『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ   2007年ニュース

更新日:2007年12月30日

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/30):2007年アジアの環境重大ニュース、西岡里子氏展示即売会

財団法人地球環境戦略研究機関 12月21日付け 2007年版「アジアの環境重大ニュース」 ブータンのレポートも掲載されています。http://www.iges.or.jp/jp/index.html

 

2008年2月、西宮の「ブータンハウス苦楽園」で恒例の西岡里子氏展示即売会が予定されています。会期:2008年2月23日(土)〜3月2日(日) 会場:ブータンハウス苦楽園(西宮) また、2008年秋頃、には船橋市での開催が予定されている様です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/29):東京国立科学博物館 企画展「雷龍の王国ブータン -その多様な自然と人々-」

http://www.kahaku.go.jp/event/2008/01bhutan/index.html

「国民総幸福(GNH)」を国の指標としたヒマラヤの王国ブータン。九州ほどの面積に標高150mの亜熱帯から7000mを超す雪山まで、多様な自然に富む王国ブータン。

 その多様性に富んだ自然の紹介とそこで暮らす人々の生活、彼らが織りなす文化について紹介します。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講演会 日時:2008年2月3日(日)13:30〜16:00 会場:国立科学博物館 日本館2階講堂 募集:100名(一般)

演題:「ブータンヒマラヤの高山植物」 講師:門田 裕一 (国立科学博物館)

演題:「ブータンの多様な自然に対応した農業について」 講師:河合 明宣 (放送大学)

演題:「ブータンの文化的多様性と国民的統一性」 講師:今枝 由郎 (フランス国立科学センター

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(12/25) 

ブータン王国に対する無償資金協力(貧困農民支援)に関する書簡の交換について http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h19/12/1176710_818.html 今年度もブータンに耕運機160台が無償で供与される。ブータンの農民は1台約10万ニュルタムで購入します。1984年度から開始された食料増産援助により日本から供与され、農民に売却された耕運機は合計2002台になったと。

堂道秀明駐ブータン・インド大使(前駐イラン大使)が21日ブータン国王に信任状を捧呈しました。21日には日本・ブータン援助協議がティンプーで開催されています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

(12/20):建国百周年記念式典でのブータン国王の演説 クェンセル

最近には珍しく現国王陛下と前国王陛下のそろった写真、また王子王女方が分散して各地の式典に出席されている写真もあります。

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=9578   

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/19):五王の記念切手、ナショナルディ

(1)ブータン五王の記念切手  http://www.newsclip.be/news/20071217_016845.html

【タイ】タイの印刷会社タイ・ブリティッシュ・セキュリティー・プリンティング(TBSP)は17日、ブータン王国の5人の王を記念する切手の印刷を受注したと発表した。

1907年に即位した初代国王から昨年王位に就いたジグメ・ケサル・ナムギャル・ワンチュク現国王までの5王がそれぞれ1枚の5枚組。通常の切手のほか、世界初というDVD切手も製造される。 TBSPは小切手、証券、プラスチックカードなどの印刷を手がける。親会社はタイの素材大手サイアム・セメント(SCC)。

(2)ブータン建国百周年記念式典  http://www.bbs.com.bt/Nation%20celebrates%20100%20years%20of%20monarchy.html 12月17日の健康百周年記念式典の模様を伝えるBBSのサイトの記事 テレビとラジオが式典の模様を同時中継で放送しました。 

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/16):4件

(1)ネパールのブータン難民にネパール政府発行のID交付

ブータン難民に初めてIDカードの交付が始まりました。これでようやくブータン難民がキャンプの外へ公式に出れるようになるとあります。

Refugees from Bhutan get first ID cards in Nepal's camps

10 Dec 2007 17:53:01 GMT

Source: UNHCR

SANISCHARE CAMP, Nepal, December 10 (UNHCR) ミ The government of Nepal and the UN refugee agency on Monday started a massive operation to distribute identity cards to the refugees from Bhutan living in seven camps in eastern Nepal, a move that will improve protection and assistance for some 108,000 registered refugees.

Issued by the Nepalese government, the photo ID cards are a follow up to the refugee population census that was conducted with UNHCR support in the camps from November 2006 to May 2007. All registered refugees aged 16 years and above will receive the free-of-charge cards.

The first cards were distributed on Monday in Sanischare camp in Morang district. A huge crowd of all ages gathered in the camp's playground to witness the watershed event.

"Although Nepal is not signatory to the 1951 Refugee Convention, it has been hosting refugees for decades on its soil," said Umesh Mainali, the home secretary of Nepal's Ministry of Home Affairs. "The government of Nepal will always work for the right of refugees and the first step in this is the issuance of identity cards to the refugees in the camps. To have an identity document is the right of the refugees."

Abraham Abraham, UNHCR's representative in Nepal, added: "ID cards are an important protection tool, because the most basic element of refugee protection is to prove one's identity in order to be able to readily access protection and assistance services. The cards would also ensure efficient and accountable distribution as well as better monitoring of assistance, in that it reaches the right person."

Gajman Gurung was one of the first refugees to get the ID card in Sanischare camp. "I am happy that at least now I have an identity, although it is as a refugee. It is going to assist in my protection as well as that of my family," he said.

"I know that the ID card will be very useful to me and my family," said Nar Bahadur Sarki, a father of two in the camp. "The good thing is that my wife and each of my children have their own identity card. It is particularly helpful for my son who goes to college outside the camp. The card will facilitate his movement in and out of the camp."

The ID cards will be issued on a camp-by-camp basis over the next few months. Registered refugees living outside the camps will receive their cards once the camp distribution is completed.

 

(2)インド軍が中国国境に移動 中国軍のブータン国境侵犯との関連は否定しています。 

「12月20日からは中国の昆明で初の印中合同軍事演習が予定されている。」と伝えています。 http://news.indochannel.jp/news/nws0000360.html

 

(3)ネパール、王制廃止確実に 共和制明記の暫定憲法合意

朝日新聞 2007年12月15日23時07分

 ネパール主要7政党は15日、今年1月にできた暫定憲法に政治体制として「共和制」と明記し、実際の共和制移行は、来年前半に予定する制憲議会選挙後の同議会の第1回会議で承認することで大筋合意した。ネパールでは昨年4月、ギャネンドラ国王の独裁政治への市民の抗議運動が成功。「王制存続か共和制移行か」が問われてきたが、王制廃止が確実な情勢になった。

 主要政党の一つ、統一共産党の幹部が15日、カトマンズで報道陣に明らかにした。16日にも暫定議会で共和制を明記した暫定憲法改正案が通過する見通し。改正案は、選挙を来年4月12日までに実施するとしている。

 制憲議会選挙はもともと今年11月に予定され、主要7党は王制廃止の立場を決めていた。だが、武装勢力の共産党毛沢東主義派(毛派)が選挙前の共和制移行を主張して不参加を示唆したため、延期されていた。

 今回は、毛派を選挙参加させるために他党が妥協し、暫定憲法での共和制明記まで踏み込んだ。同時に、「選挙を経ない共和制移行は認められない」との国際社会の声に答える形で、制憲議会での承認を共和制移行の条件とした。

 今後は公正な選挙実施に向け治安の確保が課題となる。南部では今年、インド系住民の権利拡大運動が暴動に発展している。

 ブータンの刑務所に君主制打倒を唱えるブータン共産党(毛沢東主義派)支持のネパールのブータン難民キャンプからの戦闘訓練を受けたマオイスト30名が収容されているとのニュース記事です。

 

(4)産経新聞のコラム「産経抄」(12月15日)です。

http://sankei.jp.msn.com/life/environment/071215/env0712150358000-n1.htm

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/14):東京国立科学博物館ブータン展

下記に来年の「ブータン展」の概要(ポスター?)が掲載されました。 http://www.kahaku.go.jp/event/2008/01bhutan/index.html

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/10)産経新聞記事

産経新聞シンガポール支局の藤本記者のブータン取材記事が、12月12日もしくは13日の産経新聞に掲載予定です。テーマは地球温暖化。

同じく藤本記者のブータン取材記事、元旦の産経新聞紙上に特集記事として掲載される予定。 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/10)世界最初のDVD切手  ブータン王国100年記念切手 http://topofswan.tea-nifty.com/hyper_philatelist_annex/2007/12/cdrom_70ef.html

さきほどブータンの知人に発注依頼しましたところ、不確定要素がいろいろあるのを前提に(ブータンでは常識ですが)下記のような情報を戴きました。

切手はファーストデーイシューのセット販売しか予約ができない  3月発行予定(?) セットでDVDが2枚とあとなんかおまけがつく予定(?) 予価Nu700弱なりとのこと(?)

1973年のレコード切手、1996年の22金切手、1960年代末から70年代に各種発行された3D切手、1969年のスチール切手、葉書大の切手、三角雪男(雪女? 雪男の嫁?)切手、etc. etc. 風変わりな切手を発行することで有名なブータン王国がまたまた・・・・・・・

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私が勝手に「坂本組」と呼んでいる早稲田大学学生諸君のブータン報告です。

http://www.jica.go.jp/hiroba/topics/2007/071124_02.html <ブータン>ヒマラヤの王国で見つけたもの(スタディツアー)

2007年8月、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)の講義「地球体験から学ぶ異文化理解」の実習としてブータン王国を訪問しました。

続き(本文)は http://www.jica.go.jp/hiroba/topics/2007/071124_02.html を御覧ください。

写真展も予定されていますので、お時間のある方はぜひ早稲田大学ギャラリーへお運びください。写真展の詳細はHP『ブータン館』新着ニュース、ブータン館カレンダーなどを御覧ください。 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/7):ブータン展のお知らせ、雑誌紹介

(1)東京国立科学博物館 企画展「雷龍の王国ブータン − その多様な自然と人々 − 」 開催期間は、2008年1月29日(火)〜2月24日(日)

まだ科学博物館のHPにも掲載されていませんのでお知らせできる情報はここまでですが、公表許可がで次第「Bニュース」、HP『ブータン館』、ブータン館カレンダー、mixi ブータンコミュニティ【まとめ用】イベント情報、などに掲載していきます。 

(2)月刊「国際開発ジャーナル」12月号の特集「日本の国際協力を創った人たち PART2」に「生涯をブータンに捧げた専門家西岡京治」の記事が掲載されています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/6):3件

(1)新刊本の御案内  佐々木高明著『照葉樹林文化とは何か』中公新書1921   11月25日発行 980円+税

(2)ブータンスケッチ展 http://www.jica.go.jp/yokohama/event/index.html#a1202-01

  日時:12月2日(日曜)から12月26日(水曜) 10時から18時(入館は17時30分まで)

  会場: JICA横浜 2階 JICA横浜プラザ 【地図】 <http://www.jica.go.jp/yokohama/office/index.html#map>

