『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ   2008年ニュース   選挙関連情報    

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/20):ブータン建国記念日国王演説

12月17日の建国記念日の国王演説を以下のBBSのサイトでビデオで見ることが可能です。

http://www.bbs.com.bt/His%20Majestys%20Centenary%20National%20Day%20Address.html

このページで「Back to Video Gallery」をクリックするか、直接 http://www.bbs.com.bt/video%20gallery.html をご覧ください。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/18):書籍の紹介、子どもの発達指標ランキング、講座 

(1)2008年3月に出版されている本でブータンが扱われています。   カルマ・ジュルミ執筆の「ブータンの国民総幸福(GNH) 」

書名「持続可能な教育と文化 : 深化する環太平洋のESD」  永田佳之,吉田敦彦編   大阪 せせらぎ出版  ISBN 978-4-88416-172-9  1905円

 

(2)セーブザチルドレンジャパンのサイトの記事です。 南アジアではスリランカの74位が最高で、ブータンは86位でした。

モルジブ82位、ネパール95位、バングラデシュ98位、インド100位で、パキスタンは100位にも入っていません。

http://www.savechildren.or.jp/news/2008/20081210ranking.html  子どもの発達に関する国際レポート発表子どもの発達指標ランキング〜日本は1位

 

(3)地域限定(東京都小平市)の講座

国際理解講座 『雷龍の国 ブータンへの誘い(いざない)』 

日程:2009年1月13日(火)概要 山本けいこ   20日(火)歴史 平山修一  27日(火)GNHとは 平山修一

2月 3日(火)染織 山本けいこ  10日(火)宗教 高橋洋  17日(火)観光 高橋洋  24日(火)日本との関係 森靖之

3月 3日(火)援助の現場 森靖之  10日(火)食(実習) 渡辺千衣子  17日(火)まとめ 渡辺千衣子 

※1月13日(火)は午前9:30〜正午、2月3日(火)は午前10:00〜正午となりますのでご注意ください。

場所:中央公民館費用:学級費100円(調理実習は実費負担)   対象:市内在住・在勤・在学の方定員:30人 

詳細→ http://www.city.kodaira.tokyo.jp/event/009/009566.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/1):プンツォク・ダヤン公演、講座

2009年3月15日にブータン伝統芸能団 “プンツォク・ダヤン” の公演『歌い、踊る、パロ 谷の春』が行われます。

【日時】2009年3月15日(日)14:00〜 【場所】伊丹アイフォニックホール(伊丹市宮ノ前1丁目3-30)

http://hccweb1.bai.ne.jp/aiphonic/aiphonichall/ 【入場料】一般前売り 3,500円(当日は 4,000円)全席指定で発売は1月17日から

  

上記HPの向かって左「民族文化サロン」をクリックして下さい。下記講座のお知らせがあります。

アイフォニック民族文化サロン “話題の地球儀” 3月2日 津川智明さんの「幸せ王国ブータンに暮らして」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/25):新年のTV番組、TV番組文字起こし、信大農学部で国際シンポジウム 

(1)鬼が笑いそうですが・・・・・・・1月10日 日立「世界ふしぎ発見」 ブータン戴冠式の内容もあり。 

(2)NHK解説委員ブログに掲載されていたNHK・BS1の番組アジアクロスロード「アジアを読む」の文字起こし

2008年3月26日 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/600/7740.html 「ブータン初の総選挙、国王による民主化」

2008年11月17日 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/600/14010.html#more 「変革期迎えたブータン」 

(3)ブータンの森林資源活用法報告 信大農学部で国際シンポジウム  長野日報 http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=12578

伊那毎日新聞 http://inamai.com/news.php?c=kyofuku&i=200811221738290000031850

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/23):新刊書 

10月30日発行『もう一つの日本 失われた「心」を探して』  著者:皆川豪志 徳光一輝  発行:ソフトバンク新書 088  価格:730円+税 

200ページ強のうち、131ページから207ページまでがブータン編  ま、内容はともかく・・・・・次から次へと知っている方々が登場するのにびっくり。

杉本所長、ツェリン・ノルブさんと香さん夫妻(写真付き)、青木薫さん、上野征秀隊員、上田晶子さん、喜久村専門家、etc. etc.

なかでも小さなモノクロ写真付きのケザン・ダワさんは、なんと「前世はサムライ」というタイトルで6ページ半  日本に大勢いらっしゃるケザン・ダワさんのお友達の皆様、ぜひ一度、立ち読みででもご覧ください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/19):週刊新潮  本日発売の週刊新潮にカラー3ページの戴冠式写真あり。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/17):中国、第24回世界仏教徒会議日本大会、共同通信の配信記事

(1)http://j.people.com.cn/94475/94700/6534083.html  中国人民網日本語版の記事

中国人がブータンに観光旅行に行っているのでしょうか。ブータン人の巡礼でチベットに行かれる人はかなりの数います。ネパールのカトマンズの中国大使館でビザを取得してカトマンズから航空機か陸路バスでラサへいっています。

 (2)第24回世界仏教徒会議日本大会

浅草ビューホテルを会場に開催の大会にブータン研究センター所長のダショーカルマ・ウラが出席しています。http://219.121.16.30/blog/archives/2008_11.html」 

(3)共同通信のティンプーからの配信記事です。 http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111501000384.htmlブータンで国王グッズが大人気 若い女性に  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/14):TV番組、新聞記事、書籍紹介

(1) 11/17(月)BS1『アジア クロスロード』に今枝由郎氏のお話予定、との情報を戴きましたが、詳細は不明です。 

(2)11月13日毎日新聞東京版の夕刊記事 http://mainichi.jp/select/opinion/kaneko/news/20081113dde012070005000c.html 早い話が:ブータンの王は残った 

(3)10月に出た本・・・・未見につき詳細不明

『お浄土があってよかったね』  副書名 医者は坊主でもあれ  発行所=樹心社  発売所=星雲社 著者:宮崎幸枝 2,100円(本体2,000円+税)

第3章 来てよかった!―いのちを見つめる旅  無限大のおおらかさを―インドの旅  青嶺と死の淵を見た―チベット(西蔵)の旅  理想郷・神秘の小王国―ブータンの旅 ほか 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/11):即位式映像 

BBSのサイトに、プナカの儀式当日の模様を写した長いビデオがあります。http://www.bbs.com.bt/Sacred%20Dhar%20Ceremony.html

BBS側のサーバのスピードがきわめて遅いため、ダウンロードには非常に時間がかかります。 念のため。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/10): 戴冠式中国の報道

中国共産党の機関紙「人民日報」のサイトにブータン新国王戴冠式の記事がありました。 http://world.people.com.cn/GB/57507/8298037.html 

中国駐インド大使が出席しています。その他メディアでも戴冠式の記事がありました。  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/7):戴冠式動画、NHKニュース、新聞

(1)BBCの動画 http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7714132.stm 

(2)NHKの7日のテレビニュース記事(動画はありません) http://www3.nhk.or.jp/news/k10015220161000.html 

(3)新聞記事電子版5編(毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞、読売新聞、東京新聞) http://mainichi.jp/select/world/news/20081107k0000e030016000c.html

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/081106/asi0811061927001-n1.htm http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081107AT2M0602R06112008.html

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008110601000582.html  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/7): 戴冠式動画 

ビデオ画像を、英国のガーディアン紙のサイトにひとつ見つけました。 ナレーションはなく字幕説明とインタビュー(町の声+ロンチェン・ジグミ・ティンレ)だけなのですっきりしています。途中、日本人リポーターの声が背景に聞こえます。http://www.guardian.co.uk/world/video/2008/nov/06/bhutan-king-crowned  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/7): 戴冠式新聞報道

本日朝刊にブータン国王戴冠式関連の新聞記事あり。 昨日共同通信より配信あり。 

読売新聞「ブータン国王即位式」(写真あり)  産経新聞「28歳”幸福”の国王即位」カラー写真!  東京新聞「28歳、ブータン国王戴冠式」(写真あり」 

朝日新聞、 毎日新聞はまったく、なにも載ってません。日本経済新聞は未チェック。

産経ー東京ー読売の順で記事の大きさが小さくなる。 産経はカラー写真。 東京と読売の写真は同じ。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/6):千葉県率中央博物館ブータン展示

 ヒマラヤの神秘 −ブータンの自然と人々の暮らし−   ブータンの豊かな自然と文化を標本や民族衣装、写真で紹介します。 

開催期間:平成21年1月17日(土)〜2月22日(日) 

●主な展示:動植物の標本、民族衣装、民具等 

●主な催し物  講演会 午後2:30-3:50 ・1/17(土)今枝由郎(フランス国立科学研究センター):ブータンの魅力 

 ・1/25(日)平山修一(大東文化大学):ブータンの家と城 ・2/15(日)大澤雅彦(東京大学):ブータンの自然と人 

参加型講演会:みんなのブータン体験 12:50-2:20 ・第一回:1/25(日)第二回:2/15(日) 

民族衣装体験:毎週日曜日12:30-3:30 協力:日本ブータン友好協会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●出演者募集:千葉県立中央博物館では、皆様のブータン体験談を募集しております

 ブータンで撮影した写真を映写し、ブータンで体験した珍しい話やおもしろい失敗談を「参加型講演会:みんなのブータン体験」で10分程度、お話し下さる方を募集します。

司会者との会話形式で話を進めますので、原稿などは不要です。(もちろん、司会者を無視して10分間しゃべりまくってもかまいません)お気軽にお申し込み下さい。

 申込方法:映写する写真を入れたCDと、氏名、連絡先、参加希望日を記した紙を千葉県立中央博物館 斎木健一までお送り下さい。

問い合わせ先:千葉県立中央博物館植物学研究科 斎木健一   260-8682千葉県千葉市中央区青葉町955-2  電話:043-265-3921   e-mail:saiki@chiba-muse.or.jp

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (11/6): ブータン国王戴冠式

(1)

http://www.afpbb.com/article/politics/2535892/3500463

ブータンの首都ティンプー(Thimphu)のタシチョ・ゾン(Tashichho Dzong)で行われた、ワンチュク王朝の第5代君主、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク(Jigme Khesar Namgyel Wangchuck)国王の戴冠式(2008年11月6日撮影)。

【11月6日AFP】ブータンの首都ティンプー(Thimphu)で6日、ワンチュク王朝の第5代君主、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク(Jigme Khesar Namgyel Wangchuck)国王(28)の戴冠式が行われた。 

国王としては、王国から立憲君主国への移行後初で、また世界最年少となる。

同国王は英オックスフォード大学(Oxford University)への留学経験も持つ。

戴冠式は、国王の執務室と行政府、ブータン仏教の本山があるタシチョ・ゾン(Tashichho Dzong)で行われた。(c)AFP

 

(2)

http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110601000582.html

ブータンで国王戴冠式 28歳「世界最年少」

【ティンプー6日共同】ヒマラヤの山岳国ブータンの首都ティンプーの王宮で6日、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(28)の戴冠式が行われ、正式に即位した。ブータン政府当局者は、世界最年少の君主としている。

国王は父である前国王から2006年12月に譲位された。

ブータンでは今年3月に初の総選挙が行われ、7月には絶対王制から立憲君主制に移行。民主化プロセスの終結を受け、内外に正式即位を披露した。

戴冠式では、吉兆を意味する8つの宝を象徴する品々などが僧侶から国王に授けられ、祝福を示す白いスカーフが渡された。式には、隣国インドのパティル大統領やブータン大使を兼務する日本の堂道秀明・駐インド大使らが列席した。

 

(3)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008110600531

ブータンで国王戴冠式=民主化後、初の君主

【ニューデリー6日時事】ヒマラヤ山脈の王国ブータンの首都ティンプーで6日、ワンチュク王朝の第5代君主、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(28)の戴冠式が行われた。 

ブータンでは今年7月に民主化の総仕上げとして憲法が制定されており、立憲君主国への移行後、最初の国家元首として正式に王位を引き継いだ。(2008/11/06-14:25)

 

(4)

http://www.web-tab.jp/article/4960/

ブータン、きょう第5代国王の戴冠式 世界最年少の国王が正式に誕生

【ティンプー 11月5日 IANS】ブータンの首都ティンプーで6日、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク第5代国王の戴冠式が行われる。

英オックスフォード大学への留学経験を持つ同国王は現在29歳。

6日の戴冠式では、世界最年少の国王が正式に誕生することになる。

同国のジグミ・ティンレイ首相は報道陣に対し、「国民は戴冠式を心待ちにしています。

わが国は本格的な議会制民主主義への移行期にありますが、国民は現在も君主を大いに敬い、信頼し、慕っています」とコメントしている。

17世紀に建設され、現在は政府庁舎として使用されている「タシチョゾン」で行われる戴冠式には王室関係者をはじめ、インドのプラティバ・パティル大統領、インド国民会議派のソニア・ガンジー総裁をはじめとする各国要人が出席する予定。

ジグミ・シンゲ・ワンチュク第4代国王は2006年12月、長男のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク皇太子(当時)に譲位。

以来、王室関係者は占星術に従い、戴冠式にふさわしい日取りを待っていたとされる。

国民からの信望が厚かったことで知られるワンチュク前国王は2001年以降、絶対君主制から議会制民主制への移行に向けて積極的に取り組んできた。

2006年12月の譲位に伴って議会選挙の実施が発表され、ブータンでは昨年12月に初の国政選挙となる国民評議会(上院)議員選挙、今年3月に国民議会(下院)議員選挙が実施された。

また今年7月には同国初の成文憲法が採択されている。

議会制民主主義への移行が着々と進むブータン。国家元首は国王のままだが、議会は全議員の3分の2以上の賛成で国王不信任を決議することができる。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/4):NHKニュース(ブータン 新国王即位式)、日刊紙 

(1)NHKの動画ニュース http://www3.nhk.or.jp/news/k10015119681000.html ブータン新しい国王の即位式

ことし、100年余り続いた王制が終わり、立憲君主制に移行したばかりのヒマラヤ山脈の国ブータンで、1日、28歳の新しい国王の即位式が執り行われました。第5代の国王、ワンチュク国王の即位式は、西部の旧都プナカにある城さいで、新旧2人の国王とブータン仏教の大僧正の、3人だけが出席し、王室の伝統にのっとって行われました。式を終えたワンチュク国王が城の前庭に姿を見せると、集まった人たちは民族ごとに異なる伝統の歌や踊りを披露し、28歳の若き国王の即位を祝っていました。1907年以来、王制が続いてきたブータンでは、新国王の父親が立憲君主制を採用する方針を打ち出し、おととし、息子に王位を譲ったあと、2年近くにわたって後見役を務めてきました。そして、ことし3月にブータン初の総選挙が実施され、立憲君主制への移行も終わった今のタイミングで正式に新国王の即位式を行うことになったものです。立憲君主制の下では、国王は65歳で退位することと定められているほか、国王に対する不信任決議を行う権限が議会下院に与えられており、ワンチュク国王は、今後、こうしたユニークな制度の下で国家の象徴的存在として執務にあたることになります。即位式とは別に、今月6日には首都のティンプーで国王の戴冠式が行われる予定で、集まった国民ひとりひとりが国王にスカーフをささげ、祝意を表すことになっています。

 

 

(2)産経新聞記事 http://sankei.jp.msn.com/world/asia/081101/asi0811010917002-n1.htm

ブータン初の日刊紙が創刊 遠隔地への配達は1週間 2008.11.1 09:14

[ティンプー(ブータン) 30日 ロイター] ヒマラヤ山脈に位置する仏教国ブータンで30日、同国で初めての日刊紙「ブータントゥデイ」(全8ページ)が発行された。しかし、同国では通行可能な道路がほとんどないことから、ポニーと徒歩による配達のため、遠隔地に届くには1週間を要するという。新聞1部当たりの料金は5ヌルタム(約10円)。同紙は英字紙だが、同国の法律に基づき、現地語版もまもなく発行されるとみられている。同国では、2006年までは、2週間ごとに発行される国営紙のみだったが、同年に民間のいずれも週刊紙ブータンタイムズとブータンオブザーバー2紙が参入した。   

