『ブータン館 BHUTAN-KHANG』 トップページへ  

 第五代ブータン国王陛下王妃陛下 御結婚 & 初来日報道

 両陛下プロフィール

 宮中晩餐会(宮内庁サイト) 

 国会演説全文

 国賓訪日 概要と評価(外務省サイト)

 慶応義塾大学名誉博士号授与式

New  御結婚初来日記念品  

 御結婚初来日報道テレビ番組リスト、掲載日刊新聞リスト、掲載雑誌リスト

 御結婚報道紙面

 初来日報道紙面

 福島民報・福島民友 11月19日紙面 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

慶應大学名誉博士号授与式 

出典:『三田評論』2011年12月号(慶応義塾)

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブータン国王ジグミ・ケサル・ナムギャル・ワンチュク陛下の慶應義塾大学名誉博士称号授与式における講演(仮訳)

2011/12/19 慶應義塾

 

塾長、学部長、経済学部の教授陣及び関係者の皆様、この度はこのような栄誉を賜り、また、貴大学の学生の皆さんにお話しする機会を賜りましたことに対し御礼申し上げます。

 

学生の皆さん、

私は国王でありますが、即位後5年しか経っておりません。私が皆さんに話せるのは、私自身の考えと経験のみですが、ここから皆さんが何かを得ることを期待しています。

 

ブータンにとっていかに良い国王となるかを熟考する中で、私は、非常に早い時期に気づいたことが一つあります。

それは、私たちが生きているこの世界は、絶えず変化し続けているということです。

その変化の速さと広がりは驚異的です。10年の歳月が経つと物事は、その前の10年とはあまりにも大きく変わってしまい、見分けがつかなくなってしまいます。

昨日は想像すらできなかった事を、今日には当然視しているといった具合です。

 

私たちが使っている携帯電話を例にとってみましょう。

皆、携帯電話が大好きですね?私たちは携帯電話を使って、生活の中の特別な瞬間を捉えたり、友人や同僚にメールを送ったりします。

携帯電話は、日々の用事を済ませる上でも役立ち、愛する人々と会話を楽しむと同時にメールを受け取ることもできます。

この独創的な技術は、私たちのコミュニケーションの方法を完全に変えてしまいました。

民主主義、社会の結びつきの強化、効率性の向上に対してこの技術が果たした役割は、そのどれもが本当に計り知れません。

私が大人になる過程では、こうした技術の存在を想像するとしてもせいぜい『スター・トレック』のようなSF映画を鑑賞する程度のことでしたし、ましてやその技術を実際に用いることなど考えられませんでした。

 

皆さんは、携帯電話の無い生活を想像できますか?そのようなことは、ほとんど想像できないと思います。

それでも近い将来、また何か新しいものが発明され、こうした生活様式を変えていくことでしょう。

 

私たちの世代が何をなすべきかについて、私が考え続けている理由は、まさにこのためなのです。私たちは、自分たちの時代に、この世界をいかに歩んでいくのでしょうか?

私たちは、これから生まれてくる私たちの子どもたちにこの世界を託す時、どのような足跡を残すことになるでしょうか?

このように多様性と変化に富んだ世界において、一つ明確なことがあると私は感じています。

それは、個人の独立と無関心の度合いが大きくなってきているということです。

高度に技術が発展した世界では、小規模で真の意味での人間関係を築く必要性はもはや高くありません。

私たちはすでにひとつの「グローバル・ビレッジ」になったのかもしれませんが、そこには、個人という島々がバラバラに存在しています。

私たちは、携帯電話のようなコミュニケーション・ツールを持つ一方、自然で親密な人間の絆を持っていないのです。

 

今日世界が直面している課題は、私たちすべてに等しく突きつけられています。

これらの課題の解決策は、他人、一切衆生そして未来の世代への真摯な関心と配慮を払ったものでなくてはなりません。

私たちは、この地球に起きていることに関心を持たなくてはなりません。

そのためには、リーダーシップ、科学または技術以上の何か、すなわち「人間的価値観」が必要です。

今日の世界の状況を反映している統計を一瞥するだけで、その情報がどれほど正確であっても、見えてくる全体像は美しいものではありません。

 