GNH(Gross National Happiness=国民総幸福量)で有名になった、世界一幸せな国と称される仏教国ブータンをJICAシニア海外ボランティアとして自動車整備隊員の指導で活躍した、若林誠さんの水墨画を通して紹介します。日本人と顔が非常に良く似たモンゴロイド族ブータンの人々やブータン独特の建築様式のほか、隣国インドの様子も描かれています。写真で見るブータンだけではなく、優しいタッチで描かれた水墨画スケッチを見て癒しを感じませんか? 問合せ先: JICA横浜 連携促進チーム 電話番号:045-663-3220(直) 045-663-3251(代) Eメール:yictpp@jica.go.jp

(3)現在ブータンで取材中の、産経新聞シンガポール支局長倉本欣也さんのブログブータンをゆく1 http://fujimotok.iza.ne.jp/blog/entry/413760 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/4):朝日新聞記事   2007ー12ー4 朝刊に数行ですがブータンの首相登場

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「旅人ヒデ」のブータンでのブログと写真   http://nakata.net/jp/hidesmail/hml293.htm  http://nakata.net/official/jp/daysshots/p71.htm  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

早稲田大学の授業「地球体験から学ぶ異文化理解」ブータン実習2期生のメンバーが中心となって、12月17日(月)から21日 (金)にかけて、早稲田大学でブータンの写真展を開催することになりました。 

『幸福の国ブータン写真展2007〜自分なりの幸せを探して〜』

◎展示日時 12月17日(月) 13:00〜16:30 12月18日(火)〜20日(木) 10:00〜16:30 12月21日(金) 10:00〜13:30

◎場所  早稲田大学早稲田ギャラリー 西早稲田キャンパス27号館(小野梓記念館1階)  東京メトロ東西線早稲田駅A3かB3出口から徒歩5分 http://www.waseda.jp/jp/culture/index.html

◎概要 「幸福の国」と言われるブータン王国。民主化に向け激動の時を迎えた「幸福の国ブータン」で私たちが出会ったものは、幸せそうに微笑むブータン人の笑顔であり、さまざまな問題を抱えたブータンの姿でもありました…。

「幸福の国ブータン」とは?幸せって? 大切なのは、自分なりの幸せを見つけることではないでしょうか。 この写真展が、みなさんの幸せ探しの一助になれば幸いです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 (11/28):困ったニュース、「第二次橋梁架け替え計画」

(1)困った人物のニュースが流れています。当事者は電波のプロですから「ミス」などというものではなく、百も承知の上なのでしょうが ………

http://www.wikihouse.com/HamRadio/index.php?A52AM   http://jh3ykv.rgr.jp/mt/2007/11/a52am.html

(2)日本の無償資金協力の「第二次橋梁架け替え計画」で建設された3橋が完成し、ブータン側に引き渡されました。

第一次の橋梁架け替え計画では5橋が建設されています。日本政府は第三次橋梁架け替え計画についても実施を検討中で調査をしています。

http://www.bbs.com.bt/The%20Japanese%20government%20hands%20over%20three%20new%20bridges%20to%20Bhutan.html

タンマチュウ橋(ルンチ県)70メートル、ワクリタル橋(ウォンデュー・ポダン県)86メートル、スンコシ橋(ダガナ県)95メートル  

--------------------------------------------------------------------------

外務省危険情報引き下げ

 嬉しいニュースではありません。久々の(2003年12月のインド独立派ゲリラ掃討作戦以来?)「危険情報引き下げ」です。

南部で一般観光客が入れる場所は、プンツォリンとサムドップジョンカルの2ケ所ですが、一部の旅行会社がダージリンと組み合わせる場合にプンツォリンを使うくらいです。サムドップジョンカル通過は2週間以上の個人旅行が多いので、多くの場合の一般ツアー客が心配しなければならない範囲ではないようです。

-------------------------------------

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=039#header 2007/11/12-18:02 ブータンに対する危険情報(引き下げ)

外務省渡航情報(2007/11/12)

※ 本件渡航情報は下記の通り発出されましたが、随時更新されます。

 (件名)ブータンに対する渡航情報(危険情報)の発表

(内容)

●ブータン南部(インド・アルナーチャル・プラデーシュ州、アッサム州、西ベンガル州との国境付近):「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)

☆詳細については、下記の内容をよくお読みください。

 1.概況

(1)インドと国境を接するブータン南部地域では、90年代末以降インド・アッサム州での分離独立運動を行っている過激派組織が侵入し、訓練拠点キャンプを設営するなどしてきました。これに対し、ブータン政府は、2003年12月中旬に掃討のための軍事作戦を行い、治安は基本的に回復しました。しかし、2004年9月には、インドとの国境付近のサルパン県で爆弾テロが発生し、2006年1月にはサムドゥルプ・ジョンカール県で陸軍のパトロール部隊に対する襲撃事件が発生しました。現在もアッサム州内での過激派の活動は活発であることから、その影響を受ける可能性も否定できません。

(2)2005年3月、ワンチュク前国王が多党制民主主義の確立を目指す憲法草案を発表、憲法批准のための国民投票に向けての作業が進む一方、同国王は2005年12月17日、王位を皇太子に譲り、議会制民主主義に基づく政府を選ぶための最初の国民選挙を2008年に行うと発表しました。その後、国王及び皇太子が国民の声をつぶさに聞くための国内巡幸を行い、2006年12月には皇太子が次期国王に即位するなど、ブータンの国内情勢は基本的に安定しています。また、南部を除くブータンのほとんどの地域(首都ティンプー、空港のあるパロ等)の治安は概して良好で、凶悪な事件はほとんど発生していません。また我が国との関係も良好で、人々は親日的です。

 

2.地域情勢

(1)ブータン南部(インド・アルナーチャル・プラデーシュ州、アッサム州、西ベンガル州との国境付近):「渡航の是非を検討してください。」

(イ)インド・アッサム州で分離独立運動を行っている過激派組織、アッサム解放統一戦線(ULFA)やボドランド民族民主戦線(NDFB)などが、90年代末頃から、インド軍に追われる形でブータン南部の森林地帯に侵入し、訓練キャンプや拠点となるキャンプを設置するようになりました。このため、特に1998年以降、ブータン南部を移動するブータン軍やインド・アッサム州からブータン領内に移動中のブータン人が過激派に襲撃される事件が発生してきました。

(ロ)ブータン政府は、これら過激派に対し、国外への退去を要求してきましたが、交渉が決裂したため、2003年12月以降、ブータン南部において過激派掃討のための軍事行動を開始し、その結果、掃討作戦はほぼ成功裏に終了し、治安は基本的に回復しました。

(ハ)しかし、その後も2004年9月初旬には、南部のサルパン県ゲレフーの日曜市場で過激派によると見られる爆弾テロにより、2人が死亡、27人が負傷する事件が発生したり、2006年に入ってからは、南部のサムドゥルプ・ジョンカール県におけるパトロール中の陸軍部隊に対する過激派による襲撃事件、さらに、同年12月にはチュカ郡プンツォリンの主要道付近で爆発により4人が負傷する事件が発生し、インド・ブータン国境の警戒が一時強化されました。ブータン政府が同地域におけるインドとの国境付近の監視体制を強化したことにより、同地域の治安は改善されています。また、最近は事件の発生も殆ど見られないことから、同地域に対するこれまでの「渡航の延期をお勧めします。」を「渡航の是非を検討してください。」に引き下げます。しかしながら、ブータン南部と国境を接するインド・アッサム州(「渡航の是非を検討してください。」が発出されています。)では、依然としてULFAによるテロ活動が活発であることから、その影響を受けることも懸念されます。つきましては、同地域への渡航に関しましては、その是非を含め自らの安全につき真剣に検討を行い、渡航する場合には、最新の情報の入手に努め、十分な安全対策を講じることをお勧めします。

 

(2)上記以外の地域については、2005年2月に「十分注意してください。」の危険情報を解除しましたが、最近ではティンプー等で時折傷害事件の発生も報告されており、夜間の外出には十分注意してください。また、渡航に際しては引き続き最新の情報の入手に努めてください。

 

3.滞在にあたっての注意

渡航先の治安情勢について報道等に注意を払うとともに、外務省、在インド日本国大使館(ブータンを兼轄しています)、現地関係機関等より最新情報を入手するよう努めてください。なお、渡航に際しての注意事項の詳細、主要都市の犯罪傾向については「安全対策基礎データ」をご参照ください。

(1)渡航者全般向けの注意事項

(イ)ブータンに入国するための国際空港はパロの1つしかなく、フライトも限られています。旅行者は事前に日程を確定し、入国許可を取得しなければなりません。入国許可取得等はブータンへの旅行を取り扱っている日本の旅行代理店が代行しています。手続き等詳細については「安全対策基礎データ」をご参照ください。

(ロ)ブータンは、標高数百メートルから7,000メートル級の山岳地帯まで標高差のある山脈に位置する国です。このため、道路は山腹を走る曲がりくねった道ばかりであり、舗装状態も悪いので交通事故の危険性が高く、また、車で移動する間に車酔いなどになる人もいます。首都ティンプーは、標高約2,500メートル程度であり、地方に行く際に通る峠は3,000メートル以上の所もありますので、高山病にも十分注意が必要です。

(ハ)ブータンにおける病院は全て公立で、外国人に対しても無料ですが、設備が十分でなく、医療水準も決して高いとは言えません。輸血、手術を要するような治療は期待できないと考えてください。また、上下水道が整備されていないことから、消化器系の伝染病、感染症等に注意が必要で、飲料水にはミネラルウォーターを利用するなど、衛生管理に十分注意が必要です。

(ニ)現在、ブータンでは、「ゾン」(首都及び県庁所在地にある行政機構と僧院が一緒になった建物)及び寺院への外国人の立ち入りは原則として禁止されています。

 

(2)観光旅行者向けの注意事項

(イ)ブータンの治安は概して良好で、強盗事件などの凶悪犯罪は多くはありませんが、空き巣、窃盗事件は散発していますので、旅券や現金などの貴重品の管理には注意してください。また、最近では傷害事件の発生も報告されており、特に夜間の外出には十分注意してください。

(ロ)トレッキングを行う際には、無理な日程を立てない、急に高度を上げない等の高山病予防策をとってください。また、万が一、症状が改善しない場合には、生命に関わる恐れもありますので、直ちに下山してください。ブータンでは、低地への移送や手当に時間がかかることがあります。

(ハ)この他、「安全対策基礎データ」を参照してください。

 

(3)長期滞在者向けの注意事項

(イ)ブータンでは最近になって携帯電話が普及し始めましたが、回線容量が少ないため、万一の状況の変化に備え、通信手段の確保(訪問先(村)等の電話のある場所を確認するなど)を心掛けてください。

(ロ)ブータンでは、十分に信頼できる医療設備、医療サービスが期待できないので、常備薬を十分に携行し、手術等緊急医療、移送が必要な場合の出国手段について確認しておくようお勧めします。

(ハ)ブータンに3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などに必要ですので、到着後遅滞なく在インド日本国大使館に「在留届」を提出してください。また、住所その他の届出事項に変更が生じたとき又はブータンを去る(一時的な旅行を除く)ときは、必ずその旨を届け出てください。なお、在留届の届出は、郵送、FAXのほか、インターネット( http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )によっても行うことができます。

