『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ   2009年ニュース   選挙関連情報  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/25): 坂本達講演会

夢 その先に見えるもの〜自転車世界一周からギニア&ブータンプロジェクトへ〜 

スピーカー:坂本 達(株式会社ミキハウス 人事部採用担当)  1月20日(水) 20:30〜 ゲートシティ大崎ストア (要予約:定員80名) 

自転車世界一周から帰国して10年目。これまでご支援くださったみなさま、ありがとうございます。

その後は著書の印税で命の恩人がいるギニアに井戸や診療所プロジェクトを完成、ブータンでは学校設立の支援ができました。

今回は一連のご報告を兼ねて、夢にチャレンジするために何が必要かを考えます。

また世界の魅力的な自転車コース、厳しい環境でのレイヤリングや装備、さらにどうやって会社を説得したかなど、どんなトークが飛び出すかご期待ください。 

お問い合わせ/ご予約 パタゴニア 東京・ゲートシティ大崎  〒141-0032東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎 文化施設棟 

Gate City Ohsaki Bunka Shisetsu Tower1-11-1 Ohsaki, Shinagawa-ku,Tokyo 141-0032

Tel:03-5487-2101  Fax:03-5487-2139

営業時間月〜金:11:00〜20:00土日祝:11:00〜19:00 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/18掲載)TV番組

TVの番組予約を操作していてブータン番組を発見。12月23日(水)TV東京 13:58から約2時間

しかし、内容から見て再放送の可能性大です。 1992年に『ヒマラヤの秘境・ブータン王国(龍の國・ブータン 3つの珍しい民族に出会うこと 五千メートルを超える大トレッキング 日本料理のルーツ?! 謎の大祭典に潜入! 珍動物発見! 秘宝公開)』という恐ろしく長いタイトルで放送されたものかも知れません。 

なお、この番組は『ヒマラヤの秘境・ブータン王国』というタイトルで市販されています。 発売元;テレビ東京エンタープライズ価格:5800円

何はともあれ、見てみません事には判りません。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/16掲載)気候変動対策を通じて「国民総幸福量」を拡大−ブータン政府主催のイベントを支援

デンマークのコペンハーゲンのCOP15の会議でブータン政府主催のセミナーをJICAが支援しました。

http://www.jica.go.jp/topics/2009/20091215_02.html  気候変動対策を通じて「国民総幸福量」を拡大

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/15掲載)立教大学:アジア地域研究所 国際シンポジウムのおしらせ

「日本伎楽とチベット仏教チャムの比較研究―仮頭に注目して−」      日時:2010年1月16日(土)10:00-17:30/17日(日)10:00-17:00

場所:池袋キャンパス 立教大学 太刀川記念館3階 多目的ホール  http://www.rikkyo.ac.jp/access/index.html

 

内容:伎楽とチャム…時代は異なりますが、両者とも中央集権化のために王制政権の修会として行うなど、その属性に共通点がみられます。

チベット仏教の中でも比較的古態が伝来したと想定されるブータンのチャム、なかでもその形を今に保持し、ブータンのチャム統一の基本形となったトンサ・ゾンのチャムと、ブータンとほぼ同時期にチベットからチャムを学んだモンゴルのチャムの紹介・比較検討をします(16日)。

また、アジアの仮頭に注目して研究活動を続けてきた中間成果を発表・報告を行います(17日)。

参加無料・事前連絡不要

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/15掲載)3月ブータンで 300本植樹 岐阜さくらの会参加募集

読売新聞岐阜版 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gifu/news/20091212-OYT8T01211.htm

-----------------------------------------------------

山本の一言:2000年6月、ブータンの植樹祭で、日本ブータン友好協会がブータン側の希望に応え、多くの閣僚や関係者とともに数百本の桜を植樹しました(私もバンケットホールで植えました)。

バンケットホール、王宮、高級官僚の庭、その他、一般人の立ち入りが難しく管理の行き届く場所に植えた桜は無事ですが、街路や公共の場に植えたものはわずかな期間でほぼ全滅。

勿論、ブータンを熟知している植物の専門家がブータンの土地にあう品種を選び、充分な保護を施して送りだした桜です。 今回の岐阜の試みが同じ運命を辿らないと良いのですが・・・・・・

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/12掲載);13日の「地球アゴラ」にブータンの『トゥッパ』が登場 

すでにご存知かもしれませんが、明晩の「地球アゴラ」にまたまたブータンが。テーマは鍋、そしてブータンからは「トゥッパ」

テーマは鍋なのに、なんで「トゥッパ」といわないでくださいね。私も何度も「トゥッパは鍋料理じゃありませーん!」と叫んだのですが。

12月13日(日)NHK BS1「地球アゴラ」夜10時10分〜ブータンは3番目に登場するはずです。停電にならないか、サーバーがダウンしないか、またドキドキです。青木 薫 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/27掲載):新刊本、新聞記事

(1)宮本万里さんの新刊本です。 大手・中堅出版社の本と違って、取り次ぎを2度経由しますので、書店着まで若干時間がかかります。 山本けいこ

『自然保護をめぐる文化の政治  ブータン牧畜民の生活・信仰・環境政策』   風響社 735円(本体700円+税) 2009年11月  

(2)11月27日毎日新聞岐阜版の記事  http://mainichi.jp/area/gifu/news/20091127ddlk21100049000c.html  姉妹提携:ブータンと白川村の小中学校、山の学校同士で交流へ /岐阜

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/24掲載):【世界の食からin東京】世界で一番辛い!?ブータン料理「ガテモタブン」 

http://www.zakzak.co.jp/life/gourmet/news/20091121/grm0911211336000-n2.htm

 ヒマラヤ山中にある小さな国ブータン。訪れた日本人の多くが「懐かしい」と感じる風景が残るこの国の料理は「世界で一番辛い」といわれる。  東京・代々木上原の料理店「ガテモタブン」

店名は「ここはどこ?」という意味のブータン語「ガテモ」に、日本語の「たぶん」を合わせた。

「パクシャパ」700円、「エマダツィ」650円など。 月曜定休。 (電)03・3466・9590。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

山本から一言付け加えますと、

ブータン料理店ではありません。 「こじゃれた 料理を食べながら呑める店」といった感じで、内装などもブータン一色といった感じではありません。

ブータン料理以外にもメニューがありますが、ある程度の品数のブータン料理を常時出している店が(私の知る限り)他にありませんので、雑誌などでは、このようにブータン料理店として紹介されています。

席数が多くありませんので、大勢でいらっしゃる時には事前に確認したり、予約をお薦めします。

    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/20掲載):ブータン映画の鑑賞「奇跡の国ブータンから学ぶこと」 

下記映画の詳細(製作国、制作者、製作年、他)について、現在、主催者に問い合わせ中です。 山本けいこ 

------------------------------------

http://galileoclub.org/bhutan091121.shtml  奇跡の映画会 のご案内 ブータン映画の鑑賞「奇跡の国ブータンから学ぶこと」

11月21日(土)〜30日(月)10日間毎日  14時と19時 の 毎日2回 上映時間1時間55分  日本語鑑賞券 500円(飲み物付) 各回先着12名まで ですので、必ず ご予約の上お越し下さい。 

DVDの販売 1500円 全国発送もできます+梱包・送料200円  貸出し 1000円/回 1週間(送料別途)コピーガード付 

主催  ガリレオクラブこころの浄化委員会フェアトレードひょうごネット実施    電話 078-392-0833   ケータイ 090-1718-0625 

  -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  (11/20掲載):アジアを読む 「ヒマラヤ氷河湖崩壊の危機 ネパールとブータンは今」 

NHK解説委員室ブログの記事です。 NHKの9月30日のテレビ番組 アジアを読む「ヒマラヤの氷河湖決壊の危機 ネパールとブータンは今」の映像が活字になっています。

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/600/27204.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/17掲載): 12/6(日)公開講演会「“国民総幸福”の社会へ向けて〜ブータンのGNH哲学を日本にどう活かすか」 

http://www.eic.or.jp/event/?act=view&serial=19823&category=  立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 公開講演会「“国民総幸福”の社会へ向けて〜ブータンのGNH哲学を日本にどう活かすか」 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/16掲載):氷河湖洪水問題

JICAの広報誌「JICA's World」11月号特集気候変動対策で、ブータンの氷河湖決壊を扱った記事が写真入で掲載されています。

名古屋大学のJICA(国際協力機構)/JST(科学技術振興機構)ブータンGLOFプロジェクトのサイトをお知らせします。 http://www.cryoscience.net/glof/index.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/14掲載):新刊書、雑誌情報

(1)新刊書案内 10月発行『ヒマラヤ世界 五千年の文明と壊れゆく自然』 向一陽:著  中公新書  880円+税

(2)雑誌情報「ブータン王国に新風を巻き起こした日本のマスター・コントロール・システムと衛星通信車載局」 http://www.uni-w.com/fdi/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/9掲載)新刊本  かつて、TV朝日の海外(冒険・探検・秘境?)番組の名物ディレクターだった大谷さんの新刊本

