604)

    2019年3月11日にポプジカから モチュ(モ川)渓谷に沿って移動する群れに加わり、ガサで一晩過ごした  しかし、翌日ポプジカに戻り、谷でさらに13日間過ごした

    3月24日、今度は別のルート、ポチュ(ポ川)渓谷を通り、7000m の山岳山頂を越えて中国のチベットの夏の生息地に到着 Chimmi は現在ポプジカでタグ付けされた Crane Wangchen(Tag Id 6603)と一緒にいる

   RSPN https://www.facebook.com/rspnbhutan/photos/a.171350462903840/2329476807091184/?type=3&theater 

    タグ付け:https://www.facebook.com/rspnbhutan/posts/2258950977477101?__xts__[0]=68.ARD3PY2o-p67AEoSr1DEFOFX_An4GTHu7X_PjIA9e5TAP4FGMokWmmcOBBzW2S0iC0hDjHhHEOgTfYrTxrsD_SedVczFiZGe2CcxS5uJHAfhMvVpSGWBemeUyzBeg3tdWQ2OE0dOVa1CmG6UvPp_whxlnvuQFW-0jzQrhooUWbf30drdJ3KknkduVroHcVRzGt87yEiHKkXm9pCNeheXwaHjf3fpF__rB2KY39b3U6dlSzu6cUA0W_SIIJxtt44zDlLYwSSxgq8zqbWh4_OUNyN7Dq-WaTUpvXAeN8PvYD-SLs1Cv2yOzW5-CpuqjRbIfROUATbN_B2HKea_kMunNnXFkw&__tn__=-R   

(5)「学び、稼ぐ」プログラムの両親と学生は BEO に対して訴訟を起こす

   The Bhutanese 『Parents and students decide to file legal case against BEO』 https://thebhutanese.bt/parents-and-students-decide-to-file-legal-case-against-beo/ 

(6) 理絵さんTwitter 『BBSでブータン側の送り出し機関のエージェントと日本に送り出され帰国したブータンの若者たちや親御さん方の討論会があった。』

   https://twitter.com/RieDorji/status/1110369053405822982 https://twitter.com/RieDorji/status/1110369978333741057 https://twitter.com/RieDorji/status/1110370927857074177 

(7)王立公務員委員会(RCSC)は、74人の行政助手(gaydrung)のための契約を終了した

    クェンセル 『RCSC terminates contract for 74 gaydrungs 』 http://www.kuenselonline.com/rcsc-terminates-contract-for-74-gaydrungs/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・26掲載):留学生問題、ブータンの民主主義の独自性、仏教における天国と地獄、青少年と犯罪、ブータンハーブティ、 

(1)政府は海外雇用プログラムを継続する  首相は「政府はBEOと両親の委員会との間の闘争には関与しない」と述べた

    クェンセル 『Govt. to continue overseas employment programme』 http://www.kuenselonline.com/govt-to-continue-overseas-employment-programme/ 

(2)ブータンの民主主義の独自性  クェンセル 『Uniqueness of Bhutan’s Democracy』 http://www.kuenselonline.com/uniqueness-of-bhutans-democracy/ 

(3)仏教における天国と地獄  クェンセル 『Heaven and hell in Buddhism』 http://www.kuenselonline.com/heaven-and-hell-in-buddhism/ 

(4)青少年と犯罪  クェンセル 『Youth and crime』 http://www.kuenselonline.com/youth-and-crime-2/ 

(5)ブータンハーブティのソナムチョキ  Sonam Chokiは、成長するハーブティー市場に加わったブータンの数少ない起業家の一人

   しかし、彼女は自分のブランドが少し違うと主張 従来のように単純に単一の原料を使用するのではなく、彼女は異なる原料を組み合わせてエキゾチックで新しい茶のブレンドを作り出した

    DAILY BHUTAN 『Celebrating Bhutan's Entrepreneurs: Sonam Choki of Bhutan Herbal Tea』

    https://www.dailybhutan.com/article/celebrating-bhutans-entrepreneurs-sonam-choki-of-bhutan-herbal-tea 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(3・25掲載):振動台、 Kinley Gyaltshen、建設現場での安全基準、

(1)建物の耐震性をテストするための「振動台」 振動台の設置は、国際協力機構(JICA)が資金提供している文化省の5年間のプロジェクトの一部

   BBS 『‘Shaking table’ to test earthquake resilience in buildings』 http://www.bbs.bt/news/?p=112079

   クェンセル 『Shaking table to test traditional structures』 http://www.kuenselonline.com/shaking-table-to-test-traditional-structures/ 

(2)毎年、パロ・ツェチュで国王陛下にお目にかかるのを楽しみに待っている Kinley Gyaltshen

     https://www.facebook.com/bhutaneseroyalfamily/photos/a.2236722686541828/2260718367475593/?type=3&theater  

     

(3)建設現場での安全基準の監視が必要

  business bhutan 『Construction sites need monitoring for safety standards』 http://www.businessbhutan.bt/2019/03/21/construction-sites-need-monitoring-for-safety-standards/

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・24掲載):写真撮影指導、指導者であって医師である首相、疑わしい取引、ガサ温泉、I’ma Tree Hugger、 

(1)ナショナル・ジオグラフィック・フォトキャンプチームによって、約20人の参加者が「写真を通して物語る」事の指導を受けた

DAILY BHUTAN 『National Geographic Photo Camp Team Trained Some Bhutanese On Story-telling Through Photography』

 https://www.dailybhutan.com/article/national-geographic-photo-camp-team-trained-some-bhutanese-on-story-telling-through-photography 

(2)ブータン首相は、指導者であり、熟練した医者である  首相は、バングラデシュのダッカ大??学の Mymensingh Medical College を卒業し、米国ウィスコンシン大学医学部で泌尿器科も学んだ優秀な外科医  彼がブータンに戻ったとき、自分の国で唯一の訓練を受けた泌尿器科医だった  平日は首相を務め、週末はフリーランスの医師として手術を行う彼は、現在、ブータンで最も優れた外科医の1人と考えられている

    Southasian Monitor 『Bhutan PM works both as PM and doctor for citizens』 http://southasianmonitor.com/2019/03/22/bhutan-pm-works-both-as-pm-and-doctor-for-citizens/ 

(3)ブータン銀行(BoB)は疑わしい取引が銀行に報告された後、すべてのVISA国際デビットカードでの取引をブロックした 当行は合計1,100の疑わしい取引を発見した

    クェンセル 『BoB records 1,100 suspicious transactions 』 http://www.kuenselonline.com/bob-records-1100-suspicious-transactions/ 

(4)毎年 5000人以上が訪れるガサ温泉  クェンセル 『The magic waters of Gasa tsachu』 http://www.kuenselonline.com/the-magic-waters-of-gasa-tsachu/ 

(5)『I’ma Tree Hugger』  https://twitter.com/UNDP_Bhutan/status/1108618385653325824 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・23掲載):ブータンサロン、留学生問題、中国・ブータン・インド、政府の土地の私有疑惑、関門橋で維持技術学ぶ、

(1)日本ブータン友好協会主催「ブータンサロン」 長らくブムタン県シンカル村に係わってこられた真崎克彦・甲南大学教授(当協会理事)と生徒の皆さんによる報告会です。

   若い学生の皆さんの、ブータンの僻地と言ってもよい地域での体験はどんなものだったのでしょうか? 興味のあるところです。ご家族、お友達もお誘いになり、大勢の皆様のご参加をお願いいたします。

   日 時:2019年4月20日(土)午後3時〜午後5時

   場 所:チベットレストラン&カフェ「タシデレ」 Tel:03-6457-7255 新宿区四谷坂町12-18永谷ビル1階

        都営新宿線・曙橋駅A4出口 歩5分  JR四ッ谷駅、市ヶ谷駅、地下鉄丸の内線四谷三丁目駅 歩10分

   テーマ:JICA草の根技術協力事業「シンカル村における生活基盤の継承・発展」に関って考えたこと、学んだこと

   報告者:真崎克彦 甲南大学マネジメント創造学部教授 横山幸俊(3回生)、原田悠衣(2回生)、松実あすか(1回生)

   会 費:会員・家族 800円、一般 1,000円 * 飲み物付き 

   申込締め切り :2019年4月15日 *必ず、日本ブータン友好協会事務局宛に、E-メール(info@japan-bhutan.org)か FAX(03-3945-3396)でお申込み下さい。 

(2)3月21日、菅由美子氏、首相と面会 BBS 『Govt. need to help Bhutanese students in Japan says a Japanese social worker』 http://www.bbs.bt/news/?p=112017

  230人の青少年がローンの延期を申請 クェンセル 『230 youth in Japan register for loan deferment』 http://www.kuenselonline.com/230-youth-in-japan-register-for-loan-deferment/ 

(3)中国・ブータン・インド Southasian Monitor 『China eyes cracks in a strategic Indian partnership with Bhutan』

    http://southasianmonitor.com/2019/03/21/china-eyes-cracks-in-a-strategic-indian-partnership-with-bhutan/ 

(4)元財務大臣の「政府の土地の私有疑惑」 business bhutan 『Former Finance Minister involved in alleged encroachment of government land』

    http://www.businessbhutan.bt/2019/03/21/former-finance-minister-involved-in-alleged-encroachment-of-government-land/

  クェンセル 『ACC implicates eight for state land encroachment』 http://www.kuenselonline.com/acc-implicates-eight-for-state-land-encroachment/ 

(5)山口新聞 『関門橋で維持技術学ぶ 海外の土木技術者』 https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2019/0321/1p.html

   JICA 九州 『PRESS RELEASE21カ国の 土木技術者が 関門橋 で橋の維持管』 https://www.jica.go.jp/kyushu/press/ku57pq00000ip40z-att/ku57pq00000kl8ot.pdf 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・22掲載):TV番組情報、パジョの新病院、医療従事者が去る、人間開発報告書、科学技術大学、パロ・ツェチュ最終日, 

(1)TV番組情報 『孤独のグルメ Season5#8<全12話>』 3/29 (金) 0:40 〜 1:20  チャンネル銀河(Ch.664)  3/29 (金) 0:40 〜 1:20  チャンネル銀河(Ch.305)

     https://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume5/backnumber/backnumber08.html 

(2)新病院の所在地がバジョの住民を悩ます ウォンディポダンの県病院は新しい60床の病院に移される しかし、古い病院は町の近くにあったのに対し、「車を持っていない私たちのような人たちにとって、私たちが新しい病院に3〜4キロ移動するのは不便です。 BHUが町の近くに開かれるならば、それはここの居住者にとって有益になるでしょう」と

    BBS 『New hospital’s location worries Bajo residents』 http://www.bbs.bt/news/?p=111973 

(3)医療従事者が去る クェンセル 『 When health workers leave』 http://www.kuenselonline.com/when-health-workers-leave/ 

(4)国家人間開発報告書は、ブータンにおける10年間の民主主義の間の良い結果を強調しています。

    Southasian Monitor  『Ten Years Since The Inception Of Democracy, Bhutan Has Made Steady Progress In Human Development』

    https://www.dailybhutan.com/article/ten-years-since-the-inception-of-democracy-bhutan-has-made-steady-progress-in-human-development 

(5)科学技術大学(CST)は今年 2つの新しいコースのために 60人の学生を受け入れる Phntsholing の Rinchending にある CST は、学年度 2019-20 年から 2つの新しいプログラムを開始する予定 新しい 4年間のプログラムは、エンジニアリング地質学の工学学士号(EG)と計測制御工学の工学学士号(ICE)

    business bhutan 『CST will take in 60 students for two new courses this year』 http://www.businessbhutan.bt/2019/03/21/cst-will-take-in-60-students-for-two-new-courses-this-year/ 

(6)パロ・ツェチュ最終日(写真8枚) https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/posts/10156945387383260?__tn__=-R  

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(3・21掲載):世界幸福度ランキング、司書、新旧所長、障害のある人への共感が欠如、新刊書、石見銀山、 

(1)ハフポスト 『世界幸福度ランキング2019』  ブータンは95位、日本は58位  https://www.huffingtonpost.jp/entry/world-happiness-ranking-2019_jp_5c906a19e4b071a25a85e44c

       http://worldhappiness.report/ 

   朝日新聞 2019年3月21日 朝刊 13面「国際」 https://www.asahi.com/articles/DA3S13942766.html?iref=pc_ss_date  

    

(2)司書 The Bhutanese 『Librarians: The profession should be given the importance it deserves』 https://thebhutanese.bt/librarians-the-profession-should-be-given-the-importance-it-deserves/ 

(3)JICA Bhutan Office 『新旧所長』 https://www.facebook.com/JICABhutan/photos/a.475011372597352/1970506833047791/?type=3&theater 

(4)障害のある人への共感が欠如 BBS 『Study finds there is lack of empathy towards persons living with disabilities』 http://www.bbs.bt/news/?p=111971 

(5)新刊  『モンパ: インド・ブータン国境の民』著者:脇田道子  目次:https://www.amazon.co.jp/dp/toc/4831862401/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=465392

      600ページ弱、重さ1キロという大作です(山本) 

(6) 『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』 角川新書,4月10日、出井康博,994円

 目次:はじめに

    第一章 「朝日新聞」が隠すベトナム人留学生の違法就労

    第二章 「便利で安価な暮らし」を支える彼らの素顔

    第三章 「日本語学校」を覆う深い闇

    第四章 「日本語教師」というブラック労働

    第五章 「留学生で町おこし」という幻想

    第六章 ベトナム「留学ブーム」の正体

    第七章 幸せの国からやってきた不幸な若者たち

    第八章 誰がブータン人留学生を殺したのか

    第九章 政官財の利権と移民クライシス

    おわりに  

(7)Sankei biz 『ユネスコも注目する『サステナブル(持続可能性)』ブランド 石見銀山・群言堂が訪日外国人観光客向けガイドマッチングサービス「Huber.」とも連携開始!』

    https://www.sankeibiz.jp/business/news/190318/prl1903181702122-n1.htm 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・21掲載):スペシャルオリンピックス、ゲーム障害、ヘリハイキング、虎の数増加、国営企業、留学生問題、 

(1)ブータンのアスリート、Pelden(36歳)は、アブダビで開催されたスペシャルオリンピックス(http://www.son.or.jp/activity/report/20190207.html?p=3554)で、男子のショットプット(砲丸投げ)部門で銅メダルを獲得

     BBS 『Pelden wins bronze at Special Olympics』 http://www.bbs.bt/news/?p=111882

     金メダル復活 クェンセル 『Gold medal reinstated』 http://www.kuenselonline.com/gold-medal-reinstated/ 

(2)WHOはゲーム障害を「精神的健康状態」と分類  BBS 『WHO classifies gaming disorder as a mental health condition』 http://www.bbs.bt/news/?p=111925 

(3)新しい観光商品・ヘリハイキング   クェンセル 『Heli-hiking, new tourism product』 http://www.kuenselonline.com/heli-hiking-new-tourism-product/ 

(4)虎の数増加  DAILY BHUTAN 『Tiger Numbers Increase In Bhutan』 https://www.dailybhutan.com/article/tiger-numbers-increase-in-bhutan 

(5)政府はいくつかの国営企業(SOE)を廃止し、民間部門に引き渡すことを検討している  BBS 『Government reviewing SOEs』 http://www.bbs.bt/news/?p=111878 

(6)留学生問題  日本の500人以下の学生がBEOに対して訴訟を起こす委任状に

   The Bhutanese 『Under 500 students in Japan program give Power of Attorney to file a case against BEO』 https://thebhutanese.bt/under-500-students-in-japan-program-give-power-of-attorney-to-file-a-case-against-beo/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・20掲載):ガサ温泉、米の消費量、聖地、ワクチン、TV番組情報、ドヤッパ衣装の前首相、 

(1)Gasa tsachu(ガサ温泉)に被害を与えた2009年の洪水は、温泉の訪問者と管理者、Gasa dzongkhag(ガサ県)に恩恵をもたらした

     クェンセル 『Gasa tsachu churns out Nu 1.8M annually』 http://www.kuenselonline.com/gasa-tsachu-churns-out-nu-1-8m-annually/ 

(2)記者会見で首相官邸が、揚げ物の飲み物を果物やコーヒー、紅茶をレモンティーに置き換えたことを背景に、Dr.Lotay Tshering 首相は米や塩の消費を減らす必要性を強調

    クェンセル 『PM advises people to reduce rice consumption 』 http://www.kuenselonline.com/pm-advises-people-to-reduce-rice-consumption/ 

(3)神聖な場所(Ney)でグルリンポチェの108の隠遁の洞窟と他の驚異を発見 Neyを訪問したブータンの農業大臣は、それは確かに素晴らしい精神的な癒しの経験であると言った

    DAILY BHUTAN 『Discover The 108 Retreat Caves Of Guru Rinpoche And Other Wonders At The Sacred Site Of Aja Ney In Bhutan』(動画有り)

    https://www.dailybhutan.com/article/discover-the-108-retreat-caves-of-guru-rinpoche-and-other-wonders-at-the-sacred-site-of-aja-ney-in-bhutan 

(4)産経 『【TOKYOまち・ひと物語】世界の子供にワクチンを NPO法人理事長の剱持睦子さん』 https://www.sankei.com/life/news/190319/lif1903190003-n1.html 

(5)TV番組情報 『 世界くらべてみたら★国分太一&渡辺直美!日本では考えられない世界驚きグルメSP』 3月21日 23時56分〜0時55分 TBS

    【インド】世界一甘いスイーツ【ブータン】激辛家庭料理!【スウェーデン】最強の缶詰【モンゴル】オーダーメイドのレトルト食品!?【ロシア】寒い時に食べたくなる物

    番組HP : http://www.tbs.co.jp/sekakura/  

(6)南の少数グループ・ドヤッパの衣装を着けた前首相   https://twitter.com/tsheringtobgay/status/1107239284451540992 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・19掲載):『徳島の過疎地、世界を導く』、看護師不足、女性起業家、 ドナー円卓会議、激辛料理のネクストブレイクは?、 

(1)日経新聞 3月18日付け 朝刊『徳島の過疎地、世界を導く』 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO42523020V10C19A3ML0000/

 上記URL の続き

各国元首やグローバル企業のトップに坂野さんが繰り返したキーワードが「ローカライゼーション(地域化)」。「地域のアイデアは、世界が直面する課題解決につながる」との意味を込めた。

◆2003年、同町はゴミのない社会を目指す全国初の「ゼロ・ウェイスト宣言」を出した。20年までに焼却処理や埋め立て処理を全廃する構想は現実離れとの批判もあった。だが、生ごみは全て家庭で堆肥とし、資源ゴミは45種類に分別という住民と行政が一体となった取り組みで、リサイクル率80%超を達成した。

◆「何もないという危機感があったからこそ、ここまでできた」と坂野さん。ゴミゼロ活動の出発点は、周辺市町との焼却処分場の建設が困難になったという現実を突きつけられたことだ。1980年代半ばから日本料理を彩る紅葉などの葉っぱを商品として成立させたのも同町。産業がない地域で高齢者と女性ができる事業として発案された。

◆今回のダボス会議では循環型経済の実現に向けた議論が活発だった。ただ、プラスチックゴミなどへの危機感は共有したものの坂野さんは「国ごと、企業ごとの大きな温度差を感じた」という。「持続可能な循環型経済は、地方発でしか可能性はない」と確信した。

◆途上国でも都市部への人口集中の一方、農村部の疲弊が目立ち始めた。そのひとつ、ブータンの女性を含む若手官僚13人が13〜14日に徳島県の神山町と上勝町を視察に訪れた。同国の社会問題解決のヒントがあると選ばれた。日本の課題先進地が世界を動かす力を秘めている。

(長谷川岳志) 

(2)ジグメ・ドルジ・ワンチュック国立病院(JDWNRH)は看護師が不足している クェンセル 『 JDWNRH short of 120 nurses』 http://www.kuenselonline.com/jdwnrh-short-of-120-nurses/ 

(3)ブータンの経済発展に参加する女性起業家がもっと必要

  『Need For More Women Entrepreneurs To Partake In Bhutan’s Economic Development』 https://www.dailybhutan.com/article/need-for-more-women-entrepreneurs-to-partake-in-bhutan-s-economic-development 

(4)サンチャイ☆ブログ『ドナー円卓会議の記事総ざらえ』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-03-18#more 

(5)AERA 『激辛料理のネクストブレイクは? 「マイナーエスニック」に注目!』 https://dot.asahi.com/aera/2019031400089.html?page=1 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・18掲載):タシチョ・ゾン、特別賞贈呈、トークセッション動画、冊子『SERNYA』、 

(1)タシチョ・ゾン:栄光と宗教の要塞・・・・タシチョゾン建築の歴史が・・・・

     クェンセル 『Tashichhodzong: The Fortress of the Glorious Religion』 http://www.kuenselonline.com/tashichhodzong-the-fortress-of-the-glorious-religion/ 

(2)3月13日、UNDP(国連開発計画)は、国王陛下の「人間開発とブータン人の福祉の向上におけるリーダーシップ」に対して特別賞を贈呈

   DAILY BHUTAN 『UNDP Presents His Majesty The King Of Bhutan A Special Award Of Recognition』(動画有り)

      https://www.dailybhutan.com/article/undp-presents-his-majesty-the-king-of-bhutan-a-special-award-of-recognition 

   Southasian Monitor 『UNDP honours Bhutan King』 http://southasianmonitor.com/2019/03/16/undp-honours-bhutan-king/ 

(3)動画 『安田菜津紀と関健作によるトークセッション』 https://www.youtube.com/watch?v=C0kmiH7Qgzw&feature=share

      安田菜津紀:http://yasudanatsuki.com/  関健作:https://www.kensakuseki-photoworks.com/ 

(4)冊子『SERNYA(セルニャ)』(https://tibetanliterature.blogspot.com/p/sernya.html)  リンディ:https://lingdy.aa-ken.jp/

   6号(2019年):https://tibetanliterature.blogspot.com/2019/02/sernya-vol-6.html   

     作家紹介・作品紹介 ブータンの作家クンサン・チョデンの長編小説『サークル・オブ・カルマ』 ---三浦順子

     最新映画事情 「ゲンボとタシの夢見るブータン」と三つの視点 ---海老原志穂 

   5号(2018年):https://tibetanliterature.blogspot.com/2018/02/   ブータンのことわざ --海老原志穂 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・17掲載):皇太子殿下、留学生のローン問題、「留学生の両親の会」調査結果、学部奨学金、山田所長の著書、 

(1)nippon.com  『シリーズ・2回のお代替わりを見つめて(7) 皇太子さま記者会見:変わらない実直な人柄』 https://www.nippon.com/ja/japan-topics/c05507/

      

(2)「学習して稼ぐ」プログラムで日本に行った学生のためのローン返済延期スキームには、128人の学生が登録している

     BBS 『128 students of ‘Learn and Earn’ programme register for loan deferment scheme』 http://www.bbs.bt/news/?p=111823 

