ブータン館 BHUTAN-KHANG 』 トップページへ      

《 樋口友好ミュージアム 》 

     

 

「樋口友好ミュージアム」お披露目

2006年5月14日、万博ブータン・パビリオンのナムゲ・カンザンと仏様、城の壁面ラプセ、

ラオスの経蔵、などの展示館「樋口友好ミュージアム」のお披露目がありました   オープンは18日

 

所在地:三重県津市白塚町(近鉄白塚駅下車徒歩6分)

開館曜日:歯科医院が休みの木曜と日曜に一般公開 

入館料:高校生以上300円、小中学生200円。幼児は無料。  

お問い合わせ:樋口歯科診療所 電話059(232)3075

診療に支障をきたしますので、ミュージアムに関する電話でのお問い合わせは、開館日のみにお願いします

 

 樋口さんは「多くの人のブータンとラオスの文化に触れてもらい、日本とアジアの友好が深まれば」と話していらっしゃると。

開館セレモニー    (写真提供:下間正彰さん)   

白木のラオスの経藏 内部には金色の仏様                 ブータンのナムゲ・カンザンと仏様

  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

2006年7月16日 見学記

入口仮看板     

奥の四角い大きな建物がミュージアム(館内の高さは8mほどあるそうです)

外柵、門、看板などはおいおい・・・とのこと

 

 

館内は撮影禁止です!(このページの写真は許可を戴いて撮影)

館内:

ラプセは、設計図にはあっても万博では実現できなかった2階があり、その窓から館内を見ることが出来る本来の姿になっていました

館内    2階の隅にある穴 

                                       この小さな穴から何が見えるかは、行ってのお楽しみ(⌒_⌒)

 

 

 

紙人形のツェチュ     樋口氏(中央) 

 

  

ラオスの経蔵と仏様「いずれは脇侍仏も安置する予定」と

経蔵前には貴重な貝葉経が展示され、周囲の壁面には美しいラオスの絵が何枚も展示されています 

 

 

館内には簡素なショップがあり、ブータンとラオスの製品やピンバッジなどが販売されています 

 両パビリオンに設置されていた記念スタンプ(シャチハタXスタンパー)も健在でした 

   

「愛・地球博ブータン・パビリオン」の展示状況は こちらに

 

 

--------------------------------------------------------------------------

 

 

帰路、ちょっと寄ってみました「愛・地球博会場」跡地

                                 

リニモの駅には相変わらず「モリ・コロ」が    公園の愛称(?)は「モリコロ・パーク」

    

正面後方に、会場を廻っていた空中回廊と日除けの残り(?)

 

   公園碑と給水塔    後方に、会場の隅にあった観覧車 

 

我らがブータン・パビリオンがどこにあったのか・・・・・・?  

部分開場のため、ブータンパビリオンのあったコモン1区域には立ち入ることができず、思ったほどには感慨の湧かなかった跡地見物でした

しかし、公園化しても、人間の行動に配慮されていない、昨今流行の言葉で言う「人に優しくない」奇妙な設計はちっとも改善されていませんでした(笑) 

 

 

                                      

  

2005年 愛知博(愛・地球博)の思い出

ボランティア・スタッフの万博こぼれ話    ブータン王国ナショナルデー    ブータン・パビリオン土産   

ブータン・パビリオン・フォト・アルバム   ブータン・パビリオン前パフォーマンス・フォト・アルバム  

『ブータン館 BHUTAN-KHANG』トップページへ