『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ

  

キラとゴーの状態、あるいはその用途の布一着分[平織を地とするもの]

 

1-201  キラ  タラ  最も古典的な意匠のひとつである白地に(経糸方向に)縦縞 

1-202  キラ地  セタ  臙脂地に黄色の格子 野生種絹

1-203  キラ  パンツィ  無染色地に臙脂と黒の格子 野生種絹 

1-204  キラ地  縞セタ  臙脂地に黄色の(経糸方向に)縦縞 野生種絹 

1-205  キラ  カリン風  新しい色調

1-206  キラ地  ジャディム  虹のような色の(経糸方向に)縦縞 野生種絹 

1-207  ゴー  セタ  臙脂地に黄色の格子 野生種絹

1-208  ゴー  セタ  臙脂地に黄色の格子 野生種絹

1-209  キラ  セタ  臙脂地に黄色の格子 野生種絹

1-210  キラ  タラ  ブータン産木綿 手紡ぎ 天然染料染め 手織 輪状整経のまま

1-211  キラ  タラ  ブータン産木綿 手紡ぎ 天然染料染め 手織 輪状整経のまま

1-212  キラ  タラ 最も古典的な意匠のひとつである白地に(経糸方向に)縦縞 

1-213  キラ     平織マータに片面縫い取りの模様(ハーフ・キラ) 

 

 

 

 トップページへ