(3)「留学生の両親の会」調査結果

    The Bhutanese 『Parents’ representatives in Japan come up with more findings』 https://thebhutanese.bt/parents-representatives-in-japan-come-up-with-more-findings/ 

(4)タシチョ・ゾンのクンレイで、教育省によって選ばれた学部奨学金受領者が拝謁した 

     BBS 『His Majesty grants audience to scholarship recipients』 http://www.bbs.bt/news/?p=111783

    王様Facebook  https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.485878073259/10156929375618260/?type=3&theater  

(5)JICA Bhutan 所長・山田浩司氏の著書発刊『"Speaking Up!! - A Development Practitioner's Memoir of His 1,065 Days in Bhutan.”(「スピーキングアップ!! - ブータンでの1,065日間の開発実践者のための回顧録」』

 https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1965952606836547?__xts__[0]=68.ARAboZ5_bqWow0LHvuQo9Ml12dl0tV8i6QWsOLv96y9Hz0YunaorAlh-RMfOgx79kSHIqKxQVU7QrLfyo77hEqxY8f06HCS9sGbAGNvhaLEaJ1d0uw-qAh4XuFGgLvwNBH14xCRc7sO0KtG5HbdOj6p-V5za5juoZV8UCe6H0IRvIDmjLg2hkLuZe67Qd8H8fTE8RxkhB46ZRBiKinEHXnJaYvMhtJXkgb66nIFPYOoIWyApQtPPKgOyz2ao7GRgXz3zb91yuh83vi5V32yEjaYgVqlEJwzsJ_KEclBqbBIuXdfvpa4J1jbjAan8C00HfF0GcJUb1J503QI_emzAPChOmg&__tn__=-R

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(3・16掲載):ブータン勉強会(23日)、竹の需要、なでしこ日本語キャラバン、世界一硬いおやつ?、JICA募集、再利用、 

(1)日本ブータン研究所主催「第102回ブータン勉強会」  日時:2019年3月23日(土) 14:00〜16:00  場所:早稲田大学(早稲田キャンパス) 26号館302教室

   発表題目及び発表者:「ブータンにおける地域課題解決型学習の可能性―隠岐島前モデルとのコラボレーションを目指して―」  山野靖暁(島根県立隠岐島前高等学校教育魅力化コーディネーター)

  参加費:無料

  参加申し込み:参加を希望されるかたは、「1.氏名、2.連絡先(電話番号及びメールアドレス)」をメール本文に記載し、平山雄大(hirayama12345*hotmail.com <http://hotmail.com> (*→@))までお申し込みください。

  詳細:http://www.bhutanstudies.net/10862/ 

(2)かつては地元の人々の主要な収入源だったタシガンのラディ・ゲオックの竹の需要減少 BBS 『Locals in Radhi say there is no market for bamboo』 http://www.bbs.bt/news/?p=111652 

(3)ブータン日本語教師会(https://www.facebook.com/jlta.bhutan/) 『第3回なでしこ日本語キャラバン』

 https://www.facebook.com/jlta.bhutan/posts/1383117528494574?__xts__[0]=68.ARCB34XVFa9Pz_gPYdlcaDY4A20Jl5eahVeEqrW4WFP7CFNyJpNTu90f2dLXJKpETjc6iQCUgrqtsvh0r00lWHBDxwvr2L0JgJWmdT334krOa3tCs_NKHCKSTnTdAmOTPbT4-pGuU57X-39SyQu1uXaGjGILTgvjGsFmZiqpYNVh-2Y_-CqhxJHfQoUfo4tHwa8SJLXLSbvq7fAcho30ZEXKXdHhMnEJBlhXVUl-zDmNmKBfHW465Gfk3f8_L-vdE4-vctnpRHNNdS6Eo-XGJvIZbtkVqdwAeEfr2QzaFzusQ0uYe8rcH9DbQBcjeh075YpNcbNkO5bxpfTkNk4nSaB9Rg&__tn__=-R  

(4)ナショナル・ジオグラフィック日本語版『【番外編】世界一硬いおやつ? ブータンの“チーズキャラメル”』 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/270678/030800006/ 

(5)JICA募集 JICA海外協力隊・シニア海外協力隊 春募集 募集締切:2019年4月3日(水)正午 ⇒ http://fofa.jp/jica_mm/c.p?l2cDW9i49mz

        産業開発・公共政策部の専門嘱託の募集 募集締切:2019年4月5日(金)必着 ⇒ http://fofa.jp/jica_mm/c.p?m2cDW9i49mz  

(6)ワールドギフト国際支援NGO★再利用・寄付活動  https://twitter.com/worldgift_/status/1105799514135228418  https://twitter.com/worldgift_/status/1105799758063427586 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・15掲載):GNHに学ぶ、市民権、はしか排除、建築現場での安全、全国総合開発計画2030策定プロジェクト、 

(1)高野翔 『新しい経済には、新しい指標を。ブータンのGNHに学ぶ、人の幸せを起点に国の政策を測る9つの指標とそのしくみ』 https://greenz.jp/2019/03/14/bhutan_gnh_9principles/

      高野翔さん:https://ordinary.co.jp/people/6609/ (元・JICAブータン勤務,現在はブータン政府のGNH外部アドバイザー) 

(2)国王陛下は 359人に市民権を与えた 与えられた人々は、タシチョ・ゾンでの忠誠の誓い「Tsa-Wa-Sumの式典」に参加した

     https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.485878073259/10156927762588260/?type=3&theater  

(3)ブータンとモルディブは、2020年の地域目標の前に東南アジア地域ではしかを排除した最初の2カ国です。

    BBS 『Bhutan awarded plaque for eradicating measles』 http://www.bbs.bt/news/?p=111667

    クェンセル  http://www.kuenselonline.com/picture-story-709/ 

(4)建築現場での安全  クェンセル 『Need to build safety-first culture』 http://www.kuenselonline.com/need-to-build-safety-first-culture/ 

(5)JICA東京 『全国総合開発計画2030策定プロジェクト』   https://www.facebook.com/jicatokyo/posts/2309690395717437?__xts__[0]=68.ARD6LZTxub-FxA9jwOwvj2QNzhfvQ1UwJafJrsKm2RTxSDRI-PU-6-ZcR5LHjLib94Ca4Xx_2L_SR1LHvIMMgvB3COE4KMxGEsnMgVDhaQWLCU5BmPrYiMLB5GkwdEAZxwYj7wt7ZKiu6OXCfy5ey-Ragz2bPtEgMR2zcEdfiYdu76L0VJfYmk9awebwexI_O3PrzK7wEIdwmGj1rZ4_0Q7HeMw5llpdEhSrUu0VZb4bGa7oSwd5JddyHUgrjVyvygxgqGjV8_2Qf5WpDdn1-Nqw6kQMy3IbR7UNbYuLGz7B6ukWbpKP1FDosJEjlSEbwP2EacUTE_AknJgUGK0a2Npb7hSoGO59N0s4jwStdZVTb4B91a1mkjIEElkfw-qt0r0nZ388lgDZx6d9nuMr38teemNxOeugX3ZPWnWnE7LQg2wJ_bFoXC6hnKi130bMOHlhYd6GNQOzxg0G_617ioMv6Vfn3fSDn1h9BAqp3JgVKMhUqksTuiZu&__tn__=H-R  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・14掲載):給食向上、野犬問題、ホテルバブル、ラディの女性のもうひとつの収入源、桜の植樹、 

(1)Dr. Lotay Tshering 首相は、「政府がまもなく寄宿学校の生徒への給付を増額し、栄養価の高い食事を確実に与えるようにする」と述べた

     BBS 『Govt. to focus on nutritious diet in schools』 http://www.bbs.bt/news/?p=111583 

(2)野犬問題   クェンセル 『Will the bark lead to bite?』 http://www.kuenselonline.com/will-the-bark-lead-to-bite/

     『Feral dogs becoming serious problem in Gangtey and Phobji』 http://www.kuenselonline.com/feral-dogs-becoming-serious-problem-in-gangtey-and-phobji/ 

(3)ホテルの稼働率低下  2018年は稼働率が 36%に低下したため、ホテル経営者はホテルバブルを心配している

    The Bhutanese 『Hoteliers worried about a Hotel Bubble as occupancy rate drops to 36 per cent in 2018』

     https://thebhutanese.bt/hoteliers-worried-about-a-hotel-bubble-as-occupancy-rate-drops-to-36-per-cent-in-2018/ 

(4)野生絹(ブラ)の織物で有名な東ブータンのラディのほとんどの女性は、農業の季節が終わった時に布地を織る、それがもう一つの収入源になっている

   business bhutan 『Buray: The alternative source of income for Radhipas』 http://www.businessbhutan.bt/2019/03/12/buray-the-alternative-source-of-income-for-radhipas/ 

(5)UNDPブータン駐在代表の久保田あずさ氏と国連事務次長の Achim Steiner 氏が、ティンプーの国連ハウスに桜の木を植えました

     UNDP Bhutan  https://www.facebook.com/UNDPBhutan/posts/2518884924848145?__tn__=-R 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・13掲載):留学生問題、ティンプーン野良犬問題,受賞、政府職員視察、丸新志鷹建設、EM(微生物)の力、 

(1)弁護士ドットコムニュース 『「ブータン留学生が騙されて日本に」「借金返済で過重労働」支援者らが窮状うったえ』 https://www.bengo4.com/internet/n_9346/

    共同通信 『ブータン留学生500人窮状訴え 日本で仕事紹介「だまされた」』 https://this.kiji.is/477863398823265377

    ロイター 『ブータン留学生500人窮状訴え』 https://jp.reuters.com/article/idJP2019031101002819

    西日本新聞 『ブータン留学生500人窮状訴え 日本で仕事紹介「だまされた」』 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/493434/ 

(2)ごみ処理と野良犬問題 ティンプーには約 5000 匹の野良犬がいる

   クェンセル 『Stray dog problem to be addressed with waste management』 http://www.kuenselonline.com/stray-dog-problem-to-be-addressed-with-waste-management/ 

(3)ドイツのITBベルリンから Green Destinations Gold 賞を受賞した この賞は、ブータンの豊かな文化と伝統、環境、そしてとりわけ社会福祉を守るための一貫した努力を称えている

    BBS 『Bhutan receives Green Destinations Gold Award』 http://www.bbs.bt/news/?p=111528 

(4)産經ニュース 『ブータン政府職員、篠山の「農都づくり」視察 日本遺産の景観など学ぶ』 https://www.sankei.com/region/news/190312/rgn1903120029-n1.html

    産經新聞:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000025-san-l28  

(5)Forbes JAPAN 『海外で活躍する知られざる日本の企業|Vol.2 #スモールジャイアンツ

    ネパール政府も信頼する土木・建設技術  丸新志鷹建設 ──現地政府も信頼する土木・建設技術』 https://forbesjapan.com/articles/detail/25963/2/1/1 

(6)旧聞ですが・・・ ブータン王国がEM農業普及に貢献した比嘉照夫氏に感謝  EM(微生物群)ニュース・琉球新報『EM農業普及 比嘉氏に感謝』

   https://twitter.com/nknkv2/status/1105471798387171328  http://empower.jugem.jp/?eid=175 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(3・12掲載):ロンポ・ドルジ・ツェリン訪問、Osseyバイパス道路、テキスタイルフェスティバル、 

(1)JICA Bhutan Office『3月8日、ロンポ・ドルジ・ツェリンが、柏の葉オープンイノベーションラボと流山市クリーンセンターを訪問』

 https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1958563577575450?__xts__[0]=68.ARB8UxJCEDUHUnWPVW_6kiYWt1BuLuBhOEQe2jw4WI_wFCKtCLLFNCSzJ6Y-taqRSg0gDWlBKQdy84L0KZ-gnWxqxWnAQj_VmdXvsfstrgPe1C4hMQXbRLEfI503q0Cwy2MNJCOmynqPvOeLwTLvXEg7X4B2ZvsOOqhVetp3ZtxBze6aJc4yWb5n3525OlN7oSeBB0jBnFE4-bv12EFru9-LOR26uqpaLwRTsmIeQhFmPLxnDNTJAjZDzB3UMU-zhmLhfFgw7VNwtHhkWaohiPZ-rqv5XCYy5Ip2Cf_6L2kVcTM3bScmRrjB4A3D16BWFdq64X7pgmDSxvIN66kFsQw7Ow&__tn__=-R  

(2)道路局(DoR)は先月からGelegphu と Zhemgang の間の Ossey バイパス道路を建設し始めた

     BBS 『Ossey bypass road to be ready by next month』 http://www.bbs.bt/news/?p=111398 

(3)国際女性の日を記念し、Chimi Yangzom Wangchuck 王妃陛下が第14回全国テキスタイルフェスティバルを開催した

  DAILY BHUTAN 『Her Royal Highness Chimi Yangzom Wangchuck Opened Bhutan’s 14th National Textile Festival To Commemorate International Women’s Day』

   https://www.dailybhutan.com/article/her-royal-highness-chimi-yangzom-wangchuck-opened-bhutan-s-14th-national-textile-festival-to-commemorate-international-women-s-day 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・11掲載):援助から貿易へ、最初の120日間、手作りのグルメハンバーガー、小学生によるインターネット会議、 

(1)ブータンは援助ベースの国から、他の国との貿易に従事する国に移動する、とTandi Dorji外相は述べています。

     クェンセル 『From aid to trade』 http://www.kuenselonline.com/from-aid-to-trade/ 

(2)120日間で25件の公約が11件、11件が順調、3件が未達

    The Bhutanese 『Govt claims of 25 pledges in 120 days 11 are achieved, 11 are on track and 3 are not achieved』

    https://thebhutanese.bt/govt-claims-of-25-pledges-in-120-days-it-11-achieved-11-on-track-and-3-not-achieved/ 

(3)Cloud9は、手作りのグルメハンバーガーを出していることで、ティンプーでは知られています。

     DAILY BHUTAN 『Food Review: Cloud9 Cafe & Bar』 https://www.dailybhutan.com/article/food-review-cloud9-cafe-bar 

(4)『ぺルキルスクールが江戸川区立二之江第三小学校とブータン初の小学生によるインターネット会議』

    https://twitter.com/RieDorji/status/1104393391423569920  https://www.facebook.com/pelkhil/posts/2255590364497911?__tn__=-R 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・10掲載):留学生問題,若手行政官の視察、国際女性の日、 LED電球を、100%の電気アクセス達成、 

(1)MBSニュース 動画(11分22秒)『“幸せの国”ブータンから来た留学生に悲劇が… 日本人にブローカー直撃』 https://www.mbs.jp/voice/sp/special/archive/20190307/ 

(2)日経新聞 『ブータンの若手行政官、徳島県神山町・上勝町を視察へ 』 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42218440Y9A300C1LA0000/

   上記URL の続き

   主に社会開発を専門に担当する行政官。13日に神山町でIT環境の整備による都市部からの若者移住促進の取り組みを見学し、14日には上勝町で持続可能な開発目標を念頭に置いた街づくりや「葉っぱビジネス」として注目された、いろどりの成功例を学ぶ。ブータンでは都市部に人口が集中する一方、地方では人口減少とともに休耕地が拡大するといった日本同様の課題解決が急がれている。JICAは「今回の視察を通じて、ブータンの都市と地方のバランスがとれた開発のアイデアとして持ち帰ってほしい」(東京センター経済基盤開発・環境課)と期待している。

(3)女性の日 クェンセル 『Women’s day 』 http://www.kuenselonline.com/womens-day/ 

(4)Drukair は全女性乗組員の飛行を運営することによって国際女性の日を祝う Drukair は168人の女性を雇用しており、総従業員数の 35.44パーセントを占めている

    BBS 『Drukair celebrates International Women’s Day by operating all-female crew flight』 http://www.bbs.bt/news/?p=111459 

(5)エネルギー節約のためにより多くの LED電球を エネルギー消費を節約し、収益を増やすために、再生可能エネルギー部門は今年7月からエネルギー効率の高いLED電球を配布する予定

    同局のディレクター、Mewang Gyeltshen 氏は「第12次5カ年計画では、全国で 4200万 Nmの発光ダイオードを発売することが承認された」と語った

    クェンセル 『More LED bulbs to save energy』 http://www.kuenselonline.com/more-led-bulbs-to-save-energy/ 

(6)100%の電気アクセスを達成した ブータンの電力アクセス率は、国の当初の2020年目標を上回る、2006年の61%から2016年の100%に上昇

   水力は、ブータンの主なエネルギー源であり、急速な電力アクセスの拡大を支えている主な原動力

  それでも、国の山岳地帯は、約4,000世帯が住む遠隔の農村地域ではグリッドの延長を困難にしている

  政府は、5年間の計画で、オフグリッド再生可能エネルギープロジェクトを大きな開発努力とし、およそ2,000世帯の農村世帯にソーラーシステムを提供した

  DAILY BHUTAN 『Bhutan Has Achieved 100% Electricity Access - Here's How』 https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-has-achieved-100-electricity-access-heres-how 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(3・9掲載):大型猫保護の提案、ニマとダワの帰国(動画)、留学生問題、京都外語大公開講座、

(1)ブータンでの大型猫保護の提案を求める  GEF-UNDP SGPブータンは、ブータンでの大型猫保護に関する革新的な提案のために、CSO(コミュニティベースの組織や草の根機関/コミュニティを含む)や学術研究機関からのプロジェクト提案を希望しています。 提案の提出期限は2019年5月18日

  UNDP Bhutan『Call for Proposals for Big Cats Conservation in Bhutan』 https://www.facebook.com/UNDPBhutan/photos/a.300921533311173/2507660569303914/?type=3&theater  

(2)ニマとダワの帰国 (動画):https://www.facebook.com/destinationbhutan/videos/vb.134004726616030/266489894242732/?type=3&theater

      AFP 『分離手術受けたブータンの結合双生児が帰国、おもちゃで遊ぶ姿も』 https://www.afpbb.com/articles/-/3214762?pid=21054282 

(3)MBSニュース 『【特集】「就職できる」と言われたのに… ブータン人留学生の“不幸せ”な実態』  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-10000001-mbsnews-l27 

(4)京都外国語大学『「ブータン王国と文友会交流のはじまり」国際文化資料館が第14回公開講座』 https://www.47news.jp/economics/prwire/3343946.html 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・8掲載):『世銀ブータン開発レポート』、留学生問題、花が趣味からビジネスへ、アジアオリンピック協議会(OCA)第38回総会、 

(1)サンチャイ☆ブログ『世銀ブータン開発レポート』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-03-07#more

   「国の関与が大きい経済が民間部門の発展を阻害:世銀報告 http://www.kuenselonline.com/state-dominated-economy-hinders-private-sectors-world-bank/

   「教育への投資が質の高い職につながらず:世銀報告 http://www.kuenselonline.com/lack-of-quality-jobs-despite-heavy-investment-in-education-says-world-bank/  

(2)「Earn and Learnプログラム」を通して子供を日本に送った両親の委員会は「 BEO に対して法的措置を取るのに十分な証拠を集めた」と主張

   クェンセル 『Have enough evidence against BEO: Parents’ committee 』 http://www.kuenselonline.com/have-enough-evidence-against-beo-parents-committee/ 

(3)花が趣味からビジネスへ

   business bhutan 『Growing flowers from hobby to a lucrative business』 http://www.businessbhutan.bt/2019/03/06/growing-flowers-from-hobby-to-a-lucrative-business/ 

(4)先週末、タイのバンコクで開催されたアジアオリンピック協議会(OCA)第38回総会で、ブータンオリンピック委員会委員長の Jigyel Ugyen Wangchuck 王子殿下が国際関係委員会(IRC)の会長に再任された

   BBS 『HRH Prince Jigyel Ugyen Wangchuck reappointed as chairman of IRC』 http://www.bbs.bt/news/?p=111400 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・7掲載):留学生問題、UNDPの新常駐代表と首相、飲酒運転、安全保障無償資金協力、ニマとダワの帰国、 

(1)動画 TBSニュース 『ブータン人留学生100人超「だまされた」』  https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3616345.html 

(2)UNDPの新常駐代表・久保田あずさ氏と Lotay 首相 https://www.facebook.com/UNDPBhutan/photos/a.300921533311173/2505346116202026/?type=3&theater

    https://twitter.com/AzusaKubota/status/1103189746803769344  https://twitter.com/PMBhutan/status/1103180739997097984  

(3)飲酒運転の有病率に関する調査では、ドライバーの最大アルコール許容制限値を合法的に修正する必要があることが推奨されている

  この研究では、ロイヤルブータン警察(RBP)と交通安全運輸局(RSTA)に、許容される最大アルコールを1デシリットル当たり0.08から0.05グラムに下げることを勧めている

   BBS 『Need to bring down maximum alcohol permissible limit while driving study suggests』 http://www.bbs.bt/news/?p=111348 

(4)24M円相当の3件の無償資金協力プロジェクト トンサとモンガルのコミュニティ警察センターへパトカーの提供 プナカの Guma Gewog の全天候型農道の改善

     ティンプーで HIV / AIDS と共に暮らす人々のためのコミュニティベースケアのためのジュネカ地区センター(C4CBC)の設立のため 

  在ブータン日本国大使館『平成30年度対ブータン 草の根・人間の安全保障無償資金協力に係る贈与契約署名式の実施』

    https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000832.html

    案件概要:https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000811.html 

  BBS 『Three Japanese grant assistance projects worth 24 M Yen signed』 http://www.bbs.bt/news/?p=111357 

(5)ニマとダワの帰国 クェンセル 『Nima and Dawa Palden to reach home tomorrow』 http://www.kuenselonline.com/nima-and-dawa-palden-to-reach-home-tomorrow/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・7掲載):乳製品製造ユニット、留学生問題、「生分解性プラスチック」バッグ、教員採用、文化遺産の保全、『ゲンボとタシの夢見るブータン』、 

(1)メガ乳製品製造ユニットが最近優先セクター融資(PSL)スキームの下で Tsirang にオープン

   ヨーグルト生産から始まったこのユニットは、乳製品の輸入を最小限に抑え、自給自足を達成することに集中することを計画している

   BBS 『Mega dairy production unit opens in Tsirang』 http://www.bbs.bt/news/?p=111289 

(2)政府が「Earn and Learnプログラム」を保留に 影響を受けた両親の代表は最近、大阪でブータンの若者のグループと会いました

   クェンセル 『Government puts Earn and Learn programme on hold 』 http://www.kuenselonline.com/government-puts-earn-and-learn-programme-on-hold/ 

(3)広く考えられているほど安全ではない「生分解性プラスチック」バッグ

   The Bhutanese 『‘Biodegradable plastic’ bags not as safe as widely presumed』 https://thebhutanese.bt/biodegradable-plastic-bags-not-as-safe-as-widely-presumed/  

(4)政府は、契約教師の求人は1〜2週間以内に発表されると述べた 昨年、ブータンの公務員試験(BCSE)に合格し、まだ雇用されていない、パロおよびサムツェの教育大学を卒業した卒業生は約200人いる

   BBS 『Education ministry to announce vacancies for B.Ed graduates soon』 http://www.bbs.bt/news/?p=111298