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/3):戴冠式補足情報

ティンプーの理絵さんから戴冠式の補足情報を戴きましたので転送します。 

1974年の第4代陛下の戴冠式の時のタシチョ・ゾン内でのセレモニーとチャンリミタンスタジアムでの映像、さらに当日の式次第を書いたものを入手してありますので、今回の第5代陛下戴冠式映像が入手できたら比較してみようと思っています。

 

山本から補足:この文中の「義父」と書かれている方は、第4代国王戴冠式の後のチャンリミタンスタジアムでの映像などで国王陛下の側にいらっしゃる軍服姿の方の事です。

国王を除くと、ブータン陸軍の最高位の方です。 

---------------------------------------------------- 

11月1日の儀式の様子は、BBS(ブータン国営放送)により全県にライブ中継されました。私も朝8:00からテレビの前にかじりついて見てました。

メインの神聖の間(シャブドゥン(ブータンの建国者と言われている)のご遺体が安置されている間)での儀式は、代々王様とジェ・ケンポしか入れませんので、中継されませんでしたが、その後の儀式やお祝いのカダ(白い布)を第四代国王、ロイヤルファミリィを始め、出席者達が第五代国王に渡されている様子は全て中継されました。 

少し話しはずれますが、義父にとって、今回の儀式は三回目の出席となりました。「最後の楽園」と称され、平和の象徴の様な国と見られているブータンも実は平坦な道ばかりを辿ってきたわけではありません。その事を想いながら、義父が第五代国王にカダを渡している映像を見た時は、やはり涙が出てしまいました。 

このゾン内部での儀式の様子(中庭でのカルチャープログラムを除く)は、BBSの撮影のみとなりましたので、その映像をご覧になりたい方は、近々 kuzoo.net にUPされますので、そちらの方をご覧になってみて下さい。 

そして11月2日、第五代国王は、プナカから首都ティンプーにお帰りになられました。しかしその道中、王様は、周りがびっくりされる程歩きに歩かれまし た。プナカでもティンプーでも。車で通過するだけの地点でも、子供達がいると車から降りて、人々と交流されました。 

ティンプー市内に入る前のシムトカ(ブータンで一番古いお寺の一つと数えられる)辺りから、王様は突然車を降りられて、高速道路を数キロに渡り、ティンプー市内まで、沿道の人たちと交流しながら歩かれました。王様と一緒にご姉妹、ご兄弟であられる王子様や王女様達も皆歩かれ、王様からとして、記念コインを配布されておりました。 

今の時期、西日はとても強く、その強い陽射しの中を王様を始め、ロイヤルファミリィが汗だくになって、歩かれているお姿は、人々の心を強く打ちました。 特に王女様達はあの民族衣装のキラを着て、ハイヒールで歩かれていたのですから、私なんて言葉が出ませんでした。 

うちの家の近くのシムトカ辺りでは、王様を歓迎する為に、学生さん達が朝の10時から高速道路沿いで待ってました。実際王様がこちらに到着されたのは2時30分過ぎ。高速道路沿いは全く日陰になる様な所が無いので、私は「よく皆倒れなかったな〜。」と感心していたのですが、王様から頂いたコインを手にし、日焼けで真っ赤に火照っている顔に笑顔を浮かべながら、「お目にかかれただけで、本当に感動した」と皆が皆口々に言っているのを聞きながら、「やはり王様は、人を惹きつける何かをお持ちなんだよな〜」、と一人感動しておりました。 

11月6日の即位の儀式、もちろん私も出席する予定です。何時間待つ様になるか分かりませんが、、、、、、。倒れない事だけを祈るのみです。(笑)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/2): 戴冠式報道速報

 

ティンプーの薫さんからの速報をそのまま転送致します。

なお、2日の「おはよう日本」を録画された方がいらっしゃいましたら、御一報ください。山本けいこ

----------

 

Subject: ブータン新国王即位「NHKおはよう日本」にて11月1日放送されました

11月1日ブータン時間午前、プナカゾンのマチェ・ラカンにて新国王即位の儀式(秘儀のためBBSも取材できず)が行われました。

新国王の即位に前国王が立ち会うというのはもちろん初めてのこと。

マチェ・ラカンは王とジェ・ケンポ(大僧正)しか入れない特別の場所。

つまり11月1日に正式に、民主化ブータンの初の王(ドゥルック・ギャルポ)が誕生したわけです。

その後、同ゾンのクェンレイにて、王族・政府高官・高僧・プナカ県関係者が一同に参列し、祝賀法要が営まれました。

クンレイの主尊である仏陀像の前(中央)に新国王、その左にジェ・ケンポ・トゥルク・ジグミ・チョダ、新国王の右手に4代国王。

戴冠の儀は6日午前タシチョ・ゾンにて行われる予定。BBSは朝から生中継でがんばりました。

 

NHK東京はただ1つの外国メディアとしてプナカ・ゾンでの映像を独占で11月2日の「おはよう日本」にて配信いたしました。

この映像はうれしいことにブータンでもNHKワールドで見ることができました。

 

本日11月2日、新国王はドチュラを越えて首都ティンプーへ戻られ、沿道に待ち受ける国民の歓迎を受けられました。

ティンプー市内に入られてからは、なんとノルジン・ラム(メインストリート)を歩かれながら国民と親しく交流されました。

もちろんプナカから夕べ引き返してきたNHK、この様子をしっかり取材。

引き続き、6日の定時ニュース、7日の「おはよう日本」、「BSきょうの世界」などで、ブータンの映像を放送の予定です。

また、11月9日には「海外ネットワーク」で、首都ティンプーから中継も予定しております。

 

6日からの1週間の連休なんて、シデ・ブータンには関係なく、通訳のジュルミをはじめスタッフ一同、

いい取材となるべく、がんばっております。

交通規制など、いろいろ厳しくて大変です。

皆様、お時間がありましたらぜひNHKにご注目下さい。

 

青木 薫(AOKI Kaoru) Zhidey Bhutan Tours & Treks(シデ・ブータン・ツアー・アンド・トレック)www.zhideybhutan.com <http://www.zhideybhutan.com>  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/1):急告:戴冠式報道

本日(1日)より始まる一連の儀式を取材するために、NHK東京チームが特別取材許可を取得しました。

大きな事件が飛び込んだり、西ブータン一帯が停電にならない限りは、夜の19時以降の定時ニュースで放送の可能性ありです。

 その後も随時、スポット放送が配信される予定です。 

現時点での放送予定: 11月6日 夜の定時ニュース  11月7日 「おはよう日本」のなかでどこか  11月9日 「海外ネットワーク」18:10〜18:45の間のどこか  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/30):『ザ・カップ』一晩だけの上映会  http://discopan2.net/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/25):シムトカ・ゾン、他 

ティンプー の IKさんから、ニュースと写真を戴きましたので転送します。

----------

(1)10月14日にシムトカゾンのコンセクリエイションが行なわれました。ダブルキングもお見えになって、本当に盛大に行なわれました。

警備が甘く、招待客しか入れないはずのところにも一般の方が入り込んでいたりして、なんだかごちゃごちゃして普段のこういったイベントとは違った雰囲気ではありましたが。

     

 

(2)11月2日にパンリザンパ占星術学校のコンセクリエイションがドナー(オーストリアのNGO)を招いて行なわれる予定でしたが今朝方、来年に変更すると決定が下されました。

ドナーの皆さまはいらっしゃるので、軽くイベントは行うそうですが・・・ 突然すぎてびっくりですが、コレがブータンですね(笑)。

 

(3)また12月は12日にデチェンプラカンのコンセクリエイションの予定が組まれております。まぁ、予定は未定ではっきりは分からないのですけれど。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/20): ブータンJOCV(青年海外協力隊)20周年ブログ開設  http://jocv20bhutan.com/blog/ 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/15):ミスブータン2008    ブータンでミスコンテストって、はじめてかも知れません?

 ミスブータン2008が選ばれました。他にミスタレンティドとミスフォトジェニックも選ばれています。

http://www.topix.com/world/bhutan/2008/10/tshokey-tshomo-crowned-miss-bhutan-2008   

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/12):西岡里子氏展示会  http://www.geocities.jp/bh_kurakuen/sub5.html

会期:2008年11月19日(水)〜30日(日) 火曜定休   営業時間 11:00AM〜6:00PM

会場:「ぎゃらりぃ風趣」 千葉県船橋市芝山1-28-12 (地図:http://www.fu-shu.com/exhibit/accessmap) 東葉高速線(東京メトロ・東西線直通乗り入れ)飯山満(はさま)駅 徒歩7分 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/12):AERA、早稲田祭 

(1)11月2,3日の早稲田祭で学生達による「ブータン発表」が予定されています。 現時点では2日、という日程以外不明ですが、詳細が決まり次第お知らせします。 

(2)朝日新聞の週刊誌「AERA」10月6日号(9月29日発売)に以下の記事があり 大脳博物館. 養老孟司●世界の最先進国はブータン   

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/6):ヒマラヤ映画祭2008年

ヒマラヤ映画祭2008年でブータンのドキュメンタリー上映  http://www.himalayafilmfestival.jp/e/filmtitle/Bhutan(e).html 

関係アドレスを列挙しますので、詳細は下記をお調べください。 http://www.himalayafilmfestival.jp/index.html  

http://www.himalayafilmfestival.jp/timetable.html  http://www.himalayafilmfestival.jp/filmtitle/thunderdragon.html  

http://www.himalayafilmfestival.jp/filmtitle/letters.html  http://www.himalayafilmfestival.jp/filmtitle/Bhutan.html 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/30):ブータンで11月に戴冠式、スケッチ展

 

(1)共同電を掲載した産経ニュース   http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080929/asi0809292215003-n1.htm   ブータンで11月に戴冠式

 ブータン政府は29日までに、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク現国王(28)の正式な戴冠式を11月6日に首都ティンプーで行うことを明らかにした。

民主化を進めた前国王は2006年12月に息子である現国王に譲位。ブータンでは国民議会(下院)選挙が今年3月に実施され、7月には新憲法が制定されて絶対王制から立憲君主制に移行した。(共同)

  

(2)ブータン・スイス・スケッチ展   主催:小谷悦夫  山陰在住の5人の油絵など約50点

日時:平成20年10月1日(水)〜10月6日(月) 午前10時〜午後6時  会場:鳥取県米子市灘町の丸京庵市民ギャラリー  料金:無料    問合せ:丸京庵 TEL 0859-31-0285  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/26):グローバルフェスタJAPAN2008       今年もやって来ました、「グローバルフェスタJAPAN」の季節が!   10月4日(土)と5日(日)、日比谷公園で開催されます(入場無料) http://www.gfj2008.com/   早稲田大学の「地球体験から学ぶ異文化理解」の発表が予定されています。お越しの節はぜひお立ち寄りください。   私は衣装の着付けで早めに行っています。お気づきになりしたら「Bニュース受信者です」と、お声をかけて下さい。     --------------------------------------   10月5日(日)10:30から11:00にかけて、JICAブースで今年度のブータン実習の報告を行います。 ブータン民族衣装姿でお出迎えします。   https://www.wnz.waseda.jp/syllabus/epj3041.htm? pKey=9A000001060120089A000001069A&pLng=jp&pPage=1    

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/25):2件

(1)読売新聞の23日の記事関連で、原典のトランスペアレンシーインターナショナルのウェブサイトに当たりました。

ブータンのクリーン度は南アジアで一番の45位(10点満点の5.2)です。 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080923-OYT1T00448.htm?from=navr

汚職状況、日本はクリーン度18位・トップはデンマークなど3国

 

(2)国連ニュースセンターの記事

今年に入って5,000人以上のブータン人難民がネパールのUNHCRキャンプから第三国に出国し、定住を開始している。

今年中に2,000〜3,000人がさらにネパールから出国する予定。  http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=28172&Cr=&Cr1=

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/23):講演

 

(1)本林靖久氏のブータン講座

 文化人類学的な見地から3回シリーズ(第1回目終了) 

 場所:阪急淡路駅または地下鉄淡路駅下車 徒歩5分 「アジア図書館」にて  費用:6000円(図書館会員は5000円)  時間:午後7時〜9時  日程:9月20日(土)・10月4日(土)・10月18日(土)の3回シリーズ  定員:20名ほど ⇒今のところ、申し込み受講者は13名ほどです。

 詳細はホームページより http://www.asian-library-osaka.org/sub3.html

(2)今枝由郎氏のシンポジウム 『豊かさと幸せ』 国民総生産VS.国民総幸福 〜ブータンに魅せられた東洋仏教史家と考える、幸せとは? 豊かさとは?〜

 1部 今枝先生の 基調講演 「『平和と幸福を通じての繁栄』〜経済発展至上主義からの脱皮〜」

 2部 今枝氏をはじめ、岩井克人氏(東京大学経済学部教授)、大田弘子氏(前経済財政政策担当大臣)によるパネルディスカッション 「持続可能で『豊か』な社会をめざして」

 場所:京都大学時計台記念館  日程:10月18日(土)  時間:13時30分〜16時50分(12時30分会場)  費用:無料 

 定員:500名 ⇒現在、一般からは150名ほどの応募のようです。応募締め切りは10月10日予定。定員になり次第締め切り。

詳細はホームページより ⇒ここから参加申し込みもできます http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2008/081018_1.htm

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/23):記事 

ニコス会員誌『NICOS magazine 10』に、14ページのオールカラー・ブータン記事があります。なお14ページ中2ページは例によってアマンの記事です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/16):ブータン記事掲載雑誌『FRaU(フラウ)』

 『FRaU(フラウ) 2008年10月号』 講談社 「吉田 修一 ブータン紀行 前編」・・・・例によって、8ページ中2ページがアMン・コラ の記事です。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/11):JICA理事長表彰、憲法発布と国会閉幕時の模様 

(1)1983年に国連ボランティアとしてブータンに赴任されて以降、青年海外協力隊調整員、JICA専門家として何度めかブータン赴任を経験された津川さんが表彰されます。ささやかなご縁のある者として大変嬉しいです。 

現在ブータン地方行政支援プロジェクトの専門家をされている津川智明(つがわともあき)さんがJICA理事長表彰を受けられます。

津川さんは、国連ボランティア,JICA専門家3回、青年海外協力隊調整員の計5回ブータン在住合計12年を超えておられます。

http://www.jica.go.jp/press/2008/20080909_1.html

 

(2)JICAの「ブータン国営放送能力強化プロジェクト」のホームページにブータンの憲法発布と国会閉幕時の模様が写真入で報じられていました。

http://project.jica.go.jp/bhutan/0700530/news.php

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/5):ブータンメディアの邦訳 ブログ 「ヤクの散歩道」http://blog.goo.ne.jp/yakyakyak 不定期ですがブータンメディアの邦訳が掲載されています。 

(9/5):月刊「卓球レポート」2008年9月号「ブータン 精神的な幸福を大切にする国」植田清仁 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/2):TV番組、交流協会設立、 

(1)TV番組 「世界の果てまでイッテQ!」  9月7日(日) 19:58 〜 20:54 日本テレビ

ブータンで森三中(大島&黒沢)が挑戦しました! 世界一辛い料理を食べ続け、この高所を自転車で移動するとどれだけやせるのか? 

