『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ   2006年ニュース  

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

「国際民俗芸能フェスティバル」 2007年2月16日(金) 国立劇場

 ブータン王国「仮面舞踏(クジュ・ルヤン民族歌舞団)」の他に、ロシヤ連邦、北海道「アイヌの芸能」、岩手県、大分県の5グループ出演 入場無料 申込制(申込多数の場合は抽選)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/25):日本でここだけ、ブータン料理メニューもあるお店

ガテモタブン (Gatemo Tabum)06年12月16日オープン  

代々木上原駅を上原銀座商店街へ。直進3分右側(※豆腐屋の先、井の頭通り手前)  電話 03-3466-9590   お店HP http://www.gatemotabum.com/

定休日 年中無休(不定休)  平日 18:00 - 24:00 土曜日 18:00 - 24:00 日曜・祝日 18:00 - 24:00    全席禁煙   価格帯1,000円〜3,000円  

---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

(12/25)TV番組:ハイビジョン特集「五木寛之 21世紀・仏教への旅」

 作家・五木寛之がこの1年間にわたって世界6カ国をめぐる旅をした。その旅のテーマに選んだのが仏教だった。過酷なインドの大地を400キロ、四輪駆動車でたどった道は、2500年前、ブッダが最後の布教の旅で歩んだ道。韓国では仏教徒の信仰は熱い。名僧の説法に1万人の人が耳を傾け、夜はロックコンサートで盛り上がる。ブータンの山あいの僧院では輪廻転生を信じ修行に励む少年僧の笑顔がまぶしい。そして、中国、フランス、アメリカ・・・

増える自殺者、蔓延する心の病、教育現場の荒廃など、混迷の時代となった21世紀。人間を救えるのはいかなる思想か? 作家・五木寛之はその根幹を仏教の教えの中に見つけた。「山川草木悉有仏性」自然も動物も全て仏性(尊いもの)すなわち生命を持っているという、仏教の考え方のほうが有効なのではないか? 2500年前、インドで生まれた仏教はアジア各地に広がり、それぞれの地域の風土や文化によって様々に変容し根付いてきた。そこには、生き難い人生を生き抜くための数々の深い知恵が隠されている。

 「わがはからいにあらず」“人間は大河の一滴”と見据え、“縁”と“空”の人間観・世界観から練り上げた独特の“他力”の思想に行き着いた五木寛之が、21世紀における仏教の可能性を考えながら、世界の仏教の現場、遺跡や寺院を訪ねる。

 

1月7日(日)第1集「ブッダ最期の旅 インド」(仮) 1月8日(月)第2集「“救い”を求めて 韓国」(仮)

1月9日(火)第3集「輪廻・幸福の王国をめざして ブータン」(仮)

1月10日(水)第4集「禅・混乱の時代を生きる 中国・フランス」(仮) 1月11日(木)第5集「“他力”への対話の旅 日本・アメリカ」(仮)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(12/18):TV 番組

12月20日(水) 25:59〜26:54 TBSテレビ  CBSドキュメント「年末アンコール特集(1) 『ブータン国民の幸福』 他

 2000年5月22日 24:50から正味15分間放送された番組の再放送ではないかと思います。

本HPニュース欄の「国交樹立20年記念レセプション」で挨拶をされているロンポ・ジグミ・ティンレイ(番組放送当時・外務大臣)、「おめでとうございます」の中で、ダショーとして赤いカムニを親授された「クェンセル」のキンレイ編集長が登場します・・・写真をそれぞれにアップしてあります・・・

日本のインタビュアーとは異なりかなり鋭い質問もありますが、なかなか見事にかわします。 時間の短いわりにはまとまっている番組です。 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/13):WAVOC(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター)提供特別公開講座

『地球体験から学ぶ異文化理解 自転車世界一周』 シリーズその4 自分の可能性を信じて!(応援メッセージ編、ブータンの実習を通じて〜) 

日時:12月18日(月) 19:00−20:30   講師:坂本達(WAVOC客員教員、株式会社ミキハウス人事部)

場所:早稲田大学・西早稲田キャンパス 22号館 203教室  参加対象者:学生・一般(どなたでもご参加いただけます)

参加費:無料  参加申込み:不要

詳細:http://www.waseda.jp/wavoc/education-program/tokubetsu-koza-sakamoto.htm

------------------------

この夏、坂本さんを引率者として行われた、院政と学生のブータン研修「活動報告会」と「写真展示」もあります。

意欲的かつ自主的な彼ら(実に多彩な顔ぶれです)の活動もお楽しみに。

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/11):ダショー親授

12月9日、下記の3名の方々に国王陛下よりダショーの位が親授されました。

      教育省次官 Dasho Pema Thinley   Kuensel 主筆 Dasho Kinley Dorji   ブータン研究センター所長 Dasho Karma Ur  

http://www.bbs.com.bt/His%20Majesty%20confers%20red%20scarf.html

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/9):嬉しいニュース

ティンプーの青木薫さんから嬉しい嬉しいニュースが届きました。

ダクツォ職業訓練センターについては(2004年のイベントですが)下記に紹介を掲載してありますので、ご参照ください。

http://bhutan.fan-site.net/kyoukai.html

 ダクツォ職業訓練センターのチミ嬢とジグミ君が、The 9th Far East and South Pacific Games for the Disabled (FESPIC):(第9回フェスピック クアラルンプール大会)で銀メダルと銅メダルを獲得しました。

ジグミ・ウォンモ所長がスポーツウーマンだけに、ダクツォの子達、各種のスポーツに親しむチャンスは公立学校よりも、むしろ多くなっています。毎週一日は運動の日で、テコンドー、ヨガ、エアロビクス、太極拳、バスケにゴルフにランニングなどなど、いろいろ挑戦しています。特にチミの運動神経はなかなか。彼女の繰り出すテコンドーキックには、男の子達もたじたじです。

2008年のNGO化をめざして、ますますパワーアップする「ダクツォ」をよろしくお願いいたします。

JICAの草の根資金で始まった押し花プロジェクトも健在です。ブータンの野辺の花を使ったカード、しおり、コースターなどのご用命はぜひダクツォまで。

小銭入れや筆入れ、ポーチにバック、ソファーカバーにエプロン、鍋つかみなどなど、その他もいろいろ揃えております。

また、今では町中でコピーされているミニ・ゴーは、実はダクツォのオリジナル。手刺繍のラチューや刺繍による伝統絵画の額もあります。現在のヒット作品はノルブやタシタゲの刺繍をいかしたキーホルダー。

おみやげ屋よりお安い価格の品揃え。メイド・イン・ブータンの小物ををお探しの方、ぜひダクツォまでご連絡ください。

どうぞご支援よろしくお願いいたします。 青木薫:ダクツォ・ボランティア

 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/8):ダショー親授

12月7日ブータン国王陛下が3名をダショーに任命された。  http://www.bbs.com.bt Red%20Scarf%20for%20senior%20government%20officials.html

 財務省次官 Dasho Yangki T. Wangchuk  保健省次官 Dasho Gado Tshering、 貿易産業省エネルギー局長 Dasho Sonam Tshering

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/8):核廃絶決議案

例年同様の投票行動で、インドが反対する日本の提案する核廃絶決議案にブータンは棄権しました。

核廃絶決議案、国連総会で採択 北朝鮮非難盛り込む 2006年12月07日11時04分

国連総会は6日、日本が提出していた核軍縮を訴える決議案を賛成167、棄権7、反対4で採択し、決議は成立した。94年以来、毎年採択されているが、今回は「北朝鮮が10月9日に実施を発表した核実験を非難する」との一節が盛り込まれた。

反対投票をしたのは米国、インド、北朝鮮、パキスタン。米国はブッシュ政権になった01年以来6年連続で反対。北朝鮮はこれまで棄権を続けていたが、初めて反対に回った。パキスタンは投票締め切り後に「棄権の誤りだった」と主張した。中国、イラン、イスラエル、エジプト、ブータン、ミャンマー、キューバが棄権した。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/6):ブータン映画を楽しむ会とブータンナショナルディのご案内