   クェンセル 『Vacancies for B.Ed graduates to be announced soon』 http://www.kuenselonline.com/vacancies-for-b-ed-graduates-to-be-announced-soon/ 

(5)ブータンの文化遺産の保全における適切な技術について世話人を訓練するためのプログラム

    DAILY BHUTAN『Sensitisation Programme Held To Train Caretakers On Proper Techniques In The Conservation Of Bhutan’s Cultural Relics』

     https://www.dailybhutan.com/article/sensitisation-programme-held-to-train-caretakers-on-proper-techniques-in-the-conservation-of-bhutan-s-cultural-relics 

(6)『ゲンボとタシの夢見るブータン』  高崎映画祭:http://takasakifilmfes.jp/cinema/180/  長野:http://www.naganoaioiza.com/article/16089036.html

    公式HP劇場情報:https://www.gembototashi.com/theater 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(3・6掲載):航空管制安全管理に注意喚起、SAARC女性起業家賞、新種のカエル、留学生問題,日刊ゲンダイ、 

(1)「国連の国際民間航空機関(ICAO)調査団、ブータンの航空管制安全管理に注意を喚起」

   クェンセル 『ICAO red-flags Bhutan over aviation safety oversight』 http://www.kuenselonline.com/icao-red-flags-bhutan-over-aviation-safety-oversight/ 

(2)Green Bhutan Waste Management のオーナーである Chogyel Lhamo は、3月2日にスリランカのコロンボで開催された式典で「SAARC Woman Entrepreneur of the Year 2018」を受賞しました

    BBS 『Green Bhutan Waste Management’s owner wins SAARC woman entrepreneur award』 http://www.bbs.bt/news/?p=111268 

(3)Eastern Spadefoot Toad 属の Leptobrachium bompu と呼ばれる新しいカエル種が Sarpang で記録された  これにより、ブータンには現在 57 の両生類の種が生存する事になる

   新種の記録は今年、植物、動物および真菌の保存および分類学に関する研究、調査結果および総説の出版に関する国際ジャーナル『Journal of Threatened Taxa』に掲載された

   BBS 『New frog species recorded』 http://www.bbs.bt/news/?p=111256 

(4)日本の「両親の委員会」は、代理店が密かに学生の仕事の賃金から手数料を取ったと認定した

  The Bhutanese 『Parents’ committee in Japan finds agency secretly took commission from students’ work wages』

   https://thebhutanese.bt/parents-committee-in-japan-finds-agency-secretly-took-commission-from-students-work-wages/ 

(5)王立公務員委員会(RCSC)は、汚職防止委員会(ACC)による雇用人事局局長(DoEHR)の Sherab Tenzin に対する行政措置をとることについての提言を検討している

   The Bhutanese 『RCSC looking into MoLHR DG in Japan case』 https://thebhutanese.bt/rcsc-looking-into-molhr-dg-in-japan-case/ 

(6)日刊ゲンダイ 『「幸せの国」ブータンで発見した「不幸せの国」日本との差』 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/248703  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・5掲載):介護人材受け入れセミナー、JICA海外協力隊募集、留学生、ハーブティー,寄宿舎不足問題、 

(1)介護人材受け入れセミナー

http://ageing-support.net/info/%E7%AC%AC2%E5%9B%9E%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BA%BA%E6%9D%90%E5%8F%97%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85%EF%BC%8F2/

http://www.caresjapan.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/03/0330-seminar.pdf 

(2)JICA海外協力隊募集(https://www.jica.go.jp/volunteer/index.html)  

   看護師:http://partner.jica.go.jp/VolunteerRequestInfoDetail?id=a1c2v0000040ptrAAA

   看護師:http://partner.jica.go.jp/VolunteerRequestInfoDetail?id=a1c2v0000040pu5AAA  

   看護師:http://partner.jica.go.jp/VolunteerRequestInfoDetail?id=a1c2v0000040pu6AAA

   コンピューター技術:http://partner.jica.go.jp/VolunteerRequestInfoDetail?id=a1c2v0000040puIAAQ  

   防災・災害対策:http://partner.jica.go.jp/VolunteerRequestInfoDetail?id=a1c2v0000040puJAAQ

   コンピューター技術:http://partner.jica.go.jp/VolunteerRequestInfoDetail?id=a1c2v0000040puJAAQ   

   医療機器:http://partner.jica.go.jp/VolunteerRequestInfoDetail?id=a1c2v0000040prSAAQ 

(3)京都新聞 『借金で「食事すらままならない」 ブータン留学生家族ら窮状訴え』 https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190304000142 

(4)『オーガニックの国ブータンからハーブティーセットをお届け』 https://news.infoseek.co.jp/article/beautynews_14621/ 

(5)寄宿舎不足問題 BBS 『Lack of adequate facilities affect students of Kidheykhar CS』 http://www.bbs.bt/news/?p=111147 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・4掲載):『本を出すのも大変で』、年金税、写真展、 

(1)サンチャイ☆ブログ『本を出すのも大変で』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-03-03#more 

(2)年金税は退職者に重い  Nu 17000以上の年金は課税対象 現時点で受給可能な最大年金は28,370 Nuで、そのうち年間2,802 Nuの税金を支払う必要がある

   年金受給者は彼らの勤務中の彼らの最後の毎月の給料の40%、年金を受けている

   business bhutan 『Pension tax weighs heavy on the retired』  http://www.businessbhutan.bt/2019/03/01/pension-tax-weighs-heavy-on-the-retired/ 

(3)写真展   

    京都外国語大学 『2月12日(火)〜3月30日(土)第10回京の匠 写真パネル展「ブータン王国〜人とわざの交流記〜」開催』

      詳細:https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=8G7gJ7QU

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3・3掲載):『このためだけに作ったのか?』、留学生のローン猶予、観光、暴風雨被害、 

(1)サンチャイ☆ブログ『このためだけに作ったのか?』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-03-02#more

 「国会を人々のもとに:ブータンのバーチャル集会」 https://www.opengovpartnership.org/stories/bringing-parliament-people-bhutans-virtual-zomdu-initiative

 「ブータン:バーチャルに国会を人々のもとへ」 http://www.asia-pacific.undp.org/content/rbap/en/home/ourwork/development-impact/innovation/projects/bhutan-virtual-zomdu.html 

(2)1日,政府は、ブータンの青少年に、日本で学び収入を得るプログラムの下で融資の返済を開始する前に猶予期間を設けるという首相令に署名した

  Lotay Tshering首相は、次のように述べた 「私たちは、ローンの返済を延期するという首相令を可決しました。 正式に雇用されるまでは、ローンについて心配する必要はありません。」

  ローン返済猶予は青少年が語学コースを修了するまで有効、クラス12の卒業生は4年間、大学の卒業生は2年間

   クェンセル 『Loan repayment deferred for youth in Japan』 http://www.kuenselonline.com/loan-repayment-deferred-for-youth-in-japan/ 

(3)観光

  DAILY BHUTAN『Advocating Sustainable ‘High Value, Low Impact’ Tourism, Bhutan Seeks To Mitigate Negative Fallout From Spike In Regional Tourists Arrivals』

   https://www.dailybhutan.com/article/advocating-sustainable-high-value-low-impact-tourism-bhutan-seeks-to-mitigate-negative-fallout-from-spike-in-regional-tourists-arrivals 

  DAILY BHUTAN『Taking Tourism To The Top ミ Conference Addressed Issues And Steps To Promote Bhutan As A Top Tourist Destination』

   https://www.dailybhutan.com/article/taking-tourism-to-the-top-conference-addressed-issues-and-steps-to-promote-bhutan-as-a-top-tourist-destination 

  BBS 『TCB proposes flagship programme to promote balanced tourism』 http://www.bbs.bt/news/?p=111107 

  クェンセル 『Under cutting is tourism sector’s bane, say tour operators 』 http://www.kuenselonline.com/under-cutting-is-tourism-sectors-bane-say-tour-operators/ 

  クェンセル 『Govt. to address undercutting in tourism sector』 http://www.kuenselonline.com/govt-to-address-undercutting-in-tourism-sector/ 

  クェンセル 『Work begins to draft flagship programme for tourism』 http://www.kuenselonline.com/work-begins-to-draft-flagship-programme-for-tourism/ 

  クェンセル 『Govt. to discuss if tourism policy is needed』 http://www.kuenselonline.com/govt-to-discuss-if-tourism-policy-is-needed/ 

  クェンセル 『Reforming tourism』 http://www.kuenselonline.com/reforming-tourism/ 

(4)最近の暴風雨は10のゾンカック(県)で住宅、地域社会、学校、農業普及員事務所など、90の建造物に被害を与えた

  クェンセル 『Recent windstorm damages 90 structures in 10 dzongkhags』 http://www.kuenselonline.com/recent-windstorm-damages-90-structures-in-10-dzongkhags/ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(3・2掲載):新UNDPブータン駐在代表着任、留学生問題、ウォーターパーク計画への異議、霊的な領域 Ney 、D-HOPEカタログお披露目式の開催、TV番組動画、 

(1)新 UNDP ブータン駐在代表・久保田あずさ氏 着任  https://www.facebook.com/UNDPBhutan/photos/a.659208500815806/2494454363957868/?type=3&theater

     https://twitter.com/azusakubota    http://www.unforum.org/unstaff/21.html 

(2)「学び、稼ぐ」プログラムの両親の委員会の委員長と彼らの弁護士は、日本のNGOからの招待を受けて、調査をするために日本にいます

    BBS 『Team of parents’ committee in Japan to investigate Learn and Earn program me』 http://www.bbs.bt/news/?p=111103 

(3)このプログラムは、前政府によって開始され、新政府に引き継がれた 検事総長が起訴の可能性について調査結果を検討するために時間をかけている間、現政府は日本の青少年のためのローン返済を延期すると発表し、日本への訪問を計画した クェンセル 『The earn and learn saga』 http://www.kuenselonline.com/the-earn-and-learn-saga/ 

(4)史上初のウォーターパーク計画への異議 「この地域が鳥類やその他の野生生物の重要な生息地であることを考えると、プロジェクトのために徹底的な環境影響評価を実施する必要があります」とTshering Tobgayは述べた

   The Bhutanese 『First ever water park plan along the riverfront sparks objection from conservationists』 https://thebhutanese.bt/first-ever-water-park-plan-along-the-riverfront-sparks-objection-from-conservationists/ 

(5)「Ney、ネイ or ニー」とは、遵守のための「空間」を指し、通常は神聖で霊的に強力な領域

   DAILY BHUTAN 『Discover The Mystical Neys Of Bhutan ミ Sacred Sites Rich In Spirituality』 https://www.dailybhutan.com/article/discover-the-mystical-neys-of-bhutan-sacred-sites-rich-in-spirituality 

(6)JICA Bhutan Office 『D-HOPEカタログお披露目式の開催/(国別研修)村落コミュニティにおける起業家育成のための能力開発フェーズ2』

   https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190228.html 

(7)2月28日 『NHKニュース おはよう日本』  アジアの陸上選手を世界へ 番組動画;http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20190228.html 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(3・1掲載):王様カレンダー、贈与契約署名式、花博、AFP ニュース、精神障害罹患率、デジタルTV、 

(1)第3代国王妃アジ・ケサンを囲む5代国王ご一家

 

(2)在ブータン日本国大使館 『平成30年度対ブータン 草の根・人間の安全保障無償資金協力に係る贈与契約署名式の実施』

     https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000811.html 

(3)第5回花博  BBS 『Over 17,000 visit 5th Royal Bhutan Flower Exhibition』 http://www.bbs.bt/news/?p=111058

   5th Royal Bhutan Flower Exhibition:https://www.facebook.com/RoyalBhutanFlowerExhibition/  

(4)AFP ニュース 『【記者コラム】男根像にナイトライフ、幸せの国ブータンの意外な顔』 http://www.afpbb.com/articles/-/3213317?cx_part=top_latest2 

(5)ブータンにおける一般的な精神障害(CMD)の罹患率は 29.3%と、国民総幸福度調査(2015年)よりも19%高いことがわかった

   クェンセル 『Spirituality and religious involvement could promote mental health』 http://www.kuenselonline.com/spirituality-and-religious-involvement-could-promote-mental-health/ 

(6)3月からデジタルTVに移行する Southasian Monitor 『Thimphu to go digital from March』 http://southasianmonitor.com/2019/02/28/thimphu-to-go-digital-from-march/

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・28掲載):日本経営者新聞 No.55(通巻352号)2月25日発行

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・28掲載):留学生問題、民間ゾンカ新聞廃刊、人生を変えるプログラム、TV番組情報、 

(1)理絵さんTwitter

    https://twitter.com/RieDorji/status/1100412540524228613  https://twitter.com/RieDorji/status/1100421297551609856

    https://twitter.com/RieDorji/status/1100422826304159745  https://twitter.com/RieDorji/status/1100424367111065600

    https://twitter.com/RieDorji/status/1100425138711994368  https://twitter.com/RieDorji/status/1100427288624144386 

(2)「私たちは日本にいる私たちの子供たちが多くの問題に直面していることを知っています。 1人の若者が死に、何人かが結核に苦しんでおり、1人は昏睡状態にあり、

    約100人の若者が帰国し、2月と3月の終わりまでに100人以上が帰国すると予測されています」とDorji Wangdi野党のスポークスマンは言った。

    BBS 『Opposition demand govt. to address issues of Bhutanese students in Japan』 http://www.bbs.bt/news/?p=110977 

(3)もうひとつのゾンカ民間新聞廃刊  Druk Neytshulは、個人経営のゾンカ新聞で営業開始から9年続いた

    BBS 『Another Dzongkha private newspaper shuts down』 http://www.bbs.bt/news/?p=110993 

(4)共同通信 『YourBestLife:人生を変えるプログラムが7人を半年間の世界1周の旅に』 https://news.infoseek.co.jp/article/kyodopr201902263600/ 

(5)TV番組情報  テレビ朝日『世界の街道をゆく 多様な民族の暮らしが彩る道・インド』

    3月1日(金)21:48 〜 21:54  3月4日(月)21:48 〜 21:54  3月5日(火)21:48 〜 21:54  3月6日(水)20:54 〜 21:00

    2019年3月1日(金)〜3月29日(金)放送

    番組HP:https://www.tv-asahi.co.jp/road/contents/nextmonth/cur/

    註:ブータンがとり上げられるかどうか,番組案内の範囲では不明です。  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・27掲載):留学生問題、北部バイパスの建設工事、関健作さん、 

(1)野党は、ブータンの若者が「学び、稼ぐプログラム」の下で日本で勉強し生活することで直面している問題に対処するために、政府にその全能力を発揮するよう要求した

     クェンセル 『Opposition demands govt. to address Japan issue』 http://www.kuenselonline.com/opposition-demands-govt-to-address-japan-issue/ 

(2)ブータンの学生について、巨額の手数料をBEOの日本のパートナー機関であるSND(http://sndjapan.jp/?page_id=16)に支払うことを認めている音声記録が日本語学校でキャッチされた

    幕張ランゲージスクールの所有者に会ったとき、日本のソーシャルワーカー、菅由美子によって記録された

    The Bhutanese 『Japanese language school admits to paying high commission fees to agent for Bhutanese students』

     https://thebhutanese.bt/japanese-language-school-admits-to-paying-high-commission-fees-to-agent-for-bhutanese-students/ 

(3)Phntsholing の北部バイパスの建設工事が本格的に  現在、道路整備工事の50%が完了 

   このプロジェクトは、ブータンと日本の建設会社の合弁事業 Phntshogling の3つの南アジア小地域経済協力(SASEC)プロジェクトのうちの1つ

    BBS  『Construction of northern bypass on track』 http://www.bbs.bt/news/?p=110914 

(4)『リーダーズ・ライブラリ Vol.11』 https://shop.gyosei.jp/products/detail/9947 関健作さん:https://twitter.com/KensakuSEKI/status/1100184445280309249 

(5)関健作さん作品掲載 2月28日に発売される『フォトアート雑誌 IMA(イマ) Vol.27』で8ページにわたって掲載  https://twitter.com/KensakuSEKI/status/1100244505771429888  

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(2・26掲載):記者会見報道、上皇の英語表現、オーストラリアの支援、チリ、私立学校のガイドライン改訂、

(1)ジャパン・タイムス 『Bhutanese exchange students face extortion, threats and hard times in Japan, families say』

    https://www.japantimes.co.jp/news/2019/02/25/national/bhutanese-exchange-students-face-extortion-threats-hard-times-japan-families-say/#.XHRw0XPgosk 

(2)記者会見・理絵さんTwitter

   https://twitter.com/RieDorji/status/1100059587175165954  https://twitter.com/RieDorji/status/1100060727245766656

   https://twitter.com/RieDorji/status/1100061968633946113  https://twitter.com/RieDorji/status/1100067056681140224 

(3)記者会見に参加した関健作さんブログ 『日本外国特派員協会(FCCJ)の記者会見「ブータン留学生の窮状」へ』 https://www.kensakuseki-photoworks.com/single-post/fccj-bhutan 

(4)朝日新聞『上皇の英語表現、「Emeritus」と名誉職を明記へ』 https://www.asahi.com/articles/ASM2T4TRRM2TUTIL01Z.html?iref=pc_ss_date 

(5)オーストリアは、ブータンが第12次計画の終わりまでに後発開発途上国グループを卒業するのを助けるために支援を約束

    クェンセル 『Austria commits 8.3M euros 』 http://www.kuenselonline.com/austria-commits-8-3m-euros/ 

(6)2016年7月、当時の政府は一時的に唐辛子の輸入を禁止することを決定した 輸入された香辛料の中に高レベルの農薬が発見されたのが理由

   クェンセル 『The chilli issue』 http://www.kuenselonline.com/the-chilli-issue/ 

(7)教育省、私立学校のガイドラインを改訂

  クェンセル 『Education ministry revises guidelines for private schools 』 http://www.kuenselonline.com/education-ministry-revises-guidelines-for-private-schools/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・25掲載):記者会見,TV番組情報、ニマとダワの帰国,海外で暮らしてみたら、 

(1)日本外国特派員協会 「学び、稼ぐプログラム」の両親の委員会の代表記者会見 https://twitter.com/fccjapan/status/1099865940634652672?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Eembeddedtimeline%7Ctwterm%5Eprofile%3Afccjapan%7Ctwcon%5Etimelinechrome&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.fccj.or.jp%2F%3Fview%3Dfeatured

    記者会見動画:https://www.youtube.com/watch?v=ut3nWqyDqgM 

(2)TV番組情報 概報の『世界の街道をゆく』2回目の放送予定 3月1日 (金) 21:48 〜 21:54 テレビ朝日 3月4日 (月) 21:48 〜 21:10 テレビ朝日

  番組詳細 東インドはバングラデシュ、ネパール、ブータン、ミャンマーと国境を接し、多様な民族文化が残されている地域。

    英国統治時代に東インド会社が置かれたコルカタを起点に、シャンティニケタン、中世のイスラム遺跡マルダー、紅茶で有名なダージリン、ヒンドゥー教の聖地グワーハーティーを経て、

   「東洋のスコットランド」と呼ばれるシロンとその先のセブンシスターズ一帯へ・・・様々な国にルーツを持つ人々の暮らしと文化に出会う。

   番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/road/  番組情報からは、ブータンがどの程度とり上げられるか不明 

(3)ニマとダワの帰国 ニマとダワ・ペルドンは母親の Bumchu Zangmo と一緒に3月7日に帰国 The Bhutanese  https://twitter.com/thebhutanese/status/1099933722810466304 

(4)海外で暮らしてみたら ブータン・テインプー 川口真子 『2月はイベントが盛りだくさん!』 https://courrier.jp/expat/area/bhutan/thimphu/10/10866/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・25掲載):『ブータンの民主主義:その10年』、新しい蛾・鳥・魚種の記録、教育大学卒業生のジレンマ、13歳の作家が2冊目の本を出版、西岡里子氏サイト, 

(1)ドキュメンタリー映画 - ブータンの民主主義:その10年、社会情勢の変化を強調

   DAILY BHUTAN 『Documentary Film - Bhutan’s Democracy: A Decade On, Highlights Its Changing Socio-Political Landscape』

    https://www.dailybhutan.com/article/documentary-film-bhutan-s-democracy-a-decade-on-highlights-its-changing-socio-political-landscape 

(2)新しい蛾、鳥、魚種の記録  BBS 『New moth,bird and fish species recorded』 http://www.bbs.bt/news/?p=110851 

(3)200人の教育大学卒業生が直面しているジレンマ クェンセル 『A dilemma facing trained teachers』 http://www.kuenselonline.com/a-dilemma-facing-trained-teachers/ 

(4)この国で最も若い作家の一人、 13歳のYeshi Tsheyang Zam が彼女の2冊目の本 ‘Lolay’を出版  BBS 『Author of ‘Khakey’ comes out with another book』 http://www.bbs.bt/news/?p=110849 

(5)西岡里子氏のサイト「ブータンハウス苦楽園」の URL 変更  新URL: http://bhutanhouse.html.xdomain.jp/  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・24掲載):五つ星ホテル、理絵さんnote、関健作さんインタビュー動画、卑猥なビデオクリップ, 

(1)五つ星ホテル・Hotel dusitD2 Yarkay Thimphu  DAILY BHUTAN 『Hotel dusitD2 Yarkay Thimphu: A Cosmopolitan Oasis In Bhutan’s Capital』

    https://www.dailybhutan.com/article/hotel-dusitd2-yarkay-thimphu-a-cosmopolitan-oasis-in-bhutan-s-capital 

(2)理絵さんnote  『俺の目標はまだ達成されていないから・・・』 https://note.mu/riedorji/n/n35d1b1329ec2

   参考:ブータン柔道協会:http://www.judojourneys.com/  http://www.judojourneys.com/what-we-do(動画有り) 

(3)『FUJIFILM AWARD特別賞を受賞した関健作さんのインタビュー映像』 動画:https://www.youtube.com/watch?time_continue=7&v=hEg6ukw86Gs 

(4)ティンプー警察は、宗教上の儀式中に卑猥な行為に関与したとされるビデオクリップについて、2人の元僧侶を逮捕

    BBS 『Two men arrested after an obscene ritual clip goes viral』 http://www.bbs.bt/news/?p=110845

    クェンセル 『Two arrested after an obscene ritual clip goes viral』 http://www.kuenselonline.com/two-arrested-after-an-obscene-ritual-clip-goes-viral/ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(2・23掲載):「ブータンの民主主義:10年」、第5回花博、TV番組情報、平和の守護者たち、新刊本、第102回ブータン勉強会、 

(1)ドキュメンタリー「ブータンの民主主義:10年」 昨日ティンプーで発表された39分のドキュメンタリーはブータンメディア民主主義センター(BCMD)によって制作された

     2008年の民主主義の導入以来、ブータンにおける民主主義への移行と変化する社会政治的景観の反映についてのもの

     BBS 『Documentary on Bhutan’s democratic journey』 http://www.bbs.bt/news/?p=110759 