(ニ)外出中に暴動など不測の事態が発生した場合には、自宅や職場(旅行者の場合はホテル)等安全な場所に行き、事態が沈静するまで待機してください。また、可能な限り、早急に在インド日本国大使館に連絡してください。

 

(4)隣国のインドにも「危険情報」が発出されていますので、特にブータンと国境を接するインド北東部諸州の地域情勢等を参照してください。

 

 

(問い合わせ先)

○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)住所:東京都千代田区霞が関2-2-1  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140

 

○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)住所:東京都千代田区霞が関2-2-1 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3679

 

○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)住所:東京都千代田区霞が関2-2-1 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

 

○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/

 

○在インド日本国大使館(在ブータン日本国大使館兼轄)住所:50-G, Chanakyapuri, New Delhi, 110021,

India 電話: (91-11) 2687-6564、2687-6581〜3 FAX : (91-11) 2688-5587 月〜金:09:00〜17:30 開館時間外:上記電話番号に同上

----------------------------------------------------------------------------------------

(11/21):ブータンサロン&ブータン・ナショナルディ  会員以外の方々のご参加を歓迎します

12月16日(日)シディーク半蔵門店 11:30ー13:00 

   ブータン・サロン 講師:糸永正之氏  テーマ:「ブータンの道 ブータンの相聞歌から」

ブータン・ナショナルディ 13:15ー15:30 (ビンゴゲーム景品を1品以上お持ちください)

参加費 サロン&ナショナルディ:6000円  ブータン・サロンのみ: 1000円 ブータン・ナショナルディのみ:6000円 申し込みは12月11日(火)まで

主催、問い合わせ、申し込み 日本ブータン友好協会 info@japan-bhutan.org

----------------------------------------------------------------------------------------

(11/22):動画

http://www.youtube.com/watch?v=fgakX7R12UI  タシチョゾン・ゾン内での儀式の模様

右側の小さな画像もお見逃しなくご覧ください。タイの国王陛下にお祝いされている動画、その他がご覧戴けます。

----------------------------------------------------------------------------------------

(11/19):旅人ヒデ、ブータン難民、数か月以内にネパールから第三国定住

「ブータンでサッカーをやっていた中田」 18日の日曜日にブータンのジャージを着てサッカーをやっていました。http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=9429

(1)ブータンの西浦青年海外協力隊隊員のブログに世界の中田登場 http://blogs.yahoo.co.jp/nobu2442yuki/38043661.html 世界のNAKATAに会いました。 2007/11/18(日) 午後 5:09

(2)11月8日付けUNHCRニュース速報 http://www.unhcr.or.jp/news/2007/071108.html ブータン難民、数か月以内にネパールから第三国定住

----------------------------------------------------------------------------------------

(11/18):クロスロード

青年海外協力隊機関誌「クロスロード 12月号」に体育隊員の記事が掲載されています。

mixi ブータン・コミュニティに誌面を掲載します。mixi に御参加でない方で御覧になりたい方は、この「Bニュース」に「クロスロード希望」と御記入の上返信して下さい。ファイル4枚をお送りします。なお、メールボックスに空きがないと戻ってきますので、充分な空きを御用意ください。「Bニュース」(ANA 機内誌など)も時々「ボックスが一杯で。。。」と戻ってきました。このような場合こちらでの再送は行っておりませんので悪しからず。

ブータン館館長

----------------------------------------------------------------------------------------

(11/17):外務省関連

外務省のブータン情報が10月に更新されました  基礎データ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/bhutan/data.html

最近のブータン情勢と日・ブータン関係 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/bhutan/kankei.html

----------------------------------------------------------------------------------------

(11/15):旅人ヒデ

「旅人ヒデ」は現在ブータン滞在中です。今週の日曜日、ブータンチームと一緒にサッカーをするそうです。

先週の土曜日、織物博物館にも来られる予定でしたが、結局キャンセルしたそうです。 

----------------------------------------------------------------------------------------

大谷大のチベット語システム搭載 マックの最新基本ソフトに

11月6日19時41分配信 京都新聞 <http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/?http://nsearch.yahoo.co.jp/bin/search?to=2&amp;p=%b5%fe%c5%d4%bf%b7%ca%b9>

米アップルコンピュータのパソコン「マッキントッシュ(マック)」が先月から販売を始めた最新版の基本ソフト「MacOSX(テン)Leopard」に、大谷大(京都市北区)が開発したチベット語システムが世界標準で搭載された。開発チームは「チベット語によるコミュニケーションの活性化と、チベット文化の情報発信に役立つことができれば」と話している。中国チベット自治区を中心に600万人以上がチベット語で話しており、チベット文字はブータンの国語(ゾンカ語)やチベット仏教圏の共通言語としても使われている。子音字と母音記号が縦横に結合して字形も変化するなど、パソコンでの処理やデータの授受が難しく、中国語や英語でのインターネット利用を強いられていたという。システムは、チベット語文献研究の推進のため、1980年代から大谷大真宗総合研究所が開発、1990年から研究者向けに配布してきた。今回初めて世界共通の文字コード「ユニコード」に準拠、文字を入力しやすいシステムや正確な字体(フォント)も独自に作り、基本ソフトに標準で組み込まれることになった。ウィンドウズは今年1月から最新の基本ソフトでチベット文字に対応しており、世界のどこででもチベット語で電子メールや文書ファイルの授受ができるという。開発チームの三宅伸一郎講師(チベット学)は「研究者や宗教者だけでなく、一般の人が電子メールやウェブ、チャットなどを通じて情報発信する助けになれば」と話している。 最終更新:11月6日20時29分

----------------------------------------------------------------------------------------

2010年を目処に、第四代国王妃アジ・サンゲ・チョデン・ウォンチュック妃がパトロンとなって、ティンプーに「ブータン織物学校」が設立されます。

この学校は、ブータンの世界に誇れる文化の一つである織物を、国外に積極的に宣伝し、同時に、学校教育の普及により減りつつある織手の育成と保護、そして「年代物の織物」の展示と保存を目的としております。

今回NGOであるこの「織物学校」のプログラムの一つとして、パロ(国際空港がある)にあるジワリンというファイブスターホテルに泊まり、2月24日から3月1日の間の一週間をかけて、ブータンの織物を習うイベントが開催される事となりました。

この期間、ブータンの織物の歴史について学んだり、実際に織物にも挑戦したり、美術学校や織物博物館への観光、お寺へのお参りや瞑想教室等、内容盛りだくさんでブータンの伝統文化の一つである織物について勉強する事が出来ます。

初日の夜は王妃様主催の夕食会に参加という特典つきだそうです。(恐らく最終日も国王妃さまが閉会の式に出席されるらしいです)。

このイベントが開かれるホテルは、ブータン規定の一日200ドルでは別料金となる高級ホテルです。

ブータンへのビザ、ドルックエアーの手続き等は、「Royal Textile Academy of Bhutan」が全て行います。但し、下記の料金には、ドルックエアー料金は含まれておりません。

もしご関心の方がいらっしゃれば、下記まで英語でお問い合わせ下さい。(日本語でのご質問には、私が代理となりますので、下記までメールを下さい。)

Mr.Kuenga Lhendup  Royal Textile Academy of Bhutan Chubachu, Thimphu Kingdom of Bhutan

TELEFAX: +975-2-328128  CELL:+975-1760-1414  E-mail:kuendup@gmail.com

日本語では、こちら。片山理絵 e-mail: rie@thimphuclassifieds.com

 

参加費:一人部屋 $2,985 二人部屋 $2,535 三人部屋 $2,380

注:下記のスケジュールは最終スケジュールではありません。諸事情により変更となる可能性があります。

The Art of Weaving ~ A program by Royal Textile Academy of Bhutan~ Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday 0500hrs Pre Tour Ends Meditation Meditation Meditation Meditation Meditation Farewell Meditation 0600hrs Kunn-nye Kunn-nye Himalayan Rites Kunn-nye Himalayan Rites 0730hrs Breakfast Drive to National Musuem Breakfast Breakfast Breakfast Breakfast 0830hrs Start of a traditional design by skilled weaver Weaving Instruction Begins Weaving Instruction Continues Weaving Instruction Continues Departure 0900hrs Arrival Visit National Musuem 1030hrs Tea Break Drive to Thimphu Tea Break Tea Break Tea Break 1100hrs Preparation of loom and exhibition of dyes/ ingredients Wevaing instruction Continues Weaving Instruction Continues Weaving Instruction Continues 1200hrs Lunch in Local Resturant 1300hrs Lunch Lunch Lunch Lunch 1400hrs Personal Reflection/ Spa Time Visit Textile Musuem Weaving Instruction Begins Personal Reflection/ Spa Time Weaving Instruction Ends along with Expert weaver 1500hrs Drive to Paro 1600hrs Rest Arrive the Hotel and rest 1700hrs Introduction/ Orientation Loom making continues with display of different looms Exhibition of Thirteen Arts and Crafts Weaving Instruction Continues Certification and Empowerment Ceremony 1800hrs Evening Meditation Evening Meditation Exhibition of Fabrics Collection Singing Bowl Meditation Evening Meditation 1900hrs Dinner Dinner Dinner Dinner Dinner Dinner 2000hrs Cat Walk by Locals traditonal as well in new design History of Weaving in the Country Subject Choice based on the day trip and Exhibition Weaving as an Art exclusinve to women and place in Thirteen Arts and Crafts of Bhutan The Motifs: Origin and Symbolism Display of the Participants Work Post Tour Begins

TOP <http://www.bhutanretreat.com/schedule.asp#TOP>

----------------------------------------------------------------------------------------

(10/17):ドルジ・ワンモ・ワンュック王妃の著書

タイトル:『幸福大国ブータン』 翻訳:今枝世由郎 発行:NHK出版 価格:本体2100円 ページ数:264p(内カラー口絵8p)

「10月28日から11月4日にかけて同書献上のためにブータン訪問 出版社のHPにその模様や王妃様から日本の読者へのメッセージを戴き、動画で公開予定」 

----------------------------------------------------------------------------------------

(10/13):新刊本のお知らせ

「幸福の瞬間―アジアを生きる子どもたち」 (写真集) 価格:5,250円 著者:佐藤 完兒郎 (著) 販売:朝日新聞社出版局 発行:2007年9月

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第3回パナソニック・アジアスカラシップ・フォーラム

日時:2007年10月27日(土)午後2時〜5時   場所:ナショナルセンター東京(汐留)5F   東京都港区東新橋1−5−1 松下電工東京本社ビル   電話 03−6218−0010

共催:パナソニックアジアスカラシップフォーラム委員会、松下国際財団 後援:外務省

基調講演 「アジアの脱構築・再構築:フィールドワークから問い直す」園田 茂人(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)

パネルディスカッション 「よりよき生をもとめて:フィールドワークから見たアジア」

1.「「共創」空間としての日系企業―在中国・香港日系企業でのフィールドワーク体験から考えるー」岸 保行(早稲田大学アジア太平洋研究センター助手)

