『ブータン館 BHUTAN-KHANG』 トップページへ   

ボランティア・スタッフの愛知万博こぼれ話

8月

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン・パビリオン珍説集

館内で家族や同行者に説明をしている方をよく見かけますが、なかなかの珍説が耳に入ってきます。

「ブータン国王はついこの間即位したので、まだ20代なんだって」・・・・・ 皇太子殿下の立太子を勘違いされているのでは?

「ブータンの王様が自分の権力を拡大するために、ダライ・ラマを追い出したんだよ」・・・・・ いえいえ、ダライ・ラマはチベットのお方です。

「ブータンはジンギス・ハーンに征服されたんだ」・・・・ ? 世界史を書き換えるような大発見!(笑・笑・笑)

「自分の父親は第二次大戦中ビルマ(現在のミャンマー)戦線から逃れてブータンへ入り、国王の側近になった」・・・・・ ??? 活劇「冒険**」? 

「ブータン国王のお葬式は日本がしてあげた」・・・・・・ ? 昭和の陛下が亡くなられたときに、ブータン国王が「国中で喪に服すように」と仰有ったことの勘違いでは?

「横綱は平原の国で生まれたと思っていたけど、山国だったんだ。だから足が強いんだな、なるほど」・・・・・・ お隣のパビリオンです。モンゴルは。

「ここはどこの国ですか?」「ブータンです」「おーーい、みんな! ここスーダンだってよ!」・・・・・・ 「違いますって」ば・・・・でも、結構多い修正不能な勘違いです。

 

しかし、なぜか、この種の珍説(奇説?)を得意げに周囲に解説しているのは、大部分が男性です。

女性の珍説はこっそりひそひそ語られるのですが、男性の珍説は得々と大声で語られるのが特徴です。  はて? 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ガードマン氏の必需品

それは「熱さまシート(冷えピタシート?)」です。

帽子に隠れて見えませんが、おでこに貼っています。  最初に考えたのは誰でしょう、素晴らしいアイディアです(笑)

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

会場全体 

地図中央に勾玉のような形をしている白い線が「グローバル・ループ」と呼ばれる空中の道

向かって左上端に大観覧車、 向かって右上にブータン・パビリオンのあるグローバル・コモン1、 中央最下段にナショナルデーの行われたEXPOドーム、 緑色の森の中に「サツキとメイの家」がある

地図向かって右上にある離れ小島のような「瀬戸会場」へはまだ行ったことがないので・・・・・・

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

長久手会場の西奥にある大観覧車からグローバル・コモン1方向を見る  

赤い建物は企業パビリオンのひとつ「ワンダーホイール 展。覧・車」、  手前の白くて丸い建物は「ロボットステーション」

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 韓国館、オーストリア館、イギリス館、アイルランド館

韓国館

ブータン館を始めとするアジア地域の集まるグローバル・コモン1で唯一見ていなかった(いつも行列で)韓国館へ行って来ました。入ってみて行列の理由が判りました。

今やハイテク産業以外に、アニメとゲーム大国だったのですねェ・・・韓国は。  その展示や体験コーナーで混んでいることが判りました。

 

オーストリア館

2Fに設置された木製の「そり体験」が人気でした。   

 筆者は花のペイントが素敵なヴァイオリン型のお酒を購入(中身は合宿所で皆さんに呑んで戴く)

有名なモーツァルト・チョコレート、ト音記号のペン、モーツァルトの楽譜が書かれたストラップ、ウィーン風のカフェ体験、等々、なかなか商魂たくましいですが、それがあまり嫌味にならずパビリオンに上手にショップを組み込んでいる感じです。 なお、常時ではありませんが、映画「第三の男」の部分上映や、チター演奏なども行われているそうです。

 

イギリス館

ハイテクや大がかりな展示はありませんが、庭園のとても素敵なパビリオンでした。

入口の壁には無料配布お土産の葉っぱがかかっています。

庭園作家(?)別の、いくつかの異なる趣の庭を巡って外に出ると、可愛い木製の鳥の巣箱がいくつも掛けられている壁があり、覗くとイギリス各地の景色が見られるようになっています。

 

アイルランド館

ケルト文化の意味と香を知ることが出来ます。なかなか重厚な内容のパビリオンです。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

暑い通路

万博会場中心部を回遊しているメイン通路グローバル・ループ(約2.6km)は、歩いていると板の通路のようですが、実際は高い橋脚の上に板などを敷く形で設置されています。

気温35度位で、時としては通路の地表温度が45度近くになることがあるそうです。

グローバル・ループの日除けとともに設置されているパイプから、時折、霧が降るようにはなっていますが、地表近くを移動することになるベビーカーの子ども達には充分な注意が必要です。

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 公式マップいろいろ

7月にご紹介しました「日本語版」「英語版」の他にも数種類発見!

スペイン語版              フランス語版             韓国語・朝鮮語版               ポルトガル語版          中国語版(簡略体)            中国語版                  バリアフリー版(大きい文字)

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 長久手会場の西奥にある大観覧車前を行くモリゾーとキッコロ

       

この暑さの中、着ぐるみの中はさぞや高温に・・・・・  時々立ち止まって握手会と撮影会をしていますが、サインまではしないようです(笑)   

どちらかと言えばキッコロに子供の人気が集まっているようで、キッコロはついに八色になって登場!(新発売)

・・・・グルの八変化?(意味はブータン史をお読みください)

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ブータン・パビリオン・ボランティア・スタッフに新戦力登場

夏休みに入って、カリタス女子短期大学の若い学生さんたちが参加し始めました。 それも2人1組み、5組で計10人という団体での参加です。

中高年ボランティア中心だった館内に、キラを着たお嬢さん達が華やぎをもたらしてくれています。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

モリゾー・キッコロメッセで行われていた「アジアの子供達の絵日記展」(すでに終了)

  
         展示会場外観              展示会場内ブータン展示ブース               グランプリ作品(キンザン・ドルジ君の作品)

アジア24ヶ国の子ども達の絵日記が展示されていました。ブータン展示ブースには、グランプリ作品の他に、様々な賞を受けた作品や入選作が計8点展示されていました。

意図的にそのような作品が選ばれたのかどうか不明ですが、以前、ブータンの子ども達の絵によく見られたような、人物を仏画のように描いた作品はありませんでした。ブータンの子供達の「絵」という概念が変化してきているのかもしれません。

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

トップページへ