(2)『5th Royal Bhutan Flower Exhibition』(写真77枚)

 https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10156881830988260&type=3&__xts__[0]=68.ARB_9inZxjYn1JmgjfDciKsqNz6NqcfL0cgiAiy3lkZ8qrI7PrctZRbTZ8V57fDaxR6uETyRFB7EGQB04pxNGTBknveRF-YSS9t9z54P3xcLhOBPewghtcJF7KVHFQ_LlnTXHu1joNEv8gURswWtfUg3oT65Dt1MJzYohN6YPAI5FOY6UAt6CTw_KUUmGiP4XTPF0yIyTT5JDYjC4NP9dWCvugCnWHMcDHAJ0T52jOZT4f6__fPu-QH-wr76LNi5aRb0NDyhWa9CeAfNK9KaHvsnIY1HMcjxcKI2DqqJnE5x0Yo2tFuGpLQ1ok9MRH5gV3GCr8BOJACjVKSqkT4UXrtoxPB5VpP7si5pnLL7kq6SCrsLHtZcxolJwfbjkHCT3AzSEWeDNm0d_TFBCP3Lv-mLfdlQL7yCaL8oCDPRhY9gDQNIsaX80FS2M7AiU-D8MA&__tn__=-UC-R

https://www.facebook.com/RoyalBhutanFlowerExhibition/ 

(3)TV番組情報 『世界の街道をゆく』 3月1日(金) 21:48 〜 21:54  テレビ朝日(Ch.5) 番組HP:https://www.tv-asahi.co.jp/road/contents/nextmonth/cur/

    註:ブータンがどの程度とり上げられるか「予告」情報では不明です。 

(4)平和の守護者たち BBS 『De-Suung-the guardians of peace』 http://www.bbs.bt/news/?p=110763 

(5)新刊本 『珠玉の昆虫標本: 江戸から平成の昆虫研究を支えた東京大学秘蔵コレクション』

      発刊日:3月11日 著者:矢後勝也、須田真一、山崎剛史 発刊所:東京大学出版会 価格:3456円 ページ数:80ページ  

    目次:https://www.amazon.co.jp/dp/toc/4130601458/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=465392  第3章 幻の大蝶「ブータンシボリアゲハ」――ブータン国王陛下からの贈呈標本(矢後勝也) 

(6)日本ブータン研究所主催「第102回ブータン勉強会」  日時:2019年3月23日(土) 14:00〜16:00  場所:早稲田大学(早稲田キャンパス) 26号館302教室

   発表題目及び発表者:「ブータンにおける地域課題解決型学習の可能性―隠岐島前モデルとのコラボレーションを目指して―」山野 靖暁(島根県立隠岐島前高等学校教育魅力化コーディネーター)

   参加費:無料

   参加申し込み:参加を希望されるかたは、「1.氏名、2.連絡先(電話番号及びメールアドレス)」をメール本文に記載し、平山雄大(hirayama12345*hotmail.com <http://hotmail.com> (*→@))までお申し込みください。

  詳細:http://www.bhutanstudies.net/10862/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・22掲載):記者会見、自殺、職場でのセクハラ、第5回花博初日に無料タクシー、ブータン領事出張サービス、教育大学卒業者の失業、 

          留学生問題,科目紹介、国王陛下の39歳の誕生日、

(1)留学生問題に関する記者会見(於:日本外国特派員協会)

      http://www.fccj.or.jp/events-calendar/press-events/icalrepeat.detail/2019/02/25/5187/-/press-conference-the-learn-and-earn-program.html

    ガワン・トブゲイ、「『学び・稼ぐプログラム』被害者の会」顧問弁護士

    ソナム・ツェリン・デンドゥップ、被害者の会 保護者代表

    菅 由美子、一般社団法人Nature & Humans Japan代表理事(https://sites.google.com/site/natureandhumans/)

    『ブータン留学生の窮状』  2月25日(月)11:00-12:00  スピーチ、Q&A:英語 

   参考:https://sites.google.com/site/natureandhumans/home/bhutan-1

      https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnxuYXR1cmVhbmRodW1hbnN8Z3g6MzlkZjYxZWU1MTIzYzEzMQ

      https://blogos.com/article/352489/ 

(2)2018年には毎月7件の自殺が報告されている 

   クェンセル 『Seven suicide cases reported every month in 2018  http://www.kuenselonline.com/seven-suicide-cases-reported-every-month-in-2018/ 

(3)職場でのセクハラに関する苦情はRCSC(王立公務員委員会)に報告されていない 電話で報告された職場でのセクシャルハラスメントに関する口頭での苦情2件を除いて、これまで公務員から書面による苦情を受けていない

  クェンセル 『No complaint on sexual harassment at workplace reported to RCSC』 http://www.kuenselonline.com/no-complaint-on-sexual-harassment-at-workplace-reported-to-rcsc/ 

(4)第5回ブータン王国「花展」の初日に無料の乗り物を提供するタクシー

    BBS 『Taxis to provide free rides on first day of 5th Royal Bhutan Flower Exhibition』 http://www.bbs.bt/news/?p=110682 

(5)在インド日本国大使館 『ブータン領事出張サービスのお知らせ(ティンプー市、3月19日(火))』 https://www.in.emb-japan.go.jp/files/000448610.pdf 

(6)200人の卒業生が失業中 過去7か月間、パロおよびサムツェ教育大学を卒業した約200人の教育学士(BEd) 契約募集の欠員が発表される予定

   クェンセル 『200 BEd graduates unemployed 』 http://www.kuenselonline.com/200-bed-graduates-unemployed/ 

(7)留学生問題 委員会の代表メンバーの2人は2月19日に日本に向けて出発する予定

   BEOに対する訴訟は日本からの帰国後に提出されるが、「学生からのフィードバックを集め、BEOに対して訴訟を起こしたいと思う人々のより多くの署名を得るだろう」と述べた

   2月22日午前11時に外務省の関係者と面談する約束 2人の代表者は3月14日まで日本にいる

   The Bhutanese 『After govt and ACC rejection two representatives of parents to visit and investigate in Japan』

    https://thebhutanese.bt/after-govt-and-acc-rejection-two-representatives-of-parents-to-visit-and-investigate-in-japan/

(8)早稲田大学 『【科目紹介】ブータンから学ぶ国家開発と異文化理解 (担当:平山雄大)』 https://www.waseda.jp/inst/wavoc/news/2019/02/21/4191/  

(9)子供たちのグループが、国王陛下の39歳の誕生日を記念してお祝いをしました 動画:https://twitter.com/BBSBhutan/status/1098504071625945088

   The Bhutanese 国王陛下の39歳の誕生日を記念して https://twitter.com/thebhutanese/status/109840578324973977

   ダショー・ツェリン・トプゲィTwitter https://twitter.com/tsheringtobgay/status/1098488070272237576

   Tourism Bhutan 動画:https://twitter.com/tourismbhutan/status/1097782846012514306 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・21掲載):安全対策基礎データ改訂、5つのプライベートメデイァ終了、留学生問題、ウォータースポーツレクリエーションセンター、名誉総領事、

(1)外務省 『安全対策基礎データ』改訂 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_039.html 

(2)3つの民間ラジオ局と2つのニュース雑誌が終わる 民間メディアにおける長年の継続的な持続可能性危機を反映して、 Druk Neytshul の新聞、民間の週刊 Dzongkha 新聞は今月閉じた

    The Bhutanese 『Fifth private newspaper shuts down』 https://thebhutanese.bt/fifth-private-newspaper-shuts-down/ 

(3)留学生問題 政府は日本の事件で MoLHR の役人を守った

    The Bhutanese 『Govt defends MoLHR officials in Japan case』 https://thebhutanese.bt/govt-defends-molhr-officials-in-japan-case/ 

(4)Druk Water World - ブータンに建てられる最初のウォータースポーツレクリエーションセンター

  DAILY BHUTAN『Druk Water World ミ First Water Sporting Recreational Center To Be Built In Bhutan, Aligned With The Tenets Of Gross National Happiness』

   https://www.dailybhutan.com/article/druk-water-world-first-water-sporting-recreational-center-to-be-built-in-bhutan-aligned-with-the-tenets-of-gross-national-happiness 

(5)名誉総領事(https://www.mofa.go.jp/mofaj/link/emblist/asia.html#12) 在東京ブータン王国名誉総領事館 Honorary Consulate-General of the Kingdom of Bhutan in Tokyo

   〒105-0014 東京都港区芝3-6-9 芝公園プラザ3階 電話:03-6435-8637 名誉総領事:澤井 一郎 氏(Mr. SAWAI Ichiro)

   管轄区域:群馬,栃木,茨城,埼玉,東京,千葉,神奈川,山梨,新潟,富山,岐阜,長野,静岡,愛知,石川,福井  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・20掲載):プナサンチュ I 水力発電所、失業問題、花博2019、留学生問題は官僚的な停滞?、下水道普及、ブーつれまとめページ,

         ブータン勉強会,坂本達さん東京講演会、ロボット、気候変動カリキュラム、 

(1)Punatsangchhu I 水力発電プロジェクトの試運転は 2024 年まで延期

    BBS 『Punatsangchhu I Hydroelectric Project’s commissioning deferred to 2024』 http://www.bbs.bt/news/?p=110643

    クェンセル 『PHPA I’s commission pushed to 2024』 http://www.kuenselonline.com/phpa-is-commission-pushed-to-2024/ 

(2)世界銀行によると、教育への多額の投資にもかかわらず質の高い仕事がないという 教育への多額の投資にもかかわらず、仕事は依然として少なく、教育を受けた若者は失業したままである

   世界銀行のワーキングペーパー「 Bhutan Development Report 」によると、政府の教育支出は 2013 年の GDP の 5.1%から 2016 年には 6.7%に増加

    ブータンの教育支出は近隣諸国よりも高い しかし、学歴のある学歴のある若者の失業率は 2016年には 67%、全体の若年失業率は 13.2%

    クェンセル 『Lack of quality jobs despite heavy investment in education, says World Bank』

     http://www.kuenselonline.com/lack-of-quality-jobs-despite-heavy-investment-in-education-says-world-bank/ 

(3)若い僧侶たちは、今週 Samdrupjongkhar で開催される第5回ブータン王国「花展」の準備を手伝います

    クェンセル 『Young monks help in the preparation of the fifth royal Bhutan flower exhibition, which will be held this week in Samdrupjongkhar coinciding with the birth anniversary of His Majesty The King.』 http://www.kuenselonline.com/picture-story-687/

   『The 5th Royal Bhutan Flower Exhibition』 https://www.bhutan.travel/events/5th-royal-bhutan-flower-exhibition

                https://www.facebook.com/RoyalBhutanFlowerExhibition/ 

(4)留学生問題は官僚的な停滞? クェンセル 『A bureaucratic gridlock?』 http://www.kuenselonline.com/a-bureaucratic-gridlock/ 

(5)JICA 『普及・実証事業 省エネルギー型汚水処理技術による小規模下水道普及・実証事業』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190219.html   

(6)WAVOCウェブサイト内に、平山雄大さんの「ブータンつれづれ」をまとめたページができました。 https://www.waseda.jp/inst/wavoc/news/2019/02/15/4134/ 

(7)第102回ブータン勉強会は3月23日(土)午後,早稲田大学にて開催予定。 

(8)島根県立隠岐島前高等学校のウェブサイトに「第100回ブータン勉強会(http://www.bhutanstudies.net/workshop/100th/)」の報告(島前高校生発表部分のみ)が掲載されました。

     http://www.dozen.ed.jp/local/744/  

(9)『☆自転車で世界一周!坂本達さん講演会&懇親会@プランポーネ☆』  日時:3月9日(土) 17:00-18:30 講演会 18:30- 懇親会&販売会

   場所:プランポーネ(〒1760011 東京都練馬区豊玉上1-9-5) 料金:大人2000円  小中学生1000円

   ご予約:プランポーネへお電話(03-3991-5944)もしくはDM、Facebookのメッセージで受け付け  https://www.facebook.com/events/1112917392229299/ 

(10)Pelkhil と Utpal Academy の2人の若い技術愛好家が、ネパールの Yantra Science、Tech、Entrepreneurship のフェスティバルに出場するためにロボットをスクラップから作り上げた

   ロボット競技で初めてブータンを代表して、他の国のロボットと戦う 

    BBS 『Robot made from scraps to compete in Science and Tech festival in Nepal』 http://www.bbs.bt/news/?p=110617 

(11)気候変動カリキュラム BBS 『Teachers integrate climate change education into lesson plans』 http://www.bbs.bt/news/?p=110615  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・18掲載):留学生のローン問題、介護人材、葉祥明絵本原画展、砂の美術館、 

(1)留学生のローン問題 ブータン開発銀行(BDBL)は、日本へ留学中の若者に対するローン返済の延期には時間がかかる可能性がある、と述べた。

     政府は状況を研究するために日本にチームを派遣するという計画をキャンセルしたと述べた

   クェンセル 『Loan deferment for youth in Japan may take time 』 http://www.kuenselonline.com/loan-deferment-for-youth-in-japan-may-take-time/ 

(2)YouTube  『ブータン視察報告&介護人材受入れ説明会』

    https://www.youtube.com/watch?v=Bjr94NnFCT8  https://www.youtube.com/watch?v=Myi8ah9F6VY

    https://www.youtube.com/watch?v=FnK38w6-5GY  https://www.youtube.com/watch?v=-R6QYt1pHxw&t=95s  

(3)産經新聞 『【かながわ美の手帖】北鎌倉葉祥明美術館「葉祥明ハートフルメッセージ絵本原画展『リトルブッダ』」』 https://www.sankei.com/region/news/190217/rgn1902170010-n1.html 

(4)

  

    鳥取 砂の美術館『砂で世界旅行・南アジア編  〜信仰が息づく多様な文化と平和への道を訪ねて~』

   2019年4月13日(土) 〜 2020年1月5日(日)

    http://www.sand-museum.jp/ 

    チラシ:http://www.sand-museum.jp/user/filer_public/ae/41/ae4135d1-7d1c-4a41-806c-440463bd3dbf/12kitirasi_abs.pdf

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(2・17掲載):雲南懇話会、ミニドライポート、3人の女性逮捕、未完事業、TV番組情報, 

(1)第48回雲南懇話会(https://www.yunnan-k.jp/yunnan-k/)

     1.日 時; 2019年 4月13日(土)12時50分〜17時30分。 茶話会;17時30分〜19時30分。

     2.場 所; 国際協力機構(JICA)研究所、国際会議場(JICA 市ヶ谷ビル2階、東京市ヶ谷)       

     3.懇話会の内容 

       「東ブータンの土着信仰 ―シャショッパの事例から−」 同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科博士後期課程 渡邉美穂子

        映像・トークショー 「生きるって、なに? -自分らしく生きて、自分を好きになろう!」地球の広報・旅人・エッセイスト たかのてるこ

       「私のフィールドノート」 ―岩木山からヒマラヤ・チベット、白神山地、津軽の山々―記録作家、津軽百年の森づくり代表、明治大学山岳部炉辺会  根深誠

       「「穴」と「箱」の来歴:カトマンズ盆地の道ばたから」関西学院大学社会学部教授、山岳部長、AACK 古川彰

       「総括(まとめ)」 雲南懇話会代表、筑波大学名誉教授、AACK 安仁屋政武

     4、懇話会参加費用;一人2,000円。 但し、学生・院生は無料。 茶話会参加費用;一人2,000円。 学生・院生は500円。

     5、参加申込; 前田栄三様 e3maeda * ab.auone-net.jpor 小林尚礼様 bakoyasi * gmail.com まで。

          (SPAMメール防止のため、@を伏せ字 * にしています。使用時、変換願います。)     

(2)アジア開発銀行の大部分が資金援助した(総予算の81%)ブータン初のミニドライポート(内陸の複合一貫輸送のための載せ替えターミナル)が完成

   DAILY BHUTAN 『Largely Funded By The Asian Development Bank, Bhutan’s First Mini-Dry Port Is Now Completed

    https://www.dailybhutan.com/article/largely-funded-by-the-asian-development-bank-bhutan-s-first-mini-dry-port-is-now-completed 

  クェンセル 『Mini-dry port ready for use 』 http://www.kuenselonline.com/mini-dry-port-ready-for-use 

(3)パロ警察は、女性が他の女性を殴打して虐待したというビデオがWeChatとFacebookで広まったため、3人の女性を逮捕した

   クェンセル 『 Three women detained for battery and libel』 http://www.kuenselonline.com/three-women-detained-for-battery-and-libel/ 

(4)未完事業 クェンセル 『Unfinished business』 http://www.kuenselonline.com/unfinished-business/ 

(5)TV番組情報 ザ・ノンフィクション #96「ブータンで愛の告白」 2/24 (日) 10:40 〜 11:40 (60分) フジテレビTWO (Ch.615) (Ch.308)

    ザ・ノンフィクション #97「ブータンで愛の告白 別れの時」  2/24 (日) 11:40 〜 12:30 (50分) フジテレビTWO (Ch.615) (Ch.308)  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・16掲載):てんかん治療、緩和ケアサービス、知的財産共有プロジェクト、美術教育研修、環境に優しい廃水処理施設、安全管理セミナー、 

(1)社会的汚名と根拠の薄い通念に挑戦したてんかん治療 BBS 『Treating epilepsy challenged with social stigma and myths』 http://www.bbs.bt/news/?p=110483 

(2)癌患者と介護者を含む約570人が過去10ヶ月間にティンプーの国立病院で緩和ケアサービスに参加

    クェンセル 『Adding life to days』 http://www.kuenselonline.com/adding-life-to-days/  

(3)ブータンが知的財産共有プロジェクト2019の最終選考に残りました

    DAILY BHUTAN 『Bhutan Shortlisted As A Finalist For The Intellectual Property (IP) Sharing Project 2019』

     https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-shortlisted-as-a-finalist-for-the-intellectual-property-ip-sharing-project-2019 

    BBS 『Bhutan shortlisted for IP sharing project』 http://www.bbs.bt/news/?p=110475 

   クェンセル http://www.kuenselonline.com/picture-story-685/ 

(4)JICA 広報室 『小学校で美術教育 子どもたちの感性を磨くサポートを(動画あり)』 http://fofa.jp/jica_mm/c.p?c2cDW9a4bix

    『ブータン王国における美術教育支援事業』 https://www.jica.go.jp/partner/kusanone/shien/bhu_03.html 

(5)2016年12月に日本の Mokan - Joka System および国際協力機構との間で覚書を締結した後、2017年に処理プラントの建設が開始され、 環境に優しい廃水処理施設が開設されたが、まだ稼働していない

   クェンセル 『Treatment plant inaugurated but not operational 』 http://www.kuenselonline.com/treatment-plant-inaugurated-but-not-operational/ 

   BBS 『Eco-friendly sewage treatment plant inaugurated in Hejo』 http://www.bbs.bt/news/?p=110473 

   参考:Mokan - Joka System(毛管浄化システム):https://www2.jica.go.jp/ja/priv_sme_partner/document/662/F161038_summary.pdf 

(6)JICA 『第2回 安全管理セミナーの開催』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190214.html 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・15掲載):奨学金予算,BBSに罰金命令、生姜栽培、各世帯への車両割当、 

(1)承認された予算から支給される奨学金の費用

     クェンセル 『Expense for scholarships to be met from approved fiscal budget』 http://www.kuenselonline.com/expense-for-scholarships-to-be-met-from-approved-fiscal-budget/ 

(2)ティンプー地方裁判所の民事裁判所は、1月28日に、BBS(ブータン放送サービス)に対し、ジャーナリスト行動規範違反に対して情報通信メディア局(BICMA)に罰金を支払うよう命じた

   この事件は、Jamyang Khyentse Rinpoche監督の映画「Hema Hema」のテレビニュース記事に関するもの

    business bhutan 『BBS penalized for breaching journalist code of conduct in BBS-BICMA case』

      http://www.businessbhutan.bt/2019/02/13/bbs-penalized-for-breaching-journalist-code-of-conduct-in-bbs-bicma-case/

   BBS動画:https://www.youtube.com/watch?v=TOdrtjL9Y4Q 

   映画「Hema Hema」:https://www.screendaily.com/reviews/hema-hema-sing-me-a-song-while-i-wait-locarno-review/5107417.article

           https://ja-jp.facebook.com/hemahemafilm/

       動画:https://www.youtube.com/watch?v=82eNb4Ipeho

       動画:https://www.facebook.com/hemahemafilm/videos/vb.1899799563579320/1921251304767479/?type=2&theater

       動画:https://www.facebook.com/hemahemafilm/videos/vb.1899799563579320/2286702488222357/?type=3&theater 

(3)生姜はSamdrup JongkharでRikheyの人々のために新しく発見された換金作物 換金作物であるオレンジの木が数年前から病気で枯れ始めたため、農家は香辛料の栽培に移行

     BBS 『Ginger the new cash crop for farmers of Rikhey』 http://www.bbs.bt/news/?p=110443 

(4)Lotay Tshering首相は、総選挙運動の間に与党が約束した各世帯への車両割当量を見直すと発表

  business bhutan 『Vehicle quota for each household to be reviewed ミ PM』 http://www.businessbhutan.bt/2019/02/13/vehicle-quota-for-each-household-to-be-reviewed-pm/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・14掲載):ブータン英語の特異性,果樹を植える、砂の需要増大、電気自動車タクシー、「リサイクルプロセスの開発」研修、私立学校, 

(1)ブータン英語の特異性 クェンセル 『The idiosyncrasies of Bhutanese English 』 http://www.kuenselonline.com/the-idiosyncrasies-of-bhutanese-english/

       DAILY BHUTAN『To Eat ‘Snacks Or Snakes?’ Discover The Idiosyncrasies Of Bhutanese English』

        https://www.dailybhutan.com/article/to-eat-snacks-or-snakes-discover-the-idiosyncrasies-of-bhutanese-english 

(2)ブータン生態学会(BES)は、国内の主要都市中心部の空地に果樹を植えるという取り組みを始めた

     'Fruits for All'プロジェクトは、緑のオープンスペースに機能的および生態学的価値を付加するために開始された

    BBS 『BES initiates planting fruit trees in green spaces of urban centers』 http://www.bbs.bt/news/?p=110394 

(3)国内で増え続けている建設活動が砂に対する需要の増大につながっている Wangdue PhodrangにあるNatural Resources Development Corporation Limited(NRDCL)は、2007年の80トラックの砂の積載量から170トラックの積載量に増加

   BBS 『Growing demand for sand』 http://www.bbs.bt/news/?p=110400 

(4)電気自動車タクシー登録26台 クェンセル 『26 taxis register for electric vehicles』 http://www.kuenselonline.com/26-taxis-register-for-electric-vehicles/ 