(2)中日新聞愛知晩の9月2日の朝刊の記事 半田ブータン青少年交流協会設立 http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080902/CK2008090202000036.html

ブータンと草の根交流 半田に青少年交流協  交流協会会長松石さんのブログはHP『ブータン館』リンク集にあります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8/28):新刊本

『ヒマラヤの青いケシとその仲間たち メコノプシス栽培への挑戦』

続木忠治  文一総合出版  2800円+税  127ページ

ブータンの文字は4ケ所しかありませんが、全編ケシの話です。 価格の割に写真のできがいまひとつ、という難点はありますが、一見の価値はあります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8/26):ブータン国王戴冠式関連記念行事

1.ブータン研究センター(CBS)は、ブータン君主制に献辞を呈する書籍を出版予定

2.ゾンカ開発委員会は国王の戴冠と建国100周年を記念する資料集(ゾンカ、英語)を出版予定 

3.教育省は、若者を対象に「ブータンのユニークな民主制度への歩み」と題して論文コンテストを開催予定 

4.「Kuensel」と「Bhutan Times」といった印刷メディアは、第5代国王の戴冠についての写真集と第1代国王から現国王にいたる民主化への移行の足跡をたどる本の出版を予定

5.ブータン国営放送(BBS)は、歴代の君主を題材にしたドキュメンタリー番組を制作予定

6.BBSは、戴冠式の模様を生中継の予定 

7.「Bhutan Times」,「Bhutan Observer」,「Kuensel」は、100周年記念ロゴと国王と君主制についての新聞別冊を発行予定 

8.ブータン映画協会は、戴冠記念式典中、ブータンの映画を上映予定 

9.ブータン映画協会は、記念式典開最中、国際的な仏教映画ショーを公開の場所で上映予定 

10・ブータン郵便局は、君主制に献呈して様々な切手を発行予定 

11.最初に発行されたものから現在に至るブータン切手の展示会も開催予定 

12.ティンプーの公共交通の改善のため、12台の(トヨタ)コースターバス(ミニバス)を購入予定 

13.民間航空局は、空港関連整備を完了 

14.情報技術(IT)局は、戴冠式と、100周年記念式典のウェブサイトを制作し、第5代国王の誕生日に掲載している 

15.ブータン通信公社(BT)は、携帯電話の地上局を拡張し、地方の式典会場に携帯電話サービスを展開予定 

16.Druk Airは式典期間中のフライトスケジュールを見直し、機体屋、機内誌、座席に戴冠式と100周年記念のロゴを表示予定 

17.道路安全交通局では、公共交通制度の進展を表す記号を考案した 

18.ブータン警察(RBP)では、ノルジン・ラムから交差点までの間を戴冠式展中、駐車スペースとして閉鎖予定 

19.情報メディア局は、式典期間中パロとティンプーにメディアセンターを設置する 

20.ホテルでは、式典期間中の外国メディア宿泊客にパンフレットを配布する 

21.3日間の式典中、チャンリミタン競技場では、文化的な催し物やゲーム、スポーツが開催される 

22.ティンプー市内の公開スペースでは、祭典や文化的な催し物が繰り広げられる 

23.王立演芸アカデミーや民間の娯楽グループが、式典中の催し物に参加する学生や一般市民を訓練している 

24.仮面舞踊の踊り手は中央僧侶集団により訓練中 

25.式典での外国からの演技者も参加予定 

26.12月にはクラシックカーによる国内冒険レースも予定されている。カーレースはヨーロッパからパキスタン、インド経由でブータン国内を経てティンプーが終点である 

27.ホテルでは従業員のサービス向上のための訓練が行われている 

28.観光局では燃料のサーチャージに加えて、観光料金表の見直し新しい料金表を適用し、外国人コンサルタントが国内宿泊施設の分類、サービスの標準化に着手している 

29.式典に参加する外国賓客のリストアップが行われており、接遇者の選抜と訓練が行われた 

30.外国賓客(VIP)用の車両が外務省予算で購入された 

31.国王戴冠記念の通貨と紙幣、メダルの発行 

32.チャンリミタン競技場の改修はほぼ終了 

33.ティンプー市役所による野菜市場の改修と公衆トイレの設置 

34.内務文化省によるタシチョゾンのツェチュ観覧席とメモリアル・チョルテンの改修 

http://www.bbs.com.bt/Preparation%20for%20Coronation%20and%20Centenary%20Celebration%20almost%20complete.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8/25):4件

(1)第5代国王陛下の戴冠式と祝賀行事の日程  11月6日 第5代国王陛下の即位の式典(ティンプー)   11月7日・8日にチャンリミタンスタジアムで祝賀行事 

これらの日程は、占星術によって定められたそうです。  

(2)http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2509226/3250082  温暖化でヒマラヤ山脈の水源に迫る危機、13億人に影響 

(3)個人ブログに「ブータン初五つ星ホテル" Taj Tashi "」の写真がアップされていたのでお知らせします。  http://ameblo.jp/bouz69/entry-10129824412.html

(4)「地球幸福度指標」と「世界幸福度マップ」が一枚にまとめられています。  http://blogs.yahoo.co.jp/ken_diet/25127373.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8/23):シンポジウム

『ブータンの食用野生植物図鑑』完成記念として、信州大学農学部で11月(日程未定)に国際シンポジウムを開催予定。 

ブータン人研究者を招いて講演してもらう予定。 日本国内からもブータン関係の農学・植物学研究者を2名ほど招いて実施。

詳細が判り次第続報を掲載します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8/22):数件まとめて

(1)ハイライツ ブータンの通信事情--南アジア地域の情報先進国を目指して、著者 山口 順也 (ヤマグチ ジュンヤ)

雑誌名 ITUジャーナル Journal of the ITU Association of Japan 、 出版者・編者 日本ITU協会 、 巻号・年月日 38(7) (通号 443) [2008.7] 、 ページ 64〜67

 

(2)上田晶子さんが味の素から研究助成金を受けて行った辛子の研究の報告が掲載されています。

タイトル 食文化研究助成成果報告書. 第15回 第1巻、 出版者 味の素食の文化センター、 出版年 2005.12 形態 1冊 ; 31cm

内容細目 ブータンにおけるアイデンティティー形成に果たす食文化の役割 / 上田晶子著 他に8人の方々がさまざまな研究発表を(この8件の中にブータンは無し)

 

(3)雑誌名 道路建設 、 出版者・編者 日本道路建設業協会 、 巻号・年月日 (707) [2008.5] ページ 1〜8

論題 世界の道 小さな王国ブータン--国民総幸福量大切の世界 、 著者 伊佐 九三四郎  

 

(4)Druk AIrの7月1日から10月25日までのフライトスケジュールを見ていて、10月1日から土曜のみバンコクーパロ間の往復が2便あることになっているのに気づきました。

バンコクーパロは10月1日から2便 バンコク(0550)ーダッカーパロ(0900) KB127 バンコク(1400)−パロ(1600) KB129 ついに直行便が飛びますね。

 10月1日からパロ(0950)ーダッカーバンコク(1500) KB126 7月1日からパロ(070)ーガヤーバンコク KB122

 Druk Airでは今年に入り独自のe-チケットシステムを導入していますが、本邦からは同システムへの予約情報入力が一切不可能な状況が続いていました。

このたび、本邦でドゥルック・エア指定販売代理店(株)エージーティが事業を開始し、本邦でドゥルック・エアの指定販売代理店からe-チケット航空券を直接購入することが可能となり、またこれにより空席情報等についても入手できるようになりました。

住所 港区愛宕1−1−9、 電話 03−5472−7747 

 

(5)毎日新聞山梨版の記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000125-mailo-l19 見る:写真家・井津建郎さんの作品展「ブータン 内なる聖地」 /山梨 

 

(6)共同通信の配信記事 日本政府はネパールにいるブータン難民を受け入れる方針のよう、 http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008082101000634.htm 

 

(7)朝日新聞のサイトに掲載されている記事  http://www2.asahi.com/olympic2008/news/TKY200808100118.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8/8):SAARC、アムネスティ奈良

(1)SAARCサミットの模様を伝える記事  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-03/2008080307_01_0.html

2008年8月3日(日)「しんぶん赤旗」 食料暴騰や投機に懸念 南アジア地域協力連合 首脳会議始まる

 

(2)アムネスティ奈良グループ人権セミナー「忘れられたブータン難民」

日時 2008年9月13日14時〜17時(開場13時半) 会場 奈良市男女共同参画センター「あすなら」会議室1(JR奈良駅下車3分、ホテル日航奈良のあるビル2F)

講師 マンフレッド・リングホーファーさん AHURA JAPAN (Association of Human Rights Activists)代表  

参加費 ¥500 (18才以下無料) 問い合わせ 186−090−4279−7388(小谷)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8/3):SAARC  直接ブータンに言及してはいませんが、朝日新聞8月3日づけ朝刊のSAARC関連記事がありました。  

SAARC に関しては http://ja.wikipedia.org/wiki/SAARC を参照願います

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8/1):日本ブータン友好協会主催「ブータンサロン」

 一般の皆様のご参加大歓迎です。 ご希望の方は必ず日本ブータン友好協会事務局(info@japan-bhutan.org)あて、8月25日までにお申し込みください。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8/1):新聞雑誌記事

(1)産経新聞記事  http://sankei.jp.msn.com/world/china/080731/chn0807311740001-n1.htm  ヒマラヤ越えチベット脱出が激減 国境警備強化  2008.7.31 17:40 

(2)財団法人ユネスコアジア文化センター(ACCU)発行のACCUニュースNo.368(2008年7月)にブータンの記事が掲載されていました。 http://www.accu.or.jp/jp/accunews/index.shtml 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/31):国民議会閉幕   5月9日開催の国民議会は7月29日閉幕   国民諮問議会法、国民議会法、選挙法、選挙基金法、議会授権法、国民投票法の6法案が可決成立

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=10889

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/25):新聞 本日(25日)読売新聞(朝刊)国際面に「ブータン国王の即位式11月6日」の記事あり。 小さいが国王の写真もあり。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/24):戴冠式、 トニーレオン結婚式続々報

(1)戴冠式

「クェンセル」http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=10839 <http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&amp;file=article&amp;sid=10839>

戴冠式の日取りが決まりました。11月6日、7日、8日です。6日はタシチョゾンの裏手の新設会場、7日、8日はチャンリミタンで式典だそうです。

 

「ロイター電」http://in.reuters.com/article/topNews/idINIndia-34646120080723?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

第5代ブータン国王の戴冠式は11月6日(式典は11月8日まで3日間)と決定した旨のロイター電

3人の占星術師が太陰暦のカレンダーから11月6日を即位の日として最良の日とした

外国からの賓客の招待は、きわめて制限されているようですが、インドの大統領と首相は招待されるとティンレイ首相が述べています

 

 

(2)トニーレオン結婚式続々報  ブータンのメディアでは「ブータンタイムス」が下記のような記事を出していますが、取材できるような状況ではないとか。

https://www.bhutantimes.com/modules/headlines/

http://edition.cnn.com/2008/WORLD/asiapcf/07/22/leung.wedding.ap/ index.html?section=cnn_latest

2つの高級ホテルは完全貸切で、他のツーリストももちろん、2キロ以内に近づけないという厳重な警戒ぶりだそうです。 どうも衣装は借り物?

 

 

「人民日報」日本語版の以下のアドレスをクリックすると「トニーとカリーナの挙式」の動画のアドレスを日本語で紹介しています。

http://j.people.com.cn/2008/07/22/jp20080722_91582.html

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/22):ブータン憲法発布 

7月18日にタシチョゾンで5代国王、国民議会議員、国民評議会議員が憲法に署名しました。

4代国王、僧侶団、王族、政府指導者、外国使節、ブータン社会の代表者が署名を見守りました。

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=10807 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/22):トニーレオンとカリーナ結婚衣装写真     http://japanese.cri.cn/151/2008/07/21/1s122424.htm   http://jp.eastday.com/node2/node3/node16/userobject1ai38757.html    

 

中国共産党機関紙「人民日報」の日本語サイトにも「トニーとカリーナのブータンでの挙式」に関するニュースがありました。

http://j.people.com.cn/2008/07/22/jp20080722_91545.html

 

写真と様々なニュース

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0715&f=entertainment_0715_005.shtml

http://www.crunchyroll.com/forumtopic-267921/Tony-Leung-and-Carina-Lau-married-yesterday-in-Bhutans-royal-palace.html?pg=0

http://www.iht.com/articles/ap/2008/07/22/arts/AS-CEL-Tony-Leung-Bhutan-Wedding.php

http://www.asianbite.com/default.asp?Display=1518

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/19):ブータン初の成分憲法施行

2008年7月19日づけ朝日新聞(朝刊)が、18日(金)第5代国王陛下がブータン初の成分憲法(http://bhutan.fan-site.net/gaikoku.htm)に署名されたことを報じています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/17):食用野生植物、新刊書 

(1)ブータン王国西部地域における食用野生植物利用とその伝統知識に関する調査報告(第三次調査)

https://soar-ir.shinshu-u.ac.jp/dspace/handle/10091/1042  発行日:|24-Mar-2008 信州大学農学部紀要. 44(1-2): 9-20 (2008)  

(2)「宇宙から見た地球」(ニコラス・チータム著) 2008年6月30日発行  河出書房新社 3800円  29x25cmの大きな本です。

 ISBN 978−4309−25221−6 タイトルどおり宇宙から見た地球  P94-95に「ヒマラヤの氷河 ブータン」 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/16):資料2件、ブータンの反腐敗委員会のサイトが利用された犯罪

(1)ブータンという国--「国王主導」の民主化  小暮哲夫  婦人之友(2008年6月号) 婦人之友社 p31〜34,96〜97

 (2)ブータンの放送事情--国営放送局での番組制作と滞在記  松岡 準志 (マツオカ ジュンジ) 放送技術 (2008年6月)61(6) (通号 733) 兼六館出版 / 兼六館出版株式会社 〔編〕 p93〜99

(3)ブータンの反腐敗委員会のサイトが利用された犯罪についてのニュース記事 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080407/298218/  添付ファイルを使う「フィッシング詐欺」が再び出現 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/15):トニー・レオン ブータンで挙式? 

7月15日づけ 時事通信の有料サイトによれば、  ブータンで挙式? = 香港の女優C・ラウさんとT・レオンさん  

【香港14日時事】香港紙・星島日報は14日、21日に結婚する女優カリーナ・ラウさんと男優のトニー・レオンさんがインドの北東に位置するブータンでの挙式を予定していると報じた。

同紙によると、結婚式には80人が招待されているが、場所はまだ知らされていない。ブータンを選んだのは、ビザ取得が比較的難しく、観光客が少ないので、結婚式の場所が知られても、メディアが殺到する事態にならないと考えたからとされる。80人は19日、バンコクに集合。20日にチャーター機でブータンへ向かうという。(了)  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

(7/14):「ビッグイシュー日本版」、「国民総幸福」理論と実際、憲法発布、GNH 

(1)ホームレスの人々の自立支援雑誌「ビッグイシュー日本版」の97号(6月15日発売、300円)に「市民権か?難民か?」のタイトルで「ブータンに住むチベット難民の今」が報じられています。 http://www.bigissue.jp/backnumber/bn97.html

(2)ブータンに見る「国民総幸福」−理論と実際  早稲田大学の西川潤教授の論文  早稲田大学「アジア太平洋討究」第8号(2005年10月)  http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/handle/2065/13077

(3)11日付けのブータン国営放送のサイトの記事  国民議会議長が18日に国王が正式に憲法案に署名し、発布される旨公表しました。

July 11: The Draft Constitution of the Kingdom of Bhutan will be formally signed by His Majesty the King on July 18. National Assembly Speaker Tshogpen

(4)国際融合文化学会の電子学会誌「融合文化研究」第10号(2007年12月) 梅谷陽二(東京工業大学名誉教授、豊田工業大学教授、ロボット工学)

「国民総幸福度(GNH)と市民の幸福論ー概念図を援用した幸福追求の試みー」 http://atlantic.gssc.nihon-u.ac.jp/~ISHCC/index.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/13):朝日新聞記事(福井版)ブータン写真展  「楽園または天上へと辿る道」

大野市在住の写真家松田宗一氏が、ブータンの暮らし、風景を写した写真展を越前市の金剛院で、来月からあわら市でも開きます。 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/11):レジ袋、難民、クロスロード 

(1)ロイター電  http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-32679720080710  環境特集:世界各国のレジ袋規制一覧

ブータン─2007年に「グロース・ナショナル・ハピネス(国家全体の幸福)」政策の一環として、レジ袋や街頭広告などを禁止した。(前後略 詳細は上記HP参照願います)

  

(2)長崎大学のネパール研究者谷川昌幸教授の「ネパール評論」記事 http://nepalreview.spaces.live.com/blog/cns!3E4D69F91C3579D6!1094.entry