ブータンの人々の習慣や暮らし、自然との関わり…。1984年から25年にわたり訪れた、国民総幸福量世界トップクラスの国、ブータン王国。そのありのままの姿を、幸せな写真満載で綴った1冊。  書 名 :森とほほ笑みの国ブータン   出版社:木楽舎  著 者:大谷映芳  税込価格:1,890円(本体1,800円+税)  発行年月:2009年11月

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

(11/9掲載)11月5日付け「インド新聞」の記事と10月23日付け国土交通省の記事

http://indonews.jp/2009/11/post-3276.html  日本とブータン、防災ワークショップを開催

 日本の国土交通省は10月28日、(独)国際協力機構(JICA)と連携し、ブータンのティンプー市で、ブータン国内務文化省等の防災関係省と日本・ブータン防災ワークショップを開催した。

水・土砂災害に関する防災対策について、両国の間で知見や経験の共有を図り、この分野における協力関係を一層高めるため。 

日本からは日本の水・土砂災害への取組み、ヒマラヤ諸国における地域に根ざした防災対策のあり方、JICAによる氷河湖調査の経過等を紹介し、ブータン国からは氷河湖決壊洪水への取組み等について報告が行われた。

これらの発表・意見交換を受け、両国間の水・土砂災害に関する防災技術協力を推進していくことが確認された。(09年11月4日、日本国土交通省発表から) 11/5/2009

 

 

http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo07_hh_000068.html  日ブータン防災ワークショップの開催について

平成21年10月23日

10月28日(水)に、ブータン国にて、同国における防災対策を推進するための日ブータン防災ワークショップを開催することとなりましたので、お知らせ致します

《概要》

 ブータン国では、地球温暖化に起因する氷河湖決壊洪水や水土砂災害等が多く発生しており、これによる被害が国民の安全な暮らしを脅かすとともに、同国経済発展の阻害要因の1つとなっています。

このため国土交通省は、ブータン国における水・土砂などに関する防災対策を推進するための「日ブータン防災ワークショップ」を、(独)国際協力機構と連携して開催します。両国における防災分野への取り組みや、日本から提供可能な技術・ノウハウについて意見交換を行うことで、ブータン国の防災能力の向上を図り、もって両国の一層の協力関係を推進します。

 

               記  

1.開催時日時・場所:10月28日(水)・ブータン国ティンプー市内  

2.議題:  ・ブータン国の水災害の状況と対策について

       ・日本の水土砂災害への取組みについて  他     

  3.参加予定者  日本側:国土交通省総合政策局国際建設推進室、弘前大学、

                      JICA専門家、(独)国際協力機構ブータン事務所    他  

ブータン側:内務文化省、経済省   

お問い合わせ先:国土交通省総合政策局国際建設推進室 山内、菅TEL:(03)5253-8311 (内線25-815) 直通 (03)5253-8315 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

(11/1掲載):信州大学でのブータン講演 

 10月15日に開催されたセミナーにつきましては、遠方よりご参加いただきましてありがとうございました。本セミナーに関しまして、その概要とこ れに至った経緯をお話しする機会が再度ございますのでご紹介させていただきます。来る11月6日〜8日に開催される落葉松祭(信州大学農学部大学祭)にあわせて本学部の教員による「研究成果報告会」(7日)も開催されます。 6題ある演目の一つとして、「ブータン王国との食用野生植物利用に冠する共同セミナー開催」と題して、これまでの同国との共同研究の概要および去る10月15日にブータン人政府関係者を招いて開催された国際セミナーに至った経緯やその概要についてお話しさせていただきます。 

 詳細は下記の通りです。

 研究成果報告会(信州大学農学部落葉松祭)  日時:平成21年11月7日(土)10:00〜13:00 ただし、ブータンの報告は12:00〜12:30の予定

 場所:信州大学農学部 食と緑の資料館「ゆりのき」 (長野県上伊那郡南箕輪村8304:中央道伊那インターすぐ) お問い合わせ先: 信州大学農学部学務係

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/30掲載)12月5日 ブータンのナショナルディとブータンサロン(講演会)のお知らせ 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/17掲載):千葉工大民家調査、幸福を9要素に分解して検討中GNHは政情安定化にも寄与

(1)10月15日付けの業界紙「建設通信新聞」のArchitecture Frontの欄にブータンの記事が掲載されています。

千葉工業大学建築都市環境学科の古市徹雄教授と同教授研究室の大学院生ら20人が、ブータン政府の招聘で伝統的なブータン様式の民家について、その再生・保存を目的に実測調査と集落の地形測量に取り組んだ。千葉工大の調査団は9月20まで約1週間ブータンに滞在して、首都ティンプー市の2つの集落、パロ市の1集落と元国王兄弟の家を対象に計26戸の民家を実測調査した。  

(2)http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/itou/56/index.shtml 伊藤洋一の「BRICSの衝撃」幸福を9要素に分解して検討中GNHは政情安定化にも寄与

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/16掲載)ブータンにおける地震被害に対する緊急援助

(1)外務省ウェブサイトの緊急援助の記事  http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/21/10/1196596_1108.html

(2)JICAのウェブサイトの緊急援助ニュースリリースの記事  http://www.jica.go.jp/information/jdrt/2009/091015_02.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/13掲載)10月11日の毎日新聞朝刊の毎日新聞潮田道夫論説委員長のコラム

http://mainichi.jp/select/biz/ushioda/news/20091011ddm008070065000c.html 「幸せのGDP」に 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

論文情報、危機にひんした遺産(10/9掲載) 

(1)「 ブータン王国におけるチベット伝統医学と精神医学ーGNHの国の現状分析を通してー」 大阪市立大学「生活科学研究誌」Vol.7 2008(人間福祉分野)掲載 

(2)ワールド・モニュメント財団、危機にひんした遺産を発表 http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-11840120091007

   ブータンのパジョディン寺院群リスト入り

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/8掲載) 2009年人間開発指数 インドの新聞:ブータンは南アジア地域ではモルジブ、スリランカに続き132位です。  http://indonews.jp/2009/10/134undp.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ドゥルックエアーのチケット、GNH(10/6)

(1)旅行業界最新情報 トラベルビジョンのニュース

ドゥルックエアーの発券代理店が日本に 発券代理店のA&TMのサイトは右のとおり http://www.a-tm.jp/bhutan/index.html 

http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=42445 ブータンのドゥルックエアーが日本にPSA−エアー・アンド・トラベルと契約

 

(2)8月下旬から9月上旬にかけてブータンを訪問していたエコノミストの伊藤洋一さんのエッセイ nikkeinet BPのエコマネジメント欄の「Bricsの衝撃」に何回かに分けて連載

9月25日掲載の「GNHがブータンで生まれた背景 気候風土、隣国の存在、そして宗教」は以下のサイトで http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/itou/55/index.shtml

9月10日の「興味溢れるGNHというアイデア アジアの小国・ブータンの提案」は以下のサイトで http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/itou/54/index.shtml

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン料理の会(10/2掲載) 

久保淳子さんのヤクランドからのお知らせ転載です。ご連絡は直接下記へ

-------------------------------------------

久保 淳子 Atsuko KUBO ヤクランド(ブータンゆっくり勉強会)  メール: yak@yakland.jp  

みなさま  食欲の秋です。ブータンから乾燥トウガラシが届きました!そこで、急遽、ブータン料理の会を開きます。ぜひお越し下さい。 

〜ブータン料理ランチの会〜  http://www.yakland.jp/benkyokai/benkyokai_event.htm

日時:10月17日(土) 11:30〜13:30 会場:(あの三浦雄一郎さんの!)ミウラドルフィンズ(代々木) 参加費:1600円(ヤクランド会員は100円引き)

定員:20名 お申込みはヤクランドまで

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

信州大学セミナー、雑誌情報(9/30掲載)

(1)10月15日 木曜日 ブータン関係のセミナーを開催 

信州大学農学部国際共同研究セミナー「ブータン王国におけるRNR(Renewabel Natural resources Research )利用にもとずく持続的発展」

今回はブータン王国における“再生可能資源”試験研究に関する内容です。

“再生可能資源”とはブータンにおける農業資源、林業資源およびそのた野生生物資源のことを指します。

 

(2)書店レジ近くに置かれている冊子『図書』(岩波書店)10月号に、今枝由朗氏がロポン・ペマラについて記した「恩師の死」と題する文章が掲載されています。  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組情報(9/6掲載)

BSー12 Twelllv 「グローバル・ビジョン vol.50「世界の警察官」“Police”」 9/20(日)21:00〜22:00、 9/21(月) 19:00〜20:00、 9/26(土)16:00〜17:00  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スライド講演会、ブータン首相との会談関連3件(9/3掲載) 

(1)朝日新聞北海道版  http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000170908270017  北海道ブータン協会「スライド講演会」  

(2)時事通信の9月2日の配信記事  http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009090200390  ブータン民主化を評価=麻生首相 