(5)JICA 「リサイクルプロセスの開発」に関する研修を終了  https://www.facebook.com/jicatokyo/posts/2263021777050966?__xts__[0]=68.ARBiCRGzwYE8pDfbLDRAcb9yrnyiBqwIfrRQyZ2Io7DNbyfUIzHz20Gd5YwPC4tRj5RwVew-LwDGnUkaKFkJhb1xZjmu1zQG1KHg2et29N2gFFdJhpJzExhT4pmranfpKbbloGs6k-So8QTB8TSiRMdKHPo0xYiwkdlwGFfNpZvji2reYQuittvd6JsHcbLQFgCB0yXMzVz_CxC71_6ifXxXjaZ-SlFVScjy761OPBiRwgD0xtj7H45pR96Y7FjsxDCLPNFFnkL1V08CJeO1B__3tfZd0q6ni64VLyBzz1aCnm3pd2VKKttU4TStA7Qe4YxBG_ruTWgh3lJwk5_z6-S_rQ&__tn__=-UC-R(写真6枚)   

(6)ブータンの21私立学校のうち、15の私立学校は日中の学者のためのNu 30,000と寄宿生のためのNu 50,000の定額で59.4%未満を獲得した学生を登録することに同意した。

   しかし、いくつか例を挙げると、Ugyen Academy、Jamphel Higher Secondary School、およびKarma Academyなどの高パフォーマンスの学校は、政府が設定した上限を拒否している

    business bhutan 『High performing private schools reject govt.’s proposal』 http://www.businessbhutan.bt/2019/02/13/high-performing-private-schools-reject-govt-s-proposal/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・13掲載):GPS装着オグロヅル、JENESYS SAARC 招待プログラム参加者、ブータン食堂チャロチャロ、グリーン成長事業、インフレ率,

         クラス7の教科書、政府奨学金、行って見て!、私立学校の同意、 

(1)移動ルートを研究するためにGPS送信機を付けられた3羽のオグロヅル

    DAILY BHUTAN 『Three Black-Necked Cranes In Bhutan Tagged With GPS Transmitters To Study Their Migratory Routes』

         https://www.dailybhutan.com/article/three-black-necked-cranes-in-bhutan-tagged-with-gps-transmitters-to-study-their-migratory-routes 

    BBS『Three Black-necked cranes tagged with GPS transmitters』 http://www.bbs.bt/news/?p=110339 

    RSPN(http://www.rspnbhutan.org/black-necked-crane-conservation/) http://www.rspnbhutan.org/tagging-of-black-necked-cranes-in-phobjikha-valley/ 

(2)山田 JICA Bhutan 事務所長がダガーナのダガセントラルスクールを訪問し、クラス12の Shyam Basnet 氏と面会

     彼は外務省の 2018年 JENESYS SAARC 招待プログラム参加者の一人、1月下旬に日本の千葉県と長野県を訪れた1週間の訪問から戻ってきた

  JICA Bhutan Office https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1919395101492298?__xts__[0]=68.ARB1yKi3QTU8hjoYGcqniIlrUbkMjJKcJKWqPx1cc38EJ4KEC7J_YfCdl4we0iTNckiTd4DKx4EyNJbsUzsLuOfizjLhu4RAOcKvQ54noyXwyvTzy_Gfg2rupiSQByudGfXxeV1MrrIKmYRb1xCrAa5Wl4JLKz6PpJgeRA6uJF5xjyuiUSDMcAoegRoX_kumJXXZzPXdHIj3o4xced7pbxhaFDFW3Y5hvsYxw1wXBFPzneS4WvfSPKf9TCguIwV1_I01NaPQbq58IGGFMaPXgpn9uhY08zI4CSZi6br-C_9dujapxsVjRejknBpjmP7UYoSlcH6XOWwRjbuJ0MccOu4r0g&__tn__=-UC-R  

(3)朝日新聞『(味な人)幸せの国とつながる餃子 京都市北区「ブータン食堂チャロチャロ」 釜野真理子さん(36)、ツェワン・ノルブさん(32)』

     https://www.asahi.com/articles/ASM1M73D9M1MPTFC00G.html?iref=pc_ss_date

      上記URL の続き  青年海外協力隊でブータンにいた真理子さんに、インドの大学を卒業して戻ったばかりのノルブさんが「一目惚(ぼ)れした(笑)」のが出会い。

    帰国後、真理子さんは大学院で学び、教員に。 ノルブさんは滋賀でセラピストになったが「そうだ、2人で店しよう」と閃(ひらめ)き、昨年6月に開店したんですって。(井上理津子=フリーライター) 

(4)中央日報 『朴槿恵政権で無視された李明博政権のグリーン成長、文在寅政権で復活』 https://japanese.joins.com/article/143/250143.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|breakingnews  

(5)2018年の最低平均年間インフレ率2.69%  BBS 『Lowest inflation rate recorded in 2018』 http://www.bbs.bt/news/?p=110341 

(6)2020年に導入予定のクラス7の新教科書  BBS 『New Bhutan Civics Textbook for class seven to be introduced in 2020』 http://www.bbs.bt/news/?p=110302 

(7)全国の21の私立学校のうち15は、公立学校に入学できないクラスXの生徒を政府奨学金で入学させることに同意

   クェンセル 『15 private schools to enroll class XI students on scholarship』 http://www.kuenselonline.com/15-private-schools-to-enroll-class-xi-students-on-scholarship/ 

(8)自分のために「行って見て」!  クェンセル 『“Go and see” for yourself!』 http://www.kuenselonline.com/go-and-see-for-yourself/ 

(9)国の21校のうち15校の私立高等学校は交渉された率で政府奨学金のクラスXIの学生を受け入れることに同意した

    BBS『15 private schools agree to admit class X passed students on govt. scholarship』 http://www.bbs.bt/news/?p=110309   

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(2・10掲載):アジアパラリンピック委員会総会、現金取引が好まれる、演奏動画、日本ブータン学会発表者募集、 

(1)HRH プリンセス Eeuphelma Choden Wangchuck (ユフェルマ・チョデン王女殿下)がドバイのアジア・パラリンピック委員会の総会に出席

    DAILY BHUTAN 『Bhutan’s HRH Princess Eeuphelma Choden Wangchuck Attended The General Assembly of the Asian Paralympic Committee In Dubai』 

(2)依然としてデジタルより現金取引が好まれている クェンセル 『Cash transaction still preferred over digital』 http://www.kuenselonline.com/cash-transaction-still-preferred-over-digital/ 

(3)Losar と王子様の3歳のお誕生日を祝って ジグミ・ドゥクパさんの演奏動画 https://www.facebook.com/347134982683258/videos/vb.347134982683258/780452212318373/?type=3&theater 

(4)「日本ブータン学会第3回大会」発表者募集 日本ブータン学会第3回大会準備委員会委員長 藤原 整(早稲田大学社会科学総合学術院講師) 

この度、「日本ブータン学会第3回大会」を下記のとおり開催いたします。つきましては、発表者を募集いたしますので、皆さまの発表申し込みをお待ちしております。

なお、参加申し込みや大会の詳細プログラムは、発表者が確定した後に、改めてご案内させていただく予定です。 

◆1. 日時 2019年5月19日(日) 10:00〜17:30(予定) 

◆2. 場所 早稲田大学(早稲田キャンパス)(教室未定) 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 http://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus  

◆3. 発表申し込み 発表申込締切:2019年2月28日(木) 17:00 

  発表を希望されるかたは、「1. 氏名、2. 所属、3. 連絡先(携帯電話番号及びメールアドレス)、   4. 発表タイトル」をメール本文に記載し、下記の発表要領を一読のうえ、

  日本ブータン学会第3回大会準備委員会(担当:平山、須藤)までお申し込みください。 また、発表申込者は2019年3月15日(金)までに、 A4×1枚(1,200〜1,600字)程度の発表要旨をご提出いただきますようお願いいたします。 

◆4. お問合せ 日本ブータン学会第3回大会準備委員会 jsbs.office@gmail.com (担当:平山 雄大、須藤 伸) 

【日本ブータン学会 研究大会発表要領】http://www.bhutanstudies.org/conference/rule/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・9掲載):脇田さん新刊本,留学生問題,卓球、氷河、冬期電力購入、19歳の個展、 

(1)新刊本 『モンパ: インド・ブータン国境の民』 脇田道子・著 3月25日発刊予定、法蔵館、6480円、604ページ

   【目次】https://www.amazon.co.jp/dp/toc/4831862401/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=465392

    予約受付中:https://www.amazon.co.jp/dp/4831862401/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1549612330&sr=1-1&keywords=%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3  

(2)留学生問題 労働大臣 Ugyen Dorji が、政府が日本へ留学した若者を助けるためにローン返済延期を決定したと発表してから3週間以上経っても実施されていない

    クェンセル 『Deferment of loan repayment not implemented yet』 http://www.kuenselonline.com/deferment-of-loan-repayment-not-implemented-yet/ 

(3)日本卓球リーグトップ2チーム CITIZEN と KYOWA からなる卓球代表団が、ティンプーのBTTF卓球ホールの開会を記念して親善試合と展示会を行った

    JICA Bhutan  https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1913525678745907?__tn__=-UC-R(写真5枚) 

(4)ヒマラヤ氷河の3分の1は数十年で消えます 『Point of no return: 1/3rd of Himalayan glaciers will be gone in a few decades』

    https://www.cntraveller.in/story/point-no-return-1-3rd-himalayan-glaciers-will-gone-decades/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed#s-custwater-and-its-role   

(5)冬の間、ブータンはインドから電力を輸入しています - 夏の間に我々がそれらに輸出するよりはるかに高いレートで私たちは電気の純輸出国であることを誇りにしており、私たちの最大の経済活動は水力発電を行っていると主張

   business bhutan 『Pondering Over These Minor Anomalies ミ Yeshey Dorji』 https://www.businessbhutan.bt/2019/02/05/pondering-over-these-minor-anomalies-yeshey-dorji/ 

(6)19歳の個展  business bhutan 『Solo art exhibit at 19』 https://www.businessbhutan.bt/2019/02/05/soloart-exhibit-at-19/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・8掲載):『SERNYA 6号』、道路舗装、新年新たな始まり、司法への信頼,過ぎ去った年、教育部門の改革、 

(1)『チベット文学と映画制作の現在 SERNYA (セルニャ) 6号』の目次が公開されました。 https://tibetanliterature.blogspot.com/2019/02/sernya-vol-6.html

    ブータン関連としては,「ブータンの作家クンサン・チョデンの長編小説」と「『ゲンボとタシの夢見るブータン』と三つの視点」の2件があります。送付申し込み受付は3月初旬の予定 

(2)Green Road Project - ブータンで実施されているプラ??スチック廃棄物を使用して道路を舗装するための革新的な方法

    DAILY BHUTAN 『Green Road Project - An Innovative Way To Pave Roads Using Plastic Waste Practised In Bhutan』

     https://www.dailybhutan.com/article/green-road-project-an-innovative-way-to-pave-roads-using-plastic-waste-practised-in-bhutan 

(3)新年、新たな始まり クェンセル 『A new year, a new beginning』 http://www.kuenselonline.com/a-new-year-a-new-beginning/ 

(4)司法で動揺した国民の信頼 クェンセル 『Public confidence shaken in judiciary』 http://www.kuenselonline.com/public-confidence-shaken-in-judiciary/ 

(5)過ぎ去った年 クェンセル 『Of the year gone by』 http://www.kuenselonline.com/of-the-year-gone-by/ 

(6)教育部門の改革 クェンセル 『Education sector reforms』 http://www.kuenselonline.com/education-sector-reforms/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・7掲載):織りプログラム、「若いシェフオリンピック」、陸路国境開放の意味、オグロヅル、 

(1)41人の女の子がブータンのロイヤルテキスタイルアカデミー(RTA)で冬の織りプログラムを完了しました

    DAILY BHUTAN 『41 Girls Successfully Completed The Winter Weaving Program At Bhutan’s Royal Textile Academy』

      https://www.dailybhutan.com/article/41-girls-successfully-completed-the-winter-weaving-program-at-bhutan-s-royal-textile-academy

    RTA:https://www.rtabhutan.org/  2018年の動画:https://www.rtabhutan.org/winter-weaving-programme-begins/ 

(2)ティンプーの王立観光ホスピタリティ研究所の4学期学生、ツェリング・ザングモ氏は、インドの第 5 回「若いシェフオリンピック」ブータンを代表

   DAILY BHUTAN 『Tshering Zangmo Represents Bhutan At The 5th Young Chef Olympiad In India』 https://www.dailybhutan.com/article/tshering-zangmo-represents-bhutan-at-the-5th-young-chef-olympiad-in-india

   クェンセル 『Tshering Zangmo represents Bhutan at Young Chef Olympiad』 http://www.kuenselonline.com/tshering-zangmo-represents-bhutan-at-young-chef-olympiad/ 

(3)陸路国境開放の意味

  The Bhutanese 『The process and implications of opening more regional entry points』 https://thebhutanese.bt/the-process-and-implications-of-opening-more-regional-entry-points/ 

(4)RSPN 『飛来したオグロヅルの数』 https://www.facebook.com/rspnbhutan/photos/a.171350462903840/2252884298083769/?type=3&theater  

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(2・6掲載):王様のロサFacebook,青いケシ、ヒマラヤ氷河消失の恐れ、PMが私立学校の校長と経営者に会う、建設現場での事故ゼロ、 

(1)ロサの王様Facebook  https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.485878073259/10156838655438260/?type=3&theater  

(2)『六甲高山植物園 1,500株の大群落 西日本最大級 特別展「ヒマラヤの青いケシ」』 https://news.infoseek.co.jp/article/prtimes_000001564_000005180/ 

(3)ロイター 『ヒマラヤ氷河消失の恐れ、河川に悪影響で農業被害も=報告書』 https://jp.reuters.com/article/climatechange-himalayas-idJPKCN1PU0C3 

(4)PM(首相)が私立学校の校長と経営者に会う BBS 『PM meets principals & proprietors of private higher secondary schools』 http://www.bbs.bt/news/?p=110265 

(5)建設現場での事故ゼロを確実にするために、道路局(DoR)とJICAの専門家は、安全指針、橋構造における安全管理に関する現場チェックリストのためのツールキットを準備している

     クェンセル 『Safety first, not last 』 http://www.kuenselonline.com/safety-first-not-last/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・5掲載):為末大さん、ガイドとドライバー、朝日新聞神戸、若者への投資、サクテンへの自動車道路, 

(1)為末大さんニュースレター部分転送  『アジアから世界一のスプリント選手を輩出するプロジェクト「Asian Athletic Academy」を始めます』

    Asian Athletic Academyは、アジア各国のアスリートが約2週間日本で共同生活をし、共に学びトレーニングを行うプログラムです。

    テクノロジー・サイエンスを導入し、先端のトレーニング理論を伝え、アジアのアスリートのレベル・コーチのレベルを引き上げること、多国籍の選手が集い、

    友好の輪を広げることによって、ビジョンの達成を目指します。 

   プログラム期間:2月18日(月)〜3月3日(日)の14日間 参加予定選手出身国:ブータン、ネパール、ラオス、スリランカ 他

    アスリートソサエティにとって新たなチャレンジとなります。プログラムにご興味をお持ちの方は、お気軽にご連絡ください。担当:荒川 arakawa@athletesociety.org 

(2)連載:ガイドとドライバー『Bhutan’s ‘Unofficial Ambassadors’: He Has Two Degrees But That Doesn’t Stop Him From Being A Tour Guide』

    https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-s-unofficial-ambassadors-he-has-two-degrees-but-that-doesn-t-stop-him-from-being-a-tour-guide 

(3)朝日新聞 『兵庫)ブータンの留学生、タマンさん 料理教室開講』

    https://digital.asahi.com/articles/ASM107G22M10PIHB02H.html?_requesturl=articles%2FASM107G22M10PIHB02H.html&rm=291

   上記URL続き

  出来上がった料理を食べた参加者から「家庭でも作りたい」との声があり、その一人、渡辺早智子さんは「ブータンの食文化を学びたいと思って参加した。勉強になった」と話す。

  ブータンの文化の「大使」を自任するタマンさんは「喜んでもらえて良かった」と話し、残り少ない滞在でも「ブータンのことをもっと伝えたい」と目を輝かせた。(藤井匠) 

(4)Lotay Tshering首相は、クラス10を通過したすべての生徒を政府および私立の高等学校に入学させることは、同国の若者に投資する歴史的な動きであると述べた。

  BBS 『Govt. is taking a historic move to invest in youth: PM』 http://www.bbs.bt/news/?p=110233

  Southasian Monitor 『Bhutan is taking a historic move to invest in youth: PM』  http://southasianmonitor.com/2019/02/04/bhutan-is-taking-a-historic-move-to-invest-in-youth-pm/ 

(5)最初の車がSaktengに到着  クェンセル 『First vehicles reach Sakteng』 http://www.kuenselonline.com/first-vehicles-reach-sakteng/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・4掲載):留学生問題、教育問題、東部観光、無料教育、第100回ブータン勉強会、優先順位を間違えていませんか。、 

(1)留学生問題 「学び、稼ぐ」海外雇用プログラムの再調査の根拠を見つけることができなかったACC(腐敗防止委員会)は、裁判所に移した

   クェンセル 『ACC moves the ball to labour ministry’s court』 http://www.kuenselonline.com/acc-moves-the-ball-to-labour-ministrys-court/ 

(2)教育問題・・・「幾つかの私立学校は、闘いの真っ最中なのである!」理絵・ドルジ

     https://twitter.com/RieDorji/status/1091527784420257794   https://twitter.com/RieDorji/status/1091528403243675649

     https://twitter.com/RieDorji/status/1091529143173464064   https://twitter.com/RieDorji/status/1091529849989152768

     https://twitter.com/RieDorji/status/1091530505495957510   https://twitter.com/RieDorji/status/1091531137409839104

     https://twitter.com/RieDorji/status/1091531813858824192   https://twitter.com/RieDorji/status/1091532187994939399 

(3)東部観光の4つの柱は? クェンセル 『The four pillars of Eastern tourism?』 http://www.kuenselonline.com/the-four-pillars-of-eastern-tourism/ 

(4)Lotay Tshering首相は、クラスXIIまでのすべての人に無料教育を提供するという政府の決定は憲法に違反していないと述べた

   クェンセル 『Govt. did not breach the Constitution: PM』 http://www.kuenselonline.com/govt-did-not-breach-the-constitution-pm/ 

(5)2月10日  第100回ブータン勉強会 14:00-17:00、早稲田大学(早稲田キャンパス)3号館302教室  詳細&申し込み:http://www.bhutanstudies.net/10861/

    日時:2019年2月10日(日) 14:00-17:00  場所:早稲田大学(早稲田キャンパス) 26号館302教室

    発表題目及び発表者: 

     「これまでのブータン勉強会(第1回〜第100回)を振り返る」 平山 雄大(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター講師)

     「今ブータンの若者たちの間で流行っているもの」 野口 ウゲン チョディ(島根県立隠岐島前高等学校生徒)

     「グローバル探究@ブータン―日本人とブータン人の家族観の違いについて―」  藤田 紀帆、吉里 柚波(島根県立隠岐島前高等学校生徒)

     「古きブータンの思い出」 津川 智明(JICA専門家) 

(6)優先順位を間違えていませんか。 クェンセル 『Are we not getting our priorities wrong?』 http://www.kuenselonline.com/are-we-not-getting-our-priorities-wrong/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・3掲載):無料教育、プラスチック禁止、賃金率、9歳の少年が完走、フットヒルズ・フェスティバル、

(1)野党が「政府がクラスXIIまでのすべてに無料教育を提供するという決定は憲法に適合していないかもしれない」と述べた

    クェンセル 『Free education up to Class XII may breach the Constitution: Opposition』 http://www.kuenselonline.com/free-education-up-to-class-xii-may-breach-the-constitution-opposition/ 

(2)プラスチック禁止  ブータンは1999年4月20日にビニール袋を禁止したが、20年近く経っても、プラスチック製のキャリーバッグ、ラッパー、自家製アイスクリームの袋の使用や販売を禁止する必要性について、まだ話し合っている

    クェンセル 『Plastic ban must be taken seriously』 http://www.kuenselonline.com/plastic-ban-must-be-taken-seriously/

(3)野党のドルジ・ワンディ氏は、「国民の賃金率を引き上げるという政府の提案は善よりも多くの損害を与える。それは経済に深刻な影響を及ぼし経済を歪めるだろう」と述べた

    クェンセル 『Government confused on wage rate』 http://www.kuenselonline.com/government-confused-on-wage-rate/ 

(4)9歳の少年が過酷なクロスカントリーサイクリングレースを完走

    DAILY BHUTAN 『9-Year-Old Boy From Bhutan Completes Gruelling Cross-Country Cycling Race』

      https://www.dailybhutan.com/article/9-year-old-boy-from-bhutan-completes-gruelling-cross-country-cycling-race

    クェンセル 『9-year-old completes cross-country cycling race』 http://www.kuenselonline.com/9-year-old-completes-cross-country-cycling-race/ 

(5)フットヒルズ・フェスティバル クェンセル 『The strongest and the fastest at the foothills festival 』

     http://www.kuenselonline.com/the-strongest-and-the-fastest-at-the-foothills-festival/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(2・2掲載):医療機器を寄付、小学校女子寄宿舎建設計画、「公正で調和のとれた持続可能な」、中国のブータンへの働きかけ、TV番組情報(カリンポン)、

         マジシャン、留学生問題、 

(1)在ブータン日本国大使館 『平成28年度対ブータン草の根・人間の安全保障無償資金協力 「ジグメドルジウォンチュック国立病院医療機材整備計画」供与式の実施』

     https://www.in.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000785.html  案件の概要:https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000778.html 

  日本が医療機器をJDWNRH(ジグメ・ドルジ・ワンチャック国立病院)に寄付 JDWNRHは、日本政府から聴覚障害と睡眠時無呼吸症 - 睡眠障害の早期発見を強化するための医療機器を受け取りました BBS 『Japan donates medical equipment to JDWNRH』 http://www.bbs.bt/news/?p=110155 

(2)在ブータン日本国大使館 『平成28年度対ブータン草の根・人間の安全保障無償資金協力 「チュカ県チュンカ小学校女子寄宿舎建設計画」完工式の実施』

    https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000787.html 案件の概要:https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000780.html 

(3)国連、「公正で調和のとれた持続可能な」ブータンを支持  DAILY BHUTAN 『UN Supports A ‘Just, Harmonious And Sustainable’ Bhutan ミ Where No One Will Be Left Behind』

    https://www.dailybhutan.com/article/un-supports-a-just-harmonious-and-sustainable-bhutan-where-no-one-will-be-left-behind 

(4)中国のブータンへの働きかけ

   Southasian Monitor 『China outreach to Bhutan poses fresh challenge to India』 http://southasianmonitor.com/2019/01/31/china-outreach-to-bhutan-poses-fresh-challenge-to-india/ 