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/7):新刊本

『ゾンカ語口語教本』という、ブータンの国語ゾンカの教科書がでました。

著者:今枝由郎  発行:大学書林  定価:3700円(税別) ページ数:170ページ弱 

ゾンカ文字は一切使用されていない。1990年にティンプーで青年海外協力隊員隊員向けに英語で発行された冊子が土台になっている。

    

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

(12/6):展示会のお知らせ

    

      

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/6):福岡アジア美術館

第7回アーティスト・イン・レジデンスの成果展パート2

http://faam.city.fukuoka.jp/cgi-bin/exhibition/exhibition.cgi?eid=10321

リンチェン・ウォンディ(ブータン) ルーク・チン(香港/中国) 「ブータンと中国のアーティストが、福岡アジア美術館で滞在制作した作品をご覧ください!」

----------------------------------------------------------------------------------------------------- 

(12/4):喜ばしいニュース

12月7日(あるいは9日)に、国王陛下から赤いカムニの親授が行われるそうです。 新しくダショーになられるのは次の方々です。

Pema Thinley(教育省次官)  Sonam Tshering(元ドゥックエアMD、現職未確認)  Aum Yanki T. Wangchuck(財務省・局長)

Dr. Gado Thsering(保健省次官)  Kinley Dorji(クエンセル、留学先のカリフォルニアから急遽帰国中!)  Karma Ura(CBS)

 おめでとうございます。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/3):新刊本のお知らせ

本林靖久 『ブータンと幸福論―宗教文化と儀礼―』 法藏館   定価1800円(+税別) 総ページ190頁  刊行予定日は12月20日 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

(12/3):大谷大学 生涯学習講座のご案内

http://www.otani.ac.jp/syakaijin/syakaijin/syougai_g/06shimei_2nd.html  http://web.otani.ac.jp/streaming/semi_info.html

講座概要  

ブータンは、世界の屋根と言われるヒマラヤ山脈の東端に位置する小さな仏教王国である。この国では、現国王が「GNP(国民総生産)」ではなく、「GNH(国民総幸福)」を提唱し、心の安らぎは、物質的発展のために損なわれてはならないことを信念に、独自の国づくりを実践している。

ブータンの宗教文化と儀礼を中心に、ブータン人の生活様式を提示しつつ、「幸福のカタチ」を描いていきたい。

 

日程・テーマ

第1回 2月17日(土) 日常の中の幸福 ―GNH(国民総幸福)の視点から―

第2回 2月24日(土) 宗教世界観と祭礼 ―円環する時間と空間―

第3回 3月3日(土) 死をふくむ幸福 ―日本人の死生観との比較から―

講師  本 林靖 久(もとばやし やすひさ 大谷大学非常勤講師)

時間 14:00〜15:30 定 員 100名

会場 真宗総合学術センター(響流館)3階 メディアホール

受講料 3,000円

申込締切日  2007年2月9日(金)当日消印有効

 

 --------------------------------------------------------------------------------------------

(12/1):訃報

長年、ブータンの手漉紙の技術向上に多大なご尽力をくださった久保田保一(くぼたやすいち)氏が亡くなられました。

先日、東急東横店で恒例の「石州和紙展」会場に行きましたら、いつもでしたらお元気に来場者に説明をしてくださっているお姿がないので、「お風邪でも・・・・?」と思っておりました。 ご冥福をお祈りいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/25):ブータン青年来日! 横浜で8日間の研修

詳細 http://www.yoke.or.jp/blog2/diarypro/diary.cgi?no=32

GNPならぬGNH(国民総幸福量)を指標とした国づくりで知られるブータン。そんなブータンから青年たちが来日します。来日するのは、若手の小学校教諭、教育省職員ら10人で、1月中旬から2月上旬にかけて大阪・千葉での研修を経て横浜を訪れる予定です。横浜では1月30日から8日間にわたって、小学校での授業見学や意見交換、市内外の歴史・文化関連の施設見学などを予定しています。

この研修は、独立行政法人国際協力機構(JICA)が「交流を通じた人造り」を目的に「将来の国造りを担う青年」を招聘する事業の一つで、YOKEはJICAの委託を受けて今回の研修の企画・実施を担っています。

今回、ブータン青年来日に伴い、「ホームステイ受入家庭」及び「公開セミナー参加者」を募集します。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/25):WASEDA LINKS

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/24):「日本の南東・南西アジア外交」へのご案内

ブータンが話題に上るかどうかは不明ですが・・・・

外務省でのブータンを含む南西アジア地域の責任者(外務省南部アジア部長)の講演 第152回BBL「日本の南東・南西アジア外交」

活動内容:今回のBrown Bag Lunch Seminarでは、外務省南部アジア部長の渥美千尋氏を講師に迎え、ASEAN+3、東アジアサミット及び印首相の訪日の結果等を踏まえて、日本の南東・南西アジア外交についてお話いただきます。

【日時】2006年12月20日(水) 開場12:00 講演 12:30-14:00

【場所】FASID 5階研修室(東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館5階) (地下鉄九段下駅4番出口徒歩5分)地図はhttp://www.fasid.or.jp/map.html

【定員】約100名

【言語】日本語

【参加費】無料

【応募方法・締切日】参加ご希望の方は、12月19日(火)までに、お名前、ご所属先名、電話番号を添えて、bbl@fasid.or.jpまでお申込ください。

          会場の都合でご出席頂けない場合のみ、事務局よりご連絡いたします。なお昼食は各自ご持参ください。

 

【連絡先】(財)国際開発高等教育機構(FASID) 国際開発研究センター(IDRI) 担当:高木・坂本 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館5階

     TEL:03-5226-0306 FAX:03-5226-0023   E-mail: bbl@fasid.or.jp  URL:http://www.fasid.or.jp

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/19):シンポジウムのお知らせ

12月16日「エコプロダクツ2006」と同時開催でJFSシンポジウムが行われます。今回のテーマは「あなたの選ぶ『サステナブルな未来』」。

持続可能性への取り組みで常に世界をリードするスウェーデンと、GDPに代わるGNH(国民総幸福量)の考え方で話題のブータン、そして日本の持続可能性指標に取り組むJFSとともに、サステナビリティのビジョンと、その実現に向けて私たちが必要とする「モノサシ」について考えるというものです。

『NPO GNH研究所』代表幹事・平山修一氏がスピーカーのひとりとして参加。

会場:東京ビッグサイト会議場6F 610(エプロン展示場とは離れているのでご注意ください)

時間:13:30 から 15:30  締め切り:12月11日  定員:100人  詳細 www.japanfs.org/eco-pro2006 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/9): テレビ番組(11月15日)  http://www.nhk.or.jp/dramatic/

11.15(水) 19:00-19:45 NHK教育 「地球ドラマチック 雲竜の国へ ユニサイクル ブータン横断の旅」 『一輪車でブータン横断』

日本の子どもたちの間でも人気の高い一輪車。番組では、カナダのマウンテン・ユニサイクリストがヒマラヤの秘境、ブータン王国の横断に挑みます。マウンテン・ユニサイクリングは、特殊な一輪車を用いてオフロードサイクリングに挑むスポーツです。ブータンの険しい山岳地帯を一輪車で駆け抜ける姿は、スリル満点!また、旅の途中、地元の人たちと交流することで、ブータンの文化や人々の暮らしを体験します。マウンテン・ユニサイクリングという新しいスポーツとブータンの魅力を存分に伝える番組です。

原題:Into the thunder dragon  制作:Outside Television(カナダ)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/8):「ブータン王国の染と織」  http://www.geocities.jp/bh_kurakuen/sub5.html

 スローライを守る国ブータン。 手織ウールの暖かさを壁かけ・膝かけ・マフラーなどに。 漆器・竹かご・手漉紙や袋物なども御覧ください。

 会期:2006年11月26日(日)〜12月2日(土)  11:00AM〜7:00PM (最終日5:00PM)