(3)毎日新聞9月3日朝刊記事  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090903ddm005010094000c.html  外交:ブータン首相と会談 

(4)首相官邸 麻生総理の動き ティンレイ・ブータン首相との会談  http://www.kantei.go.jp/jp/asophoto/2009/09/02bhutan.html 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/2掲載)

(1)福岡での首相講演をお聞きになった「Bニュース」受信者の川本さんのブログ  http://kumie.livedoor.biz/archives/51652364.html 

(2)本日放送のあった「アジアクロスロード」はカレンダーがテーマでした。

下田昌克さんという画家が、日本ブータン友好協会事務局へ、留学生デキ・チョデンさんを訪ねて、カレンダーの話を聞き絵を描くという設定でした。番組冒頭から約16分間がブータン。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4件(9月2日掲載)

(1)麻生総理とブータン首相との会談  http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu/2/20090902_123914.html

(2) 書籍紹介 高木善之「幸せの種をまくコーチング・ワークショップ」 PHP研究所 税込み1575円 2009年4月

(3)毎日新聞記事 http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20090829ddlk40010260000c.html ティンレイ・ブータン首相:県庁訪問、知事と会談 JC九州大会講師で来日

(4)山陰中央新報の8月29日の記事  http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=514599004 島根ワイド: ブータンの青年が父親の思いでの地で観光業学ぶ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組、講演記事、首相歓迎会(9月1日掲載)

(1)9月2日、NHK BS1 17時15分から57分 「アジアクルスロード」のなかでブータンがとり上げられるようですが、詳細は不明です。

  

(2)ティンレイブータン首相の日本(福岡)でのGNH講演

 http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=13321

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=13327

 

 

(3)昨日の首相歓迎会  90人近くの参会者でした。

首相御一行   

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  

旅行博、美術トリエンナーレ(8/28日掲載)

(1)旅行博  9月19,20日にお台場の東京ビッグサイトで開催の旅行博にブータンも出展  http://ryokohaku.com/

 (2) 第4回福岡アジア美術トリエンナーレ  http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200908270217.html アジア美術の今を紹介、市民との交流も 来月5日から 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ニムラ・ジェネティック、ブータン政府と提携・生物資源探索で(8/26掲載)

http://www.nikkei.co.jp/news/tento/20090826AT1D2505Q25082009.html

 生物資源探索ベンチャーのニムラ・ジェネティック・ソリューションズ(東京・品川、二村聡社長)は南アジアの小国、ブータンの植物や微生物などの探索で同国政府とこのほど提携した。ブータン政府傘下の研究所にニムラがバイオ技術を供与し、生物から取り出した有効物質を医薬品などに利用する際の利益の一部をニムラが得る。ニムラはマレーシアで政府機関と共同で微生物を採取、分析し有効物質を製薬企業などに提供してきた。探索の対象地域を他国にも広げ事業拡大を目指す。  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組

番組名:グローバル・ビジョン vol.46「世界の食堂(Part2)」“Restaurant”  放送局:Twellv (BS-12ch)  

放映:8/23(日)21:00〜22:00、 24(月) 19:00〜20:00、29(土)16:00〜17:00  今回はブータン、セネガル、ペルーの「食堂」を訪ねます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「ダイワJFS・青少年サステナビリティ・カレッジ」 http://japanfs.org/sc

大学の枠を超えた多くの仲間とサステナビリティについて学ぶ、「サステナビリティ・カレッジ」の参加者を募集中です。

サステナビリティの全体像をとらえようという、ほかでは経験できない貴重な学びの場に、ぜひご参加ください。現在は特に「多様性とサステナビリティ」に焦点を当て、人と自然、人と人とのつながりを考え、自分と他者との違い、多様な価値観を学びながら、「環境」だけでない幅広い視野でサステナビリティの本質に迫ります。

公正でサステナブルな社会づくりについて、仲間とともに考え、アクションを起こす手がかりをつかんでください。 

第12回:2009年9月30日(水)  「ブータンが目指すGNH(国民総幸福量)」  辻信一氏(文化人類学者、環境運動家)

●開催場所・日時:大和証券グループ内ホール(最寄り駅 JR東京駅・八重洲北口直結) 18:30から20:00まで(18:00より受付開始)

●対象:主に大学生、専門学校生、高校生(社会人の方も、オブザーバーとしてご参加いただけます)

●参加費用:無料

●主催:大和証券グループ/ジャパン・フォー・サステナビリティ詳細はウェブサイトでもご案内しています。http://japanfs.org/sc

チラシのダウンロードはこちらから。http://japanfs.org/ja/college/images/college_biodivercity.pdf (約2MB)

【申し込み方法】下記の応募フォームからお申し込み下さい。https://app.formassembly.com/index.php?url=forms/view/11981

【問い合わせ】ジャパン・フォー・サステナビリティ(担当:小島) Tel/Fax: 044-933-7639   E-mail: college@japanfs.org  http://www.japanfs.org/ja/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

GNHセミナーの報告記事(8/15掲載)  JICAホームページの「トピックス」(下記)に、 http://www.jica.go.jp/topics/2009/20090814_01.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

映画祭、ブータン首相講演記事(8/12掲載)

(1)映画祭 http://mosaebi.blogspot.com/2009/08/in-828fri91tue.html アンコールin 神戸8月28日(Fri)〜9月1日(Tue) 

(2)ブータン首相の講演の記事  http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/114058 29日のJC九州地区大会 橋下大阪府知事が講演 中田横浜市長も討論参加 福岡市 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【インド】通信大手バーティ・エアテル、ブータン政府と覚書締結(8/7掲載)  http://indonews.jp/2009/08/post-2912.html

インドの総合通信サービス大手、バーティ・エアテルは4日、ブータンに新たな地上ケーブル・ネットワークを創設すると発表した。このイニシアティブの一環として、バーティ・エアテルはブータン政府と光ファイバー接続に関する覚書(MOU)を締結した。ブータン政府はバルティ・エアテルとの提携により、2013年にICT構想の実現を目指す。 バーティ・エアテルはブータンにワールドクラスの情報通信技術(ICT)インフラを構築するのを支援する。同社のネットワーク拡大計画はブータンのIT及びIT対応データ・センター市場の成長を促進するとともに、南アジア諸国への新たな接続性を開拓する。 ブータン政府は情報通信技術を情報社会構築のための優先分野としている。電子政府を推進し、市民や企業に行政サービスを提供していく方針である。(09年8月4日、バーティ・エアテルのプレスリリースから)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本ブータン友好協会主催「ブータンサロン」のお知らせ (8/4掲載) 

日時:9月27日(日) 14:00〜16:30   場所:JICA地球ひろば  http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

講師:矢部哲雄氏(前JICAブータン事務所長)  テーマ:「ブータン民主化とその達成への道」

会費:会員700円、一般1000円  お問い合わせ&申し込み:日本ブータン友好協会事務局 TEL&FAX: 03-3556-6161  Email: info@japan-bhutan.org

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 世界の山岳絵画・写真展 (8/4掲載) 展示される約50点の内、ブータン関連は「シャクナゲの絵画」「ブルーポピーの絵画」が1点ずつだそうです。

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

8月29日、ブータンの首相が福岡に  詳細:http://www.fukuoka-jc.or.jp/kyuchiku/  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

8月5日までの写真展のお知らせ 開催地:愛知県春日井市細野町にある市都市緑化公園ギャラリー  http://blogs.yahoo.co.jp/kakigon2000/60076864.html

中国・福建省に今も現存する大家族制度の建築物「土楼」の建物とそこで暮らす人々の様子、とブータンの自然と人々の暮らしなど、計50点。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

7月30日づけ朝日新聞夕刊にブータンの氷河湖関連記事が掲載されています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NHKがモンゴルやブータンの子供ドラマ放送  2009年7月27日(月)〜31日(金) NHK教育TV  午前10:00〜10:40(全5回)  http://news.mu-mo.net/tv/view/3651

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月22日付けで外務省のブータン南部の危険情報が引き下げられました。 http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=039#header

ブータンに対する渡航情報(危険情報)の発出(2009/07/22)

ブータン南部(インド・アルナーチャル・プラデーシュ州の一部、アッサム州、西ベンガル州との国境付近):「十分注意してください。」(引き下げ) 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

県知事所信表明、新刊 

(1)先の知事選挙で当選した経済学者の川勝静岡県知事の所信表明演説でブータンの「国民総幸福度」の日本一が静岡県政の方針として示されています。

http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20090721000000000024.htm

 

(2)6月に出版された本の中でブータンが紹介されています・・・・未見につき内容不明(山本) 

心が活きる教育に向かって  出版社 発行所=ナカニシヤ出版  著者 子安増生  税込価格 1,890円(本体1,800円+税)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンの皆既日食