2.「境界を横断するということ―ベトナム・神戸、二つの「フィールド」から考えるー」川越道子(大阪大学大学院博士課程・日本学術振興会特別研究員)

3.「家族史から見直す住宅改造−バンコク都市近郊農村の移築、増築、改築―」岩城考信(法政大学大学院博士課程)

4.「「環境にやさしい生活」をめぐるポリテイクス―ブータンの村の暮らしと環境政策ー」宮本万里(京都大学人文科学研究所・日本学術振興会特別研究員)

 ディスカッサント 中須 正(防災科学技術研究所研究員)  

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組情報

(1)10月6日  BSフジ  テーマ名、時間等の詳細不明 ソノシートに関する特集だそうで、ブータンの切手関して『地球の歩き方 ブータン編』編著者・高橋洋氏が話されるとか。

(2)10月9日〜13日  NHK・BS「アジアクロスロード、味わいキッチン」   ブータン人留学生出演  放送時間等の詳細は不明ですが、通常この番組は午後4時台後半あるいは5時台に放送されています。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

写真展のお知らせ    ブータンでボランティアとして活躍なさっていた渋谷さんの写真展が東京でも行われます(地元神戸では何度か開催)

 任期終了後も何度もブータンのトレッキングをされ、ついに、実力だけではなく天候などの運も必要と言われる「スノーマン」に成功されたと聞いています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

栗田先生のブータンに関するインタビュー記事掲載

9月21日の午前10:00〜10月5日午前9:59まで、http://hapiken.jp にて、栗田靖之先生のブータンに関するインタビュー記事が掲載されます。

尚、10月5日午前10:00以降からは、アドレスが次のように変更  http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/hapiken/interview/bn/20070921/ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新刊本のお知らせ

 平山修一(著) 「美しい国 ブータン」   国民の98%が幸福と実感し、自殺者ゼロの国、ブータン。 その生活を綴ったエッセイ

二見書房 リヨン社   新書判 予定価格: 820円(税込)  発売予定日:2007年09月22日 

平山修一氏「ブータン便り」掲載終了のお知らせ http://bhutan.fan-site.net/hirayamasann.htm 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組

 (1)『天空の民“ブロックパ” ブータン・秘境に生きる』  9月14日 午前10時から2時間 NHKーHi(23ch)

  2001年10月24日(NHKハイビジョン)、2002年1月6日(NHK BS1)に放送された番組の再々放送

 数あるブータン番組(http://bhutan.fan-site.net/eizou.htm)の中で「ひとつだけしか選べないのであれば、この番組を選ぶ」という、私の大好きな番組です。

  

(2)『地球SOS!地球観測衛星 だいち からの警告』  9月15日(土)21:00−22:55  BSジャパン  http://www.bs-j.co.jp/sos/ 

3月10日・BSジャパン、4月30日・TV東京 で放送されたモノの再々放送です。 冒頭30分ほどがブータン映像で、ヘリコプターからの氷河湖空撮が行われました。

新聞や学会発表などでスチール写真による氷河湖は度々目にしていましたが、動画ではなかなか見るチャンスのなかった映像です。

  

(3)日テレ系バラエティー特番「ビートたけしの独裁国家で何が悪い!?」 2007年9月29日(土) 21:00〜23:18  http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070912-OHT1T00078.htm

たけし&中曽根元首相&石原都知事、異色サミット!  ビートたけし、中曽根康弘・元首相、石原慎太郎・東京都知事、くりぃむしちゅーの上田晋也

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

難民問題

(1)日本政府がUNHCRにネパールにいるブータン難民支援のため200万ドルを拠出  http://www.nepalnews.com/archive/2007/sep/sep10/news08.php 

(2)ネパールにいるブータン難民約6万人の米国への移住が間近とのニュース http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/IRIN/e4cf2c66fdca6841ff95ab296c12278f.htm

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「旅行博」    9月15日(土)、16日(日)にJATA世界旅行博が東京ビッグサイトで開催されますが、ブータンが21年ぶりにブースを出すことになりました。

観光局、ツァー・オペレーター協会、4つのエージェントなどから合計8人が来日します。

http://ryokohaku.com    http://jata-wtf.com/    一般公開は9月15日(土)、16日(日)のみ  一般公開日にはブータンブースで「キラとゴーの着付け」を予定しています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新刊本情報  「革命中国からの逃走」 新疆、チベット、そしてブータン

著者:シルヴァン・マンジョ著 乾有恒訳 山本真弓監訳 出版社:柘植書房新社  サイズ:単行本 税込 3,675 円 ページ数:350p

「ブータン名をロプサン・トンドップと称した満州人が、満州、シベリア、新疆ウイグル、チベット、ブータンと、まるで冒険活劇のような人生を歩んだ話」といったところで、初めて内容を知ったときには、正直「本当かいな?」と思いました。しかし、ブータン国内では「このような人物が存在した」ことがある程度知られている事を後日知りました。

ブータンは三代国王時代。ドルジ首相とウォンチュック王家の軋轢、ドルジ首相暗殺に遭遇。ドルジ首相の弟レンドップ・ドルジの政権奪取と亡命 etc.  このまま冒険映画になりそうな内容です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

youtubeでブータンの人々の踊り画像が流れています(8/31)http://www.youtube.com/watch?v=1UxLqW6CDSk

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

9月9日(日)ブータン・ティータイム「津川智明さんを囲む会」(8/31)

津川さんは1983年から土木、協力隊調整員、地方行政支援(JICA)を通じてブータンと関わってこられました。10月からは、再びブータンに長期でお出かけになれます。 そのお忙しい中、お時間をいただきました。83年頃からのブータンの変化、新憲法や選挙を迎えるブータンが今どうなっているのか、これからどのような国を目指していくのか、を、体験を通じてお話いただく予定です。本に書かれていない、(ふつうの講演会でも聞けない)、ブータン事情を、和室でお茶飲み話風にお聞きしましょう。

2007年9月9日(日)、午後2〜4時 豊島区立勤労福祉会館5階第1和室(池袋) 運営費として2000円(ヤクランド会員1700円) 18名定員、先着順。詳細はこちらをご覧下さい。http://homepage1.nifty.com/yak/benkyokai/eventinfo_ecotour.htm  久保 淳子 Atsuko KUBO ヤクランド(ブータンゆっくり勉強会)  http://homepage1.nifty.com/yak/

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 2008年ブータン国王戴冠式 (8/27)

KUENSEL電子版に国王が首相に伝えた2008年の戴冠式を「20県のブータン国民のため簡素に、熱のこもった、親しみやすい機会にするやるように」との指示についての記事。

首相は国王が以下の点を命じたと伝えている。

「祝賀の催しが、ブータンが力強い統合と国家に誇りを持った国民としてユニークな印象を持たれる形で挙行され、先見の明ある政策と開発の優先順位に具体化されたGNHの哲学に基いたものとなり、平和と繁栄の時代に、これまでにない民主化の道を歩んでいることを示す形で、かつ国民の多くを占める若者たちに大きな目標と望みを燃え立たせる将来の経済的な転換の出発点となるよう。」

「ブータンの将来は国民がどこにもない価値と伝統と同時に、新しいもの、創造性、進取の気性の価値を重んじる事により開ける。国家は経済の成長を維持し、国民の期待を満たしてやらなければならない。

2008年の祝賀の催しをその事のみならず、来るべきブータンのこれからのためを考えるきっかけとなることを期待する。」

「戴冠式は、公式な即位の礼を越えた、力強く、かつ繁栄した、民主的なブータンの将来を示す賢明な国民の最初の第一歩を象徴するべきものである。」

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=8950 <http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&amp;file=article&amp;sid=8950>

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組(8/10)

(1) 8月14日(火) 10:45〜10:55 NHK-BS2 世界の小さな国 「ブータン王国」

   今までに何度か放送され、DVDとして販売もされている番組ではないかと思われます(山本)

(2) 8月15日(水) 19:00〜19:45 NHK教育  地球ドラマチック 「一輪車でブータン横断」

   何年か前に放送され、昨年11月に再放送  なお、ちべ者さん情報によれば「高校野球が延長になると休止かも」だそうです。

(3) 8月16日(木) 00:10〜02:00 NHK総合 「五木寛之 21世紀仏教への旅 幸福の王国を目指して ブータン」 何度目かの再放送。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

VSOC 国際協力セミナー(第1回) http://www.vsoc.jp/ 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3件(8/6)

(1)TV番組  ハイビジョン特集 五木寛之 21世紀・仏教への旅(3)ブータン

チャンネル :BShi  放送日 :2007年 8月 8日(水) 放送時間 :午前10:00〜午前11:50(110分) ジャンル :ドキュメンタリー/教養>ドキュメンタリー全般

ドキュメンタリー/教養>カルチャー・伝統文化 番組HP: http://www.nhk.or.jp/bs/hvsp/ ・・・同番組は13日からHNK総合での放送が予定されています・・・・

(2)ネパール・ブータン難民交渉は頓挫 ネパールのSahana Pradhan 外務大臣が、ブータンは選挙の準備のため外務大臣が辞職し、難民をめぐる交渉は頓挫したと語っています。

他方米国は6万人、カナダとオーストラリアが5,000人づつ難民を受入れる予定で手続きを9月にも開始予定と、伝えています。ネパールにいるブータン難民の第三国への出国をブータンが認めればの話。  http://www.nepalnews.com/archive/2007/jul/jul27/news13.php

(3)ブータン憲法最終案 憲法案第三案かつ最終案が下のサイトに掲載されました。条文の変更点は、選挙、政党、議会、政府の政党補助金の事項です。 

http://www.constitution.bt/html/constitution/articles.htm

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3件

(1)新美敬子展 「犬が好き、猫が好き!」 〜世界を旅して出会った、愛しきものたち〜  

会期:2007年8月8日(水)〜2007年9月9日(日) 10:30−18:00   夏季休館:8月13日(月)〜8月19日(日) http://www.epson.jp/epsite/event/07/8.htm   http://www.epson.jp/epsite/

(2)世界からつくばへ JICAつくば国際センター研修員レポート  http://joyo-net.com/rensai2/jica/070709.html  ビジェイ ライカ・ジャンベイ ドルジー(ブータン王国)

(3)インドのラダック地方でのチベット仏教の祭典のニュース  http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2255372/1791094 インド北部でチベット仏教カーギュ派が宗派創始800年を祝う  2007年07月18日 13:43 発信地:シェイ/インド

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組のお知らせ  1995年5月30日放送の『浪漫紀行・地球の贈り物 幸せを呼ぶ舞〜ブータン王国の春〜』が再放送されます。

放送日時:7月31日 23:30〜24:00 放送局:BS-i(TBS系のBS放送局です。BS−1ではありません、念のため) 

案内役は中村吉右衛門。 パロ・ツェチュではじめてアツァラ役をすることになった若者の物語で、農村のごく普通の若者が描かれています。 個人的に好きな番組でした。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

7月15日の毎日新聞朝刊長崎版の記事  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070715-00000172-mailo-l42

