『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ        2010年10月 遼東半島(大連・旅順)    

 1980年、まだ一般観光旅行ではなく、形だけでも「***友好訪中団」としての旅行であった第1回目から数えて7回目の中国訪問は、遼東半島

目的は三つ。 

かつて 高句麗 の領土であった遼東半島の地に立ってみること、旧満鉄の「アジア号」を見ること、変面 を見ること。

三つで充分であったのに、某旅行会社が、旧ヤマトホテルで昼食、満鉄本社、関東軍司令部、満鉄路線試乗、路面電車試乗、粛親王府、水師営、二百三高地

まで組み込んだ満腹ツアーを販売している事を知り、「おんぶにだっこ大好き人間」は、即、参加決定!

 

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 大連 

 

 

昔の大連市中心部絵図(大連賓館ロビーに展示してある)

 

 

現在の中心部を見ると、絵図の後方に高層ビルが建っているという変化だけ。

ちょっと見ずらいが、中央のとんがり屋根の建物が絵図の中央に見える。 

銀行だった建物は銀行として、警察は警察として今も使われている。 内部構造がそうなっているので転用が難しい、のかな?

 

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

旧 大連ヤマトホテル

 

     

大連賓館(旧大連ヤマトホテル)

昔は五つ星ホテルとして、現在は三つ星ランクとか

最初にロシア人が作ったために、高い天井に美しい装飾を施し贅沢なシャンデリアが下がっている礼拝堂があり、そこがレストランとして使用されている。

  

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

旧 満鉄本社

 

旧満鉄本社   絵葉書セット  旧満鉄本社内図 

 

満鉄のマーク                       青磁  デミカップ 

満鉄マーク中央のI(大文字のアイ)のような印はレールを意味し、Mは満鉄を意味する。

皿・鉢・カップ・ナイフ・フォーク・スプーンなどの食器はもとより、切子ガラス器までマークの入った満鉄特注品を使っていた。

終戦時に置き去りにされたそれらの品々は、施設整備の寄付金という名目で販売されている。

この青磁とデミカップにも満鉄マークが刻印されている。

 

この「青磁」は 旅行記 番外 チベット編 再下段に記した技を発揮し(笑)、言い値10万円から始まり、最後にこの「デミカップ」付きで 15000円 で手打ち。 

考えてみれば、置き去りにされた品なので元手ゼロではあるが・・・・・・

これ見よがしの象眼を好まないので、シンプルなこの「青磁」は、作りが甘く茫洋としてはいるが、かなり気に入っている。

  

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 旅順

 

旅順港は今も軍港なので撮影禁止 でも中国の人々は盛んに港をバックに記念撮影

実に入り組んだ港で、隠れるのには具合が良い。

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

旅順・東鶏冠山 

 

  東鶏冠山日露戦争資料館  有名な会見写真

 

 資料館の李香蘭               日露戦争戦跡

こんな所で、大好きな李香蘭の写真を見られるとは

 

資料館の展示で、「正露丸」が本当は「征露丸」という、「ロシアを征する」という名称で、戦地の兵隊のために作られた薬である事を初めて知った。

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

旅順 水師営

 

 

 

再建された水師営会見所       元の水師営会見所写真 

 

門を入ってすぐの所に有名な棗の木が植えられている。ただし初代は枯れたので現在のは何代めか?

中に 乃木希典 の有名な書が刻まれた石碑があり、係員に尋ねると「本物」と言う。 屋外に建てられていたものを運んで来たとのこと。 

残念ながら撮影不可。

 

花文字

韓国映画の傑作のひとつ『風の丘を越えて 西便制』の中にも出てくるので、一度見てみたいと思っていた。

小さな小さな板状の道具(?)を実に旨くあやつって、様々な形に、しかも多色グラデーションを

技ですな!

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

旅順 二百三高地

 

  二百三高地  二百三高地  二百三高地

                  日清戦争時には日本に国土を蹂躙され、日露戦争時には他国同士に自国領土を奪いあわれた歴史をもつ国

『銘記歴史 勿忘国恥』の看板  

                       うろ覚えの漢文知識で読むと、「歴史を記録し、国の恥を忘れる勿れ」あたりでしょうか

 

家内安全、学業成就、商売繁昌、その他、日本と変わらぬ虫の良い願いの数々

共産主義の国で「お守り」とは、はて面妖な?  「宗教は麻薬」って誰の科白だったかなぁ?(笑)

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

旅順 粛親王府

 

     

川島芳子 旧居として案内されるが、 実父 粛親王 の屋敷のひとつ

何年か後には立派に修復されて観光地になるか?