(1)本格的な日食ハンターではない単なる便乗組も含めると、ざっと300人強の日本人がブータンでの皆既日食観察に臨んだようです。

ティンプーの青木薫さんにお願いしておいた情報が写真付きで届きましたので、そのまま転送致します。

なお、当メールおよび写真の転載その他、二次使用は厳にお慎みください。

山本けいこ

--------------------------------------------------

<ブータンの皆既日食>

21日の夜は大雨となり、ドチュラなどの峠は、日食観察にベストな状況ではありませんでした。

が、以外や以外、首都ティンプーでは各所で添付のような状況が確認できました。

うちも最初ドチュラ峠で待機していたのですが、ダンナが「これは開始時刻までには絶対霧が晴れない。ティンプーのほうがいいぞ。」と

猛スピードで取って返し、大仏ポイントにてこの自然の神秘の目撃者になることができました。

さすが、長年ガイド業をやってたわけではないのねと、ダンナを見直したしだいです。

      

写真は皆既日食 と 目が悪くなるので、水に映った日食を見ましょうとの指導があり、たらいとお水をもって上ってきた女の子達の日食観察セットです。

写真の転用は固くお断りいたします。 青木薫(AOKI Kaoru)

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンの皆既日食

(1)昨日のNHKの皆既日食の特番「地球エコ2009 46年ぶりの皆既日食」でブータンからの映像が流れたようですね。 http://www9.nhk.or.jp/live0722/map.html 

(2)ブータンへの日本からの皆既日食ツアー  http://www.asialand.jp/news/2009/02/post_480.html 

(3)ブータンサッカーナショナルチームの行徳浩二監督もDruk Airをチャーターして在住日本人と皆既日食ツアーを実施  http://changlimithang.de-blog.jp/blog/2009/07/post_61d4.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン難民問題

外務省の21年7月付けの「最近のネパール情勢と日ネパール関係」に「ブータン難民問題」の記載があります。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nepal/kankei.html 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『地球の歩き方 ブータン編』の新版がでました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

クロスロード2009年8月号、p24に「手作りの公園」という記事あり

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンGNHセミナーのご案内

 

GNP(国民総生産)に対し、「国民総幸福」と訳される”Gross National Happiness(GNH)”という概念をご存知でしょうか?

この概念を生み出し、国家建設の柱としているブータンの国家計画委員会 (Gross National Happiness Commission)の長官が来日されるのにともない、セミナーを実施することになりました。

GNHとは一体どういうものか、そしてそれがブータンの5カ年計画の中にどのように反映されているかについてご講演いただき、ブータンおよび途上国開 発のあり方について皆さまと考えていきたいと思います。

 

日時:8月7日(金)10:00〜11:30  場所:JICA本部11階11ABCD会議室  

講演者:Mr. Karma Tshiteem  Secretary, GNHC(カルマ ツェテーム  国家計画委員会長官) 講演テーマ:GNHと第10次5カ年計画 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

文化講演会 「人間の幸せ」とは「美しい国ブータン」から学ぶ 

日時/7月29日(水曜日)午後2時〜4時  会場/文化会館たづくり12階大会議場 調布市小島町2-33-1  講師/平山修一氏(大東文化大学人文科学研究所兼任研究員)

定員/当日先着200人  費用/無料    申込み・問合せ/中央図書館読書推進室、アカデミー愛とぴあ(文化会館たづくり10階)  

電話441−6328(受付午前9時〜午後5時)  https://www.lib.city.chofu.tokyo.jp/sinchaku.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

富士見市立中央図書館でブータン展 

日程:7月14日(火)〜19日(日)   時間:AM10:00〜PM5:00 最終日3:00終了  住所〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1873−1   電話049-252-5825

交通電車:東武東上線 鶴瀬駅東口より 徒歩20分バス:市内巡回バス 富士見市立中央図書館下車、または富士見市役所下車 徒歩2分車 :駐車場94台

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

訃報

長く、日本ブータン友好協会幹事をお務めくださった川喜田先生が亡くなられました。

私個人としては、

先生が隊長として1958年に行われた「西北ネパール学術調査隊」の記録映画「秘境ヒマラヤ」を見ていなければ、ブータンに関わることもなかったかも知れません

(同映画にブータンは出てきませんが)。

 

なお、同隊の副隊長・小方全弘氏、隊員・西岡京治氏、その他多くの方々がその後ブータンと長い関わりをお持ちになりました。

 

 

仕事以外で私を形作っている最大の要素であるヒマラヤとの縁を結んで下さった先生に、心からの感謝をこめて「有難うございました」

山本けいこ 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新しいODAの枠組みでブータンの気候変動対策研究が始まる

つい先日、国総研での任国事情でお目にかかった方々が重要な役割を果たされるプロジェクトですので、少なからぬ関心がある山本です。

http://www.jica.go.jp/topics/2009/20090710_01.html 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

書籍情報、ブータンの生徒半田市役所訪問

(1)2009年発行の同書に下記のようなランキングが掲載されていました。 『なるほど知図帳2009 世界』昭文社

付録p2、人口ランキング  付録p3、面積ランキング  付録p5、軍事費GDP比率ランキング  付録p9、識字率ワーストランキング  付録p11、平均寿命ランキング

付録p21、各国要覧 ブータン  p26ー27、世界の絶景2  p82ー83、世界のロイヤルファミリー  その他に地図多数

 

(2)http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20090707-OYT8T00024.htm  ブータンの生徒、半田市役所訪問

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6月25日出版予定の本のお知らせ 

書籍紹介: 自殺者がゼロの国ブータンの秘密。中国とインドのはさまれたヒマラヤの奥地に、ブータンという100年前から続く王国があります。

他国との交流もあまりなく、ひっそりと暮らしてきた農業国です。

そのブータンの第4代目国王が発案したGNH(グロス・ナショナル・ハピネス)が世界中から注目されています。国民総生産ならぬ「国民総幸福」。

近代化を急がず、自然や伝統文化を守り、みんなで幸せになろうという考え方です。

チベット仏教に支えられたこのGNHの理念を実現しようとしているブータンで、その「幸せの知恵」を探してきました。  

書 名 :幸福王国ブータンの智恵   出版社: アスペクト  著 者 :アスペクトブータン取材班  税込価格 :1,659円(本体1,580円+税)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン王国に対する無償資金協力「第三次橋梁架け替え計画」に関する交換公文署名式について

6月19日にデリーで日本、ブータン両国大使が交換公文を締結しています。6つの橋の架け替えが行われます。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/zyoukyou/h21/090619_1.html  平成21年6月19日

 

1. 6月19日(金曜日)(現地時間同日)、インドのニューデリーにおいて、我が方堂道秀明駐ブータン王国大使(インドにて管轄)と先方ヴェツォプ・ナムギャル駐印ブータン王国大使(H. E. Mr. Vetsop Namgyel, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Kingdom of Bhutan to India) との間で、我が国のブータン王国に対する無償資金協力「第三次橋梁架け替え計画」(the Project for Reconstruction of Bridges (Phase III))に関する総額24億9,400万円を限度とする交換公文の署名式が行われました。  

2. 我が国の伝統的な友好国であるブータンは、昨年3月に初の総選挙を行うなど民主化への努力を着実に進めており、我が国は、農業・農村開発、経済基盤整備、社会開発等に重点を置いて、同国の民主化、社会・経済発展を支援してきています。  

3. 本計画は、ブータンを南北に縦断する国道5号線上にある、損傷が激しい6橋の架け替えを行うものです。交通の大部分が道路輸送であるブータンにおいて、本計画により、南北間の移動時間が大幅に短縮され、経済開発、住民の生活向上に貢献することが期待されます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

クロスロード誌、ドゥルック・エアー新路線

(1)青年海外協力隊『クロスロード』7月号に、「信頼し合う仲間たちとともに伝える」と題して、JICA専門家でありGNH研究所代表幹事でもある平山修一氏を紹介しています。

添付ファイルによる誌面送付ご希望の方はメールにてご連絡ください。3ページあります。

 

(2)ブータンのDruk Airがパローーバンコク便に、インドのブータンとの国境に近いバグドグラの空港を経由する路線を開設しました。

記念式典には、インドとブータンの外務大臣が出席して祝いました。 パロ発バンコク行きは、火曜、土曜  バンコク発パロゆきは、水曜、日曜の週2便の経由です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

朝日新聞記事

(1)http://www.asahi.com/national/update/0612/NGY200906110020.html ブータン体操、あなたの街で 考案者が踊りに行きます 

(2)朝日新聞愛知版の記事  http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000000906090005

万博の縁 深まる交流  2009年06月09日08年6月、半田からの訪問団はジグミ・ティンレイ首相(右から5人目)と話し合った

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

雑誌情報

6月5日発売の講談社発行『Transit』という雑誌 のヒマラヤ特集に、ブータンについて記事・写真が掲載されています。  http://www.transit.ne.jp/ 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/5):TV番組

ティンプーの薫さんからTV番組のお知らせが届きましたので転送します。

 ジュルミと青木が「地球アゴラ」にブータンから再び出演します。  番組名: BS20周年特集 「地球アゴラで世界一周 10HOURS」   チャンネル: NHK BS1

