『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ  

 

文献目録 図書編 2007年(平成19年)

更新日:2009年3月15日  

 

 1月 『NHKブックス1075 ネパール王制解体』小倉清子 日本放送出版協会 

     p60、

 

 2月 『皇室外交とアジア』佐藤孝一 平凡社 

     p12、表1、外国賓客訪日回数国別統計一覧

     p29、表2、皇族の外国訪問回数国別統計一覧

    『世界の軍旗・翼章・国旗図鑑』苅安望 彩流社 

     旗のデザイン

     p25、ブータン王国

    『読売新聞朝刊一面コラム「編集手帳」第11集』竹内政明 中公新書  

     p190ー191、ブータンの知恵

 

 3月 『1001 必ず見ておくべき 世界の絶景』マイケル・ブライト 昭文社 

     p716ー717、パロ渓谷

     p718、フォフジカ谷・オグロヅル

     p710、チョモ・ラーリ山 ガンカル・プンスム山

    『やせる旅』都筑響一 筑摩書房

     p133ー144、桃源郷で汗だく ブータン

    『1万円の世界地図』佐藤拓 祥伝社 

     p231、世界幸福マップ順位(ホワイト教授)

     p256ー257、コラム 一万円の使い道4 「国民総幸福量」アップを目指すブータン

     p259、後発開発途上国リスト 

    『ヒマラヤと地球温暖化』中尾正義;編 昭和堂 

     表紙(ブータンヒマラヤの氷河湖)

     p135、149

    『好き! 嫌い! アジア』穂添柾彦 翔雲社

     p235ー260、日本人のルーツ? ブータン

   『アジア地域の環境対策の現状と課題:国際協力を中心に』亜細亜大学研究所

     p95ー99、南アジアの環境政策についてーーネパールブータンを事例にーー 2 ブータン 第9次5カ年計画の環境政策を主に(辻井清吾)

    『宗教と現代がわかる本 2007』渡邊直樹:編 平凡社

     p19ー20、

 

 4月 『ブータン日本語文献目録』山本けいこ・石田孝夫;編 日本ブータン友好協会

   『旅の文章教室 地球あっちこっち』辻真先 展望社 

     p12ー14、起

     p25ー35、ブータン(柚原耿)

   『途上国の開発』高木保興、河合明宣 放送大学振興会

     p107ー108、教育政策の難しさ

     p122ー124、さらなる開発と環境のトレード・オフの解決策はエコツーリズム?

     p147ー148、現実的な開発とは

     p192ー194、地方分権化がうまくいく素地はできているのか

   『21世紀 仏教への旅 中国編』五木寛之、講談社

     p2、

   『四号じっちゃまの きつねの恋人』鶴良夫 日本文学館

     p82ー138、きつねの引っ越し、小さな土橋、不思議な国ブータン王国、パロは田舎の景色、いとしのブータンよログチェケ

    『健康問答』五木寛之・帯津良一 平凡社

     p216ー217

 

 5月 『河口慧海日記』河口慧海 奥山直司;編 講談社(学術文庫) 

     p266

    『旅する作家 五木寛之 2001ー2006』戸澤祐司 講談社

     p扉、148ー153

 

 6月 『21世紀 仏教への旅 ブータン編』五木寛之 講談社

   『世界と日本 環境広告最前線』相澤英一 日経広告研究所

     p85ー92、第3章 一人一人の力で地球を守る 持続可能な社会にするために ブータン王国の目標は国民総

 

New月 『アジア聖地巡礼 インドから中国』松本栄一 世界文化社

     p173、205、

 

 8月 『革命中国からの逃走 新彊、チベット、そしてブータン』シルヴァン・マンジョ;著 乾有恒;訳 山本真弓;監訳 つげ書房新社

     p14、204、209、215、

     p217−310、第3部 ブータン編

     p311ー312、あとがき

     p313、ブータン王家関係系図

     p314−318、ロプサン関連年表

     p319−348、解説 ロプサンが見た国家と人間 

     p349、

   『白川義員[愛憎版]世界百名山』白川義員 小学館

     p72(チョモラーリ)、73(ゲンケルプンズム)、76(クーラカンリ)、80(ジュチュダケ)、

     p84、(写真解説)

     p88、ブータン撮影行

     p204、地域別世界百名山一覧表

    『世界歴史大系 南アジア2 中世・近世』小谷汪之;編 山川出版社

     p379、380

     p384−396、補説23 ブータンの歴史

     付録 p119、地図

     付録 p114、系図

     付録 p89ー91、参考文献

     付録 p45ー51、年表

 

 9月 『美しい国 ブータン』平山修一 リヨン社

    『アジアを生きる子どもたち 幸福の瞬間』佐藤完兒郎 朝日新聞社出版局

     (写真、文):p4、7−9、12、14、22、32、36、38、71、72、83、84、86−89、92、117、120、

      134、138、160、161、164、167、190−193、224

    『多田等観 全文集』多田等観;著 今枝由郎;監修・編集 白水社

     p23−24、苦心惨憺チベットに入らんとす

     p25−27、まずブータンに入る

     p42、巡礼僧と姿を変える

     p43−44、ブータン人の獰猛を幸い

     p45−47、ブータンの人情風俗

     p47−48、ヒマラヤの険峰越え

     p48、遂にチベットに入る

     p49−71、チベット秘境の由来

     p176、236、

     p268−271、チベットに対するイギリスの進出過程

     p283、

     p298−300、パンチェンラマと東インド会社の関係

     p333−335、ラサの本屋

     p361−362、ヒマラヤの秘酒、「バェー」酒について 

   『惑星の思考』宮内勝典 岩波書店

     p102ー103、 ドクター・ナカムラ、ありがとう

     p107−110、ブータン王国と、イラク人からの手紙

     p119、130、266−267、283−284、

   『教育改革の国際比較』大桃敏行、上杉孝寳、井ノ口淳三、植田健男;編 ミネルヴァ書房

     p327ー346、第20章 ブータンの教育改革(前平泰志)

    『死ぬまでに一度は生きたい世界の1000ケ所 アジア・アフリカ編』パトリシア・シュルツ:著 白倉三紀子:訳 イースト・プレス

     p116ー117、パロ・フェスティバル、チョモラリ・トレックとタイガーズ・ネスト

     

10月 『幸福大国 ブータン』ドルジ・ワンモ・ワンチュック(ブータン王妃);著 今枝由郎;訳 NHK出版

    『蕎麦 ソバを知り、ソバを生かす』氏原あき男 柴田書店

     p99、 

 

11月 『照葉樹林文化とは何か』佐々木高明 中公新書

     p3−4、(1)焼畑と森の幸の利用

     p28、38、

     p50−53、 ダイズの発酵食品ナットウのことなど  麹酒粒酒 照葉樹林帯の酒

     p64−67、ハンギングウォールと高床住居

     p69−78、アッサムとブータンの絹文化 漆の文化と木地屋 竹細工と竹の文化の拡がり

     p92−98、照葉樹林文化のセンター

     p102、

     p122−127、中国西南部やアッサムブータンでのフィールドワーク

     p139−141、新しい仮説の提出 チューラ(焼米)と油米、木地屋とビルマウルシ

     p141−142、新学説はつづく 二つの絹文化とリュウキュウアイと和紙

     p208、290、

   『養老訓』養老孟司 新潮社

     p93−95、常識をひっくりかえす

     p139−141、地元を知る

   『カルチャー・クリエイティブ』辻信一 木楽社

     p13、

     p256−264、GNH幸福主義。ブータンの愉しき音楽家 ジグメ・ドゥッパ

 

 

 

 

 

 

 『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