寄贈:ブータンから千羽鶴、平和祈念館に−−市民団体 /長崎  7月15日13時1分配信 毎日新聞

 

14日の長崎新聞同様、高田さん個人の行動のような内容に、ご本人から下記のようなメッセージが届いています。

1時間以上のインタビューにも関わらず、記事は「長崎出身の人が平和運動を企画した・・・」という趣旨のものになってしまい、イベントを企画してくださったJICA関係者や邦人の方々には気の毒な内容になってしまいました。「ブータン在住日本人ボランティアとブータン人とで企画した長崎への千羽鶴とメッセージの贈呈」というのが本当の姿です。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「北海道の滝川国際交流協会のイベント」 毎年ブータンからの農業研修員を受け入れている北海道の滝川国際交流協会のイベントです。

この研修で日本に来ているブータン人は、先日外務大臣表彰を受けられた冨安さんのプロジェクトの関係者です。 詳細:http://www.msknet.ne.jp/tiea/

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

朝日新聞 7月10 日 ブータン弓事情

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

民俗文化サロン「ブータン王国の自然と生活」  日時:7月23日(月) 19時  場所:伊丹アイフォニックホール 小ホール1  講師:西岡里子(ブータンハウス苦楽園主宰)

定員:20名  料金:1,500円  申し込み:会場の伊丹アイフォニックホールへ   電話:072−780−2110  詳細:http://hccweb1.bai.ne.jp/aiphonic/aiphonichall/

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

大臣表彰

ブータンご出発前に『任国事情講義』 で1度お目にかかったきりですが、富安専門家が大臣表彰をお受けになった、という嬉しいニュースが届きました。

http://project.jica.go.jp/bhutan/0485017E0/   2007年07月06日 JICA専門家など3名が「外務大臣表彰」を受賞

JICAの実施する国際協力活動で活躍された3名の方々が、平成19年度「外務大臣表彰」を受賞されます。この賞は国際関係の様々な分野で活躍され、我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をされた方々に贈られるものです(五十音順)。

櫻井 賽(さくらい みのる)氏 (三重大学医学部名誉教授)  富安 裕一(とみやす ゆういち)氏 (JICA派遣農業専門家・ブータン派遣中)  中込 璋(なかごめ あきら)氏 (職業訓練・地雷除去専門家)

富安氏は、青年海外協力隊への参加を契機に、現在にいたるまで30年以上にわたりネパール、ブータン両国の農業分野の協力一筋に貢献、多くの実績を残されてきたことが高く評価されました。換金作物として導入した「トミヤスダイコン」がネパール全土で知られているほか、ブータンでは、貧困層が多く土地が急峻で農産物の生産が困難といわれた東部で野菜・果樹の技術開発・普及の取り組みを行い、農民の収入向上につながっています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

講座   詳細は未定のようですが。

大谷大学紫明講座「ブータンと幸福論 −宗教文化と儀礼−」   開催場所:大谷大学響流館(こうるかん)3Fメディアホール   開催日:未定

ブータンは、世界の屋根と言われるヒマラヤ山脈の東端に位置する小さな仏教王国である。この国では、現国王が「GNP(国民総生産)」ではなく、「GNH(国民総幸福)」を提唱し、心の安らぎは、物質的発展のために損なわれてはならないことを信念に、独自の国づくりを実践している。ブータンの宗教文化と儀礼を中心に、ブータン人の生活様式を提示しつつ、「幸福のカタチ」を描いていきたい。

主催者: 大谷大学 開催場所   住所:京都府京都市北区小山上総町  TEL:0754118161  アクセス:京都市地下鉄北大路駅6番出口から徒歩2分

開催時間:全3回 14:00〜15:30  料 金:有料(一般:3,000円 ) お問合せ先 大谷大学教育研究支援課

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

CREA TRAVELLER 8月号   http://www.bunshun.co.jp/mag/traveller/  アジアの王族リゾートでブータンの高級リゾート等記事。   また、また、またの「アマン・コラ」です(笑) 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

旧 Druk Air機(BAe 146) 売却決定  売りに出ていたDruk Airの中古の2機のBAe 146 が売却される。購入するのはヨーロッパ企業。

売買契約書が締結され、20万ドルが手付けとして支払われた。2機で売値330万ドルで交渉され、2機は9月までにブータンを離れる由。

<http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&amp;file=article&amp;sid=8688>  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

講談社から五木寛之ブータン関係の本が2冊でています

五木寛之『21 世紀 仏教への旅 ブータン編』  かさを出すためか中高年への配慮か?(笑) 文字がやや大きめで読みやすいです

戸澤祐司写真集『旅する作家 五木寛之 2001---2006』  扉、巻末、に合計7ページのブータンでの写真あり

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

朝日新聞記事(2007年6月29日づけ)  ティンプーでホテルを訪ねてくださって、元気に話をしていた夏織さんを帰路の機内で発見!!!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『ブータン 日本語文献目録』を発行

日本ブータン友好協会では創立25周年を記念して『ブータン 日本語文献目録』を発行しました。1904年から2005年までの図書・雑誌、合計約3000件が収録されています(編末には著者索引つき)。

1冊:会員 1,500円  一般2,000円   送料:1冊 160円 ご注文はEメール、はがき、FAXのいずれかで事務局へ

日本ブータン友好協会事務局  〒102-0076 東京都千代田区五番町12番6 五番町マンション5F  TEL&FAX : 03-3556-6161 Email : info@japan-bhutan.org

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

催し2件

(1)7月8日(日)「ブータンサロン」  講師:高田忠典氏(元ブータン伝統医療院勤務)  テーマ:伝統医療とブータン人の健康法

午後1時半から 銀座ルノアール渋谷パルコ横店1号室  申込締め切り:7月5日 

(3)新留学生を迎えてのキャンプ  7月21日から22日  場所:氷川キャンプ場(JR青梅線奥多摩駅より5分)  申込締め切り:7月17日

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

動画ニュース

ブータンにAFPの通信員(Karishma Vyas)がいるためか、連日動画ニュースが世界に流れています。日本では日本語のキャプション入りです。最近のものをまとめてみました。

http://www.afpbb.com/

http://www.afpbb.com/article/economy/2239407/1691552」

【動画】若者の高失業率が問題化するブータン AFPBB News

【6月14日 AFP】経済発展よりも精神的な幸福を重視するブータン。しかし近年、職に就けない若者の数が増加し、危機感が強まってきた。9.7%という高い若年層の失業率を受け、政府は経済対策にも力を入れはじめている。(c)AFP

 

http://www.afpbb.com/article/sports/sports-others/sports-others-others/2238868/1689101

【動画】ブータンの国技、アーチェリーに難敵現る 2007年06月13日 15:05 発信地:ティンプー/ブータン

【6月13日 AFP】ブータンの国技はアーチェリー。長い間、熱狂的な支持者に支えられてきた。戦史にも深く関わってきた伝統のアーチェリーは、ブータンが五輪などのレベルの国際大会で競うことのできる数少ない競技の一つとされる。しかし、現在では多くの若者がバスケットボールやサッカーといった西欧のスポーツに魅了されており、アーチェリーの今後を危惧する声が上がっている。(c)AFP

 

http://www.afpbb.com/article/politics/2234530/1652722

【動画】ブータン、慣れない投票の「リハーサル」 2007年06月04日 12:58 発信地:ティンプー/ブータン

【6月4日 AFP】ヒマラヤ山脈南麓の小国、ブータン王国では2008年に史上初の総選挙が実施される。このほど、選挙に向けた準備として「模擬選挙」が行われた。民主主義制に移行することにより、国民は新たな自由を享受することになるが、国民の多くは期待と不安が入り交じった感情を抱いているようだ。(c)AFP

 

http://www.afpbb.com/article/1530890

ブータン人難民、選挙への参加を求め集会 - インド 2007年04月21日 21:43 発信地:インド

【シリグリ/インド 21日 AFP】インドとネパールの国境に架かるMechi River Bridgeで21日、ブータン人難民約1000人が集会を行い、2008年に開催予定のブータン史上初の総選挙への参加を要求した。集会はNational Front for Democracyが主催。ブータンは2008年に君主制から民主主義へ移行することになっており、同国の辺境地Samdrup Jangkhar地区では同日、それに向けた準備と位置づけられた史上初の「模擬選挙」が実施された。写真は同日、シリグリ(Siliguri)から約35キロのMechi River Bridgeでスローガンを叫ぶ難民たち。(c)AFP

 

http://www.afpbb.com/article/1531020

君主制から民主主義へ、「模擬選挙」実施 - ブータン 2007年04月21日 22:46 発信地:ブータン

Samdrup Jangkhar/ブータン 21日 AFP】辺境地Samdrup Jangkhar地区で21日、「模擬選挙」が開始された。ブータンは2008年、君主制から民主主義へ移行する予定で、今回の史上初となる選挙は、それに向けた準備と位置づけられている。政府当局は今回の「模擬選挙」を通じて、議会民主主義が実際に機能するということを国民に示したいと願う。ヒマラヤ山脈東端にある同国は、Land of the Thunder Dragonの異名を持つ。写真は同日、Samdrup Jangkhar地区の投票所で投票する女性。(c)AFP

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン研究センター所長のカルマ・ウラ氏の講演の模様

http://post.kyoto-su.ac.jp/s/w013/campus_flash/index.php?ID=1206  2007/06/13 京都産業大学 文化学部 ブータン研究所長 カルマ・ウラ氏講演会 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1)AFP BBNews(動画ニュース)  2007年06月13日 15:05 発信地:ティンプー/ブータン  http://www.afpbb.com/article/sports/sports-others/sports-others-others/2238868/1689101

(2)プロジェクトのホームページが6月12日更新されました。 新しい内容は、4月21日と5月28日の模擬選挙のテレビ中継です。 http://project.jica.go.jp/bhutan/0602216/02/04.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「窓ぎわの天海(ティエール)ちゃん」

創立100周年を迎えた我が音大の大先輩黒柳徹子さんに倣い、「窓ぎわの天海(ティエール)ちゃん」と題した片山理絵さんの「ブータン子育て奮闘記」を http://bhutan.fan-site.net/riesann.htm   に掲載しましたので、お時間のある方はおはこび下さい。 ブータンの私立小学校のPP(プレプライマリー)という準備クラス在学中の、理絵さん&カルマ・ドルジさん(愛知万博ブータンパビリオン設計者)のお嬢さんの物語です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン料理の「ガテモタブン(Gatemo Tabum)」の記事  http://www.shibuyabunka.com/blog.php?id=47&ref=rss

東急電鉄運営の「渋谷文化プロジェクト」というブログに、「ブータンブームがやってくる!?」と少々大げさなタイトルで、ブータン料理の「ガテモタブン(Gatemo Tabum)」の記事が掲載されました。 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

5件

(1)こんなサイトがありました。 http://www.bhutan.gov.bt/government/index.php 特にwho is whoでは大臣と名前と顔がわかります。 日本の大臣も不祥事などがない限りろくにしらないのに、ブータンの大臣を知ってどうする?!とも思いますが。