国際移住機関,連続攻撃

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると,東ネパール・ダマクの国際移住機関(IOM)が継続的に攻撃され,6月30日にも事務所付近で爆弾3発が爆発した。

どうやら,ブータン難民の第三国移住計画に対する妨害工作らしい。(後略 詳細は上記HP参照願います)

 

(3)9月発行の『クロスロード』10月号に、ブータンの建築隊員が集まって構成されている『建築友の会』が行なったワークショップの記事が掲載される予定

『建築友の会』は、現在ブータンで活動している建築系隊員(JOCVが3名、SVが5名)が、月1〜2回集まって勉強会を、2ヶ月に1回ほどは他の専門の隊員にも声を掛けてワークショップなどを行なっている。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/8):ブータンTV番組、インドのニュース

(1)6月27日の「Bニュース」で概報のTV番組に関する詳細が判りましたので、再度お知らせします。

http://www.bs-asahi.co.jp/zoomasia/index.html  http://www.bs-asahi.co.jp/  7月13日(日) BS朝日 夜9:00〜11:00 『奇跡の国ブータンから学ぶこと』

 

(2)インドのニュース  http://indonews.jp/2008/07/post-704.html  インド北東部2州、隣接の中国、バングラデシュとの貿易に前向き

インドと東南アジア諸国間の貿易拡大への取り組みが進むなか、インド北東部の州により、中国を含む隣接国との国境沿いに交易所を開設することが発表された。

アルナーチャル・プラデーシュ州と中国は国境線の位置について争っているが、同州のドルジー・カンドゥ知事は、「中国との国境沿いに交易所を開設することは、アルナーチャル・プラデーシュ州に繁栄をもたらすことになる」、「ブータン、中国、ミャンマーとの国境沿いに交易所を開設したい」と述べた。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/7):高校講座  NHK高校講座 現代文(NHKラジオ第2放送)  http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_genbun/

「ブータンの時間」今枝由郎(1)7月22日  (2)7月28日  (3)7月29日  時間はいずれも19:15〜19:35  講師:木村澄子  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/6):国会

2008年6月8日、総選挙後、初の国会が開かれました。マダムKが、BBSでのライブ映像を録画してくださいました。

TV画面に写し出したものを写真にしましたので画質はお粗末ですが、雰囲気だけでもと思いお送りします。

 

 着席前に五体投地をされる第5代国王陛下  議場

 

青いカムニ姿の国会議員達   傍聴席最前列には国王の御兄弟姉妹(?)

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/5):スミソニアンFolklife Festival

 

YYさんからお便りとともに場内写真をお送り戴きましたので、一人で楽しんではなんとも勿体無いと思いましたので、お裾分けです。

実物大にたてられた寺の前での儀式   タシゴマン(移動寺院)  

 

版築の壁を作っている    最初に行われるマチャンなどの一連の儀式

 

   食に関する日常体験   道化役アツァラ          

先週末、ニューヨークから急行列車で3時間のワシントンDCに 行ってきました。

たくさんの博物館や美術館を運営し、教育や学術を助 成している巨大な文化・研究機関「スミソニアン」が毎年夏に開く「Smithsonian Folklife Festival」という特別展示のテーマ が、第42回の今年は「テキサス州の食べ物と音楽」 「NASA」そして「Bhutan」の3つ。

6/25から始まっ た「ブータン」の会場は、ワシントンの中心にある広大な広場「ザ・ モール」のさらに中心部、ホワイトハウスから1キロ弱、議会からも1 キロ半ほどのところに、本物のブータン式お堂を1軒建て、さらに大小 いくつものテントに伝統工芸や生活の様子を展示、ツェチュのマスクダ ンスの舞台の回りには何百もの座席、そして本物と同じくらいの距離の ふたつの的を設置したアーチェリー場まで作ってありました。

ちなみ に、テキサス、NASA、ブータンのどれに入場しても、すべて無料 です。太っ腹・・・。

 

(注:以前は「Smithsonian Institution」という名前で「スミ ソニアン協会」などと訳していましたが、今はただ「スミソニアン」と いう名前でブランドを統一したようです。知りませんでした。創立者の 「スミソン」さんの名前からきているそうです。詳しくは下のサイト で。

「フォークロア・フェスティバル」という名前でこの行事のことも 書いてあります。

本文の一番上の写真の細長いグリーン部分が「ザ・ モール」です。)

http://www.si.edu/guides/japanese.htm

 

ブータンの展示は10年がかりの企画だそうですが、スミソニアン の資力と徹底した準備に感嘆しました。

それだけの準備をして、開催は 10日間だけです!先週末の入場者も結構な数でしたし(広いのでそれほ ど混み合っている感じはしませんが、お堂に入る人たちの長い行列ができていました。愛知万博のブータン館を、ちょっと思い出しま す・・・)、

今週末は独立記念日(7/4)が金曜日の3連休とい うこともあり全期間の来場者は150万人、という予想もありま す。

上記の3つの展示すべてを含めてなので全員がブータン展に入るか どうか不明ですが、10日間でブータンの国民の倍くらいの数の入 場者があるかもしれません。

いかにも米国らしいさまざまな肌の色の来場者が、興味津々で展示をながめ、手にとり、ブータン人にどんどん質 問を投げかけています。

来場者数から言っても展示の規模や内容から 言っても、「本格的なブータン体験」の催しとして前代未聞のものだと 実感しました。

 

歩き回っていると、何人ものブータン人の知り合いや、ブータン関係の 外国人と出会って、何だかまるでティンプにいるみたいです。

ブータン 人や外国人が行き来する中を広大な会場を歩いていると、マスクダンス の「伴奏」の音やアーチェリー競技のかけ声が遠くから聞こえてきて、 気分はツェチュの会場そのもの。

ところがちょっと見回すと、向こうに は西洋の古城を模したスミソニアンの本館や、いくつもの巨大な博物館 や美術館、連邦政府官庁の建物、さらには米国議会の白いドームやワシ ントン大統領記念塔などが並んでいる、という不思議な空間でした。

 

ワシントンに来ているブータン人は、大工や職人、マスクダンサーたち を含めて総勢約140人。

新内閣の内務・文化大臣(ロンポ・ミン ジュ・ドルジ)と教育大臣(ロンポ・タクル・シン・ポウデル)、文化 委員会代表のダショー・サンゲ・ワンチュック、パロ博物館長のケン ポ・プンツォ・タシ、元環境副大臣のダショー・パルジョー・ドルジを はじめ、政府関係の文化行政や観光関係の組織の職員らが、現地スタッ フや解説要員として来ています。

僧侶、ダンサーや職人たち、ラヤの村 人(ヤクの皮で作った遊牧民の黒いテントが広場の真ん中に立っていま した)など、初めて外国旅行をした人たちの「びっくり仰天旅行記」の 様子が、このクエンセルの記事に出ていて何ともほほえましいです。

http://www.kuenselonline.com/modules.php?

name=News&file=article&sid=10695

 

国王陛下の4歳年下の王子、ダショー・ジゲル殿下(H.R.H. Dasho Jigyel Ugyen Wangchuck)がブータン側参加者たちの代表として参加、 立派なスピーチでアメリカ側を感心させ、会場では来場者と握手をして 気さくに記念写真を撮るなど大活躍でした。

ダショー・ジゲルが隣のテ キサス展のホールで開かれていたジャズ・ブルース・バンドのライブに 飛び入り参加、舞台に上ってギターを弾きながらビートルズを歌って大 喝采という場面もありました。

 

下のページで、クエンセル編集長のダショー・キンレ・ドルジと、ア ジ・クンザン・チョデン(「ブータンの民話集」の著者、ご存知ですよ ね)、スミソニアンの担当学芸員の3人が6/23に出演したワシン トンの地元公共ラジオの番組(50分)が聞けます。司会の女性は 70歳を過ぎたベテランの著名なラジオジャーナリストで見事な采配、ダ ショー・キンレとアジ・クンザンが文化や歴史、民主主義化など各分野 にわたって的を得た説明をしています。

また、電話で難民援助 NGO・ Human Rights Watch のブータン担当者も参加しています が、「ブータン難民」問題にまつわるいくつもの誤解や「俗説」の誤り をブータン側が上手に解説、否定していました。

http://wamu.org/programs/dr/08/06/23.php#21593

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/1):雑誌、写真展、?なニュース 

(1)『月刊クーヨン』(8月号)に、ブータンの「国民総幸福」に学ぶ お金でしあわせは買えるのか?(話:辻信一)がカラー3ページで掲載 

(2)http://sannichi.typepad.jp/hokuto/2008/06/post-436c.html 写真家・井津建郎さんが、北杜でブータン展 新作70点展示

(3)ブータン写真展  「楽園または天上へと辿る道」

写真:松田宗一(福井県大野市在住) 期間:6月28日(土)〜7月15日(火) 会場:金剛院 福井県越前市深草2丁目2-37

問い合わせ先: 0778-22-7188  アクセス: 武生新駅から徒歩約16分 

(4)ロイター電 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/01/news079.html  ブータン議会、ゲームを懸念しノートPCの持ち込みを禁止 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/1):連続講座、インドのブータン国境付近での爆破事件

(1)「本当の幸せと持続可能性を考える」連続講座(全4回)  http://www.es-inc.jp/news/001439.html

日時: 7月16日(水)/23日(水)/30日(水)/8月6日(水)   いずれも18:00開場、18:15〜20:45(予定)

会場:こどもの城 906研修室 http://www.kodomono-shiro.jp/access/index.shtml(JR渋谷駅徒歩8分、メトロ表参道駅徒歩7分)

講師:7月16日(水)明治学院大学国際学部教授 辻信一氏

7月23日(水)ダグラス・ラミス氏

   7月30日(水)大阪大学グローバルコラボレーションセンター 副センター長・准教授 草郷孝好氏 

8月6日(水)向山塗料株式会社相談役 向山 邦史氏×枝廣淳子(対談) 

(2)インドのブータン国境付近での爆破事件 http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080629/asi0806292324004-n1.htm市場で爆発、8人死亡 インド  2008.6.29 23:23  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/1):雑誌、写真展、?なニュース

(1)『月刊クーヨン』(8月号)に、ブータンの「国民総幸福」に学ぶ お金でしあわせは買えるのか?(話:辻信一)がカラー3ページで掲載 

(2)http://sannichi.typepad.jp/hokuto/2008/06/post-436c.html 写真家・井津建郎さんが、北杜でブータン展 新作70点展示 

(3)ブータン写真展  「楽園または天上へと辿る道」写真:松田宗一(福井県大野市在住) 期間:6月28日(土)〜7月15日(火) 会場:金剛院 福井県越前市深草2丁目2-37

問い合わせ先: 0778-22-7188  アクセス: 武生新駅から徒歩約16分 

(4)ロイター電 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/01/news079.html  ブータン議会、ゲームを懸念しノートPCの持ち込みを禁止  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7/1):連続講座、インドのブータン国境付近での爆破事件

(1)「本当の幸せと持続可能性を考える」連続講座(全4回)  http://www.es-inc.jp/news/001439.html

日時: 7月16日(水)/23日(水)/30日(水)/8月6日(水) 会場:こどもの城 906研修室 

 

(2)インドのブータン国境付近での爆破事件 http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080629/asi0806292324004-n1.htm 市場で爆発、8人死亡 インド  2008.6.29 23:23

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/30):メモリアルチョルテンの改修工事の竣工イベント(ティンプーの Kさんより) 

6月28日(土)にメモリアルチョルテン改修工事の竣工イベントが行われました。

イベントは正式には『Consecration(Rabney) of the National Memorial Choeten』( Rabney とのは、ゾンカで清めの儀式の事)

雨季で前日夜まで雨が降っていましたが、当日はキレイな青空が広がりました。式が終わった後の夕方に小雨が振りだしたましたが、それまでは晴天で真っ白なチョルテンがとても綺麗でした。

朝靄の中のメモリアルチョルテンと女神の噴水           正面  

メモリアルチョルテンの建物は、塗装を直したり、内部の仏像を修復したりしましたが大きく変わったところはありません。しかし、敷地面積を300%に増やしたとの事で、周囲をの建物を建て替えたり、公園のように整備しています。今のところ、まだ敷かれる予定の芝生が無かったり、樹木が植わってなかったりしていますが。 朝靄の中のメモリアルチョルテンと女神の噴水

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/29):朝日新聞 旅行覧に記事あり

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/27):TV番組、フリーペーパー

(1)TV番組 7月13日・BS朝日 午後9時〜11時  『石川次郎のズームアップアジア』(仮)人の心が、豊かな街・ブータンへ 

(2)フリーペーパー 都市再生機構(UR)のフリーペーパー「UR STYLE'? 第6号」”アジアの秘境”ブータンの暮らしが紹介されています。 雑誌の表紙もブータン人の子供の写真。取材地はハだそうです。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/25):先ほど成田で見送りをしてきました。 

全員お疲れぎみでしたが無事に出発しました。 昨日はディズニーランドで一日を過ごしたそうですので、無理もありません。

  

主催者側1名の他に、登録ボランティアのおふたりが始発電車でかけつけていました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/23):「アジアの子供の夢舞台」、ニュース2件

 (1)「アジアの子供の夢舞台」が無事終了しましたが、出演直前の全員集合写真です。

 

(2)http://news.tbs.co.jp/20080618/newseye/tbs_newseye3879505.html ブータン、農村にも急速な情報化の波 

(3)マレーシアのニュースにブータンが出てきます。ブータンはアジア太平洋地域で日本に次ぎ清潔度4位です。

http://www.asiax.biz/news/2008/06/16-070045.php 汚職度ランキング 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/21):ブータンの子供達の東京見物

本日と明日(22日)、東京北区王子で行われる「アジアの子供の夢舞台」に出演するブータンの子供達の楽しそうな東京見物の様子が

mixi 日記として掲載されていましたので、掲載者ピヨピヨさん御了解のもと、転載致します。

----------------------------------  

昨日(20日)、ブータンの子どもたちの都内観光のアテンドで、ひさしぶりに都庁の展望台に行きました。

高いところから見る景色に、子どもたちも驚いていました&面白がっていました☆

残念ながら少し曇っていて富士山が見えるレベルではなかったけれども、売店で買い物も楽しみ、なかなかビバでした。

ただし皆、乗り慣れていないエレベーターは辛そうだった〜。  この日は、昼食後に原宿と浅草も回り、大移動の1日でした。  

 

ひさしぶりに浅草に行きました。お寺と言うことで、俄然元気になるブータンの子どもたちはさすがでした☆

17時までの参拝にぎりぎり間に合い、集合時間まで結構時間もあったので仲見世もゆっくり回れ、充実した浅草観光となりました。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/12):Google Map、伝統芸能団、松下政経塾、講議記録

(1)Google Map では、これまでティンプ周辺の衛星写真はクローズアップができなかったのですが、最近になってデータがアップロードされたようで、かなりの精度の画像までクローズアップして見ることができるようになりました。Google Map の検索欄に「thimphu, bhutan」と入れてクリックするか、直接下のURLでリンクできます。

http://maps.google.com/maps?f=q&hl=en&geocode=&q=thimphu+bhutan&ie=UTF8&ll=27.470925,89.637644&spn=0.01287,0.018411&t=h&z=16&iwl oc=addr (1行にまとめてください)ただし、衛星写真のデータは数年前のようです(たとえば、Taj Tashi Hotel は建設工事の開始前で影も形もない)。

(2)大阪音楽大学音楽博物館第27回ミュージアム・セミナー「ブータンの仮面劇」 伝統芸能団 プンツォ・ダヤン 2009年3月14日(土) 14:00

大学のHP http://www.daion.ac.jp/ の向かって右「音楽博物館」、催事スケジュール、第27回ミュージアム・セミナー、と進んで下さい。ここから参加申し込みもできます。

(3)松下政経塾月例レポート2008年3月 塔村俊介「日本人が望んだ繁栄、日本人が得られなかった幸福」http://www.mskj.or.jp/getsurei/tomura0803.html