(5)TV番組情報 『 世界の窓▼インド/カリンポン「兄の仏間」』 2月8日(金)  22:54 〜 23:00  BS-TBS

    番組詳細 ヒマラヤの麓の町カリンポンの高台にカリンガハウス=幸福の庭と呼ばれる屋敷がある。 19世紀末に作られた英国植民地時代の家で初代オーナーはイギリス人だった。 その後ブータンの王族の一人が所有しチベット仏教の高僧に受け継がれた。 二階はその時仏間として改装されたが窓はオリジナルのまま残された。 独特のラッチにより薄く二段階に開けていられる窓である。 このような工夫を凝らされた窓を現在ではもはや見ることはない。 2019年

    https://www.bs-tbs.co.jp/journey/KDT0700400/  https://www.ykkap.co.jp/info/bs_tv/ 

(6)FINDERS  『「カミソリ・パフォーマンス」が世界中で大ウケなマジシャン、TanBA氏|なにげに世界で有名な日本人』  動画:https://finders.me/articles.php?id=670

(7)留学生問題 「学び、稼ぐ」プログラムの下で日本に行った学生の代表は、事件のさらなる調査を求めてACC(腐敗防止委員会)に訴えていたが、ACCは再調査しないことを決定

   BBS 『ACC decides not to reinvestigate Learn and Earn program me』 http://www.bbs.bt/news/?p=110167 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2・1掲載):王様カレンダー、腐敗の少ない国、脱走受刑者確保、卓球チーム訪ブ、『頑張る会計検査院』、雇用、 

(1)王様カレンダー 

          

(2)Transparency International(ドイツのベルリンに本拠を置く国際市民社会組織(CSO))の 2018 年腐敗認識指数(CPI)によると、ブータンは 180 カ国中 25 番目に 腐敗の少ない国

  2017 年には 26 位にランクされていた   DAILY BHUTAN 『Bhutan Ranks 25th In Corruption Perception Index Out Of 180 Countries』

      https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-ranks-25th-in-corruption-perception-index-out-of-180-countries 

  BBS 『Bhutan ranks 25th in 2018 corruption perception index』 http://www.bbs.bt/news/?p=110115 

  クェンセル 『Bhutan moves a rank up in Corruption Perceptions Index』 http://www.kuenselonline.com/bhutan-moves-a-rank-up-in-corruption-perceptions-index/     

(3)月曜日、警察は1月23日の夜に Trashigang の Lungzor 刑務所から脱出した2人の受刑者を Samdrupjongkhar の Arong で逮捕

   Trashigang の警察によると、午後8時ごろ、 Melongbrag からジャンボトラックで Narphung に向かって移動している2人の不審者についての情報を受け、

    Samdrupjongkhar 警察は午後 9 時 30 分ごろに Arong でトラックを捕獲し、脱出者であることを確認

    クェンセル 『Runaway prisoners arrested in Arong』 http://www.kuenselonline.com/runaway-prisoners-arrested-in-arong/ 

(4)日本からの卓球チームがブータンを訪問 日本卓球リーグチームであるシチズンと協和は、1月29日から2月3日まで、ブータンと日本の卓球における友好関係の一環としてブータンを訪問

   この訪問によってスポーツの競争力と包括性を高めることが期待されている

   クェンセル 『TT teams from Japan to visit Bhutan』 http://www.kuenselonline.com/tt-teams-from-japan-to-visit-bhutan/

   JICA Bhutan  https://www.facebook.com/JICABhutan/photos/a.475011372597352/1901429196622222/?type=3&theater 

(5)サンチャイ☆ブログ『頑張る会計検査院』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-01-31#more

  「会計検査院、SDGsへの取組みのギャップを指摘」 http://www.kuenselonline.com/raa-finds-gaps-in-sdgs-preparedness/

  「商工会議所のプロジェクトは会員企業に裨益していない」 http://www.kuenselonline.com/bcci-projects-did-not-benefit-its-members-raa/

  「物産展は高くつく」 http://www.kuenselonline.com/trade-fairs-an-expensive-affair/

(6)卒業生を雇用可能にする クェンセル 『Making graduates employable』 http://www.kuenselonline.com/making-graduates-employable/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・31掲載):受刑者脱出、ニマとダワの帰国、世界ネコ歩き、狂犬病、初雪の日、緊縮財政、

(1)先週、Trashigang の Lungzor 刑務所から2人の受刑者が脱出 脱出した二人、Nim Dorji(29歳)は大麻違法売買、Dorji Gyeltshen(25歳)は強盗で有罪判決を受けた

  刑務所から脱出したときには軍用迷彩パンツを着用したと伝えられている

  クェンセル 『Two inmates escape from Lungzor prison』 http://www.kuenselonline.com/two-inmates-escape-from-lungzor-prison/ 

(2)ニマとダワ・パルデンは来月帰国する 女の子と母親が分離手術のためにオーストラリアのメルボルンに到着してから4ヵ月以上経って、分離手術に成功した双子のニマとダワ・パルデンとその母親は来月帰宅するでしょう

   クェンセル 『Nima and Dawa Palden to return home next month』 http://www.kuenselonline.com/nima-and-dawa-palden-to-return-home-next-month/

   DAILY BHUTAN『Twin Girls - Nima and Dawa Palden Fit And Ready To Return To Bhutan Next Month』 https://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.dailybhutan.com/about-us&prev=search  

(3)TV番組情報 『 岩合光昭の世界ネコ歩き「ヒマラヤに続く空とニャン〜ブータン〜」』 2月6日(水)22:00 〜 22:30  NHK BSプレミアム

   番組詳細 動物写真家岩合光昭さんが世界中のネコたちを撮影して歩く人気シリーズ、  今回はヒマラヤ山脈のふもとブータン。 標高2200メートルのパロ、畑仕事にお供のネコや季節外れのカエルと奮闘するネコ。  標高2900メートルのポブジカ。  どこまでも青い空の下、ツルが飛来する湿地がある。  ここで仲良くお使い中のネコと少女に出会った。  質素だけれど心豊かな暮らしぶりが伝わってきた。 (2018年2月放送の30分版)語り:山田孝之 

(4)Phntshogling および Sampheling Gewogs における狂犬病の発生 BBS 『Rabies outbreak in Phuentshogling and Sampheling Gewogs』 http://www.bbs.bt/news/?p=110084 

(5)EXPAT 『みんな大好き「初雪の日」』河口真子 https://courrier.jp/expat/area/bhutan/thimphu/10/10322/ 

(6)緊縮財政 The Bhutanese 『Austerity is coming』 https://thebhutanese.bt/austerity-is-coming/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・30掲載):留学生問題、エンジニア、マイクロファイナンス、母乳育児手当、フットヒルズ・フェスティバル、クラスXII、 

(1)留学生問題  日本へ行った学生とその両親が再調査を腐敗防止委員会(ACC https://www.acc.org.bt/)に要請

   1月21日、「日本の学び・稼ぐプログラム」の両親と学生の代表が ACC に上訴状を提出し、過剰な料金について再審理を要望した

   首相がこの問題の深刻さを過小評価し、それに対処できなかったとして、政府の対応についても不満を表明

   The Bhutanese 『Parents and students of Japan case request ACC for reinvestigation』 https://thebhutanese.bt/parents-and-students-of-japan-case-request-acc-for-reinvestigation/ 

(2)多くの工学系の卒業生は、エンジニア、特に政府エンジニア(公務員)になるという彼らまたはその親の夢を達成するのが難しくなっていることに気づいている

    クェンセル 『More engineers than jobs?』 http://www.kuenselonline.com/more-engineers-than-jobs/ 

(3)ブータンの農村の大衆と失業中の若者の間でのマイクロファイナンスへのアクセスの促進

    RENEW(https://www.facebook.com/bhutanrenew/)、BAOWE(http://www.baowe.org/)、タラヤナ財団(https://www.tarayanafoundation.org/)、およびブータン王立通貨管理局は、地方の住民にマイクロファイナンス(https://job.career-tasu.jp/finance/articles/039/)を提供

   DAILY BHUTAN 『Promoting Access To Micro-Finance Amongst The Rural Populace And Unemployed Youths Of Bhutan』

    https://www.dailybhutan.com/article/promoting-access-to-micro-finance-amongst-the-rural-populace-and-unemployed-youths-of-bhutan 

(4)政府は母乳育児手当を導入することを約束した

   BBS 『Government committed to introduce breastfeeding allowance』 http://www.bbs.bt/news/?p=110035

   クェンセル 『Government keen to work on breastfeeding allowance』 http://www.kuenselonline.com/government-keen-to-work-on-breastfeeding-allowance/ 

(5)フットヒルズ・フェスティバルの準備万端 75kmのクロスカントリーサイクリングレースなどが行われる

   クェンセル 『Preparation in full swing for foothills festival』 http://www.kuenselonline.com/preparation-in-full-swing-for-foothills-festival/ 

(6)クラスXII上位者 クェンセル 『Class XII toppers』 http://www.kuenselonline.com/just-in-class-xii-toppers/

   クラスXIIの結果 クェンセル 『Class XII results』 http://www.kuenselonline.com/class-xii-results-3/ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(1・29掲載):GDP目標は6%、野生の象、野生動物による家畜の被害、ブータンの障害者事情から見えてくること、関健作さん、 

(1)ブータン首相によると、GDPの目標は6%で十分

    Southasian Monitor 『GDP target of 6% good enough, says Bhutan PM』 http://southasianmonitor.com/2019/01/27/gdp-target-of-6-good-enough-says-bhutan-pm/

    BBS 『GDP target of six per cent good enough says Prime Minister』 http://www.bbs.bt/news/?p=110028 

  国内総生産(GDP)だけでは進捗を測ることはできません:PM

    クェンセル 『We will not measure country’s progress only by GDP: PM』 http://www.kuenselonline.com/we-will-not-measure-countrys-progress-only-by-gdp-pm/ 

(2)野生の象 Sarpang dzongkhag の部門森林官が「ほとんどすべての野生のゾウが Gelephu 地域から追い出された」と主張しているが、地方自治体の役人は「動物がまだいる」と言う

    クェンセル 『Elephants driven out, no says gups』 http://www.kuenselonline.com/elephants-driven-out-no-says-gups/ 

   Lhamoyzingkha-人間とゾウの争いによる影響が最も大きい

     The Bhutanese 『Lhamoyzingkha- most affected by human-elephant conflict』 https://thebhutanese.bt/lhamoyzingkha-most-affected-by-human-elephant-conflict/ 

(3)Jongthang、TrongsaのKarshong 村は虎や豹のような野生動物の被害によって、家畜を自由に放牧する事が出来ない

   BBS 『Jongthang, Karshong villages in Trongsa lose livestock to wild predators』 http://www.bbs.bt/news/?p=109985 

(4)乙武洋匡 note 『ブータンの障害者事情から見えてくること。』 https://note.mu/h_ototake/n/n0fc790b781ac 

(5)関健作さん 『『#005 PHOTO Playground』 Ginza Sony ParkとIMAが提供する写真との新たな出会いの場。写真の可能性を広げ、写真と遊べるフォトプレイグラウンド。』

   https://news.infoseek.co.jp/article/prtimes_000000286_000000353/  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・28掲載):乙武洋匡氏、スポーツフェスティバル、JICAウインターキャンプ、JOCV隊員として農業指導、「こころの未来」第20号、 

(1)東洋経済 『「幸せの国」ブータンで見えた障害者の過酷 母親と暮らす20歳の青年が心配する未来』 乙武洋匡 https://toyokeizai.net/articles/-/261099 

(2)史上初のヒマラヤスポーツフェスティバル  BBS 『First ever Himalayan Sports fest underway』 http://www.bbs.bt/news/?p=110043 

(3)ハイランド小学生のためのウィンターキャンプ クェンセル 『Winter camp for highland schoolchildren』 http://www.kuenselonline.com/winter-camp-for-highland-schoolchildren/ 

(4)タウンニュース(愛川・清川版)『青年海外協力隊としてブータンで農業支援の国際協力を行う 村田 圭輔さん』 https://www.townnews.co.jp/0407/2019/01/25/466962.html 

(5)京都大学『学術広報誌「こころの未来」第20号』 http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/kokoronomirai_no20/ 

    http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/01/kokoronomirai20_2.pdf の 63ページ目「研究プロジェクト  アジアと日本の精神性、幸福感、倫理観 熊谷誠慈」にブータンへの言及有り 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・27掲載):乙武洋匡氏、供与式、完工式、留学生問題、刑務所拘置所での自由権に関する報告、CO2排出量マイナスの国、 

(1)東洋経済 『幸せの国ブータンでは障害者も「幸せ」なのか 彼ら彼女らは過酷な環境に置かれている』乙武洋匡 https://toyokeizai.net/articles/-/260898 

(2)乙武洋匡note 『【ブータン編】“幸せの国”の景色、人、料理たち。』 https://note.mu/h_ototake/n/na02e5e9cffde 

(3)在ブータン日本国大使館  『平成28年度対ブータン草の根・人間の安全保障無償資金協力 「ジグメドルジウォンチュック国立病院医療機材整備計画」供与式の実施』

     https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000778.html 

(4)在ブータン日本国大使館  『平成28年度対ブータン草の根・人間の安全保障無償資金協力 「チュカ県チュンカ小学校女子寄宿舎建設計画」完工式の実施』

     https://www.in.emb-japan.go.jp/jointad/bt/itpr_ja/00_000780.html 

(5)留学生問題  「Learn and Earnプログラム」で日本に行った学生とその両親は、腐敗防止委員会(ACC)にさらなる調査を求めている

    委員会に提出された書簡の中で、代表は、以前の調査ではビザ処理手数料と航空運賃を見逃していたと述べた

    彼らは、ブータンのエージェント BEO が法外なビザ処理手数料と航空運賃を請求したと主張している

    BBS 『Earn and Learn programme students seek further investigation』 http://www.bbs.bt/news/?p=109974 

(6)国連人権チームが刑務所、拘置所での自由権に関する報告を発表

    BBS 『UN Human Rights team presents report on right to liberty in prisons, detention centers』 http://www.bbs.bt/news/?p=109989 

(7)ブータンはカーボンニュートラルな開発を維持するよう努めている  ブータンには 6000 種以上の動植物と約 1900 種の動植物が生息する

  DAILY BHUTAN 『Pristine Bhutan Strives To Maintain A Carbon Neutral Development Path』 https://www.dailybhutan.com/article/pristine-bhutan-strives-to-maintain-a-carbon-neutral-development-path

   参考動画:ツェリン・トブゲ: CO2排出量マイナスの国、ブータン https://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20160518-00002452-ted(日本語字幕) 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・26掲載): 雇用創出、ケーブル盗難、織り手とデザイナーの保護、国会閉会、 

(1)400人の雇用を創出する青年雇用と農村事業

  クェンセル 『Youth employment and rural enterprise project to create 400 jobs 』 http://www.kuenselonline.com/youth-employment-and-rural-enterprise-project-to-create-400-jobs/ 

Southasian Monitor 『Bhutan signs project with WB to create jobs, diversify economy』 http://southasianmonitor.com/2019/01/25/bhutan-signs-project-with-wb-to-create-jobs-diversify-economy/ 

(2)ケーブル盗難容疑で4人逮捕 クェンセル 『Four arrested for alleged cable theft』 http://www.kuenselonline.com/four-arrested-for-alleged-cable-theft/ 

(3)織り手とデザイナーの保護 クェンセル 『Protecting weavers and designers』 http://www.kuenselonline.com/protecting-weavers-and-designers/ 

  DAILY BHUTAN 『On The Timeless Appeal Of Bhutan’s Traditional Costumes And How To Safeguard The Creative Ideas Of The Weavers』

    https://www.dailybhutan.com/article/on-the-timeless-appeal-of-bhutan-s-traditional-costumes-and-how-to-safeguard-the-creative-ideas-of-the-weavers 

(4)国会閉会 BBS 『His Majesty The King graces parliament closing』 http://www.bbs.bt/news/?p=109946

   https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/posts/10156811368413260?__xts__[0]=68.ARDrYhm8DQgv5-JzvCBtBpl2f7sdb2InhU3__0UYksxWMiBjK1Pe04etZNz97SeDxnvJXlktcUO12w0HFAiAy8beaY2SDPqWCuFYU88lwZeG8f5Ca7_G65qtm2PSgw1QztHpXksqo4oydCHoQnLmjnTcFouBGCr_MwOvJwMhVCeIpbNnqq48_IWRz6FR6OPNuk1h4fyxYzr7mcQ3fc-Uc-5AWgzV9nvcQziuTco-ziHqoyDNppLD7Wc-m_SzkcbbsmV-dsa5nhKc1MHxZ1nJm1_EBdAf8trr7-bd1aYnr3zNOHV7FCplMzuBIUg2TNKYEzlYllfdFy4XQgLtvw&__tn__=-UC-R 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(1・25掲載):パラ卓球、クラスXの結果、勝ったキラの織り手、 質の高い仕事 、Jヴィレッジ、写真展、 

(1)パラ卓球 史上初のパラ卓球フェスティバル開催  5人のパラアスリートと他の5人のサブジュニアカテゴリーの卓球選手が、ティンプーで初めてのパラ卓球フェスティバルに参加した

     BBS 『 First-ever para-table tennis festival held』 http://www.bbs.bt/news/?p=109860 

(2)ブータンの学校審査評価評議会(BCSEA)は、23日に結果発表としていたが、ブータンの中等教育証明書(BCSE)の試験とクラスXの結果は、まだ発表されていない

     BBS 『Class X result declaration postponed』 http://www.bbs.bt/news/?p=109900 

(3)キラの織り手が最優秀賞のタイトルを取り戻す   昨年11月13日にロイヤルテキスタイルアカデミー(RTA https://www.rtabhutan.org/)に出された異議申し立てで、第17回全国デザイン芸術コンペティション(NDAC https://dailybhutan.com/article/17th-annual-national-design-and-art-competition-held-in-thimphu-to-showcase-bhutanese-art)で最優秀賞を受賞したキラの実際の織り手が先週認められた

    クェンセル 『Weaver of the winning kira reclaims title』 http://www.kuenselonline.com/weaver-of-the-winning-kira-reclaims-title/  

(4)質の高い仕事  The Bhutanese 『Quality jobs』 https://thebhutanese.bt/quality-jobs/ 

(5)河北新報 『<Jヴィレッジ>4月20日全面再開 常磐線の新駅も同日開業』 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190124_63027.html 

(6)鈴木理恵子写真展『Bhutan〜新しい感覚〜』2月13日〜17日  https://www.pictorico.jp/press-release/detail/411/ https://www.rieko.photo/info  https://gnhtravel.com/blog/2019-01-23/  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・24掲載):島根の教育制度をブータンへ、陶芸体験、早稲田と慶応が“真逆”の選択、肥満、外国人のメイドを雇う、児童公園整備、JICAウインターキャンプ、

(1)朝日新聞 『島根)島根の教育制度をブータンへ 生徒呼び込む連携策』 https://www.asahi.com/articles/ASM1P66J7M1PPTIB00V.html?iref=pc_ss_date 

   上記URL の続き

   同校の成果などを受け、県教育委員会は離島や中山間地域を対象に11年度に5校、12年度に追加で3校を対象に指定し、同プロジェクトのノウハウの広がりを支援。

   17年度からは松江など都市部を除いて県内の全域に展開している。

   津和野高校で、地元食材を生かした料理開発や観光ツアーを企画する部活ができるなど、各校に特色ある部活動や課外活動が生まれた。

   県教委と同プロジェクトを進める一般財団法人「地域・教育魅力化プラットフォーム」によると、視察を通じ、ブータンの行政職員が、自国で抱える人口流出問題への対策として関心を示したという。

   日本の教育制度の海外展開を後押しする文部科学省の18年度の公募事業に採択され、今夏に現地でモデル事業をすることになった。

   今月31日から、同プラットフォームがブータン西部の街チュカで、対象の学校選びやカリキュラムの調整などをする。

   ブータンでは、授業に自由なカリキュラムを組み込むことができる時間が少ないため、放課後を使って地域の課題を解決する活動の導入を検討しているという。

   県の教育魅力化特命官で、プラットフォームの共同代表を務める岩本悠さん(39)は「島根でやってきたことを生かして、現地流の制度をつくっていく。

  それが、日本に逆輸入されて制度自体のブラッシュアップにつながり、島根の教員や生徒の交流も増えれば」と話した。(市野塊)

(2)山陰中央新報 『陶芸の魅力実感 ブータン教育関係者研修 浜田・尾上窯』 http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1547516228259/index.html 

(3)アエラ 『早稲田と慶応が“真逆”の選択 2020年度大学入試改革』 https://dot.asahi.com/aera/2019012200038.html?page=2

(4)ブータン人の3人に1人は太りすぎ クェンセル 『One in three Bhutanese overweight, finds study』 http://www.kuenselonline.com/one-in-three-bhutanese-overweight-finds-study/

(5)外国人のメイドを雇う

  The Bhutanese 『Government’s pledge to employ foreign maids under discussion』 https://thebhutanese.bt/governments-pledge-to-employ-foreign-maids-under-discussion/

(6)2019-2020会計年度に整備される児童公園

  クェンセル 『Children’s parks to be maintained in 2019-2020 fiscal year』  http://www.kuenselonline.com/childrens-parks-to-be-maintained-in-2019-2020-fiscal-year/ 

(7)JICAブータン 『高地小学生向けウィンターキャンプ、多くの関係者の協力をえて初開催』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190122.html

    JICA ブータン Facebook:https://www.facebook.com/JICABhutan/     

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・23掲載):ABS、文化的アイデンティティーと伝統、高倉式生ゴミ堆肥化、水力発電、ティンプーの大気の質、 

(1)Ability Bhutan Society(ABS)は「平等で包括的な社会の構築」と題するプロジェクトを立ち上げた

   3年間のプロジェクトでは 、5つのゾンカック(県)で、障害を持つ人々、特に女性と子供たちの状況と人数を特定することを目的としている

   BBS 『ABS to study challenges and needs of persons living with disabilities』 http://www.bbs.bt/news/?p=109771

   クェンセル 『ABS to study the needs of the disabled』 http://www.kuenselonline.com/abs-to-study-the-needs-of-the-disabled/ 

(2)ブータンはその文化的アイデンティティーと伝統を強化し、促進することを目指しています

   DAILY BHUTAN 『Bhutan Aims To Reinforce And Promote Its Cultural Identity And Traditions』

    https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-aims-to-reinforce-and-promote-its-cultural-identity-and-traditions 

(3)高倉式生ゴミ堆肥化 BBS 『Takakura method of composting kitchen waste picking up』 http://www.bbs.bt/news/?p=109797

  参考:高倉式コンポスト:https://kitakyushu.iges.or.jp/publication/Takakura/Takakura%20Compost%20Manual(J).pdf   https://www.jica.go.jp/kyushu/office/compost_method.html 

(4)ブータンの水力発電は、インドやネパールとの競争に勝ち残ることができるのであれば、未来がある

  The Bhutanese 『Bhutan’s hydro has a future provided it can stay competitive against India and Nepal: Hydro Report』

   https://thebhutanese.bt/bhutans-hydro-has-a-future-provided-it-can-stay-competitive-against-india-and-nepal-hydro-report/ 