放送日時: 2009年6月7日(日曜日) 13:10〜22:59 生放送   番組ウェブページ: http://www.nhk.or.jp/agora/  

インターネット回線で結んでの生放送です。第一部<地球アゴラ アジア・オセアニア編>(13:10〜14:00)の一番最後の予定。 首都ティンプーの最新の映像もあります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/28):雑誌情報2件 

4月20日発売の月刊誌『新潮45』5月号のグラビアのシリーズ「世界の暮らし紀行1」で小松義夫さんの写真と文章でブータンが取上げられています。 

American Expressゴールド・カード会員誌『IMPRESSION GOLD』5月号に「ブータン 大空の桃源郷」の特集があります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/26):TV番組のお知らせ  6月5日 東京12チャンネル 夜8時から「世界を変える100人の日本人」でダショー西岡が取り上げられます。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/21):日経ビジネスオンラインに掲載されていた長文のコラム記事

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090514/194715/ 天国に一番近い島で体感した「資源は呪い」 ニューカレドニアとブータンのパラドックス 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/7): 愛媛新聞コラム「地軸」

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/chijiku/ren018200905030145.html

2009年05月03日(日) もう一つの9条  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/30):本日深夜のテレビ番組  本日深夜のNHKBS1の番組

アジわいキッチン「ブータン・ティンブー エマケワダツィ/唐辛子とチーズの煮込み」(再) 5月1日(金)【30日深夜】午前3:40〜3:45  

猫キャラのミャーがアジアの旅先で出会った「おいしい発見」を紹介。

調味料やスパイスの使い方など「ちょっとしたコツ」さえ知っていれば、家でもできる! その極意を伝授。 http://cgi4.nhk.or.jp/feature/index.cgi?p=eHUWlMEK&c=4  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/25):ブータンサロンのお知らせ 

テーマ:地球温暖化によるブータン氷河湖決壊問題  講師:岩田修二氏(立教大学教授)  日時:2009年5月24日(日)13:30から16:00

場所:JICA 地球ひろば202号室  最寄駅:地下鉄日比谷線広尾駅 出口3 徒歩1分

主催:日本ブータン友好協会 申込み:5月20日まで 会費:協会員700円 一般1000円

日本ブータン友好協会 TEL. FAX. 03ー3556ー6161  E-mail info@japan-bhutan.org 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/25):5件

(1)日本経済新聞の日経ネット関西版に「ヒマラヤ国際映画祭」の紹介記事が掲載されました。  http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news006204.html

(2)書籍紹介 『日本人は偉大だ  いちばん心に響く!世界に誇る20人の生き方 』・・・・西岡京治氏が紹介されています。

     発行所:コスモトゥーワン  著者:増子岳寿  税込価格:1,680円(本体1,600円+税)  発行年月:2009年4月

(3)「第6回かながわく国際まつり」ヒマラヤ留学生イベント・デビュー  日時 2009年4月29日(水・祝)10:00〜16:00

     http://ynn-ngo.sakura.ne.jp/modules/news/article.php?storyid=108

(4)坂本達氏の参議院国民生活・経済に関する調査会での参考人意見 

  4月8日の参議院国民生活・経済に関する調査会(「幸福度の高い社会の構築」)で、ミキハウスの坂本達さんが参考人として発言しています。

  ブータンの例も引いています。 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kaigirok/daily/select0302/main.html

(5) ブータン動物紀行  季刊誌「飛ぶ教室」(定価税込み1,,000円)に掲載されています。

   2008年秋号(15号) 「ブータン動物紀行(1)」  2009年冬号(16号) 「ブータン動物紀行(2)」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/21):求む熱き応援!

さて、ブータンの卓球少年二人が2009年世界卓球選手権横浜大会に参加します。

参加するのはブータン卓球連盟所属の選手2名。ソナム・アディカリ(Sonam Adhikari /Mr)17歳  ナムゲイ・ドルジ(Namgey Dorji /Mr) 15歳 

詳しくは以下、組織委員会にお問い合わせください。  名称 2009年世界卓球選手権横浜大会 組織委員会

住所 〒231-0015 横浜市中区尾上町6-81(ニッセイ横浜尾上町ビル1階)  TEL 045−640−5572   FAX 045−640−5568 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/20):書籍情報

『みんぱく実践人類学シリーズ6 東南アジア・南アジア開発の人類学』 信田敏宏、真崎克彦;編著 p52ー70、ブータンの「分権化支援」 明石書店 定価 5000 円+税 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/17):本の紹介(近々発刊予定)

藤巻正己・江口信清編著「グローバル化とアジアの観光 他者理解の旅へ」  ナカニシヤ出版 税込定価;2625円 A5判 256頁  人々の生活の営みをまなざす観光学入門 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/16):新刊書のお知らせ

2009年2月 『風の花 青いケシ紀行』山下順子:著 西田書店:発行  p83ー169、ブータン(ブムタン、ハ、テンプー、パロ、ジョモラリ 等など) 

エーデルワイス・クラブに所属されている方の紀行文  他にネパール、インド、中国、チベットの紀行文も(計230p ほどあり)  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/14):JAF誌、週刊朝日

(1)未見につき詳細不明ですが、『JAF誌 5月号』にGNH関連記事があるそうです。

(2)『週刊朝日 2009年4月24日号』に「ポブジカ谷の小学校 ブータン」のグラビアあり。  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/11):講演会

「ブータンの近代化と今後の課題  ー第4代国王の偉業を振り返ってー」 講師:森靖之さん (元JICAブータン事務所長、日本ブータン友好協会副会長)

日時:2009年6月13日(土)詳細 http://www.yakland.jp/benkyokai/benkyokai_event.htm 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/9):王女様御結婚、西水さん講演会&サイン会

(1)王女様の4月5日の結婚式の記事

カップルは高等裁判所勤務のAshi Sonam Dechan Wangchuck(ハーバード法科大学院修了)と財務省勤務のDasho Phub W Dorji(ジョージタウン大学院修了)夫君は2004年公務員試験トップ合格者 http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=12247

 

(2) 元世界銀行副総裁 西水美恵子氏講演会&サイン会

丸善丸の内本店〜英治出版『国をつくるという仕事』刊行記念 講演会&サイン会

丸の内本店3F 日経セミナールーム 2009年4月22日(水) 19:00〜(18:30開場) 定員100名様 要整理券(電話予約可) 丸の内本店和書グループ

100-8203 千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾショップ&レストラン1〜4階Tel : 03-5288-8881

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/6):新刊のお知らせ

ブータンの方が書かれた本の翻訳  『ブータン星と大地の暮らし』  第三の目で生きる知恵

文理閣   著 者 T.サンゲ・ワンチュク 前田久   税込価格 1,785円(本体1,700円+税)   発行年月 2009年3月

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/4):編集者ブログ

新潮社『旅 5月号』編集者より「ブログ第2弾」のお知らせを戴きましたので・・・・・・http://www.shinchosha.co.jp/tabi/2009/03/tabinabi19.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/1):テレビ番組

「移民」の暮らしから、移民問題の本質を探る! 全国のケーブルテレビ、スカパー!、スカパー!e2で放送中のBBCワールドニュース(BBCワールドジャパン(株)代表取締役社長: 松田和司)http://www.bbcworldnews-japan.comは、特にEU諸国にて問題となっている昨今の「移民」問題について、実態を探るドキュメンタリー特集を4月4日(土)より放送することを発表した。 

番組名:ブータン難民――忘れられた人々   放送日時:4月25日(土) 午後11:10〜0:00 再放送有

番組内容:ネパール南東部は世界で最も難民が集中する場所。10万人を超える難民が7ヵ所の収容所に暮らす。彼らは20年程前に故国ブータンを追われた。この事実は、これまで注目されることがなかったが、国際社会が最近になって窮状に気づき始めた……。BBCアマンダ・バレル特派員が、調査のために収容所を訪れ、難民の未来には何があるのか確かめる。

お問合せは、BBCワールドニュース Tel:03-5414-0470   関連URL:http://www.bbcworldnews-japan.com

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/24):ブータンを題材にしたアメリカの映画

視聴できます http://www.youtube.com/watch?v=zhWkTiMVWVI 

ヒマラヤの王国、ブータン。

豊かな自然環境の中で人々の多くが今も伝統に根差した生活を営む。 政府は「国民総幸福量」という精神的な豊かさを目指す政策を打ち出し世界の関心を集めている。

真の幸せを得るためには「中道」が大切だと言う。 「中道」とは何か? ブータン人が持つ幸福観とは? 