(4)ブログ「坪野和子の音楽社会人類学研究所 アメブロ別館」に埼玉大学教養教育 音楽学 2007年前期の講義記録「ブータンをサンプルとした国家と文化、産業と伝統」の1から4までが掲載されています。期間限定の公開で、7月以降はアメブロメンバー限定ですとあります。 http://ameblo.jp/amalags/day2-20080526.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/11):藤田弘基写真展「ヒマラヤ曼荼羅」、東京FM

(1)藤田弘基写真展「ヒマラヤ曼荼羅」http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20080611ddlk13040032000c.html

(2)FM毎週日曜日朝7時半からの東京FMで俳優の関口知宏が進行役を務める「ECO−TRAIN−JR EAST」では6月8日と6月15日のゲストは辻信一さん。6月15日は、国民が豊かで幸せであることを目指し「国民総幸福量」を取り入れるブータンのお話しだそうです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/10):鬼が笑うお知らせ

『ヒマラヤの神秘  ブータンの自然と人々の暮らし』 2009年1月17日(土)〜2月22日(日)  千葉県立中央博物館 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/6):NHK視点・論点「幸せの経済学――GNPからGNHへ」 他

(1)放送当日のお知らせでしたのでご覧になれなかった、録画も間に合わなかった方々が・・・・・

NHK教育 視点・論点「幸せの経済学――GNPからGNHへ」の内容  http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/9127.html 

(2)http://www.news.janjan.jp/world/0806/0806048709/1.php IPSコラム:オリンピックのために強化されるチベット・インド境界警備 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/5):外務省プレスリリース、他

(1)ブータン向け無償資金協力に関する外務省プレスリリース http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/5/1180560_907.html

ブータン王国に対する無償資金協力(コミュニティ開発支援無償資金協力「教育施設建設計画」及び一般プロジェクト無償資金協力「ブータン国営放送局機材整備計画」)に関する書簡の交換について 

(2)読売新聞に書評 http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20080602bk07.htm  『ブータンに魅せられて』今枝由郎 

(3)朝日新聞島根版掲載の記事 http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000680806020001 いわみ多士済々 伝統培い 新たなる道探る/職人

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/1):鳥インフルエンザ、楽器屋のひとり言 

ブータンの鳥インフルエンザ対策研修コースの模様 ブータン農業省のサイト http://www.moa.gov.bt/moa/main/newsdetail.php?newsId=575&from=news

「新型インフルエンザ・ウォッチング日記」の記事 http://blog.goo.ne.jp/tabibito12/e/8c6b37b2cd8ffebd98871205a59fae29

 

半田国際交流協会の会員で、愛知万博ブータン館にかかわられた方の回想記事が連載されています。 http://blogs.yahoo.co.jp/tomomatsuishi/folder/743055.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/28):TV番組、伝統医学院HP

(1)6月2日放送、日本テレビ系「中田英寿 僕が見た、この地球。」 http://www.tvguide.or.jp/TF0802LS.php?groupId=60&newsId=312。

中田英寿、環境・貧困問題の深刻さを実感 中田英寿氏が世界各国を訪れた旅に密着したドキュメンタリー。 http://www.ntv.co.jp/nakata/  http://nakata.net/jp/

注:この番組中にブータンがとりあげられるかどうかの確認はできませんでした。

 

(2)最近なかなかたどり着けなくなっていた、ティンプーの伝統医学院HPについて製作者にお尋ねしましたところ、下記のようなお返事でした。

保健省のHPhttp://www.health.gov.bt/が、最近リニューアルし、充実したものの、背伸びしすぎたためか、それとも最適化されていないのか表示されるのに時間がかかり不安定な様子です。

Topページからのリンク、左下の「ITMS」http://www.health.gov.bt/ITMS/01index/01htm/01index.htmが伝統医学院(Institute of Traditional Medicine Services)のHPです。

あいかわらず、薬草の紹介ページなどは、ベースまで作ってあげたのですが詳細がまとまっていないのか「工事中」になっていて仕事が進んでいない模様です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/25):書評  25日付け朝日新聞「読書」欄に、今枝由郎氏の『ブータンに魅せられて』の書評が掲載されています。

評者が京大教授だからでしょうか(?)、京大に在学中のブータン人大学院生の上院議員当選をしめにまとめていらっしゃいます。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/22):新刊「ラララ親善大使」のお知らせ 

女優の紺野美沙子さんが、国連開発計画(UNDP)親善大使としての10年間を綴ったエッセイ集「ラララ親善大使」を出版

紺野美沙子さんの公式ホームページ http://www.konno-misako.com/index.html

UNDP東京事務所のサイト http://www.undp.or.jp/news/docs/2008_00216.shtml 

A5版  オールカラー128ページ 定価:本体1,400円+税 発売日:5月20日(火) 対象読者:小学校高学年以上 発行:小学館  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/22):鉄道敷設、世界平和指数  鉄道ニュースには、初期のブータン本にしばしば登場する「ハシマラ」などという懐かしい地名がでて来ます。 

(1)タイ−ラオス間、インド−ブータン間 中国にらみ…鉄道網整備  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000008-fsi-bus_all

(2)2008年世界平和指数(GPI)の順位が以下に掲載されています。 http://www.visionofhumanity.org/gpi/results/rankings/2008/

http://news.livedoor.com/article/detail/3648598/

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/20):インド鉄道ブータン乗入、クーラカンリ登山計画

(1)シン首相ブータン訪問インド鉄道ブータン乗入れ約束http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0519&f=stockname_0519_089.shtml 

(2)5月16日読売新聞夕刊に今秋クーラカンリ登山(読売新聞後援)の計画がでています。見出しは「ヒマラヤ7000メートル級クーラカンリ 10年越しの夢 縦走初挑戦 今秋」「1999年5月にブータン国境沿いにあるリャンカンリに登頂したメンバー」のようです。 「クーラカンリはチベット自治区とブータン国境近くに位置し・・・」とどこから登るのか、どこの山かとか肝心のことが書いてない。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/19):インド首相がブータン訪問 15年ぶり   インドのシン首相は、17日ブータンの民主化した最初の選挙後の王政で開催された初の両院議員総会で外国政府の代表としてはじめて演説し、ブータンの第10次5カ年計画でインドが約1,000億ニュルタムの援助を行うことを表明しています。シン首相は、同日インドの援助で建設されたタラ水力発電所の開所式と、新たに建設されるプナチャンチュウ水力発電所の起工式に出席しました。 http://www.usfl.com/Daily/News/08/05/0516_019.asp?id=60747 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/19):クロスロード JOCV(青年海外協力隊)情報誌『クロスロード 2008年6月号』に「体育の普及を目指した広域研修を開催」という記事が2ページにわたり掲載されました。 ご希望の方はお知らせください。添付ファイルにてお送りします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/10):四川省被害、プナカ・ゾン前の橋(工事中)、1日だけの写真展

(1)中国の四川大地震にブータンから寄せられたメッセージが中国報道機関で伝えられています。 http://japanese.cri.cn/151/2008/05/15/1@118111.htm

(2)プナカ・ゾン前の橋、私たちが行ったとき(4/27)工事中でした。もう、完成イベントがあったのですね。 私たちが行ったときも、ジャカランダの花、とてもきれいでしたよ。

写真提供:由起子さん &IAさん

 

 

(3)5月25日にBHUTANからきている、Mr. SNIL が民族衣装を着て写真展をし ます。ブータンの生活の写真が中心で70点程度です。

10時から17時まで 三重県総合文化センター 総合文化会館第1ギャラリー  

  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(5/13):難民定住、イベント

(1)今年に入り開始された難民の第三国への定住プログラムで、これまでに422名の難民がネパールから米国、ニュージーランド、カナダに出国している。

米国は6万人以上の受け入れを表明しているが、ノルウェー、ニュージーランド、カナダは正式には受け入れ人数を表明していない。難民107,000名のうち30,000名以上が第三国への定住を申請している。ブータンへの帰還が唯一の解決策と主張している難民グループは、第三国定住プログラムに反対している。

http://www.monstersandcritics.com/news/southasia/news/article_1404656.php/Nepal_sends_Bhutanese_refugees_to_third_country_for_resettlement

(2)財団法人盛岡国際交流協会 国際理解(地球環境)講座 http://www.e-morioka.com/~moriintl/bhutan.htm

平成20年6月23日(月)午後6時30分から  「国民総幸福」世界一と自称するブータンに学ぶ 幸せってなんだっけ  講演:明治学院大学教授辻信一氏

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

CD切手 & 王様切手

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5月10日、プナカ・ゾンのモ・チュにドイツの援助を受けて建設していた伝統様式の橋の工事が完成してそのお祝いイベントがありました。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/9):新刊本のお知らせ

                            書 名 『ネパールブータンヒマラヤへのいざない』                              発行所 東京地図出版

税込み価格 1,942円(本体価格1,850円+税)

発行年月 2008年5月

ページ数 143P

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/9):トヨタランドクルーザー、クリスチャン家族が村民に襲撃される

第5代国王陛下の国民に対するお披露目(戴冠式と呼んでいいのかどうか?)は5月に、身内での本当の意味での戴冠式(儀式?)は10月、という噂が聞こえて来ました。

 

本日は杉本さんから車に関する情報と、宗教問題の情報を戴きましたので転載します。

(1)ブータン内閣は、政府の車両購入に当たり、首相と王族のみがトヨタランドクルーザーを使用し、大臣、国民議会(下院)議長、国民評議会(上院)議長、最高裁判所長官、野党党首はトヨタ・プラドを使用することを決めた。

首相にはトヨタランドクルーザー、大臣ほかにはトヨタ・プラドが供与される。従来は大臣ほかにもトヨタ・ランドクルーザーが供与されていた。国会議員にはトヨタ・ヤリスか現金70万ニュルタムが提供される。http://www.bbs.com.bt/Ministers%20to%20get%20Prado%20and%20MP's%20to%20get%20Toyota%20Yaris.html

(2)4月12日にブータンでキリスト教を信奉するようになった2家族が村民に襲撃され、暴行を受け村から追い出さたとのニュースです。記事にはブータンのキリスト教徒は人口の1%未満とあります。記事では人権団体は、政府がブータンに居住する少数民族(ネパール系)や多数派の宗教(仏教)に属さない人々から市民権を剥奪していると非難しています。3月の選挙による民主化に疑問を呈しています。こうしたブータンの負の側面もクリスチャンのメディア(ハンガリー)に掲載されて世界中の目に触れます。

http://www.bosnewslife.com/news/3593-christian-mission-watch-villagers-expelled-in

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン初の下院議院選挙の投票に行った人々に配られた「記念バッジ」 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/7):ティンプーよりのBニュース

皆様 3月の総選挙を取材したTBSバンコク支局による選挙以外の取材映像が、本日朝のニュースで放送されました。

ディレクターは日本人、カメラマンは日本人、現地コーディネーターはブータン人という混成チームで出来上がった映像です。 

今朝の話題は「ブータンのCD-ROM切手」でした。 TBSのHPの動画で同じものを見ることができます。 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3846370.html

5月5日の花まるマーケット内のニュースでは、ブータンの学校の話題も放送されています。news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3844811.html

ここしばらく、TBSバンコク支局チームのブータンの話題が順次放送される予定です。(放送日時は直前にしかわかりませんので、ご了承下さい。)

*HP内の動画ファイルは削除される場合があります。お早めにご確認下さい。

青木 薫(AOKI Kaoru) Zhidey Bhutan Tours & Treks(シデ・ブータン・ツアー・アンド・トレック)www.zhideybhutan.com

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/1):ブータン、観光客の5倍増を目指す=向こう5年間で 

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-AFP017513.html 2008年4月30日(水)【ティンプー30日AFP=時事】

ヒマラヤの王国ブータンの当局者によると、同国は観光客を現在の5倍に増やすことを目指しているが、バンジージャンプ目的のバックパッカーの入国は認めず、高級訪問地としての高い社会的評価は守る方針だ。 

ブータンが観光客歓迎を打ち出したのは1974年が最初で、それ以来、高価値観光政策を促進し、国の文化と生態系を守るため対象外の人たちの入国をほとんど認めず、費用を高く保ってきた。 

当局では、向こう5年間で観光客数を5倍の10万人に拡大する計画だ。しかし当局者によれば、訪問費用を減らし、予算の少ないバックパッカー流入の危険を冒す方針は取らない。

ワンチュク観光局長は「独特な訪問地であり続けたい。観光客の需要に応えるため、バンジージャンプや伝統的でないものを取り入れるつもりはない」と述べた。

ブータンは何世紀もの間、外部世界からの孤立を好み、少しずつ門戸を開放するにとどまっている。

1960年代まで道路、電話、通貨さえなく、今年3月に初の下院議員選挙を実施し、絶対君主制を廃止したばかり。

昨年は2万1000人の観光客が訪問し、約3000万ドル(約31億円)の観光収入があった。〔AFP=時事〕 

--------------------------------------------------------------- 

以下は、AFP・時事電のオリジナルの記事です。

「より多くの外国人の入国は認めるものの、バンジージャンプをしにくる人の入国は認めません」との見出しになっています。

ブータンは今後5年間で現在(昨年受入数21,000名、3,000万ドルの収入)の5倍の年間10万人の外国人観光客を受け入れるとの方針です。

ただし、観光客に課している経費の削減と、ブータンの伝統に反する行為を行おうとする観光客、たとえばバックパッカーの受け入れは考えていないとの事です。

http://afp.google.com/article/ALeqM5hkPEt8MJoK3AnTdnOJFYgUQCgueg

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/30):戴冠式 憲法

Sさんから重要な情報を戴きました。

5代国王陛下の戴冠式は5月挙行予定。

 

5月初旬に開催される議会で正式にブータン憲法が審議され、承認され発効予定とのブータン内閣官房の声明を伝える「Times of India」の記事です。議会ではほかに選挙法、議会授権法が採択予定です。

Bhutan to adopt its Constitution in May  17 Apr 2008, 0900 hrs IST , PTI

THIMPHU: Bhutan will adopt its Constitution when the new Parliament session begins in May.

"The first sitting of the Bhutanese Parliament, scheduled to begin in early May, will adopt the Constitution," a Cabinet office release said.

"The Parliament will enact the Election Bill and the Parliamentary Entitlements Bill," it said.

This was decided at the first Cabinet meeting of the new government on Monday.

Prime Minister Jigmi Thinley will resume the chairmanship of the Coronation and Centenary Celebration Committee. Oxford-educated Jigme Khesar Namgyal will be crowned Bhutan's fifth King next month.

Thinley also met with the Druk Phuensum Tshogpa (DPT) MPs on Wednesday and discussed the formation of parliamentary committees.

The final draft of the Constitution that aimed at ushering of democracy in the kingdom was ready last year.

The drafting committee incorporated changes in some of the provisions of the constitution based on comments by people during consultation meetings held from October 2005 to May 2006.

The drafting of the Constitution was announced by King Jigme Singye Wangchuck in 2001 "to create a democratic political system best suited for Bhutan".

After the adoption, the Constitution will provide the legal framework for a democratic political system that will safeguard the security and sovereignty of the nation and ensure the wellbeing of the people.