(2)「田口洋蘭園」のサイト http://www4.ocn.ne.jp/~orchid/に「世界の蘭自生地をたずねて」ブータン編が掲載されました。http://taguchiorchid.web.fc2.com/world/world_index.htm

(3) ブータン国営放送(BBS)のサイトのニュース   ブータン研究センターが大阪大学(大学院人間科学研究科草郷孝好准教授)と共同で実施した調査結果では、健康状態、経済状態と家族との関係がGNHにとり重要な要素であることが、5日にティンプーで開催されたセミナーで報告(調査報告書タイトルは「GNHと物質的な幸福」)されました。この調査は日本の国際交流基金が支援しています。http://www.bbs.com.bt/Gross%20National%20Happiness.html   Health, finance and family important for happiness

(4)「クロスロードくまもと」では、月一回の例会でゲストに英語で色々なお話を聞きます。トピックはゲストの国、習慣、伝統、専門、研究など、お話し頂く方の選んだ内容で、一時間。その後30分が自由な意見交換の時間で、質疑応答も含まれます。 http://plaza.rakuten.co.jp/crkumamoto/

(5)UNHCR駐日事務所主催イベント http://www.unhcr.or.jp/event/2007/wrd2007.html  6月15日〜7月13日  コロンビアの国内避難民、ネパールのブータン難民の写真展 (於:国連大学ビル2階、UNギャラリー) 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

6件

(1)ヒマラヤ氷河のニュース  http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_sci&k=20070604012739a <http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_sci&amp;k=20070604012739a> 2007/06/04-23:14 ヒマラヤ氷河、50年後に絶滅も=温暖化で国連が警鐘〔AFP=時事〕

(2)【動画】ブータン、慣れない投票の「リハーサル」  2007年06月04日 12:58 発信地:ティンプー/ブータン  【6月4日 AFP】ヒマラヤ山脈南麓の小国、ブータン王国では2008年に史上初の総選挙が実施される。このほど、選挙に向けた準備として「模擬選挙」が行われた。民主主義制に移行することにより、国民は新たな自由を享受することになるが、国民の多くは期待と不安が入り交じった感情を抱いているようだ。(c)AFP  http://www.afpbb.com/article/politics/2234530/1652722

(3) 6月5日、朝日新聞夕刊にブータン記事あり

(4) 写真展のお知らせ NPO法人シニア写真技能センター 設立記念展「森谷洋至 軌跡展」。  テーマは「禅の世界」 「佛天地を求めて ブータン、インド」 「京の明治人百人像」 日時:2007年6月9日(土)〜21日(木) 10:00〜18:00(金曜休館)  場所:be京都  住所:京都市上京区新町通上立売上る安楽小路町429-1   サイト:http://www.be-kyoto.jp/ 関連の京都新聞電子版の記事 <http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007050800033&amp;genre=K1&amp;area=K10>

(5)滋賀夕刊新聞社  タバコと幸福量(見聞録)  http://www.shigayukan.com/2007/06/post_67.html

(6)4月に発行された国際協力機構の雑誌「国際協力研究」に以前ブータンで専門家として活動された山口順也さんの寄稿された記事が掲載されました。 電子版はJICAホームペーシに掲載されています。全文がpdfファイルで読めます。 http://www.jica.go.jp/branch/ific/jigyo/report/kenkyu/07_45/06.html 国際協力研究 2007年4月 Vol.23 No.1(通巻45号)  フィールドノート 「現場力」アップを通じたオーナーシップ醸成の取り組み─ブータン国通信インフラ整備拡充計画の事例─ Fostering Ownership through Field Capacity Empowerment ─Case of Local Telecommunication Network Expansion Technology Improvement in Bhutan─  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1)昨年11月,12月に、東京工業大学大学院総合理工学研究科人間環境システム篠野志郎教授の「人間都市計画史特論」で4回に亘ってブータンの建築遺構調査の講義があり。

http://www.ocw.titech.ac.jp/index.php?module=General&action=T0300&Nendo=2006&GakubuCD=228&GakkaCD=228822&KougiCD=92006&vid=05&lang=JA

第6回〜9回 ブータン王国の建築遺構調査1〜4

(2)ブータンの土、やきもの事情  http://www.inax.co.jp/ilm/diary/050_diary/001013.html

(3)英文ニュースではブータンは121番中19位でした。「平和な国」…日本は5位、イラク最下位

英国の調査機関「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」などは30日、世界の「平和な国ランキング」を発表、日本が5位に入り、イラク戦争後に爆弾テロなど治安の泥沼化が著しいイラクが調査対象の121カ国中で最下位となった。1位はノルウェー。  ランキングでは、政治の安定性やテロの危険性人口に占める軍人の割合のほか、犯罪の発生率や自殺者の割合など、24の要素を独自に点数化。経済力があり、欧州連合(EU )に属する小さな国が上位に入る傾向が出た。  上位10カ国は、北欧諸国をはじめ7カ国が欧州の国。2位はニュージーランドで、5位の日本は主要国(G8)の中ではトップだった。G8で日本に続いたカナダは8位で、ドイツは12位。  米国は、ランキングで考慮される軍事費が突出しているため96位で、核開発問題などで欧米と対立するイラン が97位。ほかに中国が60位、ロシア は118位だった。(共同)  First Global Peace Index Ranks 121 Countries

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

雑誌記事

女性誌「25ans」ヴァンサンカン 7月号(5月28日発売)にブータン記事あり。  テーマがリゾートで、何度目かのアマンコラ登場のようですが、詳細は不明です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

西日本新聞連載「いま幸せですか GNHブータンの挑戦」  http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/bhutan/20070516/20070516_003.shtml

 【連載】いま幸せですか GNH ブータンの挑戦 記事一覧

<6完>時間が回る 人、命、自然を大切に(05/22)  <5>森を守ろう 国を挙げて環境対策(05/21)   <4>憲法と選挙 民主化目指し国造り(05/21)

<3>進む近代化 開発はバランスとって(05/20)  <2>村の暮らし 自然の時間とともに(05/17)  <1>心の豊かさ 経済成長より満足感(05/16)

「総幸福」笑顔に託し 開発と伝統と新しい国造り(05/17) 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

『徳島大学徳大広報No.127』(平成19年4月)  http://www.tokushima-u.ac.jp/kohoshi/koho/kohoindex.html 

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

名古屋大学雪氷圏変動研究室 「ヒマラヤ研究会プログラム」  http://hello.ap.teacup.com/snowman/53.html

聴講だけでも歓迎。 日時2007年6月1日   名古屋大学・高等研究院6階カンファレンスホール

21プログラムの中で、タイトルにブータンを謳っているモノは下記の1件ですが、他の発表がブータンに触れるかどうかまでは不明です。

17:20-17:40 ブータン/中国国境域北側の氷河湖 (小森次郎 日大)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

大塚巧 & 村上真奈 展 ブータン−幸福の記録−photo&textile

2007.6.9(sat)〜6.17(sun) ギャラリー猫亀屋 〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪4193-2 〈南海本線「みさき公園」徒歩15分〉 TEL/FAX 072-425-4883 

昨年末の銀座煉瓦画廊でのブータンのコラボ展に続いて、ブータンの染織とひとにこだわりつつ、今度は大阪で、同じく、ブータン−幸福の記録−をテーマにしたコラボ展を行います。

ご高覧頂けたら、うれしいです。 SIGEL天羽 大塚巧・村上真

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン王国向け初の円借款供与   地方電化を通じ貧困削減を支援  http://www.jbic.go.jp/autocontents/japanese/news/2007/000094/index.htm

国際協力銀行がブータン王国との間で、「地方電化事業」を対象とする35億7,600万円を限度とする円借款の貸付契約に調印。本事業はブータン王国に対する初めての円借款。

ブータンの地方農村部において、約1万5千世帯(ブータン地方農村部の全世帯の約17%)の住民に電力供給をするために、全国約80箇所、延べ約2,400Kmに亘る配電網整備を行うことを目的としている。

本事業の規模は同国における電化事業としては過去最大級であり、貸付資金は、配電設備の調達や施工管理等の費用に充当される。

2005年には、都市部においては、ほぼ全世帯について電化が達成されているが、地方農村部においては、世帯電化率は39%に留まっている(2005年時点)。

ブータン政府は、基本インフラ整備などを通じて、都市・地方間の格差を是正し、衡平かつ持続可能な成長を達成することを重要視しており、本事業を通じて、地方農村部の経済発展と貧困削減に寄与することが期待される。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

多文化共生ワークショップ「Bhutanのくらし」

ヒマラヤ山脈に挟まれ、「雷龍の国」と呼ばれる「ブータン」 そこで穏やかに悠々と、古来の文化を守る人々の営みは・・・。

日時:5月27日(日) 14時〜16時   会場:犬山国際観光センター「フロイデ」2F研修室1 会費:大人800円(IIA会員は500円)  中学生以下300円 講師:ウゲン・ドルジ氏と家族

バター茶を作り、ブータンのおやつも味わっていただけます

お問い合わせ・申し込み:犬山国際交流協会(担当:シェイクハンズ) TEL:0568−61−1000  FAX::0568−63−0156 夜間は090−9940−2939(松本)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

TV番組(5/1)   ランキンの楽園(毎週金曜日、午後6時55分〜、TBS系) 放送日は、5月11日(金)に決定

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組(4/27)   2007年3月10日に BSジャパン で放送された「地球SOS!地球観測衛星だいちからの警告」が地上波でご覧戴けます。

4月30日(月)10:00−11:55 TV東京  http://www.bs-j.co.jp/sos/  冒頭から約30分ブータンが登場します。 

ブータンの地質学者が、1994年にプナカに氷河湖決壊洪水をもたらした源をヘリで空から調査するという構成です。 氷河湖の空撮が見事です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組(4/27)   過日ハイビジョンで放送された番組がやっとBSに・・・・

番組名:ハイビジョン特集 五木寛之 21世紀・仏教への旅(3)▽ブータン   放送日時:2007年 4月30日(月) 午後4:00〜午後5:50(110分)   放送局:NHKBS2

番組紹介:自然を守り、急激な近代化から距離を置くブータン。その独自の国作りの背景に、仏教の教えがある。輪廻を信じ暮らしの中に仏教が息づくブータンを作家・五木寛之が訪ねる。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ODA切手展 世界の切手になった日本の援助   ゴールデン・ウィークにODA切手展を開催します。

我が国がODAを開始して50年以上になりますが、これまで多くの国で、我が国の支援に感謝の意を表すため、我が国ODA案件を題材とした記念切手・紙幣が発行されてきました。しかし、日本国内ではその存在があまり知られていないのが現状です。そこで、今回、滅多に見ることのできないこれら切手・紙幣の現物および様々な関連資料を展示し、皆様に我が国ODAが被供与国で大きな成果を挙げていることを知って頂くとともに、我が国ODAについての理解をさらに深めて頂ければと考えています。本展示会は逓信総合博物館、JICA地球ひろば、および成田空港において開催します。皆様のご来場を楽しみにしています。