 会場:「銀座煉瓦画廊」 銀座4-13-18医療ビル2F 東京メトロ銀座線「銀座」徒歩5分  東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座」徒歩2分

 注:銀座煉瓦画廊は銀座7丁目から4丁目に移転しました。

 主催:西岡里子 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(11/1):TV番組

11月19日 NHK BS2 21:00ー21:50ハ 『ネクスト世界の人気番組 ブータン』  http://www.nhk.or.jp/bs/navi/info_fw.html

<1>『愛娘』ブータン初の連続ドラマ・・・婚約者のいる娘と母親を中心に、家族の問題、恋人との問題などを描く連続ドラマ。

<2>『音楽ビデオ』・・・ブータンの人々は季節やお祭りには必ず歌や踊りがつきもの。各地方や都会の様々なグループ(村単位や学校など)の歌や踊りを収録し番組の合間に流してる。

<3>『地方ドキュメンタリー』寺の修行僧の日常をドキュメント・・・普段なかなか見られない寺の修行僧の日常を丁寧に撮影したドキュメンタリー。

<4>『ニュース』国内の定時ニュース。英語とゾンカ語の2パターンあり・・・王国であるブータンは王様や皇太子の日々の動向がトップニュース。国王を敬う国民と真面目なブータンの国民性が垣間見える。

<5>『レッツトーク』トーク番組・・・20〜30人ぐらいで毎回話し合う番組。時には同じ村の若者と年配者で年代間の話をする。

【司会】小池栄子、野村正育アナウンサー

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

(10/29): 日本・ブータン国交20周年祝賀式典

日本ブータン国交20周年祝賀式典が「Gyalyong Tshogkhang」(国会議事堂)の中庭で行われ、ブータン在住日本人が招待されました。

そのもようが、シニア海外ボランティアの森博之さんのブログ  http://plaza.rakuten.co.jp/IToji3/diary に写真と共に掲載されています。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

(10/27):10月24日、25日、ティンプーで行われたファッションショー

ティンプーの片山理絵さんから「マオンパ・ニュース特別号」が届きましたので転送いたします。

王妃様のおひとりによって始められた「デザインコンテスト & ファッションショー」ですが、今回、片山理絵さんが所属している「マオンパ」グループが創作部門で第一位を受賞しました。

ブータンの最新ファッションをお楽しみください。

「マオンパ・ニュース」はmixi 上に理絵さんのブログという形で不定期に掲載されていますが、理絵さんのご了解を得て、HP『ブータン館』の「来賓室」に掲載させて戴くことになりました。

================================================================

 

ブータン初のデザイン・縫製コースのグループ「マオンパ」が、2006年度のファションショー創作部門において、第一位を受賞致しました。

現在このグループは、伝統工芸学校の一角でプロジェクトを進め、ダニダ(デンマークの国際協力事業団)のスポンサーを受けて、活動しております。「マオンパ」とは、ゾンカで「将来」という意味で、ブータンにおいて、新しいファションを推進すべく、名付けられました。活動内容としましては、ブータンの伝統織物を使って、モダンデザインの服を作り、ブータンの素晴らしい伝統技術を、私達なりのやり方で、多くの人に知ってもらえる様に努めております。

 

ゆっくりですが、これからも精進して参りますので、これからも宜しくお願い致します。  Tashi Delek!  片山理絵(ちなみに私も生徒の一人です。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

(10/27):第7回ライフスタイルフォーラム2006  http://www.lifestyle-forum.org/content/view/1/37/

開催趣旨:ライフスタイルフォーラムは、NGO/NPO・企業・行政の協働により、大量生産・消費・廃棄の経済社会構造からの脱却、また、地球温暖化防止への関 心を高めるため、幅広い層に、身近なところから環境にやさしい生き方を考えてもらうきっかけづくりを目的に毎年でフォーラムを開催しています。

開催概要 名 称:ライフスタイルフォーラム2006 [第7回]   

 テーマ:「GNH−幸せをはかるモノサシ−」

 会 期:2006年11月11日(土)〜12日(日) 

 会 場:新宿御苑・100周年パビリオン(新宿駅南口10分、新宿御苑前駅5分、新宿三丁目駅5分)

 全体企画:メインフォーラム 「GNH:幸せをはかるモノサシ」/12日(日)

 メインコーディネーター:辻 信一(文化人類学者、環境運動家、明治学院大学教授)

 ゲスト:ジグメ・ドゥッパ(ブータン/音楽人類学者、王立パフォーマンスアート・アカデミー(RAPA)副校長) 他

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

(10/25):日本ブータン国交20周年記念イベント

 国際交流基金がブータンに派遣した4人の日本の弓道家の妙技を伝えるBBSのニュース

  国交20周年を記念して弓道のほか、伝統芸能(音楽)、写真展、日本映画の上映といったプログラムが行なわれます。

 榎大使主催のレセプションがティンプーで開催され、町村信孝前外務大臣他の国会議員も訪問します。

http://www.bbs.com.bt/Kyudo-%20a%20japanese%20traditional%20archery.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/23);ニューズウィーク日本版

西岡京治氏がとりあげられています。 日本版日本版2006.10.18「世界が尊敬する日本人100人」 <http://www.newsweekjapan.hankyu-com.co.jp/cover/index.html>

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/23);中国、インドなどの科学者、ヒマラヤ山脈の南北側を調査   http://jp.chinabroadcast.cn/151/2006/10/15/1@75961.htm

中国、インド、ネパール、ブータン4ヵ国の科学者からなる科学調査チームは15日、チベットのラサから出発し、ヒマラヤ山脈の南北側に対する総合的科学調査を行うことにしています。

これは、中国の科学者の初めてのヒマラヤ山脈の南北側に対する大規模な総合調査です。科学者たちは地理、地質、植物、氷河と環境などの面から1ヶ月間近く調査を行うということです。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/18):日本ブータン国交樹立20周年記念レセプション

 

昨夜、東京で行われましたレセプション冒頭のご挨拶は、ジグミ・ティンレイ内務・文化大臣でした。       
 当日配られた「記念誌」は英語日本語併記両国の交流の歴史が綴られている。ブータンで作製された。

 

 

10月15日、ティンプーでJICA主催で行われた「Japan Fest 2006」の記事は http://www.bbs.com.bt/Japan%20fest%202006.html  に

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/14):美味しそう!!

秋の風物詩 ティンプー・サブジ・バザールのトウガラシ売り一家

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/8):受講生募集

福岡アジア美術館の「ブータン人絵師の指導によってタンカを描く」というワークショップの受講生募集、の要点のみお知らせします。 詳細は主催者にお問い合わせください。

日時 11月7日から12日 10時から16時    場所 福岡アジア美術館・交流スタジオ   講師 リンチェン・ウォンディ(ブータン)  募集人数 20名(応募多数の場合は抽選)

募集締め切り 10月25日   材料費 5000円  応募方法その他の問い合わせ 福岡アジア美術館交流課 tel. 092−263−1103

注:6日間毎日参加することが条件です。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

(10/5):植物講演会

 信州大学農学部(伊那キャンパス)大学祭「落葉松祭」で「ブータンにおける植物利用」という講演会が予定されています。

演題:ブータンにおける植物利用  場所:信州大学農学部11番教室  日時:10月22日(日)13時〜14時  演者:信州大学大学院農学研究科 植物遺伝育種学研究室 学生・院生

講演内容:昨年、今年と実施された、ブータン王国での食用野生植物資源の調査結果発表

当日はブータン料理の試食、現地で撮ってきた写真の展示も行われる予定

---------------------------------------

同日、名古屋の名城大学で行われる日本熱帯農業学会で同じく今春のブータン調査結果の発表があります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10/4): ブータン大使特別来日記念講演会

ブータン大使特別来日記念講演会 詳細 http://www16.ocn.ne.jp/~tcc/TCC-C/TCC-C.html#bhutan

 テーマ 『ブータンの現状』 ―GNP(国民総生産)よりGNH(国民総幸福量)を優先する国―

 日時 2006年10月18日(水)  18:30〜20:30

場所 新宿文化センター(第一会議室) 地下鉄:大江戸線東新宿駅5分(A2出口) 丸の内線新宿3丁目駅8分(B3出口) 