原題:Bhutan - Taking the Middle   Path to Happiness  監督:Tom Vendetti  製作国:USA  製作年度:2007年  音声:日本語  字幕:日本語  本編:57分

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/24):王女様御結婚、JICAニュース電子版、新聞記事、書籍紹介 

(1)過日「Bニュース」で、戴冠式での第5代国王陛下との写真をお送りした第一王女アジ・ソナム・デチェンの結婚式が4月5日と決まりました。

実は昨年より「2008年末から2009年春にかけて、ロイヤルウェディングが2つある」という噂がたっていました。

なぜなら、非常に豪華で特殊なキラ、ゴーの発注が各所に相次いでいたからです。準備に長くかかる衣装のおかげで、こういうお祝い事は隠すことができないブータンです。

一時期は第5代国王ご成婚? という噂も立ったほどです。 でも実はご姉妹の結婚だったわけですね。

 

(2)以前Bニュースでお知らせした月刊誌『クロスロード」3月号に掲載のブータンの記事(ブータン・JICAボランティア派遣20周年イベント)が、JICAのHPに電子版で掲載されました。  http://www.jica.go.jp/publication/crossroad/0903/03.html   

2008年12月、ブータンへのJICAボランティア派遣20周年を記念する行事が開催された。長い準備期間を経て迎えた記念イベントでは、協力隊員らに一体感が生まれた。

 

(3)毎日新聞阪神版の記事 http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20090320ddlk28070368000c.html 支局長からの手紙:幸福な小国、ブータン /兵庫

 

(4)書籍紹介(未見につき内容不明・・・・山本けいこ) 伊佐九三四郎「モロッコの風」白山書房 2009年3月 1,890円(税込) なかに「小さな大国ブータン」の項あり

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/19):雑誌『旅 5月号』の内容ご案内

 約70ページ、ブータン満載です!

 表紙の少年僧の足許をご覧ください。 今まで多くの場合ゴム草履だったのが・・・・なんと最新ファッションです。

  

  

(3/19): 神戸市外国語大学とブータン研究センターの提携

神戸市外国語大学では、以前カルマ・ウラ氏が講演をされていますが、このほど正式に同大学でブータン研究センターとが協定を締結し、

同大学で同センター殻の研究員を招聘して共同研究によりヒマラヤ研究とブータン研究が実施されることになりました。 

http://www.bbs.com.bt/Kobe%20City%20University,%20Japan%20to%20introduce%20Bhutanese%20studies.html 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/16):先行販売、無償資金協力、デング熱 

(1)西水美恵子さんの著書「国をつくるという仕事」の先行販売について、西水さんから情報が寄せられましたのでお知らせします。

英治出版から4月7日に正式発売ですが、その1週間前の3月30日(月)から、以下の6店舗で先行販売が開始されます。

丸善・丸の内本店  丸善・日本橋店  啓文堂書店・神田駅前店  紀伊國屋書店・新宿本店  三省堂書店・名古屋高島屋店  ジュンク堂書店・大阪本店 

なお、戴いた情報には「この本の印税は、ブータンのNGOタラヤナ財団(Tarayana Foundation)http://www.tarayanafoundation.org/の基金増額のために全額寄附します」との添え書きがありました。

(2)3月13日に無償資金協力3件の取り決めがデリーで結ばれました。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/21/3/1189368_1094.html ブータン王国に対する無償資金協力3案件に関する交換公文署名式について 

(3)ブータンにもデング熱が発生しています。 http://www.asiax.biz/news/2009/03/12-081319.php デング熱が拡散、出血性患者が増加

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/12):西水さん関係書籍&新聞のエッセイ

(1)月刊誌「選択」に長く連載(2005年1月〜2008年12月)されていた西水美恵子さんの「思い出の国、忘れえぬ人々」が単行本に。

雑誌連載ではブータンの前国王がかなりのスペースを割いて取上げられていました。   西水美恵子「国をつくるという仕事」英治出版

(2)1月15日の電気新聞に掲載された西水美恵子さんの時評「ウエ−ブ」第10回「信頼という名の大黒柱」です。  ブータンの国王がテーマです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/11):求む紙面、観光地満足度ランキング、書籍紹介

(1)過日「Bニュース」として配信しました兵庫県伊丹市アイフォニックホールでの「プンツォ・ダヤン公演」の記事(毎日新聞兵庫版)をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お手数ですが紙面をお送り戴きたくお願い申し上げます。http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20090304ddlk28040644000c.html

(2)世界の観光地の国別満足度ランキングでブータンが4位に。 http://journal.mycom.co.jp/news/2009/03/02/024/ 世界の観光地満足度ランキングで日本が初のトップに--英国の旅行雑誌にて イギリスの旅行雑誌『ワンダーラスト(Wanderlust)』が毎年実施している「トラベル・アワード2009(Travel Award)」で、国別部門の第1位に日本が選出された。  同アワードは、トップカントリー、トップシティをはじめとする全13部門で構成され、読者投票で選出された満足度の高い世界の観光地をランキングで示したもの。今回の投票は、2007年9月から2008年11月までの間、同誌の読者を対象に行われ、読者自らの旅行経験に基づき、4つの優秀候補とその評価が投票された。 その結果、2009年の国別部門のトップに輝いたのは日本。97.42%という高い満足度を獲得し、初のトップ10入りにして、堂々の1位に選ばれた。 同誌によると、日本が評価された理由について「近代と古代が共存したユニークな文化の意外性に観光客は魅了された」と説明。また「ミシュランガイドは東京が世界一の食通都市であると評価しているとおり、日本の食文化はバラエティに富んでいるのでどんな人をも満足させることができる」と述べている。 その他、都市別部門では、1位アンティグア(グアテマラ)に続いて、京都が2位にランクインした。

 

(3)書籍情報  書 名 :風の花青いケシ紀行   出版社 発行所:西田書店  著 者 :山下順子  税込価格 :1,470円(本体1,400円+税)  発行年月 :2009年2月

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月4日

訃報

2月27日、ロポン(ロペン)ペマラがニマルンで亡くなられました。 83歳でいらしたそうです。

カダを捧げて直接お目にかかったのは、ブムタンでのただ一度でしたが、強烈に(でも、とても静かに)漂う、言葉もなにも必要としない魅力を、今でもハッキリ覚えています。   

 お元気な時のお写真は http://bhutan.fan-site.net/17.htm 6月24日の項に

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/2):西岡里子氏展示会のお知らせ

西岡里子「ブータン王国の染と織」(展示即売)http://www.geocities.jp/bh_kurakuen/sub13.html 

会期:2009年3月20日(金・祝)〜3月29日 会期中無休 11:00AM〜6:00PM   会場:「ブータンハウス苦楽園」西宮市樋之池町13−9

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/27):展示会のお知らせ、本の紹介

(1)「アジアの布を纏う展」 3月11日〜20日 東京 丸善・丸の内本店 4Fギャラリー (詳しくはHP「ギャラリーとーく」をご覧下さい)

(2)書 名 :東南アジア・南アジア開発の人類学   副書名: シリーズ名  みんぱく実践人類学シリーズ 6

出版社:明石書店   著者:信田敏宏 真崎克彦  税込価格:5,250円(本体5,000円+税)  発行年月:2009年2月

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (2/21):GNH講演会記事、「旅」ブータン特集予告

(1)2008年12月、GNH研究所と日本ブータン友好協会共同主催で行われました講演会の様子が、青木公さんによってJICAのホームページにのりました

http://www.jica.go.jp/story/media/media_26.html 

(2)担当編集者よりのメール転載

「旅」の4月号が発売になりましたので、そこで掲載した次号予告をお送りします。実際には次号予告を作った後に構成がいろいろ変更になったり、新しい項目を加えたり、あるいは減らしたり。最終的にできあがるものはこの次号予告とはすこし違ったものになります。「旅」ではWEBサイトで順次、新情報をアップしています。こちらもぜひご参照ください。http://www.shinchosha.co.jp/tabi/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/20):ヒマラヤ国際映画祭、 沖縄タイムス、クロスロード、雑誌「旅」

(1)これまで東京で行われてきた「ヒマラヤ国際映画祭」が、2009年度は関西で。 会期:2009/4/25(土)〜5/8(金) 会場:ウィングス京都、みなみ会館、神戸映画資料館

料金:1プログラム 1,300円(前売り 1,000円)   2プログラム 2,200円、3プログラム 3,000円 企画:ヒマラヤ国際映画祭 WESTJAPAN 2009運営事務局 by NPO法人ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン

映画祭のテーマは「ヒマラヤを見れば、世界が見える」  ネパール、チベット、ブータン、インド、パキスタンにまたがる世界の展望台・ヒマラヤから地球を考える。

上映される30作品は以下でご覧になれます。http://himalaya2009.jakou.com/about_movies.html 

(2)沖縄県のローカル紙のコラム http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-02-19-E_1-001-2_001.html?PSID=05be0c93f6a52bb3775cb2993f90d9fe

2009年02月19日 コラム [今晩の話題]国民総幸福量 

(3)青年海外協力隊機関誌「クルスロード 3月号」に「ブータン・JICA ボランティア派遣20周年イベント」という2ページの記事が掲載されています。 

(4)新潮社の「旅 5月号」はブータン特集号(3月19日発売)です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (2/17): 6月にブータンに初の私立大学設立 