 1.逓信総合博物館(1階特別展示場)・・・(1)日時:4月27日(金)〜5月6日(日)〈休館日 5月1日(火)〉 (2)主催:外務省、日本郵政公社(協力:総務省、JICA、JBIC)

2.JICA地球ひろば(セミナールーム101)・・・(1)日時:5月1日(火)〜13日(日) (2)主催:JICA地球ひろば、外務省

3.成田空港(第2ビル国際線出発ロビー(3F))・・・(1)日時:4月27日(金)〜5月10日(木) (2)主催:外務省(協力:成田国際空港株式会社)

 

関係機関に問い合わせましたところ、ブータンの切手は逓信総合博物館に展示されるとのことです。  詳細はこちら; http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/

無料招待券はこちら: http://www.teipark.jp/ticket_oda.html 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

講演会(札幌) 坂本達さんの札幌での講演会  5月28日(月)19:30〜 パタゴニア 札幌

 自転車世界一周&ギニアで井戸掘り! 〜旅の命の恩人たちへ『ほった!』&ブータン活動報告〜  スピーカー:坂本 達氏((株)ミキハウス人事部採用課) 

要予約(定員50名)お問合せ・ご予約 パタゴニア 札幌 <http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=6525>

〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西2丁目2-1 (Tel:011-208-5880 Fax:011-208-5882)

 世界一周の途中、マラリアと赤痢に倒れた時に命を救ってくれたドクターのいるギニアに、2005年6月、念願の井戸が完成しました。世界各地で受け取ったメッセージの数々、苦悩の連続だった井戸掘りプロジェクト、世界一周後の悩み、日本縦断のエピソード、大学の講義でブータンを訪れた記録など、いつも支援してくださる北海道の皆様へ感謝を込めて、スライド&ビデオを交えてご報告します。新刊『ほった。』のご紹介もあります。

スピーカー・プロフィール:小学生の時に見たツール・ド・フランスに魅せられ、自転車の虜に。4年3カ月の有給休暇で自転車世界一周後、日本を縦走する「夢の掛け橋プロジェクト」で全国講演。現在勤務のかたわら、著書『やった。』『ほった。』(ともに三起商行)の印税で、お世話になった人たちへ診療所建設などを計画中。1968年東京都出身。早稲田大学客員教員。www.mikihouse.co.jp/tatsu <http://www.mikihouse.co.jp/tatsu>

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン王国水事情(4/19)   http://water-public.seesaa.net/archives/200604-1.html の中段向かって右「海外水巡りレポート ブータン王国水事情」をクリックしてください。 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

添乗員付きひとり旅情報(4/17)  JTB「雷龍昇る国・ブータン王国感動紀行 7日間」 1名参加・1138000〜1238000円 2名参加2名1室使用・36万円引き 

確かにかなりいいお値段ですが・・・・・1991年に、3人に添乗員付きでタシガンまで行ってひとり85万円だったことから考えると、そんなところかな、という気もします(山本)  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

氷河湖情報(4/17)   名古屋大学雪氷圏変動研究室「ブータンの氷河湖」調査  http://hello.ap.teacup.com/snowman/

社団法人日本雪氷学会氷河情報センターのサイトにヒマラヤ氷河観測情報  http://wwwsoc.nii.ac.jp/jssi/hyoga/projects/himalaya2000_sjis.html 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

東京都港区南青山の梅窓院での本林さんの仏教講座のお知らせ(4/12)

参加は無料ですが、事前申込が必要です。 残席は若干、とのことですので、ご希望の方はお早めに・・・・  詳細: http://www.baisouin.or.jp/gyouji/bukkyou/h19butsu.htm  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

講演会(4/12)

4年3ヶ月もの有給休暇を得て(ミキハウスの太っ腹なこと・・・・笑)自転車で世界を回った記録『やった。』、その後の井戸掘りボランティアを記した『ほった。』でお馴染みの坂本達さんの講演会 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

Livedoorニュース チベットで越冬したオグロヅルの数が史上最多に(4/8) http://news.livedoor.com/article/detail/3110452/ 2007年04月06日17時12分

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4月21日開催、第5回雲南懇話会(ご案内)(4/4)

 出欠を下記<前田か小林の>メールアドレスまで連絡下さい。名札を用意します。

1. 日 時;2007年4月21日(土)13時00分〜17時30分。  茶話会; 17時30分〜18時30分。

2. 場 所;JICA国際協力総合研修所(2階)・国際会議場。  茶話会は、国際会議場前のロビーで行います。 http://www.jica.go.jp  

  JR中央線・総武線「市ヶ谷駅」下車、 東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷駅 (6番出口)」下車、徒歩各10分。 住所;東京都新宿区市ヶ谷本村町10−5、TEL;03−3269−2911。

3. 懇話会の内容 <順序、時間とも変更される可能性があります。>

  「聖山 梅里雪山の麓から(5)」−豊饒のチベット 暮らしと知恵 写真家、AACK 小林尚礼(30分)

  「シーサンパンナ、茶馬古道、援蒋ルートの戦跡を訪ねて」― 第3回フィールドワークより ―  タイ学究家 秋畑進 (30分)

  「ブータン・ヒマラヤにおける氷河縮小と氷河湖拡大」広島工業大学環境学部講師、京大山岳部OB  内藤望 (60分)

  「チベット高原西端のザンスカールとラダック(インド)」 −現代と20数年前・1世紀前 / 現代に残るチベット文化圏の写真紹介− 国土地理院客員研究員(同院OB/いであ) 長岡正利(40分)

  「雲南の生態資源」−少数民族の生活基盤としての山・森・川の資源利用−京都大学名誉教授、立命館アジア太平洋大学客員教授 京大探検部OB   山田勇 (16時頃から、70分程度)

4. 懇話会参加費用; 一人2,000円(ご夫婦の場合は、2人で3,000円)、但し学生院生は無料。京都大学笹ヶ峰会会員 and / or AACK会員は5,000円 

  (ご夫婦の場合も、2人で5,000円。運営協力金3,000円を含みます)。

5. 茶話会参加費用; 一律一人2,000円、ご夫婦の場合、2人で2,000円。但し学生院生は500円。

6. 懇話会等 参加申込;前田栄三 maeda@you.ne.jp  or 小林尚礼 bakoyasi@nifty.com まで一報ください。 現時点で予定の立たない方は、当日参加も構いません。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SAARCサミットの記事(4/4)

(1) ブータンに初めて円借款(電力セクター)が供与されます。 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070403i213.htm

(2)SAARCサミットの記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070403-00000095-jij-int テロ対策が焦点=日本も初のオブザーバー参加−南アジア首脳会議

(3)麻生外務大臣は演説でダショー西岡に触れています。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/19/easo_0403.html

    麻生外務大臣演説 第14回南アジア地域協力連合(SAARC)首脳会議 麻生外務大臣ステートメント(仮訳)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

那覇市での写真展   上地キミ子写真展 小さな王国ブータン  http://www.city.naha.okinawa.jp/gallery/sche/0704.htm  4月24〜29日

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

西岡里子氏の展示即売会(3/22) ブータン王国の染と織

2007年3月21日(水)〜25日(日) ギャラリー蒼 IN仙台 http://www.geocities.jp/bh_kurakuen/sub13.html  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

夏時間(3/21)  Drukair(ロイヤル・ブータン航空、KB)は3月26日からの夏スケジュールで、バンコク出発時間を1時間繰り上げて午前5時50分とします。

KB123 BKK0550〜GAY0720 Mon,Thu     KB125 BKK0550〜CCU0720 Tue,Wed,Fri,Sat,Sun

チェックイン開始時間が3時30分となり、カオサン周辺を遅くとも3時には出ないといけません。 このため、旅行代理店で販売している空港行きミニバンは使用不可能になり、[A2]も1時には終了してしまうので、事実上公共バス[59]番線とタクシー以外の選択肢がなくなります。  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ポプラ社『体験取材! 世界の国ぐに21 ブータン』岡崎努(文・写真) 森靖之(監修)の詳細(3/15)

50ページ弱の本にカラー写真が約150枚と愉しい本です。漢字にはルビが振ってあり小学生用と思われる用語使いですが、「ブータンってどんな国?」という時間のない大人の方にも「とりあえず本」としてお薦めできます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

巨大本(3/13)  2004年に東京銀座で公開された「世界一大きい本」のニュースが、韓国の新聞「中央日報」の日本語サイトに掲載されました。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=85412&servcode=400&sectcode=410  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組 書籍(3/12)

(1)3月17日の深夜(3月18日午前3時10分から)  『ヒマラヤの不思議な花たち〜ブータン (再) 』  NHK BS1  BSすばらしい大自然 03:10〜03:40

    http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2007-03-17&ch=11&eid=2251

(2) 『1001必ず見ておくべき世界の絶景』 著者/訳者名 マイケル・ブライト/著  出版社名 昭文社 (ISBN:978-4-398-21451-5)  発行年月 2007年03月

   サイズ 960P 22cm   価格 6,300円(税込)  http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31854750

    厚さ5センチほどある本ですが、ブータンはp.716ー719 に、パロ渓谷、フォフジカ谷、チョモラリ、ガンカルプンスムがカラー写真と文で掲載されています。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月8日配布 フリーペーパー「R25」のデジタル版(3/8)

http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200703081101  「幸せって何?」小国ブータンの国是  国民総生産ならぬ、国民総幸福量って何だ?  (2007.03.08) 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

<伝統文化を守るブータンの橋>写真展開催のお知らせ(3/8)  ブータンの伝統様式の屋根付き橋その他の橋を通してブータンの文化の一端をご紹介

日時:3月22日(木)〜3月27日(火)  午前11時〜午後7時 <最終日は午後6時まで>  場所:神戸市中央区 JR神戸駅南 ハーバーランド地下街ギャラリー

後援:神戸ブータン友好協会  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ネパールのブータン難民にユニクロから衣類の贈呈(3/6)  http://www.unhcr.or.jp/index.html

UNHCR ニュース速報  ユニクロからの衣服を心待ちにして列を作るベルダンギTキャンプの難民 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

TV番組(3/2)   3月10日(土) 21:00-22:55 BSジャパン 「地球SOS!地球観測衛星だいちからの警告」

ヒマラヤの氷河が溶けるということでブータンが      番組サイトの関連箇所 http://www.bs-j.co.jp/sos/himaraya.html   

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3/1)  3月7日配布分のフリーペーパー「R25」に、GNHの記事が出る予定です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組(2/27)   「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」

<http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/?http://nsearch.yahoo.co.jp/bin/search?to=2&amp;p=RBB%20TODAY>    野生の楽園:ブータン:最後の理想郷

-------------------------

同一の番組かどうかわかりませんが、ギャオで同じタイトルの番組が配信されています。 そのうち、アニマルプラネットあたりで放送されそうな気がしますが。

http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0002598/ 「Vol.4ブータン:最後の理想郷」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月の書籍出版情報(2/21)