会費 会員1800円  一般2500円 要予約

 

在インド・ブータン大使をお迎えし、ブータンの現状についてお話ししていただきます。

当日はブータンを度々訪ずれているペマ・ギャルポ所長が司会進行を受け持つかたわら、大使と現ブータン王国について意見交換する予定です。

 

特別ゲスト:ブータン音楽家『ブータン民謡の響き』

ブータン王立舞台芸術学院(RAPA)の演奏家が古くから伝わる民謡や最近の流行歌などを数曲か演奏します。

 

チベット文化研究会 チベット文化研究所

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-12-15-401  TEL03-5745-9889 FAX03-3493-3883

各種講座のご予約及びお問い合わせは(月〜金 10:00〜13:00 14:00〜17:00) e-mail(tcci@nifty.ne.jp)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

(10/3):南アジアの民族衣裳展   詳細はこちらに 

同展に出品されているブータンの衣裳関係のコレクションは、優れたモノが多く、お住まいによっては小旅行になってしまうかもしれませんが、一見の価値があります。  山本けいこ 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/30):ブータンの若者向けに9月28日から民間ラジオ放送局「Kuzoo FM 90 」が音楽娯楽を中心として放送を開始しました。

http://www.bbs.com.bt/Bhutan%27s%20first%20private%20radio%20station.htm

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/30):今枝由郎氏講演会 

在東京ブータン王国名誉領事館主催 日本・ブータン国交樹立20周年記念講演会のお知らせ

   講師:今枝由郎氏  演題:「似て非なるもの、日本仏教徒ブータン仏教」  日時:2006年10月19日 午後7時(受付6時半から) 会場:東京理科大学・森戸記念館 新宿区神楽坂4−2−2 

   会費:1200円(当日受付にて) 定員:108名  

  申込(問い合わせ):オフィースワキタ  電話 03−5609−1987 ファックス 03−5600−6452 メール m.c.wakita@nifty.com

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/19): マツタケ輸入国ランキング  2005年度の松茸輸入国ランキング(農水省統計)

 1.中華人民共和国  2.大韓民国  3.北朝鮮  4.カナダ  5.アメリカ合衆国  6.トルコ  7.メキシコ  8.モロッコ  9.ブータン  10.ウクライナ  11.タイ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/18):雷龍の国のボランティア ブータン写真展

JICA横浜(横浜みなとみらい21)でブータン写真展が開催されますのでお知らせします。http://www.jica.go.jp/yokohama/tpl/event.html#contents1 <http://www.jica.go.jp/yokohama/tpl/event.html#top>

◆ ブータン支援事業写真展 「雷龍の国のボランティア」

参加・応募方法 2006年4月、神奈川新聞社の記者、川村真幸さんが取材したブータンで活躍しているJICAボランティアの方々の活動をご紹介いたします。ブータンの日常風景もあわせてぜひご覧下さい。

日程 2006年9月22日(金)〜10月22日(日)10:00〜18:00(入館は17:30まで)

会場・交通案内 JICA横浜(赤レンガ国際館) 1階展示スペース→JICA横浜1F展示ホール <http://www.jica.go.jp/yokohama/jimusho/index.html#map>

対象 どなたでもご来場いただけます。入場無料。

募集期間・締め切り 10月22日まで

お申し込み・お問い合わせ JICA横浜 連携促進チーム FAX:045-663-3265 TEL:045-332-6251 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/18):急告・テレビ番組

18日(月)13時、19日(火)18時 ディスカバリーチャンネル(23チャンネル)。 タイトルは「ダライ・ラマと輪廻転生」ですが、(日)の同番組を偶然見た方によれば、

 ・・・チベットの番組かと思っていたら、突然ゴーを着た男が現れてあわてました。トウルク制度、子どもが高僧に転生する話で、トウルクになるものが増えすぎて・・・

 という内容のようです。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9/12):ティンプー・ファッションウィーク  10月の21日から27日まで、ファションウィークと題してティンプーでファション関係のいろいろなイベントが開かれる予定です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ナマケモノ倶楽部主催「GNH キャンペーン」 詳細、問い合わせ、他は http://www.sloth.gr.jp   Tel(Fax)03-3638-0534   

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

無印良品ブータン展のお知らせ  詳細はこちらに

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

朝日新聞

  

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンの飛び地領土 に関する記載はこちらに 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンのTV局BBSで「おしん」再放送  これまで、ブータンの多くに人たちから「いつ放送をするのか」と尋ねられていた「おしん」ですが、下記のように再放送が始まりました。

前回同様、毎週4Eipsordづつ下記のように放送  

火曜日 20:30〜09:00(2Eipsord)  水曜日 09:30〜10:00(前夜の再放 2Eipsord)20:30〜09:00(2Eipsord)  木曜日 09:30〜10:00(前夜の再放 2Eipsord)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンの講義  京都の大谷大学の生涯学習講座 http://web.otani.ac.jp/streaming/semi_info.html

2006年度後期  ブータンと幸福論 −宗教文化と儀礼− 全3回:2/17・24、3/3    講師:本林靖久(大谷大学非常勤講師)    本林靖久氏は『ブータンスタイル』(京都書院)著者 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

講演会「密教とはなにか−マンダラの宇宙を読み解く」 密教やマンダラの意味を解き明かします。

日時:8月20日(日)14:00〜16:00 場所:埼玉県立近代美術館 講堂(2階) 講 師:立川武蔵(愛知学院大学教授、国立民族学博物館名誉教授) 定 員:先着順100名

当日12:00から1階受付にて入場整理券を配布します。

入場方法: 当日は、13:30に開場します。整理券をお持ちのうえ、その時刻までに講堂前にお集まりください。整理券の番号順に入場していただきます。場内は自由席です。

費 用: 聴講無料       http://www.momas.jp/005ivent/5.htm 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「マオンパ」の紹介

昨年からブータンの織物を使って、現代風なデザインの作品を作っていこうという「マオンパ」というグループが発足致しました。このグループは現在「ダニーダ」 (デンマークの国際協力事業団)のスポンサーと作品の売り上げで成り立っており、「ゾリンチュウスム」(ブータンの伝統工芸学校)の一角で創作活動をしております。10月に「マオンパ」の宣伝を兼ね今学期の作品展示・販売を企画する予定です。

私もメンバーの一人として、より多くの人に私達の活動を知ってもらい、私達の作品を身近に感じてもらう機会として、ミクシィのコミュ二ティーにブログを書き始めました

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、"mixi.jp"より、「ブータン」のコミュ二ティーにアクセスされ、トピックの中から「マオンパ」をお選び下さい。

「ブータン」のコミュ二ティーには様々なブータンに関するトピックがありますので、皆様方にも興味があるトピックが見つかるかも知れませんよ。  Rie Katayama Dorji  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

JAL機内誌『:Agora』8月号

ティンプーの高田さんとブータンの伝統医学院がとりあげられている JAL・ファーストクラス機内誌『Agora』の購読方法

『Agora』が読める(置かれる)のは以下の場所です。

(1)JAL国際線のファーストクラス、ならびにビジネスクラスの書籍棚 (2)空港内にあるJALラウンジ「サクララウンジ」内 (3)JALカードClub-A会員、同Club-Aゴールド会員、JALグローバルクラブ会員の「会員誌」として、ご自宅に配布

もし、上記の対称でない方で、ぜひ記事をみたいという方は、以下の方法で入手できます。

(1)東京と大阪にある「JALプラザ」で販売しています。(一冊420円)<JALプラザ有楽町>東京都千代田区有楽町1-7-1・有楽町電気ビル南館1F <JALプラザ大阪>大阪市北区梅田1-8-17・大阪第一生命ビル1F

(2)編集部まで「現金書留」で申込みください。その際には、ご希望の月号(『Agora』8月号)、部数を明記したメモを同封してください。一冊420円+送料100円です。部数の多い場合は送料が変わりますので、編集部までお問い合わせください。