(5)ティンプーの大気の質 The Bhutanese 『Air quality in Thimphu hits permissible ceiling』 https://thebhutanese.bt/air-quality-in-thimphu-hits-permissible-ceiling/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・22掲載):留学生自殺、シックスセンシズ、選挙についての考察、JICAウインターキャンプ、介護人材記事、 

(1)新潮社フォーサイト

   『「人手不足」と外国人(31) ブータン留学生の「自殺」が暴いた「深く暗い闇」(中)』 https://www.fsight.jp/articles/-/44780

   『「人手不足」と外国人(32) ブータン留学生の「自殺」が暴いた「深く暗い闇」(下)』 https://www.fsight.jp/articles/-/44781

   『「人手不足」と外国人(30) ブータン留学生の「自殺」が暴いた「深く暗い闇」(上)』 https://www.fsight.jp/articles/-/44779 

(2)GOETHE 『【ブータン】世界一幸せな国での旅の仕方は、点在する豪華ロッジをホッピング!』 https://goetheweb.jp/lifestyle/slug-n258645e3a11d 

(3)行った3つの選挙についての考察 クェンセル 『Reflections on the three elections gone by』 http://www.kuenselonline.com/reflections-on-the-three-elections-gone-by/ 

(4)遠隔地のルナナ出身の学生が合気道や気候変動などのスキルを学びましたJICAブータン主催のキャンプで

   DAILY BHUTAN 『Students From Remote Lunana Learned Skills Such As Aikido, Climate Change And More At Camp Organised By JICA Bhutan』

    https://www.dailybhutan.com/article/students-from-remote-lunana-learned-skills-such-as-aikido-climate-change-and-more-at-camp-organised-by-jica-bhutan 

(5)介護人材記事 http://ageing-support.net/2019/01/19/%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e4%bd%8f%e5%ae%85%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%81%b8%e6%8e%b2%e8%bc%89%ef%bc%8f%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%b3%e8%a6%96%e5%af%9f%ef%bc%86%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e4%ba%ba%e6%9d%90/ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(1・21掲載):留学生の死、二つの祖国の懸け橋に、日本留学生のローン、サクテンへの道路、ブータン信託基金、観光客の国境通過許可、 

(1)新潮社フォーサイト 井出康博 『「人手不足」と外国人(30) ブータン留学生の「死」が暴いた「深く暗い闇」(上)』 https://www.fsight.jp/articles/-/44779 

(2)山陰中央新報 『二つの祖国の懸け橋に 隠岐島前高1年・野口さん』 http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1547948288148/ 

(3)「稼いで学ぶ」プログラムで日本に留学しているブータン人とその両親に救済策 政府はローン返済期間を2年から4年までに延長することにした

     クェンセル 『Loan repayment deferred for Bhutanese in Japan』 http://www.kuenselonline.com/loan-repayment-deferred-for-bhutanese-in-japan/ 

(4)東ブータン、ブロックパの地域サクテンまでの道路は今年7月までに完成予定

     クェンセル 『Vehicles can reach Sakteng by next month』 http://www.kuenselonline.com/vehicles-can-reach-sakteng-by-next-month/   

(5)環境保護のためのブータン信託基金が8つのプロジェクトにNu 90.63mの補助金を承認

   DAILY BHUTAN 『Bhutan Trust Fund for Environment Conservation Approved Nu 90.63m Grant For Eight Projects』

     https://www.dailybhutan.com/article/bhutan-trust-fund-for-environment-conservation-approved-nu-9063m-grant-for-eight-projects

   クェンセル 『BTFEC approves Nu 90.63M for eight projects』 http://www.kuenselonline.com/btfec-approves-nu-90-63m-for-eight-projects/ 

(6)国会は、観光客が南部のインドとの国境 Gelephu、Samtse、Nganglam、Panbang を通過する事を承認 ただし、セキュリティを確保するため、観光客はブータンの自動車やガイドを使用することが条件 

   クェンセル 『Govt. to allow entry of regional tourists through all border towns』 http://www.kuenselonline.com/govt-to-allow-entry-of-regional-tourists-through-all-border-towns/

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・20掲載):JICAウインターキャンプ、通信施設の整備、生徒を虐待した教師への判決、モンガルの火災、ウマプナカ、坂本達さん、

(1)サンチャイ☆ブログ『高地民支援の可能性を示す』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-01-19#more

   「ルナナの子供たちのための、JICAの特別なウィンターキャンプ」BBS『A special winter camp for children from Lunana』 http://www.bbs.bt/news/?p=109698

   クェンセル https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.kuenselonline.com/&prev=search

(2)災害対策のために通信施設の整備が必要  クェンセル 『Communication facilities need to be improved to manage disasters』

     http://www.kuenselonline.com/communication-facilities-need-to-be-improved-to-manage-disasters/ 

(3)6人の生徒を虐待したとして4年半の刑を宣告された教師    クェンセル 『Teacher sentenced to four and half years in prison for molesting six students』

     http://www.kuenselonline.com/teacher-sentenced-to-four-and-half-years-in-prison-for-molesting-six-students/

(4)モンガルの Dramedtse で5日間続いている森林火災により、2,700エーカー以上の森林が被害を受けた しかし、人間の因果関係や財産の損失は報告されていない

    BBS 『Fire destroys over 2,700 acres of forest in Monggar』 http://www.bbs.bt/news/?p=109700

(5)2018年にコンデナストトラベラーズリーダーズチョイスアワードにより、ラグジュアリーリゾートコモウマプナカはアジアで最高のホテル、そして世界で3番目に優れたホテルに

   DAILY BHUTAN 『Here’s What It’s Like Inside Asia’s Best Hotel - COMO Uma Punakha In Bhutan』

     https://www.dailybhutan.com/article/here-s-what-it-s-like-inside-asia-s-best-hotel-como-uma-punakha-in-bhutan 

(6)坂本達さんご案内転送 『やった。』『ほった。』に続くオールカラーフォトエッセイ 発刊されました!「100万回のありがとう〜自転車に夢のせて〜」http://tatsuoffice.com/photo&essay/index.html

   <2010年に福音社から刊行されたものを前書きと後書きを書き直して再版したものです⇒前回、ご購入くださったみなさま、ありがとうございました>

   ●仕様:136ページ(オールカラー)/ソフトカバー ●対象年齢:小学生高学年から ●出版社:三起商行(ミキハウス)2018年12月

   ご好評にお応えして「前書き」と「後書き」を書き直して改めて出版されました!!

   小学生の時から夢だった自転車世界一周を実現し、帰国後は会社勤めをしながら全国で夢を伝える講演活動と、お世話になった世界の方々に恩返し。

   そんな著者の幼少期からのインタビュー、子どもたちの素朴な質問に答える「質問コーナー」、これまでの活動を1冊の本にまとめました。

   見開きで1話を読み切る読みやすいフォトエッセイ。

   親子で一緒に、世界中で受け取ってきたメッセージやエピソードはいかがですか?  http://tatsuoffice.com/photo&essay/index.html

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・19掲載):国際赤十字委員会代表団、マスクダンサー不足、モントリオール議定書、大学新設計画なし、JICAセミナー、ドクラム、 

(1)国際赤十字委員会(ICRC)の代表団は水曜日、ティンプーでブータン首相のLotay Tsheringと面談

Southasian Monitor 『Jeremy England-led Red Cross delegation meets Bhutan PM』 http://southasianmonitor.com/2019/01/17/jeremy-england-led-red-cross-delegation-meets-bhutan-pm

(2)マスクダンサー不足 クェンセル 『mask dancers』 http://www.kuenselonline.com/picture-story-664/ 

(3)モントリオール議定書BBS 『National Assembly adopts amendments to Montreal Protocol』 http://www.bbs.bt/news/?p=109663

     クェンセル 『Bhutan ratifies Kigali Amendment to the Montreal Protocol』 http://www.kuenselonline.com/bhutan-ratifies-kigali-amendment-to-the-montreal-protocol/  

(4)第12次5カ年計画では、Zhemgangに大学を設立する予定はない  BBS 『No plans to establish college in Zhemgang in the 12th Plan: Education Minister』 http://www.bbs.bt/news/?p=109661  

(5)『【ブータン協力隊派遣30周年記念式典】活動論文集の出版披露と活動報告セミナーが催され、関係者約120名が集う』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190116.html     

(6)ドクラムの「全天候型道路」工事完成 Southasian Monitor 『China Inches closer to finishing construction of ‘all-weather road’ in Doklam』

   http://southasianmonitor.com/2019/01/18/china-inches-closer-to-finishing-construction-of-all-weather-road-in-doklam/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・18掲載):村に戻った家族、ロックバンド、教育関係職員の正規化、ブータンから世界へ、JICAウインターキャンプ、文化の保存と推進を強化、国会答弁、 

(1)都市生活をあきらめて村に戻った家族  BBS 『A family that gave up city life and returned to village』 http://www.bbs.bt/news/?p=109614 

(2)ブータンのロックバンド「Boyband O’Strangers」が2ヶ月間パタヤでプレーする  DAILY BHUTAN 『Bhutanese Boyband O'Strangers To Play In Pattaya For 2 Months』

      https://www.dailybhutan.com/article/bhutanese-boyband-ostrangers-to-play-in-pattaya-for-2-months

    演奏動画:https://www.youtube.com/watch?v=mfjpe7RYnY4 

(3)教育大臣によると、教師、非公式教育(NFE)の講師、料理人、介護者、監視員、マトロン、研究室の助手、図書館員、運転手、スポーツの講師、幼児教育(ECCD)の講師は正規化される

    クェンセル 『Education ministry to regularize contract employees』 http://www.kuenselonline.com/education-ministry-to-regularize-contract-employees/ 

(4)ブータンから世界へ:外資系企業のために遠隔地で働き、新たな雇用機会を開く

   DAILY BHUTAN 『From Bhutan To The World: Working Remotely For Foreign Firms To Open Up New Employment Opportunities』

   https://www.dailybhutan.com/article/from-bhutan-to-the-world-working-remotely-for-foreign-firms-to-open-up-new-employment-opportunities  

(5)JICAウインターキャンプ

   (写真14枚) https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1881466075285201?__xts__[0]=68.ARDXhNYZ0XVWBuuLEEj2wCMw8XMeLkXfa5iiPdebGyhy6yIiI9TQ1KR2K8ZGU68Vbqf0WlEs0sjSxH-KYDDRplyoYP89c2YJbbdH2FmVkWccBmvxWNJvc-GxVFDafwaLKg0KoL4QVVTSLq0Cb7WSEqmck6nuXZoExdE54B8Ln-yw0UXSy1Al6qZxO266mawY1wPq-iJnMVuhqWwPCI0LY2CmgAay0urV2EWoq9tvvS213tN9hrbLpeb2LenAFvsJJDiK9xyTLNJQssw-3dQ6yUFPqIettrbHHuQD5c9_rvea2B6OUz6o6IvbLgwXdfyWZCLAIvyJloVXR1hYY3opPBGaGw&__tn__=-R

   (写真21枚) https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1882866301811845?__xts__[0]=68.ARBz3MXAcaFyaJjYQGnzoqjUnkNMbg_XGtRulXvaXFew0cm5JcptsspadAkwkltJfY03UCFnG6AXPPJnShToqSbG3x4OpRPqdHNJAfZcKLpYyZfFLRS0iVY1KyvGyPlKVO2_5gTkWlPIp2s35lT3QSyxMYMrzwx64ELacdnAJsEHEnuzdf4t8Pq0qWKvFwpZrRN4Qs3QcQTAtK4mTVmfaLN_AvnjHh36ARia1AcKaQ-ZpSB_faqSC76fdevsTgitB0_yXs1QODmFO182dtM6b3MYA2pmstxqc0UvwIEvSMp9lWDij8nnRbLNDkTBEqjCHLzIpwfTcB9z_rJtX3qoutjxXA&__tn__=-R

   (動画) https://www.facebook.com/JICABhutan/videos/vb.119821701449656/380463206063273/?type=3&theater  

(6)文化の保存と推進を強化 The Bhutanese 『Preservation and promotion of culture to be reinforced』 https://thebhutanese.bt/preservation-and-promotion-of-culture-to-be-reinforced/ 

(7)『ブータンの国会では原稿を読まずに答弁するのが普通です。』 https://note.mu/riedorji/n/n0a4ad9a90c8d

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(1・17掲載):国際ブータン学会、空港建設における贈収賄・偽造事件、空手、教員候補に関する情報、ウインターキャンプ、地方に観光局、

         ドチュ・ラの隠れた窟、帰国JICAボランティア、 

(1)サンチャイ☆ブログ『国際ブータン学会』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-01-16#more

     The Bhutanese『A deep dive into Bhutan』 https://thebhutanese.bt/a-deep-dive-into-bhutan/ 

   オックスフォードでの元首相の基調講演は、君主制、主権、文化、民主主義、環境、GNHおよび福祉に焦点を当てている

     The Bhutanese『Ex-PM’s Key-note address at Oxford focuses on Monarchy, Sovereignty, Culture, Democracy, Environment, GNH and welfare』

      https://thebhutanese.bt/ex-pms-key-note-address-at-oxford-focuses-on-monarchy-sovereignty-culture-democracy-environment-gnh-and-welfare/ 

    動画:Dasho Tshering Tobgay - The First Ten Years of Democracy: Reflections from Bhutan

     https://www.youtube.com/watch?time_continue=31&v=HSrJGjkgaPg <https://www.youtube.com/watch?time_continue=31&amp;v=HSrJGjkgaPg>  

(2)Gelegphu空港建設における贈収賄・偽造事件の訴訟

    BBS 『Alleged bribery & forgery case in Gelegphu airport construction reaches court』 http://www.bbs.bt/news/?p=109637 

(3)ティンプー空手クラブは、最近インドのジャイプールで開催されたIMAS World Kumiteチャンピオンシップ2019で12個のメダルを獲得

    BBS 『Bhutanese Karate team returns home with 12 medals』 http://www.bbs.bt/news/?p=109610 

(4)私立学校は、教育省から、選ばれた教員候補に関する情報を入手し、採用する前にその許可を得るべき

   クェンセル 『Pvt. schools should seek MoE’s clearance for selected teachers』 http://www.kuenselonline.com/pvt-schools-should-seek-moes-clearance-for-selected-teachers/ 

(5)JICA ウインターキャンプ 動画:https://www.facebook.com/JICABhutan/videos/vb.119821701449656/820922851572907/?type=3&theater 

(6)Loknath Sharma 経済大臣は、1月14日の国会で「ブータンの東部および中央部の各ゾンカグ地区に観光事務所を設立する予定」であることを明らかにした

   DAILY BHUTAN 『A Tourism Office Slated To Be Established In Every District In East And Central Bhutan』

   https://www.dailybhutan.com/article/a-tourism-office-slated-to-be-established-in-every-district-in-east-and-central-bhutan 

(7)ドチュ・ラの隠れた窟・・・人が瞑想し、内なる平和を見つけることができる洞窟

   DAILY BHUTAN 『Hidden ‘Igloos’ Of Dochula ミ Caves Where One Can Meditate And Find Inner Peace』

   https://www.dailybhutan.com/article/hidden-igloos-of-dochula-caves-where-one-can-meditate-and-find-inner-peace 

(8)『帰国JICAボランティアへの外務大臣感謝状授与式及び懇談会』 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/dapc/page22_003127.html 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・16掲載): ローン延期、海外プログラム継続、事件数、マンデチュ水力発電、JICAウインターキャンプ、ロレーロレー、2019年祭り日程、 

(1)日本にいるブータンの若者を助けるためにローン延期 国会の質疑応答で「ブータンの若者を助けるための最善策のひとつにローン返済の延期がある」と労働相が述べた

  クェンセル 『 Loan deferment to help Bhutanese youth in Japan』 http://www.kuenselonline.com/loan-deferment-to-help-bhutanese-youth-in-japan/ 

(2)海外プログラム クェンセル 『Overseas programs will continue』 http://www.kuenselonline.com/overseas-programs-will-continue/ 

(3)2018年刑事事件は減少したが民事事件は増加 BBS 『2018 saw decrease in criminal cases but increase in civil cases』 http://www.bbs.bt/news/?p=109565 

(4)Trongsaの、720メガワット(MW)のMangdechhu水力発電(MHPA)の試運転が1ヶ月延期

   BBS 『Commissioning of MHPA deferred by over a month』 http://www.bbs.bt/news/?p=109567

   Southasian Monitor. 『Bhutan’s Mangdechhu hydroelectric project to start producing by end of next month』

     http://southasianmonitor.com/2019/01/15/bhutans-mangdechhu-hydroelectric-project-to-start-producing-by-end-of-next-month/ 

(5)JICAウインターキャンプ

写真31枚

https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1878801955551613?__xts__[0]=68.ARC4KMfGXjwKRILdVQn4fE3JzCU22SdwUkPVRXKBDv2YKVW_qg7zq_Z-88D38NIwMTuiRFVnpPamdKIs-kkoHo0EHL0Wh34sn-8y1BTu7asTTwSJXf8NbwNzTkJPdqyIBscC5e_JkrPIFpuU6Mqxg6ayfxMKs7p6e0CKmTgZwAc7VMu2zbsLrVOOkozRGBSfNB6a4x8MbRvcJX8kkx7odMjPulGYqYrLlUmh8B3NlV8FADzY0bThECUWcUJssxXkDNA0IW5dMYqEtsKwCSVnaER6PqUZlALEONBoKQo0UR499-hNSxQDYznCKIEBG34bcAaplQR-B1soBjL5Sw0XX79HxQ&__tn__=-R  

写真4枚

https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1879095702188905?__xts__[0]=68.ARDyLmXQ4Mxi2Qpq4ugoUAdi2AG3y7C0FdZdhyg5ByoCD_B1LARCF7LPWbUqGwwhdRu0Vol9iojbjhrVwRLmnfwVHW0EDH08CSdCLpPBjowEuOqTNwvwPTJRFkMR7mNe7U024xQwY1Hwhi0DQMftfM_pZ8j4u3u8RxKAIKJi6IJKasYuM4411nrDVzrcGBXXGy3z2Dc8YY-opz2SRWZmb4dsGgaE61fHHtWZ9HK2zzmM1E2HeqWPFXhrvYuhWRZHqC8Em4T2TomatT5SZfaCryFlvbsX-QJZkn3FONf2SDQFdGaNPjABgPDALxhm3oW9JmrZBJ6Cfrh-p5yLYJ1lQG29ig&__tn__=-R  

写真16枚

https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1880051535426655?__tn__=-R 

(6)♪ ロレーロレー ♪  動画:https://www.facebook.com/tsheringtobgay/videos/vb.213963285282972/2688400357867278/?type=3&theater

    写真と記事:https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.485878073259/10156762627383260/?type=3&theater

(7)祭り日程 『Festivals & Events in 2019 & 2020』 https://www.firefoxtours.com/festivals-events?year[value][year]=2019&type=All&tid=All  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・15掲載):料理、雇用、水力発電、人口、TV番組情報、JICA「ウインターキャンプ」動画、肺炎球菌ワクチン、建設業界に対する洞察、

        RieDorjiさんNote、ブータン国際マラソン、ブータンシボリアゲハ、今年の旅行はどう変わる?、

(1)毎日新聞 『「新年」に食べる 日本の中の世界/6止 幸せの国の優しい料理』日本の中の世界/6止 幸せの国の優しい料理 http://mainichi.jp/articles/20190107/ddm/013/100/061000c

(2)Ugyen Dorji 労働大臣は「政府は5年間の任期中に73,000人以上の雇用を創出することを目指している」と述べた

    BBS 『Government targets over 73,000 jobs during its five-year term』 http://www.bbs.bt/news/?p=109503 

(3)Chamkharchuプロジェクト(水力発電) クェンセル 『Chamkharchu project discussions lose track』 http://www.kuenselonline.com/chamkharchu-project-discussions-lose-track/

(4)人口動態 クェンセル『The population dynamics』 http://www.kuenselonline.com/the-population-dynamics/

  2047年までにブータンの人口は 883.866人と予測 クェンセル『Bhutan’s population projected at 883,866 by 2047』 http://www.kuenselonline.com/bhutans-population-projected-at-883866-by-2047/   

  2047年までにブータンの人口は100万人以下に留まる:NSB(国家統計局)レポート BBS 『Bhutan’s population to remain below 1M mark even by 2047: NSB report』 http://www.bbs.bt/news/?p=109520

Southasian Monitor 『Bhutan population projected to remain below 1 million by 2047』 http://southasianmonitor.com/2019/01/14/bhutan-population-projected-to-remain-below-1-million-by-2047/ 

(5)TV番組情報 『 孤独のグルメ Season5#8<全12話>』 1/22 (火) 0:00 〜 0:45  チャンネル銀河(Ch.664、Ch.305)

   番組概要 【東京都渋谷区代々木上原のエマダツィとパクシャパ】  五郎(松重豊)は世界一トウガラシを使うブータン料理に挑む  ゲスト:横山めぐみ ほか  2015年

    https://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume5/backnumber/backnumber08.html ガテモタブン:http://www.gatemotabum.com/index.html

(6)JICA Bhutan Office「ウインターキャンプ」

   動画:https://www.facebook.com/JICABhutan/videos/vb.119821701449656/273780853291758/?type=3&theater

   動画:https://www.facebook.com/JICABhutan/videos/vb.119821701449656/516953175492842/?type=3&theater

   動画:https://www.facebook.com/JICABhutan/videos/vb.119821701449656/587489271676746/?type=3&theater

   写真25枚:https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1876502902448185?__xts__[0]=68.ARBMr6cS0lddRmW09sKOjM-YdIH2XVfHQtlaSWENLY1fDJsgYkqc4aj05maC13qqk7W_7g2l1SndhTwltqOqmZGTrnBdaaKpyYRbQvqrCCE0XOK-lke4CzHO_bnYe0dMfaOA4b0_nKhCGPzbP5rA7gVTvi2OiZ1ScbbpvfZL1m4Y346KYgf76CrlPby0gaiI4d88SouMw-VQCh_i_vO8VIa2WVAPdZCztqim4ApVc8Zxmy5NGis_zDiip8prXip0WmPbd7hjaBKFGaZbBMQ7xwRcKJYiYm9K8oT9mcBnpOOi20IXyu7SWs2L9J0YUdRxyhE0-Z5xLwPET-4tjO1PwfViLA&__tn__=-UC-R

(7)肺炎球菌ワクチン(PCV)導入 クェンセル『Health ministry introduces PCV into routine immunization』 http://www.kuenselonline.com/health-ministry-introduces-pcv-into-routine-immunisation/

   BBS『Health ministry introduces Pneumococcal Conjugative Vaccine』 http://www.bbs.bt/news/?p=109479

(8)ブータンの建設業界に対する洞察:パートIII クェンセル『An insight into the construction industry of Bhutan: Part III』

    http://www.kuenselonline.com/an-insight-into-the-construction-industry-of-bhutan-part-iii/

(9)RieDorji 『ブータンの空の下からNoteを書くことにしました』 https://note.mu/riedorji/n/n654b152e8604

    『メディアの皆さん、真実を伝えない事は罪なんですよ。』 https://note.mu/riedorji/n/n5638b98922ba

(10)『2019年 ブータン国際マラソン』3月2日(土)  https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/74840