-------------------------------------

補足情報

ブータン王国憲法草案 http://bhutan.fan-site.net/gaikoku.htm このアドレスから「2005年3月25日発表の草案」「2005年8月17日発表の改定版」「2007年発表の最終版」がご覧戴けます。 ゾンカ版もあります。 

横浜桐蔭大学のペマ・ギャルポ教授の「2005年8月17日発表の改定版」日本語訳を基にした注解書が、下記でご覧戴けます。ブータン憲法を理解する上で大変役に立ちます(ただし、最終版の内容は入っていません)。http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer2006.html 国立国会図書館『レファレンス』ページのNo.662「ブータン王国新憲法草案の特徴及び概要」

過日、ペマ・ギャルポ教授から、「2007年発表の最終版日本語訳ができたら連絡する」とのお話を戴いてはおりますが、チベット問題でお忙しく、何時になりますか・・・・・・チベット問題に関して下記が参考になるかと思います。 http://www.diplo.jp/articles08/0804-3.html  http://55tibet.way-nifty.com/

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/24):「アジアの子供の夢舞台」

きたる6月、王子駅前の北とぴあさくらホールにて 「アジアの子供の夢舞台」が開催されます。このイベントはその名の通り、

アジアで舞踊を学ぶ子供たちを招いての交流を目的としたものです。今回はブータンの子供達の参加が予定されています。 実行委員の太田奈保子さんからのメッセージをお送りします。

============================ 

『アジアの子供の夢舞台』実行委員の太田と申します。今回で第5回目を迎える『アジアの子供の夢舞台』

その名の通りアジアで舞踊を学ぶ子供たちを招いての交流を目的としたものです。

アジアの子供たちの交流を通じて友好と平和を願うとともに、アジアの子供たちの夢の実現に協力できればという思いから、ボランティアによる活動を中心とした草の根活動を行ってきました。 

過去に日本を訪れて素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたのは、ラオス、タイ、シンガポール、インドネシア、韓国、中国、カンボジアなど多数の国々。そして今年はブータンの子供たちが日本にやってきます! 

ブータンは過去の情勢により、ほかの国々よりもずっと外国の影響が少ない国だと聞きました。

その子供たちが日本で感じること。そして、ブータンの子供たちと触れ合った日本の子供たちの心に浮かぶこと。全く想像がつきませんが、それぞれの子供たちに深く刻み込まれると信じています。 

今回の開催にはブータンの他にタイ、マレーシア、中国の子供たちがやってきます。子供たちのパフォーマンス、そして日本の子供も参加してのフィナーレをぜひご覧ください。

開催詳細は以下の通りです。

 

ファーストステージ: 6月21日(土) 15時開場/16時開演 セカンドステージ:  6月22日(日) 15時開場/16時開演

入場料: 指定席2,000円 自由席1,000円 (両日共通券はございません)

チケットのお問い合わせは、アジアの子供の夢舞台実行委員会(TEL&FAX:03-3905-1830) もしくはちけっとぴあ(Pコード385-746)までお願いいたします。

お客様に多数ご来場いただくことが、この活動を支える根幹となっております。どうかアジアの子供たちを応援いただければと思います。なにとぞよろしくお願い申し上げます。 

============================ 

太田奈保子さんのブログで、ポスター画像、前回の様子などをご覧戴けます。 http://otanahoko.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_21f6.html 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/23):ロンチェンとロンポ

先日来、NYのYYさんと下記のような疑問がでていました

ジグミ・Y・ティンレ首相の肩書き。 例えば・・・「 ... The prime minister, Lyonchhen Jigmi Thinley, will resume the chairmanship of the Coronation and Centenary Celebration Committee.」ということで、「ロンチェン」ってどういう意味?

と思って、当地のブータン人などに聞いてみたところ「これは第3代国王の王妃のお兄さんにあたるジグミ・ドルジ首相の肩書きと同じだね。ジグミ・ドルジ首相以来使われてなかったと思うけど・・・」と、少々あやふやでした。

つまり、特に今回「選挙で選ばれた首相」という意味で作られた言葉、というわけではないようです。

 

ティンプーの薫さんの御協力を得て

ロンチェンはドルジ首相の肩書きでもあったロンチェンと同じで首相職をさします。 意味は「ヘッド・オブ・ロンポ」つまり「大臣のリーダー」だそうです。

 

念には念を入れて、日曜日の『篤姫』ではありませんが「大元に聞くのが一番」ということで、YYさんが直接、大使に聞いて下さったのが下記です。

ダウ・ペンジョー大使にお聞きしたところ、「ロンチェン」は「ビッグ・ミニスター」「チーフ・ミニスター」の意味で、これまでもロンポが輪番で総理大臣兼任

になった時は「ロンチェン」とお呼びするのが正式だった、ということです。

先月までの旧制度最後の内閣の総理大臣Dr. キンザン・ドルジ氏は、農業大臣ロンポ・キンザンであると同時に総理大臣ロンチェン・キンザンだったというわけです。

今回、ジグミ・Y・ティンレ氏は総理大臣職専任(変な言い方ですが) なので、実は「ロンポ」と呼ぶのは誤り、「ロンチェン」という肩書きのみが正しい、と教えていただきました。

 

これにて一件落着です、スッキリしました(笑) のろ亀

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/22):TV番組 

「"幸福"の行方 ブータン ティンプー」 放送日:4月27日 午後6時10分−6時35分 チャンネル:NHK BS1

ブータン初の民間新聞「ブータンタイムス」で働く、記者ソナム君とゾンカ紙面デザイナー・タシ嬢の奮闘振りを取材した番組です。

時はまさにブータン初の総選挙の結果が出ようとしている。 ブータンタイムス社が初めて、いやブータンの社会がはじめて経験する大事件に、若い二人はどう臨んだのか。

番組ホームページ http://www.nhk.or.jp/asiansmile/next/ 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/22):鳥の本、 元ドゥルック・エアー、 『クロスロード5月号』

(1)ブータン初のブータン人カメラマンによる本格的な鳥の写真集『Bhutan Birds』の出版式典がありました。

写真家のYeshey Dorjiさんが、スピーチを途中で忘れてしまうというハプニングもありましたが、第四国王妃様達を始め、多数の王家の方々も出席され、

とても華やかな式典となりました。

この写真集の表紙の写真は、現在世界に50−200羽しかいないとされるWhite-Bellied Heronで、現在ブータンでは30羽が確認されております。

Yesheyさんの人柄と情熱が感じ取れるようなこの写真集、かなりお勧めです。 www.bhutanbirdquest.com <http://www.bhutanbirdquest.com>

----------------------------------------------

(2)この写真、2007年12月にペルーの首都リマの空港で撮影したとあります。

元ドゥックエアのBAe146は2機ともペルーの「Star Peru」航空に買い取られ、余生を南米の空に羽ばたくことになったのでしたね。こちらは機体番号A5-RGEだった方です。

http://www.airliners.net/photo/Druk-Air--/British-Aerospace-BAe-146-100/1318119 

新しいエアラインのお化粧を終え、2008年の3月8日に撮影。 http://www.airliners.net/photo/Star-Peru/British-Aerospace-BAe-146-100/1334407 

もう一機のA5-RGDが、2007年の12月23日、ブータンからペルーに向かう途中、スコットランドのグラスゴー空港に着陸するところだそうです。

http://www.airliners.net/photo/Druk-Air--/British-Aerospace-BAe-146-100/1310488

空港と飛行機の写真マニアは私の友人にもいますが、こんな情報も事前に調べて張り込んで撮影する情熱には脱帽です。

 

ドゥックエアは以前、乗客が少ない時期には乗務員ごとカンボジアの航空会社に「出稼ぎ」に出ていたことがありました。

この写真はA5-RGBの方で、1993年11月に香港の空港でエア・カンボジアの衣装をまとって撮影されたもの。

http://www.airliners.net/photo/Cambodia-(Druk-Air/British-Aerospace-BAe-146-100/1163634

 

上のウェブ頁はどれも、飛行機の写真をクリックすると別ウインドウで拡大して、画質のよいデータをダウンロードできます。

長い間ご苦労さまでした。お達者で・・・と、2機の機体に手を振りたいです。

----------------------------------------------

(3)今月の『クロスロード』に、体育SV杉原直さんの記事(2ページ)があります。

mixi ブータンコミュニティ・まとめ用に掲載しますが、添付ファイルでの送付をご希望の方はメールでご一報ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/22):閣僚名簿 嬉しい話 

(1)閣僚名簿にカタカナ読みと選出地域を加えました。 http://bhutan.fan-site.net/sennkyo.htm

 

(2)国民によって選ばれた方々がさっそく仕事を始められたようで、ティンプーから嬉しい話が届きました。ひとりで嬉しがっていてはもったいないので、皆様にお裾分け(^_^)

----------------------------------------------------------------

過日、タシガン地方を襲った強風と雹、加えて豪雨で多くの小学校や農家の屋根が飛びましたが、その夜のうちに新首相はタシガン県のDPTコーディネーターに電話。すぐに現場に調査へ行き、状況を報告するように依頼されました。

コーディネーターはすぐに被害の一番ひどかったウォムロン地方に走り、ビニールシートなどの不足資材や、子供たちの学用品が水浸しで使えないことなど状況を報告し、それを受け内務大臣ミンジュ・ドルジが対応策をねっています。このあたり、以前の政府にはないすばやい動きで嬉しいことです。

このタシガン県のコーディネーターは、東の集票に大きく貢献したことで首相を選出するDPT党大会で、党首ジグミ・ティンレイのスピーチの中で一番最初に感謝の言葉を受けた人物です。(のろ亀註・私もある調査で大変お世話になった方です)

----------------------------------------------------------------

この話に対して某氏(ブータン在住経験6年? 7年?)のお寄せくださったご感想:

いいお話ですね。やっと政府が民衆の方を向いてくれるようになったという事ですね。これも賢人ジグミ・ティンレイ首相ならでしょうね。

政治は元々人々に希望を与える存在だったという事を久しぶりに実感できるエピソードをありがとうございました。

----------------------------------------------------------------

のろ亀館長の個人的感想:

このうれしいメールを読んでいて、近々出版される『ブータンの歴史教科書』監訳者・平山修一さんがプナカ・ゾンのクンレイ再建中に遭遇された事態を思い出しました。

職人達の宿舎が火災にあったときにブータン政府からの支援が全くなく、平山さんがティンプーのJOCV事務所経由で日本に SOS。

直前にブータンで始まったばかりのEMS で日本から物資を送ったことを思い出しました。時代は変わりましたね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------(4/21):TV、ラジオ、写真展

(1)TV4月29日 22:10〜23:00 NHK BS1  BSドキュメンタリー「議会制民主主義がやって来た ブータン王国の模索」

(2)ラジオ5月5日 20:15〜20:45 NHKカルチャーアワー NHKラジオ第2放送 「ヤクの作る花園」 

(3)写真展 井津建郎「ブータン 内なる聖地」 期間 2008年6月28日(土)〜2009年1月25日(日) 会場 清里フォトアートミュージアム http://www.kmopa.com/

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------(4/18):ブータンの歴史教科書 

「世界の教科書シリーズ ブータン小中学校歴史教科書 ブータンの歴史」

著:ブータン王国保健教育省教育部 監訳:平山修一 訳:大久保ひとみ 定価3800円税別  明石書店 2008年4月末に店頭販売予定

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/12):宝捜し

面白いサイトを教えて戴きました。 http://www.flickr.com/photos/69751997@N00/sets/72057594098648826/ 

80年代はじめから2002年頃までの、250枚ほどの写真がはいった「ブータン写真館」。

撮影者は元ユニセフ職員だった Robert Tyabji という人で、80年代前半にティンプのユニセフ事務所勤務。 中東系のインド人で国連を引退後はマレーシアに在住のようです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/12):桜、サッカー監督

ティンプーの理絵さんから、「SAARCビルの外に植えられた桜は全て満開で、とても美しかったです。昨日は日本の春も同時に体験出来た気分で、幸福を感じましたよ。」というメッセージつきで、日本ブータン友好協会が贈った200本の桜の内、SAARCビルの外に植えられた桜の写真を戴きました。ご了解を得ましたので、皆様にもブータンに咲く日本の桜をお届けします。 

以下は、2000年6月2日ブータン各地で行われる植樹祭にあわせ、日本ブータン友好協会親善訪問団とブータン側によってティンプーのコンベンション・ホールの庭で行われた桜の植樹式典の模様です。なお、6月2日は、1974年に第4代国王陛下の戴冠式が行われた日です。

  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

11日づけ朝日新聞によれば、ブータンにサッカーの監督が派遣されるそうです。 

どの程度ブータンの状況をご存じか判りませんが、まず芝を育てることが大変難しい所ですので・・・・・ スポーツ音痴ですので、良く判りませんが、以前、在大坂ブータン王国名誉総領事でいらした大西さんがティンプーのゴルフ場の芝を育てるために、ブータンから研修生を日本に呼び寄せ、ご自分の経営するゴルフ場で教育されていたことを思い出します。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/5):朝日新聞コラム   朝日新聞国際面のコラム「アジアの街角」に、ブータン(ティンプー)が4回連載され4日が最終回でした。

(1)広場の「マニ車」(時計塔広場) (2)名物は脂身定食(チョデン・レストラン) (3)民主化で大忙し(民間の伝統的ブーツ専門店) (4)国王グッズ次々(国王バッジ)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4/3)

4月2日の夜のBBSテレビニュースで「ガテモ・タブン http://www.gatemotabum.com/」が特集されました。

「渋谷一郎 ブータン・ヒマラヤ写真展」 平成20年5月1日(木)午後1時 〜 午後5時、2日(金)は休館日、3日(土)午前10時 〜 午後5時、4日(日)午前10時 〜 午後4時

  岐阜県各務原市立中央図書館3F 展示ホール(入場無料) 名鉄・各務原線 市民公園駅下車 徒歩5分  後 援:岐阜県山岳連盟、神戸ブータン友好協会

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------(3/31):ドゥルック・エアー・パイロット流出、 難民問題

(1) Druk Airからのパイロットとエンジニアの外国航会社への頭脳流失 http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=10109

Druk Airからのパイロットとエンジニア、エアホステスの外国航会社への頭脳流失についてのニュース記事です。航空機が運行できなくなる事態を迎えかねない危機と表現しています。

世界的なパイロット不足によって、インドなど近隣の航空会社に去ったDruk Airのパイロットが、Druk Airより長時間勤務して1ヶ月40万〜60万ニュルタムあるいはそれ以上を、エンジニアが28万ニュルタムの給与を得ているのに対し、ブータンで最も高給取りの実働時間が短いDruk Airのパイロットは、2007年1月から16万ニュルタム(それまで9万7千)、エンジニアの平均給与は5万ニュルタム(それまで3万5千)との事で、あと2名パイロットが辞めると、外国人パイロットを雇わなければならない事態に陥るとの事です。

パイロット資格を取得するための基礎訓練には1人14〜15ヶ月を要し、20万ドルがかかっており、2004年のエアバスA319の2機導入に際し、パイロットの操縦訓練には、1名当たり160万ニュルタム、エンジニアの整備訓練には1名当たり75万ニュルタムがかかっていた。

Druk Airは、辞職して外国航空会社に去ってゆくパイロットやエンジニアに訓練費用の返済を求めていると、あります。

 

(2〕ブータン難民60,000人のうちの一陣が米国に到着  http://edition.cnn.com/2008/WORLD/asiapcf/03/25/bhutan.refugees/

米国が受け入れるブータン難民60,000人のうちの一陣が米国に到着しました。今週米国に到着したのは121人です。

他にオーストラリア、カナダ、ノルウェイ、オランダ、ニュージーランド、デンマークの各国が1万人づつ受け入れることを表明しています。

国連はブータン難民の各国への移住を世界最大の再定住の試みと表現しています。

UNHCRのウェブサイトによると、25,000人が再定住のために登録しており、今年末までに多くて1万人が再定住のためネパールから出国するとの事である。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/22)

ティンプーからのAFPBB News   http://www.afpbb.com/article/politics/2367392/2756159 

   ブータンのチベット難民、募る故郷への思い  2008年03月20日 18:20 発信地:ティンプー/ブータン

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/21):新刊本2件

概報の『ブータンに魅せられて』今枝由郎 が書店に並びました。http://www.7andy.jp/books/search_result/?fromKeywordSearch=true&kword_in=%A5%D6%A1%BC%A5%BF%A5%F3%A4%CB%CC%A5%A4%BB%A4%E9%A4%EC%A4%C6&ctgy=books&submit.x=41&submit.y=12&oop=on

『幸せって、なんだっけ』辻信一http://www.7andy.jp/books/search_result/?fromKeywordSearch=true&kword_in=%B9%AC%A4%BB%A4%C3%A4%C6%A1%A2%A4%CA%A4%F3%A4%C0%A4%C3%A4%B1&ctgy=books&submit.x=57&submit.y=11&oop=on  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/17):王様関連2件