(1)シルクロード 仏画ぬり絵 安達原玄/著 、徳間書店 価格:1,260円

(2)ブータン 岡崎務:文・写真 森靖之:監修  ポプラ社 価格:2,940円

(3)地球の歩き方 ブータン編

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

映画情報(2/21)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン国王のインド訪問時に2007年版のインド・ブータン友好条約が締結されました。

友好条約は、ブータン国王とインド外務大臣Pranab Mukherjee(プレナブ・ムケルジィ)の間で、2月8日署名されました。  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

雑誌(機関誌?)「エコシステム」最新号にブータン特集があります。  http://www.ecosys.or.jp/eco-japan/

印刷物を読むためには有料会員にならなければなりませんが、HP上で読むだけでしたら無料登録で読むことができます。 

同協会は「今後もブータンと関わり続けていく予定です」とのことです。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

世界に広がる禁煙法  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070209ik07.htm

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ネパールのブータン難民の第三国定住希望者の日本への受入が行なわれる計画がある  http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070208AT2M0801Q08022007.html 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

新国王陛下の初外遊(2/8)   2007/02/07 【ニューデリー7日時事】   ブータン、独自外交確立へ

ヒマラヤ山脈の君主国ブータンのワンチュク国王は7日、隣国インドを公式訪問するためニューデリーに到着した。6日間の滞在中、シン首相らインド首脳と会談する。1949年締結のインド・ブータン友好条約により、ブータンの外交政策はインドの助言下で行われているが、今回訪問でブータンの外交の独立性を高めることなどを柱とする条約改定が行われる見通し。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

関西電力テレビCM(2/8)  2006年春から放映の、関西電力のテレビCMにブータン篇あり  http://www.fururu.net/e-patio/category/topics/1164693005/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

島根県三隅町(現在は浜田市)石州和紙とブータンとの長年の交流が、英語の教科書にとりあげられました(2/5)

今までにもブータン紹介やダショー・ニシオカの業績をとりあげた教科書(英語、道徳)はありましたが、民間の交流をとりあげたものは、

(ブータンに関して、私の知る限りでは)あまりありませんでした。 写真には、昨年末に亡くなられた久保田保一氏も。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

イベント情報(2/5)

世界おんだんか紀行 ブータン編  「伝統と自然が織りなす国 〜ゆっくり生活のすすめ〜」」   http://www.jccca.org/ondankan/event/20070310.html

開催日時、開催場所;2007年3月10日(土)13:30〜15:00  ストップおんだん館ワークショップコーナー 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

2件(2・1)

(1)JICAイベント

『幸せって何ですか?ブータンの青年たちと考える「幸せ論」』GNH(国民総幸福量)を指標とするブータンの人々の日々の暮らしや価値観から「人間にとって何が本当に大切か」を考え、GNPでは測れない「本当の豊かさ、幸せとは何か」を考えます。

日程:2月4日(日)14:00〜16:30 場所:JICA横浜4階 「かもめ」、「いちょう」、「やまゆり」  詳細:http://g.ab0.jp/g.php/54mtq2sgJVoK3wPUei   

(2)本の紹介

「開発論 こころの知性 社会開発と人間開発」2,900円  田中拓男著  中央大学出版部 

下記部分でブータンに触れていらっしゃるようですが、現物未見のため、分量、内容などの詳細は不明です。  ケース1;ブータンの開発理念、総国民幸福(Gross National Happiness)  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

新聞記事 & TV番組 のお知らせ(1/31)

2006年10月に徳島で行われたイベントが、11月、産経新聞に5回にわたって連載されました(ジグミ・ティンレイ内務文化大臣のインタビュー)。

その番組がBS2で放送されます。  2月17日(土)17:00〜17:55 NHK BS2 「BSフォーラム 21世紀らしい「豊かさの質」とは?」  

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1)中日新聞の子供用新聞 http://www.chunichi.co.jp/kodomo/

2007年1月14日 ブータン・パロ(上)学問の神様にお祈り   1月28日 ブータンパロ(下)身長低いと入学ダメ

 

(2)本ページ下段(1/24)でお知らせしたDVDが届きました。

NHKで何度か放送されたミニ番組のようですが、特典として「チベット仏教 ブータン王国」というのがついていました。

税込み定価3150円でしたが、庶民と致しましては、ネット販売で一番お安かった(発注時点で)アマゾンにしました(2363円)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

世界の未踏峰

http://everest.cocolog-nifty.com/gassan/2007/01/post_e6f0.html に下記のような記事が・・・・詳細は本文をご覧ください 

ヒマラヤ登山もオフシーズン。かのExplorersWeb <http://www.explorersweb.com/index.html> も手持ちぶさたなんでしょか。「世界で最も高い未踏峰」なんて特集をしています。

Unclimbed: ExplorersWeb special on the world's tallest virgin peaks by Explorersweb1/24

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

長岡市世界子どもの絵画展「ともに描こう」〜世界をつなぐ子ども絵画展〜   期間:2007年1月23日(火)〜2月4日(日)  主催:長岡市  

2006年夏に新潟県長岡市で開催し大反響を呼んだ絵画展を、JICA地球ひろばでも開催します。

アフガニスタン、ブータン、パプアニューギニアなどから寄せられた子どもたちの生命力あふれる絵画を展示。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

英語の教科書

新興出版社啓林館の高等学校の英語の教科書「ACORN EC II」http://www.shinko-keirin.co.jp/kokyoka/english/index3.htm 

の Lesson9 でブータンと島根県浜田市三隅町の交流が取り上げられています。 「紙が結んだ国際交流」 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

ドゥルック・エアー映像販売  http://www.worldairroutes.com/DrukAir.html

説明によるとVHS版は2001年に発売、最近になってDVD版も発売

DVDのリジョナルコードがどうなっているのか不明 購入する方はそれを承知の上(つまり、日本国内で一般的な機器=PCも含む=で再生不能の可能性)自己責任で・・・。 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

今枝由郎氏講義 (詳細は各大学へお問い合わせください)

神戸市外国語大学  1)ブータン文化入門 4月10日(火)〜7月10日(火)の毎週火曜日 15:55〜17:25

           2)ゾンカ語入門 4月13日(金)〜7月13日(金)の毎週金曜日 15:55〜17:25

 京都産業大学    1)チベット文化概論 4月6日(金)〜7月13日(金)の毎週金曜日 10:55〜12:25 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

新刊と文庫化のお知らせ

(1) 新刊『ウロコロリ やくみつる的モノの見方』 141p 岳陽舎

1 コメント力―亀田史郎氏に苦言を呈してしまったりも(汗)(発端は毎日新聞のコラム、粗野礼讃に吼える『スーパーモーニング』に臨時出演、決戦の火ぶたが切って落とされることに ほか)

2 解読力―B級ニュースをコメントする(謝礼は別種ワニ2匹―不正登録事件 上海ガニ輸入許可制にクワガタは見送り―外来生物規制42種追加選定 ほか)

3 記憶力―カブトムシの絵を採集する(ツブラヒトミカブト カブトムシデス ほか)

4 行動力―世界の辺境を旅する(ブータン王国漫遊記 リビア漫遊記 ほか)

 

(2)現在映画化作業中の 伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』文庫化

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

神戸市立外国語大学が4月からブータンに関する2講座開設・・・詳細不明

ゾンカ語講座とブータン事情講座   前者は週1回の授業で日常会話を目標とする   担当者は10年間現地で図書館の指導をしてきた専門家

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

DVD発売(1/24)

DVD『世界の小さな国〜アジア〜ブルネイ/ブータン/モルディブ/キプロス』  定価3,150円(税込)

リージョンコード: リージョン2 「このDVDは、他の国では再生できない可能性あり」という注意が記載されています。詳細はAmazon HPで確認してください。

ディスク枚数: 1   販売元: コロムビアミュージックエンタテインメント  時間: 61 分 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

9日の日本経済新聞のコラム記事 春秋(1/9)

 「1月から2年間、ブータン王国に青年海外協力隊員として勤務し、現地の小中学生を教えます」。教員になる知人の若者から届いた賀状にはヒマラヤの麓(ふもと)の異文化の国に向かう報告が記されている。社会人への初舞台も多彩になった。

ゴーと呼ばれる日本の丹前に似た民族衣装とともに、ブータンはGNH(国民総幸福)という指標を国政の施策に掲げる国として知られる。経済成長による物質的な繁栄だけに頼らず、伝統文化や自然環境を大切にして国民の幸福感を求めようと近代化へ向かう1970年代、21歳の前国王が提唱したという。

もとより数値化できる目標ではなく、当時先進諸国の国力の指標とされたGNP(国民総生産)を意識して掲げた発展途上国の理想と容易に理解できよう。ただ深刻化する地球環境問題や資源の争奪、少子高齢化など21世紀の先行きを考えれば先進国への重い問いであり、若者が惹(ひ)かれる理由もそこにあろう。

今年から大量リタイアの時期を迎える「団塊の世代」が企業など社会へデビューしたころ、日本の豊かさの象徴はGNPだった。「この世代には右肩上がりの成長が心象風景として焼き付いており、それがその後の人生をも拘束してきた」。名付け親の作家、堺屋太一氏はそう指摘する。GNH世代は何を考える。

http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20070108MS3M0800108012007.html

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

豊かな国は どこですか (1月1日東京新聞の記事)

 アメリカとブータンを比較対照した、見開き2ページの記事  http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20070101/mng_____kok_____005.shtml 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンのサッカー青少年チームに韓国人監督就任 (2007/01/05 15:01)

【ソウル5日聯合】  ユ・ギフン女子サッカー代表チーム元監督が、国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランキング192位のブータンで青少年サッカーチーム監督に就任する。

ブータンはFIFAランキング最下位を争うヒマラヤの小国で、サッカーへの関心に比べ競技環境は整っておらず、芝生のグラウンドはあるものの、サッカーボールやサッカーシューズが不足しているのが現状だ。  こうした環境の中、2002年には首都ティンプーでFIFA公認国際Aマッチとしてモントセラト代表との最下位決定戦が行われ、この様子は「アザー・ファイナル」として映画化され話題になった。  ユ監督は2003年からネパール代表チームで監督を務めていたが、2000年からブータン代表チームの監督を務めていたカン・ビョンチャン監督が病気で死去したため、カン監督の残り任期の監督を引き受けた経緯がある。  昨年もブータンの青少年を3カ月間にわたり指導したこともあり、ブータンとの縁は深い。このほど訪韓したブータンサッカー協会役員らの要請を受け監督就任が決まった。

1994年のサッカー・ワールドカップ(W杯)米国大会予選当時、韓国代表チームのコーチとして活躍したユ監督は、1999〜2001年に女子代表チームの司令塔として女子サッカーの基盤を築いた。ユ監督は、「今後2年間ブータンの青少年を指導する。選手らがアジアカップに出場したら、韓国のサッカーファンも声援してほしい」と述べた。  ユ監督は6日に出発する予定で、大韓サッカー協会からは、サッカーボール50個と運動靴100足が提供された。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