まず、環境問題について話しましょう。

これらの統計の数値を聞けば、私たちが過去も、そして引き続き現在もいかに無責任であるかに驚くことでしょう。

環境という基本的なもの、すなわち地球が、利益を求めるあまりに見捨てられているのです。

氷河は解け、極地の氷雪の融解も進み、さんご礁が死に絶えつつあります。

気候変動は、人類の安寧を脅かしています。

今日、再生可能な天然資源の消費量は、自然の再生能力を50%上回っています。

毎秒、サッカー場の広さの熱帯雨林が消失しています。

水資源問題は人類の半数に影響を与えています。

今後、前世代から受け継いだ世界と比較して、多くの点で悪化してしまった世界を次の世代に引き継いでいくことになることは明白です。

 

次に、貧困について話します。

前例のない物質的成長を経験した世界において、最も裕福な国や人々はさらに富を得ています。

世界全体の20%を占める富裕層が、世界の総所得額の75%を得ている一方、世界の人口の40%にあたる最貧層の所得割合はわずか5%です。

毎日24,000人の子供たちが貧困を理由に命を落としています。

世界の人口の約半数、30億人が都市部に住んでいますが、そのうち10億人がスラムでの生活を余儀なくされています。

貧しい国や人々についての問題は、汚職によって悪化することもしばしばあります。

汚職は、貧しい人々が生活を向上させるための機会を増加させる鍵となる経済成長を遅らせ、堅固で公平な政治体制の育成を妨げます。

発展途上国においては、賄賂だけでも年間200億_400億ドルに達します。

これだけの予算があれば、貧しい人々の健康、教育及び経済的な機会の面でどれほどのことができるか想像してみてください。

先進諸国であっても、汚職が根付いています。

これは単により精巧で洗練された形式をとっているに過ぎません。

貧困は、苦難、苦痛そして言葉では言い表せない惨めさをもたらします。

こうした不平等ゆえに、不調和、争い、そしてついには世界規模での不安定を生じさせるという点に注意を払わなくてはいけません。

 

健康についてはどうでしょうか?

10億人の人々が適切なヘルス・ケアを受けることができません。

毎年5歳未満の子供達1100万人が、栄養失調や回避可能な病気で死亡しています。

3億人がマラリア感染による深刻な病に苦しみ、毎年100万人が死亡しています。

4000万人がHIV/AIDSとともに生きています。

 

そして、世界経済の問題があります。

法制度が予測不可能かつ不十分であるために、非常に貧しい国々では不安定と不確実性が生じ、それにより、すでに不安定な人々の生活に悪影響を及ぼしています。

軍事費と結び付けて考えると、世界の未来はさらに予測不可能であり、危険です。

2009年の世界の軍事費は、1.5兆ドルと見積もられ、これは世界で一人当たり約225ドルとなります。

資源を最も必要としている貧しい国々は、概して、世界経済を形成する上で、最も脆弱な声しか持っていない国々です。

こうして私たちは、不公平と憤りに満ちた世界、資源と生活の糧をめぐり対立し、争いが絶えず、テロや不安定に満ちた世界の土台を築いているに過ぎないのです。

 

世界的な問題のリストはまだまだ続きます。

世界の人口は、1930年の20億人から今日では70億人となり私たちが40代半ばに達するころには、80億人となる見込みです。

このような人口の急速な伸びと相まって、一つ一つの問題は毎年倍増し、悪化していくのです。

 

すべてを要約し、簡単に言えば、こういうことです。

「科学と発明の偉大さ、卓越した哲学者や企業・産業の偉大さは、世界に計り知れない利益をもたらしました。

今日の私たちは、私たちの祖先の生活とはかけ離れた生活を送っています。しかしながら、私たちは新たなそしてより大きな地球規模の課題に直面しています。

不平等、不正、環境悪化、制限なき消費といった問題を考慮しない成長は、究極的には持続不可能です。

そして、それは私たちがその被害を回復できなくなるその日まで、今後も人類の行く手により大きな問題を提示し続けることでしょう。」

 

それでは、このように大きな課題を突きつけられて、私たちは何をすべきでしょうか?

グローバルな問題に対する解決策は、政治、偉大なる指導者や科学技術だけによってもたらされるのではありません。

コミュニティー、社会、国の一員として生活している私たち、そして何よりも世界市民として生きる私たち自身からもたらされるのです。

また、世界市民の一員として、私たちを一つにする力、私たちの強さは、国家、民族または宗教の制約を受けるものではなく、基本的な人間的価値観からもたらされなければなりません。

基本的な人間的価値観とはすなわち、思いやり、誠実さ、公平さです。

こうした人間的価値観は人類と同じくらい古くから存在しており、私たちは、そうした価値観の真価を認め、これらの基本的な人間的価値観を、私たちの生活、社会そして政府の中でこれらが本来占めるべき正しい場所に戻さなくてはなりません。