<宛先>140-8643 東京都品川区東品川2-2-8・スフィアタワー天王洲・(株)JALブランドコミュニケーション・アゴラ編集部(tel.03-6717-6328) 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

シネマサロン/モーニング&アフタヌーンショウ 「ザ・カップ 夢のアンテナ」 上映会   日時: 9月30日(土) 午前11:00〜、 午後14:30〜

 会場: セシオン杉並(東京メトロ丸の内線 東高円寺下車6分) 杉並区梅里1−22−32 入場料:500円   連絡先:杉並区文化協会 03−5311−7035 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

朝日新聞 青いケシ 7月24日づけ「朝日新聞」朝刊に「ブータンの青いケシ」の記事が掲載されました。

朝日新聞 サッカー関連記事 7月22日の朝日新聞朝刊に、ブータンのサッカー記事が久しぶりで掲載されました。

       

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

埼玉県立美術館企画展「マンダラ展−チベット・ネパールの仏たち−」  2006年7月8日〜9月24日  http://www.momas.jp/3.htm  タイトルには入っていませんが「ブータンの曼陀羅」も展示

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

パロ博物館長来日、六本木でトークセッションも   

日本ブータン外交樹立20周年記念事業 ブータンを知ろう!  ブータン国立博物館館長プンツォック・タシ氏とのトークセッション

ジャパンファウンデーションでは、世界各地から代表的な文化人を招いて、日本の人々と社会に触れる機会を提供し、顔の見える交流の促進に努めています。7月11日より7月25日までブータン国立博物館の館長を務めるプンツォク・タシ氏(Mr. Khenpo PHUNTSOK TASHI)を招待中です。プンツォク・タシ氏は仏教哲学、サンスクリット語、チベット文学を専門としており、また詩歌、哲学、物理、環境、占星術、歴史等にも幅広く通じた碩学です。

ブータンは人口70万程度のヒマラヤ山麓の小国ですが、グローバリゼーションが進行する中、国民総幸福(GNH, Gross National Happiness)という概念を導入し、単なる開発ではなく、すべての国民の「幸せ」を増加させることを国家の使命とするなど、新しいあり方を模索しています。この度、プンツォク・タシ氏の来日を機にトークセッションを企画しました。近年日本でもスローライフ、LOHAS(Lifestyle of Health and Sustainability)などの新しい生活スタイルが提唱されていますが、ブータンの先進的な試みから私たちが学ぶことがたくさんありそうです。是非、お運び下さい。

☆日時:2006年7月24日(月)18:30開場 19:30開始

☆場所:国際交流基金JFICコモンズ(アーク森ビル20F)

* 入場は無料ですが、事前のお申し込みが必要です。申し込み期限は7月19日(水)正午まで。先着順とさせて頂きます。

* 講演、質疑応答は英語です。(通訳なし)

* 終了後、簡単な懇親会を予定しています。

 申し込み・問い合わせ  文化事業部 文化企画課  担当:内田/木村  TEL:03−5562−3541   FAX:03−5562−3505  

Yasuko_Uchida@jpf.go.jp/Tomomi_Kimura@jpf.go.jp

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』(ドルジというブータン人が登場)映画化 2006年秋・仙台で先行上映 2007年・全国ロードショー  映画情報が随時掲載

キャスト:瑛太、大塚寧々、関めぐみ、田村圭生、濱田岳、松田龍平ほか    監督:中村義洋   製作:アミューズソフトエンタテインメント、スカパー・ウェルシンク、読売広告社、ダブ、河北新報社

協力:せんだい・宮城フィルムコミッション

 引っ越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の美青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ち掛けてきた。彼の標的は――たった一冊の広辞苑。僕は訪問販売の口車に乗せられ、危うく数十万円の教材を買いそうになった実績を持っているが、書店強盗は訪問販売とは訳が違う。しかし決行の夜、あろうことか僕はモデルガンを持って、書店の裏口に立ってしまったのだ! 四散した断片が描き出す物語の全体像は? 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

テレビ番組  7月9日(日)07:50〜08:00 NHK-BS2  『世界の小さな国 ブータン王国 』

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

ヒマラヤ国際映画祭 Tokyo2006    詳細   2006年8月14(月)〜17日(木) & 19(土)〜22日(火):8日間。 世界のヒマラヤ関連映画16本を連続上映。   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

ブータン王国伝統織物展示即売会  ギャラリーいさら 『ブータン王国伝統織物展 』2006年7月17日(月)〜7月29日(土)  24.、25日(月、火)休廊   12:00〜19:00(最終日17:00)

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-26-10 カラコル5 1F(恵比寿駅東口から徒歩6分)  電話: 03-3446-8878  詳細

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

「写真展 ブータンの笑顔 "国民総幸福"を求めて」 写真展のお知らせ;2006年6月20日(火)〜7月15日(土) 千代田区男女共同参画センター(TEL:03(5823)0772) 

昨年11月国連大学・国連ギャラリーで行った写真展の一部が展示されているそうです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

青蔵鉄道を延伸、インド・ブータンの国境の街まで 中国情報局ニュースの「経済ニュースの一覧へ」をクリックし、「青蔵鉄道を延伸、インド・ブータンの国境の街まで」へお進みください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 毎日新聞2件 (1)6月23日朝刊 「縦並び社会:第4部・海外の現場から/8止 「国民総幸福」の国

(2)6月25日朝刊 書評「今週の本棚」 養老孟司・評 『ブータンにみる開発の概念−−若者たちにとっての近代化と伝統文化』 =上田晶子・著 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

「長期化するネパールのブータン難民」  日本UNHCR協会のニュースレター のダウンロードをクリックしてください。 6ページめに掲載されています。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

家庭画報国際版   家庭画報特選 『家庭画報国際版 』 Japa's arts & culture ma 2006 summer ISBN:4418061193

世界文化社 2006/07出版  30cm 166p [A4変 判] NDC分類:051 販売価:\840(税込)  ホームページ(画像あり)

ブータン─清浄なる祈りの国:ヒマラヤ山脈の麓に数多の寺院を抱くブータンは、崇高で、いかなる気も浄化する力に満ちています。魂こそが人間が生きている根源であり理由。祈りこそが魂に響く音であり、エネルギー。輪廻転生で生まれたリンポチェ(高僧)が仏教の真髄を伝えます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

無償資金協力   外務省ホームページ に、『ブータンの「教育施設設備計画」に対する無償資金協力について』が掲載されています。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組   『地球の食卓 世界24か国の家族のごはん』の著者 ピーター・メンツェルさんが、7月8日 日本テレビ 「世界一受けたい授業」(土 午後7時57分から8時54分)に出演

まだ番組表には掲載されていませんので 番組ホームページ や番組表でご確認ください。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新刊本のお知らせ   『地球の食卓 世界24か国の家族のごはん』 ピーター・メンツェル/著 フェイス・ダルージオ/著 みつじまちこ/訳 、TOTO出版

あの国の人たちは、どんなものを食べているのだろう? 24か国を巡って集めた、30家族の1週間分の食材600食を大公開。   こちら や こちら で購入できます(送料無料)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

ブータン皇太子タイ訪問   タイのプミポン国王(78歳)の即位60周年記念式典にブータンからは皇太子が出席されました。

タイの新聞に掲載されている国王即位60周年記念式典参列のために訪タイ中の、ブータンの皇太子の写真。タイ式の挨拶のポーズですね。

記事によれば皇太子は式典に参列後、マリンスポーツを楽しむためにプーケットに移動。そこでも熱烈な歓迎を受けたそうです。宿泊先はかのアマンプリ。 「今回の式典に招かれた各国の王族の中でもブータンの王子は「とても礼儀正しい素敵な王子さまだ」と高い好感度を誇っているそうで、新聞でも1面のトップになっていたほか、最終面で大きく特集記事が組まれていました。」そうです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン研究者一覧 こちら に「ブータン研究者一覧」へのリンクをはりましたので、ご興味のある方はご利用ください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