今は見るも無惨な廃屋 

 

   

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

旅順 関東軍司令部

 

中に入れてくれなかったのは残念。 見られたくないもの、見せたくないものがあるのか?

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

旅順駅

 

      

 

 

旧満鉄線の一部である旅順駅から管城子駅まで3駅ほどであるが試乗

列車     行き先表示    車内(硬座車)

この行き先表示板だけでもかなり感動

 

 

管城子駅    線路を渡る

管城子駅は駅のレイアウトに問題があり、降車してから自動車道路に出るのには線路を渡るしかない。

まぁ、朝夕2往復しか列車が通らないそうで、危険がないから設備をしない? 中国ならそう考えるかも知れない。

軍用列車がとまっていたので、厳しかった。 兵隊が威張っていて・・・・・

 

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

大連埠頭

 

 現在角角になっている屋根と階段が昔は丸かったそうで。 それ以外は昔のままだとか。

現在はずっと沖合この何倍もの大きな港があり、ここは主として観光客船が停泊しているとか。

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

大連 アジア号

 

アジア号(入り口) アジア号(入り口)  アジア号(正面) 

憧れのアジア号!

 

蒸気機関車の趣ではありませんね。

ロボットみたい

 

現在中国に2輌だけ残っていて、これは日本で製造され運ばれて来た3輌の内の1輌とのこと。

運転席も、石炭車も、勝手にどうぞ!、という感じで、係員もとやかく言う気なし(関心なし?)

好きなだけ昇って触って

 

この場で面白かったのは、異様に盛り上がって興奮している人と、何してるんだかと冷めた人と、ハッキリどちらか二分されている状況

完全に舞い上がっている興奮組です、もちろん!

 

 

しかし、狭いところに身を縮めるようにして納まっている様子は、「伊集院某」がカプセルホテルに寝ている感じでちょっと気の毒 

車輪  左側面  説明写真

 「アジア号がなければ今日の世界一の新幹線は生まれていなかった」と、東武鉄道の車両専門家の詳細な説明に納得

 見ず知らずの人と一緒のツアーには、往々にして何かの専門家が参加していて、その度に「ほーー」っと新知識を吸収しているので、一般募集ツアーも捨てがたい。

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

大連 路面電車 

 

旧車両、でも現役 最新車両   旧車両 

旧車両に試乗したかったが、我々の前にやって来たのは新車両。

駅設備のある所とない所があるが(そのため何処が駅か判らない)地元の人々はすいすい乗降

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

粉食の地

粉食地帯で期待していた「具の入っていない饅頭」にはついにお目にかかれなかった。

家庭での食べ物、あるいは普段の食べ物のようで、レストランでは出ないとか。

 

中国の社員食堂や町の食堂で、丼(というかホーローの小型洗面器?)に主食と野菜たっぷりのおかずをのせて歩きながら食べている光景を見る。

以前、蘇州の町の雑貨屋で洗面器、蓋付きのマグカップ、箸まで買って列に列んでみたが、まだ配給制度時代だったので「食券がないとダメ」と外された。

おかずの上に饅頭が3個くらいのっている光景が理想的なのですが・・・・・

 

 

(1)            (2)           (3)            (4)           (5)

        

   (1)ワッフル状の白い饅頭 自分で肉と野菜を挟んで食べる  皮のもそもそ感と具のしっとり感が絶妙というか微妙というか(?)

   (2)四角い揚げ餅?    小麦粉と何かをまぜて四角にして揚げてある  正体不明ではあるがもちもち感がなかなか結構

   (3)カボチャ餅      カボチャと小麦粉をまぜて揚げてある  とってもとっても美味! 

   (4)トウモロコシ餅    粒粒コーンと小麦粉をまぜて揚げてある  おやつに良いかも  小麦粉だけにしてはちょっともちもちしているが?

   (5)肉野菜入り饅頭    よくある肉野菜饅頭 

 

 

 

 

かなり手抜きの旅日記におつきあい戴き有り難うございました。

ブータンと違って、あちこちリンク先があるので楽です、中国は(笑)

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

        『ブータン館 BHUTAN-KHANG』 トップページへ