(1) ブータン国王が、世界経済フォーラムから若手の世界の指導者の一人に選ばれました。

     http://www.bbs.com.bt/His%20Majesty%20the%20King%20chosen%20as%20young%20global%20leader.html

(2) 新刊本『The Legacy of a King』  3月末から4月を目途に一般販売が始まる予定  各国が第4代国王をどのようの報じたか、という内容

未見ですが、1989年2月28日づけ朝日新聞(夕刊)の「民族衣装で熱い弔問外交」という記事が掲載されているはず(あくまでも、はず)です。 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/14):講演会、獅子博物館、寺院拝観

(1)JICA専門家として4年以上ブータン通信公社で勤務された山口順也さんの講演会のお知らせ  http://www.ituaj.jp/08_tm/kouen/kouen_2008_04.html

   「ブータンの通信事情〜南アジア地域の情報先進国を目指して〜」  2008年4月24日(木) 14:00〜16:00  事前申込

(2)旧聞に属しますが、獅子博物館(http://www13.ocn.ne.jp/~shiraoka/meishoannnai/shishihakubutukan.htm )のニュース

(3)先日、ブータン各地のゾン、寺院の内部拝観が禁止の知らせがありましたが、今月10日に一部規制解除となったようです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/12):ブータン・ヒマラヤの氷河湖

宇宙航空研究開発機構の地球観測研究センターの「地球が見える」の3月12日掲載記事 http://www.eorc.jaxa.jp/imgdata/topics/2008/tp080312.html

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 (3/12):朝日新聞   12日、朝日新聞朝刊国際面に「ブータン難民アメリカへ」の記事あり 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/11): テレビ番組、読売新聞

(1)3月21日放映のフジテレビの番組 

ブータンのシーンがどれだけ出てくるのかはわかりませんが・・・・・ http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080310-OHT1T00214.htm

(2)読売新聞  http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080310-OYT1T00781.htm   ネパール滞在15年超…ブータン難民、帰還断念し米国などへ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/10)

財務省次官のDasho Yanki T Wangchuk(54歳)が退職されました。

1978年に公務員になり、2003年に財務省次官に就任し、女性公務員のトップの地位にありましたが、在職31年目の退職でした。2006年2月にDashoになっています。後任は3月4日付けで計画委員会の次官だったLam Dorjiが就任しました。<http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&amp;file=article&amp;sid=9972>

Royal Civil Service commission(王立公務委員会)のサイトで確認しましたが、新財務省次官は3月7日付け発令で、ヤンキイさんは、ご本人の意思で退職されるようで4月1日付けで公務員を退くとあります。ご主人の前外務大臣のKandu Wangchukさんは国民議会選挙にパロ県からDPT(Druk Phuensum Tshogpa)から立候補されています。 http://www.rcsc.gov.bt/

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/5):亜細亜大学アジア研究所のプロジェクト報告書

内容は以下のサイトに掲載されていました。 http://v2.asia-u.ac.jp/ajiken/html/book/project.htm  アジア研究シリーズ66 2007年発行 

南アジアの環境政策について ─ ネパール・ブータンを事例に ─ ・・・辻井 清吾

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/5):CD(DVD?)切手発行、読売新聞記事

CD(DVD?)切手発売のニュース  http://plaza.rakuten.co.jp/imonoya/diary/200803040000/ 

難民キャンプの火災のニュースが読売新聞で報じられています。 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080303-OYT1T00655.htm  

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/3):ブータン難民キャンプで火災 ネパールにある、いわゆるブータン難民キャンプで火災というニュースが届きました。

ブータン難民、といわれる問題に関する基礎知識は、下記サイトの「民族」のページをご覧ください。 http://members.tripod.com/druk/

http://www.unhcr.org/news/NEWS/47cbb6994.html ネパールに7箇所あるブータン難民キャンプのひとつゴルダップ・キャンプ(Goldhap refugee camp) で3月1日土曜日夜火災が発生し、およそ7千から9千名にも及ぶ難民は80%の家屋を失い、1,512戸のうち228戸が消失を免れました。 UNHCR高等弁務官のAntonio Guterres.(元オランダ首相)は、救援を呼びかける声明を出した。

http://www.unhcr.or.jp/news/2008/080206_5.html 新たな出発に備えるブータンからの難民 ネパール東部のゴルダップキャンプの難民たちは、第三国定住をめぐって意見がわかれている。多くの若者は新たな国での再出発を選び、高齢者はブータンへの帰還を望んでいる。ブータンから逃れた難民の最初のグループが、ネパール政府からの出国許可の結果、数か月以内に第三国定住する。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------(3/3):『ナショナル・ジオグラフイイク』追加情報、脇田道子さん講演会

『ナショナル・ジオグラフイック 日本版』追加情報 本文「岐路に立つブータン」(P.116〜137)の他に、p.150「編集だより」に1ページの「西岡京治氏の記事」がありますのでお見逃しなく。

ヤクランド講演会「インドとの国境地帯、東ブータン・メラ、サクテンの遊牧民」講師:脇田道子さん   日時:2008年4月20日(日)14:00〜16:15   会場:モンベルクラブ 渋谷店

入域が難しいメラ・サクテンへ2度にわたって調査滞在された脇田さんに、ブロクパ族の暮らしや習慣などについてスライドでご紹介いただき、ブロクパの男女の民族衣裳を実際に見せていただきます。  詳細はこちらに:http://www.yakland.jp/

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/1):新刊本 今枝由郎氏の『ブータンに魅せられて』(岩波新書)3月19日発売予定

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/29):雑誌「カイラス」  3月15日創刊の雑誌「カイラス」にブータン記事あり http://www.fujisan.co.jp/Product/1281682702/

一冊定価:1050円  出版社: アーバンコーポレイション <http://www.fujisan.co.jp/pub/3775/>   発行間隔:季刊 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------(2/29):「ナショナル・ジオグラフィック 日本語版」、東大入試問題

(1)過日お知らせした「ナショナル・ジオグラフィック 英語版」のブータン記事は26ページありましたが、日本語版には「岐路に立つブータン」というタイトルで掲載されたそうです。

(2)2月26日の東京大学の前期入学試験の英語のヒアリングの問題の一部でブータンについて出題された。設問は以下のとおり。いずれも4つの選択肢から1つを選ぶもの。

1)模擬選挙で拒否された政党のシンボルカラーはいずれか(赤、緑、青、黄色)

2)1961年以降のブータンの大きな変化についての説明で該当しないものとはどれか(出生率の上昇、国民の健康状態の改善、交通システムの発展、国民の識字者の増加)

3)ブータンの国民の幸福についての理解でもっとも適当な説明とはどれか(経済成長が幸福をもたらす、民主主義こそが将来の幸福への道、国民の将来は国民の手に委ねられている、社会の安定こそが豊かになることよりもより重要)

東京大学 前期 英語 問題  第3問 <http://mainichi.jp/life/edu/exam/daigakubetsu08/graph/toudai1/eigo/10.html>  

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/26):スミソニアンがブータン展

http://www.folklife.si.edu/festival/2008/Bhutan/index.html

内容紹介:http://www.folklife.si.edu/resources/2008Festival/ Program_Description.pdf

スミソニアンとブータン政府が協力に調印した時のクエンセル記事:http://www.bhutan.gov.bt/government/newsDetail.php?id=103

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------(2/26):ホノルルで大規模なブータン仏教美術展

 ホノルル・アカデミーのウェブサイトのトップページに掲載:http://www.honoluluacademy.org/cmshaa/academy/index.aspx

 ホノルル・アカデミーについてのウィキペディアの記述:http://en.wikipedia.org/wiki/Honolulu_Academy_of_Arts

 これに先立ち、24日付けのニューヨークタイムズ紙にこの展覧会の背景をリポートする長い記事が掲載された。http://www.nytimes.com/2008/02/24/arts/design/24emer.html? em&ex=1204088400&en=2996641d4945a056&ei=5087%0A

 ニューヨークタイムズのウェブサイトに掲載された、展覧会関連の写真10点のスライドショー:http://www.nytimes.com/slideshow/2008/02/21/arts/0224-EMER_index.html

 地元のホノルル・アドバタイザー紙も日曜日の紙面で特集:http://www.honoluluadvertiser.com/apps/pbcs.dll/article? AID=2008802240303

 英国セリンディア社から展示物を紹介する390頁の書籍も出版された:http://www.amazon.com/Dragons-Gift-Sacred-Arts-Bhutan/dp/1932476350/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1203969895&sr=1-1

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/22):『幸福大国ブータン』著者インタビュー動画   担当者松原さんから以下のようなお知らせがありましたので、転記します(山本)

著者であられる、ブータン王国第4代国王王妃ドルジェ・ワンモ・ワンチュック陛下から、日本の読者へのメッセージをいただいてきました。 

http://www.nhk-book.co.jp/movie/index.html

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/22):6件

(1)『月刊ニューメディア』2008年3月号(2月1日発売)に、ブータンの放送局BBSに専門家として赴任されていたNHKの喜久村さんの記事が掲載されています。

   NHK・喜久村 一 ブータン国営放送を立て直した男

(2)ブータンから学ぶ「幸福のカタチ」 講師:大谷大学・佛教大学講師 真宗大谷派僧侶本林靖久先生  詳細:http://www.baisouin.or.jp/gyouji/bukkyou/h19butsu.htm

   日時:3月7日(金)午後6時〜午後8時 (途中休憩あり) 場所:梅窓院観音堂(本堂棟 1階)東京都港区南青山2丁目26-38

(3)本国版「National Geographic」3月号に「Bhutan's Enlightened Experience」という題の記事と写真が25頁ほどにわたって掲載されています。

  何とも気前よく、サイトで記事全文とすべての写真が見られます。 http://ngm.nationalgeographic.com/2008/03/bhutan/larmer-text

  日本版「日経ナショナルジオグラフィック」のサイトでも3月号の予告目次に以下の項目が出ています。「ブータンの賢明なる実験ーヒマラヤ山脈の東に位置し、中国とインドにはさまれた小さな国、ブータン。チベット仏教を国教とするこの王国では、民族の伝統文化を継承しつつ、近代化を受け入れるという、困難で壮大な実験が続けられている。」

(4)「BBSのホームページでインターネットラジオが聴けるプログラムが始まったようです。 ゾンカなので内容は???でしたが雰囲気が伝わってきます。

(5)BBSのサイトで国立科学博物館のブータン展のもようを伝えています。http://www.bbs.com.bt/Exhibition%20on%20Bhutans%20flora%20and%20fauna%20and%20culture%20and%20tradition%20in%20Japan.html

(6)新しいトンドルのお披露目の記事がBBSウェブサイトに掲載されました。2月13日にタシチョゾンで4代国王により、2月16日にプナカゾンでジェ・ケンポによりお披露目されました。製作に3年を費やしています。http://www.bbs.com.bt/New%20thongdrol%20of%20Kuenkhen%20Pema%20Karpo%20to%20be%20inaugurated%20on%2016%20February.html

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/15):新刊本 写真展

書 名  アゲハ蝶の白地図  副書名  長い謎解きの道のり  出版社  世界文化社  著者  五十嵐邁   税込価格 2,940円(本体2,800円+税)  発行年月 2008年2月  

--------------------------------------------------

Kuzu Zangpo-la! Bhutan <少数民族メラ・サクテン ブータンの人々>  平井祥子 写真展

期間:2月21日〜2月27日  会場:富士フォトギャラリー大阪(下のサイトに地図があります) http://www.fujifilm.co.jp/photogallery/osaka.html

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/4):サムチで爆弾騒ぎ

ティンプーから心配なニュースが届きました。 1月20日に4ケ所で爆弾騒ぎがありましたが(本欄下段1月20日参照)、今度は2月3日、サムチで起きました。

 http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=9815  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2/1):まだむのひとりごと

2005年12月から眠りに入っていた「まだむの てぃんぷー ひとりごと」が目覚めた様です(笑)

ブータンを肌で感じることができますので、お時間がありましたらお運びください。なお、お時間のない方が無理をして訪問されても、損はしません。保証します. 

「まだむの てぃんぷー ひとりごと」 http://www.zhideybhutan.com/monologue/monologue.html  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/29):ブータン卓球チーム来日

国際招待卓球選手権大会参加のブータン人選手の紹介 

Hema Chettri】 30歳。女性。長年ブータン卓球界に携わっている選手であり、現在ブータン国内の女性のNo.2である。

   過去に大阪での世界選手権、南アジア卓球選手権大会への出場経験あり。 今大会では、女子一般シングルと女子一般ダブルス(パートナーはYeshi Choden)に出場。

Yeshi Choden】 15歳。女性。現在ブータン国内の女性のチャンピオン。 過去に南アジア卓球選手権大会に出場経験あり。今大会ではジュニアの部(15歳以上)シングルと女子一般ダブルスに出場。

Namgay Dorji】 14歳。男性。現在ブータンカデット(14歳以下)チャンピオン。 過去にインドのゴアで行われたWJC(ワールドジュニアサーキット)への出場経験あり。今大会では男子カデット(14歳以下)と、男子一般ダブルス(パートナーはRaj Kumar)に出場。

Sonam Adhikari】15歳。男性。現在ブータンジュニア3位の選手。過去にインドのゴアで行われた、WJC(ワールドジュニアサーキット)への出場経験あり。今大会では、男子ジュニア(17歳以下)と、男子ダブルス(パートナーはNamgay Dorji)に出場。

問い合わせ先:大阪卓球協会 06-6636-0801  HPは無し 試合日程:2月15日(金)ー2月17日(日)  場所:大阪府立体育会館・第一競技場

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/29):東京国立科学博物館でのブータン展

東京国立科学博物館でのブータン展がはじまりました。土壌をそのままはぎ取った(壁画をはぐ要領で)パネル、ブータン全土のジオラマ、巨大なソフトクリームのようなノビレダイオウの実物大模型(葉の一枚ずつを型どりして作製)、花をアクリル樹脂に閉じこめた標本、雪豹、レッサーパンダの剥製、ベンガルトラの皮(?)、など自然科学系の展示の他に、 

愛・地球博ブータンパビリオンに展示され、その後三重県の樋口ミュージアムに展示されていた「紙人形で作られたツェチュの様子」、さらに、ブータンパビリオンへの導入口として設置されていた「伝統的な屋根つき橋の一部」が再現されています。 楽器やヤク・テントもあります。 

人々の暮らしスペースには、米などの食品展示、各種道具展示、一般家庭の仏壇再現、織物、ブータンの4種類の民族衣装(8体)、織りかけの布のかかった織機、染料、糸、etc. 

土日にはキラとゴの試着体験ができます(お子様サイズの用意あり)。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/25):TV番組 

内容などの詳細は不明ですが、2月7日(木)、日本テレビの「NEWS ZERO」http://www.ntv.co.jp/zero/ で、ブータンがとり上げられる予定です。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/23):ガサゾンで火災

22日にガサゾンで火災が発生しました。 ふもとのガサ温泉の湯治客が消火に駆けつけたとあります。http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=9750

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/23):爆弾事件報道、ロイヤルブータンはもはや安くない!