 2008年の12年生の統一試験合格者(約5,500名)でいながら、これまで国内の大学に進学できた学生は1,500名程度で残りの約4,000名はインドや近隣の大学に進学するか就職せざるを得なかった。シュラブツェ大学に356名、ゲヅゥ大学に約360名、他の高等教育機関に約800名ばかりが受け入れられている。

 6月にティンプー近郊のNgabiphuに開設されるブータン初の私立大学王立ティンプー大学(Royal Thimphu College)は、王立ブータン大学の分校として300名の学生を受け入れる。 入学資格は、英語と他の3科目の成績が55%を上回ることである。

 授与される学士号は、コンピューターアプリケーション、経営学、商学、英語学、ゾンカ、経済学、歴史学、政治学、社会学であり、入学時に支払う経費は1年当たり寮費、授業料合わせてNu.125,000である。

http://www.bbs.com.bt/New%20private%20college%20in%20Thimphu%20to%20open%20in%20June%20taking%20in%20300%20students.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/16):JICAサイトの伝えるブータン、ドゥルック・エアー、キリスト教徒、サッカー 

(1)2009年1月16日 矢部哲雄「ブータンの戴冠式」 http://www2.jica.go.jp/hotangle/asia/bhutan/000584.html

2009年1月19日 JICA駐在員事務所 矢部哲雄「変革を迎えたブータンとJICA」  http://www.jica.go.jp/topics/2008/20090119_01.html 

(2)4月からのDruk Airのバンコクーパロ便のうち週4便が、コルカタ他の代わりにインドの西ベンガル州の国境の町バグドグラ経由となります。

http://www.bbs.com.bt/Druk%20Air%20to%20fly%20via%20Bagdogra.html 

(3)ブータンのキリスト教信者の記事がKUENSELに掲載されました。

情報提供者・光國さんのコメントに「私にとり画期的なことは、信者が名前を明かして取材に応じていることです。憲法が信教の自由を保障しているとしても」とありましたが、私も全く同感です。やはり時代が変わった!  http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=11988

(4) 日本サッカー協会カら派遣され2008年5月からブータンサッカーナショナルチームの監督を務めている行徳浩二氏の任期が2010年1月31日まで延長されました。.行特さんのブログ「ブータンサッカー」でブータンのサッカーと生活が伝えられています。 http://changlimithang.de-blog.jp/blog/  http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009021200947

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/13):4件

(1)RCSC(ブータン王立公務委員会)は、2月2日国王が Dasho Kinley Dorji (Kuensel 専務理事、主筆)を情報通信省次官に任命したことを伝えました。

長くクエンセル紙の編集長→主筆・経営者を務めてきたダショー・キンレ・ドルジが情報通信省(Ministry of Information and Communication)の次官に任命され、クエンセルから政府に移ることになったわけです。

GNHに関するリソースパーソンがついに実社会に登場です。今後の省庁運営が楽しみです。

最後の社説は、久保淳子さんの「ヤクの散歩道」に翻訳されて掲載されています。http://blog.goo.ne.jp/yakyakyak/e/0e8f5be4a65f6910c7d1784e361410b4

 

(2)5年前に、風紀を乱すとして音楽やファッションのチャネルなどがカットされ33チャンネルになっていたケーブルテレビのチャンネル数が、ブータン情報通信局がスポーツ番組など一部復活を認め増加するとの記事です。ブータンの一部家庭が購入している衛星からの直接受信装置付きのテレビ受像機については、いまだ購入に規制が敷かれています。

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=11959

 

(3) 朝日新聞本日12日の夕刊2面 <窓 論説委員室から> GNHの構造問題

 

(4)KUENSELの記事

10月までに国内航空便が就航するというのですが、どんなものでしょう。一応所管の情報通信大臣の発言です。ブータン東部の観光業の振興を見込んでのこととあります。

国内線に飛ばす航空機はどうするのでしょうか。政府は航空機を買うつもりはないとありますので、観光客のツアー用にチャーター便でも飛ばすのでしょうか。

空港はタシガン県のYonphulaとBartsamのいずれかが有力とあります。これから空港選定の可能性の調査というのですからまず無理でしょう。

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=11971

   ヨンプラに空港を、という話は80年代から聞いていますが・・・・(山本)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (2/9)::毎日新聞2月8日書評、ブータン料理  

(1)毎日新聞2月8日書評 今週の本棚  http://mainichi.jp/enta/book/news/20090208ddm015070003000c.html

伊東光晴・評 『資本主義はなぜ自壊したのか…』=中谷巌・著(集英社インターナショナル・1785円) 

 

(2) NHKの「アジアクロスロード」の番組で取上げられたブータン料理の内容にアクセスできます。 http://www.nhk.or.jp/asia-cross/recipe/

1月23日金曜日放送:カプツェ(クッキー)  1月22日木曜日放送:カクル ツェム(かぼちゃと豚肉スープ)  1月21日水曜日放送:パクシャ パー(豚肉と大根のとうがらし煮) 

 1月20日火曜日放送:シャダフィン(鶏肉と春雨のスープ)  1月19日月曜日放送:エマ ケワ ダツィ(とうがらしとジャガイモのチーズ煮)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/6):2月15日『幻のグゲ王国』上映

千葉県立中央博物館ブータン展関連行事として、『幻のグゲ王国』上映決定!

TBSで作成しながら放映されなかった幻の作品で、ディレクターは堂本暁子氏(現・千葉県知事)、監修は今枝由郎氏。

製作年代その他の詳細は不明ですが、数十年前の撮影と思われます。2月15日、大澤先生の講演終了後、約1時間、上映の予定。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/5):「サンデー毎日」2月1日号記事、読売新聞サイトの記事 

(1) 「サンデー毎日」2月1日号記事  http://mainichi.jp/select/seiji/iwami/news/20090120org00m010022000c.html 麻生さんとブータン国王の「違い」 

(2)枝広淳子さんへのインタビュー記事 http://www.yomiuri.co.jp/eco/kikitai/20090202-OYT8T00717.htm 生活の「質」問い直そう 環境ジャーナリスト

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/5):千葉県限定情報  番組名:NHKFM ひるどき情報ちば(県中央部から西部80.7MHz  銚子83.9MHz 勝浦83.7MHz 白浜82.9MHz 館山79.0MHz)

日時:平成21年2月6日(金)午前11時から正午まで 生放送  コーナー名:「週末はミュージアム」 午前11時09分頃〜(前後の移動あります)  

テーマ:「ブータンの自然と人々の暮らし」  出演:斎木健一様(千葉県立中央博物館ブータン展担当者)   持ち時間:15分位   出演形式:電話インタビュー

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/2):草郷氏講演会、東京新聞千葉版の記事

(1)草郷孝好氏講演会「持続可能な幸せとは−幸せの指標(GNH)を持つブータンの話から」

内容:ヒマラヤ奥地の穏やかな仏教王国ブータンは、従来の発展指標である国民総生産(GDP)に代わり国民総幸福量(GNH)という概念を持ち、国民の幸福実現を国家目標としています。経済的な豊かさのみでなく、精神的な豊かさやゆとり、環境、健康、文化、教育なども要素とするGNHの話題を基に、何が本当の幸せなのかを今一度感じ考える場とします。 

講師:大阪大学グローバルコラボレーションセンター副センター長 草郷孝好氏   日時:3月7日(土)13:30〜15:00

場所:大阪市立環境学習センター(生き生き地球館)別館2階研修室   対象:どなたでも   参加費:無料   定員:40名(先着順)

申込方法:電話またはFAXにてお申込ください。FAXの場合、居住市区町村、参加者氏名・年齢、電話番号をご記入ください。

〆切:定員になり次第受付終了(FAXの申込は定員を超えた場合のみ返信いたします。)

問合せ・申込先:大阪市立環境学習センター「ブータン」係  〒538-0036大阪府 大阪市鶴見区緑地公園2−135

電話 06-6915-5801   FAX 06-6915-5805  URL http://chikyukan.com

 

 

(2)東京新聞千葉版の記事 http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20090202/CK2009020202000060.html

ブータンの魅力紹介

国の豊かさを測る指標・国民総幸福(GNH)を提唱するヒマラヤの小国、ブータンについての展示「ブータンの自然と人々の暮らし」が千葉市の県立中央博物館で開かれている。国王の衣装をはじめ、織機やヤクのミルクから作ったチーズなどを展示。山岳地帯の一般家庭を再現したコーナーもあり、自給自足のスローライフを楽しむチベット仏教文化の一端も紹介される。同館研究員の天野誠さんは「自然と一体のブータンの暮らしを見てもらいたい」とPRする。 同展は二十二日まで。同博物館は今年で開館二十周年を迎え、二十年を振り返るコーナーも設置されている。(那須政治)

---------------------------------

山本からの内緒話

この食事風景展示は、数年前に某県某市のブータン展のために企画したものです。しかし、同市議会が「市とブータンの交流のみに絞るように」と、この部分の予算が却下されお蔵入りになっていたアイディアでした。