    公式サイト:http://bhutaninternationalmarathon.com/  申し込み締め切り:1月18日(金)

(11)ブータン・シボリアゲハ

  クェンセル『Bhutan becomes the first country to record Ludlow’s Bhutan Glory life cycle』 http://www.kuenselonline.com/bhutan-becomes-the-first-country-to-record-ludlows-bhutan-glory-life-cycle/ 

(12)ナショナル・ジオグラフィック 『今年の旅行はどう変わる? 専門家が注目するトレンド』 追体験型・一歩進んだ持続可能な観光・混まない旅先など、オススメの旅のアイデア

    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/010800019/

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・13掲載):国際ブータン学会、ティンプーの凍える冬、「ウィンターキャンプ」、 税制改革の必要性、ビニール袋の使用禁止、アルコール乱用、

(1)

   

   オックスフォード大学で開催された国際ブータン学会(ISBS https://www.isbsbhutan.org/about-isbs/)

      https://twitter.com/TenzingLamsang/status/1083706804595511301

      https://m.facebook.com/TheBhutaneseNewspaper/photos/a.378185292287407/1727556940683562/?type=3 

   クェンセル:『GNH in action』:http://www.kuenselonline.com/gnh-in-action/ 

   動画:Dasho Tshering Tobgay - The First Ten Years of Democracy: Reflections from Bhutan

     https://www.youtube.com/watch?time_continue=31&v=HSrJGjkgaPg <https://www.youtube.com/watch?time_continue=31&amp;v=HSrJGjkgaPg>

   動画:Dasho Karma Ura - Development with Integrity: Bhutan’s Gross National Happiness Index

     https://www.youtube.com/watch?v=da8fqUdHGoM 

(2)サンチャイ☆ブログ『ティンプーの凍える冬』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-01-12#more

   「ティンプー、記録的寒さ」 https://thebhutanese.bt/thimphu-gets-a-record-low-of-8-as-water-crisis-continues/ 

(3)JICA ルナナ小学校の28人の生徒(クラスPP - VI)に1週間「ウィンターキャンプ」を開催

(写真13枚)https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1873651282733347?__xts__[0]=68.ARBRjmRoSYTn0FeoVjM1WOp2D_VhhXm6Xzwzd-NdXnnVhhMLW1usoIhWFDrQS0UMuOq7yQ9K-W0KL4x-JAttkBH0fVuzOwbALrwD0Hv-zLyv0VcrWRxldfQipVm_YhNwAKt2iKB6x25y7DZFYbADtqM9-PZYvCHqFPuZTYloSKv86XO8GK-oz9xWvuhA-D14UvuSREN2T7YBabFgAfkrifjPxwt25xv4L0J2iiBC8dfSdJkhYtn1_zaMulQ2uo1aZ4hm_MLF3plZ9PHXDCDQPuR-EWat4dKsdWY1kCBWriEOeREyJJZF6RxHHyfx6qP9_WiSNX1kZKRuWDYXyUYSGa9R8g&__tn__=-UC-R

(写真14枚)https://www.facebook.com/JICABhutan/posts/1875646602533815?__xts__%5B0%5D=68.ARCRVPqaR73hrVouCKnj_zmgFW66bdlI-vVIeaH-hrteec3h1sEbxubJNGfO0Cy4dFW8B_MMry8MhhaHmWKh_I0SQSvPacVNoh1mQ2jIN47r5bL1pms57D28eTecBG17v1zCgpk9qSeBlgsGdHiYaAASAJCGMq24PT7-HBq1FU6xlOV_u31Gslw6Zh_6xzRpaZXFgr4MwIH82G_OwR8ppKpu3ERzkCRHAdhhpjkhwWtMFsbffIwGLi83svPJ3jUAYGGMfdgQqsxOCA0ndtebigYGPJI4t2o1rRvft2CtGD0cOMMl88jRMG2_phDTNFep_kN4ZYtsO-aK2cl2Qp2lCTyrcw&__tn__=-UC-R

(4)税制改革の必要性 クェンセル 『Need for tax reforms』 http://www.kuenselonline.com/need-for-tax-reforms/ 

(5)サムドップ・ジョンカルが町でのビニール袋を使用禁止にしてから2年、売り手と顧客は未だにそれを使用している

  クェンセル 『S’jongkhar thromde yet to ban total use of plastic bags』 http://www.kuenselonline.com/sjongkhar-thromde-yet-to-ban-total-use-of-plastic-bags/ 

(6)政府の努力にもかかわらず、アルコール乱用の抑制は依然としてブータンの主要な課題であり続けている、と今週国会で発表された報告書は述べた

  Southasian Monitor 『Bhutan faces challenge of controlling alcohol abuse』 http://southasianmonitor.com/2019/01/12/bhutan-faces-challenge-of-controlling-alcohol-abuse/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(1・12掲載):第5回花博、グル・リンポチェ本ゾンカ訳、家具作りの訓練、モバイルネットワーク、資金調達計画、柑橘類の緑化病、 

(1)陛下の誕生記念日2月21日から始まる第5回花博(RBFE)、今年は Samdrup Jongkhar で開催  準備が本格的に進んでいる

   BBS『5th flower exhibition to be held next month in Samdrup Jongkhar』 http://www.bbs.bt/news/?p=109400

      参考:

     眞子内親王殿下 第3回花博ご訪問動画:https://www.youtube.com/watch?v=tSXB4-7D-ng

     第3回花博:http://www.moaf.gov.bt/the-3rd-royal-bhutan-flower-exhibition-2017-thimphu/

     第4回花博:http://www.bbs.bt/news/?p=94481

     5th Royal Bhutan Flower Exhibition 2019:http://www.moaf.gov.bt/   :https://www.facebook.com/RoyalBhutanFlowerExhibition/ 

(2)グル・リンポチェの本をゾンカに翻訳した本 BBS 『Book about Guru Rinpoche translated into Dzongkha』 http://www.bbs.bt/news/?p=109365 

(3)家具作りの訓練 BBS 『Community forest members trained in furniture making』 http://www.bbs.bt/news/?p=109409 

(4)信頼できるモバイルネットワークを受信する35の村 クェンセル 『35 villages to receive reliable mobile network』 http://www.kuenselonline.com/35-villages-to-receive-reliable-mobile-network/ 

(5)SDF、ブータンのMSME(中小企業)資金調達計画 1000万ドルを拡大

  Southasian Monitor 『SDF to extend USD 10M in MSME funding in Bhutan』 http://southasianmonitor.com/2019/01/11/sdf-to-extend-usd-10m-in-msme-funding-in-bhutan/ 

(6)柑橘類の緑化病 クェンセル 『NA discuss citrus greening』 http://www.kuenselonline.com/na-discuss-citrus-greening/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・11掲載):ゾンカ、建設業界、職業教育訓練、酒問題、 little vendors、違法薬物関連逮捕者、ブータン勉強会、アルコール、早産改善、地震、

       インド人教師、「ブータンの企業家」のイメージ、『現代ブータンを知るための60章』

(1)母国語であるゾンカ語の普及は、政府だけに任せるべきではない

    クェンセル 『Promoting Dzongkha, everyone’s responsibility: PM』 http://www.kuenselonline.com/promoting-dzongkha-everyones-responsibility-pm/

(2)ブータンの建設業界に対する洞察:パートII

   クェンセル 『An insight into the construction industry of Bhutan: Part II』 http://www.kuenselonline.com/an-insight-into-the-construction-industry-of-bhutan-part-ii/ 

(3) TVET(職業教育訓練)が意図した規格と目的を満たしていない

   クェンセル 『TVET fails to meet its intended standard and purpose』 http://www.kuenselonline.com/tvet-fails-to-meet-its-intended-standard-and-purpose/

   『TVET short-changed』 http://www.kuenselonline.com/tvet-short-changed/

    国民議会がTVETについて議論 BBS 『National Council discusses TVET』 http://www.bbs.bt/news/?p=109358 

(4)酒問題 クェンセル 『On alcohol again』 http://www.kuenselonline.com/on-alcohol-again/

(5)Retsangdung のリトルベンダー  クェンセル 『The little vendors of Retsangdung』 http://www.kuenselonline.com/the-little-vendors-of-retsangdung/ 

(6)2018年に麻薬の売買や乱用で逮捕されたのは 1,188人  クェンセル 『1,188 people arrested in 2018 for trafficking and abusing drugs』

     http://www.kuenselonline.com/1188-people-arrested-in-2018-for-trafficking-illegal-drugs/

(7)日本ブータン研究所主催 「第100回ブータン勉強会」http://www.bhutanstudies.net/10861/

   「第101回ブータン勉強会」http://www.bhutanstudies.net/12905/

   「第102回ブータン勉強会」

(8)国家評議会(NC)のグッドガバナンス委員会(GGC)のメンバーは、国におけるアルコールの有害使用に関する中間報告を提示し問題であると述べた

   クェンセル 『Controlling alcohol still a major challenge: NC』 http://www.kuenselonline.com/controlling-alcohol-still-a-major-challenge-nc/

(9)早産を改善する必要性 クェンセル 『Need to improve preterm care』 http://www.kuenselonline.com/need-to-improve-preterm-care/

(10)地震 then hutanese 『How prepared is the nation for an earthquake』 https://thebhutanese.bt/how-prepared-is-the-nation-for-an-earthquake/ 

(11)ティンプーでの「教師の日のお祝い」に参加できなかった、ブータンの教育に貢献したインド人教師のために、西ベンガルのコルカタでレセプションを開催、80人近くが出席

    BBS 『Indian teachers who served in Bhutan honored』 http://www.bbs.bt/news/?p=109304 

(12)サンチャイ☆ブログ『「ブータンの企業家」のイメージ』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-01-09#more 

(13)JICA 『【ブータン協力隊30周年】ブータン関連書籍の改訂に協力』 https://www.jica.go.jp/bhutan/office/information/20190108.html

https://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE60%E7%AB%A0%E3%80%90%E7%AC%AC2%E7%89%88%E3%80%91-%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BA47-%E5%B9%B3%E5%B1%B1-%E4%BF%AE%E4%B8%80/dp/4750347736/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1547029962&sr=1-1&keywords=%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・9掲載):GNHの歌、第12次5カ年計画、教育「魅力化」をブータンへ、38%増加、ACC、事実調査チームを日本に送る、 

(1)GNHの歌  Trashigang の Khenpo Jangsem Tashi が作曲したこの曲は、ブータンの発展の国是としてのGNH概念に対する感謝の表現

    BBS 『A song on GNH launched』 http://www.bbs.bt/news/?p=109235 

(2)野党は、ギャップを縮め、貧困を減らし、若者の失業率を下げるという政府のビジョンを達成するには、「第12次5カ年計画(FYP)」は「浅すぎる」と述べている

     BBS 『12th FYP ‘too shallow’ to narrow rich-poor gap says Opposition』 http://www.bbs.bt/news/?p=109227 

(3)NHK NEWS WEB 動画:島根 NEWS WEB『教育「魅力化」をブータンへ』 https://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/20190108/4030001986.html 

(4)12番目のFYPの総予算支出は11番目のFYPと比較して38%増加

    BBS 『12th FYP’s total budget outlay increased by 38 % compared to 11th FYP』 http://www.bbs.bt/news/?p=109231 

(5)腐敗防止委員会(ACC)は、前首相と現PDPのDasho Tshering Tobgay党首のウォールケースを締めくくる予定

    the bhutanese 『ACC finds no corruption in ex-PM’s wall case』 https://thebhutanese.bt/acc-finds-no-corruption-in-ex-pms-wall-case/ 

(6)PMはすぐに事実調査チームを日本に送る

    the bhutanese 『PM to send a fact finding team to Japan soon』 https://thebhutanese.bt/pm-to-send-a-fact-finding-team-to-japan-soon/ 

(7)ブータンの第12次5カ年計画(FYP)は、経済の多様化、雇用創出、貧困削減、そして富裕層と貧困層との間の格差の縮小を通じて、経済を成長させることを強調している

   southasian monitor 『Strengthening Bhutan’s economy at the forefront of 12th Plan』 http://southasianmonitor.com/2019/01/08/strengthening-bhutans-economy-at-the-forefront-of-12th-plan/   

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・8掲載):ブータン版「マネーの虎」?、水不足、建設業界、デジタルTV、 

(1)サンチャイ☆ブログ『ブータン版「マネーの虎」?』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-01-05-1#more

    「5つの事業アイデアがジャブ・チョールに上がる」 http://www.kuenselonline.com/five-business-ideas-pitched-for-jab-chor/

    「ハウジング・ドット・BT、出資を受ける」 http://www.kuenselonline.com/housing-bt-receives-investor-through-jab-chor/ 

(2)水不足 クェンセル 『Water shortage in broader perspective』 http://www.kuenselonline.com/water-shortage-in-broader-perspective/ 

(3)ブータンの建設業界に対する洞察:パートI

   クェンセル 『An insight into the construction industry of Bhutan: Part I』 http://www.kuenselonline.com/an-insight-into-the-construction-industry-of-bhutan-part-i/ 

(4)デジタルTV BBS 『MoIC minister faces questions over analogue to digital TV switch』 http://www.bbs.bt/news/?p=109189 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・6掲載):プラスチック廃棄物、TV番組情報、「学び、稼ぐ」プログラム、インドの海外雇用プログラム、 

(1)禁止にもかかわらずプラスチック廃棄物が増加 BBS 『Plastic wastes grow despite ban』 http://www.bbs.bt/news/?p=109040 

(2)TV番組情報 『 ドラマセレクション 私はラブ・リーガル4 #5「憧れのプリンセス」』 1/11 (金) 12:40 〜 13:35 、テレビ東京(Ch.7)

   番組詳細 ある日、レストランで泣き崩れる女性リーラと出会ったジェーン。ブータン王国の王子に見初められ、世継ぎ誕生のために望まない結婚を強いられた彼女を気の毒に思うジェーンは、彼女を亡命させようと奔走。結婚は神聖なものだと信じているジェーンに恋人のオーウェンは否定的。 彼と結婚観が違うことが発覚する…。https://www.tv-tokyo.co.jp/drop_dead_diva/ 

(3)日本の若者への支援を保証 BBS 『PM assures support to youths in Japan』 http://www.bbs.bt/news/?p=109115  

(4)政府 日本の青少年に対するローン返済を延期する可能性がある

    クェンセル 『Govt. may defer loan repayment for youth in Japan 』 http://www.kuenselonline.com/govt-may-defer-loan-repayment-for-youth-in-japan/ 

(5)インドの海外雇用プログラム クェンセル 『ACC unable to establish quid pro quo between former labour minister and』

     http://www.kuenselonline.com/acc-unable-to-establish-quid-pro-quo-between-former-labour-minister-and-iiws-owner/ 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・5掲載):「Learn and Earn」、 Lolay、旅、第12次5カ年計画への提案、新生児、衛星追跡センター設置、 

(1)サンチャイ☆ブログ『トカゲのしっぽ切りにならないように』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-01-03-1#more 

(2)『子供達から Lolay を受けられる両陛下』 https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar/photos/a.485878073259/10156762627383260/?type=3&theater  

(3)エスファイア『(行けないけど…)いま狙い目の海外旅行先13選』 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190103-00010003-esquire-life&p=7 

(4)Lotay Tshering首相は、政府が第12次5カ年計画に関する国会議員からの提案を受け付けていると述べ、その草案は現在進行中の国会で審議され採択される予定

    クェンセル 『Government open to suggestions on 12th Plan』 http://www.kuenselonline.com/government-open-to-suggestions-on-12th-plan/ 

(5)お正月に生まれた約35人の赤ちゃん クェンセル 『About 35 babies born on new year』 http://www.kuenselonline.com/about-35-babies-born-on-new-year/ 

(6)インドは中国のチベット施設に対抗するためにブータンに衛星追跡センターを設置

   southasian monitor 『India installs satellite tracking centre in Bhutan to counter China’s Tibet facility』

   http://southasianmonitor.com/2019/01/03/india-installs-satellite-tracking-centre-in-bhutan-to-counter-chinas-tibet-facility/  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1・4掲載):過重トラックで橋倒壊、BEO問題、STEM教育専門プレミアスクール開設へ、「幸せなら手をたたこう」、建築家・中村拓志、 

(1)Dorokha と Haa を結ぶ Namchhu 橋が倒壊  Samtse の Namchhu にまたがる 60フィートのベイリー橋は、12月30日の夜に、積み過ぎたトラックが通過後に崩れた

    クェンセル 『Namchhu bridge connecting Dorokha and Haa collapses』 http://www.kuenselonline.com/namchhu-bridge-connecting-dorokha-and-haa-collapses/ 

(2)腐敗防止委員会(ACC)の報告書によると、BEOは、ビザ取得料と処理費用として、「学び、稼ぐ」プログラムを通じて日本に送られた511人の学生から、合計3414万Nuを集めた

  クェンセル 『BEO collected Nu 3.414M as visa fees and processing cost: ACC』 http://www.kuenselonline.com/beo-collected-nu-3-414m-as-visa-fees-and-processing-cost-acc/ 

(3)日本の入国管理官による警告 The Bhutanese 『Bhutanese students in Japan warned by the Japanese Immigration for doing two jobs』

     https://thebhutanese.bt/bhutanese-students-in-japan-warned-by-the-japanese-immigration-for-doing-two-jobs/ 

(4)サンチャイ☆ブログ『今後見られる教育セクターの変革2』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-01-03#mor

   「教育省、STEM教育専門プレミアスクール開設へ」 http://www.kuenselonline.com/education-ministry-to-establish-a-premier-school-for-stem/ 

(5)クーリエ・ジャポン『「幸せなら手をたたこう」が世界中で歌われるまで【後編】坂本九が歌った平和への祈りは、国境を越えて人々の心を震わせた』 https://courrier.jp/news/archives/144602/ 

(6)『国内外からオファーが殺到する建築家・中村拓志の圧倒的な発想力の源とは?』 https://goetheweb.jp/lifestyle/slug-n33f762b1e5f0 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  このページのトップへ戻る

(1・3掲載):楽観主義は大歓迎、電力輸出、違法ライセンス、文化の保存とゾンカの推進を強化、バイパス道路の要否、シックスセンスオープン!、 

(1)楽観主義は大歓迎  クェンセル 『Such optimism is welcome』 http://www.kuenselonline.com/such-optimism-is-welcome/ 

(2)5つの運転中の水力発電所は、2018年10月現在で約6.31Bユニットのエネルギーを発電しており、その発電量は8月にピークに達している

   総生産量のうち、最大の操業水力発電プロジェクトであるTala水力発電所は3.8Bユニットのエネルギーを生産し、続いてChukhaは1.5Bユニット

   クリチュの他の発電所、 BasochhuとDagacchuが一緒になって、約936.5Mユニットの電気を生成 金銭的に見れば、今年10月現在の輸出総収入は約10億Nuで、国内売上からの収入は約3.7億Nu

   クェンセル 『Electricity export earns Nu 10B』 http://www.kuenselonline.com/electricity-export-earns-nu-10b/ 

(3)労働DGはBEOの違法ライセンスを許した事、学生からの苦情を無視した事、ACCの調査に同意した

   The Bhutanese 『Labour DG facilitated illegal license for BEO, ignored student complaints and sided with BEO: ACC Investigation』

   https://thebhutanese.bt/labour-dg-facilitated-illegal-license-for-beo-ignored-student-complaints-and-sided-with-beo-acc-investigation/ 

(4)文化の保存とゾンカの推進を強化する目的で政策を見直す内務大臣

   The Bhutanese 『Home Minister to review policies with the aim of strengthening preservation of culture and promotion of Dzongkha』

   https://thebhutanese.bt/home-minister-to-review-policies-with-the-aim-of-strengthening-preservation-of-culture-and-promotion-of-dzongkha/ 

(5)サンチャイ☆ブログ『バイパス道路の要否』 https://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2019-01-02#more

   「ウラ・リンミタン道路拡幅はシンカル・ゴルガン道路にかかっている」 http://www.kuenselonline.com/ura-lingmithang-widening-to-depend-on-shingkhar-gorgan-fate/ 

(6)シックスセンスオープン! Robb Report 『First Look: Six Senses is (Finally) Bringing Its Upscale Brand of Wellness to Bhutan』

    https://robbreport.com/travel/resorts/first-look-six-senses-wellness-bhutan-2836718/

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
(1・2掲載):軍事力ランキング、学生に返金する必要、ハイウェイ拡幅工事、「辰濃文庫」、オグロヅル、中国、年間カレンダー、 

(1)BUSINESS INSIDER JAPAN 『一番弱い? 世界の軍事力ランキング ワースト15[2018年版]』 136位・ブータン https://www.businessinsider.jp/post-181977 

(2)BEOは学生にNu 3.832Mを返金しなければならない:ACC

     クェンセル 『BEO must refund Nu 3.832M to students: ACC』 http://www.kuenselonline.com/beo-must-refund-nu-3-832m-to-students-acc/ 

(3)ハイウェイ拡幅工事はまだ不完全 クェンセル 『Northern East-West Highway widening works still incomplete』 http://www.kuenselonline.com/northern-east-west-highway-widening-works-still-incomplete/ 

(4)朝日新聞 埼玉 『天声人語筆者の蔵書1万冊 「辰濃文庫」東松山に』 https://www.asahi.com/articles/ASLDG5G16LDGUTNB00K.html?iref=pc_ss_date の続き 

  そこから約半年かけて分類。平和や沖縄、ことばと表現、緑と環境などのほか、お遍路、ニュージーランド、オーストラリア、ブータンに関する本も多い。

   拾い読みした佐藤さんは、「ジャンルが多岐にわたり驚いた。辰濃さんの文章に妥協しなかった姿勢と使命、それを裏付ける奥の深さが見えた。

   行間には動きまわる人たちがいて、情熱と真実を掘り下げる力で平易な文章を書き上げた連続だったことが分かる」。

   哲郎さんは「父は本が好きで1冊1冊が執筆の助けになっていた。この本を読む人に、また違う視点で発想の手助けになれば父も喜ぶ」と話している。

   辰濃文庫は、築約百年の古民家を再生した「エコビレッジ東松山」敷地にある古い蔵に収められている。開館は午前11時〜午後5時。木・金・土曜は休館。

   問い合わせは佐藤さん(090・1033・6527)。(大脇和明) 

(5)プナカのDzomi GewogにあるTanag村で、3羽のオグロヅルが初めて発見されたBBS 『Black-necked cranes spotted in Punakha』 http://www.bbs.bt/news/?p=108935 

(6)中国はブータンへの影響力拡大を推進 /southasian monitor 『China pushes for greater influence in Bhutan』

    http://southasianmonitor.com/2019/01/01/china-pushes-for-greater-influence-in-bhutan/ 

(7)年間カレンダー http://www.kuenselonline.com/wp-content/uploads/2018/12/KuenselCalendar2019.pdf 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------
(1・1掲載):王様カレンダー
 
     
 
 
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