脇田道子・写真と民族衣装展 2006年7月9日から7月15日 東京近代美術クラブ(京橋)  詳細

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6/7):ブータンセミナー案内 [ブータンに関するセミナーの開催のご案内]

6月中旬に、国立ブータン研究センター(Centre for Bhutan Studies)より、カルマ・ウラ所長とタシ・チョデン研究員が阪大人間科学研究科を共同研究のために訪問されます。

せっかくの機会ですので、お二人からブータンの目指す開発に関するお話を短時間していただくことになりました。

 講演題目:「ブータン:国民の幸福量と開発のあり方 Bhutan: Gross National Happiness (GNH) and its Development Path」

講演者:Mr. Karma Ura (Director, Centre for Bhutan Studies) Ms. Tashi Choden (Researcher, Centre for Bhutan Studies)

司会:   草郷 孝好(大阪大学人間科学研究科)

日時:   2006年6月15日(木) 16:00−17:30

会場:   大阪大学大学院人間科学研究科 東館2階 ユメンヌホール

地図:   http://volunteer.hus.osaka-u.ac.jp/info.html

参加費:  無料

セミナー言語:英語(通訳はつきませんので、予めご了承ください。)

司会者より一言:ブータン国は、ジグメ・シンゲ・ワンチュ国王のイニシアティブの下、国民の総幸福の拡大を目指す国づくりを主唱しています。とりわけ、開発の目指す道として、GNP(Gross National Product;国民総生産)の拡大をやみくもに追及するのではなく、GNH(Gross National Happiness;国民総幸福量)の増大を目指すとしています。CBS(国立ブータン研究所)は、ブータン国の国家研究機関として、このGNHを核にしたブータン国の開発・発展に関する調査、研究、政策形成に積極的にかかわってきています。ブータン研究センター所長として、世界的にご活躍されているカルマ・ウラ氏とタシ・チョデン研究員のお話をもとに、ブータンとブータンの目指そうとしている国づくり、そして、「開発」についてみなさんと考える機会になればと思っています。なお、講演は約1時間弱、その後、みなさんからのご質問や意見をいただくように進めたいと思っています。どうぞ、お気軽にご参加ください。

参考リンク:http://www.bhutanstudies.org.bt/index.htm

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/31):ダショー・西岡教科書に

トータルイングリッシュ3 学校図書株式会社  http://www.gakuto.co.jp/hieigo/pdf/book3.pdf

中学校道徳 明日を生きる3(新版) 日本文教出版 http://www.nichibun-g.co.jp/dotoku/ichiran.html#asu3

今までにも高校の英語教科書では何度か採り上げられましたが(私の記憶に間違いがなければ)道徳は初めてのような気がします・・・・・・? 

 教科書入手方法 http://www.text-kyoukyuu.or.jp/ からお入り戴くと全国地図が出てきます、そこから各県内の取扱場所(文具店、他)を捜せるようになっています。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組情報

103ch NHKデジタル衛星ハイビジョン  「世界の小さな国」6月1日(木)18:30  再放送6月8日(木)18:30  http://tv.starcat.co.jp/channel/tvprogram/0023200606011830.html 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5月28日(日)午後4時半から NHK総合で 映画「アザー・ファイナル」が放送されます。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新刊本「ブータンにみる開発の概念―若者たちにとっての近代化と伝統文化」 明石書店 4725円(税込) 368p  ISBN:4750323357    

  上田晶子さんがロンドン大学へ出された「博士論文の日本語訳」 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ドルジ・ウォンモ王妃の2冊目の著書が出版されました。 195ページの本の価格はNu.495です。出版社はPenguin Books Indiaです。

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&amp;file=article&amp;sid=6978>

            

Her Majesty appreciates the ceremonial release of her book by His Royal Highness     HRH Trongsa Penlop releasing the book

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンの風景カレンダー  このページ の下段からダウンロード出来ます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「樋口友好ミュージアム」お披露目

5月14日、万博ブータン・パビリオンのナムゲ・カンザン(と仏様)、ラプセなどの展示館「樋口友好ミュージアム」のお披露目がありました。

ミュージアムは18日にオープン。歯科医院が休みの木曜と日曜に一般公開する。 入館料は高校生以上300円、小中学生200円。幼児は無料。

 樋口さんは「多くの人のブータンとラオスの文化に触れてもらい、日本とアジアの友好が深まれば」と話している。  問い合わせは、樋口歯科診療所=電059(232)3075=へ。

 

         写真提供:下間正彰さん

  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組のお知らせ

5/20(土) TBS 14:00〜15:25 『世界の究極訪問ツアー』 「究極の臭くて旨い食べ物・辛くて旨い食べ物」タイとブータン

番組のディレクターのBlog  http://blog.goo.ne.jp/bengetjp/m/200605      番組に出演している川村ひかるのBlog  http://blog.excite.co.jp/hikaru-kawamura/

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/12):朝日新聞

4月3日(9番組)、5月5日(再放送 4番組)に放映された「ABU 子供向け番組」に関するコラムが、12日朝刊に載りました。

写真はブータンのBBS製作「夢はマスクダンサー」が使われています。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5/10):「ブータン王国新憲法草案の特徴及び概要」

国立国会図書館の刊行物『レファレンス』に「ブータン王国新憲法草案の特徴及び概要」という論文が掲載されています。下記の方法でご覧戴けます。

(1)一部の図書館には『レファレンス』が配布されています。

(2)http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer2006.html  で ブータン王国新憲法草案の特徴及び概要 をクリックしてください。

(3)http://www.ndl.go.jp/   刊行物   レファレンス  平成18年刊行物  ブータン王国新憲法草案の特徴及び概要  とお進みください。

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『タイム』 世界を動かす100人

アメリカの週刊誌Timeの「世界を動かす100人」にブータン国王が登場しています。 http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1186840,00.html 

指導者の分類ではアジアからは日本の小泉首相、パキスタンのムシャラフ大統領、中国の温家宝首相と並んで4人です。 http://www.time.com/time/2006/time100/index.html  

以下はそれを紹介している日本人のBlog記事です。 http://ameblo.jp/yymachida/entry-10012044127.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

メコノプシス グランディス(5/1)

神代植物園の温室館に、近々咲きそうなつぼみのヒマラヤの青いケシがありました。「生」ブータンの花をご覧になりたいのなら、もうすぐ ここで、見られます(^_^) 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組再放送のお知らせ

親子で楽しむアジアこどもドラマシリーズ http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/text/p.cgi?a=001&d=2006-05-05&c=21&e=6842

東京 総合/デジタル総合 2006年 5月 5日(金) 午前8:35〜午前9:50(75分)

「ぼくの友だち」(中国)、「夢はマスクダンサー」(ブータン)、「リコーダーをおいかけろ」(日本)、「本をかしたら」(イラン)

ABU(アジア太平洋放送連合)が国際共同制作したドラマ9作品の内、上記4作品の再放送 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

人口世帯調査結果

4月27日、2005年5月30,31日に実施されたブータンの人口世帯調査の結果が公表されました。  人口は男性364,482人、女性307,943人  合計672,425人です。

有名な最後の設問「あなたは今幸せですか?」の結果は、非常に幸福45.2%、幸福51.6%、幸福でない3.3%、足すと100.1%になります。 詳しくは http://www.bhutancensus.gov.bt 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

財団法人地球環境戦略研究機関の「2005年アジア環境重大ニュース」 ブータン編あり   http://www.iges.or.jp/jp/pub/asia_2005.html   07_bhutan.pdf    05_12_21 (1).pdf 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

JAL機内誌「SKYWARD」4月号に、田部井淳子さんの「ブータンのポンチュー」が掲載されています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「家庭画報」5月号にブータン記事

現在店頭にならんでいる「家庭画報 5月号」(税込1050円)に、18ページにわたって、オールカラーのブータン記事が掲載されています。 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本の国会についにGNH登場!