今回、千葉県立中央博物館で採用して戴き、私個人としては面白かった! です。

伝統的なものは以前から持っていましたが、「現在のブータン」ということで、中国製のタシタゲ魔法瓶、バングラデシュ製の食器や鍋、ペットボトルの水、インド製のポテトチップスなどはこの年末年始に購入して来ました。その他に、弓、100年記念カレンダー、ほうき、 ザウ、シップ、ゲザシップ、ヤクのチーズなども購入しましたので、買い物を手伝ってくれたガイド君から「ミステリアスな買い物」と言われました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/24):千葉県立中央博物館ブータン展記事

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/21): 2件

 (1)KUENSELの記事  ブータンのPDP(人民民主党)の総裁のSangay Ngedupが選挙管理委員会に辞任を届け出ました。

PDP選出の国民議会議員で国民議会での野党代表をつとめるTshering Tobgayが党首選挙を実施予定と述べています。

PDPは約2,000万ニュルタムの銀行負債を抱え、銀行は担保に入っているSangay Ngedupが所有するティンプーの土地64箇所の処分の入札を行っています。

PDPはこのほかにも4,000万ニュルタムの負債を抱えている。PDPの党員からは、地方政府の選挙への立候補や政府機関や民間企業での職に応じる者が出でいる。

http://www.kuenselonline.com/modules.php? name=News&file=article&sid=11690

  

(2)あなたの写真切手にします 手紙復権目指すブータン(共同通信の配信記事) http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008122201000444.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/20):ロイヤル・ウエディング、関西の番組、世界の旅 

(1)月刊誌「中央公論」2月号グラビアに「ブータンのロイヤル・ウェディング」  11月11日に前国王の第四王女(26歳)と現首相の長男(25歳)が結婚

・・・・以前のある王女様とホテル・リバービューの御曹子の結婚式写真に負けず劣らずの美男美女写真ですね(山本) 

(2)関西のローカル番組でブータンの選挙に触れています。 http://jp.youtube.com/watch?v=jKROXjMe7mU  http://jp.youtube.com/watch?v=NuGmkL-72ww 

(3) 高地の首都 荘厳な空気(ティンプー=ブータン) YOMIURIONLINE世界の旅の記事 http://www.yomiuri.co.jp/tabi/world/abroad/20090119tb08.htm

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/19):平山修一氏講演会2件

(1)http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/exhibitions/special_ex/2009_20th/bhutan.htm

 千葉県立中央博物館 開館20周年記念展示(平成21年2月7日に千葉県立中央博物館は開館20周年を迎えます) ヒマラヤの神秘 −ブータンの自然と人々の暮らし−

 

1月25日(日)講演会「建築物から見るブータン文化」

平山氏は、青年海外協力隊員としてブータンのプナカ・ゾンの修復(再建?)を指揮し、SV(シニアボランティア)としてブータンで数多くの学校を建てる指揮をするという一級建築士としての活躍の他に、JICA専門家としてブータンの地方分権化に寄与。また、GNH研究所代表幹事、大東文化大学研究員としての顔も合わせもち・・・・・・

 明石書店からは『現代ブータンを知るための60章』『ブータンの歴史(歴史教科書の監訳)』が、リヨン社からは新書判で『美しい国ブータン』が出版されている。 

 

JR千葉駅発「千葉県立中央博物館行き」のバス時刻表(1時間に1本)ご入用の方はご一報ください。

 

 

 

(2)講演会「ブータンにおけるGNH(国民総幸福)の哲学と政策」 ■ とき:2009年3月24日(火)18:30〜20:30

■ ところ:立教大学 池袋キャンパス12号館 地下1階第2会議室 ■ 講師:平山修一 さん(「GNH研究所」代表幹事/JICA専門家)

■ 参加費1000円( 学生500円 /立教大生 無料) ■ 定員 30名(申込不要)

◎立教大学「懐かしい未来&GNH」研究会 持続可能な社会のキーワードである「懐かしい未来」と、ブータン前国王が唱えたGNH(国民総幸福)の考え方をベースに、国内外の様々な地域事例やNGO/NPOなどの活動事例について学び合う自主的な勉強会です。21世紀社会デザイン研> 究科及び立教セカンドステージ大学教員の佐野淳也がコーディネーターをしています。テーマにご関心のある方であれば、どなたでも自由にご参加可能です。≪問合せ≫佐野 淳也(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授)Tel/Fax 03-3985-4808 Email: sano-j●rikkyo.ac.jp

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/15):NHK Worldのホームページ 

2008年11月取材の「Balancing Nature and Progress」がNHKのウェブサイトで公開中

フォブジカ谷における、自然保護と開発、その均衡の難しさを取り扱った話題。  フォブジカのオグロ鶴祭りの様子も。

この映像はNHKワールド(NHKの海外向け放送)で1月9日(金曜日)に放送され、ブータンでも見ることができました。

14日放送のNHK BS1「きょうの世界」の「自然保護か経済発展か 揺れるブータン」の短縮版とでもいえるでしょうか。 

公開期間  2009年1月14日(水曜日)から1月21日(水曜日)  http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/movie/feature58.html 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/11):TV番組、GNH研究所会合(一般参加者募集) 

(1)TV番組  1月14日の午後11時ごろ、NHk BS1「今日の世界」

GNH研究所代表幹事・平山修一氏出演予定(数分ですが) http://www.nhk.or.jp/kyounosekai/ 「環境保護とGNH」

NHKの番組表からもご覧戴けます。 http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-01-14&ch=11&eid=2038

 

(2)1月31日(土)「GNH研(http://www.gnh-study.com/)の新年の集い」

場所 JICA地球ひろば 302号室(東京 広尾)http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html  時間 午後1時〜4時

参加費 100円(100円硬貨のご用意をお願い致します:会計担当・山本けいこ)  定員 60名 

今回はオープン参加にしましたので、会員以外でも,GNHにご興味のあるご友人やご家族の参加も大歓迎です。

すでに,今年ブータン図書館プロジェクトを共にすすめていく坂本達さん(http://www.kikimimi.net/tatsu/)のチームの 方々も参加いただけることが決まっています。

GNHに関わる広い交流の場になりそうです。

内容は,平山代表によるGNH講話,プロジェクト紹介,お互いの自己紹介,情報交換会,などを予定しています。

出欠につきましては,高田(tadanori.japon@gmail.com)まで1月20日までにお願い致します。 みなさまのご参加お待ち申し上げております。 GNH研究所代表幹事 平山修一

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/9):Bニュース再開

(1)千葉県立中央博物館 開館20周年記念展示(平成21年2月7日に千葉県立中央博物館は開館20周年を迎えます)

ヒマラヤの神秘 −ブータンの自然と人々の暮らし−  http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/exhibitions/special_ex/2009_20th/bhutan.htm

私が担当しました「ブータンの庶民家庭の食事風景再現」は、本日なんとか展示を完了しました。

小規模な展示ではありますが、第二代国王と王妃の衣装も展示してありますので、皆様、是非おはこびください。

 

 

(2)再放送のお知らせ  BS朝日のZOOM ASIA  http://www.bs-asahi.co.jp/zoomasia_02/

2009年1月10日 19:00〜20:55 BS朝日  「ZOOM ASIA 〜奇跡の国ブータンから学ぶこと 」

 

 

(3)講座 http://www.eic.or.jp/event/?act=view&serial=17214&category= 「本当の幸せと持続可能性を考える」連続講座その2(全4回)

【日時】2月6日(金)/13日(金)/20日(金)/2月27日(金)  いずれも18:00開場、18:15〜20:45(予定)

【会場】こどもの城 906研修室  http://www.kodomono-shiro.jp/access/index.shtml (JR渋谷駅徒歩8分、メトロ表参道駅徒歩7分)

 

【講師】2月6日(金)千葉大学法経学部教授 広井良典氏    2月13日(金)GNH研究所 平山修一氏    

2月20日(金)枝廣淳子    2月27日(金)NPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務局長  反貧困ネットワーク事務局長 湯浅誠氏

【定員】約50名

【申込・詳細】http://www.es-inc.jp/news/001565.html

【お問合せ】有限会社イーズ (http://www.es-inc.jp/) 担当 飯田  E-mail:info@es-inc.jp/電話:03-5426-1128

 

 

(4)共同電を掲載した産経新聞の記事 http://sankei.jp.msn.com/world/asia/090102/asi0901022000007-n1.htm

襲撃受け警備隊員4人死亡 ブータン南部、共産勢力か

 

 

(5)毎日新聞 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081227dde007070031000c.html

人模様:愛する国のため書き続ける−−ケンチョー・ウォンディさん

 

 

(6)「2008年アジアの環境重大ニュース(暫定版)」についての情報

ブータンについては例年同様ブータン研究センターの研究員が執筆 http://www.iges.or.jp/jp/news/press/08_12_25.html

 

 

(7)UNDPが12月18日人間開発指指数(Human Development Index,HDI)2008年版を発表

指数の根拠は、以下の指標  平均余命、成人識字率、就学率、1人あたりGDP(購買力平価)、、

http://hdr.undp.org/en/mediacentre/news/title,15493,en.html

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