 

私の最大の望みは、私たちの世代が、気持ちを一つにして人間としての価値観を共感し、そして、これまで集積してきた科学と技術を活用し、歴史からの教訓を生かし、切実に必要とされている解決策を探求することです。

私は、私たちが根本的な発想の転換期にあること、人類が成長を追求する方法を変える社会的変革期にあることに気づくことを望んでいます。

私たちの世代は、成長の真の目的を再考し、再定義することを求められています。

そして、その過程において、本当に持続可能な成長を見つけることを求められているのです。

 

塾長からの書状には、私が国民総幸福量(GNH)という概念を普及させた功績により名誉博士号を授与する旨が記されております。

では、GNHとは何でしょうか?GNHとは、私がこれまで話した成長と発展に対するアプローチに他なりません。

 

(親愛なる友人の皆さん、繰り返しになりますが、私たちの世代は成長の真の目的を再定義しなくてはなりません。

皆さんは、経済学部の学生でありますので、 新しい成長の道筋を発見する責任を皆さんに託します。是非ともこの問題に、誠意と大きな責任感を持って取り組んで下さい。

しかし、何よりもまず、皆さん一人ひとりが善良で立派な人格を備えた人間でなければなりません。)

 

最後に、親愛なる友人の皆さん、皆さんが知恵、勇気そして決断力を身につけ、それにより、問題を乗り越え、機会を捉えるよう、また、高潔な生活に向け道徳的な指針を得られるよう、お祈りいたします。

 

そしてまた、皆さんが、最後に人生を振り返ったとき、悔いなく、幸福と達成感に包まれ、満足のいく素晴らしい人生だったと思えるよう、お祈りいたします。

そして、私は、皆さんが、誇りを持って、ただの一人の人間として成し遂げたあらゆる善行の知らせが、毎年届くことを祈っています。

 

親愛なる友人の皆さん、どうも有り難うございました。

 

    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

FRIDAY, DECEMBER 2, 2011

Acceptance Speech at Keio University of HM King of Bhutan

 

Honorable President,

Honourable Dean,

members of the Faculty,

 

 

I thank you for conferring this honour upon me and giving me this opportunity to speak to the students of this esteemed university.

 

My dear students,

 

I have been King, but for 5 years. I can only tell you my own thoughts and experiences and hope that you take away something from it.

 

In contemplating how to be a good King for Bhutan, I realized one thing very early on. This world we live in is forever changing ミ the speed and vastness of the change is astonishing. One decade is unrecognizable from the last. What we take for granted today, was not imagined yesterday.

 

Take for example ミ our mobile phones - donユt we all love our mobile phones? We use our phones to capture special moments in our lives, we text our friends and co-workers, it helps us to conduct our everyday business, we get to speak to our loved ones and receive emails at the same time- This ingenious technology has completely transformed the manner in which we communicate with each other, its contribution to democracy, enhancing cohesion in society, driving up our efficiencyノ all of which is truly invaluable. When I was growing up, the closest we got to imagine the existence of such technology let alone ever using one was watching science fiction movies such as Star Trek.

 

Can you imagine life without mobiles? Itユs almost unimaginable. And yet in the near future something else will come to replace this way of life.

 

This is why - I keep thinking about what our generation is going to do. How are we going to tread this world during our time? What kind of footprints are we going to leave as our generation leaves this world to our, yet unborn children?

 

I feel ミ in such a world, of great diversity and change ミ one thing is clear. The independence and detachment of an individual is growing. In a technologically advanced world, the need to build small, genuine, human relationships is no longer strong. A global village we may have become, but with islands of individuals. We have the tools for communication such as the mobile phone, but not natural and intimate human bonds.

 

The problems facing the world today ミ they challenge all of us equally. And the solutions to these challenges must come from a real sense of concern and care for others, for all sentient beings and, for future generations. We must care about what happens to this earth. That requires something more than leadership, science or technology ミ it requires Values. Even as I simply glance through the statistics that reflect the condition of the world today, however accurate the information may be, itユs not a pretty picture:

 

First, lets talk about the environment:

If you listen to these numbers, it is alarming how reckless we have been and continue to be. Something as fundamental as the environment ミ the Earth ミ has been forsaken for profit: Glaciers are melting, polar ice caps are thinning and coral reefs are dying. Climate change threatens the well being of all mankind. Today our consumption of renewable natural resources is 50% larger than natureユs capacity to regenerate. Every second, rainforests the size of a football field disappear Water problems affect half of humanity. It is quite clear now, that we will be handing to our children, a world which has been, in so many ways, made worse than when we inherited it.