 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kaigirok/daily/select00/164/16403220001009c.html   第164回国会 本会議 第9号 平成十八年三月二十二日(水曜日)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

写真家John Berthold 氏の写真集「Bhutan Land of the Thunder Dragon」 が出版されました。

 Amazon( http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/086171282X/503-7081078-8128722 )で購入しましたが、少し割引の3099円(税込 送料無し)で、10 日ほどで届きました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

毎日新聞 2006年4月6日 東京朝刊

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンの魅力、タペストリーに 大阪で展示 2006年03月29日 朝日新聞記事日

 http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200603290012.html ブータンの魅力、タペストリーに 大阪で展示 2006年03月29日

ヒマラヤの高峰やブータンの棚田などを描いた巨大なタペストリー=大阪市鶴見区の咲くやこの花館で

 ヒマラヤ山脈東端にある仏教王国ブータンの画家が同国の自然や風俗を高さ8メートル、幅1.5メートルのタペストリー(垂れ幕)に描いた大作が、大阪市鶴見区の花博記念公園・咲くやこの花館の企画展「ヒマラヤから雲南まで――花と人々」で公開されている。4月16日まで。

 タペストリーは、ブータン国内で有名な画家カルマ・オンディさんが「自然と人間の共生」をテーマに、ヒマラヤの高峰や動植物、仏教寺院、村と人々の暮らし、想像上の動物などをカンバス地に油彩で描いた全15枚。

 昨年の愛知万博(愛・地球博)のブータン館で一部公開され、閉会後にNPOヒマラヤ保全協会の今橋克寿理事(金沢市)が同国からまとめて譲り受けた。しかしあまりに大きく、公開する機会がなかった。

 今回、このうち8枚がつり下げられ、氷に覆われたヒマラヤの山や農村の棚田が壮大なスケールで浮かび上がった。兵庫県西宮市で「ブータンハウス」を主宰する西岡里子さんは作品を前に「ブータンのすばらしさを実によく表現してある。現地の光景がそのまま浮かび上がったようです」と話す。

 ブータンの民族衣装や楽器、銀の器、切手、紙幣なども展示しているほか、ブータン人による機織りの実演が31日から4月9日まである(3、4日は休み)。問い合わせは同館(06・6912・0055)へ。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ドゥルック・エアー機をチャーターしてのマウンテン・フライトの写真  山好きの皆様へお薦め!

おがわりょうすけさんの「まったりブータン」に、ドゥルック・エアー機をチャーターしてのマウンテン・フライトの写真がアップされました。  http://www.kenketsu.com/ryon/bhutan/b4940.html

白い冬のブータンヒマラヤをお楽しみ戴けます。 なお、同ページの下段から入れるようになっている「ルートマップ」も素敵です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンの子供向け番組放映

アジア太平洋放送連合(ABU)に加盟する九つの放送機関の間で、ドラマを通じてアジアの子供たちの「心の成長」を考えようというプロジェクトが進んでいる。

小学校低学年の子を主人公に友情や家族愛を描き、4月3日から5日まで「ABU子どもドラマシリーズ」としてNHK教育テレビ(午前9時から、15分の作品を1日3本)で放送される。 

ブータンからは「マスクダンサー」というブータンの子供向けドラマを放送予定。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月12日 TV東京 午後8時から9時54分

日曜ビッグバラエティ「海外に嫁いだ華麗なる日本女性」・・・南アフリカ、ブータン、香港、イタリア、アメリカ・・・  

ブータン部分は「愛・地球博ブータン・パビリオン設計者カルマ・ドルジ氏」の夫人「片山理絵さん」登場。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV番組  再放送かな?   3月21日(火) NHK衛星第2 BS11 AM8:15〜9:00 『心の旅選 ブータン・養老孟司』

1995年11月18日 BS2 『世界わが心の旅』の再放送の可能性がありますが、詳細不明ですので、番組表、NHKのホームページ等でご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

咲くやこの花館イベントの件  西岡里子氏の活動を紹介する HP に、「咲くやこの花館」でのイベント内容がアップされましたので、お知らせします。

ヒマラヤから雲南まで −花と人々−  3月21日(火・祝)〜4月16日(日)

植物の宝庫、ヒマラヤから雲南にかけての世界がやってきます。 高山植物室では、普段見る事ができない、ヒマラヤ、雲南の植物を展示します。また、興味深い高山植物の自生地風景も写真で紹介。

圧巻なのはブータン王国の画家カルマ・ワンディさんの手による高さ8メートルの絵、これは昨年の「愛・地球博」で展示されたものです。

・・・・この「絵」というのは、愛・地球博・ブータン・パビリオンに「バナー」という名称で展示されていた、ブータンの様々な風景を描いた一連の作品です。

  <咲くやこの花館>から届いたパンフレットによると、

1 機織実演 3月31日〜4月9日(4/3及び4/4)を除く毎日2回(午前・午後) ジャンベイ・ドルジ夫人

2 講演 (1)3月25日 チベット花巡礼(講師:久山敦氏(咲くやこの花館) 

(2)4月 1日 ブータンの秋の旅 (講師:西岡里子氏、ジャンベイ・ドルジ氏、久山敦氏)  

(3)4月 8日 ブータンの食物  (講師:西岡里子氏、ジャンベイ・ドルジ氏)

が予定されています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月12日 TV東京「海外に嫁いだ華麗なる日本女性」  2006年3月12日 TV東京 「海外に嫁いだ華麗なる日本女性」 20時〜   HPに「予定」が出ましたが、これ以上の情報は載っていません。

ただ、ブータン部分で「愛・地球博ブータン・パビリオン設計者カルマ・ドルジ氏」の夫人「片山理絵さん」が登場することは、理絵さんから戴いたメールで確認できました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

一部地域のみだったTVの生放送が、全国で視聴可能に

2月20日から地方ケーブルテレビ局を通じて、これまで、ティンプー、プンツォリン、パロだけで生放送が放映されていたテレビ番組が、全国で視聴可能になりました(午後6時から11時、午前7時から正午)。インドの衛星を利用しています。3年間、インド政府が衛星利用料金を負担します。  本文はこちらこちらに  写真はデキ・ドルジ情報通信大臣と、インド大使です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月14日 国際交流基金「インド・ブータン素顔のまちづくり」シンポジウム  3月14日(火)14時から17時   国際交流基金国際会議場(アークヒルズ20階)にて   詳細  こちらこちら  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

急告 日本ブータン友好協会主催「お話しと懇親会」のお知らせ   詳細は こちら の「お知らせ」をご覧ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2006年4月15日 「第3回 雲 南 懇 話 会」  ―山・探検・麓の暮し / 夢・好奇心―    幹事代表 前田栄三 maeda@you.ne.jp

「雲南懇話会」は、中国雲南省の最高峰・梅里雪山(6,740m)を中心とする「雲南・チベット地域」及びその周辺地域の総合的な研究を進める事を目的に、2004年12月に発足しました。懇話会は、国内での「地域研究の集い」と現地での「Field Work」とで構成されます。 懇話会では自然科学・社会科学を問わず、様々な分野で交流を進めたいと思っています。この為、対象地域は、雲南・チベット地域を中心にラオス、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、タイ、ブータン、インド、ネパール、パキスタン、四川省、青海省、新疆ウイグル自治区、モンゴル等などに及びます。

1. 日 時; 2006年4月15日(土)13時10分〜17時15分。茶話会;17時15分〜18時30分。

2. 場 所; JICA国際協力総合研修所・国際会議場。  茶話会は、同研修所内施設で行います。 地図等は こちら に 

      JR中央線・総武線「市ヶ谷駅」下車、東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷駅 (6番出口)」下車、徒歩各10分。 住所;東京都新宿区市ヶ谷本村町10−5、TEL;03−3269−2911。