(1)爆弾事件の日本での報道ぶり

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080122/asi0801220830002-n1.htm 選挙控えるブータンで連続爆発 2008.1.22 08:30

21日のブータン国営クエンセル紙(電子版)によると、同国首都ティンプーなど計4カ所で20日、爆弾による爆発が続発し女性1人が負傷した。3月24日に行われる同国史上初の総選挙の妨害を狙った犯行の可能性がある。

捜査当局は、ネパールを拠点にする武装勢力による犯行の疑いがあるとしている。ネパールにはブータンでの迫害を恐れて逃れたネパール系ブータン人の難民が約10万人いるが、選挙への参加は認められていない。(共同)

 

http://www.asahi.com/international/update/0121/TKY200801210393.html ブータンで爆発、1人けが 初の総選挙妨害目的か 朝日新聞 2008年01月21日19時31分

ヒマラヤの小国ブータンで20日、首都ティンプーなど4カ所で相次いで爆発があり、1人がけがをした。同国では今月17日、初の総選挙の日程が3月24日と発表されたばかりで、選挙を妨害する狙いがあるとの見方が出ている。

政府系紙クエンセル(電子版)によると、爆発は20日午前11時から午後2時すぎの間に発生。警察は、ブータン共産党など、ネパールに拠点を置く三つの過激派武装組織のうちの一つが関与したとみている。

ブータンでは80年代末から90年代にかけ、政府が公用語のゾンカ語普及や民族服着用などの伝統文化復興策を進めたことに南部のネパール系住民が反発。政府の鎮圧を逃れた約10万人がネパールで難民生活を送る。

 

ブータンで爆弾テロ相次ぐ、1人けが

ブータンで20日、爆弾が相次いで爆発するテロがあり、1人がけがをしました。

ブータンの首都ティンプーなど4つの都市で20日、相次いで4回、爆弾が爆発し、女性1人がけがをしました。

ブータンでは、王制を廃止するための選挙が3月24日に行われることが発表されたばかりでした。ブータンの選挙管理委員会は、この選挙に反対する共産主義武装組織「ブータン・タイガーフォース」の犯行としています。

「ブータン・タイガーフォース」は、ネパール人毛沢東主義派など共産主義武装勢力で、ネパール系ヒンズー教徒の難民が多く暮らすブータン東部を拠点にして、仏教を国教とするブータン当局と対立しています。(TBS 21日18:08)

 

ブータン 首都などで爆発続く

ヒマラヤの王国ブータンで、20日、首都ティンプーなど4か所で立て続けに爆発があり、地元当局では、王制廃止を目指す武装勢力による爆弾テロとみて捜査を進めています。武装勢力による爆弾テロは、南部ではたびたび起きていますが、首都では今回が初めてだということです。

(NHK 1月22日 6時29分)

 

(2)あのロイヤルブータンはもはや安くない!

バンコクーコルカタにDruk Airより安い航空賃の航空会社が出現したとのニュースです。しかもDruk Airと異なり毎日運航です。これで、この区間のDruk Aiのrインド人乗客は減るのでしょうか。「東南アジアを中心とした旅行情報を取り扱うBlogです。バンコク・バンプラットで編集。」とある「Travller's Supportasia」の記事です。

http://supportasia.blogspot.com/2008/01/blog-post_22.html

あのロイヤルブータンはもはや安くない!

バンコクからインドへ向かうバックパッカーの需要を吸収していたドゥルクエア(KB、別名ロイヤルブータン航空)が、新たなライバルの登場で大苦戦しているとの情報をつかみました。そのライバルとは、エアインディア(AI)の格安子会社、エアインディアエクスプレス(IX)。ビジネスクラスサービスを廃止したり、インターネットでの直接予約に破格の料金を出したりしながらも、親会社エアインディアのサービス精神をしっかり受け継いでいます。

IX921 BKK1210〜CCU1315 DAILY  IX922 CCU0710〜BKK1115 DAILY (機材はB738 エコノミークラスのみ180席)

カオサンの代理店でも予約が可能で、バンコク発コルカタ行きの片道相場運賃は5,000Bt.(16,000円)前後。ドゥルクエアよりも1,000Bt.以上安く、早くも大ヒットしています

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/22):「ブータンの新憲法を語る」、懇親会 

3月2日(日)ホテル・アジア会館にて、日本ブータン友好協会の第28回総会を開催します。

総会は会員のみですが、総会後の「お話会」と「懇親会」には会員以外の方々のご参加戴けます。会員以外に、留学生や日本に住んでいるブータンの方々も集まる予定です。

 

3月2日(日)15:15頃から「お話会」、17:15頃から「懇親会」の予定です。

会場:港区赤坂8ー10ー32 ホテル・アジア会館2ーC会議室(最寄り駅は地下鉄青山1丁目駅4番出口、乃木坂駅3番出口 どちらも徒歩5分)

お話会:演題「ブータンの新憲法を語る」 ブータンの新しい憲法邦訳をされたペマ・ギャルポ氏(桐蔭横浜大学・大学院 法学部教授)に、憲法を解説していただきます。

会費:お話会のみ・・・・会員1000円、一般1500円  お話会と懇親会・・・・会員5000円、一般6000円

お申し込み、お問い合わせ:日本ブータン友好協会 (http://www.japan-bhutan.org/) 〒102-0076 東京都千代田区五番町12番6 五番町マンション5F

             TEL&FAX : 03-3556-6161 Email : info@japan-bhutan.org

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/22):朝日新聞  1月22日づけ朝日新聞国際面に、連続爆弾事件が掲載されました。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/21):爆弾事件

ティンプーより心配なニュースが届きました。20日、ブータン国内の4箇所で同じような爆弾事件があったとBBSテレビが19時のニュースから伝えました。時系列でいうと事件は以下の順で起こったそうです。

(1)サムチの野菜市場、死傷者なし(午前11時40分)

(2)首都ティンプー・タクシーパーキング向かい(ドゥルック・シェリング・ホテル裏手)

    ・・・テレビでは11時45分と伝えましたが、轟音がティンプーの谷にとどろいたのは、確か午前10時ごろだった気がします・・・

(3)タラ・ハイドロ・ゲストハウスゲート付近、女性一人が負傷、ゲドゥ病院に入院中 午後1時20分ごろ

(4)ダガナのダガペラにて、女性一人が負傷との情報あり 午後2時前

 

20日のBBSテレビは18時のゾンカニュースにはニュースが間に合わなかったようですが、19時、20時のニュースのトップでこれを伝えました。

ティンプーの現場はティンプー中心部のJOJOビルから15m先の工事現場。 警察が現場検証を行っているのが見えましたが、とくに通行禁止などの規制は行われませんでした。

DPT党のオフィスの入ったビルのちょうど裏手にあたル場所です。 サムチからダガナの爆発まで4箇所の爆発は、約3時間の間で起こっているとのことです。  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/19):ネパールのブータン難民の移住、観光客数訂正

(1) ネパールのブータン難民の移住について、1月16日米国(ネパールの米国大使館)の声明がでました。

2008年には13,000人以上の難民が米国、オーストラリア、カナダ、他にデンマーク、ノルウェイに、また2009年末にはさらに追加で2万人以上がこれらの国に受け入れられることが期待されている由です。難民の再定住に関しては、難民の中にこうした動きがブータン政府に国内のネパール系住民の更なる追放の動きを起こさせかねないとの懸念を表明しているグループモあります。 http://newspostindia.com/report-31473

(2)ブータンへの外国人客の統計数字  以前お知らせした数字の訂正です。2006年は17,344名を17,365名に  2007年は21,000名(概算)を21,094名に、そのうち903名がトレッキングに http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=9725

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/18):産経新聞関連

12月にブータンに取材に行かれた産経新聞シンガポール特派員の藤本欣也さんのコラム記事。http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm

【外信コラム】マーライオンの目 ブータンは桃源郷にあらず 2008.1.15 02:36

 ヒマラヤ山脈 <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> の王国ブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> を昨年末、取材で初めて訪れた。「のどかな風景が広がり、昔の日本にタイムスリップしたみたい」と、日本人観光客に人気があると聞く。経済成長至上主義ではなく、国民総幸福量(GNH)に重点を置く国造りを評価する向きもある。しかし、現実のブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> は桃源郷 <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> ではなかった。

 空港から首都まで山道が続くのだが、至る所で道路の拡幅工事が行われていた。今年予定される国王の即位式 <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> に間に合わせるのだという。でも、気温が冷え込む中で働いているのは隣国インドからの出稼ぎ労働者ばかりだった。ブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> の主要な外貨獲得産業である水力発電 <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> を購入しているのもインドだ。その額は国家収入の4割に達し、さらに4割を外国からの援助に頼っているという。外交政策でもインドの助言を仰いできた。この国の内情は極めて厳しい。

 ブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> は従来の「鎖国」政策を改め、国民生活もまた激動の時代に入った。1999年に解禁されたのはインターネットだけではない。テレビ放送も、である。21世紀の直前までラジオだけの暮らしだったのだ。

 歴史上初の情報化時代を迎えたブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> は同時に民主化政策も進めている。昨年末には初の国政選挙が行われた。それでも「王制のままでいい」と話す若者は多い。どう変わっていくのか、あるいは変わらないのか。幻想ではなく現実のブータン <http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080115/asi0801150236000-n1.htm#> に注目していきたい。 (藤本欣也)

 

(3)産経新聞シンガポール支局長藤本欣也さんの記事 http://sankei.jp.msn.com/life/environment/080113/env0801130217000-n1.htm

【土・日曜日に書く】シンガポール支局長・藤本欣也 「温暖化」論議にもの申す 2008.1.13 02:17

 ≪村人の心が変わった≫

昨年末、東南アジアから南アジア、さらに南太平洋と、いくつかの国々を訪れた。地球温暖化の影響が懸念される地域と、インド洋大津波 <http://sankei.jp.msn.com/life/environment/080113/env0801130217000-n1.htm#> (2004年12月)から3年を迎えた被災地の取材が目的である。

インドネシア・アチェ州西岸のラムプーク村は、大津波でモスク(イスラム教礼拝所)以外が一時水没してしまった村だった。

被災1年後に取材したときには、「ブッシュ・クリントン通り」と呼ばれる道があった。災害で孤立した村を救ったのは救援物資を投下し続けた米軍である。ブッシュ元米大統領、クリントン前米大統領が実際に慰問に訪れたのを機に、そう命名されたのだ。

米国のインドネシア支援の象徴でもあったラムプーク村はしかし、「トルコ村」へと衣替えしていた。トルコ赤新月社 <http://sankei.jp.msn.com/life/environment/080113/env0801130217000-n1.htm#> が約700戸の被災者住宅を建設したことから、モスク前の大通りはトルコの現首相の名を冠した「エルドアン通り」と改称され、ブッシュ・クリントン通りもイスラム風の名前に戻っていた。

そのエルドアン通りに住むナスミンさん(38)に「違和感はありませんか」と聞いてみた。彼は首を横に振った。しかし、こう嘆くのである。

「でも、住民たちの心はすっかり変わってしまった。村の仕事も以前なら共同作業で助け合ったものなのに、今ではお金にならないと動こうとしない」

自然災害とそれに伴う援助によって村のありようが左右される。守ってきた風習や文化が変質してしまうこともある、と思った。

 

≪現実感欠く数字≫

昨年から世界は「地球温暖化」防止の大合唱である。

「先進国は2020年までに温室効果ガス25〜40%の削減が必要」「平均気温が2・5度上昇すると生物種の最大30%が絶滅する恐れあり」

数字が独り歩きしているかのようで、いまひとつ現実感に欠ける。だが、雲をつかむようなこの思いも、温暖化の影響を受けた現場を目の当たりにすると一変した。

約80の島々からなる南太平洋のバヌアツでは海面上昇 <http://sankei.jp.msn.com/life/environment/080113/env0801130217000-n1.htm#> により海岸浸食が進み、一部の島で住民が避難する事態に陥っていた。美しい白浜が削り取られた島も少なくなかった。

影響は住民生活や環境だけにとどまらない。取材していて不思議に思ったのは「南太平洋には海抜の低い島が多いのに、国際社会に被害を訴えるのはツバルやキリバス、バヌアツなど数えるほどしかない」ことだ。たとえば仏領ポリネシアや米領サモアから、こうした声は聞かれない。なぜか。

バヌアツの地球温暖化専門家、ブライアン・フィリップス氏(29)は、こう答えた。

「独立国か否かの違いだろう。米仏など大国に属していれば、たとえ、島が水没しても住民たちの移住先で悩むことはない。独立を果たしたが故に、地球温暖化の問題で苦しんでいるともいえる」

南太平洋のニュージーランド領トケラウ諸島で昨年、自治移行の是非を問う住民投票が行われたが、結局、否決された。もちろん地球温暖化だけが理由ではないにせよ、この問題が「国」のありようにも影響を及ぼしかねないことを示している。

 

 ≪魂が崩壊するとき≫

ヒマラヤ山脈 <http://sankei.jp.msn.com/life/environment/080113/env0801130217000-n1.htm#> の王国、ブータンは国土の70%以上が森林に覆われた秘境である。だが、地球温暖化で北部の氷河が解けて氷河湖の水量が急増し、深刻な事態が懸念されている。同国の南北標高差は実に7000メートルあり、ひとたび氷河湖が決壊すると、森林をなぎ倒しながら一気に土石流が流れ落ちることになるのだ。

ブータンは森林伐採を厳禁するなど環境保護を国是としている。主要産業の水力発電を維持するためにも不可欠な政策なのだが、何よりも国民が自然を守るという意識を共有していた。中部のポブジカ村には、毎年越冬のために飛んでくるツルを保護する理由から、電線を引くことをあきらめた住民たちがいた。ツルは民話や民謡に登場する大切な生き物である。

「あなたたちは温暖化の問題を少し科学的にとらえすぎてはいませんか」。国営ブータン放送の男性人気パーソナリティー、ツェワン・デンドゥプさん(38)はこう疑問を投げかける。

「私たちにとってそれは精神世界の危機なのです。ブータンの文学や音楽は山から生まれました。森林破壊 <http://sankei.jp.msn.com/life/environment/080113/env0801130217000-n1.htm#> とは、私たちの魂が崩壊することだと思っています」

日本の温暖化論議に欠けているもの、それは日本も被害者であるという当たり前の視点ではないだろうか。温室効果ガスを削減しなければならないのは、他国のためばかりではなく、日本のありようにも影響する問題だからなのだ。温暖化で失われるかもしれない、日本の守るべきものとは何か。足下から見つめ直す必要がある。(ふじもと きんや)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 (1/13):旅日記、ニュース解説

(1)旅のプロらしき方の年末に、ダージリンから陸路ブータンへ向かった「旅日記ブログ」 http://garudatengu.no-blog.jp/index/2008/01/post_9e3b.html  http://garudatengu.no-blog.jp/index/2008/01/post_fc43.html

(2)日経BPニュース解説 http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/torii/17/index.shtml

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/11):観光客数 

観光客の統計数字 2006年は17,344名、 2007年は21,000名(概算) 国別の数では第1位が米国(約6,000名)、第2位が英国(約2,200名)、第3位が日本(約2,000名)の順。観光業は2007年4,400万ドルの外貨を稼ぎ、そのうち1,000万ドルが手数料として国庫に納められている。http://www.bbs.com.bt/Tourist%20arrival%20at%20its%20record%20high.html 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/4)古い動画

(1)1936年のパロの映像  http://www.youtube.com/profile?user=DigitalHimalaya このサイトには古いネパールの動画もアップされていますが、驚いたのは「Apa Tani 族」の動画2本でした。

(2)「The Frederick Williamson Collection」 http://www.digitalhimalaya.com/collections/williamson/williamsonfilms.php には1933年のハ、トンサ&ブムタンアップされています。この動画の1933年の使節団がブムタンへ行っている写真はマイケル・アリスの『The RAVEN CROWN』にいくつか掲載されています。このサイトには古いチベットやシッキムの動画もアップされています。 

(3)ちなみに、私が見たもっとも古い動画は、1931年の「動く第二代国王」です。この1931年の映像は、BBCによって製作された『BBC WORLD Joanna Lumley's In the Kingdom of Thunder Dragon』(48分)として日本で放映されています。・・・1931年にイギリスの勲章をブータンの第二代国王に贈る使節を務めた祖父の足跡を辿る孫(女優)の旅http://bhutan.fan-site.net/eizou.htm 1996年の項参照

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1/3):TV番組

(1)TV番組 10月にNHK BS で4回にわたりブータン料理を紹介したブータンの留学生デキさんが下記日時の番組に出演します(12月中旬にあった時には「収録済だ」とご本人が)

「アジア・クイズクロスロード」http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-01-06&ch=21&eid=2220

上記アドレスでたどり着けない時には NHK番組表 http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/index.cgi 6日・総合・午後3時 とお進みください。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