『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ   

ボランティア・スタッフの愛知万博こぼれ話

 

閉幕後

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 記念品

                     ビーズで龍の描かれたTシャツ・目はクリスタル               スタッフ入場パス(緑は6日間用) 茶色は閉幕後用
         
                        未使用擬石(なるべく小さいのを貰ってきました)            6月2日のナショナルデーで幼稚園児のかぶっていたバンダ

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

レストラン・ブータン

先日、レストラン・ブータンを訪ねたH氏からのメールによれば・・・・・

元カレー屋さん、現在トンカツ屋さんのレストラン・ブータンは、地下鉄名城線上前津駅付近(名古屋市中区千代田2−19)にある、小さなたたずまいの店でした。

同店は高木正和氏が昭和36年(1961年)開店。 当時中尾佐助の「秘境ブータン」が出版されて、評 判になっており、心惹かれたと言っていました。

高木さんは水彩画を趣味として、店の 中に5〜6点、山・花など自然を対象にした絵が飾られております。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

ゴミの分別

 万博の会場ではゴミは9種類に分別回収され、そのためにボランティアの人々がゴミ箱の横に立って指導を行っていました。

延べ30日のボランティア期間中、ブータン・パビリオン外でゴミを捨てることがなかったので、9種類の詳細を知る機会がありませんでした。

閉幕翌日の26日にパビリオンの後かたづけゴミを捨てようと、「9種類の分別方法は?」と聞きましたら、なんと「アッ、もう、燃えるゴミ と 燃えないゴミ に分けるだけ・・・」という回答。

「じゃ、そのためのボランティアまで必要とした9種類分別は何だったの?」

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

シャチハタ後日談

働き者のスタンプも食糧不足では働けず、インク補充が必要になり、シャチハタのHPから問い合わせメールを出しました。

なんと、翌日には担当者から電話があり、「ブータン・パビリオンのカラーは緑ですので、補充インクの型番***−***の緑をお求めください」

「エッ? 色まで判るのですか?」「ハイ、記録がありますから」と実に簡単に解決。  あたりまえと言えばあたりまえかもしれませんが・・・・・ 

さすがの「100円ショップご贔屓」の館長も、メーカー物の商品としての完成度、耐久力と面倒見の良さにいたく感心したひとときでした(⌒_⌒)

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

シャチハタ Xstamper

 全体(高さは約10cm) 印面       子ども達の可愛いスタンプラリー

 各パビリオンにはスタンプが置かれていました。 ブータン・パビリオンに置かれていた2個は、上部にゾンカでドゥルック、そして山を背景にした国獣ターキンが描かれています。

感心したのはその耐久力です。 

今回の万博の総入場者数は 22,049,544人、 ブータン・パビリオンはおおむね 13パーセントの入場者数ですので、半年間に約 287万人の方々がみえたことになります。

その三分の一の方がスタンプを押したと仮定して約95万6千回。 スタンプは2個設置されていましたから1個あたり約47万8千回使用されたことになります。

勿論、インクの補充はしょっちゅう行われていたそうですが(万博会場には社員が常駐)、その丈夫さにただただ感心するばかりです。

ティンレイ館長の許可を得て1個戴いてきましたが、まだまだ元気で働いています(⌒_⌒)

 

ちなみに、もうひとつのスタンプは、ニュース欄の《 愛・地球博展示物のその後 》にあります、新しく建設されるミュージアム(?)に設置されるそうです。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

MINAさん へ

あなたが ブータン・パビリオンに贈ってくださった可愛い折り紙の「モリゾーとキッコロ」は、スタッフルーム入口ドアに掲示され、スタッフや来館者に愛されていました。   

「閉館後に戴きたい」とティンレイ館長にお願いしましたが、「とても気に入っているので、記念にブータンへ持って帰りますからダメです」と断られてしまいました。   

これからはヒマラヤのブータン王国が「 MINAさん の モリゾーとキッコロ」の家になります。

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

26日のブータン・パビリオン と お隣 モンゴル・パビリオン 

       ブータン・パビリオンは館内の片づけのみでしたから静かでしたが、近隣のパビリオンは業者が入っての撤去作業が始まっていました。

 

   

トップページへ