3. 懇話会の内容 <演題、講師、順序、持ち時間とも変更される可能性があります。>

  @ 「崑崙山脈の未踏峰(6,345m)登頂の記録(2)」        栗本 俊和  40分

  A 「GISで見る崑崙, 雲南, 青海省西寧」―地理情報システムの利用―  前田 浩之 20分

  B 「聖山 梅里雪山の麓から(3)」 ― 山群一周の巡礼 ―       小林 尚礼  40分

  C 「東ユーラシアの臍 〜雲南〜」 ― 交易から見た雲南史 ―       上田  信  50分

  D 「ブータンの山と民族事情」                     栗田 靖之  50分

4. 懇話会参加費用; 一人2,000円(ご夫婦の場合は、2人で3,000円)、但し学生院生は無料。 京都大学笹ヶ峰会会員 and/or AACK会員は5,000円(ご夫婦の場合も、2人で5,000円)。

5. 茶話会参加費用; 一律一人3,000円、ご夫婦の場合も、2人で3,000円。但し学生院生は500円。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

読売新聞記事    2月6日の読売新聞朝刊に「温暖化嘆く 地球の涙 ヒマラヤ・ブータン氷河湖」という大きな記事が掲載されています。

一面の三分の二を使っての記事です。B5よりややや小さいサイズのチャーターヘリによる空撮カラー写真が見事です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

月刊「潮」     月刊誌「潮」の3月号、64,65ページに、「ロハスの時代」に先駆けるブータン憲法 と題する記事が掲載されています。  こちらに全文掲載予定

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

万博記念館 4月開館へ

(朝日新聞三重版の記事) http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000000601300005 2006年01月30日

津の歯科医「友好のシンボルに]

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

GNH2件

(1) 「人間会議」 2005年冬号 12月5日発売 価格:950円(税込) 特集 豊かさの新基準 豊かな時間を生きる

西水美恵子(元世界銀行副総裁) ゆたかな時間を生きる "ブータン王国 国民総幸福量(GNH)"

弓削昭子(国連開発計画駐日代表)ゆたかさは人生の選択肢の多さ しあわせを測るものさし

国民の豊かさの国際比較2005年 社会経済生産性本部 国連人間開発指数 国連開発計画(UNDP)  http://www.sendenkaigi.com/hanbai/magazine/ningenkaigi

 (2) UNDPの援助によるブータン研究センター(CBS)のGNH研究の進捗についての KUENSELの記事

CBSは2008年までにGNHの程度を測定する指標を決定する予定。 GNHの指標として以下の9点が当座の指標として掲げられています。

1)生活水準  2)国民の健康  3)教育  4)環境体系の持続性と多様性  5)文化の活力と多様性  6)時間の利用と均衡  7)グッドガバナンス  8)共同体の活力  9)情緒の安定

http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=6522     こちらに全文掲載予定 http://bhutan.fan-site.net/news.b.2006.htm

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

甲賀映画祭

2005年11月の第一回甲賀映画祭(甲賀シネマパーティー)で、27日に「ザ・カップ 夢のアンテナ」が上映されました。「10年は続けたい・・・」という関係者の言葉もありますので、他のブータン映画が上映されることがあれば、と願っております。

1980年代末から1990年代初めの頃にチミー・ドルジ氏がビデオ映画として製作した「ガサ・ラマ・シンゲ」から始まったブータン映画は、近年いろいろな劇場用の映画も作られるようになりました。

これらはブータン以外の地で見る機会がなく・・・・・・ 「公式ガイド」の入手法は「過去のBニュース」 http://bhutan.fan-site.net/news.b.2006.htm の下段をご覧ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「危ない航空会社ランキング」

現在発売中の「ニューズウィーク」日本版2/8号に「危ない航空会社ランキング」が載ってます。  われらが?「ドウルク航空」(原文どおり)は「安全度」ランキングで284社中246番目です。

ネパール、ラオス?北朝鮮、モンゴルより上です。 ちなみに最下位はアフガニスタン航空で「安全度」0.00です。 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

万博記念館 4月開館へ  (朝日新聞三重版の記事) http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000000601300005 2006年01月30日  津の歯科医「友好のシンボルに」 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータンの小学生英語について  ジャパンタイムス「週刊ST ONLINE」にブータンの記事が掲載されましたのでお知らせします。

「世界の英語教室(小学生)」ブータンからこんにちは! http://www.japantimes.co.jp/shukan-st/special/lesson/la20051115a1.htm

上記で辿り着けない場合は http://www.japantimes.co.jp/shukan-st/ 向かって左にある「ST KIDS 」 の「世界の英語教室」をクリックしてください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「月刊みんぱく」2005年12   http://www.minpaku.ac.jp/publication/gekkan/200512txt.html の18番に栗田先生の「千載一遇のチャンス」が掲載されています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

内務文化大臣サンフランシスコでGNHを語る   http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/c/a/2006/01/23/MNGAPGRIJB1.DTL

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2005年版 ODA 白書 ブータン関連

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/hakusyo/05_hakusho/ODA2005/html/column/index.htm  column II-7 地方の声を行政に反映させるために 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TV放映のお知らせ   15日 午後6:55 日本TV「鉄腕ダッシュ」にブータン人留学生ツェリン・デキさんが登場し、ブータン料理の紹介をするそうですので、ぜひご覧ください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

放送大埼玉同窓会 新春講演会 河合明宣助教授

1月7日(土)午後2時、さいたま市の同大埼玉学習センター(大宮駅) 「ブータンから学ぶ人類の未来−−自然環境と生活の豊かさを融合する神秘の王国」

無料 先着80人 問い合わせ先:同窓会事務局・広井さん(048・550・1280)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『一枚の布 まとう・つつむ』 文化学園服飾博物館    2006年1月12日(木)から3月14日(火)      詳細は、リンクの許可を得ました 文化学園服飾博物館へ 

ブータン関係展示品:キラ着装、ゴー着装、イラクサの風呂敷、カムニ(臙脂・白・臙脂)    

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ドキュメンタリー映画『もうひとつの決勝戦』(The Other Finale) TV放映予定   2006年1月3日(火) NHK教育 午後10:00〜11:20 

 ワールドカップ「最下位決定戦」として話題になった、ブータンとモントセラトとの試合のドキュメンタリー映画

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

国際情勢講演会 〜日本のパートナーとしての南アジア〜 2006年1月28日(土曜日)午後2時〜午後4時

講師:兒玉和夫氏(外務省経済協力局 審議官)

場所:(社団法人)日本外国特派員協会(FCCJ)・会議室 JR「有楽町駅」日比谷出口正面、東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館20階  地図→http://www.fccj.or.jp/static/aboutus/map.php

入場:無料(どなたでも入場可能です)

<主催>岐阜女子大学南アジア研究センター  <共催>外務省  <後援>南アジア関係諸協会・団体(申請中)  <協力>在京の南アジア各国大使館・名誉総領事館(申請中)

南アジアには、世界人口の22%の約14億の人々が暮らしています。インド、スリランカ、ネパール、バングラデシュ、ブータン、モルディブ、パキスタンの7ヶ国は、それぞれが豊かな歴史と自然、多彩な文化と躍動する社会を持ち、国造りに努めています。

親日国の多い南アジアでは、アジアのリーダーとして日本への期待は強く、これまで日本も積極的に南アジア諸国を支援するため政府開発援助(ODA)を拠出してきました。

講師の兒玉和夫氏は、インド駐在日本大使館で勤務されたご経験もあり、日本外交の第一線で重責を担いご活躍中の現職外交官です。南アジアの情勢、日本の援助と協力、パートナーとしての共存などについてお話しいただきます。

ご講演の後には、参加者の皆様との質疑応答を行います。南アジアには関心はあるけれどもあまり知らない、あるいは、南アジアの現状を詳しく知りたいとの皆様を対象とした講演会です。司会進行は、ペマ・ギャルポ(研究センター長)が担当します。 どうぞ、どなたでもご自由にご参加下さい。

<お申し込み> FAX・メールにてご氏名・ご所属・ご連絡先をお願いします。 岐阜女子大学南アジア研究センター「講演会事務局」 FAX 058-229-2222  .jpcsas@gijodai.ac.jp

        〒501-2952 岐阜市太郎丸80 電話058-229-22211 http://www.gijodai.ac.jp/csas/ 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

トップページへ