 

Now, lets talk about poverty:

 

In a world that has seen unprecedented material growth ミ the richest countries and people are richer than ever before:

The poorest 40 percent of the worldユs population accounts for only 5 percent of global income while the richest 20 percent get 75%

24,000 children die each day due to poverty

About half of humanity ミ 3 billion people live in cities ミ of which 1 billion are confined to slums.

The problems of poorer countries and people are often worsened by corruption ミ which impedes economic growth and prevents the nurturing of strong and fair political systems ミ both of which are key to increasing the opportunities for the poor to improve their lives. In developing countries, bribes alone total $20 to 40 billion a year ミ imagine what it could do for health, education and economic opportunities for the poor.

 

Even in advanced nations, corruption has taken root ミ it is simply far more refined and sophisticated. Poverty brings hardship, suffering and untold misery. We have to be mindful that with such disparities come disharmony, conflict and ultimately instability on a global scale.

 

What about health?

 

1 billion people lack access to proper health care

11 million children under the age of 5 die every year from malnutrition and preventable diseases

300 million suffer serious sickness due to malaria and 1 million die each year

40 million people are living with HIV/AIDS

Then there is the global economy:

 

〇. The unpredictability and imperfect nature of legislations have caused instability and uncertainty in poorer countries affecting the already insecure livelihoods of their people

〇. Coupled with military spending the worldユs future is even more unpredictable and dangerous. World military expenditure in 2009 was estimated at $1.5 trillion or about $225 for each person in the world

〇. The poor countries, most in need of resources are typically the ones with the weakest voice in how the global economy is shaped

Thus, we are only laying the groundwork for a world of inequality and resentment ミ of future conflict over resources and livelihoods ミ of continued strife, of terrorism and instability. The list of global problems goes on and on. And coupled with the rapid growth of the worldユs population ミ from 2 billion in 1930 to 7 billion today and 8 billion by the time we are in our mid-forties - each problem will be multiplied and made worse year by year.

 

I could summarize everything and put it simply ミ メThe greatness of science and inventions, of great philosophers, of enterprise and industry has brought the world immeasurable benefits. Today we live a life far removed from that of our forefathers. Yet we face new and greater global challenges. Growth that overlooks inequality, injustice, environmental degradation, unbridled consumption is ultimately unsustainable. And it will continue to throw in humanityユs way greater problems, until the day, we will not be able to repair the damage.モ

 

So what we do- when faced with such great challenges?

The solution to global problems will not just materialize from politics, from great leaders or from science and technology. The solution will come from us living as citizens of our communities, our societies, our countries and above all as citizens of the world. As citizens of the world, our unifying force ミ our strength must also come from something that is not bound by nation, ethnicity or religion ミ but from fundamental human values. Values of Compassion, Integrity and Justice. They are as old as mankind and we must bring ourselves to appreciate them and return them to their due place in our lives, our societies and in our governments.

 

My utmost hope is that our generation - with this unity of aspirations and values as human beings ミ and equipped with this huge arsenal of science and technology and the lessons of history - will seek the solutions, so desperately needed. I hope we will realize that we are at the cusp of a fundamental change of thought ミ a social revolution that will change the way humanity will pursue growth. Our generation is called upon to rethink, to redefine the true purpose of growth. And in doing so, to find a growth that is truly sustainable.

 

The letter from the President states that the honorary doctorate is for my promotion of the philosophy of GNH. What is GNH? Well, it is nothing other than that approach to growth and development that I have just spoken of.

 

(My dear friends, let me repeat, our generation has to redefine the true purpose of growth. And since I know you are all students of economics I place on you the responsibility of finding this alternative growth path. You must approach this task with sincerity and great sense of responsibility but above all you must first be good and decent human beings).

 

In conclusion ミ I pray that you, my dear friends, will find wisdom, courage and determination to overcome challenges and grasp opportunities; to give you a moral compass towards honorable lives. I pray that at the end of it all, you will all be able to look back at extraordinary lives free of regret and full of satisfaction, happiness and fulfillment. And that I will learn, year after year, with great pride, of all the good you have done as simple human beings.

Thank you, my dear friends, thank you!

 

(His Majesty King Jigme Khesar Namgyel Wangchuck was conferred Honourary Doctorate in Economics by the Keio University (Tokyo) for the promotion of philosophy of Gross National Happiness)

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  

 

『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